Agile Cat — in the cloud

iPhone 4S が Android 勢に圧勝というベンチマーク結果

Posted in Apple, Mobile by Agile Cat on October 17, 2011

Apple iPhone 4S benchmark results leaked
By Shawn Knight – October 11, 2011
http://www.techspot.com/news/45814-apple-iphone-4s-benchmark-results-leaked.html

image

Apple iPhone 4S benchmarks are hitting the web well ahead of the October 14 release date imposed by Apple at last week’s product unveiling. Preliminary results show that the updated phone is significantly faster than the original iPhone 4, although not quite as fast as the iPad 2.

Apple iPhone 4S の Web 表示ベンチマークが、先週に発表された10月14日のリリースに先行して、良い値を出している。初期的なテストの結果であるが、iPad 2 ほどではないが、オリジナルの iPhone 4 と比較して、かなりの高速化が施されているようだ。

imageAnandtech has gathered test results from multiple sources across the web that have early access to the phone and compiled them together in addition to results from their own database of tablets and smartphones.

Anandtech は、iPhone 4S にアーリー・アクセスしている多様な Web サイトから、そのテスト結果を収集し、タブレットとスマートフォンに関する自身のデータと、それらを比較した。

The 4S was the fastest phone in SunSpider’s Javascript benchmark, narrowly dethroned by the Samsung Galaxy Tab 8.9 which scored two points higher. Apple’s new handset did take top honors in Rightware BrowserMark where it was 58 percent faster than the original iPhone 4.

SunSpider の Javascript ベンチマークにおいて、iPhone 4S は最速のスマートフォンであり、Samsung  Galaxy  Tab 8.9 に対しても、2ポイントほど勝る結果を残した。iPhone 4S は、Rightware BrowserMark でトップという名誉を獲得したが、その速度は、従来からの iPhone 4 に対して、58% 増という結果になる。

クリックで拡大 ⇒

The iPad 2 topped the 4S in Geekbench testing, leaving Anandtech to conclude that the processor in the phone is likely an 800MHz variant, not the same 1GHz chip found in the tablet. Apple probably lowered the operating frequency to conserve battery life and decrease operating temperatures.

そして iPad 2 だが、Geekbench テストにおいて iPhone 4S を上回るという。その理由として、iPad 2 の 1GHz チップに対して、iPhone 4S は 800MHz(変種)だからと、Anandtech は結論づけている。 おそらく、Apple はバッテリー・ライフを節約し、また、発熱を押さえるために、動作周波数を下げていると見ている。

GPU testing in GLBenchmark 2.1 also reveals that the iPad 2 has just a bit more power on tap, besting the phone by 12.6 FPS in the Egypt Offscrean test and 25.5 FPS in the Pro Offscreen run. That aside, the 4S easily trumps all other phones in testing by a large margin, including the Samsung Galaxy S2 and the Motorola Droid Bionic. It remains to be seen how next-gen Android handsets like the Nexus Prime will stack up against Apple’s new top dog.

GLBenchmark 2.1 における GPU テストでも、iPad 2 の方がパワフルだとしている。さらに、Egypt Offscrean テストの値は 12.6 fps であり、Pro Offscreen では 25.5 fps を叩き出している。 話は iPhone 4S に戻るが、Samsung Galaxy S2 や Motorola Droid Bionic などのライバルたちを抑えこむ、強い切り札を有していることになる。そして、次世代の Android ハンドセットである Nexus Prime などが、Apple の新記録に匹敵するものになるのかどうか、その点が見ものである。

Related Stories

ーーーーー

TAG indexベンチマークにも、いろいろな測り方があるわけで、これだけが正しいというものではないのでしょうが、それにしても iPhone 4S のパフォーマンスはスゴそうです。でも、まぁ、3G の回線は依然としてマッタリで、その点が、すべての国のモバイルユーザーに共通する悩みであることに、間違いはないでしょう。 iPhone 4S の素晴らしさだけではなく、テクノロジーのアンバランスさも感じてしまう、このベンチマークです。 ーーー  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

でじゃびゅ~~~ iPhone 5 プロトが、またも S.F. のバーで消えた!
Apple iPhone 関連の、アメリカ版ニュース・インデックス
世界中に展開される Apple Store のコストは、いったい、おいくら?
ステキな Facebook for iPad を Youtube で!
United 航空さま – iPad を 11,000 枚 – お買い上げ有難うございます

揺れる OpenStack – HP、Dell、Cisco、Citrix の参加と圧力?

Posted in .Selected, Cisco, OpenStack by Agile Cat on October 17, 2011

Rackspace gives up the OpenStack reins
By
Derrick Harris Oct. 5, 2011
http://gigaom.com/cloud/rackspace-gives-up-the-openstack-reins/

_ Gigaom

Rackspace announced Wednesday via a blog post that it will be giving up control over its OpenStack cloud computing project to an indepedent foundation. OpenStack is the open-source cloud computing platform that Rackspace and co-founder NASA began pushing in July 2010 as an alternative to cloud software and services from VMware, Amazon Web Services and other providers, but it has been somewhat plagued by concerns over Rackspace’s control of the community.

Rackspace は水曜日(10/5)のブログ・ポストを介して、OpenStack クラウド・コンピューティング・プロジェクトのコントロールを、独立した基盤組織に譲り渡すと発表した。 OpenStack は、Rackspace と NASA が協力し、2010年 7月に活動を開始した、オープンソースのクラウド・コンピューティング・プラットフォームのことであるそして、VMware や、Amazon Web Services などのプロバイダが提供する、クラウドのソフトウェアとサービスに代わる選択肢とされているが、コミュニティをコントロールする Rackspace への懸念により、ずっと悩みを引きずっていた。

Image courtesy of Flickr user opensourceway 

The issue really arose after Rackspace bought Anso Labs in February, giving itself a majority of the seats on the project’s board. Rackspace addressed some of these concerns in March when it opened up its voting process to include more external voices, but even that didn’t entirely squelch dissent over the company’s continued governance. In April, OpenStack leader Jonathan Bryce explained to me why Rackspace continued to lead the project as it has been:

その問題が本格化してきたのは、2月に Rackspace が Anso Labs を買収した後のことである。 なぜなら、その買収により、プロジェクト・ボードにおける大量の投票権が、Rachspace に集まってしまったからだ。その投票プロセスをオープンにして、外部の声を取り込もうとした 3月の時点で、それらの関心事に Rackspace は取り組んでいた。 しかし、そのような努力にもかかわらず、同社による継続的な統治について、不同意を完全に取り除くことが出来なかった。 そして 4月に、OpenStack のリーダーである Jonathan Bryce は私に、これまで通りに Rackspace が、このプロジェクトをリードし続ける理由を説明した

Bryce explained that he sees the current OpenStack model as being an “extreme open method” for licensing code vs what would happen within a foundation. In essence, everyone who contributed code to OpenStack owns the copyright to that code and licenses for use in the OpenStack software, but Rackspace alone doesn’t have the power to move the code into a foundation. Moving OpenStack to a foundation would inevitably strip contributors owners of the copyright. … For Cactus alone, Bryce said, the code-review team looked at about 5,000 submissions and included code from more than 100 developers.

Bryce の説明によると、現在の OpenStack モデルは、ライセンス・コードのための[過激なオープン・メソッド]と、組織の中で起こり得ることの、せめぎ合いの始まりとなる。 本質的に、 OpenStack にコードをコントリビュートする誰もが、OpenStack ソフトウェアの中で使用されるコードとライセンスについてコピーライトを所有する。しかし、Rackspace だけが、この組織へ向けてコードを移行させる権限を持たない。 OpenStack をファンデーション化することで、コントリビュータたちが所有するコピーライトが、必然的に引き剥がされることになる。 Cactus だけで、そのコード・レビュー・チームは、およそ 5,000 件のサブミッションを参照し、そこには、100人以上のデベロッパーが提供するコードも含まれる。

_openstack-logoHowever, it looks like the increased community participation from large vendors such as HP, Dell, Cisco and Citrix might have forced Rackspace’s hand in ceding control over the project to a foundation. They’re aligning large portions of their cloud computing strategies around OpenStack, and they certainly want to ensure that Rackspace’s concerns don’t end up taking precedent of their own, even if only subconsciously. The same probably goes for OpenStack-based startups Nebula such as Nebula, which has some serious backers and a management team that have their own ideas of what’s best for OpenStack.

しかし、新たに参加した、HP や、DellCiscoCitrix などの大手ベンダーが、ファンデーションへのプロジェクトの移行について、Rackspace に拍手するよう強制したかもしれない。 それらのベンダーは OpenStack を、自身のクラウド・コンピューティング戦略の重要なパートで囲み始めている。 そして、それらのベンダーは、彼らのビジネスが前例となる道が、Rackspace の懸念により絶たれないことを、潜在意識ではあるにしても、保証するように望んでいる。おそらく、同じようなことが、Nebula などの OpenStack ベースのスタートアップにおいても進んでいる。それらのスタートアップは、OpenStack にとって最適なアイデアを有する、何人かの真剣な後援者たちとマネージメント・チームを構成している。

The OpenStack Foundation, slated for establishment next year, has some tough choices ahead of it. One prominent cloud computing customer, Adrian Cockroft of Netflix, has suggested that Amazon Web Services has already won the battle of public cloud providers. If he’s right, that doesn’t bode well for Rackspace, HP, Dell and any of the other providers planning OpenStack-based clouds. Some, even within the OpenStack community, have suggested the project accept this to some degree and just adopt the AWS API.

OpenStack Foundation は、来年の設立を予定されているが、それに先立って、いくつかの厳しい選択を迫られている。 卓越したクラウド・コンピューティング・カスタマーである Netflix の Adrian Cockroft は、すでに Amazon Web Services が、パブリック・クラウドにおける戦いを制したと示唆している。 彼の考えが正しければ、Rackspace や、HP、Dell などの、OpenStack ベース・クラウドを計画している、それぞれのプロバイダにとって、良い兆しは現れてこない。OpenStack コミュニティの中においてさえ、ある程度は AWS API の採用を、このプロジェクトとして受け入れるべきだと提案しているほどである。

I don’t think the situation is too dire for OpenStack, actually — the ever-growing ecosystem appears to be meeting expectations, and founder Rackspace keeps growing its cloud revenues — but there’s clearly work to be done to capitalize on any momentum. Perhaps a foundation is the best way to do it. AWS and VMware aren’t going to let up, so OpenStack doesn’t have a lot of margin for error.

OpenStack にとって、それほど緊急性の高い状況とは思えないが(増大し続けるエコシステムは、期待を満たしているように思える。 そして、Founder である Rackspace は、クラウドからの収入を増やし続けている)、あらゆる勢力をフル活用するという、作業が残されているのは明らかだ。それを実現していくためには、このファウンデーション化が、おそらく最良の方式となる。 AWS と VMware の勢いが、停滞することはありえないだろ。したがって、OpenStack にとって、大きな失敗が許されるだけの余裕は残っていない。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexOpenStack の体制が変化するというニュースが飛び込んできてから、すでに 10日ほど経ってしまいましたが、ようやく昨日の日曜日に、訳すことができました。 これだけ、大手のベンダーが参加してくれば、それなりの波風(必要なこと)が立つはずですが、この記事が、現状を説明していると思います。とても興味深く、また、目の離せない領域ですね。 ーーー  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Rackspace が、NASA クラウドの頭脳ともいえる Anso Labs を買収
OpenStack の 1年を振り返り、次の 1年を予測する
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!
OpenStack は商用化へ向けて準備を整える
HP も OpenStack への参加を表明
Dell クラウドの 第一弾は VMware に決定! 第二弾で Azure と OpenStack

%d bloggers like this: