Agile Cat — in the cloud

おめでと~~~ Tumblr! もうすぐ 100億ポストだって?

Posted in Research, SOHO with Cloud, Tumblr by Agile Cat on September 9, 2011

Huge milestone: Tumblr users have soon cranked out 10 BILLION posts
Posted in Main on September 2nd, 2011 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2011/09/02/huge-milestone-tumblr-users-have-soon-cranked-out-10-billion-posts/

_ pingdom

The growth of the microblogging platform Tumblr has been nothing short of amazing. The increase in users and overall attention the service is getting is reminiscent of when Twitter took off. There are now almost 28 million blogs on Tumblr. A year ago there were seven million.

マイクロ・ブログ・プラットフォームである Tumblr の成長ぶりは、申し分なく素晴らしい。 ユーザー数の増加と、このサービスに注がれる注目度は、Twitter が離陸していった時を思い出させる。 いまの Tumblr には、約 2800万のブログがある。 そして 1年前には、700万に過ぎなかったのである。

クリックで拡大 ⇒

As if that wasn’t impressive enough, Tumblr users will soon have cranked out a whopping 10 billion posts. That’s a huge milestone for Tumblr. At the current rate of more than 37 million posts per day, this should happen in about a week. (By the way, if anyone at Tumblr is reading this: Congratulations, guys!)

しかし、Tumblr ユーザーたちにとって、そんなものは大した事ではないらしく、大量生産されているポストは、間もなく 100億に届くことになる。 それは、Tumblr にとって、巨大なマイルストーンとなる。現在の、1日に 3700万を超えるポスト数でいくと、おそらく 1 週間ほどで、この大台に到達する。(ところで、 Tumblr の中の人が読んでたら、おめでとう!)

Tumblr’s posting pace

The average number of new Tumblr posts per day seems to hover somewhere around 37.5 million. For now, we should add. That number will of course increase over time as Tumblr grows. So, what does 37.5 million daily posts translate to? We broke it down into different time units.

Tumblr における 1日あたりの平均ポスト数は、3750万前後を推移しているようだ。 したがって、100 億に届くまでは、それを足していかなければならない。 そして、もちろん、Tumblr の成長につれて、その数も増加していくだろう。ところで、1 日あたり 3750万というポスト数を、どのように分析すれば良いのだろう? 私たちは、別の時間単位に分解してみた。

  • 434 posts per second
  • 26,000 posts per minute
  • 1.56 million posts per hour
  • 263 million posts per week
  • 1.1 billion posts per month
  • 13.7 billion posts per year

At the current rate, the number of posts on Tumblr will pass 20 billion in nine months. Considering how Tumblr usage is increasing, though, we expect that to happen a lot sooner.

そして、現在のペースで進むと、Tumblr のポストの数は、9ヶ月後に 200億を通過する。 Tumblr 利用の増加を考えると、ずっとより早く、そのレベルに到達すると、私たちは予想する。

Such a huge influx of posts could of course put a strain on any web service, but we suspect the biggest challenge for Tumblr isn’t really getting all those new posts into their system. The greater challenge is bound to be the serving of all that content to readers and handling all the other interactions those posts create.

このように膨大なポストの流入は、もちろん Web サービスに負担を課すことになった。 しかし、私たちは、Tumblr が最大のチャレンジを試みても、それら全ての新ポストを、彼らのシステムの中に取り込めていないと考える。 この偉大なチャレンジは、すべてのコンテンツを読み手に提供すること、そして、それらのポストが引き起こす、すべてのインタラクションを処理することに、結び付かなければならない。

クリックで拡大 ⇒

A gazillion page views

That many users and posts – Tumblr users are a productive bunch – will of course translate into an ever-increasing number of page views keeping Tumblr’s servers busy.

もちろん 、この膨大なユーザー数とポスト数は(Tumblr ユーザーは生産のカタマリである?)、Tumblr サーバーを BUSY にする、増加し続けるページビューへと変換されていくだろう。

Mirroring how the number of posts is growing, the page views are definitely going through the roof. According to Quantcast, the Tumblr blog network now serves 12.5 billion page views per month, and that number is growing fast.

どこまでも増大していくポスト数をミーラリングすることで、、そのページビューは天井を突き抜けて伸びていく。 Quantcast によると、Tumblr ブログ・ネットワークは、いまでは  125億/月 のページビューをサポートしており、その成長は加速している。

With that kind of growth, the engineers at Tumblr have their work cut out for them, scaling the service to meet demand. We suspect they’re pretty happy about having this “problem,” though.

その種の成長は、Tumblr のエンジニアに適しており、結果として、要求に応じたサービスのスケールが達成されていく。 私たちの推測だが、この種の「問題」に遭遇することを、彼らは喜んでいるはずだ。

Tumblr is hot on Google, too

It’s not just about traffic, Tumblr is gaining some serious mindshare as well. Judging by Google Trends, overall interest in Tumblr is skyrocketing, which can only be a good thing for the service.

Tumblr は、トラフィックについてだけではなく、 いくつかの共通認識も得ている。 Google Trends により判断すると、Tumblr に対する全体的な興味、ロケットのように急上昇している。 このサービスにとって、それは嬉しいことであり、マイナスの要素は何もない。

クリックで拡大 ⇒

And don’t forget the second, smaller chart. As you can see by the “news reference volume” at the bottom right in this chart, the media is covering Tumblr more and more.

Google Trends により判断すると、Tumblr に対する全体的な興味、ロケットのように急上昇している。 このサービスにとって、それは嬉しいことであり、マイナスの要素は何もない。そして、二番目の小さなチャートを見落とさないで欲しい。このチャートのす一番下に記載される 、“news reference volume” で確認できるように、かなり多くのメディアが、Tumblr をカバーしている。

Let’s just say that 2011 is looking like a pretty great year for Tumblr.

2011年は、Tumblr にとって、最良とも言える年である。

ーーーーー

archiveいやぁ~~~ たいしたものですね! 100 億ポストって、Tumblr の場合、100 億個の URL を管理しているんですよね。 その意味で、マイクロがつくにしても、Tumblr は立派なブログなのです。ちなみに、Agile_Cat Tumblr を調べてみましたら、6月が 83ポスト、7月が 111 ポスト、8月が 157 ポストという具合に、伸びてきています。 それほど、必死になってポストしてという訳では無いのですが、けっこう伸びています。 簡単だし、易しいから、こういう結果になるのですが、それが 2800万ヶ所で起こっているなら、この、全体での驚異的な成長も納得です。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

tumblr は、ソーシャル・ブログなのか、ビジュアル・ブログなのか?
Blog と Twitter のはざまで、まったり シアワセ な Tumblr
Agile_Cat の tumblr が 大ブレークした ・・・の巻
ウワサの tumblr アカウントを取ってみた

Amazon のタブレットは、iPad との対決を避けながら成功を収める

Posted in Amazon, Apple, Mobile by Agile Cat on September 9, 2011

Why Amazon’s tablet can do well without being an iPad killer
By
Erica Ogg Sep. 6, 2011
http://gigaom.com/apple/why-amazons-tablet-can-do-well-without-being-an-ipad-killer/

_ Gigaom

Early details about a forthcoming Amazon tablet indicate the company could have a potentially successful Android tablet on its hands. It’s not for sale yet, but many have been quick to label it the first legitimate iPad challenger ready to hit shelves. But should Amazon do a decent job selling tablets, it’s not necessarily going to be at the expense of Apple selling a lot of iPads. And that’s because the two are coming at the business from two different angles, and their customers have different expectations.

今度の Amazon タブレットにについての初期情報により、Android タブレットを手にすることで、同社に成功がもたらされる可能性が高いと示されている。 それは、まだ販売もされていないが、すぐにでも在庫棚から取り出せる、最初の本格的な iPad チャレンジャーというラベルを、多くの人々が素早く貼りつけていくことになった。 ただし、Amazon は適切にタブレット・ビジネスを展開するはずであり、数多くの iPads を販売している Apple を、犠牲にする必要もないだろう。 なぜなら、両社は異なる確度からビジネスを展開しており、また、それぞれの顧客も異なる期待を寄せているからである。

TechCrunch’s early look on Friday of a pre-release model tells us the Amazon tablet will be a 7-inch color touchscreen tablet running a non-tablet version of Android on a single-core chip, with very little local storage. It will probably cost $250 and be Wi-Fi only to start, and it’s going to be called the Amazon Kindle. The name implies Amazon is not selling it as a tablet, but more as an e-reader that does much much more. That makes it sound less like an iPad and more like the Barnes & Noble Nook Color. That’s the first of many ways that the two differ in their approach.

TechCrunch が金曜日に速報したのは、その Amazon のタブレットプレ・リリース・モデルが、Android の Non_Tablet バージョンを、シングル・コアのチップで走らせ、また、きわめて小容量のローカル・ストレージを持つ、7 Inch のカラータッチ・スクリーンであることだ。 おそらく、$ 250 のコストと、Wi-Fi のみの初期ロット の、Amazon Kindle と呼ばれるものとなる。 その名前が意味するのは、Amazon はタブレットとしてというより、電子ブック・リーダーの上位に位置する、さらに強化された製品を売ることである。つまり、iPad というよりは、Barnes & Noble の Nook Color に似ていると思われる。 そのことが、この2つのタブレットおける、それぞれアプローチを切り分ける、最初のポイントとなる。

clip_image001The core of each of their businesses are also fundamentally different. Apple is a hardware company. The iTunes Store and App Store do well and they are important parts of  its business, but the purpose of the hardware is not just a pretty and pricey vehicle to sell music, videos, games, apps and software. The videos and apps are there to enable people to enjoy their iPod, iPhone or iPad. Amazon is an e-commerce company. They sell books, makeup, jewelry, electronics, etc. And, of course, lots and lots of e-books. That’s why Amazon sells the Kindle; principally as a way to sell more e-books.

また、両社のコア・ビジネスも、基本から異なっている。 Apple は、ハードウェア会社である。 iTunes Store と App Store は順調であり、同社の重要なビジネスになってきたが、ハードウェアの目的は、音楽/ビデオ/ゲーム/アプリケーション/ソフトウェアを販売するだけの、キレイで高価な器というわけではない。 それらのビデオうやアプリケーションは、人々が iPod/iPhone/iPad を楽しむために存在する。 Amazon は、インターネット・コマースの会社である。 したがって、化粧品や、装飾品、そして家電などを販売する。 そして、もちろん、たくさんの電子ブック。 それが、Kindle を Amazon が販売する理由である。主たる目的は、さらに多くの電子書籍を売ることにある。

Amazon also sells $79-per-year subscriptions in Amazon Prime that lets you get all the stuff you’ve bought from them really fast for one low shipping price paid up front. Amazon’s forthcoming tablet is said to be integrated with Amazon services (think Amazon’s MP3 store, Cloud Drive and video-on-demand) you’re signed up for and, very significantly, free access to Prime. As Morgan Stanley says in a research note Tuesday, the latter is the key factor in what will make this tablet successful for Amazon:

さらに Amazon は、年間で $79 の Amazon Prime サブスクリプションを提供し、顧客が購入した全アイテムを、迅速かつ低価格で出荷するようにしている。 新しい Amazon タブレットは、顧客が登録されている Amazon サービス(Amazon の MP3 Storeや、Cloud Drive、ビデオ・オンデマンドな)ではなく、この Prime への無償でのアクセスも統合されると言われている。 Morgan Stanley が、火曜日のリサーチ・ノートで発言したように、このアプレットが Amazon に成功をもたらすためには、後者のほうが重要になる。

The Tablet will accelerate customer adoption of Amazon’s Prime offering through potentially pairing the service with Tablet purchases. We estimate Prime customers annually spend 4-5x the amount of non-Prime customers and that global Prime customers total ~12MM of which ~7-8MM reside in the US (144MM total active users). Between new accounts and current, non-Prime accounts upgrading to Prime, net sales per active account has plenty of room to grow.

そのサービスとタブレットをペアにするこことで、Amazon Prime の、顧客への提供を加速していく可能性が生じる。 Prime の顧客を一般と比較すると、年間で 4~5 倍の購買量になると、私たちは見積もっている。そして、グローバルな Prime 顧客は ~ 12 Million/Month であり、その中には メリカ在住の 7~8 Million/Month が含まれる( 全体で、144 Million/Month のアクティブ・ユーザー)。つまり、 新規のアカウントと、Non-Prime なアカウントを、Prime アップグレードするための、たくさんの潜在顧客が控えていることになる。

The idea of Amazon giving away free Prime subscriptions is not just a gimmick to get people to buy hardware. It is one of the reasons they’re selling the hardware in the first place, since people buy more things when it’s easier for them. And people who have Prime, according to Morgan Stanley, buy more things from Amazon than those who don’t have Prime.

Prime サブスクリプションを無償で提供するという Amazon のアイデアは、人々がハードウェアを買うようにさせるという、単純なカラクリだけではない。 より簡単な手段が提供されていれば、人々の購買意欲が高まるというのが、このハードウェアを販売する、理由の1つである。そして Morgan Stanley によると、Prime を持つ人々の方が、 Prime を持たない人たちよりも、多くのものを Amazon から購入している。

imageSo those that use Amazon Prime or have accumulated music, videos, and are users of other Amazon services are going to be very excited by a new Amazon Kindle. The new Kindle is attractive in that it’s an e-reader that also does other stuff, whereas the iPad is positioned more as a general device.

したがって、Amazon Prime の利用や、音楽やビデオの蓄積、そして、他の Amazon サービスの利用が、新しい Amazon Kindle により、大いに活性化しようとしている。新しい Kindle が、電子ブック・リーダーなどの用途において魅力的であるのに対して、iPad は汎用的なデバイスとして位置づけられている。

In terms of specs, Amazon is apparently not attempting to build a technically superior tablet to the iPad. (A good move, since we’ve seen how well faster, more robust tablets with “access to the full web” have done versus the iPad.) Again, Amazon’s business is selling stuff.

スペックの視点から見ると、Amazon は iPad に対して、テクニカル面で優勢となるタブレットを作ろうと思っていない。(フル Web アクセスでの高速性と信頼性について、私たちが iPad との比較を済ませた後に、うまい手が残る) そうして、 Amazon はビジネスを繰り返していく。

The two are different devices, and the Amazon tablet is clearly not designed as an “iPad killer.” And whether or not Amazon can catch up to Apple’s 24 million iPads sold in 15 months, isn’t the right rubric for whether it’s been successful for Amazon.

この 2つは異なる目的を持ったデバイスであり、また、Amazon タブレットが 「 iPad Killer 」としてデザインされていないことは明らかである。 そして、15ヶ月で 2400万台の iPad を販売した Apple に、追いつける/追いつけないは別にして、そのような比較自体が、Amazon の成功にとって、正しい題名ではないのだ。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexう~ん。 さすがは Gigaom で、なかなか深い読みですね。 Agile_Cat も、単なる PDF リーダーとして利用するために、Archos 101 という廉価版の Android タブレットを持っていますが、そんな使い方って、かならず有るのだろうと思っています。 それにしても、この Android タブレットの投入と、Amazon.com サイトのタブレット対応、そして、ソーシャルへの参入という、三本の矢を同時に放ってくるとは、さすがは Amazon ですね。 感服いたしまするぅ :)  ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Android のアプリは、Top-10 が 43% を、Top-50 が 61% を占める!
Samsung の CEO が、WebOS 買収を完全に否定
Firefox for Tablet(Android Honeycomb)のスクリーン・ショットです!
Samsung の ChatON は、Android/iOS/Blackberry をカバーする
コンシューマ と エンタープライズ の、IT 交差点 は存在し得るのか?

Tagged with: , , , , ,
%d bloggers like this: