Agile Cat — in the cloud

米 NRC (Nuclear Regulatory Commission) 関連の報道をマトメてみました(3/25~4/8)

Posted in .Save Japan by Agile Cat on April 9, 2011

Smart Grid Japan – IAEA からの抽出です
http://smartgridj.wordpress.com/category/nrc/

ーーーーー

image

NRC とは(Wikipedia より)⇒ ⇒ ⇒ NRC は 1974年に制定された「エネルギー再生法」 (Energy Reorganization Act of 1974) に基づいて1975年1月19日に設立された。NRC はアメリカ合衆国原子力委員会 (United States Atomic Energy Commission ; AEC) の業務のうち、原子力エネルギー問題および原子力安全に関する監督業務を引き継いだ。AEC が持っていた核兵器と原子力利用促進に関する監督業務は、アメリカ合衆国エネルギー研究開発管理部 (Energy Research and Development Administration ; ERDA) に引き継がれ、これによって AEC は廃止された(なお、1977年に ERDA はアメリカ合衆国エネルギー省 (United States Department of Energy ; DOE) に改組されている)。

image

ーーーーー

米原子力規制委、GE日立ニュークリアの次世代原子炉で意見募集へ
Posted on March 25, 2011 by smartgridj
http://jp.reuters.com/article/jp_quake/idJPJAPAN-20252920110325
[ニューヨーク 24日 ロイター] 米原子力規制委員会(NRC)は24日、米GEと日立製作所の合弁会社、GE日立ニュークリア・エナジーの次世代型原子炉「経済性・単純化沸騰水型原子炉(ESBWR)」の設計の認定について、専門家な ど外部の意見を募集すると発表した。募集期間は75日間。意見募集は、2005年から始まった認定手続きの一つだが、東日本大震災で被災した東京電力 の福島第1原子力発電所が沸騰水型でいまも懸念される状況にあることが影を落とす可能性がある。福島第1原発の事故を受け、米国を含め世界各国 で自国の原発の安全性を再点検する動きが出ている。

官房長官、原発事故「米軍や米原子力委と緊密に連携」
Posted on March 29, 2011 by smartgridj
Link
枝野幸男官房長官は29日午後の記者会見で、福島第1原子力発電所の事故に関して「米軍やNRC(米原子力規制委員会)に関係する米国の関 係者とはしっかりコミュニケーションを取っていて支援につながっている。米国には日本にない知識、経験、能力がある。最大限生かしていきたい」と述べた。 米国の支援に対しては「大変ありがたい」と改めて謝意を表明した。〔日経QUICKニュース〕

原発の全電源喪失、米は30年前に想定 安全規制に活用
Posted on March 31, 2011 by smartgridj
http://www.asahi.com/international/update/0330/TKY201103300512.html
東京電力福島第一原子力発電所と同型の原子炉について、米研究機関が1981~82年、全ての電源が失われた場合のシミュレーションを実 施、報告書を米原子力規制委員会(NRC)に提出していたことがわかった。計算で得られた燃料の露出、水素の発生、燃料の溶融などのシナリオは今回の事故 の経過とよく似ている。NRCはこれを安全規制に活用したが、日本は送電線などが早期に復旧するなどとして想定しなかった。このシミュレーションは、ブラ ウンズフェリー原発1号機をモデルに、米オークリッジ国立研究所が実施した。出力約110万キロワットで、福島第一原発1~5号機と同じ米ゼネラル・エレ クトリック(GE)の沸騰水型「マークI」炉だ。

反原発運動も熟知 米原子力委 (NRC) のヤツコ氏 言動に注目集まる
Posted on April 1, 2011 by smartgridj
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110401/amr11040120300014-n1.htm
【ワシントン=柿内公輔】福島第1原発事故をめぐり、米原子力規制委員会(NRC)トップのグレゴリー・ヤツコ委員長(40)の言動に注目 が集まっている。米原子力当局の「司令塔」として全米の原発ににらみをきかせるが、反原発派の大物議員の下で働くなど経歴も異彩を放っている。NRCの 「顔」となったヤツコ氏は1970年、ペンシルベニア州ノリスタウンで生まれた。ウィスコンシン大で素粒子物理学の博士号を取得後、非営利団体のアメリカ 科学振興協会に在籍中に、議会の科学技術政策を支援する研修生に採用されたことで政官界とコネができた。ヤツコ氏も「ユニークな経歴がその後の仕事で役に 立った」と米学会誌に語っている。

米原子力当局 (NRC)、原発の検査を強化へ
Posted on April 2, 2011 by smartgridj
http://jp.wsj.com/US/node_214876
米原子力規制委員会(NRC)は、ネブラスカ、サウスカロライナ、カンザスの各州にある原子力発電所の原子炉の検査を強化している。NRC によると、これらの原子炉では安全性に影響を及ぼす可能性がある複数の問題が見つかっている。それでも、各原子炉は安全と考えられている、とNRC報道官 は述べた。これらの原子炉は、5段階評価で第3段階にある。ちなみに、第1段階は良好な状態にあること、第5段階はNRCによる業務停止命令が必要である ことを意味する。全米104の原子炉のうち、この3つ以外は第1段階、あるいは第2段階に位置づけられる。

米原子力規制委 (NRC)、冷却機能喪失などへの対応策点検 米国内原発
Posted on April 2, 2011 by smartgridj
Link
【ワシントン=御調昌邦】米原子力規制委員会(NRC)は1日、福島第1原子力発電所の事故を受けた米国内の原発の安全性の再点検で、発電 所内の電源や原子炉の冷却機能喪失などへの対応策を点検すると発表した。東日本大震災の後に福島第1原発で起きた状況を想定した形だ。NRCは新たに立ち 上げた調査委員会(タスクフォース)で、これらの問題を扱っていく。点検内容には発電所の緊急事態への対応や準備なども含まれるという。NRCはタスク フォースの人事も発表し、6人の幹部やスタッフを指名した。同タスクフォースは約90日で短期的な評価をまとめた報告書を公表し、その後には長期的な点検 も検討する予定。

燃料棒70%損傷、米エネルギー省が見解 NRC
Posted on April 2, 2011 by smartgridj
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp0-20110402-756116.html
チュー米エネルギー長官やエネルギー省当局者は1日、福島第1原発1号機の燃料棒の70%、2号機の3分の1が損傷しているとの見方を示 し、チュー氏は同原発について「なお大きな懸念がある」と述べた。米紙ニューヨーク・タイムズなどが伝えた。チュー氏は一方で、原発上空で計測された温度 などから、1~4号機の使用済み燃料プールには冷却水が入っているとみられ「制御できているようだ」と述べた。

東日本大震災:原発危機「日米一体」 放射能部隊140人/協議機関を設置
Posted on April 2, 2011 by smartgridj
http://mainichi.jp/select/world/news/20110402ddm002040065000c.html
東日本大震災で東京電力福島第1原発から放射性物質が漏えいしている問題で、日米両政府が異例の協力態勢を敷いている。米海兵隊の放射能専 門部隊約140人が2日にも来日し、陸上自衛隊と共同対処の検討に着手。また米原子力規制委員会(NRC)や在日米軍、日本の関係省庁担当者らが合同協議 機関を設けて、放射性物質の遮蔽(しゃへい)方法など具体策を協議している。震災を機に「米国の強い意向を受けた危機対応の日米一体化」(外務省幹部)が 進んでいる。

福島原発、洗浄が次の難題-「作業は数カ月ではなく数年間」
Posted on April 3, 2011 by smartgridj
http://jp.wsj.com/Japan/node_215588
日本の政府当局や原発関係者が福島第1原子力発電所の損傷した原子炉を安定させようと四苦八苦している中で、国際チームは既に次の大きな難 題、つまり原子炉の洗浄に向けて日本に手を貸そうと集結しつつある。福島第1原発の原子炉の正確な状況はいまなお不透明だが、東京電力は、1979年に事 故を起こしたスリーマイル島原発と86年のチェルノブイリ原発の放射線災害に対応した経験を持つ専門家を関係国から呼び寄せつつある。

建屋のシート遮蔽は9月以降 放射線量高く着工早くて6月
Posted on April 6, 2011 by smartgridj
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011040501000967.html
政府が東京電力福島第1原発事故で実行方針を固めた原子炉建屋の特殊シートによる遮蔽は着工が早くても6月以降、完成は最短でも9月となる 見通しであることが5日、分かった。建屋周辺の放射線量が高く、当面は作業が困難と判断した。複数の政府関係者が明らかにした。事故対処の長期化は必至 だ。 政府と東電の事故対策統合本部に属する放射性物質漏えい防止チームの4日の会合で、検討を要請された大手ゼネコンが工期の見通しを報告した。その 際、米原子力規制委員会(NRC)の専門家は、遮蔽シートが地震や台風で倒壊した場合でも、内部の使用済み燃料プールを破損しない構造とするよう求めた。

原子力安全・保安院:経産省から分離…新たな規制機関へ
Posted on April 6, 2011 by smartgridj
http://mainichi.jp/select/today/news/20110406k0000m040179000c.html
東京電力の福島第1原発での事故を受け、政府は5日、経済産業省の外局である原子力安全・保安院を同省から切り離し、内閣府の原子力安全委 員会と統合させて新たな規制機関を設置する方向で検討に入った。新たな規制機関は、原発を推進する立場の経産省とは完全に分離し、米国の原子力規制委員会 (NRC)のような強い権限を持った専門家集団としたい考えだ。

原子炉安定化策で脅威増大も=支援の米専門家が指摘-NYタイムズ
Posted on April 6, 2011 by smartgridj
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011040600725
【ニューヨーク時事】福島第1原発の事故について、原子炉安定化に向けて取られた対策がかえって脅威を増大させる恐れがあるとの見通しを日 本に派遣された米支援チームの専門家が指摘していることが6日、分かった。ニューヨーク・タイムズ紙(電子版)が米原子力規制委員会(NRC)がまとめた 内密の調査書の内容として報じた。調査書は、米専門家が日米の関係機関や東京電力などから入手したデータを基に3月26日付で作成された。それによると、 原子炉の容器が、放射能に汚染された冷却水で満たされることで傷み、余震によって亀裂が入りやすくなっているという。

米ペンシルベニア州原発、全電源失えば炉心損壊の可能性=NRC分析
Posted on April 7, 2011 by smartgridj
http://jp.wsj.com/US/node_217993
【ワシントン】米国内の原子力発電所の事故を想定した分析で、ペンシルベニア州の原発ですべての電源が失われれば、炉心損壊に近づくことが判 明した。ただ、監督当局は下院エネルギー・商業委員会の小委員会に対し、そのような事態は「極めて非現実的」と指摘した。分析は米原子力規制委員会 (NRC)が行った。同州ピーチボトムにある原発の2基の原子炉で深刻な事故が起きた場合の影響について分析している。議員らによると、この原子炉は、福 島第1原発やバージニア州サリーにある原発の原子炉と似た仕様になっている。

注入海水の塩害に懸念 米の報告書 福島第一原発
Posted on April 7, 2011 by smartgridj
http://www.asahi.com/national/update/0407/TKY201104070189.html
東日本大震災で被災した福島第一原子力発電所について、米原子力規制委員会(NRC)がまとめた報告書が、原子炉内に注入した海水の塩が炉 を厳しい状況に陥らせているという認識を示していることがわかった。東京電力は炉内の核燃料を冷やすため、緊急措置として近くの海から一時的に消防車のポ ンプで海水を注入していた。

窒素注入は米NRCの助言、水素爆発再発を警告
Posted on April 7, 2011 by smartgridj
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110407-OYT1T00285.htm
新たな水素爆発を防ぐため、東京電力は福島第一原子力発電所1号機の原子炉格納容器に窒素を注入しているが、この措置は米原子力規制委員会 (NRC)が報告書の中で必要性を強調していたものだ。報告書は、同原発の現状について冷却のために原子炉に注入した海水の塩分が炉内にたまり、十分な冷 却ができなくなっていると警告している。NRCは、原発の安全審査や規制、放射性廃棄物管理の監督に強い権限を持つ米政府の独立機関。日米政府が福島第一 原発事故の対応のため設立した連絡調整会議にも参加している。

福島第一原発 「水棺」冷却を検討
Posted on April 8, 2011 by smartgridj
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011040802000039.html
福島第一原子力発電所の事故で、政府と東京電力の事故対策統合本部が、核燃料棒が入った圧力容器とその外側の格納容器の内部を水で満たすこ とで、原子炉を継続的に冷却する「水棺(すいかん)」を検討していることが七日、分かった。水棺は原発事故の処理方法として研究されているが、実際に行わ れれば世界で初めてとなる。水棺は、米国でも冷却水を喪失した重大事故時に取り得る手段として研究されている。福島第一原発の事故に関しても、米原子力規 制委員会(NRC)が水棺に言及。「水の重さと格納容器の耐震性に留意すべきだ」と助言している。

原発国際支援
Posted on April 8, 2011 by smartgridjhttp://www.the-miyanichi.co.jp/contents/?itemid=37120&catid=15&blogid=5&blogid=5&catid=15
東京電力福島第1原発事故に米国やフランスなど原発大国はじめ国際的な支援が広がっている。放射性物質の汚染を食い止められない深刻な事態 に、各国が被ばくへの警戒と危機感を強めている。もはや事故収束は日本国内にとどまらない世界的な緊急課題となった。海外からの知恵と総力を結集して一日 も早く危機を克服してほしい。政府で原発事故対策の実務を担う細野豪志首相補佐官は、放射性物質の外部への放出、漏えいを止めるには少なくとも数カ月を要 するとの見方を示した。原子炉の冷却、安定化はさらに「その先」になるという。まずは放射性物質の放出停止に全力で取り組まなければいけない。米国は原子 力規制委員会(NRC)メンバーが参加して日本側と「調整会議」を設け、放射性物質の封じ込めや燃料棒処理に向けた作業を始めた。本土から155人の専門 部隊を派遣する方針で、その第1陣15人が来日した。

ーーーーー

<関連>

IAEA 関連の報道をマトメてみました(3/23~4/3)
アメリカの原子炉において、その平均寿命は 30年となっている
GE が擁護する、福島型 原子炉 の 安全性とは ?

アメリカ国内で、Win 7 と Win XP のシェアが逆転した

Posted in Microsoft, Research by Agile Cat on April 9, 2011

Windows 7 just overtook XP in the United States
Posted in Main on April 8th, 2011 by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2011/04/08/windows-7-just-overtook-xp-in-the-united-states/

_ pingdom

Microsoft WindowsIt’s finally happened. After a long reign at the top, Microsoft’s Windows XP is no longer the most widely used desktop operating system in the United States, instead turning the crown over to Windows 7. As of April, Windows 7 has 31.71% of the desktop operating system market, compared to 31.56% for Windows XP. Here is the current distribution of desktop operating systems in the United States, based on the first seven days of April:

ついに、その日が来た。 長年にわたって首位の座を占めていた Microsoft Windows XP だが、すでにアメリカ国内において、最も多く使用されるデスクトップ・オペレーティング・システムではなくなり、そのポジションを Windows 7 に明け渡した。この 4月の時点で、Windows 7 は 31.71% の、Windows XP は 31.56% の、デスクトップ・オペレーティング・システムとしてのマーケット・シェアを持っている。 以下のグラフは、アメリカ国内において、4月の第一週に集計された、デスクトップ・オペレーティング・システムの分布である:

The data is from StatCounter and consists of aggregated visitor stats from more than three million websites. In other words, this reflects the market share distribution of computers used to access the Web.

このデータは、StatCounter から得られたものである、300万以上の Web サイトから集められた、ビジター統計値から構成される。 言い換えれば、Web アクセスで用いられたコンピュータの、マーケット・シェアを反映した調査となる。

The rapid rise of Windows 7 has been a massive success after Microsoft’s relative failure with Windows Vista (which never got the upper hand on XP). Since its launch in October 2009, the rise of Windows 7 has been straight as an arrow.

Windows Vista における Microsoft 内での相対的な失敗(XP のリプレイスが遅れた)が要因となり、その後に Windows 7 が急成長したことになる。 2009年 10月に立ち上がってから、Windows 7 のシェアは、右肩上がりで伸びてきた。

Windows XP is still a big presence, especially in the corporate space where many have resisted upgrading, but Windows 7 seems to finally have set the upgrade train rolling.

Windows XP は、アップグレードに後ろ向きな、企業ユーザーの領域で、依然として大きなプレゼンスを有している。しかし、最終的には、Windows 7 へのアップグレードが、徐々に進んでいくと思われる。

What about the rest of the world?

Worldwide, Windows 7 has a market share of 31.17%, while Windows XP still holds a significant 46.87% (now in April). However, this doesn’t mean the United States is the only country where Windows 7 has overtaken Windows XP. There are actually a number of countries where this has already happened, sometimes several months ago. A few examples:

世界のマーケットに目をむけると、 Windows 7 は 31.17% のマーケット・シェアに過ぎず、Windows XP が 46.87% という大多数を占める。(4月時点)しかし、Windows 7 が Windows XP に追いついたのは、アメリカだけではない。 この数ヶ月の間に、いくつかの国々で、この逆転現象が起きている。 主な国は、以下のところである:

  • United Kingdom
  • Canada
  • Australia
  • France
  • Germany
  • Belgium
  • Denmark
  • Finland
  • Netherlands
  • Norway
  • Sweden

So in this sense, the United States actually turns out to be a bit behind the curve.

その意味において、アメリカは、少し立ち遅れていることが分かる。

ーーーーー

いずれにしろ時間の問題なのでしょうが、日本は新しもの好きのわりに、マダなのですね。  それと、iPad などの、タブレットに関するデータも、一緒に調査して欲しいですね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

タブレットの伸びが、Gartner の予測を押し上げる
Mac ファン 世界選手権 – TOP-10 の国々を選出する!

%d bloggers like this: