Agile Cat — in the cloud

Android 特急は、パテント攻撃により脱線してしまうのか?

Posted in .Selected, Google, Microsoft, Patent by Agile Cat on July 10, 2011

Can patent licensing fees derail the Android express?
By
Ryan Kim Jul. 8, 2011, 4:00pm PT
http://gigaom.com/2011/07/08/can-patent-licensing-fees-derail-the-android-express/

_ Gigaom

The Android Express has taken Google and a number of manufacturers on a dizzying ride to the top of the smartphone market. But with Android’s patent strength increasingly under fire and companies lining up for their share of licensing fees, is the platform headed off the tracks?

Android 特急は、Google 数と多くのマニファクチャーを混乱させながらも、スマートフォン・マーケットのトップへと導いた。しかし、Android の特許に対する攻撃と、ライセンス料の要求は、日増しに強まっている。 結果として、このプラットフォームを構成する企業は、脱線してしまうのだろうか?

That’s becoming more of a pressing question. As I wrote about earlier this week, Microsoft could be poised to turn Android into its next billion-dollar business if it can get enough Android licensees to agree to pay royalties due to alleged infringed use of Microsoft patents. Oracle has now reportedly stepped up a similar campaign and is approaching Android manufacturers with an offer to join an early adopters program that would have them pay $15 to $20 a handset, according to Network World, which quoted Jonathan Goldberg, an analyst with Deutsche Bank.

それは、緊急の問題になりつつある。 今週の初めに書いたように、 Microsoft は Android を、次の $1 dollar ビジネスに置き換える用意を整えている。 ただし、Microsoft の特許が侵害されたという申し立てにより、Andoroid ライセンシーが、充分なロイヤリティの支払いに同意すればの話である。伝えられるところによれば、Oracle も類似のキャンペーンを薦めており、Android マニファクチャーに対して、アーリー・アダプターのプログラムに参加するよう、もちちかけている。Network World の引用によると、Deutsche Bank のアナリストである Jonathan Goldberg は、このプログラムの参加者は、1台のハンドセットあたり $15~$20を支払うようになる、と発言している。

imageNetwork World said none of the companies has taken up the offer, which Oracle has declined to confirm. But if true, it would signal a new headache for Google. The company is being sued by Oracle over Android’s use of Java, which Oracle acquired the rights to when it bought Sun. Oracle is reportedly seeking $2.6 billion in damages in the suit.

Network World によると、Oracle はノーコメントを押し通しているが、この申し出に乗る企業は皆無である。 しかし、それが本当である場合には、Google にとって新しい頭痛の種となる。Oracle が Sun を買収したときに権利を獲得した Java の、Android 上での利用をめぐって、実際に告訴されている企業がある。 伝えられるところによれば、この訴訟において Oracle は $2.6 billion の損失を訴えている。

While Oracle may be looking to punish Google, it might be seeing a bigger prize in getting licensing fees from its Android manufacturing partners. If it can convince manufacturers that its lawsuit will prevail, it might be able to induce them into paying fees now, rather than face a potentially higher licensing fee later. It’s unclear at the end of the day how much Oracle would seek to extract from licensees. $15 to $20 could be a starting point.

Oracle が Google を叩いてい間に、Android マニファクチャーから得ようとするライセンス料は、次第に膨れあがってきている。 この訴訟において、デバイス・マニファクチャーを諦めさせることができるなら、後になって高額のライセンス料を支払うようりも、いまのうちに支払わせるという方向へ、彼らを誘導できるかもしれない。Oracle がライセンシーから、いくらを搾り取ろうと思っているのかは、その日にならなければ分からない。おそらく、$15~$20 が出発点になるのだろう。

But if Android makers feel like there’s little recourse and that they need to pay up, that could add up to a significant cost. Microsoft is getting a reported $5 from HTC on every Android smartphone and tablet it sells. It has also struck deals with a handful of other manufacturers for an undisclosed fee on each device they make and is reportedly hitting up Samsung for $15 per Android device. It’s possible Microsoft could be asking for $5 to $15 from Android makers, in line with what it charges Windows Phone 7 manufacturers. But what happens when one manufacturer starts paying out to multiple companies like Oracle, Microsoft and perhaps Apple, which is also suing some Android makers?

しかし、Android メーカーが頼りなく、支払いの必要性を認めるなら、その合計は膨大なコストになるだろう。 報告によると、Microsoft は HTC から、すべての Android スマートフォン/タブレットごとに $5 を得ている。 また、非公開ではあるが、ひと握りのマニファクチャーに対して、デバイスごとのライセンス金について交渉している。伝えられるところによると、Samsung は Android デバイスごとに、$15 の料金を要求されている。 Microsoft は Android メーカーに対して、$5~$15 を求めている可能性があるが、それは Windows Phone 7 マニファクチャーに対する課金と同レベルのものである。 しかし、Android メーカーを告訴している、Oracle/Microsoft/Apple(おそらく)といった複数の企業に対して、あるマニファクチャーが支払いを始めると、何が起こるのだろうか?

imageLarger manufacturers like Samsung may be able to absorb some of that. But it would definitely cut into the margins of bigger players and could be a big issue for smaller manufacturers. One of the promises of Android is that it’s free. But if its licensing fees pile up, eclipsing what OEMs might pay for something like Windows Phone 7 or webOS, if HP opens it up, it could cause some to reconsider how much effort they put into Android.

Samsung などの大手ファクチャーは、その一部を吸収できるだろう。  しかし、それにより、大手プレーヤーのマージンが削られるにしても、小さなマニファクチャーにとっては大問題になり得る。  Android の約束において、それは自由に使えるものとなっている。  しかし、このようなライセンス料金が積み上げられる場合には、Windows Phone 7 のようなものへの支払いが、OEM マニファクチャーたちに影を落とす。さらに、webOS を持つ HP が同調してきたら、Android に肩入れする方針を、再考せざるを得ないだろう。

Of course, we’re still a ways from that day. A lot has to happen first. Manufacturers will still need to be able to see a profitable future in other platforms. But with Google’s weaker patent portfolio in mobile — which could have been bulked up with the purchase of the Nortel patents that went to Apple, Microsoft, RIM and others — it seems like it’s increasingly open season on Android manufacturers.

もちろん、その日までには、まだ時間がある。 数多くの事象が、最初にまとめて起こるはずだ。 マニファクチャーたちが依然として必要とするのは、他のプラットフォームにおいて、利益のある未来を見ていく能力である。 しかし、モバイルにおける Google の脆弱な特許ポートフォリオにより、- それは、Apple/Microsoft/RIM などに行ってしまった Nortel 特許の購入により強化できたはずである- Android マニファクチャー狩りの解禁が、ますます迫っているように思われる。

Does this mean Android crashes to earth? Hardly. But it may just open the door for Windows Phone 7 or another competitor to come in and steal away some of Android’s momentum. Some carriers and manufacturers would quietly like to lessen their dependence on Android anyway. If things keep up and Google doesn’t have a strong answer on the patent front or a way to work around infringing intellectual property, this might give manufacturers reason to keep their options open.

それにより、Android 特急は地面にたたきつけられるのだろうか? とんでもない。 ただし、それにより、Windows Phone 7 などがドアを開けて入ってきて、Android の勢いの一部を、こっそりと盗みだすかもしれない。 いくつかのキャリアとマニファクチャーは、Android に対する依存度を減らそうとするだろう。 そのような事態が継続し、さらに、Google の特許担当が強硬な対応ができず、また、知的財産の侵害に対して取り組むべき方式を提供できないなら、そのオープンな選択肢を確保すべき理由が、マニファクチャーたちに与えられるのかもしれない。

Image courtesy of Flickr user Stephen Baack.

Related content from GigaOM Pro (subscription req’d):

 

 

 

 

 

 

ーーーーー

Google が Android で行おうとしていることは、単なるドロボウ行為なのか、それとも、富の再配分なのか? そして、IT を停滞させるのか、推進させるのか? さらに言えば、ユーザーを不幸にするのか、幸せにするのか?  ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Microsoft は昔ながらの特許訴訟をちらつかせ、Android 陣営を脅すのか?
Microsoft の Steve Ballmer という、悩ましき存在
Microsoft は Android から、Windows Phone の 5倍の利益を受け取る?
HTC – 友人としての Microsoft と、商売としての Android
Google は $1 billion 近い金額を、破産申請中の Nortel 特許権に投入する
アップルらの「包囲網」にグーグルが根負けか – ノーテル知財オークションの真相

iPad 2 – 6月のタッチ・スクリーン出荷量が 500万枚に達したという情報

Posted in Apple, Mobile by Agile Cat on July 10, 2011

Five Million iPad 2 Touch Screens Shipped in June
Jul 06 – By
Sovy
http://goodereader.com/blog/tablet-slates/five-million-ipad-2-touch-screens-shipped-in-june/

_ Good eReader

Just for those who needed proof in the form of hardcore numbers regarding how popular the second gen iPad 2 continues to be, there has been five million iPad 2 touch panels shipped during the month of June. Shipments for the month of July are also going be 5 million, which should be in line with the projected figure of 12 to 14 million iPads expected to be shipped in Q3 of 2011. The figure for the entire calendar year 2011 could reach a thoroughly impressive 40 million units.

第2世代の iPad 2が、どれほど人気を保ち続けるのかという点に関して、確実な数字による証明を必要とする人々には、6月に出荷された iPad 2 用のタッチパネルが、500万枚に達したというニュースが、ちょうど良いだろう。 7月の予想も 500万枚であり、2011年 Q3 に 1200~1400万台のユニットが出荷されるという、iPads に関する予測とも一致する。 それは、2011年 全体を通じて、4000 万台に届くという、きわめて印象的な出来事になる。

imageAs per Digitimes, the breakup of the iPad 2 touch screen displays shipped in June comprise of TPK Holding and Wintek supplying 1.4 to 1.6 million units each with the remaining coming from Cando, Sintek Photronic, and Chimei Innolux (CMI).

Digitimes の分析によると、6月に出荷された iPad 2 用のタッチスクリーン・ディスプレイは、TPK Holding と Wintek からの供給が 140~160万枚ずつであり、また、Cando および、Sintek Photronic、Chimei Innolux (CMI)から、残りが供給されたようだ。

In fact, with such high figures being associated with the second gen iPad 2, it often defies logic with Apple getting ready with the iPad 3 for a launch during the September – October window. We had earlier come across some reports of downstream component manufacturers getting ready with the production of the iPad 3 with production likely to start as early as next month.

現実として、第 2世代の iPad 2 と結び付けられる、こうした生産量のデータにより、Apple が 9月~10月あたりに iPad 3 を立ち上げるというロジックは否定される。 私たちは、以前に、iPad 3 の生産準備が、早ければ来月からスタートするという、より下流の工程を担当する、製造業者のレポートを見つけていたのだが。。。

ーーーーー

年間で 4000 万枚も売れるタブレットというのは、あらゆる常識を超えてしまった存在という感じですね。 スゴイの、一言です。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Wi-Fi 利用量から導かれた、iPad の突出した存在と、Mobile – PC の逆転
iPad による Web ブラウジングの比率が、世界で 1% に、アメリカで 2% に達した
iPad の説明するけぇ、よう聞きんさい
iOS 5 マジックは本物だ! – キミの勝ちだよ スティーブ

 

%d bloggers like this: