Agile Cat — in the cloud

GW プチ特集 – Google の 2011年 1月~4月

Posted in Google by Agile Cat on April 29, 2011

さすがに、話題が満載ですねぇ ・・・

google

Android 大躍進、App Store の大混乱、Eric Schmidt の CEO 退任、エジプトでの Wael Ghonim さん、Megastore や Storage によるスケール指向、そして Kansas City での 1G pbs インターネット実験など、広大なスコープで話題を提供してくれた、今年 前半の Google 先生です。 ーーー __AC Stamp 2 

ーーーーー

January 5 : キャリアの App Store がもたらすのは混乱か? それとも利便性か?

January 12 : Android 3.0 Honeycomb を Youtube で!

January 13 : Megastore – 1日で 30億 Write/200億 Read のトランザクションを実現

January 18 : もう SLA なんて不要だ – Google が自慢する究極のインフラ

January 21 : Google CEO を退任する理由を語ろう – Eric Schmidt

January 25 : Android の独自仕様にはしる HTC – 分裂へと向かうのか?

February 1 : Android が出荷台数で 世界 No.1 に – 2010 Q4 の調査

February 2 : Google Storage – 16TB 分の お値段は?

February 4 : Google の発想 – リクエストとレスポンスを Tree で制御する

February 6 : Facebook と YouTube に注がれる、私たちの大切な時間

February 13 : エジプトで戦った Google の Wael Ghonim

February 24 : Android Market と Windows Phone 7 Marketplace が急成長している!

March 10 : やはり、全米 No.1 スマートフォンは Android だった

March 16 : Eric Schmidt が、オバマ政権の商務長官に?

March 19 : 東日本大震災の規模と頻度を、Google Map + アニメーションで確認する

March 24 : Angry Birds がタダで欲しければ、Amazon Appstore for Android へ急げ!

March 31 : Google の超高速インターネット(1G BPS)実験が、Kansas City に決定!

April 4 : Verizon の市場では HTC が優勢? Thunderbolt vs iPhone 4

April 5 : Apple と Google はアプリケーション数を誇張していると

April 5 : Google は $1 billion 近い金額を、破産申請中の Nortel 特許権に投入する

April 10 : iPad 2 と戦う 10 インチ Android や Blackberry などが勢揃い

April 15 : Google リアルタイム検索の、ニヤリと笑える予測キーワード

April 19 : Microsoft と Google が、政府調達で泥仕合を繰り返すのは?

April 21 : Facebook の Sergy Brin アカウントは 本物なのか?

April 22 : Google は Earth Builder で GIS 領域へ進出する

April 24 : Google データセンターのセキュリティ対策を Youtube で!

April 25 : Motorola の 次期 Android Phone は、Quad Core を搭載する?

ーーーーー

Agile_Cat 的にオススメなのは、April 15 の ニヤリと笑える予測キーワードと、April 21 の Sergy Brin アカウント です。 どちらも、ふふふ です。 ー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google 2010 総集編 Agile_Cat 版

 

OpenStack の PaaS は、幅広い文脈の中でアプリケーションを駆動する

Posted in Events, OpenStack by Agile Cat on April 29, 2011

PaaS on OpenStack – Run Applications on Any Cloud, Any Time Using Any Thing
Thursday, April 28, 2011 at 8:49AM
http://highscalability.com/blog/2011/4/28/paas-on-openstack-run-applications-on-any-cloud-any-time-usi.html 

_highscalability

ーーーーー

これは、Nati Shalom さんが、High Scalability にポストしているという感じですね。 Todd Hoff さんの大ファンである Agile_Cat としては、このブログがメジャーになっていくのを、とても嬉しく思っています。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

Yesterday, I had a session during the OpenStack SummitImage(6) where I tried to present a more general view on how we should be thinking about PaaS in the context of OpenStack.

昨日、OpenStack Summitでセッションを持つことになった。 そこで私は、OpenStack というコンテキストにおいて、より一般的な視点から PaaS を考えるための、方法論について説明しようと試みた。

openstack-logoThe key takeaway :

The main goal of PaaS is to drive productivity into the process by which we can deliver new applications.

PaaS における最大の目的とは、新しいアプリケーションの供給を実現するプロセスで、生産性を促進する点にある。

Most of the existing PaaS solutions take a fairly extreme approach with their abstraction of the underlying infrastructure and therefore fit a fairly small number of extremely simple applications and thus miss the real promise of PaaS.

大半の、既存 PaaS ソリューションは、その基礎をなすインフラストラクチャの抽象概念において、かなり思い切ったアプローチをとっている。したがって、きわめて少数のシンプルなアプリケーションに適しており、PaaS における本来の姿を失っている。

Amazon’s Elastic Beanstalk took a more bottom up approach giving us better set of tradeoffs between the abstraction and control which makes it more broadly applicable to a larger set of applications.

Amazon の Elastic Beanstalk は、その抽象レベルと制御レベルの間で、最適なトレードオフのセットを提供する、ボトムアップのアプローチをとっている。それにより、大量のアプリケーション・セットにおける、幅広い適用を可能にした。

The fact that OpenStack is opensource allows us to think differently on the things we can do at the platform layer. We can create a tighter integration between the PaaS and IaaS layers and thus come up with better set of tradeoffs into the way we drive productivity without giving up control. Specifically that means that:

OpenStack がオープンソースであるという事実により、プラットフォーム層において実現が可能な事柄を、私たちは幅広く思考できるようになる。 そして、さらに緊密な統合を PaaS と IaaS の間で実現し、コントロールを断念することなく生産性を促進するための、より良いトレードオフのセットを引き出すことが可能になる。 以下の項目が、それを強く示している:

  • Anyone should be able to:
    • Build their own PaaS in a snap
    • Run on any cloud (public/private)
    • Gain multi-tenancy, elasticity… Without code changes.
  • Provide a significantly higher degree of control without adding substantial complexity over our:
    • Language choice
    • Operating System
    • Middleware stack
  • Should come pre-integrated with a popular stack:
    • Spring,Tomcat, DevOps, NoSQL, Hadoop…
    • Designed to run the most demanding mission-critical app

You can read the full story and see the demo here

フル・ストーリーとデモについては、ココで参照できる。

ーーーーー

openstack-3.png (666×500)

クリックで拡大 ⇒

実は、昨日のポストでも、このスライドの15ページ目が気になっていたのですが、大きなポイントだったようで、嬉しくなってしまいます。 大当たりぃ~~~ :)

でも、Facebook の Agile_Cat ページでの、川田さんからの現地ライブ・レポートがなければ、作れなかったポストだと思いますし、その意味で、ソーシャルの力強さを再認識しているところです。

今朝も、こんなレポートをいただいています。

『 昨晩の話題を纏めると、どうも採択基準はAWSの性能・価格をくぐるために有用であるかどうか、の一点のようです。野性的 』

というわけで、興味津々の OpenStack Design Summit なのでありま~す ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack Design Summit Day-1 キーノートより
東日本大震災の被災者の方々へ、OpenStack からのサポートが!
大入り満員 大人気の OpenStack Conference and Design Summit
Rackspace が、クラウド・ロード・バランサーを発表
CVNO モデルが、クラウドの未来を作るのか?

%d bloggers like this: