Agile Cat — in the cloud

Amazon AWS は、いったい どれくらい儲かっているのか?

Posted in .Selected, Amazon, Businesses by Agile Cat on August 2, 2011

Amazon AWS Cloud Computing Unit Drives Analysts Crazy
July 25, 2011
Paolo Gorgo
http://seekingalpha.com/article/281596-amazon-aws-cloud-computing-unit-drives-analysts-crazy

_ seeking alpha

Get out your crystal balls: join several analysts in today’s guessing game, giving Amazon’s (AMZN) AWS cloud computing unit a revenue run rate.

さぁ、水晶球を取り出すときがきた。Amazon(AMZN)AWS クラウド・コンピューティング部門の収益について、何人のアナリストと一緒に占うのだ。

Amazon Web Services (AWS) provide companies with an infrastructure web services platform in the cloud. The company started offering these services in 2006, but only recently analysts have started considering the unit worth a closer look.

Amazon Web Services (AWS)は、クラウドのためのインフラストラクチャ Web サービス・プラットフォームを、各種の企業に提供している。 これらのサービスは、同社が 2006年に立ち上げたものだが、最近になって、ようやくアナリストたちは、この部門の収益を推測できるようになってきた。

Back in 2010, Amazon’s Chief Executive Jeff Bezos said, at the company’s shareholder meeting, that AWS had the potential to be as big as the firm’s retail business – giving investors a good reason for some added diligence into its financials.

2010年の時点に戻るが、 Amazon の Chief Executive である Jeff Bezos は株主総会で、同社の小売部門に匹敵するほどの可能性を、AWS が有していると発言した。それは、投資家の注目を引きつける、いくつかの理由を提供するものであった。

_ AmazonUnfortunately, Amazon doesn’t disclose exact numbers on its AWS revenue stream. These services are included in the “other” category, with miscellaneous marketing and promotional agreements, other seller sites and co-branded credit card agreements. In Q1 2011, this category delivered about $311 million in sales (+65% Y/Y), mostly in North America (see Amazon’s latest 10Q, page 18).

しかし、残念なことに、Amazon は AWS の収益について、正確な金額を明らかにしていない。つまり、これらのサービスによる売上は、その他のマーケティングや、販促のための契約、他の売手サイト、クレジット・カードとの提携と一緒に、いわゆる「雑収入」カテゴリーに含まれているのだ。 2011年 Q1 において、このカテゴリーは $311 million(前年比 +65%)を計上しているが、その大半は North America からのものとなる(Amazon の最新報告 10Q の page 18 を参照)。

In 2010, UBS estimated that AWS would represent roughly $500 million revenues in 2010, about $750 million in 2011 and approximately $ 2.5 billion in 2014.

2010 年の UBS の推定によると、AWS は 2010年 に約 $500 million、2011年に $750 million、そして 2014年に $ 2.5 billion を売り上げるとされる。

Cowen & Co.’s Jim Friedland sees AWS being a more than $4 billion business by 2016.

Citigroup’s Mark Mahaney recently noted that “on each day, AWS adds enough server capacity to run the equivalent of what Amazon needed when it was a mere $3 billion company in 2000”.

Cowen & Co. の Jim Friedland は、AWS は 2016年までに $4 billion に至るという(参照)。

Citigroup の Mark Mahaney は、一定の期間において、AWS は充分なサーバー・キャパシティを追加しているが、それは、2000年に Amazon が $3 billion 企業であったときに等しいと指摘している。

According to an article published today by Reuters, Citigroup believes that Amazon AWS services may be reaching a psychological inflection point:

今日(7/25)Reuters が発行した記事によると、Amazon AWS サービスは心理的影響のポイントに達しているかもしれないと、 Citigroup は確信している:

“While still very small for Amazon (likely about $750 million revenue run rate), given the size of the market opportunity and Amazon’s strong competitive positioning, we believe that this could soon be a $1 billion revenue segment,” Mahaney wrote in a note to investors this week.

「 現在のマーケットは、まだ、Amazon にとっては小さいが(おそらく $750 million 程度)、今後のビジネス・チャンスと、 Amazon の強力な競争力を前提とするなら、時間を要することなく、$1 billion/年のビジネス・セグメント入りが可能だと確信している 」と、Mahaney は投資家に向けてメモを書いている。

Amazon is heavily investing in data center infrastructure. Capital expenditures in Q1 2011 were about $300 million, including investments in technology infrastructure necessary to support AWS. Getting more metrics on this vertical will also be key to fully understand its business model. Here is a related comment taken from today’s Reuter’s article:

Amazon は、データセンターのインフラストラクチャに対して、大規模な投資を継続している。 2011年 Q1 における設備投資は、AWS のサポートに必要なテクノロジー・インフラストラクチャを含めて、$300 million であった。 この数字を、さらに分析することが、AWS のビジネス・モデルを理解するためのキーとなるだろう。 ここに、今日の Reuter 記事から抜粋した、いくつかのコメントがある:

Citigroup’s Mahaney said AWS gross margins may be up to four times higher than Amazon’s overall margins.

Citigroup の Mahaney の発言によると、AWS の粗利益は、Amazon 全体の平均的な粗利益に対して、4倍以上のレベルにある。

“We’ll be listening on the earnings call for any details on new traction for this segment,” the analyst wrote in a recent note to investors.

「 このセグメントをドライブさせる、新しいパワーに関する詳細な収支報告について、これから聞くことになるだろう」と、そのアナリストは最近になってメモを投資家に送っている。

An indirect way to try to understand AWS growth rate is to look at some data that are disclosed by the company, and related to the number of “objects” that are stored on the service.

AWS の成長レートを間接的に理解していく方式は、同社により公表されるデータに注目し、また、このサービスにストアされる「オブジェクト」の数と関連づけていくことだ。

At the end of the second quarter, S3 held more than 449 billion objects and processed up to 290,000 requests per second for them at peak times. Here is a quick look at an Amazon blog post reporting these data:

今年の Q2 の終わりに、S3 には 4490個億以上のオブジェクトが保持され、そのピークの時において、毎秒 290,000回のリクエストが処理されている。 これらの、Amazon のブログ・ポストでレポートされたデータは、以下のとおりである:

クリックで拡大 ⇒

On June 22, Werner Vogels, AWS’s CTO, while giving his presentation at the GigaOm Structure 2011 conference, talked about AWS hosting “339 billion objects, more than doubling the volume from the same time last year, when S3 stored 150 billion objects”. While it is impossible to say at what exact date this number was reported, the feeling we get is that Amazon’s AWS unit keeps growing at rates that don’t seem to be declining at all.

6月22日に GigaOm Structur 2011 で、Amazon の CTO である Werner Vogels は自身のプレゼンテーションにおいて、 「 昨年の同時期には、S3 に 1500億のオブジェクトがストアされていたが、いまでは 2倍以上の 3390億オブジェクトに達している 」と、AWS のホスティング機能について説明した。 ここでレポートされた正確な日付は不明であるが、Amazon の AWS 部門は常に右肩上がりで成長していると、私たちは推測することができる。

While still an “ancillary” business to Amazon, AWS will be an interesting unit to watch in the future, even if it may be hard to consider Amazon as a proper way to invest in a cloud computing player. We can only reiterate our wish that the company will soon start to break down this vertical better on its balance sheet, in order to allow investors to get more clarity into its business model, including costs, CapEx, margins and growth potential.

依然として AWS は、Amazon における「付属的」なビジネスである。 ただし、クラウド・プレーヤーに投資することが、たとえ Amazon にとって適切な方法でないとしても、AWS は将来性のある興味深い部門である。 私たちにできるのは、可能なかぎり早急に、同社のバランスシートに詳細が示されるよう、繰り返して要求することだけだ。なぜなら、それにより投資家たちは、コスト/CapEx/マージン/成長の可能性などを含めて、このビジネス・モデルから更なる明快さを得られるからである。

Disclosure: I have no positions in any stocks mentioned, and no plans to initiate any positions within the next 72 hours.

Disclosure: 私は、上記の株式を包有することなく、また、72時間以内に購入する計画がないことを、明言しておく。

More articles by Paolo Gorgo »

ーーーーー

これまで、ナゾ・ナゾ・ナゾ であった、Amazon AWS の収益ですが、その規模が、徐々に明らかになってきたようです。あくまでも推測ベースですが、現在の売上といわれる規模について、どのように思います? また、クラウド・コンピューティングに対する Amazon AWS の影響力は、どのような未来を形作っていくのでしょうか? とても、興味深いですね。 ーーー  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドへの移行を、経済面から考察する – Pennsylvania 州立大学
クラウドは 他の IT と比べて、4倍速で急成長していく – IDC
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
アメリカ市場では 28% の組織が、すでにクラウドを使用している
Microsoft の好調な決算と、Windows Phone 7 の不在
Microsoft の Steve Ballmer という、悩ましき存在

 

快速 Galaxy S2 は、3ヶ月で 500万台!

Posted in Asia, Google, Mobile, Samsung by Agile Cat on August 2, 2011

Speedy Samsung Galaxy S2 Sales Hit Five Million
July 28, 2011 – By
Jane McEntegart
http://www.tomsguide.com/us/Galaxy_S2-Samsung_Galaxy-Five_Million-Units_Sold,news-11994.html

_ toms guide

Samsung’s Galaxy line of tablets and smartphones has been extremely successful so far and the company’s brand new Galaxy S2 is no exception. According to Sammy Hub, Samsung has already shifted five million Galaxy S2 devices. Citing confirmation from Samsung itself, Sammy Hub says the company has shipped five million units to distributors. Though it’s not as impressive as selling five million phones, it’s still quite a feat, especially when you consider that the phone has yet to launch in the U.S. and has been available for less than three months.

Samsung のラインナップである、Galaxy のタブレットとスマートフォンは、これまでのところ大成功をおさめており、また、同社の新ブランド Galaxy S2 も例外ではない。 Sammy Hub によると、すでに Samsung は、500万台の Galaxy S2 デバイスを販売している。 Samsung に確認したところ、 Sammy Hub はディストリビュータに向けて、500万台を出荷している。 500 万台のフォンと言っても、それほどの事ではないと思うだろうが、発売から 3ヶ月であり、また、これからアメリカ市場での販売が始まるという状況を見れば、なかなかのものである。

The Galaxy S2 launched just 85 days ago, on April 29, and boasts a beefy dual-core CPU aside, Google’s Android OS (Gingbread/Android 2.3), along with a 4.3-inch Super AMOLED Plus display, and an 8-megapixel camera capable of recording video in 1080p. The phone also supports 1080p video playback.

Galaxy S2 が発売されたのは、たった 85日前の 4月 29日である。パワフルな Dual-Core CPU と Google の Android OS (Gingbread/Android 2.3) が自慢であり、また、4.3-inch Super AMOLED Plus ディスプレイが実装され、1080p ビデオ・レコーディングに対応する 8M Pixel カメラも提供される。 さらに、1080p ビデオ再生もサポートされる。

Samsung’s goal is to sell 10 million Galaxy S2s. Already available in China and several European countries, a U.S. launch is set for next month. Do you think the company will reach its goal?

Samsung は、1000万台の Galaxy S2 を目標にしている。 すでに、China と Europe では販売されており、アメリカは来月に予定されている。 この目標の達成や如何に? あなたは、どう思う?

ーーーーー

Android というより、やはり アジアのマニュファクチャが頑張ると気分がいいですね! それに、アメリが市場が、まだ、これからなのに、この数字というのもスゴイです。 ここも HTC と同様、Aplle とドンパチやっていますが、そちらの方も合わせて、頑張って欲しいです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

AT&T も パケ放題はヤメにします
特許問題 – HTC の S3 買収により、Apple は 攻め手を失うのか?
さぁ来い Apple! 特許問題で HTC は徹底抗戦のかまえ
モバイル・アプリ市場が、2015年には $29 billion に達する!
Android 39% – iOS 28% – アメリカ市場調査

Tagged with: , , , ,

SaaS マーケットは、2015 年までに 2倍に成長する

Posted in .Selected, Businesses, Research by Agile Cat on August 2, 2011

Cloud Computing: SaaS Market to Double by 2015
By Dick Weisinger, on July 29th, 2011
http://www.formtek.com/blog/?p=2294

_ formtek

In 2010, the worldwide SaaS market was $10 billion.  And at the current annual growth rate of more than 20 percent, the SaaS market is on target to more than double by 2015 to $21.3 billion, predicts Gartner, Inc in a report by Gartner analysts Sharon Mertz, Chad Eschinger, and Tom Eid.  Worldwide SaaS sales in 2011 are expected to top $12 billion.

2010年の SaaS マーケットは、ワールドワイドで $10 billion だった。  そして、現時点における年間成長レートは 20% 以上であり、SaaS マーケットは 2015年までに、2倍以上の $21.3 billion にいたると、Gartner のアナリストである、Sharon Mertz および、Chad EschingerTom Eidレポートしている。なお、2011年におけるワールドワイドな SaaS 売上は、$12 billion を超えるだろうとも予想している。

imageRoughly a third of the SaaS market, $3.8 billion in 2011,  continues to be in the CRM (Customer Relationship Management) sector that was first pioneered with the SaaS model by Salesforce.com.  Another third of the SaaS market, $3.3 billion in 2011, is the content, communications and collaboration (CCC) market.  The remaining third of the market includes a variety of other application types, most notably, ERP at $1.7 billion.  SaaS-based ERP accounts for roughly 7 percent of the entire ERP market.

この 2011年 SaaS マーケットの、約 1/3 に相当する $3.8 billion は、従来からの  CRM (Customer Relationship Management) 分野からのものだが、その SaaS モデルは Salesforce.com により構築されている。  それと同様に、2011年の 1/3 にあたる $3.3 billion が、CCC(content, communications and collaboration)マーケットにより占められている。  そして、残りのマーケット・シェアには、多様なアプリケーション・タイプが含まれているが、その中で目立つのは、$1.7 billion の ERP である。なお、SaaS ベースの ERP は、ERP マーケット全体の約 7% を占める。

Despite a rash of recent high-profile data breaches, the report finds that SaaS applications are overcoming many of the earlier issues with security and that security is not a big as a concern for customers than in previous years.  In the press release for the report, Gartner analyst Tom Eid said that “Initial concerns about security, response time and service availability have diminished for many organizations as SaaS business and computing models have matured and adoption has become more widespread.  Usage and vendors’ on-demand ecosystems continue to evolve to provide additional business and technology services, more vertical-specific functionality, and stronger communities of partners and buyers.”

このところ注目され続けている、頻繁なデータの侵害にもかかわらず、SaaS アプリケーションは、セキュリティに関連する従来からの問題を克服しており、数年前と比べると、セキュリティは顧客の関心から離れつつあると、このレポートは述べている。このレポートのプレス・リリースにおいて、『 SaaS ビジネスとコンピューティング・モデルが成熟し、その適用が広範囲におよぶにつれて、当初から意識されてきた、セキュリティ/応答時間/サービスの可用性は、その関心のレベルを引き下げてきている。  そして、ユーザーにおける用法と、ベンダーのオン・デマンド・エコシステムは変化し続けている。 結果として、より多くのビジネスとテクノロジーのサービスが提供され、垂直型の機能が開発され、また、パートナーとバイヤーのコミュニティが強化されていく  』と、Gartner アナリスト の Tom Eid が伝えている。

ーーーーー

IT 全体の市場規模からすると、そんなものなの? ・・・というレベルですが、その内容はというと、徹底的な効率化が図られ、とてもスリムなものに変容していくのでしょう。 もちろん、従来から成り立っているアプリケーション領域では、熾烈な生き残り合戦が繰り広げられるのでしょうが、まったく新しいセグメントも登場してくることでしょう。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

クラウドは 他の IT と比べて、4倍速で急成長していく – IDC
アメリカ市場では 28% の組織が、すでにクラウドを使用している
モバイル・アプリ市場が、2015年には $29 billion に達する!
クラウドへの移行を、経済面から考察する – Pennsylvania 州立大学
セキュリティ調査 – Sybase – ヒューマン・エラーが 48% で最大の脅威

AT&T も パケ放題はヤメにします

Posted in Mobile, Network by Agile Cat on August 2, 2011

AT&T to throttle data speeds for ‘unlimited’ hogs
By PETER SVENSSON, AP Technology Writer
Fri Jul 29, 5:40 pm ET
http://old.news.yahoo.com/s/ap/20110729/ap_on_hi_te/us_at_t_wireless_data

_ Yahoo News

NEW YORK – AT&T Inc. said Friday that it’s going to start limiting speeds for the 5 percent of its customers with "unlimited" data smartphone plans who clog the airwaves the most.

NEW YORK – この金曜日(7/28)に AT&T は、無制限データのスマートフォン・プランを契約している顧客の中から、最も帯域を浪費する 5% のユーザーに対して、速度を制限していく計画があると発言した。

268993_183073535083097_118998374823947_495469_680220_nThe measure will take effect Oct. 1, AT&T said, and is intended to alleviate congestion on the network. T-Mobile USA already throttles users who go over certain limits for data consumption.

AT&T によると、この措置は 10月1日から効力を発し、また、ネットワークの渋滞を軽減する意図を持つ。すでに T-Mobile USA は、一定のデータ消費レベルを超えるユーザーたちに、制限を加えている。

AT&T stopped signing up new customers for "unlimited" plans last year. Instead, it now lets heavy users pay extra when they go over a certain data allotment. Verizon Wireless also recently stopped signing up new customers for unlimited service.

また、AT&T は昨年から、無制限データ・プランの新規契約を取りやめている。 それに替えて、割り当てを超えてデータを利用するヘビー・ユーザーに、追加料金を支払わせている。Verizon も同様に、無制限のデータ・プランを昨年から廃止している。

AT&T says it will warn users when they are approaching joining the top 5 percent, and anyone subject to the speed limits will experience them until the next billing cycle starts. The Dallas-based phone company says that what puts someone in the top 5 percent is usually streaming video or playing some online games.

AT&T は、TOP 5% に近づいているユーザーに対して、警告は発するようにすると発言している。そして、この速度制限を受け入れるユーザーは、次の請求月がスタートするまで、その警告を見続けることになる。この Dallas ベースの電話会社は、TOP 5% に入ってしまうユーザーについて、ビデオ・ストリーミングや、いくつかのオンライン・ゲームを常用する人々だと発言している。

AT&T won’t count data use over Wi-Fi, just usage over the cellular network.

なお、AT&T は、この規制を Wi-Fi には適用せず、セル・フォン・ネットワークのみを対象にするだろう。

ーーーーー

クリックで拡大 ⇒

まぁ、アメリカでは パケ放題 とは言わないみたいですが :) それと同じサービスが、終了へと向かいつつあるようです。 いきなり 全廃というと、いろいろと問題も発生するはずですから、『 新規契約はしませんよ 』という形になっていくのでしょう。 あちらも、いわゆる 2年シバリが一般的なようですので、一定の期間で、新しいセル・フォン・ネットワークの使い方へと転換していくのでしょう。 さて、日本は どうなるんでしょうかね?  よかったら、右のグラフをクリックして、トラフィックの問題についても考えてみてくださ~~~い ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Android タブレット + 従量制 SIM + テザリング = 満足!
iPad による Web ブラウジングの比率が、世界で 1% に、アメリカで 2% に
Facebook – この 6ヶ月間で 倍増した日本のユーザー数
ソーシャル・メディア 世界ランキング – Facebook が 1位で Mixi は 9位

%d bloggers like this: