Agile Cat — in the cloud

アメリカの キャリア・エクスチェンジについて DCN が概説する

Posted in .Selected, Data Center Trends, Network, Telecom by Agile Cat on August 11, 2011

Market Overview: Carrier Ethernet Exchanges
July 12th, 2011 : Lisa Huff
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/07/12/market-overview-carrier-ethernet-exchanges/

_ DC Knowledge

Interconnections have always been a key focus for data centers located in areas with high concentrations of network service providers. Some of these data center providers are now investing in specialized exchanges to support Carrier Ethernet services.

インター・コネクションにおいて常に意識されるのは、ネットワーク・サービス・プロバイダのデータセンターを、きわめての狭いエリアに集結させることである。それらのデータセンター・プロバイダのいくつかは、Carrier Ethernet サービスをサポートするための、特別な Exchange に投資している。

クリックで拡大 ⇒

The Metro Ethernet Forum’s formal definition of an Ethernet Exchange, a form of an External Network-Network Interface (ENNI), is “an interconnect point among service providers where Carrier Ethernet Services are exchanged.” From an end user’s point of view, you want your service provider to supply this service so you can have a direct Ethernet connection from end-to-end.

Ethernet Exchange における Metro Ethernet Forum の正式の定義を、External Network-Network Interface(ENNI)の形式で言うと、「Carrier Ethernet Services がサービス・プロバイダたちの間で交換される、インターコネクト・ポイント」となる。 エンドユーザの視点から見ると、End-to-End のダイレクトな Ethernet コネクションを持てるようにするために、あなたのサービス・プロバイダは、このサービスを供給するしていることになる。

End Users See Benefits of Ethernet

Today, most enterprises are still encapsulating their native Ethernet data into TDM/SONET/SDH then de-encapsulating it at the other end. However, more and more, end users are seeing the benefits of Ethernet Services and perhaps eventually, the entire public network may be running native Ethernet.

今日においても、大半のエンタープライズはネイティブの Ethernet データを TDM/SONET/SDH にカプセル化し、それを、もう一方の End で開封する。 しかし、それよりも圧倒的に多数となるエンドユーザは、Ethernet Services のメリットを確認している。 そして、最終的には、すべてのパブリック・ネットワークは、ネイティブの Ethernet を走らせるようになる。

There are currently just a few vendors of Carrier Ethernet Exchange services: CENX, Equinix, Neutral Tandem and Telx.

いま現在で、ごく少数の、Carrier Ethernet Exchange サービスのベンダーが存在する。 それらは、CENX および、Equinix、Neutral Tandem 、Telx となる。

  • CENX: Carrier Ethernet Neutral Exchange (CENX) was the first Carrier Ethernet Exchange. CENX has Carrier Ethernet Exchange services currently available in Chicago, Los Angeles, London, Miami, New Jersey, New York and Hong Kong. The system is resilient and supports high availability with Gigabit and 10-Gigabit Ethernet connections. MemberLink is a new service from CENX that allows customers to connect to any remote Ethernet Exchange through member companies.
  • Equinix: Most widely known for its co-location and managed services business, Equinix was an early entrant as a Carrier Ethernet Exchange as well. It has a global footprint on four continents: North America, South America, Europe, Asia and is not only servicing carriers, but has started to open its exchange to cloud companies.
  • Neutral Tandem: Its Carrier Ethernet Exchange was launched in early 2010. Since then, the company acquired Tinet and has made recent progress with its new EtherCloud offering. With this, Tinet can provide end-to-end international connectivity to any company. It allows global coverage using VPLS through Juniper equipment in the core and Cisco in the access.
  • Telx: While Telx is best known as a leading colocation provider, it was also at the forefront of Ethernet exchanges. Telx is a carrier-neutral data center colocation provider and has several facilities around North America which enables it to supply seamless Ethernet connection not only between carriers, but between any of its enterprise colo customers as well. Its Ethernet Exchange services have a range of options depending on customer’s needs. It charges by the port and can connect customers at 100 Mbps, Gigabit or 10G data rates through its Cisco ASR 9000 equipment. Telx expects to incorporate 40G as needed – probably not until 2012/2013 timeframe, though. No equipment is oversubscribed and low latency options are available for premiums.
  • CENX: Carrier Ethernet Neutral Exchange(CENX)は、その名の通り、最初に登場した Carrier Ethernet Exchange である。 CENX は、その Carrier Ethernet Exchange サービスを、Chicago/Los Angeles/London/Miami/New Jersey/New York/Hong Kong に展開している。 そのシステムは、回復力と高可用性を実現し、また、Gigabit および 10-Gigabit Ethernet コネクションを提供している。 CENX の MemberLink は、そのメンバー企業を通過する、あらゆるリモート Ethernet Exchange に顧客を接続する。
  • Equinix: Equinix は、コ・ロケーションとマネージド・サービスにより広く知られているが、Carrier Ethernet Exchange にも早期から参加している。 同社は、四大陸である、North America/South America/Europe/Asia にグローバルな拠点を有し、キャリアだけにサービスを提供するだけではなく、クラウド企業の Exchange にも門戸を開き始めた。
  • Neutral Tandem: 同社の Carrier Ethernet Exchange は、2010年の前半から開始されている。 それ以降、同社は Tinet を買収し、また、最近になって新規のEtherCloud を提供することで、大きな進歩を成し遂げた。 それにより、 Tinet は、あらゆる企業に対して、インターナショナルな End-to-End コネクションを提供できる。 そこでは、コアに Juniper を、そしてアクセスに Cisco を用いた VPLS により、グローバルをカバーする。
  • Telx: Telx は、先端のコ・ロケーション・プロバイダとして知られるが、Ethernet Exchange の最前線にもいる。 Telx は、キャリア・ニュートラルなデータセンター・コロケーション・プロバイダである。そして、North America を中心としたファシリティにより、そのシームレスな Ethernet コネクションをキャリアだけにではなく、そのコ・ロケーション・ユーザーにも提供している。 その Ethernet Exchange サービスは、ユーザーのニーズに応じた、広範囲におよぶオプションを提供する。 同社では、ポート単位での課金が行われ、Cisco ASR 9000 を介した、100 Mbps/Gigabit/10G data rates により、顧客を接続する。 ただし、おそらく2012/2013 までのタイムフレームでは、必要に応じて 40G を含む予定となっている。 それらの装置は、過大に使用されることはなく、また、ロー・レイテンシのオプションも、プレミアムとして提供されている。

While it is rather difficult to quantify this market, Ethernet exchanges services are expected to have around a 20-percent CAGR over the next five years starting at 100’s of millions of dollars in 2011. Plenty of revenue to support the few entrants that have decided to focus on it so far.

このマーケットについては、どちらかと言うと、その定量化が困難である。 しかし、Ethernet Exchange サービスは、2011年の $ 100’s millions から、今後の 5年にわたって 20%の CAGR(Compound annual growth rate)で成長すると期待されている。 そして、これまでのところ、たくさんの収益が見込める、絞りこまれた顧客へのサポートが提供されている。

Lisa Huff is a contributing editor for Data Center Knowledge. She is Chief Technology Analyst for DataCenterStocks.com and Principal Analyst at Discerning Analytics.

ーーーーー

なるほど、こういう仕組みになっているのですね・・・ という記事です。 そして、素晴らしいマトメを提供してくれた Data Center Knowledge に感謝です。 さらに言えば、以下のリンクにあるように、Amazon と Equinix の提携や、NTT と Dimention Data の狙い、そして OpenFlow が突破すべきカベなどが、見えてくるような気がします。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
NTT の 100% 子会社である Dimension Data が OpSource を買収
OpenFlow のゴールとは?
OpenFlow により、ネットワーク業界は HOT になるのか?
OpenFlow 専門家になるための近道とは?

Larry Page さん、あなたのリストから Google Apps が漏れているのですが?

Posted in Google by Agile Cat on August 11, 2011

Where Is Google Apps On Larry Page’s Priority List?
Matt Rosoff | Jul. 15, 2011
http://www.businessinsider.com/where-is-google-apps-on-larry-pages-priority-list-2011-7

_ Business Insider

Larry Page talked about three priorities on yesteday’s earnings call, but Google Apps and the company’s enterprise business wasn’t on the list.

昨日 (7/14) のことだが、Larry Page 収支報告において、3 つのプライオリティを説明した。ところが、Google Apps とエンタープライズ・ビジネスが、同社のリストに載っていないのだ。  

Here’s what he said, direct from the transcript posted on his own Google+ account:

以下に、彼の Google+ アカウントへのポストを転記するので、それを参照して欲しい:

I think about our products in three separate categories:

First, there is search and our ads products, the core driver of revenue for the company….

Next, we have products that are enjoying high consumer success–YouTube, Android and Chrome. We are investing in these in order to optimize their long-term success.

Then we have our new products–Google+ and Commerce and Local. We are are investing in them to drive innovation and adoption.

私はプロダクトについて、以下の 3つのカテゴリで考えている:

1) 検索と広告のプロダクツがある。 それらは、当社における収益の中心となっている。

2) 大成功している、YouTubeAndroidChrome といった、コンシューマ向けのプロダクツがある。 今後の成功に最適化された、継続的な投資を行っていく。

3) 新しいプロダクツである、Google+ と Commerce and Local がある。 イノベーションと採用を促進するための、継続的な投資を行っていく。

sherlock holmes googleImage: Illustration: Ellis Hamburger ⇒

As Jon Brodkin at Network World also noticed, Page never mentioned Gmail or Google Apps, although Nikesh Arora later ran down some recent wins for that business.

Network World の Jon Brodkin も指摘するように、Gmail と Google Apps について、Page は全く言及しなかった。しかし、後になって Nikesh Arora が、それらのビジネスにおける最近の勝利について、簡単に触れている。

It’s also notable that enterprise and Apps are not among the seven businesses with a leader who reports directly to Page. Those businesses are search ("knowledge"), advertising, local and commerce, Android, YouTube, Chrome, and social (Google+, mainly).

Page にダイレクト・レポートするリーダーによると、以下の 7つのビジネス領域に、エンタープライズと Apps が居ないことが、さらに明らかになる。 それらのビジネスとは、検索(知識)および、広告、 Commerce and Local、AndroidYouTubeChrome、ソーシャル(主として Google+)のことである。

Why is that? 

なぜなんだろう?

The simple truth is that Google Apps isn’t driving much revenue for the company. It counts in the "Other" (non-advertising) category, which accounted for only $310 million of the company’s total $9.02 billion in revenue last quarter. That’s about 3%. Worse, that percentage hasn’t changed — it was about 4% a year ago, and 3% two years ago.

その単純な真実は、たくさんの収益を、Google Apps がもたらさないことにある。 それは、収入報告の "Other(広告ではない)" に分類され、また、同社の直近の四半期における、 $9.02 billion という全収入に対して、$310 million というレベルに過ぎないのである。 それは、およそ 3% である。そして、悪いことに、パーセンテージは 2年前の 3% から、昨年の 4% へという具合に、まったく増えていないのだ。

This doesn’t mean that Google is about to abandon or defund its enterprise business — just a couple months ago, the company announced a big new push for Chromebooks in businesses, and it’s always updating Gmail and the other apps and trumpeting its big wins.

ただし、Google がエンタープライズ・ビジネスを捨てたり、打ち切ったりということを、意味するわけではない。わずか 2ヶ月前のことだが、ビジネスとして Chromebooks をプッシュすると発表した。 そこでは、Gmail などのアプリケーションが常に更新されため、大きな勝利がもたらされるとしている。

But more and more, it looks like Google views enterprise a defensive business meant to keep the heat on a hated rival — Microsoft — more than a big long-term opportunity in itself.

しかし、Google の長期的なビジネスというよりも、憎むべきライバルである、Microsoftとの激戦を継続していくための、防衛的なビジネスのように見えてしまうのだ。

ーーーーー

クリックでリンク ⇒

う~ん、儲かっていないのですか。 それでは、優先順位が落ちるのも、仕方ないかも知れませんね。 それと、以前から気になっているのが、Gooogle App Engine はスケールできるのか?  ・・・という疑問なのです。 このテストが、すべてのケースに該当するとは思えないのですが、結果は、それなりに深刻です。 また、以下のリンクにあるように、ソフトウェア・インフラが旧態化しているという声もあります。 そんな、こんなで、ちょっと心配な Google 先生です。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google のソフトウェア・インフラは時代遅れだと、元 Wave エンジニアが語る
Google App Engine は エンタープライズ市場で戦えるのか?
Google IO 2011 での、Big Data 関連ビデオをピックアップ!
Office 365 – Microsoft が本気の営業で Google Apps をツブシにかかる
Google+ のユーザー数は 1800万人に達したが、その伸びが鈍り始めている

%d bloggers like this: