Agile Cat — in the cloud

2016 年までに 21 億台の、HTML5 対応モバイルが市場に溢れる

Posted in .Selected, Apple, Google, HTML5, Microsoft, Mobile by Agile Cat on August 5, 2011

In 2016 there will be 2.1 billion HTML5 enabled browsers on mobile devices out in the market
By:
Stefan Constantinescu, IntoMobile
July 25th, 2011 at 4:43 AM
http://www.intomobile.com/2011/07/25/2016-there-21-billion-html5-enabled-browsers-mobile-devices-out-market/

_ into Mobile

Forget about the ballooning number of applications each mobile platform offers, and realize that for a lot of people, just having access to the internet on a device that fits in their pocket is absolutely mind blowing. Now browsers have been in phones for years, most notably the WebKit powered browser for Symbian devices that was launched towards the end of 2005 and was what many recognize to be the first real full HTML browser for phones.

それぞれのモバイル・プラットフォームが、膨大な数のアプリケーションをと提供しているが、そのことを、ちょっと忘れてみよう。そして、ポケットに収まるデバイス上で、インターネットへアクセスできることが、きわめて興味深いことだと理解しよう。携帯デバイスの中にブラウザが居座ってから、何年かの時が流れた。これまでにおいて、最も大きな出来事は、2005年の終わりに出荷された Symbian デバイスに、Powered by WebKit のブラウザが搭載されたことであり、また、それが 携帯デバイス上での、初めてのフル HTML ブラウザになったことを、多くの人々が認識していることである。

Apple changed the game two years later in 2007 with the iPhone, making a browser that was several orders of magnitude ahead of the competition at the time. Then Android of course in 2008, which ships with a browser that similar to Symbian and Apple was (and still is) powered by WebKit. In 2009 RIM would go so far as to buy a company that did HTML browsers just so they could catch up. The bean counters at ABI Research predict that by 2016 there will be a total of 2.1 billion devices on the market that not only have mobile web browsers, but browsers that are HTML5 enabled.

そして Apple が iPhone により、2年後の 2007年に、その流れを変えることになった。 つまり、そのときの競合において、ケタ違いの進歩を実現するブラウザを開発したのだ。そして、2008年には Android が、Symbian や Apple と同様に(いまも WebKit)、Powered by WebKit のブラウザと共に出荷された。 RIM は 2009年に、ライバルたちに追い付きたいがために、それらの HTML ブラウザを開発した会社を、買収しようとした。 ABI Research の統計学者たちは、2016年までに 21億台のデバイスが、マーケットに溢れると予測する。そして、それらのデバイスは、モバイル Web ブラウザというだけではなく、 HTML5 対応のブラウザを搭載していると言う。

“We expect HTML5 features in categories such as graphics, multimedia, user interactions, data storage, and others to be widely adopted sooner rather than later. A significant number of HTML5 features will be adopted in the mass market in the next three to five years. HTML5 adoption is going to accelerate because it will be a key differentiator in the smartphone OS war. I believe that Apple will be the key driver of HTML5 and consequently a primary benefactor as well.” — Mark Beccue, Senior Analyst

『 私たちの予測では、グラフィックス/マルチメディア/ユーザー・インタラクション/データ・ストレージといった領域で、HTML5 の機能が前倒しで、しかも広範囲で採用されていく。 HTML5 における数多くの機能が、今後の 3年~5年で、マス・マーケットに適用されていく。 スマートフォン OS 戦争における、重要な差別化要因となるため、HTML5 のアダプションは加速していくだろう。HTML5 の推進において、Apple が先頭に立ち、継続して貢献していくと、私は信じる 』 と、Senior Analyst である Mark Beccue は発言している。

We’d like to point out that Microsoft, who traditionally has been the butt of every joke regarding web standards and anything internet related in general, is shaping up to be a huge supporter of HTML5 and they have as much potential as anyone else to lead the pack in terms of capabilities, performance, and security … OK, the last one was a joke.

私たちは、Microsoft についても指摘しておきたい。彼らは伝統的に、Web スタンダードついて、また、一般的なインターネット関連のスタンダードについて、そんなものは冗談だと嘲ってきた。 その Microsoft が、HTML5 の大きな後ろ盾となる、様相を呈してきているのだ。そして、彼らは、ブラウザの機能と性能とセキュリティにおいて、HTML5 をリードしていく他者と同等の、ポテンシャルを持っているのだ。 OK 、最後のは冗談だ。

ーーーーー

う~ん。 21億台ですか。 それは、たいへんな数ですし、しかも、 すべてが HTML5 対応になるとは、ちょっと驚きです。 でも、『 WebKit の歴史を見れば解るでしょ』と言っているのでしょうね。 ちなみに、WebKit のおさらいには、Wikipedia がよくまとまっているので、オススメです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iTunes のダウロード数では、すでに アプリ と 音楽 が 逆転!
快速 Galaxy S2 は、3ヶ月で 500万台!
AT&T も パケ放題はヤメにします
モバイル・アプリ市場が、2015年には $29 billion に達する!
Android 39% – iOS 28% – アメリカ市場調査

 

Android と 特許 – Google が Microsoft と Apple を公式に批判

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile, Patent by Agile Cat on August 5, 2011

When patents attack Android
8/03/2011 12:37:00 PM
http://googleblog.blogspot.com/2011/08/when-patents-attack-android.html

image

I have worked in the tech sector for over two decades. Microsoft and Apple have always been at each other’s throats, so when they get into bed together you have to start wondering what’s going on. Here is what’s happening:

私は、20年以上にもわたり、テクノロジーの分野で働いてきた。 その間、Microsoft と Apple は、いいつも激しく戦っていた。したがって、両社が手を握ってしまった(原文では、bed together と表現) いま、何が起こっているのかと、考え始める必要がある。 現実に、起こっていることがある:

Android is on fire. More than 550,000 Android devices are activated every day, through a network of 39 manufacturers and 231 carriers. Android and other platforms are competing hard against each other, and that’s yielding cool new devices and amazing mobile apps for consumers.

Android は熱狂をもたらしている。 毎日、550,000 台以上の Android デバイス、39 社のマニファクチャと、231 社のキャリア・ネットワークを介してアクティベイトされている。 Android は、その他のプラットフォームと激しく競い合っている。  そして、新しく COOL なデバイスが生産され、驚くべきモバイル・アプリが消費者に提供されている。

But Android’s success has yielded something else: a hostile, organized campaign against Android by Microsoft, Oracle, Apple and other companies, waged through bogus patents.

しかし、Android の成功は、何か別のものを、もたらしてしまった:それは、Microsoft および、Oracle、Apple などの企業が、偽りの特許により Android に敵対する、組織的なキャンペーンのことである。

They’re doing this by banding together to acquire Novell’s old patents (the “CPTN” group including Microsoft and Apple) and Nortel’s old patents (the “Rockstar” group including Microsoft and Apple), to make sure Google didn’t get them; seeking $15 licensing fees for every Android device; attempting to make it more expensive for phone manufacturers to license Android (which we provide free of charge) than Windows Phone 7; and even suing Barnes & Noble, HTC, Motorola, and Samsung. Patents were meant to encourage innovation, but lately they are being used as a weapon to stop it.

それらの企業は、Novell の古い特許(Microsoft と Apple などによる CPTN グループ)と、Nortel の昔の特許(Microsoft と Apple などによる Rockstar グループ)を取得した。 続いて、それらを Google が取得していないことを確認するために、同盟軍を組むことになった。 そして、以下のことを行おうとしている。まず、すべての Android デバイスに対して、$ 15 のライセンス料を要求する。それにより、デバイス・マニファクチャから見て、Windows Phone 7 のライセンスよりも、Android(私たちは無償で提供している)の方が高額になるように仕向ける。さらに、Barnes & Noble および、HTC、Motorola、Samsung に対して、告訴え引き起こしている。 特許というものは、イノベーションを促進するという意味を持つ。しかし、最近は、それを止めるための武器として用いられている。

imageA smartphone might involve as many as 250,000 (largely questionable) patent claims, and our competitors want to impose a “tax” for these dubious patents that makes Android devices more expensive for consumers. They want to make it harder for manufacturers to sell Android devices. Instead of competing by building new features or devices, they are fighting through litigation.

スマートフォンには、(かなり疑わしいが)250,000 種類もの、特許請求の範囲が関連するらしい。そして、私たちのコンペティタたちは、疑わしい特許による「税金」を課そうし、消費者からみたAndroid デバイスを、さらに高価なものにしようと試みる。彼らの望みは、デバイス・マニファクチャたちにとって、Android デバイスが売り難いものになることだ。 コンペティションは、新しい機能やデバイスの開発により行われるものだが、彼らは、告訴を通じて戦おうとしている

This anti-competitive strategy is also escalating the cost of patents way beyond what they’re really worth. The winning $4.5 billion for Nortel’s patent portfolio was nearly five times larger than the pre-auction estimate of $1 billion. Fortunately, the law frowns on the accumulation of dubious patents for anti-competitive means — which means these deals are likely to draw regulatory scrutiny, and this patent bubble will pop.

この、普通のコンペティションを否定する戦略は、もともとの特許の価値を超えたところで、そのコストを増大させている。 Nortel の特許ポートフォリオのせり落した $4.5 billion という費用は、プレ・オークションのときに見積もら $1 billion に対して、5 倍ちかくに膨れ上がっている。 幸いなことに、政情な競争を排除する、疑わしい特許の積み上げは、法の主旨に背くものになる。つまり、今回の取引は、規制の対象となる可能性が高い。 そして、このパテント・バブルは、ポンとはじけるだろう。

We’re not naive; technology is a tough and ever-changing industry and we work very hard to stay focused on our own business and make better products. But in this instance we thought it was important to speak out and make it clear that we’re determined to preserve Android as a competitive choice for consumers, by stopping those who are trying to strangle it.

私たちを、なめてもらっては困る。テクノロジーはタフであり、また、この産業は永遠に変化していく。 そして、私たちは、自らのビジネスに集中し、さらに優れた製品を作り続けていく。 しかし、今回に限っては、消費者の選択枝としての Android を、市場から排除しようとする動きを止めなければならない。 そして、そのため強い意志を、私たちが有していることを、このような形で公言することが重要だと考えた。

We’re looking intensely at a number of ways to do that. We’re encouraged that the Department of Justice forced the group I mentioned earlier to license the former Novell patents on fair terms, and that it’s looking into whether Microsoft and Apple acquired the Nortel patents for anti-competitive means. We’re also looking at other ways to reduce the anti-competitive threats against Android by strengthening our own patent portfolio. Unless we act, consumers could face rising costs for Android devices — and fewer choices for their next phone.

私たちは、真剣に考え、そのための方策に取り組んでいる。前述のグループにライセンスされた、古いNovell の特許を、Department of Justice が公正に調査する。そして、Microsoft と Apple が、公正な競争を排除する手段として、Nortel 特許を獲得したのかという点についても、同様に調査される。 そのことに、私たちは勇気づけられている。 その一方で、私たちは自身の特許ポートフォリオを強化することで、Android に対する不適切な圧力を取り除こうとしている。 私たちが行動をしなければ、Android デバイスのコストは上昇し、スマートフォンの選択肢が減ってしまう。 それは、消費者のためにならないと考える。

Posted by David Drummond, Senior Vice President and Chief Legal Officer

ーーーーー

ついに、沈黙を破って、Google が動き出しましたね。Nexus S S2 のアメリカでの発売が、たしか 8月の下旬ですので、しばらくの間、論争が絶えることは無いでしょう。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google は IBM から、1030 個の特許を取得する!
特許問題 – HTC の S3 買収により、Apple は 攻め手を失うのか?
さぁ来い Apple! 特許問題で HTC は徹底抗戦のかまえ
Microsoft のパテント・トローリング戦略とは
Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?

%d bloggers like this: