Agile Cat — in the cloud

オープンなハードウェアは、データセンターに地殻変動を起こせるのか?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on October 29, 2011

Can Open Hardware Transform the Data Center?
By: Rich Miller – October 28th, 2011
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/10/28/can-open-hardware-transform-the-data-center/

_ DC Knowledge

Facebook’s Frank Frankovsky announces the formation of a non-profit foundation to oversee the Open Compute Project, which focuses on developing open source hardware designs.

Facebook の Frank Frankovsky は、オープンソース・ハードウェア・デザインの作成にフォーカスする、Open Compute Project を管理/監督するための非営利ファンデーションを立ち上げると発表した。

Photo by Colleen Miller.

Is the data center industry on the verge of a revolution in which open source hardware designs transform the process of designing and building data centers?  The Open Compute Project, an initiative begun in April by Facebook, is gaining partners, momentum and structure.  Yesterday it unveiled a new foundation and board to shepherd the burgeoning movement.

オープンソースのハードウェア・デザインが、データセンターの設計と構築のプロセスを置き換えていくことで、データセンター業界は変革の瀬戸際にあるのだろうか?  Facebook が 4月に開始した Open Compute Project は、パートナーと、勢いと、組織を得て、そのイニシアティブを強めている。  昨日は、この急成長しているムーブメントを導くための、新しいファンデーションと組織の除幕式となった。

While the Open Compute initiative is focused on the needs of Internet companies with huge “scale out” infrastructure, the list of marquee names at yesterday’s summit hinted at a future in which the benefits of open source hardware could expand to the enterprise market.

Open Compute イニシアティブは、Scale Out された広大なインフラストラクチャを用いる、いわゆるインターネット企業のニーズにフォーカスしているが、昨日のサミットでリストアップされた看板どころは、オープンソース・ハードウェアによるメリットは、エンタープライズ・マーケットにまで拡大していく未来を仄めかしていた。

“What began a few short months ago as an audacious idea — what if hardware were open? — is now a fully formed industry initiative, with a clear vision, a strong base to build from and significant momentum,” said Frank Frankovsky, Hardware Design and Supply Chain at Facebook of Facebook. “We are officially on our way.”

「もしハードウェアがオープンなら、どうなるのだろう、という大胆な発想が広まるにつれて、数か月という短い期間に始まったことが、いまでは完全な業界イニシアティブを構成している。それは、強大な勢いを構成していく、明快なビジョンと、強固な基盤を伴うものである。 そして、オフィシャルには、私たちは、その途上にある」と、Facebook におけるHardware Design and Supply Chain を努める Frank Frankovsky は宣言した。

“This is a momentous time in our history,” said Andy Bechtolsheim, a board member of the new Open Compute Foundation. This is the future of efficiency and large-scale design in the data center.”

「いま、私たちは、歴史的に重大な時を迎えている」と、新しく設立された Open Compute Foundation のボードメンバーである Andy Bechtolsheim は発言している。 それは、データセンターにおける効率と、ラージ・スケール・デザインにおける未来である。

The Open Compute Project was launched in April to publish data center designs developed by Facebook for its Prineville, Oregon data center, as well as the company’s custom designs for servers, power supplies and UPS units. Facebook’s decision to open source its designs prompted expectations that the move could democratize data center infrastructure, making  cutting-edge designs available to companies that can’t afford their own design team.

Open Compute Project は、Facebook が Prineville, Oregon に構築したデータセンターのデザインおよび、サーバー/電源/UPS ユニットに関する同社のカスタム・デザインを公開するために、この 4月に立ち上がっている。 Facebook が決定したことは、データセンター・インフラを民主化するという期待を引き起こす、そのデザインのオープンソース化であり、自身でデザイン・チームを構成する余裕のない企業に対して、最先端のデザインを提供するものとなる。

If the project doesn’t succeed, it won’t be for lack of support. Yesterday’s second Open Compute Summit in New York featured appearances from executives for some of the sector’s leading names – Intel, Dell,  Amazon, Facebook, Red Hat and Goldman Sachs. The audience was filled with data center thought leaders from Google, Microsoft, Rackspace and many other companies with large data center operations.

このプロジェクトが失敗するにしても、業界のサポートが無かったからという言い訳は通用しないだろう。 昨日に New York で開催された、第 2回目の Open Compute Summit は、Intel/Dell/Amazon/Facebook/Red Hat/Goldman Sachs といった、業界をまたぐエクゼクティブたちの登壇が、ひとつの呼び物になっていた。 そしてオーディエンスといえば、Google/Microsoft/Rackspace といった、大規模データセンターを運用している数多くの企業の、データセンター部門のリーダーたちで満たされていた。

That turnout is not an isolated event, but reflects a growing focus on collaborative projects to reduce cost, timelines and inefficiency in data center construction and operation. The Open Compute project is just one of a handful of initiatives to bring standards and  repeatable designs to IT infrastructure. These include the Open Data Center Alliance, Open Networking Foundation, Open Source Routing Forum and OpenStack Foundation to develop a cloud computing platform. What’s driving all this openness?

単独でのイベントとは言えないが、その出席者の数が示すのは、データセンターの構築と運用において、コストの増大/スケジュールの遅延/非効率化を低減していくための、共同プロジェクトの成長へのフォーカスである。 Open Compute プロジェクトは、ITインフラに対するスタンダードと、再利用が可能なデザインをもたらす、ひと握りのイニシアティブに過ぎない。 そして、その領域には、クラウド・コンピューティング・プラットフォームを構成していく、Open Data Center Alliance/Open Networking Foundation/Open Source Routing Forum/OpenStack Foundation などがいる。こうしたオープン化を、何が促進しているのだろうか?

“Some of the ‘rules’ that drive our industry are wrong, and sharing data will help change that,” said James Hamilton, a Distinguished Engineer at Amazon Web Services, who noted shifts in industry practice on data center temperature and humidity.

「私たちの業界を発展させるべき、いくつかのルールが間違っている。そして、データの共有から始めることが、その改善を促進していくだろう」と、 Amazon Web Services の Distinguished Engineer である James Hamilton は発言している。 彼は、そのセッションで、データセンターにおける気温と温度のプラクティスが、変化している点を指摘していた。

“Progress happens when people get frustrated with something,” said Bechtolsheim, founder of Sun Microsystems and now Arista Networks, a fast-growing player in the networking industry. “This is the first time we have a true standard where companies don’t have to reinvent (their data center technology). This principle could be expanded. In this new world, we believe the effect will be very similar to the impact of open source software.”

「人々が何かに落胆するとき、進歩が始まる」と、Sun Microsystems の Founderである Bechtolsheim は発言する。 いま、彼は、ネットワーク業界で一番の成長株である、Arista Networks の Founder でもある。 「つまり、新たに考案する必要のない(個々のデータセンター・テクノロジー)、真のスタンダードを、私たちは手にしている。 この原則を、拡大していくことが可能なはずだ。 この新しい世界において、OSS がもたらした影響に酷似した、効率化がもたらされると、私たちは信じている」

One of the critiques of the Open Compute designs is that they are optimized for companies running huge, homogenous Internet infrastructures and are not appropriate for many enterprise data centers.  Frankovsky says this is an important focus.

Open Compute デザインに対する評価の 1つとして、同種の巨大インターネット・インフラを運用する企業群にとって最適化されており、また、数多くのエンタープライズ・データセンターには不適切だというものがある。 そこが、重要な視点となると、Frankovsky は発言する。

“Scale computing has specific needs,” he said. “Focusing on this space and its efficiency is one of our key points. By binding together as a community, our voice will be better heard on scale computing.”

「スケールされるコンピューティングは、固有のニーズを持っている。 この領域と効率にフォーカスすることが、私たちにとってキーポイントとなる。 コミュニティとして連携することで、私たちの声が、スケール・コンピューティングの世界に響いていくことになるだろう」

There are signs that the Open Compute designs could become more practical for a broader array of data center customers in the future. One of the new participants in the project isDigital Realty Trust, the world’s largest operator of third-party data center space.  Frankovsky said Digital Realty is interested in developing approaches to adapting some of its build-to-suit designs for companies adopting Open Compute designs.

将来における Open Compute デザインが、より広範囲におよぶデータセンター・カスタマ にって、いっそう実用的なものになっていくという兆候がある。 このプロジェクトに新たに参加した Digital Realty Trust は、サードパーティー・データセンター領域における世界最大のオペレーターである。  Frankovsky の発言によると、Open Compute デザインを採用する企業に対して、同社の  build-to-suit を適用していくアプローチの展開に、Digital Realty は興味を持っていると言った。

Missing from the dais were companies specializing in power, cooling and mechanical design – areas where Open Compute designs are being shared. “There is absolutely a role for the power and cooling vendors,” said Frankovsky. “I think that would probably be the next wave of contributions you would see.”

今回のステージに欠けていたものとして、電源/空調/機械などの設備に特化した企業があげられる、その領域でも、Open Compute デザインを共有できるはずである。 「電源と空調のベンダーにとって、絶対的な役割がある。その領域が、次にやってくるコントリビューションの波になると、私は考える」と、Frankovsky は発言している。

Will open hardware change the way data centers are designed and built? “We’re at a crossroads,” said Jimmy Pike, Chief Architect at Dell Data Center Solutions. “We’re at a time when we can work together and share knowledge to help things happen quickly.”

ハードウェアのオープン化が、データセンターの設計/構築における手法を変えていくだろうか? 「 私たちは、その岐路にいる。 いまは、協調していくべき時であり、また、素早く変化していく事柄への知識すべき時である」と、 Dell Data Center Solutions の Chief Architect である Jimmy Pike は、そう発言している。

ーーーーー

imageせっかく NY まで来て、Open Compute Summit に参加しながら、何ゆえに自分で書かずに Rich Miller さんの記事を訳すのか? まぁ、正直言って、Miller さんの情報収集力は図抜けていますので、そこに乗ることにしました。 これを読むまで、OCP と Google の関係など、いろいろと悩ましいことがあるのかと、余計な心配をしていたくらいなのですが、彼の人脈と裏取りにより、こういう記事に仕上がるのだと、そのすごさを再認識しています。 キーノートが終わって、のんびりとランチを食べていた Agile_Cat などとは異なり、その間も、Miller さんは取材を続けていたのです。 幸い、Agile_Cat とは良好な関係を維持していただいているので、ここは、文中にもあるように価値のある情報を再利用させていただくことにしました Smile そのほうが、皆さんにとっても、意味がありますものね!ーーー image @ NYC

ーーーーー

<関連>

Efficient Data Centers with the Open Compute Project
詳細な解説つきの Facebook Oregon DC フォト・ツアー
Facebook の Open Compute Summit が開催される
VMware の Paul Maritz が、Facebook の特許問題を語る
Facebook の OPC と Open Data Center Alliance がコラボ?

 

 

ソーシャルごとの世界分布を グラフで参照

Posted in Facebook, Research, Social, Tumblr, Twitter by Agile Cat on October 27, 2011

Social network popularity around the world in 2011
October 21st, 2011 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2011/10/21/social-network-popularity-around-the-world-in-2011/

_ pingdom

Online social networks are everywhere these days, a truly global phenomenon. But where are the different social networks having the most success in terms of popularity? That is what we’ll try to answer in this post.

オンラインにおけるソーシャル・ネットワークは、どこにあっても、本当にグローバルな現象になってきた。 しかし、それぞれのソーシャル・ネットワークは、どの国で人気を得ているのであろうか? それが、このポストで答えを導き出そうとするテーマである。

We have included 11 social networks in this survey: Facebook, Twitter, LinkedIn, Google+, Orkut, Tumblr, FourSquare, MySpace, LiveJournal, Hi5 and Bebo.

この調査においては、 FacebookTwitterLinkedInGoogle+OrkutTumblrFourSquareMySpaceLiveJournalHi5Beboといった、11種類のソーシャル・ネットワークを対象とする。

Please note that this isn’t meant to be an exhaustive list covering all social networks out there. There are literally hundreds of them.

注意して欲しいのは、このリストが、すべてのソーシャル・ネットワークをカバーする、完全なものを意図していないことである。 文字通りに、数百のソーシャル・ネットワークが存在するのである。

To map popularity, we’ve used Google search statistics (their Insights for Search tool). This will give us a good indication of the interest – or popularity, if you will – of a social network in a given region. We’re basing this survey on search results from the past 90 days, so it’s a reasonably large, up-to-date sample. After all, we want to know the situation right now.

それぞれの利用頻度をマッピングするために、私たちは Google Search Statistics (Insights for Search ツール)を使った。 この方式は、私たちの関心事に、つまり、国ごとのソーシャル・ネットワーク人口について、適切な指標を提供するだろう。これまでに、90日間を費やした検索結果の調査をベースにして、適度な規模の、最新のサンプルを作成してみた。 結局のところ、私たちが知りたいことは、現時点における状況である。

A few initial observations

We’ve gone through and summarized some of the information for you, but please feel free to scroll down and check out the individual social networks you’re interested in.

その全体を通じて、いくつかの情報を要約したが、ソーシャル・ネットワークごとの詳細情報も確認して欲しい。

Top countries for each social network (in terms of interest)

  • Facebook is most popular in Turkey and Venezuela.
  • Twitter is most popular in Venezuela and Brazil.
  • LinkedIn is most popular in the Netherlands and India.
  • Google+ is most popular in Taiwan and Hong Kong.
  • Tumblr is most popular in the Philippines and Brazil.
  • FourSquare is most popular in Indonesia and Malaysia.
  • MySpace is most popular in Puerto Rico and Myanmar (Burma).
  • LiveJournal is most popular in Singapore and Russia.
  • Hi5 is most popular in Thailand and Romania.
  • Bebo is most popular in Ireland and New Zealand.
  • Orkut is most popular in Brazil and Paraguay.

The interest shown for Orkut in Brazil far outstrips that of any other country. It’s worth pointing out that this doesn’t necessarily mean that the majority of users come from these countries. We’re talking about sheer interest in a service. The size of the local user base will depend on the size of the Internet population in that country.

Brazil における Orkut の、図抜けた存在が興味深い。 しかし、重要なことは、それらの国からやって来る、ユーザーの人数に注目する必要がないことだ。 私たちが伝えたい本当のことは、サービスに対する純粋な興味である。 ローカル・ユーザー・ベースの規模は、その国のインターネット人口に依存するだろう。

Also note that we haven’t compared the social networks against each other. This is a survey that examines where each social network has managed to garner the most interest in its service.

さらに、私たちは、それらのソーシャル・ネットワーク同士を比較したいわけでもない。 それぞれのソーシャル・ネットワークが、そのサービスに対する関心を、どの国で集めているかを、この調査では検証していく。

Some standout countries in this survey

  • Brazil is in the top five for Twitter, Orkut, Tumblr and Bebo.
  • Singapore is in the top five for LinkedIn, Tumblr, FourSquare and LiveJournal.
  • The United States is in the top five for LinkedIn, Tumblr and MySpace.
  • The Philippines is in the top five for Tumblr, FourSquare and LiveJournal.
  • India is in the top five for LinkedIn and Orkut.
  • The United Kingdom is in the top five for LinkedIn and Bebo.
  • Indonesia is in the top five for Twitter and FourSquare.
  • Venezuela and Turkey are in the top five for Facebook and Twitter.

That was just a brief summary. Why don’t you go ahead and have a look for yourself? We’ve listed the results for all the included social networks here below. We’ve also included direct links to Google Insights for Search if you want to dig even deeper into the results and play around a little.

これは、簡潔な要約である。 先に進んで、ぜひとも、その内容を確認して欲しい。以下に含まれる、すべてのソーシャル・ネットワークに関する、詳細をリストアップしている。また、さらに詳細を調べ、その他の情報も得たいのなら、Google Insights へのリンクを参照して欲しい。

↓ クリックで Facebook アルバムへ ↓

Final notes

As you noticed, we only included a limited list of social networks in this survey. For example, we didn’t include social networks that are regional by nature, i.e. don’t have a global focus. There are plenty of country- or language-specific social networks that are successful in individual countries, for example VKontakte in Russia and the Russian-speaking countries of the former Soviet Union, Mixi in Japan, RenRen and Qzone in China, Hyves in the Netherlands, etc.

これを見て気付くように、今回のソーシャル・ネットワークの調査から、ごく一部だけをリストアップしているに過ぎない。 たとえば、それぞれの国内で発生しているソーシャル・ネットワークは、つまり、グローバルなフォーカスを持たないものは含まれていない。 国ごとの話になると、たとえば Russia と 旧ソ連の国々における VKontakte や、Japan の Mixi、China の RenRen と Qzone、Netherlands の Hyves といった、成功を収めている数多くのソーシャル・ネットワークがある。

If you’re curious, you can check out a similar survey we did three years ago, in August of 2008. We thought an update was long overdue, since things change so rapidly in social media.

さらなる好奇心があるのなら、私たちが 3年前の 2008年8月に実施した、類似の調査を参照できる。 ソーシャル・メディアの変化が急速であるため、もっと頻繁に調査を実施すべきだったと思っている。

ーーーーー

TAG indexFacebook が独り勝ちかと思ったけど、そうでもない。それだけ、文化的な(ローカル)色彩が強いということなのでしょう。それと、Pingdom が、日本の Mixi を品認識しながら、グローバル指向では無いという理由で、この調査から外してしまったことが残念です。 やはり、実績が重視されてしまいますね。アジアとの連携が、どんどんと進むことを期待しています。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

もうじき、.com のドメイン数が 1億個に届くという調査結果
Facebook の規模は、2004年当時のインターネット全体に匹敵する
アメリカでは 2015年までに、モバイルが PC を追い抜く – IDC 予測
ニールセンのソーシャル調査でも Facebook が圧勝
おめでと~~~ Tumblr! もうすぐ 100億ポストだって?
人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果

Facebook の OPC と Open Data Center Alliance がコラボ?

Posted in Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on October 27, 2011

Open Compute and ODCA to Collaborate
September 29th, 2011 : Colleen Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/09/29/open-compute-and-odca-to-collaborate/

_ DC Knowledge

Will it be the beginning of a productive friendship? Working toward the goal of standards-based, interoperable cloud computing, the Open Data Center Alliance (ODCA) and Open Compute Project (OCP) launched a collaborative effort at the Intel Developer Forum 2011 to accelerate the adoption of cloud standards. The initiative also hopes to further efficient data center and infrastructure design; spur rapid hardware innovation; and encourage greater openness and industry collaboration. Intel serves as technical adviser to the ODCA. This seven-minute video (below) features Kirk Skaugen, Intel, and Frank Frankovsky, Facebook’s Open Compute lead, discussing how this partnership will benefit enterprises.

それは、生産的なフレンドシップの始まりなのだろうか? スタンダード・ベースとインターオペラビリティに基づく、クラウド・コンピューティングのゴールに向かって、ODCA(Open Data Center Alliance)と OCP(Open Compute Project)は、クラウド・スタンダードの採用を促進する、Intel Developer Forum 2011 へのコラボレーションを開始した。 このイニシアティブは、効率的なデータ・センターとインフラ・デザインおよび、ハードウェア革新の促進、さらなるオープン性と、業界における協調を奨励していく。 さらに Intel は、ODCA に対するテクニカル・アドバンザーを担う。 以下の 7分間のビデオは、Intel の Kirk Skaugen と、Facebook OCP リードの Frank Frankovsky が説明する、このコラボレーションによるエンタープライズへの貢献について、まとめたものである。

imageWhen Facebook open sourced its infrastructure, people asked “how applicable is this design strategy that Facebook has taken in the broader enterprise space? All enterprises want to move to a very highly efficient compute infrastructure,” Frankovsky said. This partnership will bring that efficiency to the enterprise, he said.

このインフラを、Facebook がオープン・ソース化したとき、「Facebook が、どれほどの範囲のエンタープライズ領域に対して、このデザイン・ストラテジーを適用させるのか? 」 と人々は尋ねた。 そして、「すべてのエンタープライズが、きわめて効率の良いコンピューティング・インフラストラクチャへの移行を望んでいる」と、Frankovsky は発言している。 このパートナーシップが、その効率をエンタープライズにもたらすだろうと、彼は付け加えている。

The Open Data Center Alliance, which is now comprised of more than 300 companies that represent over $100 billion in annual IT spending, this spring published the first release of usage models for Open Specifications for Cloud Computing. The Open Compute Project also recently published the first series of specifications for efficient motherboard, server and data center design. Members of both organizations are engaging in joint projects initially focused on rack-scale infrastructure; ultra-efficient server and storage designs; and scalable, open systems management.

ODCA(Open Data Center Alliance)は、年間で $100 billion 以上を IT に対して支出する、300 社以上の企業で構成されている。そして、この春には、Open Specifications for Cloud Computing モデルのための、最初の用法をリリースした。 同様に、最近になって OCP(Open Compute Project)も、効率の良いマザーボード/サーバー/データセンターに関する、デザイン仕様の最初のシリーズを発行した。 両組織のメンバーたちが、ラック・スケールのインフラおよび、きわめて効率的なサーバーとストレージのデザイン、そしてスケーラブルなオープンなシステム・マネージメントに焦点を合わせらたジョイント・プロジェクトに従事している。

The groups announced that members of ODCA infrastructure working group will collaborate with selected engineering projects of the Open Compute Project. In turn, the ODCA opens up a broader customer base to help to evaluate, support and innovate Open Compute hardware and specifications. More developments will be released Oct. 27 at the Open Compute Summit in New York, the groups said.

そのグループは、ODCA のインフラ WG のメンバーが、OCP の選ばれたエンジニアリング・プロジェクトに協力していくと発表している。 その代わりに、ODCA は膨大な顧客ベースを開放し、OCP のハードウェアとスペックの、評価/支援/革新を支えていく。より多くの開発成果が、New York で 10月27日に開催される、Open Compute Summit でリリースされると、このグループは発言している。

ーーーーー

TAG index昨日の、Paul Maritz の指摘が気になりますが、それに関係するのでしょうかね? データセンターでの特許という話は、あまり聞いたことがないのですが、その設計/構築/運用により、クラウドの質と価格が大きく変わってくるので、これまで以上に注目されるのは確かだと思います。 それで、寄らば大樹・・・ という考えが、Facebook にあるのかなぁと、勘ぐってしまいますね。 明日の、サミットでの話が楽しみです。 ---   __AC Stamp 2 @YNC

ーーーーー

<関連>

クラウドにより、大きく変化する DR (Disaster Recovery)
Google の アジア・データセンター戦略とは?
iCloud が Microsoft と Amazon で動くなら、あの 巨大 DC は空っぽなのか?
i/o ANYWHERE のコンテナ DC 紹介 – Youtube がカッコイイ
AST の Free Cooling コンテナ DC を Youtube で!

 

VMware の Paul Maritz が、Facebook の特許問題を語る

Posted in Facebook, Google, Open Compute, Patent, VMware by Agile Cat on October 26, 2011

VMware CEO: Facebook will also have to fight a patent war soon
By Emil Protalinski | September 4, 2011, 1:23pm PDT
http://www.zdnet.com/blog/facebook/vmware-ceo-facebook-will-also-have-to-fight-a-patent-war-soon/3258

image

Summary: Some experts, including VMware CEO Paul Maritz, believe Facebook will have to fight a patent war if it doesn’t soon take the proper defensive measures.

Summary:VMware CEO の Paul Maritz を含む何人かの専門家は、Facebook が適切な防御策をとらない場合には、間もなく特許戦争に巻き込まれると確信しているようだ。

facebook_logoRelatively new Web companies such as Facebook don’t hold many patents and could soon face data-center-related legal battles. VMware CEO Paul Maritz, who has witnessed a number of patent skirmishes in the 1990s when he was at Microsoft, believes that many patent confrontations are coming, and Facebook may find itself in the midst.

Facebook のような、比較的に新しい Web カンパニーは、数多くの特許を持たず、また、間もなくデータセンター関連の法廷闘争に直面することになる。 かつて、Microsoft に在籍していた、現 VMware CEO である Paul Maritz は、1990年代に発生した、特許に関する数多くの小ぜり合いを目撃している。 そして、特許に関するたくさんの対決が浮上してくるが、そこに巻き込まれている自分自身を、Facebook は見いだすと信じている。

Quickly-growing services like Facebook, Twitter, Zynga, LinkedIn, and Groupon have so far avoided becoming casualties in the ongoing patent wars, which have centered on mobile devices, but the honeymoon may not last. “When the continents shift and new players come into a space, it results in an unstable situation,” Maritz told Business Week. “If you want to be a permanent fixture of the landscape, you better get some defense.”

Facebook や、Twitter、LinkedIn、Zynga、Groupon といった急成長の最中にあるサービスは、これまでのところ、モバイル・デバイスに集中している特許戦争を免れているが、ハネムーンは長く続かないかもしれない。 「その大陸が移動し、新しいプレーヤーがスペースに入って来るとき、不安定な状態がもたらされる。その展望に中で、安定したポジションを得たいなら、いくつかの防御策を講じた方が良いだろう」と、Maritz は Business Week に対して発言している。

Social media websites have weak patent portfolios: Facebook has only 12 patents to its name, while the totals for the other guys range from zero to two each, according to filings with the US Patent and Trademark Office. Google was in a similar position earlier this year: it had far fewer mobile-related patents than its competitors. Last month, the search giant ended up buying Motorola Mobility and its 17,000 patents for $12.5 billion.

ソーシャル・メディアの Web サイトは、脆弱な特許ポートフォリオしか持っていない。 US Patent and Trademark Office への出願状況によると、Facebook の名前による申請は、たったの 12件であり、その他のサイトも 0 ~ 2 件という状況である。 また、今年の初めまでは、Google も同じ立場にあり、競争他社との比較において、きわめて数少ないモバイル関連特許を持つという状況だった。そして先月(8月)、この検索の大手は、Motorola Mobility と17,000 件の特許を、$12.5 billionで買うことになった

Martiz believes newer Web companies may ultimately have to do something similarly drastic as well. Older technology companies such as Oracle, IBM, and Microsoft maintain rich patent portfolios covering essential technologies used by the new guys, including database and file-management applications. Facebook and its other smaller cousins have so far been using free, open-source software and while so far the big guys have had little motivation to target the open-source products with lawsuits, this could quickly change. As we’ve recently seen, the open-source label didn’t save Google’s Android operating system.

Martiz は、新しい Web カンパニーも最終的には、何らかの対応が必要になると信じているようだ。 Oracle や、IBM、Microsoft といった、従来からのテクノロジー企業は、それらの新興勢力が使用する、データベースやファイル管理のアプリケーションといった不可欠なテクノロジーをカバーする、リッチな特許ポートフォリオを維持している。これまでのところ、Facebook と関連企業は、無料の OSS を用いており、また、それらの大手は OSS を、法的なターゲットにするための動機づけを持てなかったが、そのこと自体が急速に変化し得る。 最近になって、私達が目の当たりにしているように、オープンソースというラベルは、Google の Android オペレーティング・システムを救わなかった。

Facebook will likely have to do more than just develop more patents to bolster its own portfolio. The social networking giant may have to stat signing cross-licensing deals with the bigger firms. Since Facebook doesn’t have many patents to offer itself, it could be a one-way deal where the company forks over a lot of cash in return for patent protection.

おそらく Facebook は、自身のポートフォリオを強化するために、単に特許を生み出す以上の、さらに多くの作業を必要とするだろう。このソーシャル・ネットワークの大手は、従来からの大手とのクロス・ライセンスを、取り付ける必要があるかもしれない。 Facebook が、多数の特許を提供できないとすれば、特許保護の見返りとして、一方的に多額のキャッシュを支払う、取引になるだろう。

Facebook has at least one assurance that the other younger guys do not: Microsoft. Almost four years ago, Redmond invested $240 million in Palo Alto. Ever since then, the two companies have been best friends and have worked together on many different products. As such, I doubt Microsoft would file a patent lawsuit against Facebook.

少なくとも Facebook は、他の新興企業が持ち得ない、Microsoft という保証を有している。 約 4年前に、Redmond から Palo Alto に、$240 million が投資されている。 その時から、ずっと両社は BEST FRIENDSであり、多様なプロダクトを共同で開発している。そのような背景からして、Microsoft が Facebook に対して、特許で訴訟することはないと、私は考える。

On the other hand, Facebook also has a very big enemy: Google. The search giant made some of its database work public and many companies, including Facebook, used this information to build their own data-center technologies. Maybe Google will do more to Facebook than just push competitors like Google+: Mountain View could take Palo Alto to court one day.

その一方で Facebook は、Google という強敵を抱えている。 この検索の大手は、データベースに関する蓄積をパブリック化しており、Facebook を含めた数多くの企業が、自身のデータセンター・テクノロジーを形成するために、その情報を用いている。おそらく Google は、Google+ のような Facebook と競合するプロダクトに関して、さらなる行動に出るだろう。Mountain View は Palo Alto を、1日で法廷に引っ張り出せる。

See also:

ーーーーー

TAG indexたしかに、OSS だからといって Android が特許を免れたかといえば、それは違うでしょう。 同じことが Facebook に発生するとして、どのようなところが問題になるのか、ちょっと想像できませんが、起こってほしくないですね。ご存知のように、OPC(Open Compute Project)で、データセンターに関する最新の仕様を公開してしまった Facebook ですが、そんなことをされては困るという人も、おそらく、たくさんいるはずです。ここは、Google 先生に、防波堤の役割を担って欲しいとろですね。 ーーー __AC Stamp 2 @YNC

ーーーーー

<関連>

Facebook の規模は、2004年当時のインターネット全体に匹敵する
Facebook – Open Graph Beta の概説
Facebook の Washington Post アプリを動かしてみた!
ニールセンのソーシャル調査でも Facebook が圧勝
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!

 

Facebook の Open Compute Summit が開催される

Posted in Data Center Trends, Events, Facebook, Open Compute by Agile Cat on October 25, 2011

Oregon データセンター・チームがホストするカンファレンスです ・・・

Thanks for your interest in the second Open Compute Summit. The nascent Open Compute community is actively seeking participants who are passionate about making strong technical contributions to defining and delivering the most efficient server, storage and data center designs.

We will have executives share the latest and greatest thoughts and innovations, and a number of community-participation sessions. We will be providing more details of the event schedule in the coming weeks.

imageSchedule

9:00am – 10:00am
Registration
10:00-12:30
Presentation from Frank Frankovsky and others from the Open Compute Project community—the theme is community enablement, adoption and engineering contributions.
2:00-5:00
Technical Workshops and Open Sessions
5:00-6:00
Plenary: a synthesis of each technical workshop and next steps.

Open Compute Projects Technical Workshops (2-5pm slot)

Storage
Building for the 100 year standard.
Open Rack
Mechanical design and modular power distribution.
The Adjacent Possible
Virtual IO.
Systems Management
Defining open systems management for the enterprise.
Datacenter Design
Building for different geographies.

ーーーーー

<関連>

Facebook – Oregon データセンターの写真が一挙公開!
Building Efficient Data Centers with the Open Compute Project
Agile_Cat 空撮隊 – Facebook Oregon データセンターを探索するも ・・・
詳細な解説つきの Facebook Oregon DC フォト・ツアー
Facebook の、次の巨大データセンターが North Carolina に!
Facebook Oregon DC の、第2期工事が早まるらしい
30 P Bytes の Hadoop HDFS を、どのようにして Oregon へ移動したのか

Yahoo の鶏小舎 DC を作った Scott Noteboom が Apple へ!

Posted in Apple, Data Center Trends, Yahoo by Agile Cat on October 24, 2011

Apple hires Yahoo’s data center chief
By Stacey Higginbotham Oct. 22, 2011
http://gigaom.com/cloud/apple-hires-yahoos-data-center-chief/

_ Gigaom

Updated: Scott Noteboom, the man who has been in charge of Yahoo’s data center operations since 2005, has now joined Apple as the iconic consumer electronics maker expands into the cloud. According to LinkedIn, Noteboom is now a “distinguished gentleman” at Apple as of this month after leaving his role as VP of data center engineering and operations at Yahoo.

Updated: Yahoo データセンターの運用責任者を、2005年から務めてきた Scott Noteboom が Apple に入社し、この象徴的なコンシューマ・エレクトロニクス・メーカーをクラウドへと導く。LinkedIn によると、 Yahoo における役割であった VP of data center engineering and operations を離れる今月から、彼は Apple の「Distinguished Gentleman」となる。  

Noteboom has been involved in Yahoo’s chicken coop data centers as well as seen the Internet portal expand in scale. A bio of his from a recent data center conference included this bit:

これまでの Noteboom は、Yahoo の鶏小舎データセンターに関係するだけではなく、同社のインターネット・ポータルが、そのスケールを拡大していくさまを見てきた。 最近のデータセンター・カンファレンスにおける彼の略歴は、以下のように書かれている:

Scott Noteboom serves as Yahoo!’s Head of Global Data Center Infrastructure. Since joining Yahoo! in 2005, he has served as chief design architect and a founder of the company’s data center self construct / operate initiatives. He also managed over 10x growth of the companies data center / compute operating footprint, leading teams that installed and support multi hundred thousand hosts. Scott’s duties include managing all aspects of the data center lifecycle– from design, construction, operations, to de-commissions.

Scott Noteboom は、Yahoo! の Head of Global Data Center Infrastructure を務めている。 2005年に Yahoo! に入社してから、チーフ・デザイン・アーキテクトとして、また、自律的な構成と運用を促進する、同社データセンターの創設者として勤めてきた。 さらに 彼は、10倍に成長した同社のデータセンターと、コンピューティング・フットプリントを管理し、 数10万台のホストをインストール/サポートするチームを導いてきた。 Scott の任務は、設計/構築/運用から廃棄に至るまでの、データセンター・ライフサイクルを網羅するものであった。

As Apple ramps up its focus on the consumer cloud, spending up to $1 billion on a North Carolina data center, it has been hiring executives from many big name data center operators such as Microsoft’s  Kevin Timmons. Update: Looks like Timmons was named the CTO of data center operator CyrusOne this week, and his background didn’t include any mention of Apple. This latest hire just reaffirms Apple’s commitment to the cloud and getting to webscale.

North Carolina データセンターに対して、Apple は $1 billion もの対価を費やし、コンシューマ向けのクラウドを成長させるにつれて、Microsoft の Kevin Timmons のような著名なデータセンター運用者から、経営に関与する人材を採用してきた。 Update: 今週になって、Timmons は CyrusOne データセンター運用に関する CTO を任命されたが、その肩書には Apple の名は含まれていないようだ。 したがって、この Scott の採用が、クラウドへのコミットと、Web スケールへの到達という、Apple の方針を再確認するものとなる。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexう~ん! 昨夜の「Google による Yahoo 買収というウワサは本当なのか?」のポストに引き続き、今度は 求心力の低下が顕在化してきたように思えます。すでに、Hadoop 部門から Hortonworks がスピンアウトしていますので、いまに始まったことではないとも言えますが、あの 鶏小舎 データセンターを作ったアーキテクトまでもとなると、かなり心配な状況ですね。 その一方で、Apple は素晴らしい人を取り込んだわけで、iCloud に拍車がかかっていきます。 いっそのこと、Apple が Yahoo を買うというのも、よいかもしれません。ーーー__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

鶏舎に学べ:Yahoo の PUE 1.1 の最新データセンター
世界最強 – Yahoo の鶏小舎データセンターは PUE 1.08
鶏舎型 DC をヨーロッパに展開する Yahoo!
Apple の巨大データセンター on Youtube
iCloud が Microsoft と Amazon で動くなら、あの 巨大 DC は空っぽなのか?

Google による Yahoo 買収というウワサは本当なのか?

Posted in Businesses, Google, Yahoo by Agile Cat on October 24, 2011

jpGoogle considers financing a deal for Yahoo buyout
October 22, 2011 |
Heather Kelly
http://venturebeat.com/2011/10/22/google-considers-financing-deal-for-a-yahoo-buyout/

image

Google is the latest company to be connected to a potential buyout of troubled Yahoo Inc. The search giant has talked to at least two equity firms about helping it acquire a chunk of Yahoo, according to a report in the Wall Street Journal, which sites an unnamed source close to the matter.

Google は、問題を抱える Yahoo Inc の買収について、その可能性を最期まで持ち続ける会社である。 この件について、匿名の情報源からとする Wall Street Journal のレポートによると、Yahoo 全体の買収を支援して欲しいと、Google は、少なくとも2つの持株会社に話をしたとされる。

The talks are said to still be in the early stages, and no serious offers have been made, but the play would be for Yahoo’s “core business.” The Wall Street Journal’s source said that a formal proposal hasn’t been assembled, and it’s possible Google could end up not even perusing a bid.

そのための協議は、またアーリー・ステージにあると言われ、また、重要な申し出は無いようだが、Yahoo の コア・ビジネスが対象になるようだ。 Wall Street Journal の情報源によると、正式な提案は構成されてなく、また、Google は指値について検討が終了していない可能性もあるようだ。

Any deal between the two companies would undoubtedly draw the attention of antitrust regulators, and Google is already in the hot-seat. In September, Google Chairman Eric Schmidt testified at a Senate Judiciary antitrust hearing. The committee is concerned that Google’s dominance of the search market gives it an unfair advantage when promoting its own businesses.

この両社間における、いかなる取引であっても、独占禁止法に抵触する可能性は否定できず、また、Google は既に苦境に置かれている。 9月のことだが、Google の Chairman である Eric Schmidt は、Senate Judiciary のアンチラスト・ヒアリングで証言している。 同委員会は、Google がビジネスを促進する際に、同社による検索マーケットの支配が、不当な優位性をもたらすことに関心を示している。

Google is just the latest big name to be tied to a possible Yahoo acquisition. Rumors of Yahoo putting itself up for sale have been circulating wildly since it fired Chief Executive Officer Carol Bartz in September. Microsoft, Aol and Chinese company Alibaba have all expressed interest in buying all or part of the company. Yahoo co-founder and former CEO Jerry Yang considered making a deal with private equity firms to buy up the company and take it private.

Google は、Yahoo の買収に結び付けられる、最後の Big Name である。今年の 9月に、Chief Executive Officer である Carol Bartz が解任された時から、Yahoo が身売りを望んでいるというウワサが独り歩きしている。 Microsoft や、Aol、中国の Alibaba は、同社の全てを買い取ることに感心を示している。 Yahoo の co-founder であり、前 CEO でもある Jerry Yang は、同社を買い占めて、プライベート化するために、やはり持ち株会社による買い付けを検討している。

The struggling company is currently being led by interim CEO Tim Morse.

渦中の Yahoo は、暫定 CEO である Tim Morse によりリードされている。

ーーーーー

TAG indexいまは、大手の検索サイトが 3つあるため、それぞれの検索エンジンにおける精度/ポリシーを推測することが可能です。 現実に、Google と Bing は、かなり異なる検索結果をもたらすことがあるので、そのようなときには、Yahoo で補完する事が可能となります。 それが、Google と Bing の 2つに減ってしまうと。何が 正しい/間違えているという議論も、水掛け論に終始してしまうはずです。 Google が買うにしろ、Microsoft が買うにしろ、Yahoo の独立性が担保されるかたちに、落ち着いて欲しいですよね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Wikileaks ボランティアの Gmail データが、Google から 米政府に開示された
Chrome の Remote Desktop ベータ版が出たらしい
Google Cloud SQL は、MySQL ライクな UI と、DC 間同期をサポートする
Google の 3つの世代を振り返る – Batch, Warehouse, Instant

Angry Birds の、ハロウィン記念 最新バージョンを Youtube で!

Posted in Entertainment, Mobile, Weekend by Agile Cat on October 23, 2011

Meet the Newest Angry Bird [VIDEO]
by Todd Wasserman
http://mashable.com/2011/10/21/meet-the-newest-angry-bird/

_ Mashable

Rovio has introduced a Halloween treat for Angry Birds fans: A new Angry Bird. The orange bird doesn’t have a name, but does have the ability to blow up several times his size.

Rovio から、Angry Birds ファンへ、ハロウィーン楽しみバージョンのが提供されるのであ~る。 新たに登場する[オレンジ鳥]に、名前は、まだ無い。 しかし、小粒でもピリリと辛く、その身体を風船のように膨らまし、敵を粉々に爆破するという、たぐい稀な能力を持つのであ~る。

The bird, which is introduced in the video above, is part of Angry Birds Ham’O’Ween, a new collection of 30 Halloween-themed levels. For those that have already downloaded Angry Birds Seasonsbut otherwise costs $.99. Click here for the iTunes and Android versions.

このビデオで紹介される、その [オレンジ鳥]は、Angry Birds Ham Ham’O’Ween の一部であり、30 種類のハロウィーン・テーマ・レベルの、最新鋭のコレクションなのであ~る。 すでに Angry Birds Seasons をダウンロードせし者に提供されるが、さらに$0.99 の上納金が必要なのであ~る。 iTunesAndroid の使い手は、ここをクリックするのであ~る。 クリックするのであ~~~る。

ーーーーー

_weekend飛ぶ鳥を落とす勢いと言ってしまうと、自分が落っこちてしまうのでマズイですが、まぁ、とにかく絶好調の Angry Bird なのです。 なんか、買っちゃいそうな気分になって来ました。 :) ーーー  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Bing は Angry Birds とタッグを組んで覇権を狙うのか
Angry Birds がタダで欲しければ、Amazon Appstore for Android へ急げ!
ライブ Angry Birds で熱狂のルツボと化すバルセロナ – Youtube
Angry Birds なバースデイ・ケーキと、すばらしいお父さん!
Angry Birds は $1.5 Billion の賃金を食いつぶす悪いヤツ?

 

%d bloggers like this: