Agile Cat — in the cloud

オープン性という観点で、最低の評価を受けてしまった Android

Posted in Businesses, Google, Linux, Mobile by Agile Cat on August 17, 2011

Android is the Least Open of All Mobile Development Platforms, Research Reports
By
Dan Rowinski / August 2, 2011
http://www.readwriteweb.com/mobile/2011/08/android-is-the-least-open-of-a.php

_ Read Write

A London-based research firm called VisionMobile has released a new method of tracking “openness” among mobile platforms called the Open Governance Index. According to its metrics, Android is the least “open” of all the supposedly open source mobile platforms, with a 23% openness rating. Eclipse, an open development platform comprise of extensible networks and tools, was rated the most open at 84%.

London ベースの調査会社である VisionMobileが、Open Governance Index という基準を用いて、モバイル・プラットフォームの「オープン性」を追跡する、新しい方式について公表した。 その基準によると、 Android は 23% という開放性の評価となり、オープン・ソースのモバイル・プラットフォームの中で、おそらく最低の「オープン性」となる。その一方で、拡張可能なネットワークとツールで構成される、オープンな開発プラットフォームである Eclipse は、84% のオープン性という、最高の評価を得ている。

The irony of Eclipse being the most open development framework is that many Android app developers code with the platform in combination with Google’s Android Developer Tools (ADT) Plugin. It is not uncommon in the open-source community to use multiple tools for multiple frameworks (downstream production) to accomplish something that is, ostensibly, not that open. For instance, as much as Android is not “open,” it uses open source projects like WebKit and the Linux kernel to perform many of its key functions.

Eclipse における皮肉は、大半の Android アプリ・デベロッパーにとって、最もオープンな開発フレームワークであるのに、Google ADT (Android Developer Tools) プラグインすることで、コーディングに利用されていることだ。 オープンソース・コミュニティが、多様なツールとフレームワークを用いて(downstream production)、表面的にはオープンでないものを得るというのは、一般的に珍しいことではない。 現実に、 Android が ” Open ” ではないのと同じぐらい、に、WebKit や Linux カーネルのようなオープン・ソース・プロジェクトを利用して、重要な機能を実現しているプロダクトがある。

clip_image001VisionMobile uses “governance” as opposed to “licenses” as what it thinks is the best way to track openness. It defines governance with four main principles in mind:

VisionMobile は、” governance ” と ” licenses ” を対比させることで、オープン性を追跡するための最良の方式として利用している。 そして、以下の 4つの原則をもとに、” governance ” を定義する:

From the report:

1. Access: availability of the latest source code, developer support mechanisms, public roadmap, and transparency of decision-making.

2. Development: the ability of developers to influence the content and direction of the project.

3. Derivatives: the ability for developers to create and distribute derivatives of the source code in the form of spin-off projects, handsets or applications.

4. Community: a community structure that does not discriminate between developers.

1. Access: 最新ソースコードの提供、デベロッパー・サポートのメカニズム、パブリックなロードマップ、デジションメーキングの透明性。

2. Development: デベロッパーが、プロジェクトの内容と方向について、影響力を持つための許容性。

3. Derivatives: デベロッパーが、副次的なプロジェクトや、ハンドセット、アプリの形態で、ソースコードの作成および供給を行うための許容性。

4. Community: デベロッパーを差別しない、コミュニティの形態。

On the other end, licenses determine the right to use, copy and modify an open source project. VisionMobile points out that 70% of open source projects allow use of seven or less licenses.

その対極にある ” licenses ” は、オープンソース・プロジェクトを利用/コピー/修正する権利について決定している。 VisionMobile は、オープンソース・プロジェクトの 70% が、7 種類以下の License を、利用許可していると指摘する。

クリックで拡大 ⇒

After Eclipse, the next most open mobile projects according to the index are Linux (71%), WebKit (68%) and Mozilla (65%).

そして、冒頭にしめいた基準によると、Eclipse の後に続くオープン・モバイル・プロジェクトは、 Linux(71%)、WebKit(68%)、Mozilla(65%)の順となる。

VisionMobile believes one of the keys to long term success will be how open a platform is. Granted, the firm might have a biased interest in that statement and the market does not bear the same facts. Open source projects have done well, such as Mozilla’s initiatives, but others such as mobile operating system MeeGo (61%) and Symbian (58%) have watched development resources (MeeGo) and market share (Symbian) fade away. Hence, Android is a paradox in VisionMobile’s formula.

VisionMobile は、長期的な成功に重要な事柄は、そのプラットフォームが、どれくらいオープンでいられるかだと確信しているようだ。 確かに、同社のステートメントには、偏った関心事があるかもしれず、また、マーケットからは同じ事実は生まれてこない。たとえば、Mozilla イニシアティブなどは、オープンソース・プロジェクトは上手くやっている。 しかし、モバイル OS である MeeGo(61%)や Symbian(58%)は、開発リソースを期待し(MeeGo)、また、マーケット・シェアを消滅させていく(Symbian)。 それ故に、Android は、VisionMobile の基準におけるパラドックスとなっている。

クリックで拡大 ⇒

To its credit, the research firm acknowledges this. The explanation for Android’s success has a lot more to do with Google’s billions than it does with how “open” the platform actually is. Look at iOS. It is proprietary to Apple and is based off of Unix and written in Objective-C language. The development platform, Xcode, is licensed to developers. There is very little about iOS that is open and yet Apple is riding its success to be one of the biggest corporations the world has ever seen.

賞賛すべきことに、この調査会社は矛盾を認めている。 Android の成功について説明するなら、どこくらいプラットフォームが ” オープン ” であるかというより、どれだけのリソースを Google が費やしたのかという点に帰結する。 iOS を見てみよう。 それは、Apple に帰属しているが、Unix をベースとし、Objective-C 言語で記述されている。 その開発プラットフォームである Xcode は、デベロッパーに対してライセンスされる。したがって、iOS の オープン性は、きわめて少ない。それにもかかわらず、Apple は世界で類を見ない成功を収めているため、その上に浮かび続けている。

VisionMobile is an independent market analysis and strategy firm. The research for the Open Governance Index was funded in part by Webinos, a project funded by the European Union to deliver Web applications to mobile, PC, TV and automobiles. The full report details the history and economics of open source development and breaks down each one of the mobile entries in-depth on the four aspects of governance.

See Also

 

 

ーーーーー

これから先、上手くいく、いかなないは、別にして、OpenStack が最も時間を費やしているのは、オープン化を実現するための、プロセスの定義だと聞いたことがあります。 その点、Android に関しては、Google の考えによりプロダクトが作られ、OEM サードベンダーに供給されたというのが、ことの本質なんだろうと思います。 そして、Motorola を買収した後は、ただでさえ疑いの目を向けられるわけですから、誰もが納得できるオープン化を実現していくという、きわめて重い課題に対処しなければなりまん。 目の前の戦いも大切でしょうが、オープンソースとしての Android を、もう一度、見なおして欲しいと思います。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Android は キャリアとメーカーのために作られたから、人気者になれない
Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 – Forbes 速報
快速 Galaxy S2 は、3ヶ月で 500万台!
Google が OSS NoSQL として発表した、LevelDB の狙いは Chrome にあるのか?
Google Lab がクローズするが、すべて では無いのだろうか?

未来派 クラウド OS を、かたちにする Joyent とは?

Posted in .Selected, Joyent by Agile Cat on August 17, 2011

Joyent launches a new OS for the cloud
By Stacey Higginbotham Aug. 15, 2011
http://gigaom.com/cloud/joyent-launches-a-new-os-for-the-cloud/

_ Gigaom

Joyent, the company behind private cloud software and the Node.js event-driven programming language, has open-sourced its cloud operating system. Called SmartOS and already utilized in Joyent’s public cloud and SmartDataCenter private-cloud software, it will be available via an open-source license much like the Joyent-led Node.js effort is, says Joyent CTO Jason Hoffmann.

プライベート・クラウド・ソフトウェアと、Node.js イベント駆動型プログラム言語を支える Joyent は、そのクラウド OS をオープン化している。それは SmartOS と呼ばれ、また、Joyent パブリック・クラウドと、SmartDataCenterプライベート・クラウドにおいて、すでに利用されている。そして、Joyent がリードする Node.js のケースのように、オープンソース・ライセンスにより利用できるようになると、Joyent の CTO である Jason Hoffmann は発言する。

Jason Hoffman ⇒

Hoffman calls SmartOS the “only modern OS,” and the only new one developed in about a decade. In a conversation with me, he went through the details of SmartOS as well as the changes occurring in IT that merit a new operating system.

Hoffman は SmartOS のことを「 唯一の近代的な OS」と呼び、また、この 10年で開発された、唯一の新しい OS だとする。 私との会話の中で彼は、SmartOS の細部を説明するだけではなく、新しいオペレーティング・システムにメリットをもたらす、IT に起こりつつある変化についても言及した。

Regardless of what the rest of the world thinks of the offering, Joyent will be using SmartOS as part of its cloud buildouts for companies, including telecommunications firms; it is more efficient and more secure because it offers a container model. From the release:

Hoffman は SmartOS のことを「 唯一の近代的な OS」と呼び、また、この 10年で開発された、唯一の新しい OS だとする。 私との会話の中で彼は、SmartOS の細部を説明するだけではなく、新しいオペレーティング・システムにメリットをもたらす、IT に起こりつつある変化についても言及した。Joyent のオファーに対して、その他の世界が何を考えるかには関係なく、Joyent はSmartOS を、顧客となる企業のクラウドを形成する、パーツとして利用していくだろう。それらの顧客には、テレコム企業も含まれるが、コンテナ・モデルが提供されるため、さらなる効率と安全が実現される。 以下は、同社のリリースから:

Joyent is the only vendor that offers enterprises and developers the best of both virtualization worlds in a single operating system: One can employ hardware virtualization with KVM when there are operating system dependencies, and operating system-level virtualization when the language runtime is important, as in a Platform as a Service (PaaS) or Software as a Service (SaaS) offering. With Joyent’s operating system-level virtualization, companies are able to host more users on a single server, realizing greater efficiency and increased revenue potential while saving on unnecessary hardware investments.

Joyent は、エンタープライズとデベロッパーの両者に対して、シングル OS によりベストな仮想化の世界を提供する、唯一のベンダーである:OS への依存性があるときには、KVM を用いたハードウェア仮想化を利用できる。 そして、開発言語ランタイムが重要なときには、OS レベルの仮想化を利用できる。さらに、それらは、SaaS においても PaaS においても、同様に提供される。 Joyent における OS レベルの仮想化を用いれば、顧客となる企業は、シングル・サーバー上に、これまで以上のユーザーをホストできる。それにより、不要なハードウェア投資を抑えながら、さらなる効率化と、増収の可能性が得られる。

Because it is open source, anyone can license it if they like. Hoffman says Joyent open-sourced the OS because it was good, and Hoffman believes in offering high-quality tools back to the community and “making the world a better place.”

それがオープン・ソースであるが故に、それを望む誰もが、それを利用できる。 そして、良いものであるから、この OS を Joyent はオープン・ソースにしたと Hoffman は発言する。 そして、さらに、高品質のツールがコミュニティを支え、[ この世界をもっと良い場所にする」と、Hoffman は信じている。

So what exactly is SmartOS? It’s an OS for servers akin to Windows Server or RHEL from Red Hat, or VMware’s ESX. Here is a breakdown of the OS package:

正確にいうと、SmartOS とは、どのようなものなのだろう?それは、Windows Server と同類と言えるし、Red Hat に基づく RHEL や、VMware の ESX とも同類だと言える。以下に、この OS のパッケージ分類を示す:

  • KVM Hypervisor: for abstracting the software from the underlying hardware
  • DTrace: for troubleshooting and systems monitoring
  • ZFS file system: to connect the servers to a variety of storage systems

KV-what? Just tell me why this is happening!

_ joynetMore than what it is, a more interesting question about this is, Why? While some might point to Android or iOS as entirely new operating systems, Hoffman has a more narrow view and is thinking in terms of servers and webscale applications. But Smart OS tries to build on that to take advantage of the virtualization hooks now built into chips and then looks ahead. As I see it, SmartOS could take advantage of the following trends:

それが何かという質問よりも、それは何故かという問のほうが、興味深くないだろうか? 何人かの人々は、Android や iOS を、まったく新しい OS として指摘するかもしれないが、Hoffman は、さらに絞り込んだ視界を持っており、サーバーと Web スケール・アプリケーションについて考えている。 そして、まさに Smart OS は、いまではチップに実装されている仮想化のアドバンテージの上に構築され、さらなる未来を見つめている。 私の観点からすると、SmartOS は、以下のトレンドを活用することが見えてきた:

  • A flatter network architecture inside the data center. By using ZFS, which allows data-center architects to connect a variety of storage to their servers, the Smart OS falls in line with those toward more commodity gear and less hierarchy in the data center. Where there was once a fine line between servers and storage, that line is blurring as companies want faster access to stored data.
  • ZFS を用いることで、各種ストレージとサーバーを接続するための、データセンター・アーキテクチャを実現すしていく。 そして、Smart OS は、データセンター内のコモディティ製品に浸透させ、階層を減らしていく。 かつて、サーバーとストレージの間に、紙一重の違いがあった場合、ストレージ・データへの高速アクセスが望まれるにつれて、その境界線が曖昧になっていった。
  • Distributed compute nodes. The addition of DTrace helps sys admins see where issues might arise in their architectures when they are running SmartOS, and because they can see them, theoretically they can solve those issues quickly, making it faster and easier to build out distributed nodes.
  • DTrace を追加することで、SmartOS を実行する個々のアーキテクチャに生じる問題を、システム管理者が探し易くする。そして、それらを発見した後に、問題を論理的かつ迅速に解決することが可能となり、その結果として分散型ノードを、さらに短期間で容易に構築させる。
  • The rise of embedded devices. SmartOS only requires 128 MB of RAM to boot, which means it can be used for a variety of smaller gadgets such as digital signs, set-top boxes and even high-end sensors. Looking ahead, having an OS that can work at both the data-center level and on sensors in the field enables a sensor-rich network.
  • SmartOS のブートに必要なのは、128MB の RAM に過ぎない。 したがって、デジタル・サインや、セット・トップ・ボックス、ハイエンド・センサーといった、多様で小型のガジェットにも利用できる。 将来を見据えて、データセンターとフィールド・センサーの双方で機能する OS により、センサー・リッチなネットワークを実現していく。
  • The acceptance of virtualization. The KVM hypervisor aspect of SmartOS takes advantage of virtualization hooks that chip makers have been including in their silicon for the past few years. This makes it run faster and more efficiently. Other hypervisors also take advantage of these hooks but in their second- or third-generation versions.
  • SmartOS における KVM ハイパーバイザーのアスペクトは、この何年かの間にチップ・メーカーがシリコンの中に取り込んだ、仮想化のための Hook を活用するものとなる。 それにより、されに高速で、効率のよい環境が実現する。 もちろん、他のハイパーバイザーも、これらの Hook を利用するが、その 第2世代あるいは、第3世代のバージョンでとなる。

Joyent launched SmartOS soon after VMware upset some of its customers by changing its VSphere licensing model. Although it changed the pricing in response to customer complaints, it’s possible that SmartOS could rise in popularity as folks become disenchanted with VMware, although there are still other options available. For more on SmartOS, check out the page dedicated to it.

VMware が、VSphere ライセンス・モデルを変更したことで、その顧客に若干の動揺がが走った直後に、 Joyent は SmartOS を立ち上げた。 WMware は顧客からの苦情に応えるかたちで、その価格設定を変更したが、人々が VMware に幻滅するなら、その他の選択肢の中から、SmartOS が急上昇する可能もある。 SmartOS の詳細については、以下のページでチェックして欲しい

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

 

ーーーーー

Amazon-EC2-Comparison1-525x389いままで、ずっと気になっていた Joyent ですが、ようやく、概要を説明する記事に出会って、とても嬉しいです。 今年の初めに、Jack of all Clouds で存在を知りましたが、4月には ProgrammableWeb が、右のグラフにあるような、Joyent の強烈なパフォーマンスを説明するにいたりました。 その時にも、訳しておきたいと思ったのですが、手付かずで今日まで来てしまいました。 この Gigaom の記事を読むと、AWS との違いや、このフラフが示すデータの、裏付けも分かってきます。 なお、vSphere 対抗とのことですが、同じフィールドには Citrix もいれば、Red Hat もいます。  そんな強敵を相手にして、どこまで Joyent が頑張るのか、興味シンシンといったところです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

VMware が目指す、クラウド OS への道とは?
NYSE と EMC と VMware が、ウォール・ストリートに浮かべるクラウドとは?
Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
OpenStack は商用化へ向けて準備を整える
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった

5 つのエクセレントな、クラウド開発コミュニティ

Posted in API, Miscs, OpenFlow, OpenStack by Agile Cat on August 17, 2011

5 Excellent Cloud Development Communities
by cloudtweaks on July 29, 2011
5 Excellent Cloud Development Communities to Discover New Talent
http://www.cloudtweaks.com/2011/07/5-excellent-cloud-development-communities/

_ Cloud Tweaks

Compiled is a list of 5 recommended cloud developer communities to find new talent, collaborate or to simply research and discover new API’s to help grow your business. These are in no particular order of preference.

以下にリストアップするのは、クラウド・デベロッパーに推奨する 5つのコミュニティであり、能力を提供してくれる人を探し、そこでコラボレートし、さらには、あなたのビジネスを成長させる API の調査や選定も可能にする。 なお、リストアップの順序には、とりわけ意図はない。

GitHub

image

GitHub has grown into an application used by nearly a million people to store over two million code repositories, (909,512 people hosting over 2,503,922) git repositories making GitHub the largest code host in the world.

GitHub は、100万人近い人々に使用され、200万以上のコード・リポジトリをストアするアプリケーションに成長し(909,512人の人々が、2,503,922以上のコードをホスト)、世界最大のコード・ホスティングという位置づけになっている。

CloudMade

image

CloudMade enables you to build dramatically different Location Enabled Applications and Services. CloudMade provides application developers with a range of innovative tools and APIs that let you create unique location based applications across all major web and mobile platforms. Today there are 22,463 developers using CloudMade’s tools to create mobile and web applications.

CloudMade は、Location 対応のアプリケーションとサービスを、きわめて容易に構築する。 CloudMade は、広範囲におよぶ革新的なツールと API をアプリケーション・デベロッパーに提供し、すべての主要 Web/Mobile プラットフォームにまたがる、ユニークなロケーション・ベース・アプリケーションを作成させる。 現時点において、Mobile/Web アプリケーションを作成するために、CloudMade ツールを利用する、22,463人のデベロッパーがいる。

ProgrammableWeb

image

ProgrammableWeb offers over 3000 API’s. Many cloud related apis are made available directly to developers. Use your favorite language to search and retrieve APIs, mashups, and other data from their catalog.

ProgrammableWeb は、3000 種類以上の API を提供している。 それらの、数多くの クラウド API は、デベロッパーに対してダイレクトに提供される。API の検索と抽出および、マッシュアップ、カタログなどのデータ活用において、好みの言語が利用可能。

TopCoder

image

TopCoder is the world s largest competitive software development community with more than 165,000 developers representing over 200 countries. TopCoder hosts the largest and most comprehensive developer ratings and performance metrics available.

TopCoder は、200 以上の国々を代表する、165,000人以上のデベロッパーを集めた、世界最大の競争力を誇る、ソフトウェア開発コミュニティである。 TopCoder がホストするデベロッパーの評価は、最大級かつ包括的であるとされ、また、パフォーマンスを測定するために基準も提供される。

SourceForge

image

SourceForge is a web-based source code repository. It acts as a centralized location for software developers to control and manage open source software development. The SourceForge repository hosts more than 300,000 projects and has more than 2 million registered users. (*source wikipedia)

SourceForge は、Web ベースのソースコード・リポジトリである。オープンソース・ソフトウェア開発において、制御と管理を担うデベロッパーのための、センタライズされたロケーションとして機能している。 SourceForge リポジトリには、300,000 以上のプロジェクトがホストされ、また、200万人以上のユーザーが登録されている。 (*source wikipedia)

ーーーーー

Agile_Cat の場合は、API の動向を調べるために、ときたま ProgrammableWeb に行くだけで、GitHub や SourceForge ですら、知っているのは名前だかという状況なのですが、他にもパワフルなコミュニティが有るのですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Web デベロッパーが知っておくべき、15種類の オープンソース・プロジェクト
Data.gov が存続の危機! Data 2.0 カンファレンスは救えるのか?
最新のミュージック・マッシュアップ API とは?

Samsung Galaxy – ヨーロッパでの販売が開始されるらしい

Posted in Apple, Google, Mobile, Patent, Samsung by Agile Cat on August 17, 2011

Court allows Samsung Galaxy Tab to again sell in EU
By
Kevin C. Tofel Aug. 16, 2011
http://gigaom.com/mobile/court-allows-samsung-galaxy-tab-to-again-sell-in-europe/

_ Gigaom

A German court has temporarily lifted a restriction today that was preventing Samsung’s Galaxy Tab 10.1 from being sold throughout most of Europe. The initial sales injunction was enacted last week because of a suit filed by Apple, which claimed that Samsung’s tablet was essentially a copycat to Apple’s successful iPad tablet.

今日(8/16)、ドイツの法廷は、Europe の大半で販売が差し止められていた、Samsung の Galaxy Tab 10.1 に関する制約を、一時的に解除した。 そのイニシャル・セールスに対する販売禁止命令は、Apple からの訴訟により先週に制定されているが、Samsung のタブレットが iPad を根本から模倣しているという、Apple 側からの主張に基づく措置であった。  

imageAccording to Dutch site Webwereld, the Dusseldorf District Court has issued an interim statement allowing Samsung to again sell the Galaxy Tab throughout the EU nations, with the exception of Germany. The German court will have a formal hearing on August 25, at which time the sales injunction could return.

オランダのサイトである Webwereld によると、すでに Dusseldorf District Court は中間報告を発行しており、Samsung Galaxy Tab を EU 全体(ドイツを例外とし)に販売することを許可している。 そして、ドイツの法廷は、8月25日に正式な聴聞会を開催するが、その時点で販売禁止命令が復活する可能性もある。

apples-flawed-evidence

The timing of this news coincides with some interesting news making the rounds on Monday regarding Apple’s court filings. Again it was the Webwereld site with news, this time suggesting that Apple misled the courts by offering altered images of Samsung’s Galaxy Tab. In the filed documents, the pictures of both the iPad and Galaxy Tab appear to be the same size. In reality, the Galaxy Tab uses a different-sized screen and aspect ratio than Apple’s tablet.

このタイミングでのニュースは、Apple が法廷に提出したファイルをめぐる、月曜日のやり取りに関するニュースとも一致する。 再び、Webwereld サイトからの情報となるが、Apple は Samsung Galaxy Tab について、実際とは異なるイメージを提出し法廷を欺いたと、そこでは示唆されている。 その、提出されたドキュメントでは、 iPad と Galaxy Tab が同じサイズのように見えている。しかし、 実際には、Galaxy Tab と Apple iPad は、異なるスクリーンのサイズとアスペクト比を持っている。

However, the temporary lifting of the sales injunction appears more likely to do with the court’s jurisdiction and the two actual entities that Apple named in the suit. According to Florian Mueller’s FOSS blog, the two are Samsung’s German subsidiary and the actual parent company, Samsung, which is based in South Korea. Mueller suggests that the German court can only enforce injunctions against the local subsidiary, which may not carry over to all other EU countries, and not against Samsung itself.

しかし、 実際には、Galaxy Tab と Apple iPad は、異なるスクリーンのサイズとアスペクト比を持っている。しかし、販売禁止命令に対する一時的な解除は、法廷の管轄区域および、Apple の訴状に記載された 2つの実体に、関係しているように見える。 Florian Mueller の FOSS ブログによると、この 2つの実体とは、Samsung のドイツ子会社と、その親会社であり、South Korea をベースにする Samsung となる。 Mueller が示唆するのは、ドイツの法廷は、ローカルの子会社に対してのみ禁止命令を実施することが可能であり、それは、他の EU 諸国に波及するものではなく、Samsung 自身に対するものでもない、という三点である。

The German court filings follow Apple’s efforts to hold up Galaxy Tab sales in Australia, claiming that Samsung’s tablet violates 10 of Apple’s patents. The Galaxy Tab is still unavailable in Australia, although that’s due to an agreement between Apple and Samsung, but most in Europe can purchase it for at least the next 10 days.

ドイツ法廷の措置は、Samsung タブレットが 10件の Apple 特許を侵害するという同社の主張により、Galaxy Tab の発売が遅れている、 Australia の状況に追随するものであった。 現時点では、Apple と Samsung の間に合意があり、 Australia では Galaxy Tab が入手できないが、少なくとも Europe では、これからの 10日以内に、その購入が可能となる。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

なんとも複雑な話で、Agile_Cat ごときが何を言うものでもありませんが、iPad のサイズとアスペクト自体が、Apple のモノとでも言いたいのでしょうか? ・・・ という疑問がつきまといます。 雇ってる弁護士が、ちょっとアホなのでは?

それと、やはり今朝の Gogaom からですが、[ HTC sues Apple over everything ] ということで、今度は HTC が、Apple を訴訟するようです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google が Motorola Mobility を $12.5B で買収 – Forbes 速報
Android と 特許 – Google が Microsoft と Apple を公式に批判
特許問題 – HTC の S3 買収により、Apple は 攻め手を失うのか?
Google は IBM から、1030 個の特許を取得する!
さぁ来い Apple! 特許問題で HTC は徹底抗戦のかまえ

 

%d bloggers like this: