Agile Cat — in the cloud

スタンフォード大学の Open Networking Summit では、OpenFlow にスポットライトが!

Posted in .Selected, OpenFlow by Agile Cat on August 31, 2011

Stanford’s Open Networking Summit to highlight OpenFlow, SDN
Bob Brown 26.08.2011 kl 22:41 | Network World (US)
http://news.idg.no/cw/art.cfm?id=5648718A-1A64-6A71-CE962957D86139F0

image

Stanford University this October will host the first Open Networking Summit, which will focus on the history, state and future of OpenFlow and software-defined networking technologies.

この10月に Stanford University は、初の Open Networking Summit をホストすることになるが、そこでは、OpenFlow と SDN(software-defined networking )テクノロジーに関する、過去/現在/未来にフォーカスが当てられる。

The event, orchestrated by Stanford University’s Clean Slate Program, will be held Oct. 17-19 at the university’s Li Ka Shing Center. It will feature hands-on tutorials as well as keynotes and sessions featuring subject matter experts. Representatives from Open Networking Foundation, Cisco, Facebook, Microsoft, Verizon, UC Berkeley, Internet2 and others will take part.

このイベントは、Stanford University の Clean Slate Program により企画/運営され、10月 17-19日 に同校の Li Ka Shing Center で開催される。 そして、ハンズオン・チュートリアルだけではなく、この分野のエキスパートによる、キーノートとセッションも呼び物になる。具体的には、Open Networking Foundationおよび、Cisco、Facebook、Microsoft、Verizon、UC Berkeley、Internet2 などから参加する代表者が、それぞれのパートを受け持つ。

image“Software-defined networking is poised to revolutionize all kinds of networking: enterprise, data center, and service provider,” said Guru Parulkar, executive director of Stanford’s Clean Slate Research Program and chair of the summit.  “In the future, network owners and operators will have much greater control over their networks.”

「Software Defined Networking は、あらゆる種類のネットワークを構成するエンタープライズ/データセンター/サービス・プロバイダに革命を起こすために準備を整えている」と、Stanford Clean Slate Research Program の事務局長であり、このサミットの議長を務める Guru Parulkar は発言する。  「将来において、ネットワークの所有者と運用者は、自身のネットワークに関して、さらに強化された制御を有するだろう」

OpenFlow and software-defined networking has started to gain momentum in 2011. The Open Networking Foundation was launched in March by a slew of tech companies behind OpenFlow and SDN.  OpenFlow also made a splash at the Interop conference in May, where vendors showed off early products in their booths and in a lab on the show floor.

OpenFlow と CDN(Software Defined Networking) は、2011年に入ってから勢いを増し始めた。 そして 3月には、OpenFlow と SDN を支える数多くのテクノロジー企業により、Open Networking Foundationが始動した。  さらに 5月の Interop では、OpenFlow のベンダーたちが最新のプロダクツを展示し、ラボを開催するなど、その動きが注目された。

OpenFlow is an open source project borne of a six-year research collaboration between Stanford University and the University of California at Berkeley.

OpenFlow は、Stanford University と University of California at Berkeley  による、6年間にわたる研究コラボレーションから生まれた、オープンソース・プロジェクトである。

BACKGROUND: Early OpenFlow user details “exciting” benefits
BACKGROUND: OpenFlow opens new doors for networks

ーーーーー

openflowほんの数カ月前までは、記事を見かけることも少なく、なかなか情報が得難いという OpenFlow でしたが、この 2ヶ月ほどで一挙に増えてきて、今度は追いかけきれないという状況に変化してきました :)  こうして、OpenFlow への注目度が高まる一方で、あの Cisco が体質改善を余儀なくされるという、これまでのネットワーク業界では考えられなかったことが、次々に起きています。 いよいよ目が離せなくなった、OpenFlow です。ーーー ac-stamp-21

ーーーーー

<関連>

OpenFlow のゴールとは?
OpenFlow により、ネットワーク業界は HOT になるのか?
Cisco の経営陣は、Google と IBM から学ぶべきだ

Samsung の ChatON は、Android/iOS/Blackberry をカバーするグローバル・サービスなのだ

Posted in .Chronicle, Apple, Asia, Google, Mobile, Samsung by Agile Cat on August 31, 2011

Samsung ChatON – Free texting for Android, iOS, and Blackberry.
August 29th, 2011 by
Jim Farmer
http://www.talkandroid.com/56520-samsung-chaton-–-free-texting-for-android-ios-and-blackberry/

_ Talk Android

imageSamsung is joining the mobile messaging game with ChatON, a service to compete with the likes of Blackberry messenger, iMessage, and Google Talk. Now, there are already a few known apps available for this type of thing like WhatsApp and Kik, but Sammy has a pretty solid offering and they’ve done the extra work required to make this work across multiple operating systems, 120 countries, and 62 languages. It will even have a variant for feature phones. To top it off, Samsung says a planned web-based version will bring similar functionality to PCs.

Samsung は、ChatON によりモバイル・メッセージング戦争に参加しようとしているが、そのサービスとは、Blackberry Messenger や、iMessage、Google Talk などと競合していくものとなる。 現時点において、この種のサービスを提供するものとして、すでに WhatsAppKik といったアプリケーションが存在している。しかし、Sammy のオファーは充実しており、また、多数の OS と、120ヶ国と、62種類の言語にまたがるという、きわめて煩雑な作業も完了している。 そして更に、ガラケーに特化した、変種さえ提供すると思われる。 挙句の果てに、同様の機能を PC に提供する、Web ベースのバージョンも計画していると、Samsung は発言している。

ーーーーー

TAG indexご存知のように、Samsung と HTC は、ユニークでパワフルな Android デバイスをグローバル・マーケットに販売し、莫大な外貨を世界中から稼ぎ集めています。 そして、さらに、Samsung の場合は、ChatON というグローバル・サービスを展開し、HTC の場合は Facebook Phone ならぬ Weibo Phone により、中国進出を活性化するという、独自の視点による新しいビジネスを開拓し始めています。 同じアジアの人間として、両者に対してエールを送る一方で、なぜ 日本では? ・・・ という疑問が、いつも脳裏をかすめてしまう Agile_Cat なのです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Android のアプリは、Top-10 が 43% を、Top-50 が 61% を占める!
United 航空さま – iPad を 11,000 枚 – お買い上げ有難うございます
EU 法廷の Apple – Samsung 対決で、Galaxy は自由を得たのか?
モバイル特許の相関図は 込み入っていて、まるで地下鉄マップのようだ!
HP が webOS をあきらめた背景を説明しよう – Gigaom

 

VMworld – Maritz – レガシー・アプリケーションは、もう口紅では繕えない

Posted in .Selected, Events, PaaS, VMware by Agile Cat on August 30, 2011

VMware’s Maritz: No more putting lipstick on legacy apps
By
Derrick Harris Aug. 29, 2011, 6:39pm PT
http://gigaom.com/cloud/vmwares-maritz-no-more-putting-lipstick-on-legacy-apps/

_ Gigaom

Speaking to a jam-packed room of thousands, VMware CEO Paul Maritz kicked off today’s VMworld conference by declaring, once again, the advent of the cloud era. If you don’t believe him, just look at the numbers. As Maritz highlighted, there are now more virtual workloads deployed worldwide than there are physical workloads. There is 1 VM deployed every six seconds. There are more than 20 million VMs deployed overall.

今日、VMware CEO である Paul Maritz は、すし詰め状態になっている数千人のオーディエンスに、クラウド時代の到来を改めて宣言することで、VMworld カンファレンスをキックオフした。 もし、彼が信じられないなら、この数字を見るべきだ。 Maritz が強調したように、いまや、世界中に展開された仮想サークロードは、物理的なワークロードよりも多いのだ。 6秒ごとに、1つの VM がディプロイされていく。 そして、ディプロイされた全ての VM の数は、2000万以上に達しているのだ。  

Assuming that most of those are running atop some version of VMware’s hypervisor, there’s a lot of reason to care what Maritz has to say about the future of the cloud. His company will have a major role in defining the transition from virtualization to cloud computing.

それらの大部分が、VMware ハイパーバイザーの各バージョン上で実行されるなら、Maritz が語るクラウドの未来は、傾聴すべきものとなる。 そして、仮想化からクラウド・コンピューティングへ向けた移行の定義で、VMware は主要な役割を受け持つだろう。

Maritz noted that there’s a lot of hype around the cloud, even acknowledging that “We at vmworld are not immune to cloud fever,” but it’s more than just a fad, he said. Maritz thinks there are three very profound, and very real, forces driving the move to cloud computing: modernization of infrastructure; investment in new and renewed applications; and entirely new modes of end-user access.

Maritz は、クラウドの周辺に数多くの誇大宣伝があることを指摘し、「 VMworld に集まった私たちもクラウド熱に免疫がない」とさえ認めている。 しかし、単なる流行よりも、多くの事柄があるとも言う。 Maritz は、クラウド・コンピューティングへと向かう推進力について、きわめて深遠で現実的な、3つの事柄を考えている。それらは、インフラストラクチャの近代化であり、新規あるいは刷新されたアプリケーションへの投資であり、完全に新しいエンドユーザー・アクセス・モードのことである。

However, there’s a big difference between what drove the world to deploying 20 million VMs and what will drive it to modernize infrastructure even further with the cloud. Consolidation largely drove the move to virtualization, but applications and mobile devices will drive the move to cloud computing.

しかし、2000万の VM をディプロイしてきた推進力と、クラウドを見据えた近代的なインフラストラクチャをディプロイする推進力には、現実世界との距離感において、大きな隔たりがある。 仮想化への移行を、主として促進させたのはコンソリデーションである。 しかし、クラウド・コンピューティングへの移行をドライブするのは、アプリケーションとモバイル・デバイスになるだろう。

On the application front, Maritz looks to “canonical applications.” “When canonical applications change, that’s when you see really profound change [across the computing ecosystem],” Maritz said. He pointed to bookkeeping applications as indicative of the mainframe era, and to ERP, CRM and e-commerce as the defining applications of the client-server era.

そのようなアプリケーションの最優先項目として、 Maritz は「規範的アプリケーション」に目を向けている。 「規範的アプリケーションが変化するとき、ほんとうに深遠な変化が(コンピューティング・エコシステムの随所で)見えてくる」と、Maritz は言う。 彼は、メインフレーム時代の指標として経理アプリケーションを挙げ、また、クライアント・サーバ時代を特徴づけたアプリケーションとして、ERP/CRM/eCommerce を指摘した。

Real-time and high-scalability capabilities — both in terms of traffic and data — are driving the development of new applications. Being able to analyze data days after it’s generated, or to adapt to new traffic patterns within days, just isn’t good enough anymore. We can’t keep “putting lipstick around” current applications and expect them to meet these new demands, Maritz said.

リアルタイムとハイ・スケーラビリティの能力が、トラフィックとデータの観点において、新しいアプリケーションの開発を促進させている。 生成されたデータを数日内に分析することや、新しいトラフィック・パターンに数日内に順応することでは、もはや不十分である。 現在のアプリケーションに 「口紅をつけて」維持していくことや、新しい要求を充たしていくことには無理がある、と Maritz は言う。

How we write those applications also will be critical, because they’ll have to run on a variety of non-PC devices. We’re approaching the intersection of consumerization and next-generation enterprise IT, Maritz explained, which means that companies like VMware have to plan for very serious change. Running enterprise applications on consumer devices, especially of the mobile variety, is a big change.

それらのアプリケーションを記述していく方式も重要になる。なぜなら、それらのアプリケーションは、多様な非 PC デバイス上で動く必要があるからだ。 私たちは、コンシューマ化と次世代エンタープライズの IT 交差点へアプローチしており、また、VMware のような企業は、きわめて重大な変化に対して、きわめてシリアスに準備しなければならないと、Maritz は説明した。 エンタープライズ・アプリケーションを、コンシューマ・デバイス上で実行することが、とりわけ多様なモバイルで実行することが、大きい変化である。

They’ll have to embrace things such as HTML5 to enable cross-platform applications, and new programming frameworks to attract young developers that demand a simple, dynamic development experience. Companies will also have to figure out how to secure corporate data against the myriad threats that accompany employees downloading apps willy-nilly and operating often on unsecured (0r at least less-secured) networks. VMware CTO Steve Herrod actually will be highlighting VMware’s role in the mobile ecosystem at our Mobilize conference next month, and it’s safe to assume these will be among the topics he addresses.

たとえば、HTML5 のような、クロス・プラットフォームのアプリケーションと、新しいプログラミング・フレームワークを受け入れなければならないだろう。それにより、シンプルでダイナミックな開発エクスペリエンスを求める、若いデベロッパーたちを惹きつける。 企業サイドとしても、コーポレート・データを無数の脅威から守る方式について、理解しなければならないだろう。その時には、従業員によるアプリケーションのダウンロードを否応なく受け入れ、時には、セキュアとは思えない(少なくともセキュリティ・レベルが低い)ネットワーク接続が生じることになる。 VMware CTO である Steve Herrod は、来月に Gogaom が主催する Mobilize カンファレンスで、モバイル・エコシステムでの VMware の役割を強調し、彼が取り組むトピックにおいて、それらがセキュアだと推測するだろう。

Maritz, of course, thinks VMware has strong plays in all of these spaces — vSphere, Cloud Foundry, Horizon, the list does on — and he highlighted them. However, as my colleague Stacey Higginbotham pointed out while highlighting the key VMworld trends, VMworld isn’t alone in making this realization. It has major competition, including from companies like Microsoft that know both the enterprise and the consumer spaces very well.

もちろん Maritz は、それら全ての空間で VMware が力強く機能していると考え、また、vSphere/Cloud Foundry/Horizon といったラインアップを強調した。 しかし、私の同僚である Stacey Higginbotham が指摘するように、VMworld のキートレンドを強調しても、こうした変革は VMworld 単独で達成できるものではない。つまり、エンタープライズとコンシューマの領域で、広く認識されている Microsoft などと、大きな戦いを繰り広げなければならないのだ。

Every year at VMworld, Maritz highlights the movement toward cloud computing and how VMware is driving that migration. In large part, he’s right every time on the latter point. Now that almost everyone is on board with Maritz’s vision, though, I’m interested to see how long VMworld, and VMware in general, continues to drive the discussion around the future of IT.

VMworld では毎年、 クラウド。コンピューティングへ向けた移行と、それを促進する VMware を、Maritz が強調してきた。 大まかなところで、彼が指摘するポイントは、つねに正しい。 いまでは、ほとんどの人々が Maritz のビジョンに乗っているが、どれだけ長く VMworld と VMware が魅力的であり、また、未来の IT をめぐる論議を促進させるのか、その点に私は興味を覚える。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

 

 

ーーーーー

imageこれと言って、VMware を贔屓するつもりはありませんが、Maritz の話を楽しみながら、未来の IT を想像するのは、とても楽しい事です。 Ray Ozzie が愛想を尽かして辞めてしまってからというもの、次のオピニオン・リーダ-は誰にと、すこし心配してしまいましたが、さすが Paul Maritz、たいしたものという感じです。引き続き、VMworld に注目していきたいです。 ーーー  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Dell クラウドの 第一弾は VMware に決定! 第二弾で Azure と Openstack
VMware が目指す、クラウド OS への道とは?
VMware による仮想化の実績を、インフォグラフで視覚化する
VMware は Socialcast を買収し、その SaaS 戦略にマイクロブログを加える
NYSE と EMC と VMware が、ウォール・ストリートに浮かべるクラウドとは?
VMware を分析すると、OS を持たない 新しい Microsoft に見えてくる
Dell は OpenStack を、Lotus 1-2-3 のように簡単にする!

 

Dell クラウドの 第一弾は VMware に決定! 第二弾で Azure と OpenStack

Posted in Dell, Microsoft, OpenStack, VMware by Agile Cat on August 30, 2011

Dell launches a VMware-based cloud; Azure next
By Derrick Harris Aug. 29, 2011, 6:02am PT
http://gigaom.com/cloud/dell-launches-a-vmware-based-cloud-azure-next/

_ Gigaom

Dell has officially become a cloud computing provider with the launch of an Infrastructure as a Service cloud built atop VMware technology. The move is just the first in Dell’s three-pronged IaaS attack, which will soon include clouds based on the Microsoft Windows Azure and OpenStack platforms. While Dell is busy adding a strong software play to its flagship server business, it looks to be rebuilding that business model in the cloud.

Dell は、VMware テクノロジー上で IaaS を立ち上げることにより、オフィシャルにクラウド・コンピューティング・プロバイダになった。 この動きは、Dell における 三分岐 IaaS アタックの第一弾となり、 Microsoft Windows Azure と OpenStack のプラットフォームも早急に取り込まれていく。 Dell は、そのフラッグシップ・サーバー・ビジネスに、強力なソフトウェア・プレイヤーを加えていくのに忙しい。しかし、その一方で、クラウドにおけるビジネス・モデルを、Dell は再構築しているようにも思われる。  

VMware first

imageAccording to Mark Bilger, VP and CTO of Dell Services, the initial VMware-based cloud is part of a broader partnership that also includes helping customers build, deploy and manage both private and hybrid clouds. Based on VMware’s vCloud family of products for cloud management, Dell is attempting to add value by integrating its recently acquired SecureWorks lineup of products and services into the offering.

Dell Services の VP and CTO である Mark Bilger によると、最初にスタートする VMware ベースのクラウドは、プライベート/ハイブリッド・クラウドの構築/展開/管理に関するサポートも含む、幅広いパートナーシップの一部になる。 Dell は、VMware プロダクトである、vCloud ファミリーのクラウド・マネージメントをベースとし、また、最近に買収した SecureWorks のプロダクト/サービス・ラインナップを統合することで、その価値を高めようとしている。

Although it’s an IaaS cloud, which means that it’s used for obtaining virtual computing and storage resources on demand, Bilger said that the VMware-based offering isn’t meant to be a competitor to Amazon Web Services’ popular Elastic Compute Cloud. Dell’s cloud has three pricing levels — pay-as-you-go, reserved and dedicated — but Bilger said the pricing model is meant to make the latter two look more appealing. Those two options include a lower hourly cost per VM, but they require one-year commitments at a minimum resource level. The pay-as-you-go option is best suited for testing the service before signing up longer-term, said Bilger.

このサービスは、バーチャル・コンピューティングとストレージ・リソースを、オンデマンドで提供する IaaS クラウドであるが、 VMware ベースの提案は、Amazon Web Services の Elastic Compute Cloud と競合するものではないと、Bilger は発言している。 Dell のクラウドは、Pay-as-you-go/Reserved/Dedicated という 、3種類の価格設定レベルを持ち、Reserved/Dedicated を魅力的にするために価格モデルになっていると、Bilger は言う。 この 2つのオプションは、時間あたりのコストが VMware よりも低く設定されているが、最小リソース・レベルにおいて、1年間のコミットを必要とする。 また、Pay-as-you-go は、その後の長期的なサービスに入る前の、テストに最適だとも言う。

The pricing model is a among the biggest differences from the pay-as-you-go-based Amazon EC2, but longer-term contracts aren’t uncommon among VMware vCloud partners targeting enterprise workloads. One has to suspect Dell’s forthcoming Windows Azure and OpenStack-based offerings will offer better pay-as-you-go offerings to compete more directly with their natural competitors such as AWS, Rackspace, GoGrid and Microsoft itself.

この価格決定モデルは、Pay-as-you-go ベース Amazon EC2 とは、大きく異なる位置付けとなるが、長期の契約に関しては、エンタープライズをターゲットにした VMware vCloud パートナーの中で、異質の存在となる。そして、今度の提供となる Windows Azure および OpenStack をベースとしたサービスでは、AWS/Rackspace/GoGrid/Microsoft といったコンペティタとの競合において、さらに優れた Pay-as-you-go を提供していくと思われる。

Azure, OpenStack next

imageBilger said that clouds based on Microsoft Windows Azure and the open source OpenStack platforms will come in the next several months. The VMware-based cloud came first because of VMware’s large footprint potential business customers. Dell’s mantra has been “open, capable, affordable,” he added, which is why the company is building such an expansive portfolio of cloud computing services. Often, he noted, “customers have a bent for one [cloud] or another,” so Dell wants to be able to meet their needs.

また Bilger は、Microsoft Windows Azure と OSS である OpenStack という、別のプラットフォームをベースにしたクラウドが、今後の数カ月で登場すると発言している。 この VMware ベース・クラウドが最初にくるのは、潜在的なビジネス・カスタマに対する、VMware の大きな足跡が理由となる。これまでの Dell の持論は、「オープンと、能力と、使いやすさ」であったが、クラウド・コンピューティング・サービスのための発展的なポートフォリオを、Dell が作成している理由も加わってくる。彼は顧客について、[ クラウドへ向かう傾向もあれば、別の方向を向かう傾向もある。したがって、Dell は、それらのニーズを充たすようになりたい ]と、頻繁に指摘してきた。

The data center is the new server

That strategy is an awful lot like Dell’s traditional strategy of selling servers full of other vendors’ software and components, only at a much larger scale. In this case, the data center is the computer. VMware’s vCloud, Windows Azure and OpenStack are essentially the operating system choices for this new model of obtaining IT infrastructure. An all-too-easy analogy is that Windows Azure is the new, well, Windows, and OpenStack is the new Linux. VMware vCloud is the new kid on the block that might well dominate in terms of market share.

この戦略は、他ベンダーのソフトウェアとコンポーネントで充たされた、サーバーを販売していくという、 Dell の伝統的な戦略にそっくりであるが、そのスケールが拡大している。 この場合、データセンターがコンピュータになる。 VMware の vCloud および、Windows Azure、OpenStack は、IT インフラストラクチャの新しいモデルにおいて、欠かすことのできないオペレーティング・システムの選択枝である。 あまりにも簡単だが、Windows Azure は新しい Windows であり、OpenStack は新しい Linux であると、比喩することも可能である。 そして VMware vCloud は、マーケット・シェアという観点で支配していくだろう、ビルディング・ブロックの新しい子供である。

Dell’s platform providers certainly see the opportunity to relive past successes in the cloud, too, which is why all three are building ecosystems of providers to distribute their platforms to as broad an audience as possible. Among their early distribution partners are fellow server makers Fujitsu and, potentially, HP.

Dell のプラットフォーム・プロバイダたちが、クラウドにおいても、その成功した過去を、再現したがっているのは確実である。そして、それらの成功とは、プロバイダにおけるエコシステムと、そのプラットフォームに提供、そして、可能な限り広範囲のユーザーにリーチするという、3つのポイントで構成される。 こうしたアーリー・アダプターの中には、サーバー・メーカー である Fujitsu が居て。また、潜在的には HP も居る。

Bilger said Dell looked “very deeply” at one revolutionary technology to power a cloud offering, but ultimately decided that although it was highly efficient and very good, that platform required too much application-level change to make it a success among corporate customers.

Bilger は 、パワフルなクラウドを提供するための、革命的なテクノロジーの深部まで確認していると言う。そこでは、コーポレート・ユーザーを成功に導くために、プラットフォームのアプリケーション層に、相当量の変更を加えていくことになるが、優れた効率と結果をもたらすため、最終的には、それを採用することに決めている。

There is one key difference between the server business and the IaaS business, though. Bilger noted that it took some time for Dell and Microsoft to form a solid cloud partnership because — in a big switch from its server OS business — Microsoft also sells Windows Azure directly from its own data centers. And OpenStack is a bit different from Linux, he explained, because it takes a fair amount of effort upfront to make it fit for a service offering versus simply installing Linux on a box.

しかし、同社における、サーバー・ビジネスと IaaS ビジネスには大きな相違点がある。 Dell と Microsoft が緊密なクラウド・パートナーシップを構築するには、時間が必要になると Bilger は指摘している。なぜなら、サーバー OS ビジネスからの大きな路線変更が必須となり、また、Microsoft のデータセンターから、Windows Azure が販売されているからである。 そして OpenStack に関しても、Linux とは少し異なると説明する。Linux の単純インストールと比べて、そこで提供されるサービスに対して、前もって OpenStack を適合させるための、フェアな作業が必要になると、彼は言う。

However, it’s still a while before either of those options see the light of day. Dell’s VMware vCloud offering is available for public beta next month and will be generally available in the fourth quarter, Bilger said.

しかし、それらのオプションが日の目を見るまでには、少しの時間が必要である。 そして、Dell による VMware vCloud の提供は、来月にはパブリック・ベータとして提供が可能となり、また、2011年 Q4 には正式運用に入るだろうと、Bilger は言っている。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

imageものすごく、クラウドにリアリティを感じられる話ですね。 そして、あらためて認識するのが、ここで一番手をとった VMware の実績と評価です。 つい一年ほど前に、クラウドへの取り組みを明らかにした VMwareですが、その後の拡張と企業買収により、あれよあれよという間に、クラウド先頭集団に追いつき、追い越してしまいました。 そして、驚くべきは、この短期間で VMware を主要クラウド・ベンダーの地位に押し上げた、Paul Maritz の手腕です。 面白い展開になってきましたね! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

VMware が目指す、クラウド OS への道とは?
VMware による仮想化の実績を、インフォグラフで視覚化する
VMware は Socialcast を買収し、その SaaS 戦略にマイクロブログを加える
NYSE と EMC と VMware が、ウォール・ストリートに浮かべるクラウドとは?
VMware を分析すると、OS を持たない 新しい Microsoft に見えてくる
Dell は OpenStack を、Lotus 1-2-3 のように簡単にする!

Akamai の 61,000 台のサーバーは、70カ国で 1,000 Networks をサポートする

Posted in .Selected, Data Center Trends, Network by Agile Cat on August 29, 2011

Paper: The Akamai Network – 61,000 servers, 1,000 networks, 70 countries
Thursday, August 18, 2011
http://highscalability.com/blog/2011/8/18/paper-the-akamai-network-61000-servers-1000-networks-70-coun.html
Update: as of the end of Q2 2011, Akamai had 95,811 servers deployed globally.

_ highscalability

Akamai is the CDN to the stars. It claims to deliver between 15 and 30 percent of all Web traffic, with major customers like Facebook, Twitter, Apple, and the US military. Traditionally quite secretive, we get a peak behind the curtain in this paper: The Akamai Network: A Platform for High-Performance Internet Applications by Erik Nygren, Ramesh Sitaraman, and Jennifer Sun.

Akamai は、スターとなっていく CDN である。 そして、全 Web トラフィックの 15~30 % を、Facebook/Twitter/Apple/米軍といった主要な顧客のために配信している主張する。 伝統的に、きわめて秘密主義であるが、この、Erik Nygren と、Ramesh Sitaraman、Jennifer Sun によるペーパー [ The Akamai Network: A Platform for High-Performance Internet Applications ] からは、そのカーテンに隠れたピークに関する情報が得られる。

Abstract:

imageComprising more than 61,000 servers located across nearly 1,000 networks in 70 countries worldwide, the Akamai platform delivers hundreds of billions of Internet interactions daily, helping thousands of enterprises boost the performance and reliability of their Internet applications. In this paper, we give an overview of the components and capabilities of this large-scale distributed computing platform, and offer some insight into its architecture, design principles, operation, and management.

70カ国を結ぶ 1,000 にも届くネットワーク上に、約 61,000 台以上のサーバーを配置することで、Akamai は構成されている。そのプラットフォームは、1日あたり 1000億のインターネット・インタラクションを処理し、顧客であるエンタープライズの、アプリケーションのパフォーマンスと信頼性を引き上げている。 このペーパーでは、私たちの大規模分散コンピューティング・プラットフォームの、構成要素と能力に関する概要を提供し、アーキテクチャに関する若干の洞察、そしてデザインの原則/運用/管理についても、紹介していく。

Delivering applications over the Internet is a bit like living in the Wild West, there are problems: Peering point congestion, Inefficient communications protocols, Inefficient  routing  protocols, Unreliable networks, Scalability, Application limitations and a slow rate of change adoption. A CDN is the White Hat trying to remove these obstacles for enterprise customers. They do this by creating a delivery network that is a virtual network over the existing Internet. The paper goes on to explain how they make this happen using edge networks and a sophisticated software infrastructure. With such a powerful underlying platform, Akamai is clearly Google-like in their ability to deliver products few others can hope to match.

インターネット上でアプリケーションを配信するということは、フロンティア時代の西部に住むようなものであり、また、問題を抱えることになる。つまり、渋滞するポイントや、非効率な通信とルーティングのプロトコルを凝視し、また、当てにならないネットワークや、スケーラビリティ、アプリケーション、そして回線能力の低下などに対処しなければならない。 CDN は、それらのエンタープライズ顧客から、障害を取り去ってくれる正義の味方である。 彼らは、既存のインタ-ネット上に、仮想ネットワークを作ることで、それを実現しようとしている。 このペーパーは、最先端のネットワークと洗練されたソフトウェアによるインフラストラクチャを用いて、何を構成するのかという、興味深い視点から説明してくれる。 Akamai の基礎は、このようにパワフルなプラットフォームであり、また、特定の企業にマッチするプロダクトを提供し、まるで Google のようなパフォーマンスを実現してくれる。

Detailed and clearly written, it’s well worth a read.

詳細を明瞭に語ってくれる、このドキュメントは必読である。

Related Articles

 

 

ーーーーー

imageこのところ、日本でも注目を浴びている Akamai ですが、西部劇に登場してくる正義の味方とは、なかなか上手い表現ですよね。 CDN に注目している大手である、Google や Amazon、そして Microsoft は、それを自前で用意しているようですが、たとえば Apple などは、Akamai の大口顧客のようです。 最近は Amazon および Microsoft の CDN を利用するのでは、というウワサまで出てきています。 以下の関連リンクは、最近の Akamai を知る上で、どれも面白いですよ :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Rackspace と Akamai が、CDN サービスで提携
Apple は iCloud を加速させるために、Amazon と Microsoft を利用するのか?
Akamai がダウンすると、インターネットも道連れに?
アメリカ 大手 データセンターの、2011 Q2 収支報告と株価

Android のアプリは、Top-10 が 43% を、Top-50 が 61% を占める!

Posted in Businesses, Google, Mobile, Research by Agile Cat on August 29, 2011

Nielsen: Most Android apps used sparingly
By
Ed Oswald | Published August 18, 2011
http://www.betanews.com/article/Nielsen-Most-Android-apps-used-sparingly/1313712133

_ beta news 

Apple and Google like to puff out their chest frequently on the number of apps in their respective app stores. But a new study from Nielsen suggests that may be irrelevant.

Apple と Google は、それぞれのアップ・ストアに登録されるアプリケーションの数に、いくどとなく期待に胸を膨らませるようにみえる。 しかし、Nielsen による最近の調査は、それが重要ではないかもしれないと示唆している。

Android users spend 43 percent of their time on the top 10 apps, and 61 percent on the top 50. This means the over 249,000+ apps that make up the rest of the Android Market are fighting over that remaining 39 percent of user’s short attention spans on their mobile phones.

Android ユーザーは、その利用時間の 43% を TOP-10 のアプリに、そして 61% を TOP-50 のアプリに費やしている。 つまり、Android Market における残りの部分を構成する 249,000 本以上のアプリが、39% の時間内で争っていることになるが、そもそも、ユーザーモバイルフォンに費やす時間自体が長いものではない。

According to a check of the Android Market as of Thursday, top apps included Facebook, Kindle, YouTube, Google Maps, Pandora, and Skype. Given these apps are quite popular off of the mobile phone, it shouldn’t be too surprising that they’re equally popular in their mobile form.

この木曜日(8/18)の時点における Android Market のチェックによると、それらの Top アプリには、Facebook や、Kindle、YouTube、Google Maps、Pandora、Skype などが含まれている。 それれらのアプリが、このモバイル・マーケットで、とても人気者だとすれば、それぞれのユーザーが等しく好んでいても、驚くべきことではない。

Users also seemingly prefer to use the app version of a service over its mobile web counterpart. Nielsen said it found Android users spending an average of 56 minutes per day interacting with web and apps on their devices. Of that time, 67 percent of it is spent on apps, and 33 percent of the time on the mobile web.

さらにユーザーは、モバイル Web のカウンター・パートよりも、そのサービスのアプリ・バージョンを好んで使うようだ。 Nielsen の説明によると、Android ユーザーは、そのデバイスの Web と アプリに触れるために、1 日平均で 56分を費やしているという。そして、時間の内訳だが、全体の 67% がアプリに、また、33% がモバイル Web に費やされている。

ーーーーー

TAG indexAgile_Cat の場合は、モバイルでアプリの利用といっても、その大半がソーシャルと、ブログのブラウジング、そしてドキュメント参照に集約されています。 そうなると、Facebook と、Twitter と、Tumbler 用のアプリがあれば、さらに Web 用の Opera Mobile と、ドキュメントの用の Evernote があれば、大半のことがすんでしまいます。とは言え、sky.fm アプリみたいなものを見つけると、小躍りして喜んでしまうわけで、この辺りの高品質アプリへの集約と、数えきれないほどの小物アプリのバランスというのも、とても難しい話ですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

EU 法廷の Apple – Samsung 対決で、Galaxy は自由を得たのか?
さよなら Dell Streak 5、Ice Cream Sandwich に恋してしまったの・・・
オープン性という観点で、最低の評価を受けてしまった Android
2016 年までに 21 億台の、HTML5 対応モバイルが市場に溢れる
快速 Galaxy S2 は、3ヶ月で 500万台!

 

必見 – 人々はクラウド・ストレージに、何を望むのかという調査の結果

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, Miscs, Research by Agile Cat on August 28, 2011

Yes, Virginia, people do keep their information in the cloud
By
Stacey Higginbotham Aug. 9, 2011, 8:30am PT
http://gigaom.com/broadband/yes-virginia-people-do-keep-their-information-in-the-cloud/

_ Gigaom

Call it a personal cloud or a digital locker. People like keeping stuff online.

それを、「Personal Cloud」もしくは「Digital Locker」と呼ぶことにする。 このオンライン・ストレージに、人々はデータを保存したいと望んでいる。

ーーーーー

Four out of five people are aware of the terms “personal cloud” or “digital locker,” and only one in 10 didn’t have any idea what those services might be for, according to a survey from Funambol. However, those who are aware of the terms are also big users of the “Facebook cloud” (at 76 percent) and the “Google cloud” (at 75 percent). Essentially, the survey looked not at clouds as the title suggests, but measured how comfortable people are with keeping their data and files online.

5人 に 4人が、「Personal Cloud」や「Digital Locker」といった用語を認識している。そして、10 人に 1人の割合で、それらのサービス理解していない人がいるという、Funambol による調査の結果がある。 しかし、それらの人々であっても、大量のユーサーを抱える 「Facebook cloud 76%」 や 「Google cloud 75%」 という用語は知っている。本質的に、このタイトルが示唆するように、この調査はクラウドを調べるものではないが、人々のデータとファイルがオンライン上に保管されることで、どれだけの利便性が得られるのかという、測定結果をもたらしている。

imageIt turns out most folks are very comfortable with doing this: Even when asked about more “pure-play” cloud services such as Dropbox, 47 percent of those asked were already using such services. Funambol, which provides white-label online storage services, asked 232 people from its email list a few questions about personal clouds (only 5 of those surveyed used the service). The respondents were mostly males in their 30s.

その利便性を測定するためには、以下のような回答が有益となる。たとえば、Dropbox のような純粋なクラウド・サービスについて質問したときも、このようなサービスを使っている人々が、回答者の 47% に達するという結果が得られている。 それは、White-Label オンライン・ストレージ・サービスを提供する、Funambol が実施した調査の結果である。 同社は、自身の電子メール・リストから 232人を抽出し、パーソナル・クラウドに関するいくつかの調査を実施した(同社のサービスを利用している人は、わずか 5人に過ぎなかった)。 そして、そのときの回答者は、主として30代の男性だったとされる。

注記: White-label providers – Wikipedia より

Three-quarters of those surveyed said they expected to use such digital lockers in the future, mostly so they could access their files, music and contacts across a variety of devices (89 percent cited that motivation). Seventy-one percent also thought that it made a nice backup, and 48 percent said it made it easier to share information. So it seems that people want access to their own media on all of their devices, don’t want to lose it when a hard drive dies and less than half are thinking about collaboration or sharing content. If the driving factor of cloud adoption in the enterprise is agility, for consumers it’s about convenience.

調査対象となった人々の 3/4 が、自身のファイル/ミュージック/コンタクトなどを保存するために、多様なデバイスにまたがる(89% が動機として挙げている)かたちで、それらのデジタル・ロッカーにアクセスしたいと望んでいる。そして、71% が洗練されたバックアップのために、また、48% が容易な情報共有のために、それらを利用したいと答えている。 したがって、すべての所有するデバイスを介して、人々は自身のメディアにアクセスし、ハード・ドライブが故障しても、それを失いたくないと願っていることが分かる。 そして、半分弱の人々が、コラボレーションやコンテント共有について考えている。 エンタープライズにおいて、クラウドを適用していく要因がアジリティにあるとするなら、コンシューマにおける要因は、利便性にある。

クリックで拡大 ⇒

But consumers need to feel their data is both secure (75 percent cited this as a concern) and kept private, even though a mere 2 percent of folks surveyed said they won’t use the cloud because they were worried about privacy. For the most part, convenience was the biggest factor in cloud use, combined with a desire to get as much storage as possible for the cheapest amount: A little over two-thirds — at 67 percent — were willing to pay for their access to a digital locker, with the most popular price point being $5 per month. That prices assumes that a personal cloud account provided a sufficient amount of storage, with 50 GB being the most common example.

しかし、消費者たちは、自らのデータのセキュリティとプライバシーが(心配事として 75% が挙げている)、セキュアだと思えることが条件だと言う。そして、調査対象者の 2% のみが、プライバシーの心配から、クラウドは使わないだろうと答えている。 全体的に見て、クラウド利用の最大の要因は利便性にあり、可能な限り大容量のストレージを、最も安価に使いたいという願望を伴っている。 それらに人々の 2/3 に該当する 67% が、デジタル・ロッカーへの有料アクセスを厭わないというが、$5/月という最も一般的な価格を、大半が支持している。 なお、この価格は、パーソナル・クラウドにおける個々のアカウントに対して、充分だと思われる 50 GB のストレージ容量が提供されることを想定している。

Rather than provide new insights with regard to personal clouds, the survey confirmed what many of us already know: that people want to store stuff online, for it to be kept secure and to not have to pay a lot for it. And this set of desires has only gained in urgency as people carry around smartphones and tablets that are also connected to the web and thus able to offer access to more content and applications.

この調査は、パーソナル・クラウドに関する新しい洞察を提供するというより、人々に蓄積された知識の確認を主眼としている。つまり、それがセキュアであり、多額の費用を請求しないのであれば、人々はデータをオンラインに、ストアしたいと望んでいる。 そして、人々がスマートフォンやタブレットを持ち歩き、それらが Web に接続されるにつれて、この 2つの要求のセットは緊急性を帯びてくる。そして、さらに多くのコンテントをアプリケーションへのアクセスが実現されていく。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

TAG indexこの調査を主催した Funambol の立ち位置を考えると、スキルの高い回答者が集まったという感じがありますが、たとえば Apple の iCloud が登場するだけでも、多くの人々の意識が変化していくと予想されます。 そして、Agile_Cat 的に注目したいのは、89% の人々が、デバイスのクロス・プラットフォーム化を望み、適切なサービスであれば $5/月までの対価は妥当と考えている点です(もちろん Security & Privacy が大前提)。そして、この条件が、Evernote のプレミアム契約と、ほぼ合致している点にも注目したいです。 そんな風に、アレコレ考えていくと、この調査結果には、とても興味深いものが含まれているように思えてきます。 ーーー PC という用語の意味が、Personal Computer から Personal Cloud へと置き換わるのも、それほど先のことではないのでしょうね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iCloud はクラウドではないが、クラウドに福音をもたらす
クラウドへ行ったら、もう ファイルなんか触らないぞ!
クロス・プラットフォームへの賛同票を、500万人から集めた Evernote !
2011 年の クラウド API について、5 つのポイントを予想する

Google Street View が、アマゾン流域に展開されるらしい!

Posted in Google, Weekend by Agile Cat on August 28, 2011

Google Brings Street View to the Amazon
5:30 AM – August 23, 2011 – By
Jane McEntegart 
The Amazon rainforest is about to get the Google Street View treatment.
http://www.tomsguide.com/us/Street-View-Amazon-Rainforest-River-Pictures,news-12240.html

_ toms guide

Google Street View is an awesome tool for planning trips, mapping out journeys and even just seeing places you wouldn’t otherwise have the chance to see. You can check out London’s Piccadilly Circus, the Sydney Opera House, the Eiffel Tower, the penguins of Antarctica, and the Guinness Brewery without ever leaving your home. Soon, you’ll be able to add the Amazon rainforest to that list.

Google  Street View は、旅を計画するとき、また、旅程を綿密に企画するときに、驚嘆に値するツールとなる。 そして、さらに、普通では行くことのできない場所を、見ることさえ可能にしてくれる。 いまでは、家に居ながらにして、London の Piccadilly Circus や、Sydney の Opera House、Eiffel Tower、南極のペンギン、Guinness ビール醸造所などをチェックできる。 そして間もなく、リストに Amazon の熱帯雨林が加わることになる。

"A few members of our Brazil and U.S. Street View and Google Earth Outreach teams are currently in the Amazon rainforest using our Street View technology to capture images of the river, surrounding forests and adjacent river communities," Karin Tuxen-Bettman of Google Earth Outreach and Karina Andrade of Google Street View revealed today via the official Google blog.

「 Brazil と U.S. にいる、Street View と Google Earth Outreach のチームの何人かが、河川の画像および、それを取り巻く森林、そして水辺のコミュニティを、Street View テクノロジーを用いてキャプチャするために、Amazon の熱帯雨林にいる」と、Google Earth Outreach の Karin Tuxen-Bettman と、Google Street View の Karina Andrade が、オフィシャルな Google ブログを介して、今日、明らかにした。

"In partnership with the Amazonas Sustainable Foundation (FAS), the local non-profit conservation organization that invited us to the area, we’re training some of FAS’s representatives on the imagery collection process and leaving some of our equipment behind for them to continue the work. By teaching locals how to operate these tools, they can continue sharing their points of view, culture and ways of life with audiences across the globe."

「 この地域に私たちを招待してくれた、地元の環境保護 NPO である Amazonas Sustainable Foundation(FAS)とのパートナーシップにおいて、FAS の担当者たちにイメージ収集のプロセスを教え、また、継続的な作業を実現するために、いくつかの機材を残してくるつもりだ。 地元の人々に、それらの機材の操作方法を教えることで、彼らは地球の裏側の人々と、視点/文化/生活様式を共有し続けることができる。」

imageGoogle and FAS will photograph a 50km section of the Rio Negro River, extending from the Tumbira community near Manaus to the Terra Preta community. The company plans to use the Google Earth Trike (a tricycle with cameras mounted on top) to maneuver through the narrow dirt paths of the Amazon villages. The search giant will also mount the camera on a boat to take photos from the perspective of the boasts floating down the river. Then they’ll begin the process of stitching together the photos to create the 360 degree panoramic shots we’re used to seeing on Google Street View.

Google と FAS は、 Manaus 近郊の Tumbira コミュニティから Terra Preta コミュニティまでの、Rio Negro River 流域 50km の範囲を撮影する。Amazon の村落を結ぶ悪路を行き来するために、同社は Google Earth Trike(トップにカメラを持つ三輪車)の利用を計画している。さらに、 川に浮かべたボートから、その眺望を撮影するために、そこにもカメラを取り付けるだろう。 こうして撮影された写真をつなぎあわせることで、Google Street View で見慣れている、360 度のパノラマ写真の作成プロセスが始まる。

ーーーーー

_weekendいやぁ~~~ これは楽しみですね。 行ってみたいとは、誰もが思う Amazon ですが、メチャクチャ遠いし、暑いだろうし、ちょっと怖そうだしと、二の足を踏みたくなりますよね。 それが、自宅にいながらにして、Google Street View で見ることができるなんて、最高にシアワセですよね。 ワクワクしてきます :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google IO 2011 での、Big Data 関連ビデオをピックアップ!
Larry Page さん、あなたのリストから Google Apps が漏れているのですが?
Google Lab がクローズするが、すべて では無いのだろうか?
Google App Engine は エンタープライズ市場で戦えるのか?

%d bloggers like this: