Agile Cat — in the cloud

オープンソースはクラウドに適合するのか?

Posted in .Selected, Linux, OpenStack by Agile Cat on May 25, 2011

Is Open Source Technology Well-Suited to the Cloud?
Written by
AVG Business Security on Thursday, 19 May 2011 10:57
http://www.entrepreneurcountry.net/news-features/item/1114-is-open-source-technology-well-suited-to-the-cloud

_entrepreneur_country

The growth of cloud computing and the deeper penetration of open source technologies at the enterprise level have, for the most part, occurred at almost the same stage on the periodic table of computing evolution. It should be no major surprise then that a variety of complimentary and, in some cases, symbiotic relationships exist between the two.

クラウド・コンピューティングの成長とオープンソース・テクノロジーの浸透は、エンタープライズにおける大半のレベルにおいて、コンピューティングを進化させる周期の、同じステージで生じたといっても過言ではないだろう。 それは、驚くべきものというより、多様な組み合わせの結果として考えるべきものであり、また、いくつかのケースにおいては、この両者間に存在する、シンボリックな関係とも捉えることができる。

Key among the ‘brand’ names in this space is OpenStack, a global software community of developers, technologists, researchers and corporations collaborating on the construction of what its calls a “standard and massively scalable” open source cloud operating system.

この領域におけるブランドは OpenStack であり、「スタンダードでスケーラブル」なオープンソース・クラウド・オペレーティング・システムを構築するために、開発者/技術者/研究者/企業が協調していく、グローバルなグローバルなソフトウェア・コミュニティを形成している。

OpenStack is backed by NASA, Dell, Citrix, Cisco, Canonical and over 50 other organisations, so its credentials are largely clean; although various members have been criticised for trying to exert too much personal control from time to time. Open source theorists argue that the open model of community-driven influence will always conquer this issue, so that we champion the cause of the collective above all else.

OpenStack は、NASA および、Dell、Citrix、Cisco、Canonical などの 50以上の組織により支持される。 多様なメンバーによる主導権争いが批判されたこともあったが、その資格証明は、大まかなところでクリーンである。 オープンソースの理論家たちは、コミュニティが影響を及ぼすオープン・モデルは、この種の問題を必ず解決し、すべてを制御する共同体をもたらすと論じる。

Is Open Source Technology Well-Suited to the Cloud? Proponents of OpenStack and other open cloud technologies argue that the open development model is the only way to create and define much needed cloud computing standards.

OpenStack などのオープン・クラウド・テクノロジーの提案者たちは、必要性の高いクラウド・コンピューティング・スタンダードを、作成・定義する唯一の方法がオープンな開発モデルであると論じる。

The fear is that proprietary cloud platforms such as Amazon’s Elastic Compute Cloud (EC2), Microsoft’s Azure Services Platform and Google App Engine have the potential to create proprietary lock-in for cloud customers – and ultimately stifle innovation and competition.

そして、Amazon Elastic Compute Cloud(EC2)や、Microsoft Azure Services PlatformGoogle App Engine といった、プロプライエタリなクラウド・プラットフォームが、クラウド・カスタマーをロックインすることで占有権を持ち、最終的にはイノベーションとコンペティションを抑えつけてしまうことが、彼らの恐れとなっている。

Another open source cloud project is Eucalyptus. This offering seeks to imitate the experience of using Amazon’s cloud, but allows organisations to still run their own programs on the cloud with a detailed view on what is going on. The concept here is a clearer view than might be afforded by the so-called “black box” of cloud-computing services, as they are sometimes perceived.

もう1つのオープンソース・クラウド・プロジェクトとして、Eucalyptus がある。それにより、Amazon クラウドのエクスペリエンスを模倣する方式が追求され、また、組織において進行中の事象に応じて、自身のプログラムをクラウド上で実行できるようになる。 この概念は、クラウド・コンピューティング・サービスの 「ブラック・ボックス」により諦めざるを得ない状況と比較して、よりクリアな環境をもたらす。

Then there is Cloud Foundry, this is a VMware-led project designed to build the world’s first open Platform as a Service (PaaS) offering. Cloud Foundry provides a platform for building, deploying and running cloud apps. Cloud Foundry argues that the open and extensible nature of its technology means that software developers will not be locked into a single framework, single set of application services or a single cloud.

さらに、Cloud Foundry もある。これは、VMware がリードするプロジェクトであり、その世界における最初の PaaS を提供する。 Cloud Foundry は、クラウド・アプリケーションの構築/展開/実行のためのプラットフォームを提供する。 Cloud Foundry は、単一のフレームワーク/アプリケーション・サービス/クラウドに、ソフトウェア開発をロックインしないテクノロジーの、開放的で拡張性のある資質を主張する。

So if this brief overview of the ‘open cloud’ teaches us anything it is surely this: two still-nascent and largely complimentary technology streams can (and should) benefit from openness, community approval, industry standards and a clear view of application services.

「オープン・クラウド」の概要を簡潔に定義するなら、発生期にあるオープンとクラウドという概念と、きわめて受け入れやすいテクノロジーを学習する必要がある。それにより、オープン性によるメリットと、コミュニティによる承認、業界のスタンダード、そして、アプリケーション・サービスにおけるクリアな視界がもたらされる(べきである)。

This should make for better performance, better all round application resilience and, above all (and we really want to stress this point) better cloud application security. May the secure cloud still give us blue skies and better IT from this day forward.

つまり、クラウドアプリケーションにおける、より優れたパフォーマンスと、アプリケーションの弾力性、そしてセキュリティが実現される。 それらを保証するクラウドが、私たちに抜けるような青空を提供し、また、そのレベルにおいて、私たちは優れた IT を造り始めることになるだろう。

ーーーーー

Open Source Cloud Operating System ですかぁ。。。 なかなか響きの良いフレーズですね! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack の検証プロジェクトが日本で始まる – Bit-Isle / TERRAS / Midokura
Internap が構築する、OpenStack-Based のオリジナル・パブリック・クラウドとは?
OpenStack の PaaS は、幅広い文脈の中でアプリケーションを駆動する
OpenStack Design Summit Day-1 キーノートより

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: