Agile Cat — in the cloud

コンシューマ と エンタープライズ の、IT 交差点 は存在し得るのか?

Posted in .Chronicle, .Selected, Byod, Mobile, Post-PC, VMware by Agile Cat on September 2, 2011

How far can consumerization go for enterprise apps?
By
Derrick Harris Sep. 1, 2011
http://gigaom.com/cloud/how-far-can-consumerization-go-for-enterprise-apps/

_ Gigaom

During VMworld this week, talk of consumerization — or the rise of consumer applications and devices in corporate settings — was everywhere, stemming from VMware CEO Paul Maritz’s and CTO Steve Herrod’s mobile- and application-centric keynotes. Included in Herrod’s presentation was talk of a new Dropbox-like application called Project Octopus that will let users safely store, access and share corporate documents. It all so sounded so promising, and then someone asked me whether it will actually get used.

今週の VMworld では、コンシューマ化の話というか、コーポレート設定されたコンシューマ用のアプリケーションとデバイスに関する話が、VMware CEO の Paul Maritz と、CTO の Steve Herrod のセッションに登場してきた。 この二人は、モバイルとアプリケーションを中心としたキーノートで、その話題を繰り返していた。 Herrod のプレゼンテーションに含まれていたのは、Project Octopus と呼ばれる Dropbox のような新規アプリケーションの話であり、企業のドキュメントを、ユーザーが安全にストア/アクセス/シェアさせるものになる。 その全てが有望に思え、また、それは実際に使われるのかと、私に尋ねる人もいた。  

imageIf employees already use Dropbox, she asked, why would they want to use a different service to do essentially the same thing while at work? The truth is that I don’t know. I can see why employers would want them to use a separate service, but will employees stand for it?

すでに従業員が Dropbox を使っている場合にと、彼女は切り出してきた。 そして、仕事なのに、本質的には同じサービスを、彼らは使いたがるだろうか、と聞いてきた。 結果は見えないというのが、実直な回答だろう。別のサービスを、経営者が使いたがる理由は見えてくるが、それを従業員は支持するだろうか?

I tend to agree with my colleague Stacey Higginbotham, who noted while reporting on VMware’s mobile play, “While enterprises will love the ability to control who can access their data, employees may not want to give up the ability to use their own tools and choose who they share their files with.” Of course, it’s not so much a question about Dropbox or Project Octopus as much as it is about the role of consumer applications in corporate settings in general.

同僚である Stacey Higginbotham が ” VMware’s mobile play ” でレポートしていた、「 エンタープライズ側は、そのデータにアクセスできる人をコントロールする能力を持ちたがるが、従業員側は自分のツールを使い、自身のファイルを誰かと共有することを諦めないだろう 」という考えに、私は同意しかかっている。 もちろん、それは、Dropbox や Project Octopus に疑問を呈するものではなく、さらには、コーポレート設定されたコンシューマ・アプリケーションの、一般論としての役割を否定するものでもない。

There’s no denying that consumerization is real. Employees really are demanding the ability to use their personal devices rather than company-issued BlackBerrys and laptops. By and large, employers seem content let them do so because it takes productivity to a whole new level. That’s one of the megatrends driving VMware’s new focus on mobility and applications: if personal devices can’t be locked down from a security standpoint, it wants to make sure enterprise applications and data can be.

コンシューマ化が現実のものであることは、誰も否定できない。 従業員たちの本音は、会社から提供される BlackBerrys とラップトップの組み合わせではなく、自身のパーソナル・デバイスンの活用である。 全般的に見て、それにより新しいレベルの生産性が促進されるため、会社側は自由にさせるだろう。 それは、モバイルとアプリケーションの可能性に注目する、新しい VMware を促進させるメガ・トレンドである。つまり、セキュリティ見地からパーソナル・デバイスを禁止できないなら、エンタープライズのアプリケーションとデータを、そこで上手く動かすことが要求される。

クリックで拡大 ⇒

Consumerization even has made its way into traditional enterprise applications thanks to the advent of Software as a Service. Business users accustomed to clean, simple web-based consumer applications in their personal lives expect the same thing from web-based business applications. As Zendesk COO Zack Urlocker asked in a post last year, “Why buy and manage complex infrastructure or applications when a simpler approach will get results faster and cheaper?”

コンシューマ化は、SaaS の到来により、伝統的なエンタープライズ・アプリケーションの中でさえ、その活路を見出している。 ビジネス・ユーザーたちは、私生活においてもクリーンでシンプルな、Web ベース・コンシューマ・アプリケーションに慣れている。 そして、Web ベースのビジネス・アプリケーションにおいても、同じことを期待される。 Zack Urlocker は Zendesk の COO として、「シンプルなアプローチにより、迅速で安価な結果を得られるのに、何故、複雑なインフラストラクチャやアプリケーションを購入し、管理するのか?」と、昨年のプログポストで疑問を呈している

But there’s a difference between applications that either emerge from business settings or that are only relevant to businesses, and consumer-focused applications that prove themselves useful in business settings. Beyond social tools such like Socialcast and Chatter (no one could legitimately suggest Facebook, for example, as the inter-office communication channel), I’m not so certain it will be easy to get employees to give up the consumer applications they’ve already begun using for business needs.

しかし、ビジネス設定から生じるアプリケーションあるいは、ビジネスに関連するだけのアプリケーション、そして、ビジネスにおける有用性を従業員が証明する、いわゆるコンシューマにフォーカスしたアプリケーションには、それぞれ違いがある。 たとえば Socialcast や Chatter といったソーシャル・ツールと超えたレベルで(たとえば、オフィス間をつなぐコミュニケーション・チャネルとして、Facebook が適法だと提案できないだろう)、すでにビジネスの必要性において、従業員たちが使っているコンシューマ・アプリケーションを断念させることが、それほど容易だとは確証できない。

Dropbox is just one example. Look at Amazon Web Services, which grew popular among enterprise developers despite not having been sanctioned by IT departments. Despite an endless supply of vendors selling private cloud software and alternative hosting providers pushing “enterprise cloud computing,” AWS still dominates cloud computing. Maybe that’s because anyone within the organization who has used AWS really likes it and won’t settle for less. Or look to Google Apps, which has wormed its way into many companies by this point.

Dropbox は、一例である。 IT 部門が容認しなかったにもかかわらず、エンタープライズデ・ベロッパーたちの人気者となった、Amazon Web Services を見るべきだ。 プライベート・クラウドを構築するソフトウェアのベンダーや、「エンタープライズ・クラウド・コンピューティング」を押すホスティング・プロバイダが、その代替物を果てしなく供給するにもかかわらず、AWS は依然としてクラウド・コンピューティングを支配している。 何故かといえば、AWS を使用する組織内の誰もが、ほんとうに気に入っているからなのだろう。 つまり、不満ながら受け入れる、という状況ではないのだ。その一方で、Google Apps を見てみると、その方針に則って、数多くの企業の中へと進み込んでいる。

image

Application providers aren’t stupid, either. When AWS and Google recognized the money to be made by selling to businesses, they got started with all sorts of security and identity management improvements. They both even undertook the effort to achieve certification for the Federal Information Security Management Act (FISMA) to be able to win lucrative federal-government deals. It seems only logical that other new consumer-based services will follow the money, too.

同時に、それらのアプリケーション・プロバイダは賢明である。AWS と Google は、サービスを企業に販売することで、収益が上がると認識したとき、あらゆる種類のセキュリティと ID 管理について、それらの改善を開始した。さらに両社は、利益をもたらす連邦政府との取引に参入するために、Federal Information Security Management Act(FISMA)証明の取得にすら着手し始めた。 それにより、コンシューマ・ベースのサービスに参入する、その他の企業においても、論理的な収益への道が開かれたと思われる。

注記: FISMA の取得は、このポストの時点 ( 2011/9 ) で、すでに完了しているはずです。

Given that iPads, iPhones, Android, AWS, Gmail and so many other tools have made the transition from the consumer world to the business world, it just seems a bit off base to suggest that enterprise applications mimicking useful consumer applications will suddenly catch on. Sure, companies might buy them and mandate their use, but that doesn’t mean employees still won’t use their preferred services, or that they’ll be happy about the change.

iPad や、iPhone、Android、AWS、Gmail といった数多くのツールが、コンシューマの世界からビジネスの世界へ移行しているとすれば、有用なコンシューマ・アプリケーションを模倣するエンタープライズ・アプリケーションが、突如として流行しだすという示唆は、基本から少し乖離しているように思われる。 もちろん、そのようなアプリケーションを企業が購入し、使用を義務づけるかもしれない。しかし、それにより、従業員たちが好みのサービスを使わなくなり、その変化に満足するかといえば、そのような事はあり得ないのだ。

Feature image courtesy of Flickr user Pete Prodoehl.

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

vmwareおそらく、いま、多くの人々にとって一番の関心事は、このコンシューマとエンタープライズの IT 交差点ではないかと思います。 ちょうど、TechCrunch『 VMworldカンファレンスで発表されたVMware Horizon Mobileは、企業がユーザのSamsung製品に二重人格を与えることができる。製品がHorizonでセットアップされていると、暗号化された仮想マシンになり、そこからユーザは仕事のためのアプリケーションやデータにアクセスできる 』と紹介されていましたが、さすがは Gigaom で、一歩 踏み込んだところで、とても良い記事を書いてくれたと思います。 こういう記事は、ロジックが何処に向かうのか、まったく検討がつかないので、訳していてもスリリングで楽しめます(時間もかかりますが)  :)  ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

企業データにアクセスするモバイルと、セキュリティとの関係を真剣に考る
セキュリティ調査 – Sybase – ヒューマン・エラーが 48% で最大の脅威
SaaS/PaaS/IaaS とセキュリティの責任範囲 – NIST
人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果
SaaS マーケットは、2015 年までに 2倍に成長する
クラウドは 他の IT と比べて、4倍速で急成長していく – IDC
クラウドへの移行を、経済面から考察する – Pennsylvania 州立大学

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: