Agile Cat — in the cloud

CVNO モデルが、クラウドの未来を作るのか?

Posted in Network, OpenFlow, OpenStack by Agile Cat on April 18, 2011

Is a “CVNO” Model the Future of the Cloud?
By
KEVIN RYAN | Published: MARCH 29, 2011
http://www.extremenetworks.com/blog/?p=242

image

ーーーーー

昨年の 9月のことですが、『 VMware と Verizon の 超弩級 提携 と ハイブリッド・クラウドとは? 』 という  ポストで、いわゆるハイブリッド・クラウドに関する、この 2社の戦略を知りました。つまり、パブリック・クラウド・コンピューティングにおける Verizon の Computing as a Service(CaaS)ポートフォリオと、VMware を活用したオンプレミスあるいはプライベート・クラウドを結び付けようとする概念であり、Windows Azure を発表する際に Ray Ozzie が強調していたポイントでもあります。

その後、月日は流れ、以下の文中で『 モノリシックなクラウド・サービス・プロバイダー 』と表現される領域では、Amazon AWS が先行し、それを Rackspace が追いかけるという状況が続いています。 しかし、パブリック+オンプレミスあるいは、パブリック+プライベートによるハイブリッド・クラウドを、ネットワーク層の仮想化を促進することで、プラットフォーム非依存で実現しようという流れも生まれつつあります。

日本勢としては、MIROKURA から発表された MIDOSTACK が、このレイヤに該当するプロダクトであり、クラウドにおいて残された仮想化領域であるネットワーク・レイヤを、大きく変える可能性を秘めているようです。 そして海外からも、クラウド仮想ネットワークを説明する記事が、ようやく出てきましたので、以下に ご紹介します。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

Just finishing up a very thought-provoking World Hosting Days event in Germany (kudos to the team for putting on a great event) and the many conversations and presentations got me thinking of a model we all remember – MVNO – Mobile Virtual Network Operator.

Germany で開催され、さまざまな発想を与えてくれる、World Hosting Days というイベントが、まさに終わろうとしている(kudos to the team for putting on a great event)。 そして、数多くの発表と会話により、誰もが知っている MVNO – Mobile Virtual Network Operator というモデルについて、私も考えるようになった。


The Cloud market is starting to look like it may take the form of a CVNO – “Cloud Virtual Network Operator.”  So let me explain what I mean by CVNO.  There are two key trends leading to the emergence of a CVNO business structure:

その一方で、クラウド・マーケットには、CVNO – Cloud Virtual Network Operator という形態を採用していこうとする兆しが見えてきた。 というわけで、ここでは CVNO の意味について説明したいと思う。CVNO ビジネスの構造が台頭する際の、2つのキー・トレンドは以下のとおりである:

The Niche-ification of Cloud services – It is becoming clear that there will be different Cloud service operators to serve different target markets – be they traditional market segments or geographical segmentation based on regulation or customer preference.  This is quite different than the Cloud model of just 12 months ago when the talk was of one (or a few) mega-sized Cloud operators positioned to serve everything.  It is clear from my conversations with customers and the segmented models that the various Cloud service layer solutions are developing that the Cloud is not a one-size-fits-all proposition – market segmentation is alive and well in the Cloud!  However, these niche markets still need to ride the wave of consolidated, cost-effective and elastic infrastructures that only come with scale.

The Niche-ification of Cloud services – 明らかになりつつあるものは、それぞれのターゲット市場にサービスを提供するために、それぞれのクラウド・サービス・オペレーターが登場することになる点だ。そして、それらのオペレーターは、規約や顧客の好みに基づき、従来からの市場や地域のセグメントに登場することになるだろう。  それは、メガサイズのクラウド・オペレーターが、すべてのサービスを提供すると言われていた、わずか 12ヶ月前のクラウド・モデルと、きわめて異なるものとなる。  顧客との会話から明らかになったのは、そして、セグメント化されたモデルから明らかになったのは、各種のクラウド・サービス・レイヤ・ソリューションで開発されるものが、すべての事柄にフィットする、ワンサイズのクラウドにはならないという点である。 つまり、マーケットのセグメントは、クラウドの中で生命を持つものとなる!  しかし、それらのニッチな市場は依然として、スケールだけが実現できるコンソリデーションおよび、コストの効率、エラスティックなインフラの波に、乗らなければならない状況にある。

The Stratification of Cloud Physical Infrastructure – It is becoming equally clear that there are three distinct expertise areas and layers to Cloud:

  • Physical Building Infrastructure – Think Equinix and i/o Data Centers and the new wave of optimized data center developers like Nova Corp. These are the providers of the real estate and co-location facilities that provide the physical infrastructure to support the various levels of reliability, security and connectivity to the Internet.  Interestingly enough, i/o Data Centers has coined the term DCaaS –or “Data Center as as a Service, a very important concept for the CVNO business model. These are generally referred to as Tier 1 -4 data centers.
  • Network Infrastructure (Physical and Virtual) – This layer is composed of the virtualization, server, storage and network components that are integrated,  in a shared infrastructure model – they compose the  basis for the service offering(s) be they SaaS, PaaS, CaaS, StaaS or IaaS.
  • Cloud Service Layer – This is the services software layer that provides the Cloud-based services.  Think OpenStack, OnApp, vCloud, etc.  This is the Cloud intelligence layer that provides the provisioning, management and monitoring layer for Cloud services.

The Stratification of Cloud Physical Infrastructure – また、同様に明らかになっているものとして、クラウドにおける 3つの専門的なエリアとレイヤの存在がある:

  • Physical Building Infrastructure – Equinix と i/o Data Centers について考えてみよう。さらに、たとえば Nova Corp のような、最適化されたデータセンターを開発する、新しいデベロッパーの動きについて考えてみよう。 それらの、コロケーションのための場所と設備のプロバイダーが提供するものは、信頼性および、セキュリティ、インターネット接続をサポートする、多様なレベルにおける物理的なインフラストラクチャである。  きわめて興味深いことに、i/o Data Centers は、DCaaS – Data Center as as a Service という用語を造り出しているが、それは、CVNO ビジネス・モデルにおける、きわめて重要な概念である。 ここで言うデータセンターは、一般的な Tier 1 -4 に該当する。
  • Network Infrastructure (Physical and Virtual) – このレイヤは、仮想化/サーバー/ストレージ/ネットワークなどのコンポーネントにより構成され、また、共有インフラストラクチャ・モデルに統合される。 つまり、SaaS/PaaS/CaaS/StaaS/IaaS を提供するサービスの、基礎を構成することになる。
  • Cloud Service Layer – このレイヤは、クラウド・ベースのサービスを提供する、サービス・ソフトウェア・レイヤのことである。  OpenStack や、OnApp、vCloud などを思い浮かべて欲しい。  つまり、クラウド・サービスのための、プロビジョニング/マネージメント/モニタリングのレイヤを提供する、クラウド・インテリジェンス・レイヤのことである。

So how does this translate to CVNO?

さぁ、どのようにして、それらを CVNO に変換すれば良いのだろう?

There are a number of vendors and solutions that provide for the deployment of any combination of physical network and Cloud service layer solutions as the basis for Cloud services – in any location around the globe.

クラウド・サービスの基盤として、各種の物理ネットワークとクラウド・サービス・レイヤ・ソリューションの組み合わせをディプロイする、数多くのベンダーとソリューションが存在する。(あらゆるグルーバル・ロケーションに対して)

So, now come the market-specific solutions.  Service Providers can bundle and customize any combination, based on their requirements to serve a specific market segment.  For example, if you wanted to deploy a Cloud service focused on dentists in Peoria, IL, or commercial websites based in Rust, Germany, a service provider can choose a data center located in the right geography to address local regulation and the right level of data center based on uptime and regulations (Tier 1 through 4) and the right Cloud service layer software to meet the needs (feature or economics of the customer base).

そして、マーケットに特化されたソリューションが到来する。  サービス・プロバイダーは、特定のマーケット・セグメントに提供される独自の要件に基づき、あらゆるコンビネーションをバンドル/カスタマイズできる。たとえば、Peoria, IL の歯科医や、Germany, Rust のコマーシャル Web サイトに焦点を合わせたクラウド・サービスをディプロイしたい場合には、適切な地域に位置しているデータセンターを、サービス・プロバイダが選択できるようになる。それにより、ローカルな規約への取り組みと、アップタイムおよび規約に基づいた、データセンターのレベルにも取り組むことができる。さらには、ニーズ(顧客に応じた機能と予算)に合致する、適切なクラウド・サービス・レイヤ・ソフトウェアも選択できる。

The next phase of Cloud just may be the migration from the monolithic cloud service provider to the manically focused Cloud service provider that rides on the global CVNO infrastructure – allowing a focused niche market approach to meet the geographical or market specific requirements.

クラウドにおける次期フェーズは、モノリシックなクラウド・サービス・プロバイダーから、グローバル VNO インフラストラクチャに賭けるクラウド・サービス・プロバイダーへの移行になるのかもしれない。それにより、地理的な特性や、市場の特性から生じる要件に、焦点を合わせたニッチ・マーケットのアプローチが実現される。

It is quite possible we are headed towards a global interoperable infrastructure that services ride on to address specific markets and their specific requirements.

そして、特定の市場や要件に合致したサービスを実行する、インターオペラビリティを確保したグローバルなインフラストラクチャに対処していくことは、きわめて容易なことである。

- Kevin

ーーーーー

Asakusa にしろ、MIDOSTACK にしろ、世界に通用するコンセプトを持つプロダクトが登場し、期待を集めています。 なかなか、面白い展開になってきましたね。 --- __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

OpenStack Participating Company Midokura Raises 1.3 Million US
VMware と Verizon の 超弩級 提携 と ハイブリッド・クラウドとは?

VMware のクラウド新戦略を分析する(前編) – Data Cnter Knowledge
VMware のクラウド新戦略を分析する(後編) – Data Cnter Knowledge
大入り満員 大人気の OpenStack Conference and Design Summit

%d bloggers like this: