Agile Cat — in the cloud

Kindle Fire 関連記事 – 9本のマトメ・ページ

Posted in Amazon, Mobile by Agile Cat on September 29, 2011

Kindle Fire が発表されました – $199 –

imageスペックなどは ・・・ ● Processor は 1 GHz TI OMAP 4 ● 7-inch IPS タッチス・クリーンと広角液晶 ● 解像度は 1024 x 600 ● BlackBerry PlayBook に似た UI ● 各種の Amazon サービスをプリロード ● WebKit ベースの Amazon Silk ブラウザ ● ブラウザ負荷をアプリとクラウドに分散 ● 価格は $199 ・・・ とのことです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

ーーーーー

_ into Mobile

Hands-on Amazon Kindle Fire Android tablet
BY: MARC FLORES, INTOMOBILE
WEDNESDAY, SEPTEMBER 28TH, 2011 AT 8:05 AM
Amazon finally made the Kindle Fire Android tablet official this morning and we were able to get our hands on this Android-powered tablet. While there are some features that are missing that some may be disappointed with – namely the camera – the Kindle Fire is a very nice-looking tablet that should move a ton of units this holiday season.

 

_ GigaomKindle Fire details reveal no iPad competitor
By Darrell Etherington Sep. 28, 2011, 7:55am PT
Amazon’s Kindle Fire is now a known quantity, thanks to details supplied to Bloomberg ahead of the official announcement at Amazon’s press event Wednesday. The Android-based tablet has an attractive price, but to get there, it cut so many corners it probably won’t make much of a dent in Apple’s market lead with the iPad.

 

imageAmazon unveils $199 Kindle Fire tablet
By PETER SVENSSON, AP Technology Writer – 7 mins ago
NEW YORK – Amazon CEO Jeff Bezos on Wednesday showed off the Kindle Fire, a $199 tablet computer, challenging Apple’s iPad by extending its Kindle brand into the world of full-color, multipurpose devices. Bezos also took the opportunity at a New York press event to introduce a new line of Kindle e-readers with black-and-white screens and lower prices, further pressuring competitors like Barnes & Noble Inc. that are trying to break Amazon.com Inc.’s dominance in electronic book sales.

 

_ Business InsiderHuge, Up Close Photos Of Amazon’s New Kindle Tablet And Readers
Steve Kovach | Sep. 28, 2011, 1:32 PM
Amazon’s super-secret mystery tablet, the Kindle Fire is here. And we got to see it at the big press event in NYC. The bad news: Amazon wouldn’t let anyone play with the Fire or any of the other new Kindles on display. (Boo!) But we got as close as possible and took a bunch of photos.

 

_ Business InsiderA Hands-On Demo Of The Kindle Fire Surfing The Web [VIDEO]
Jay Yarow | Sep. 28, 2011, 2:57 PM
Here’s what the Kindle Fire looks like in action. We were not able to handle it ourselves, so we had to film Jon Jenkins, who is the director of Amazon’s Silk browser playing with it. You hear his voice in the background.

 

_ Huff PostNew Kindle: Amazon Unveils Fire Tablet, Kindle Touch And More
PETER SVENSSON   09/28/11 04:29 PM ET   
NEW YORK — Amazon CEO Jeff Bezos on Wednesday showed off the Kindle Fire, a $199 tablet computer, challenging Apple’s iPad by extending its Kindle brand into the world of full-color, multipurpose devices. Bezos also took the opportunity at a New York press event to introduce a new line of Kindle e-readers with black-and-white screens and lower prices, further pressuring competitors like Barnes & Noble Inc. that are trying to break Amazon.com Inc.’s dominance in electronic book sales.

 

imageTCTV: Hands On With The Kindle Fire
JOHN BIGGS posted 1 hour ago11 Comments
The Kindle Fire is the device we were all waiting for and when it arrived it did not disappoint. The Fire is a 7-inch media device that plays well with all of Amazon’s media services including the book store, the video store, and the music store. It includes a web browser and supports Amazon’s own Amazon App Store, a branch of the Android App Store that focuses on apps optimized for this device.

 

_ pop herald

Amazon Kindle Fire Android tablet release date, price tag revealed
September 28, 2011 By Carlo Raphael Diokno 
Amazon finally announces Kindle Fire. An iPad, Nook killer? After months of speculation and rumors, internet shopping giant Amazon formally announces its tablet computer, the Amazon Kindle Fire, at the company’s Kindle-centric press conference on Wednesday. The new Kindle Fire is not just a Nook Color rival, but also Apple’s biggest threat, because Amazon will play in the tablet market by implementing a cheaper price tag.

 

image66

Amazon Kindle Fire tablet is official, priced at just $199
By Mike Wehner, Tecca | Today in Tech – 5 hrs ago
The web’s largest retailer is aiming for the top of the tablet market. The long-rumored Amazon tablet is finally here. The new device — which has been dubbed the Kindle Fire — is poised to take on its Android and iOS competitors this holiday season, but does it stand a chance? Let’s take a look at what the new slate has to offer and see if we can determine where it will stand when the tablet wars dust finally settles.

ーーーーー

TAG index以上、取り急ぎの、今朝のマトメです。 価格こそ $199 ですが、かなりの品質を確保したまま、低価格化に成功しているようです。 なお、BlackBerry PlayBook に似た UI という話ですが、RIM は Quanta に外注していて、Quanta は Amazon からも受注しているから、、、とのことらしいです :) --- __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon のタブレットは、なぜ 大ヒットと予想されるのか?
Amazon のタブレットは、iPad との対決を避けながら成功を収める
Amazon がソーシャルに参入? – Reuters
Amazon.com サイトが、タブレット用に再デザインされる!

 

Apple からの招待状 – iPhone 5 の発表は 10月4日に決定なのか?

Posted in Apple, Events, Mobile by Agile Cat on September 28, 2011

Apple Confirms Next iPhone Event for October 4
1:20 PM – September 27, 2011 – By
Jane McEntegart
http://www.tomsguide.com/us/iPhone-5-iPhone-4S-Launch-Release-Announcement,news-12668.html
Time to breathe a huge sigh of relief: the end of all these iPhone 5 rumors is in sight.

_ toms guide

We’ve been talking about the iPhone 5 since the beginning of the year. Originally thought to be launching in June (because that’s Apple’s traditional iPhone refresh period), the company has remained quiet about its iPhone plans all year, leading to months of rumors regarding the iPhone 5 (and possibly even iPhone 4S). However, it seems Apple is finally ready to introduce us to Cupertino’s next breed of smartphone.

私たちは、今年のはじめから、iPhone 5 について話題を提供してきた。 いつもの年なら 6月の立ち上げになるのだが(これまでの iPhone の更新ペースによると)、これまでの Apple は、iPhone に関する計画を公表せず、それにより iPhone 5(iPhone 4S も?)に関するウワサが、何ヶ月にもわたり流れ続けることになった。しかし、 ここに来て Apple は、Cupertino 製の次期スマートフォンを、私たちに紹介する準備を整えたように見える。

クリックで拡大 ( これが招待状? )

Apple today confirmed the previously-rumored October 4 press event. As we’d heard before, the event will be taking place at Apple headquarters, as opposed to the usual San Francisco location that is the Buena Vista Center for the Arts. Apple didn’t say much in in the invite, but we do know that it’s an iPhone event (the ‘Let’s talk iPhone’ tagline is a bit of a giveaway).

今日になって Apple は、以前からウワサされているプレス向けイベントを、10月 4日に開催することを認めた。 以前から聞いていたように、今回のイベントは、いつもの San Francisco(Buena Vista Center)ではなく、Apple の本社で開催されるようだ。 Apple からの招待状に、多くが説明されているわけではないが、それが iPhone のイベントであることは分かっている( ”Let’s talk iPhone” というタグ・ラインが入っているのだ)。

Stay tuned. We’ll be providing the latest when the time comes, next Tuesday at 10 am Pacific Time.

新しい情報が入り次第、提供していく。そして、来週の火曜日の、Pacific Time の 10AM になれば、最新の情報を報道できるだろう。

ーーーーー

TAG indexついに、発表なのですね。 Apple ファンの方々は、ワクワク・ドキドキですね ( Agile_Cat の周囲でも、落ち着かない人が増えそうです :) ) いつもの年のスケジュールとは異なると書いてありますが、今年は iCloud が、その時期に発表されていました。 iCloud を早める必要があったのか? それとも、iPhone を遅らせる必要があったのか? 発表の内容をみれば、そのあたりも分かってくるかも知れませんね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

でじゃびゅ~~~ iPhone 5 プロトが、またも S.F. のバーで消えた!
United 航空さま – iPad を 11,000 枚 – お買い上げ有難うございます
Apple の宇宙船型オフィスの名前は 無限ループ?
Apple の快進撃 – 2011年 後半を支配するのか?
Steve Jobs 辞任に関する、12本のお薦め記事(英語版)

Google の 3つの世代を振り返る – Batch, Warehouse, Instant

Posted in .Selected, Big Data, Google by Agile Cat on September 27, 2011

The Three Ages of Google – Batch, Warehouse, Instant
Monday, August 29, 2011
http://highscalability.com/blog/2011/8/29/the-three-ages-of-google-batch-warehouse-instant.html

_ highscalability

imageThe world has changed. And some things that should not have been forgotten, were lost. I found these words from the Lord of the Rings echoing in my head as I listened to a fascinating presentation by Luiz André Barroso, Distinguished Engineer at Google, concerning Google’s legendary past, golden present, and apocryphal future. His talk, Warehouse-Scale Computing: Entering the Teenage Decade, was given at the Federated Computing Research Conference. Luiz clearly knows his stuff and was early at Google, so he has a deep and penetrating perspective on the technology. There’s much to learn from, think about, and build.

世界は変化した。 そして、忘れ去られるべきではない、いくつかのものが失われた。 Google の Distinguished Engineer である、Luiz Andre Barroso による魅力的なプレゼンテーションを聴いたとき、この Lord of the Rings の言葉が、私の頭の中で響いていることに気づいた。それは、Google における伝説的な過去と、現在の輝き、そして疑わしき未来のことである。 彼の話である、Warehouse-Scale Computing: Entering the Teenage Decade は、Federated Computing Research Conference で提供されている。 明らかに、Luiz は自身の専門分野に明るく、また、早期の Google に在籍していた。 したがって、このテクノロジーに対して、深く鋭い見識を持っている。 そこには、学習し、思考し、構築すべき、数多くの事柄がある。

Lord of the Rings applies at two levels. At the change level, Middle Earth went through three ages. While listening to Luiz talk, it seems so has Google: Batch (indexes calculated every month), Warehouse (the datacenter is the computer), and Instant (make it all real-time). At the “what was forgot” level, in the Instant Age section of the talk,  a common theme was the challenge of making low latency systems on top of commodity systems. These are issues very common in the real-time area and it struck me that these were the things that should not have been forgotten.

Lord of the Rings を、2つのレベルに対して適用する。 このレベルの変節において、Middle Earth は 3つの世代を経過してきた。Luiz の話に耳を傾けると、Google には Batch(毎月計算されるインデックス)、Warehouse( データセンターこそコンピューティング)、そし てInstant(すべてをリアル・タイムに)があるように思われる。 この話において、Instant Age セクションの「忘れ去られたもの」レベルに在る普遍的なテーマは、普及品システムの上に低レイテンシー・システムを構築するというチャレンジであった。 それは、リアルタイム・エリアにおける極めて普遍的な問題であり、また、忘れ去られるべきものではないと、私の頭の中に響いた。

What is completely new, however, is the combining of Warehouse + Instant, and that’s where the opportunities and the future is to be found- the Fourth Age.

しかし、完全に新しいものというと、それは Warehouse + Instant という結合であり、また、機会と未来が見いだされる、Fourth Age のあるべき場所となる。

The First Age – The Age of Batch

imageThe time is 2003. The web is still young and HTML is still page oriented. Ajax has been invented, but is still awaiting early killer apps like Google Maps and a killer marketing strategy, a catchy brand name like Ajax.

話は 2003年にさかのぼる。 Web は、まだ若く、HTML はページ指向であった。そして、Ajax が考案されたが、Google Maps のようなキラー・アプリ待っている状況であり、Ajax のような魅力的なブランドネームを持つ、キラー・マーケティング戦略が待ち望まれていた。

Google is batch oriented. They crawled the web every month (every month!), built a search index, and answered queries. Google was largely read-only, which is pretty easy to scale. This is still probably the model most people have in their minds eye about how Google works.

Google は、バッチ志向である。 毎月の Web クローリングを行い(毎月だったのだ!)、検索インデックスを構成し、クエリーに対して答えていた。 Google の大部分はリードオンリーであり、また、そのスケールも、きわめて容易であった。おそらく、この段階の Google は、それが機能すろ様子に、人々が関心をもつという、モデルであったに過ぎない。

Google was still unsophisticated in their hardware. They built racks in colo spaces, bought fans from Walmart and cable trays from Home Depot.

Google は、ハードウェアという視点においても洗練されていなかった。 彼らは、コロケーション・スペースにラックを構築し、Walmart からファンを買い、Home Depot からケーブル・トレイを仕入れていた。

It’s quaint to think that all of Google’s hardware and software architecture could be described in seven pages: Web Search for a Planet: The Google Cluster Architecture by Luiz Barroso, Jeffrey Dean, and Urs Hoelzle. That would quickly change.

Google のハードウェアとソフトウェアにおける、すべてのアーキテクチャが、Luiz Barroso/Jeffrey Dean/Urs Hoelzle による 7ページのドキュメン 『 Web Search for a Planet: The Google Cluster Architecture 』 に記述できていた、と思うこと自体が興味深い。 そして、それらは急速に変化していった。

The Second Age – The Age of the Warehouse

The time is 2005. Things move fast on the Internet. The Internet has happened, it has become pervasive, higher speed, and interactive. Google is building their own datacenters and becoming more sophisticated at every level. Iconic systems like BigTable are in production.

時は 2005年である。 インターネット上の動向が加速してきた。 そして、普及と、高速化と、対話型の実現が、インターネット上で実現されていった。 Google は自身のデータセンターを構築し、すべてのレベルにおいて更に洗練されていった。 BigTable のような象徴的なシステムが、プロダクションのレベルにあった。

About this time Google realized they were building something qualitatively different than had come before, something we now think of, more or less, as cloud computing. Amazon’s EC2 launched in 2006. Another paper, this one is really a book,  summarizes what they were trying to do: The Datacenter as a Computer: An Introduction to the Design of Warehouse-Scale Machines by Luiz André Barroso and Urs Hölzle. Note the jump from 7 pages to book size and note that it was published in 2009, 4 years after they were implementing the vision. To learn what Google is really up to now will probably take an encyclopedia and come out in a few years, after they are on to the next thing.

この時点において、従来からのものとは質的に異なる何かを、Google は構築していると悟った。それは、多かれ少なかれ、クラウド・コンピューティングとして、現在の我々が考えている何かである。 そして Amazon の EC2 が、2006年に立ち上がった。 もう 1つのペーパーが、今度は本物の本である、The Datacenter as a Computer: An Introduction to the Design of Warehouse-Scale Machines が Luiz Andre Barroso と Urs Holzle により書き下ろされ、彼らが行おうとしていることを要約した。 そのノートは、当初の 7ページからブックサイズにまで拡大され、彼らがビジョンを実装した 4年後の、2009年に出版された。 これまでに Google が行ってきた、本当のことを学習しようとするなら、彼らが次のステージへ移った後に、おそらく百科事典を手に取り、数年を費やす必要があるだろう。

The fundamental insight in this age is that the datacenter is the computer. You may recall that in the late 1980s Sun’s John Gage hailed “the network is the computer.” The differences are interesting to ponder. When the network was the computer we created client-server architectures that appeared to the outside world as a single application, but in reality they were made of individual nodes connected by a network. Wharehouse-scale Computing (WSC) moves up stack, it considers computer resources, to be as much as possible, fungible, that is they are interchangeable and location independent.  Individual computers lose identity and become just a part of a service. Sun later had their own grid network, but I don’t think they ever had this full on WSC vision.

この年代における基本的な洞察は、[the datacenter is the computer]という点に集約される。1980年代の後期に、Sun の John Gage が[the network is the computer]という概念を支持したことを思い出すかもしれない。 この相違点について、思い巡らすのも面白い。 そして、[ the network is the computer]が登場したとき、外側の世界と結ぶクライアント・サーバ・アーキテクチャを、私たちはシングル・アプリケーションとして構成した。しかし、その実体は、ネットワークにより接続される、個別のノードから構成されるものであった。  Wharehouse-scale Computing(WSC)は、考え得る限りのコンピュータ・リソースを、上位のスタックへと押し上げる。 そして、その代償として、ロケーションに依存しない、置き換えが可能なものへとなっていく。それぞれのコンピュータがアイデンティティを失い、サービスにおける単なる一部へと変化していく。 Sun の後期には、自身のグリッド・ネットワークを存在していたが、この WSC のフル・ビジョンを、彼らが持っていたとは思えない。

Warehouse scale machines are different . They are not made up of separate computers. Applications are not designed to run single machines, but to run Internet services on a datacenter full of machines. What matters is the aggregate performance of the entire system.

Warehouse スケールのマシンは、別の考え方による。 それらは、別個のコンピュータで構成されるものではない。 アプリケーションをシングル・マシンで実行するのではなく、データセンターを埋め尽くす全てのマシンで、インターネット・サービスを実行するようにデザインされている。 重要なことは、全体的なステムのパフォーマンス・アグリゲーションである。

The WSC club is not a big one. Luiz says you might have warehouse scale computer if you get paged in the middle of the night because you only have petabytes of data of storage left. With cloud computing

この WSC の世界は、決して広ものではない。 Luiz が言うには、ストレージにペタバイトのデータ残っているから、真夜中に呼び出される場合もあるという、Warehouse スケール・コンピュータの世界になるらしい。

The Third Age – The Age of Instant

The time is now. There’s no encyclopedia yet on how the Age of Instant works because it is still being developed. But because Google is quite open, we do get clues: Google’s Colossus Makes Search Real-Time By Dumping MapReduce; Large-Scale Incremental Processing Using Distributed Transactions And Notifications; Tree Distribution Of Requests And Responses; Google Megastore – 3 Billion Writes and 20 Billion Read Transactions Daily; and so much more I didn’t cover or only referenced.

ようやく、現在にまで戻ってきた。 それは、まだ開発の途上であるため、Age of Instant の機能や振る舞いに関する百科事典も無い。 ただし、Google はきわめてオープンであるため、私たちは手がかりを得られる: Google’s Colossus Makes Search Real-Time By Dumping MapReduce; Large-Scale Incremental Processing Using Distributed Transactions And Notifications; Tree Distribution Of Requests And Responses; Google Megastore – 3 Billion Writes and 20 Billion Read Transactions Daily ; などの、カバーできていない、リファレンスだけのものがある。

Google’s Instant Search Results is a crude example Luiz says of what the future will hold. This is the feature that when you type in a letter in the search box you instantly get back query results. This means for every query 5 or 6 queries are executed. You can imagine the infrastructure this must take.

Google の Instant Search Results は、 Luiz の言う未来へ向けた、まだ荒削りな事例である。 この機能は、検索ボックスで文字入力した直後に、クエリーにより結果を受け取るというものである。 つまり、すべての検索において、5~6 回のクエリーが実行されることになる。そのために必要なインフラストラクチャについて、あなたはイメージできるだろうか。

The flip side of search is content indexing. The month long indexing runs are long gone. The Internet is now a giant event monster feeding Google with new content to index continuously and immediately. It is astonishing how quickly content is indexed now. That’s a revolution in architecture.

検索の裏側にあるのは、コンテントのインデックス化である。 1ヶ月も前のインデキシングを実行しなくなってから、ずいぶんと歳月が経っている。 そしてインターネットは、新しいコンテントのインデックスを、連続的かつ即時的も Google に供給する、巨大なイベント・モンスターであり続ける。 現在における、コンテントのインデックス化を評価するなら、そのスピードに驚くばかりとなる。 それは、アーキテクチャにおける革命である。

Luiz thinks in the next few years the level of interactivity, insight and background information the system will have to help you, will dwarf what there is in Instant Search. If you want to know why Google is so insistent on using Real Names in Google+, this is why. Luiz explains this change having 4 drivers:

Luiz の考えでは、この先の数年において、対話性と、洞察力、バックグラウンド情報のシステムにより、ユーザーは支援される必要があるようだ。 それにより、Instant Search は突出した存在ではなくなる。なに故に、Google+ における Real Names 使用を、Google が強く主張しているのかと考えるなら、それが答えなのかもしれない。 Luiz の説明によると、この変更は、以下の 4項目を含んでいる:

  • Applications – instantaneous , personalized, contextual
  • Scale – increased attention to latency tail
  • Efficiency – driving utilization up, and energy/water usage down
  • Hardware Trends – non-volatile storage, multi-cores, fast networks

Instant in the context of Warehouse computing is a massive engineering challenge. It’s a hard thing to treat a datacenter as a computer and it’s a hard thing to provide instant indexing and instant results, to provide instant in a warehouse scale computer is an entirely new level of challenge. This challenge is what the second half of his talk covers.

Warehouse コンピューティングという環境での Instant は、大規模エンジニアリングにおける課題である。 Ddatacenter as a Computer の取り扱いは難しく、また、Instant インデキシングと Instant リザルトの提供も難しいことである。Warehouse スケールのコンピューティングにおいて Instant を提供することは、完全に新しいレベルのチャレンジなのである。 このチャレンジについては、彼の話の後半でカバーされている。

The problem is we aren’t meeting this challenge. Our infrastructure is broken. Datacenters have the diameter of a microsecond, yet we are still using entire stacks designed for WANs. Real-time requires low and bounded latencies and our stacks can’t provide low latency at scale. We need to fix this problem and towards this end Luiz sets out a research agenda, targeting problems that need to be solved:

何か問題かといえば、この課題に対して、私たちが立ち向かっていないことである。 私たちのインフラストラクチャは、壊れている。 データセンターは、マイクロ・セカンド・レベルの容量を有しているが、私たちは依然として、WAN のためにデザインされた全体的なスタックを使っている。 Real-time は、低レイテンシと結合レイテンシを要求し、また、私たちのスタックは、必要とされるスケールでの低レイテンシを提供できない。 この問題をフィックスする必要があり、また、Luiz が設定した研究アジェンダに立ち向かっていく必要性がある。 そして、解決されるべき問題点は、以下のとおりである:

  • Rethink IO software stack. An OS that makes scheduling decisions 10s of msecs is incompatible with IO devices that response in microseconds.
  • Revisit operating systems scheduling.
  • Rethink threading models.
  • Re-read 1990′s fast messaging papers.
  • Make IO design a higher priority. Not just NICs and RDMA,  consider CPU design and memory systems.

“The fun starts now” Luiz  says, these are still very early days, predicting this will be the:

『 興味深いことが始まった』と Luiz は言う。 そして、以下の項目を予測するには、まだ、日が浅すぎる:

  • Decade of resource efficiency
  • Decade of IO
  • Decade of low latency (and low tail latency)
  • Decade of Warehouse-scale disaggregation, making resources available outside of just one machine, not just a single rack, but all machines.

This is a great talk, very informative, and very inspiring. Well worth watching. We’ll talk more about specific technical points in later articles, but his sets the stage not just for Google, but for the rest of the industry as well.

このトークは、とても素晴らしく、また有益であり、大いに触発される。 考えるべき、充分な重みを持つ事柄である。 私たちは、この後の記事においても、特定のテクニカル・ポイントについて説明していくだろう。 ただし、彼のセットするステージは Google のためだけに有るのではなく、この業界全体のための有るのだ。

Related Articles

 

 

 

 

ーーーーー

TAG indexひさびさの、Todd Hoff さんの記事です(Big Data カンファレンスのリストはありましたが)。 この記事は、たしか 8月の終わりにポストされていたのですが、f8 が気になって手を付けられずにいました。 でも、Facebook が新機軸を発表した後に、こうして両社を見比べてみると、やはり Google はインフラストラクチャの会社なのだと感じさせてくれますね。 とてもカッコ良いです :)  このドキュメントの先にあるリファレンスは、まだ、まったく見ていませんが、きっと深遠な世界が広がっているのでしょうね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google Instant では、リアルタイム検索のために MapReduce を排除!
Google Megastore – 1日で 30億 Write/200億 Read のトランザクションを実現
Google の発想 – リクエストとレスポンスを Tree で制御する
Google IO 2011 での、Big Data 関連ビデオをピックアップ!
Google – Cluster Computing and MapReduce Lecture 1-5
Google は 1000万台のサーバーを目指す ?
Google 的 クラウド連携の ABC ?

 

f8 終了後の 24時間で、34000本の Facebook アプリが Heroku 上で量産されたというが

Posted in .Selected, Facebook, PaaS, Salesforce by Agile Cat on September 27, 2011

Facebook apps on Heroku: 34,000 in 24 hours
By
Derrick Harris Sep. 23, 2011
http://gigaom.com/cloud/facebook-devs-launch-34k-apps-on-heroku-in-24-hours/

_ Gigaom

Last week, Facebook and Heroku announced a partnership through which Facebook developers could easily launch applications on Heroku’s cloud Platform-as a Service via the Facebook development portal. That appears to have been a smart partnership for Heroku, which reports it saw more than 33,800 Facebook applications launched on its service since the social network giant unveiled new features at yesterday’s f8 conference.

先週に発表された Facebook と Heroku のパートナーシップは、Heroku の PaaS 上のアプリケーションを Facebook 開発ポータルを介して、Facebook のデベロッパーたちが容易に立ち上げていけるというものである。 このソーシャル・ネットワークの大手が、昨日(9/22)の f8 カンがレンスで、この新しい機能について発表してからというもの、実に 33,800 本以上の Facebook アプリケーションが、このサービス上で立ち上げられるのを確認したとレポートするHeroku にとって、それはスマートなパートナーシップであるように思える。

imageSalesforce.com GM of Platforms (and former Heroku CEO) Byron Sebastian ⇒

On the official Heroku blog, Adam Seligman notes “that’s more than 20 [applications] a minute. Facebook has again innovated and captured the excitement of the developer community.”

そして、Heroku のオフシャル・ブログでは、「 1分間に 20本以上のアプリケーションである。 Facebook はイノベーションを繰り返し、また、デベロッパー・コミュニティにおける興奮を手にしている 」と、Adam Seligman は指摘する。

However, in the comments to both Heroku’s post and on Hacker News, there’s some debate over whether these are “fake apps” launched to get access to the new Timeline feature. It’s difficult to tell, especially because developers don’t need to launch on Heroku to access those features, some commenters claim.

しかし、Heroku によるポストと、Hacker News でのコメントにおいて、それは、新しい Timeline 機能へのアクセスを得るために立ち上げられた、「 fake apps 」だという議論が展開されている。デベロッパーにとって、それらの機能にアクセスするために、あえて Heroku 上で立ち上げる必要がないため、その議論に甲乙をつけるのは難しいと、何人かのコメンテーターは主張している。

Assuming at least a good portion are actual applications, though, such a large number is also a ringing endorsement for PaaS, in general, which increasingly appears to ideal for developers wanting to build and launch lightweight applications. For individual developers, PaaS is a way to host an application without getting caught up in systems management or other low-level concerns. Enterprise developers get the same benefits, even if they only utilize right now for non-mission-critical Facebook or mobile applications.

一般論として考えれば、それだけの数のアプリケーションが、である、PaaS の指示を訴えることは良いことである。ライトウェイトなアプリケーションの開発と立ち上げを望む開発者にとって、それは理想に近づく一歩である。それぞれのデベロッパーにとって、 システム管理や低レベルの事柄に煩わされることなく、アプリケーションをホストするのが PaaS である。そして、Facebook アプリやモバイル・アプリといった、非ミッション・クリティカルなものに限定されるにしても、エンタープライズ・デベロッパーも同じメリットを享受できるのだ。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexまぁ、アプリケーションが簡単かつ確実に作れるのなら、このように開発環境が整備されていくことは、歓迎すべきことなのだと思います。 それにしても、ソフトウェアを開発するための環境と、それを展開するプラットフォームが、あっという間に様変わりしてしまったように思えてなりません。 自分自身の環境に目をやって、この一年にインストールしたアプリケーションを眺めてみても、その変容ぶりは明らかです。 みなさんも同じではないでしょうか? ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook の f8 関連記事 – 25本のマトメ・ページ
Facebook の Washington Post アプリを動かしてみた!
これは、Facebook – Open Graph のヘンリンなのか?
Facebook Timeline まとめページ – サンプルから論評まで

 

SaaS の広がりが、クラウド・ベンダーに急成長をもたらし、クラウド・ユーザーを増やしていく

Posted in .Selected, Research by Agile Cat on September 26, 2011

SaaS: Cloud Vendors Grow Quickly as SaaS and Cloud Popularity Increase
By Dick Weisinger, on September 22nd, 2011
http://www.formtek.com/blog/?p=2383

_ formtek

SaaS companies are seeing an average growth rate of 44 percent in 2011, higher even than 2010 which had an annual growth rate of  40 percent.  And 30 percent of SaaS business are seeing growth rates greater than 60 percent.  Those are statistics from the 13th Annual Pacific Crest Global Technology Leadership Forum held at Vail in early August and posted by Evangelos Simoudis, Managing Director at Trident Capital.

SaaS を利用する企業について、2011年には 44% の平均成長レートが見込まれているが、その値は、年間で 40% の成長を示した 2010年より、さらに高いものとなっている。  そして、SaaS ビジネスの 30%が、今年の成長レートを 60% 以上に見積もっている。  この統計値は、8月初旬に Vail が主催した、第13回目の Annual Pacific Crest Global Technology Leadership Forum からのものであり、また、Trident Capital の Managing Director である Evangelos Simoudis によりポストされている。

Other highlights described by Simoudis include:

Simoudis のポストにおいて、注目すべき点は:

  • SaaS vendors in the $10-25M revenue range are currently growing the fastest, at an average rate of 75 percent
  • 60 percent of corporate budgets for software acquisition are earmarked for SaaS and Cloud Computing with 50 percent targeted towards applications.
  • CRM and Business Intelligence continue to be the two main first applications used by customers starting out with SaaS
  • 16 percent of applications used by businesses today are SaaS.  Over the next year, that number will reach 17 percent.
  • SaaS sales are typically made to a line of business rather than to IT, but this is changing, especially for Fortune 1000 companies.
  • SaaS customers are increasingly asking SaaS vendors to benchmark their data and application use compared to their peers.
  • SaaS purchases are typically done by annual contract, but multi-year contracts are becoming more common
  • $10M~$25M のレンジで収益を上げている SaaS ベンダーたちが、現時点で最速の成長レートを示し、その平均は 75% となっている。
  • ソフトウェア取得のためのコーポレート予算のうち、60%パーセントが SaaS と Cloud Computing のために確保され、その中の 50% が特定のアプリケーションを用途としている。
  • すでに SaaS を利用している顧客においては、依然として CRM と Business Intelligence が、最初に使い始めたアプリケーションとなっている。
  • 現時点において、企業が使用するアプリケーションの 16% が、SaaS により占められている。  その値は、次年度には 17% に達すると予測される。
  • 従来からの IT と比較して、SaaS セールスの方が、ビジネスを構成する確率が高まっている。 ただし、その傾向が顕著なのは、Fortune 1000 企業に集中している。
  • SaaS を利用する顧客は、SaaS ベンダーたちへの質問を増やしているが、その内容は、データとアプリケーションに関する、コンペティターとの比較ベンチマークとなっている。
  • SaaS に関する一般的な購入形態は、年間での契約となっているが、複数年におよぶ契約のほうが増えてきている。

ーーーーー

TAG index最初の項目を見ると、中小の SaaS ベンダーが頑張っていることが分かりますね。 いわゆる、無印良品が成り立つ世界なのでしょう。 IaaS や PaaS とは異なり、SaaS の領域では星の数ほどのベンダーが活躍するはずですし、また、そうあるべきだと思います。 日本でも、こうした傾向を後追いしていくことになりますが、[ 無印良品 ]に、頑張って欲しいですね。 ーーー ac-stamp-21

ーーーーー

<関連>

SaaS マーケットは、2015 年までに 2倍に成長する
人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果
クラウドは 他の IT と比べて、4倍速で急成長していく – IDC
アメリカでは 2015年までに、モバイルが PC を追い抜く – IDC
クラウドに潜む、見えないコストについて言及しておこう
OSS に対する企業意識の調査 – 予想以上の期待度にビックリ!

Facebook Timeline まとめページ – サンプルから論評まで

Posted in Facebook by Agile Cat on September 25, 2011

徐々にですが、Timeline の概要が見えてきました・・・

Agile_Cat_Loupe

先週に開催された Facebook f8 は、期待に違わずテンコ盛りだったようですが、その中でも Timeline と Open Graph が注目を集めています。 そして、昨日あたりから、Timeline を説明する、いくつかのコンテントがポストされば始めました。 主だったものを、以下に、ご紹介します。

ーーーーー

facebook_logo

Introducing Timeline

Tell your life story with a new kind of profile.

Timeline のサンプル/デモンストレーションのページです。 先頭にある動画を見れば、Timeline の何たるかが分かるようになっています。 また、末尾には、Timeline のサインアップ・ボタンがあります。 サインアップすると、どのような嬉しいことがあるのか、そのあたりは全く分かりませんが、とりあえずクリックだと思います。

image

Timeline Community

Facebook 内の Timeline ページです。 以下のようなトピックがポストされています。 Like しちゃいましょう!

Tell your life story with a new kind of profile.
Sign up now..
Timeline "Cover" is awesome. Can’t wait.. Zuck rocks..!
Tell your life story with a new kind of profile.
Andy & Mark on stage introducing Timeline. Awesome!
Learn more about timeline and sign up to get access to it.

image

Facebook unveils Timeline profiles

f8 での重要な発言がマトメられています。 例えば ⇒ ⇒ ⇒ 2:55 p.m.: Zuckerberg says the Timeline beta period will start now. Developers can start using it today, and Timelines will roll out widely over the next few weeks. Get ready for another layout shakeup.

image

Share Buttons? Ha. Facebook Just Schooled The Internet. Again

TechCrunch の解説です。

Timeline について  ⇒ ⇒ ⇒  For the past year, Facebook has been working on the beautiful re-imagining of the Profile, which they call “Timeline“. I just got it enabled on my account. Going back in time and seeing the past several years of my life displayed in this way is nothing short of profound. Facebook has used software to make something meaningful. Something emotionally powerful.

Open Graph について  ⇒ ⇒ ⇒ But while all the competitors were busy making that button, Facebook was busy making the button obsolete. Today’s Open Graph changes represent a world where the button isn’t needed. Sure, it will continue to exist for certain types of content. But it will be more like an on/off switch.

image

Facebook Timeline: New profile an incredible peek back in time

Facebook on Thursday opened up its platform to a whole new category of applications. These apps will allow Facebook users to enter almost everything they do into the social network — what they cooked for dinner, what book they’re reading and what page they’re on or what bike trail they just biked.

image

How To Enable Facebook Timeline

Facebook announced some new features to the site along with the introduction of the revamped newsfeed, Ticker and Lists. During the f8 conference yesterday, Mark Zuckerberg and his team announced a new feature called the Timeline – which is a visual representation of your life and the events surrounding it.

ーーーーー

ところで、もうひとつの目玉である Open Graph ですが、以下の関連リンクにある Washington Post アプリが、それを使っているのではないかと推測しています(間違っていたらゴメンナサイ)。 と言うのも、その中の What People Are Reading には、個々のトピックを読んだ人たちが表示されるのですが、すべての Facebook ユーザーというわけではなく、Agile_Cat のトモダチに限定されてリストアップされているのです。 つまり、それぞれのユーザーの関心事に対して、ぐっと絞りこまれた[イイネ]が、その裏側で動いているのかと思えてきます。 それが Open Graph なのか、それとも関係の無いモノなのか、まったく検討がつきませんが、Facebook の機能のように思えるのです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連 f8>

Facebook の f8 関連記事 – 25本のマトメ・ページ
Facebook の Washington Post アプリを動かしてみた!
これは、Facebook – Open Graph のヘンリンなのか?

 

これは、Facebook – Open Graph のヘンリンなのか?

Posted in Big Data, Facebook by Agile Cat on September 24, 2011

FB ページの分析画面に、Open Graph というメニューが登場したが・・・

TAG index

いつものとおり、Agile_Cat 分析画面を見ていたら、なにやら雰囲気が違うことに気づきました。 よくよく見てみると、な、なんと左ペインに [ App Insight ]-[ Open Graph ]という、あのキャッチーな名前のメニューが! さっそく、その下に並んでいる[Story CTR]、[Likes and Comments]、[Aggregation Activity]、[Demographics]、[Action Lifecycle]、[Object Lifecycle]という、如何にもソレらしいアイテムを順番に開けてみましたが、以下の[Aggregation Activity]を除いて、その他は全て空っぽで、、、という状況でした。 orz

↓ クリックで拡大 ↓

しかも、 この[Aggregation Activity]にしても、表示されているのは BitMap のハメ込みで、さらに、書き入れられた数字も Agile_Cat の実体とかけ離れたもので、、、ということで ダブル・ハリボテと判明しました。 orz orz

・・・ とは言え、そこそこの雰囲気は感じられるので、Facebook のサービス精神に感謝しつつ、ひとまず魚拓をレポートいたします。ちなみに、この BitMap の URL は以下のとおりですので、よろしければ、そちらもクリックしてみてください。

http://static.ak.fbcdn.net/rsrc.php/v1/y4/r/wwXetEqjVvj.png

こうして、分析ページの奥のほうに、正体不明の BitMap を置いておくだけで、ノセられていると解りながらも、ついついノッてしまう、Agile_Cat みたいなのが世界中にゴマンといるわけです。 そんな、こんなで、いまの Facebook は ウサイン・ボルトなみに抜きん出た存在なのだと、あらためて認識しているところです。 ハイ。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook は 30 P Bytes の Hadoop HDFS を Oregon へ移動
Facebook は正攻法で、Billion 単位のメッセージを処理していく
Facebook は 20分間で、2.7M Photos/10.2M Comments/4.6M Messages を処理
Facebook における 1300万/秒 クエリーの秘密
Facebook の HBase は、毎月 1350億 メッセージを処理する!

私たちの生徒のために、古い iPad を寄付してください

Posted in Apache, Education, Weekend by Agile Cat on September 24, 2011

Here’s Where Thousands Of Old First-Gen iPads Are Ending Up
Dylan Love | Sep. 22, 2011
http://www.businessinsider.com/ipad-teach-for-america-2011-9

_ Business Insider

Every single member of AmeriCorp’s Teach For America  — more than 9,000 strong in 38 states — has received a first-generation iPad, reports CNN.

38 州で 9,000 人以上にも達する、AmeriCorp’s Teach For America のメンバーたちが、第 1世代の iPad について、寄付を受け付けていると、CNN がレポートしている。  

Image: Hoguhton Mifflin   

Apple started collecting old iPads from customers buying iPad 2s, inviting them to donate their old devices to teachers in low-income areas.

Apple は、低所得者の多い地域の教師に iPads を寄付するために、iPad 2 を購入した顧客たちに、古いデバイスを提供するよう求め始めた。

The iPads were refurbished and distributed to the Teach For America staff over the past two weekends.

先週と先々週の週末に、それらの iPads はリファービッシュされ、Teach For America のスタッフに手渡されている。

Everyone receiving a device got the following email from Apple: “What could an iPad do for your classroom and your students? Well, we’re asking you to help us answer this question.”

デバイスを受け取った教師たちには、Apple からの以下のメールが送られている :「 あなたのクラスと生徒たちのために、iPad で何ができますか? この質問に答えてくれることが、私達自身への助けになるのです」

ーーーーー

weekend2Agile_Cat も欲しいのですが、なかなか手が出ない iPad。 アメリカでも、低所得者層の子供たちにとっては、やはり高嶺の花なのですね。 Apple らしくもあり、アメリカらしくもありという話ですが、日本で同じ事をやろうとすると、『 中立であるべき教育者が、特定のメーカを ・・・ 』 という議論になってしまうのでしょう。 子供たちに、何がもたらされるのかという視点で見れば、こういうことも可能になるのですがね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Steve Jobs の実妹 Mona Simpson は小説家として兄を描く
たかが Nano、されど Nano な iPod
でじゃびゅ~~~ iPhone 5 プロトが、またも S.F. のバーで消えた!
Apple – Grand Central – Store in NYC って?
iOS 5 マジックは本物だ! – キミの勝ちだよ スティーブ

 

%d bloggers like this: