Agile Cat — in the cloud

アメリカ市場では 28% の組織が、すでにクラウドを使用している

Posted in .Selected, Research by Agile Cat on June 4, 2011

28 Percent of U.S. Organizations Using Cloud Computing Today
by
Anuradha on May 27, 2011 at 5:20 am
http://www.cloudtweaks.com/2011/05/28-percent-of-u-s-organizations-using-cloud-computing-today/

_Cloud Tweaks

Twenty- eight percent of U.S. organizations are using cloud computing today, according to a recent report by CDW, a provider of technology products and services to business, government, education and healthcare. Results from CDW’s first Cloud Computing Tracking Poll indicate that most organizations prefer to go for the implementation of a single cloud application.

最近の CDW(民間/行政/教育/医療などをプロダクトとサービスを提供)のレポートによると、アメリカ国内における組織の 28% が、今日現在でクラウド・コンピューティングを利用している。 CDW における最初の Cloud Computing Tracking Poll からの結果によると、大半の組織が何らかのシングル・クラウド・アプリケーションの実装を検討している様子が示されている。

For this report, the company assessed current and future cloud computing use in business, government, healthcare and education and questioned 1,200 IT professionals who are familiar with their organization’s use of, or plans for, cloud computing. Majority of the organizations (84 percent) said they have already employed at least one cloud application.

このレポートは、クラウド・コンピューティングに関する組織的な運用と計画に関する、1,200 人の IT プロフェッショナルからの回答から構成され、また、クラウド・コンピューティングの利用が、民間/行政/教育/医療などに広がり、その傾向が今後も続くと評価されている。 大多数の組織(84%)は、少なくとも 1種類のクラウド・アプリケーションを、すでに使用していると回答した。

imageAccording to the report, email is one of the most common applications operated in the cloud. Other common applications are file storage (39 percent), web and video conferencing (36 and 32 percent, respectively), and online learning (34 percent).

このレポートによると、クラウドで運用される最も一般的なアプリケーションとして、電子メールが挙げられている。 その他の普及しているクラウド・アプリケーションとしては、ファイル・ストレージ(39%)および、Web/Video 会議(36% と 32%)、オンライン学習(34%)などが指摘されている。

Respondents who identified themselves as cloud users expect to spend no more than one- third of their IT budget (34 percent) on cloud computing by 2016. Non-cloud users expect to spend slightly more than one-quarter of their IT budget (28 percent) on cloud computing by 2016.

そして、自らをクラウド・ユーザーであると認識している回答者は、2016年までには IT 予算の 1/3(34%)以上を、クラウド・コンピューティングに費やすことになると予想している。また、現時点ではクラウドを利用していないユーザーも、2016年までには IT 予算の 1/4(38%)以上を、クラウド・コンピューティングに費やすことになると回答している。

Many organizations are carefully – and selectively – moving into cloud computing, as well they should, because it represents a significant shift in how computing resources are provided and managed,” said David Cottingham, senior director, managed services at CDW. “With thoughtful planning, organizations can realize benefits that align directly with their organizational goals: consolidated IT infrastructure, reduced IT energy and capital costs, and ‘anywhere’ access to documents and applications.”

The potential to cut costs while maintaining or even enhancing computing capabilities for end users presents a compelling case for investment in cloud computing,” added Cottingham. “The fact that even current cloud users anticipate spending just a third of their IT budget on cloud computing within five years suggests that before wide-scale implementation, IT managers are taking a hard look at their IT governance, architecture, security and other prerequisites for cloud computing, in order to ensure that their implementations are successful.”

By Anuradha Shukla

ーーーーー

28% の企業が using cloud computing で、84% が have already employed cloud application 、、、という切り分けがビミョーですが、まぁ、クラウドの採用が進んでいることには、間違いがないということなんでしょう :) ーーー  __AC Stamp 2 @ Taipei

ーーーーー

<関連>

NYSE と EMC と VMware が、ウォール・ストリートに浮かべるクラウドとは?
Amazon AWS 上の Data as a Service を、粛々と進めてきた NASDAQ の戦略
Apache Libcloud によるクラウド・スタンダードとは?
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Amazon AWS の eGov 対応が FedCloud で本格化
Amazon DC が やって来た – アイルランドでのシェアを調査

 

%d bloggers like this: