Agile Cat — in the cloud

VMware が目指す、クラウド OS への道とは?

Posted in .Selected, PaaS, VMware by Agile Cat on August 10, 2011

How VMware wants to be the OS for the cloud
By
Derrick Harris Jul. 12, 2011, 10:42am PT
http://gigaom.com/cloud/vmware-exposes-its-plans-to-be-the-os-for-the-cloud/

_ Gigaom

VMware on Tuesday morning launched the latest version of its vSphere virtualization management software, as well as a suite of integrated products for managing cloud computing environments. There isn’t much new aside from the capabilities in vSphere 5, but VMware’s timing was ideal to take some of the wind out of rival Citrix’s sails after it announced the acquisition of Cloud.com this morning.

火曜日(7/12)の朝に VMware が立ち上げた、最近バージョンの vSphere 仮想化マネージメント・ソフトウェアは、クラウド・コンピューティング環境を管理するためのスイート・プロダクトでもある。 vSphere 5 には、それほどの新機能が投入されているわけではないが、ライバルである Citrix が Cloud.com の買収を発表した直後というタイミングは、VMware を追い風に乗せる上で理想的である。

_VMwareVMware CEO Paul Maritz took the stage at a press conference/web conference this morning to lay out the case for why vSphere 5 and the new Cloud Infrastructure Suite are needed. His pitch was similar to what he told Om at Structure 2011, which is that we’re moving beyond the PC era, which means new applications, new platforms and entirely new ways that employees will interact with IT. For that to happen, infrastructure management just “needs to disappear.”

彼のスタンスは、Structure 2011で Om に話した内容に似ていた。つまり、新しいアプリケーションと、新しいプラットフォームに加えて、エンタープライズの従業員たちが、IT とインタラクトするための完全に新しい方式が必要であり、また、私たちは PC 時代の遥か彼方へ移行しているというものだ。 そして、それを実現するためには、単なるインフラストラクチャ・マネージメントが「姿を消す必要がある」というものだ。

Essentially, Maritz explained, harkening back to his Microsoft roots, the new cloud suite is like Office for building automated data centers. It’s composed of a collection of previously disparate VMware products now designed to be easily deployed atop vSphere environments. By that logic, vSphere would be the Windows operating system. Gary Orenstein nailed the VMware-Microsoft analogy in greater detail in a May post.

Maritz の説明は本質的に、自動化されたデータセンターのために、彼の Microsoft ルーツをさかのぼり、Office のような新しいクラウド・スイートを構築するというものだ。 これまではバラバラだった、VMware プロダクト・コレクションを構成し、vSphere 環境へ向けて容易にディプロイするために、デザインしていくという。このロジックにより、 vSphere は Windows オペレーティング・システムのようになっていく。Gary Orenstein は 5月のポストで、VMware-Microsoft の類似性について、その詳細を見事に解明した

クリックで拡大 ⇒

Maritz also made a strong case for deploying VMware-based applications in the public cloud, broadening the compnay from it’s private cloud roots. Maritz claimed that more than 2,000 service providers currently utilize vCloud to some degree in operating their cloud computing offerings.

さらに Maritz は、プライベート・なクラウドに根ざす同社の領域を広げ、パブリック・クラウドへ向けて VMware ベース・アプリケーションを展開していくという、揺るぎない主張を形にした。さらに  Maritz は、クラウド・コンピューティングの運用において、いくつかのレベルで vCloud を活用するサービス・プロバイダが、いまでは 2,000 社以上に達したと主張している。

VMware CTO Steve Herrod also took the stage to discuss the slew of new features within the various components of the suite designed to make vSphere more dynamic and reliable when operating across larger, geographically dispersed server pools similar to the public clouds that VMware and its private-cloud brethren seek to emulate. Among the highlights are highly powerful VMs running within vSphere, a app-store-like console for provisioning VMs, advanced disaster recovery methods, intelligent policy management, dynamic storage migration and advanced securtity capabilities. In all, there are hundreds of new features, which Herrod discusses in more detail on his blog.

さらに、VMware CTO である Steve Herrod も、さらにダイナミックで信頼性の高い vSphere を実現するためにデザインされた、各種のスイート・コンポーネントにおける、大量の新機能について説明した。それは、プライベート・クラウドの盟友と伴に、VMware が構築していく、パブリック・クラウドのように地理的に分散されたサーバー・プールにおいて、運用するときの機能群となる。 そのハイライトは、vSphere 上で動作するパワフルな VM 、および、それらの VM をプロビジョニングするアップ・ストア的なコンソールや、先進の RD対策、インテリジェントなポリシー管理、動的なストレージ・マイグレーション、最新のセキュリティ機能などとなる。Herrod のブログでは、全体では何百という数になる、それらの新機能の詳細が説明されている。

クリックで拡大 ⇒

VMware also is adjusting the licensing model for vSphere 5, focusing on pooled virtual memory allocations in stead of the number of physical hosts. Although this still presumably caps the amount of resources available, it does allow for cloud-like flexibility of moving resources where they’re needed. Software licensing has always been a sticking point around virtualization and cloud computing because vendors want those upfront fees, but users want the flexibility of adding new servers without necessarily adding more costs. Unless VMware were to go full pay-per-use and abandon license fees altogether, this might be among the happiest balances it could find.

さらに VMware は、vSphere 5 用のライセンス・モデルを調整しているが、物理的なホスト数に代えて、プールされた仮想メモリのアロケーションに注目している。それにより、利用可能なリソース量を推定し、制限を加えることになるだろうが、必要とされるロケーションにリソースを移動するという、クラウド的な柔軟性も考慮される。 仮想化とクラウド・コンピューティングをめぐる、ソフトウェア・ライセンスが常に争点になるのは、ベンダーが前払いの料金を欲するからである。しかし、ユーザーは、コストを増大することなく、新しいサーバーを追加するための柔軟性を欲する。 VMware が、完全な pay-per-use と、ライセンス料の放棄に向かっていない限り、誰もが妥協できるバランスが、そこにあるのかも知れない。

This was not the groundbreaking event that VMware promised it would be, but the launch should please VMware customers looking for a higher-performance, more automated and generally cloudier VMware experience. Following on the heels of the Citrix-Cloud.com news, however, it looks like VMware will have to keep its foot on the innovation gas pedal to keep from finally feeling the pressure of an open source cloud movement led by XenServer, OpenStack and Red Hat’s KVM-based approach.

VMware が実現すると約束している領域には、その世界の草分けがいるが、高性能で自動化された VMware のクラウド・エクスペリエンスを求めている顧客は、今回の立ち上げを喜ぶことになるはずだ。 今朝の Citrix – Cloud.com のニュースに追随してとなるが、 VMware はイノベーションのペダルを、踏み続けなければならないだろう。それにより、XenServer や、OpenStack、Red Hat の KVM ベースのアプローチがリードする、オープンソース・クラウドからの圧力を感じない、独自のポジションを確立していくことになる。

VMware has invested its future in a spate of application acquisitions and its Cloud Foundry platform as a service, but those are longer-term strategies still in their infancies. Infrastructure is what’s making money now, and although VMware has the lead in revenue and deployments, it doesn’t have all the momentum.

VMware は、多数のアプリケーションを買収し、また、自社の PaaS である Cloud Foundry に投資することで、未来へと向かっている。しかし、それらは、まだ黎明期の、長期的な戦略である。インフラストラクチャは、すでに収益を上げている。そして VMware は、収益と開発においてリードを保っているが、すべてのクラウドを制するという、勢いを持つわけではない。

Related content from GigaOM Pro (subscription req’d):

 

 

ーーーーー

一昨日に、『 Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供 』という記事をポストしましたが、クラウドが IT の在りかたを具体的に変えていく、大きな一歩なのだろうと捉えています。 そして、このようなマクロ的な視点で、IT の方向性を大きく修正していく提携としては、VMware + Verizon という先例が思い出されます。 さらに、NYSE Euronext との提携も大きな出来事でしたね。こういう、一連の記事を読むと、Maritz が Microsoft に残っていたら、いったい、どのようになっていたのだろうと、想像を掻き立てられてしまいますね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

VMware による仮想化の実績を、インフォグラフで視覚化する
VMware は Socialcast を買収し、その SaaS 戦略にマイクロブログを加える
Hadoop ビジネスで、EMC が仕掛ける大勝負とは?
VMware を分析すると、OS を持たない 新しい Microsoft に見えてくる
VMware は WaveMaker を買収し、開発スタイルを変革する

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: