Agile Cat — in the cloud

iPad が Linux より多く使われているという、アメリカ市場の調査

Posted in Apple, Mobile, Research by Agile Cat on April 22, 2011

The iPad already used more than Linux computers
Posted in
Main on April 20th, 2011 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2011/04/20/ipad-used-more-than-linux-computers/ 

_ pingdom

We noticed an interesting thing the other day that we’d like to share with you. However, if you’re a Linux enthusiast, you may want to stop reading now…

先日のことだが、みなさんと共有できる、興味深い事実に気付いた。 しかし、あなたが Linux エンスージアスト であるなら、この記事は読まないほうが良いのかも知れない ・・・

These are the operating system stats for April for the United States:

以下は、アメリカ市場における、この 4月の OS シェアのチャートである:

← クリックで拡大

These market share numbers are from Statcounter and are based on visitor statistics averaged from 3+ million websites. In other words, they represent computers used to access the Web. Mobile phones and other small-screen devices are not included.

これらのマーケット占有率に関する値は、Statcounter から得られたものであり、3+ million  Web サイトにおける、ビジター数の平均値に基づいている。 言い換えれば、Web にアクセスしたコンピュータから、取りまとめたデータである。 なお、モバイル・フォンや、小型のデバイスは含まれていない。

In other words, the iOS market share you see in the chart is only for iPad. It does not include the iPhone or iPod Touch. We’ve verified this with Statcounter, just to be entirely sure.

さらに、別の視点からえ言えば、 iPad だけに関する iOS のマーケット占有率が確認できるデータである。 したがって、iPhone や iPod Touch は含まれない。 私たちは Statcounter と共に、その整合性を確認している。

Not only is iPad now so widely used that it shows up in this list, iOS for iPad has managed to pass Linux as a “desktop OS” (we use quotes, because tablets will probably soon make up their own category). In fact, it passed Linux sometime around December. Not bad for a device that was launched just back in April of 2010.

このリストは、iPad が広く利用されていことだけを示すのではなく、「デスクトップ OS」としての Linux を、iOS for iPad が追い抜いたことを表している。(おそらく、タブレット専用のカテゴリーが、もう間もなく作られるはずだ) 現実に、iOS は昨年の 12月ころに Linux を追い抜いている。 2010年 4月に発売されたデバイスとしては、悪くない成績である。

Other “iPad nations”

The iPad has reached this level of market penetration in several other countries as well. For example:

iPad のマーケット普及率は、その他の国々でも、同じ様なレベルに達している。 たとえば:

  • In the United Kingdom, iPad’s iOS makes up 0.94%, versus 0.74% for Linux.
  • In Canada, iPad’s iOS makes up 0.91%, versus 0.76% for Linux.
  • In Australia, iPad’s iOS makes up 1.19%, versus 0.66% for Linux.
  • In the Netherlands, iPad’s iOS makes up 1.16%, versus 0.81% for Linux.

No one can say that Apple’s little tablet isn’t popular these days. And this was just year one for the iPad.

この Apple の小型タブレットについて、その人気を否定できる人は居なくなっただろう。 そして、このデータは、iPad の 1年目の数字に過ぎない。

How fast did the iPad reach these levels?

← クリックで拡大

The wifi model of the first iPad launched on April 3, 2010, and the 3G version followed a few weeks later. Here’s the iPad’s “desktop OS market share,” month by month since then:

最初の iPad wifi モデルは、2010年 4月 3日に発売され、その数週間後に 3G バージョンが続いた。 その時から現在までの、iPad に関する月次の “desktop OS market share” は以下のとおりである:

The iPad seems to have been a popular gift this Christmas, considering how usage increased in connection with the holiday season.

iPad はクリスマス・プレゼントに最適で、ホリデー・シーズンに活用されるという、特性が見られるようだ。

This blog’s perspective

Just for fun, we also had a look at our own blog stats. They’re from Google Analytics and represent “visits” so the metric is slightly different, but it’s interesting nonetheless.

もう1つの興味深い視点として、私たち自身のブログ統計値も確認してみた。 それは、Google Analytics を用いてビジター数を参照するものであるため、基準に関する違いがある。

In the past 30 days, 1.9% of the visits were from iPads. Interestingly, a full 3.3% were from iPhones, and 1% from iPods. So iOS devices as a group account for more than 6% of our visits. Android accounts for 1.6%.

これまでの30日間で、iPad によるビジターは 1.9% である。 興味深いことに、iPhone からが 3.3% で、iPods からが 1% である。 したがって、iOS グループの合計は 6% 以上を占めることになる。 また、Android からの参照は 1.6% だった。

Linux computers still beat the iPad among our readers, though, with 5.88% of the visits, perhaps not surprising since we tend to have a pretty tech savvy audience (not to say that iPad users can’t be tech savvy, just that the odds for people using Linux becomes slightly higher).

私たちの読者においては、Linux コンピュータからのビジターが 5.88% であり、iPad に優っているが、テクノロジーに興味を持つ人々が主体なので、驚くべきでことではないだろう。(iPad ユーザーがテクノロジーに疎いという意味ではないく、Linux ユーザーのレベルが、それ以上に高いという意味である)

Still, that’s just for one site, ours. Different sites have different kinds of visitors. The Statcounter numbers are averaged for 3+ million websites so it will give a more accurate picture than looking at any one site.

繰り返して説明しておくが、これは、私たちのサイトのみのデータである。 それぞれのサイトが、それぞれのビジターを有している。その意味で、Statcounter が調べる 3+ million の Web サイトからの平均化されたデータは、それなりの正確性を持つもの考えられる。

ーーーーー

いつもの Pingdom らしい、とても興味深い調査ですが、Linux ユーザーに対しても、iPad ユーザーに対しても、その優しさがあふれる文章には、訳していて思わすニヤリでした。 イイですよね、こういうのは :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

世界市場での PC 販売が 3.2% 減 – そして Microsoft への影響は?
モバイル・トラフィックの爆発は、2015年には 6.3 エクサ・バイトに至る!
iPad を PC の一部として計算すると、とてつもない地殻変動が見えてくる
Note PC の市場を奪い尽くす iPad の破壊力 – Morgan Stanley
Gartner の Mobile 2014 市場予測 – Symbian/Android/RIM/iOS が四強を形成

Google は Earth Builder で GIS 領域へ進出する

Posted in API, Google by Agile Cat on April 22, 2011

Google Maps Courts GIS Developers With Google Earth Builder
Adam DuVander, April 20th, 2011
http://blog.programmableweb.com/2011/04/20/google-maps-courts-gis-developers-with-google-earth-builder/

_ ProgrammableWeb

Developers with their own geographic imagery will soon be able to publish it as a layer on the Google Maps API and Google Earth API. Dubbed Google Earth Builder, the service will launch in the third quarter. From the looks of the announcement here at Where 2.0 conference, Google is dipping its toe into the traditional GIS industry. The maps developers upload will be available via API, but only to enterprise customers who pay Google for geo services.

地理的なイメージを具体化しいたいと考えるデベロッパーが、Google Maps API およびGoogle Earth API のレイヤ上に、それらのアイデアをパブリッシュできるようになるのも、もう間近だ。この、Google Earth Builder と名付けられたサービスが、今年の 3Q には立ち上げられるだろう。 Wherw 2.0 カンファレンスでの発表内容を見ると、従来からの GIS 産業に、Google が踏み込んでいくように思われる。 デベロッパーは、その API を介してマップをアップロードすることになるが、この geo サービスで Google に支払いが生じるのは、エンタープライズ・カスタマーだけになるだろう。

Google MapsGoogle’s announcement post explains the need behind the service:

In the enterprise a lot of geospatial data remains trapped on costly servers and inaccessible to those who need it. We’d like to help free that data and bring the same benefits that consumers have enjoyed for years to businesses and government agencies.

So we created Google Earth Builder. It lets you upload, process and store your geospatial data in our cloud. Your employees can use familiar tools – Google Maps and Google Earth – to easily and securely share and publish mapping data. No technical expertise or GIS training is required.

Google が ポストしたアナウンスメント には、このサービスの背景にあるニーズが説明されている:

エンタープライズにおいては、大量の地理的データが高価なサーバーに閉じ込められており、それを必要とする人たちが、アクセスできない状況にある。 私たちが支援したいのは、それらのデータの解放である。この何年かの間に、一般的な消費者が地図を活用するようになったが、それと同じカタチで、企業や政府のデータにも、メリットをもたらしていきたい。

そのために作成したのが、Google Earth Builder だ。 それにより、地理的なデータをクラウドにアップロードし、その後の処理とストアが可能になる。 Google Maps と Google Earth を使い慣れた従業員たちにより、マッピング・データのセキュアな共有と発行が、容易に実現されていく。 技術的な専門知識や、GIS のトレーニングは、必要とされない。

“It’s the catalog in the cloud for your map data,” Google’s Dylan Lorimer said. “We process the data at scale at Google and make it available,” he said.

『 あなたの地図データのたまのカタログが、クラウド上に作成される。 私たちは、Google におけるスケールに基づき、それらのデータを処理し、利用を可能にする 』と、Google の Dylan Lorimer は発言している。

The service, described in the video above, won’t be publicly available until the third quarter. It’s notable that it is part of Google’s pay-to-play enterprise service first announced in 2006. Where traditionally Google Maps is aimed at any developer, Google Earth Builder appears to cater to the more traditional GIS analyst.

上記のビデオで説明されるサービスが、パブリックに利用できるようになるのは、今年の 3Q からだ。それは、2006年に発表された、Google の pay-to-play エンタープライズ・サービスの一環であることに注目して欲しい。 これまで、あらゆるデベロッパーに Google Maps が受け入れられてきたように、さらに伝統的な GISアナリストの領域においても、Google Earth Builder はニーズを充たすと思われる。

Much of the data that one would upload into the service would be created by desktop software, such as Esri’s ArcView. Though Esri has made strides on the web, viewing data outside of its desktop platform is an area where it has struggled. On the other hand, it’s an understatement to say that Google has excelled at web mapping. Via its mapping APIs, it has a channel with which developers and consumers are used to interacting.

このサービスへ向けてアップロードされうデータの多くは、Esri の ArcView のような、デスクトップ・ソフトウェアにより作成されるだろう。 Esri は、Web の世界で進歩を遂げているが、デスクトップ・プラットフォームを用いて、屋外でデータを参照させるという点で、苦闘してきた。 その一方で、控えめに表現しても、Google が Web マッピングにおいて優れていると思う。 つまり、このマッピング API により、デベロッパーとコンシューマがインタラクトするためのチャネルが実現する。

With support for private layers, which Lorimer says will happen via OAuth, expect Google to continue to expand its reach into a more traditional GIS analysis. “We want to support any and all ways to view your data,” Lorimer said.

OAuth を介したプライベート・レイヤをサポートすることで、 従来からの GIS 分析の領域に、Google がリーチを広げ続けることを期待してほしいと、Lorimer は発言している。『 私たちは、あなたが所有するデータを参照する、すべての方式をサポートしたい 』

ーーーーー

東日本大震災のときも、Google Map は大活躍でしたね。緊急を要する状況で、デベロッパーが素早く提供するソリューションを、ユーザー・エクスペリエンスを共有する人々が瞬時に活用し始めていく有様は、『 お見事! 』と賞賛されるべき出来事でした。 API が充実していくことで、さらに素晴らしいサービスが構築されると、期待して良いのではないでしょうか? ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Facebook の Sergy Brin アカウントは 本物なのか?
Microsoft と Google が、政府調達で泥仕合を繰り返すのは?
Google リアルタイム検索の、ニヤリと笑える予測キーワード
Google は $1 billion 近い金額を、破産申請中の Nortel 特許権に投入する
Google の超高速インターネット(1G BPS)実験が、Kansas City に決定!

%d bloggers like this: