Agile Cat — in the cloud

Dell は OpenStack を、Lotus 1-2-3 のように簡単にする!

Posted in .Selected, OpenStack by Agile Cat on July 28, 2011

Dell wants to make OpenStack as easy as 1-2-3
By
Derrick Harris Jul. 26, 2011, 6:42am PT
http://gigaom.com/cloud/dell-wants-to-make-openstack-as-easy-as-1-2-3/

_ Gigaom

On Tuesday Dell announced a reference architecture, open-source software and services offering designed to make deploying an OpenStack-based cloud as easy as following directions. Called the Dell OpenStack Cloud solution, the collection of tools shows that OpenStack will be a driving force in the private-cloud space but also that there will be plenty of competition among vendors trying to sell companies their particular flavor of OpenStack. More and more, the Rackspace-led project looks like the Linux of cloud-computing software.

この火曜日(7/26)に Dell は、リファレンス・アーキテクチャおよび、オープンソースのソフトウェアとサービスについてアナウンスした。 それらは、OpenStack ベースのクラウドを、以下の考察のように容易に、ディプロイするようデザインされている。 それは、Dell OpenStack Cloud ソリューションと呼ばれるツールのコレクションであり、OpenStack によりプライベート・クラウドの領域をドライブするだけではなく、OpenStack フレーバーを販売しようとするベンダーたちに対して、十分な競争力を持つものとなる。 さらに言えば、Rackspace がリードするプロジェクトを、クラウド・コンピューティングにおける Linux のように感じさせてしまう。

image

クリックで拡大 ⇒

For its part, Dell’s reference architecture is based upon its PowerEdge C servers designed for cloud computing, and leverages a Dell-developed software tool called Crowbar. The latter is based on Opscode’s Chef configuration product and manages the deployment and monitoring of the OpenStack Compute and Storage components on the Dell-specified set of resources. And although the reference architecture is designed to serve as a guide, John Igoe, executive director of Dell Cloud Solutions, told me customers can simply order the Dell OpenStack Cloud Solution and Dell will take responsility for racking it, stacking it and deploying it.

その一部において、この Dell リファレンス・アーキテクチャは、クラウド・コンピューティング用に設計された PowerEdge C サーバーをベースとし、Dell が開発した Crowbar というソフトウェア・ツールを活用する。 後者については、Opscode Chef コンフィグレーション・プロダクトがベースになっており、そのディプロイメントを管理していく。 また、Dell が指定するリソース・セット上で、OpenStack の Compute と Storage のコンポーネントを、モニタリングすることも可能だ。 そして、このリファレンス・アーキテクチャが、ガイドとして役立つようにデザインされる一方で、『 顧客はシンプルに、Dell OpenStack Cloud Solution をオーダーできる。 その場合には、Racking と、Stacking と、Deploying について、Dell が責任を持つ 』と、Dell Cloud Solutions の executive director である John Igoe は発言している。  

Dell also is open sourcing Crowbar. Igoe said that means although it’s initially designed to load OpenStack onto the reference architecture, Crowbar lets users build their own “bar clamps” that extend it for specific deployments and applications.

さらに Dell は、Crowbar をオープン・ソース化する。 Igoe の発言によると、当初は自身のリファレンス・アーキテクチャ上に、OpenStack をロードするようデザインされるが、Crowbar によりユーザーは、特定のディプロイメントとアプリケーションを拡張するための、「bar clamps」を構築できるようになる。

imageOn a larger scale, Dell’s new set of offerings further proves that OpenStack will likely be a dominant force in private cloud installations. Igoe said Dell already has closed three or four deals with service providers although the package is just now available. Add that to offerings from Citrix/Cloud.com, Piston Cloud Computing and other products certain to come, and OpenStack appears inescapable as at least a consideration among companies building their own clouds.

大規模スケールにおいて、 Dell が提供する新しいセットは、プライベート・クラウドの実装においても、OpenStack が支配力を有することを証明する。 Igoe の説明によると、Dell のパッケージは提供されたばかりであるが、すでに 3~4 社のサービス・プロバイダーとのビジネスを確立しているようだ。 Citrix/Cloud.com や、Piston Cloud Computing などからの提供物に加えて、その他のプロダクトが登場してきたことで、少なくとも、独自の クラウドを構築しようとする企業から、OpenStack は逃れられないように見える。

Even Abiquo, which recently announced major revenue gains and is closing large customer deals, might support the project. Abiquo CEO Pete Malcolm told me recently that Abiquo is an OpenStack member and might consider supporting it at the infrastructure layer. That would mean customers could use OpenStack for cloud orchestration and Abiquo for self-service and other higher-level management tasks.

つい先日に、大きな収益を得たと発表した Abiquo でさえ、大口のビジネスを確立しており、このプロジェクトをサポートするかもしれない。 Abiquo の CEO である Pete Malcolm は、同社が OpenStack のメンバーであり、自身のインフラストラクチャ層において、OpenStack サポートを検討するかもしれないと発言している。 つまり、クラウド・オーケストレーションに OpenStack を、そして、セルフ・サービスや、高い抽象度でのマネージメント・タスクのために Abiquo を、顧客が利用することを意味する。

image

クリックで拡大 ⇒

However, as Igoe explained, OpenStack won’t necessarily be one big, happy family once it comes to making sales, even if its contributors are unified in the development process. He said Dell’s OpenStack Cloud Solution will utilize the Cactus code release and, ultimately, Citrix’s Project Olympus distribution, but that it won’t necessarily be advantageous to Dell to support every OpenStack distribution that comes out.

しかし、Igoe の説明によると、たとえコントリビューターたちが開発プロセスを共有するにしても、それが販売された後に、OpenStack が幸せな大家族である必要性はなくなる。 そして、Dell の OpenStack Cloud Solution は Cactus コード・リリースを用い、最終的には Citrix の Project  Olympus ディストリビューションを利用するが、これから発表される、すべての OpenStack ディストリビューションをサポートすることが、Dell のアドバンテージになる必要は無いとも発言している。

But that’s the beauty of open source software and why OpenStack looks like such a disruptive force. All the competition just means choice for customers, which makes OpenStack look like its own separate marketplace that might let them bypass even looking at proprietary software. Organizations don’t have to buy into Dell’s vision for it, or Citrix’s or anybody else’s. They’re free to choose an OpenStack product that best suits their needs, or just download the code and do what they please with it on whatever hardware they please.

それは、オープンソース・ソフトウェアの美しさであり、また、OpenStack に破壊的なパワーを感じる理由でもある。 すべてのコンペティションは、顧客による選択を意味する。 つまり、OpenStack に独自のマーケット・プレイスを持たせ、プロプライエタリなソフトウェアの存在さえ、顧客の意識から消しさるようにも思える。そして顧客には、Dell や Citrix などのビジョンを、受け入れる必要性が生じない。 つまり、自身のニーズに適した OpenStack プロダクトを選ぶなり、そのコードをダウンロードするなりし、好みのハードウェア上で、それらを自由に利用できるようになる。

Related research and analysis from GigaOM Pro:

ーーーーー

その位置づけは異なるにしても、Hadoop や Android のように、OpenStack も離陸していくのでしょう。ビジネス・モデルは様々ですが、コアとなるコードを共有することで全体的なコストを引き下げ、その分を顧客のアドバンテージとする発想は、理にかなっていますね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack を後押しする、Citrix Synergy での発表とは?
この一年で、OSS への支出が 56% に跳ね上がった
OpenStack は商用化へ向けて準備を整える
Apache Libcloud によるクラウド・スタンダードとは?
オープンソースはクラウドに適合するのか?
OpenStack の検証プロジェクトが日本で始まる – Bit-Isle / TERRAS / Midokura

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: