Agile Cat — in the cloud

Facebook – 対訳 – Building Efficient Data Centers with the Open Compute Project

Posted in Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on April 8, 2011

Building Efficient Data Centers with the Open Compute Project
by Jonathan Heiliger on Friday, April 8, 2011 at 2:45am
http://www.facebook.com/notes/facebook-engineering/building-efficient-data-centers-with-the-open-compute-project/10150144039563920

facebook_logo

Image(10)

A small team of Facebook engineers spent the past two years tackling a big challenge: how to scale our computing infrastructure in the most efficient and economical way possible.

Facebook エンジニアの小さなチームが、大きい課題に取り組みながら 2年間を過ごしてきた。 その課題とは、もっとも効果的で経済的な方式により、私たちのコンピューティング・インフラストラクチャをスケールしていくというものだ。

Working out of an electronics lab in the basement of our Palo Alto, California headquarters, the team designed our first data center from the ground up; a few months later we started building it in Prineville, Oregon. The project, which started out with three people, resulted in us building our own custom-designed servers, power supplies, server racks, and battery backup systems.

私たちの Palo Alto, California HQ にある、地下室のエレクトロニクス・ラボで作業することで、このチームは初めてののデータセンターをゼロから設計し、数カ月後には Prineville, Oregon で構築にとりかかった。 このプロジェクトは、3名のスタッフでスタートして、カスタム・デザインのサーバー/電源/ラック/バッテリー・バックアップなどのシステムを、結果として構築することになった。

Because we started with a clean slate, we had total control over every part of the system, from the software to the servers to the data center. This meant we could:

私たちは、白紙の状態からストーとした。そのため、ソフトウェアからサーバーにいたるまで、さらにはデータ・センターにおけるシステムのすべての部分について、その全体をコントロールすることができた。それにより、以下が可能となった:

  • Use a 480-volt electrical distribution system to reduce energy loss.
  • Remove anything in our servers that didn’t contribute to efficiency.
  • Reuse hot aisle air in winter to both heat the offices and the outside air flowing into the data center.
  • Eliminate the need for a central uninterruptible power supply.
  • 480-volt の配電機能を用いた、電力ロスの低減。
  • サーバー内からの、非効率な要素の除去。
  • ホットアイルからの暖気を、冬季におけるオフィスの暖房および、外気の温度調整に使用。
  • センタライズされた無停電装置に対する必要性を除去。

The result is that our Prineville data center uses 38 percent less energy to do the same work as Facebook’s existing facilities, while costing 24 percent less.

その結果として、Facebook の Prineville データセンターと既存データセンターの比較において、38% の電力消費量を抑制し、24% のコストを削減した。

Releasing Open Hardware

Image(11)

Inspired by the model of open source software, we want to share the innovations in our data center for the entire industry to use and improve upon. Today we’re also announcing the formation of the Open Compute Project, an industry-wide initiative to share specifications and best practices for creating the most energy efficient and economical data centers.

オープンソース・ソフトウェアのモデルに触発された私たちは、このデータセンターにおけるイノベーションを全ての産業とシェアし、そこでの活用と改善が進むことを望んでいる。 そして今日、私たちは Open Compute Project の構成についてもアナウンスする。それは、最適なエネルギー効率を持ち、経済的なデータセンターを構築するための、スペックとベスト・プラクティスを共有する、業界を横断したイニシアティブのことである。

As a first step, we are publishing specifications and mechanical designs for the hardware used in our data center, including motherboards, power supply, server chassis, server rack, and battery cabinets. In addition, we’re sharing our data center electrical and mechanical construction specifications. This technology enabled the Prineville data center to achieve an initial power usage effectiveness (PUE) ratio of 1.07, compared with an average of 1.5 for our existing facilities.

まず、その第一歩として、このデータセンターで用いられるハードウェアの、スペックおよびメカニカル・デザインを発表する。そこには、マザーボードおよび、電源、サーバー・シャーシ、サーバー・ラック、バッテリー・キャビネットが含まれる。 それに加えて、私たちのデータセンターにおける、電気と装置に関する構築スペックも共有していく。 このテクノロジーにより、Prineville データセンターにおける初期の PUE は 1.07 に達した。 ちなみに、私たちの既存データセンターにおける平均 PUE は 1.5 である。

Everyone has full access to these specifications, which are available at http://opencompute.org/. We want you to tell us where we didn’t get it right and suggest how we could improve. And opening the technology means the community will make advances that we wouldn’t have discovered if we had kept it secret.

すべての人々が、それらのスペックに対するフル・アクセスを持っている( http://opencompute.org/  )。 そして、私たちに間違いがあるなら、それを指摘し、また、改善のための方式を教えて欲しい。 このテクノロジーをオープンにすることは、それを機密事項にしていたのでは、見つけ出すことにできない発見を、コミュニティにより促進する点にある。

Having efficient software and servers means we can support more people on Facebook and offer them new and real-time social experiences — such as the ability to see comments appear the instant they are written or see friends of friends appear dynamically as you search.

効率の良いソフトウェアとサーバーを手にすることで、私たちは Facebook 上でより多くの人々をサポートし、さらに、新しく、リアルタイムなソーシャル・エクスペリエンスを提供できる。たとえば、記述されたコメントが瞬時に表示することや、友人たちの友人たちの検索によるダイナミックな表示が可能になる。

In developing the Open Compute Project we rethought our previous assumptions about infrastructure and efficiency in order to generate a better outcome. The result: energy-efficient technology saves money, both on capital and operational costs.

Open Compute Project の展開において、さらに優れた結果を生み出すために、これまでの基本と効率に関する、私たちの仮定を再考した。 その結果として、エネルギーの効率を高めるテクノロジーにより、投資と運用におけるコストが低減された。

Starting the Dialogue

The ultimate goal of the Open Compute Project, however, is to spark a collaborative dialogue. We’re already talking with our peers about how we can work together on Open Compute Project technology. We want to recruit others to be part of this collaboration — and we invite you to join us in this mission to collectively develop the most efficient computing infrastructure possible.

しかし、Open Compute Project における究極のゴールは、コラボレーションのための会話を引き起こす点にある。私たちは、すでに同業者との対話を開始しており、Open Compute Project テクノロジー上での協調を模索している。私たちは、より多くの人々を、このコラボレーションの中に加えていきたい。そして、最も効率の良いコンピューティング・インフラストラクチャを、共同で開発していくというミッションに、あなたにも加わって欲しいと願っている

To get a behind-the-scenes look at the birth of the project, watch this video:

このプロジェクトが生まれた背景については、このビデオを参照して欲しい : Image をクリック

Image(12)

Jonathan is Vice President of Technical Operations at Facebook.

ーーーーー

<関連>

Facebook – Oregon データセンターの写真が一挙公開!

大入り満員 大人気の OpenStack Conference and Design Summit

Posted in OpenStack by Agile Cat on April 8, 2011

OpenStack Conference and Design Summit Registration Update
Stephen Spector
April 5th, 2011
http://www.openstack.org/blog/2011/04/openstack-conference-and-design-summit-registration-update/

image

ーーーーー

昨年11月に第 1回目が開催されたOpenStack Conference and Design Summit ですが、この 4月の後半に Santa Clara で、その第 2回目が開催されるとのことです。なにやら、場所を San Antonio から Bay Area に移して、会場も広くしたとのことですが、それでも定員オーバーとのことです、なが~い キャンセル待ちリストが出来上がってしまったようです。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

As you are all aware, the OpenStack Conference and Design Summit Sponsored by Citrix is April 26 – 29, 2011 in Santa Clara, CA. You may also be aware that we have reached the registration limit which has created a large waiting list. I wanted to provide more information on the decisions that have led to this current situation as well as provide details on how I am handling the situation for the people currently on the waiting list.

すでに周知のとおり、 Citrix のスポンサードによる OpenStack Conference and Design Summit が、Santa Clara, CA において 2011年 4月26日~29日の日程で開催される。 さらに、参加の登録がリミットに達し、キャンセル待ちのための長いリストができ上がってしまったことも、ご存知かもしれない。私は、いまの状況を導いた判断について、より多くの情報を提供することに加え、待ちリスト上の人々に対して、どのようにハンドリングしているのかという、詳細についても説明したいと考えている。

EVENT PLANNING

imageWhen planning for this event, we decided to host in Santa Clara, CA as the majority of attendees at the San Antonio Fall 2010 OpenStack Design Summit were from the Silicon Valley area. I also anticipated growth in the number of attendees from 150 in San Antonio to a much larger number in California and originally planned for 500 attendees; however, the facilities, costs, and planning required to support a 500 person event was beyond the current capabilities of the community so I reduced the number to 350 which better aligned with the facilities available and was within the cost structure that the community could support. I also felt that a 133% increase in attendance would meet the needs of the community at its current growth rate; especially with the focus on active developers in the community attending the 3 day Design Summit. It is a testament to not only the active community members but also the overall project recognition within the industry that we are seeing substantial demand for this community event and I anticipate and will plan for larger events in the future to meet the demand.

San Antonio Fall 2010 OpenStack Design Summit においては、大多数が Silicon Valley エリアから参加していたことから、今回のイベントのプランニングに際して、私たちは Santa Clara, CA での開催を決定した。 San Antonio のときの 150名という参加者から、大幅に増えることを予想して、元々は California で 500名の出席者に備えるという計画を立てた。しかし、500名のイベントをサポートするために必要な、ファシリティ/コスト/プランニングは、このコミュニティにおける現時点の能力を超えるものだった。したがって、私は利用できるファシリティに合わせて、また、コミュニティがサポートできるコストを考えて、参加者の枠を 350名に引き下げた。 さらに私は、現状において 133% の成長率を持つ、このコミュニティの要求を充たすだろうと考えた。とりわけ、3日間の Design Summit に出席する、このコミュニティにおけるアクティブなデベロッパーに注目していた。 ただし、アクティブなコミュニティ・メンバーだけではなく、この業界における全体的な認識にも、対応したいと考えている。そして、このコミュニティのイベントに対する要求に対処するため、さらに大規模なイベントを、今後に計画したいと考えている。

UPDATE – I have spoken with the hotel and we are able to accommodate 40 more attendees than planned so the new registration maximum will be 390 instead of 350.

UPDATE – 会場となるホテルとの交渉の結果、さらに 40名の参加者を受け入れられるようになった。したがって、参加者のリミットが、350名から 390名に引き上げられる。

続きはコチラで:
http://www.openstack.org/blog/2011/04/openstack-conference-and-design-summit-registration-update/

ーーーーー

image

image

image

ちなみに、日本からのご参加は、左記の各社のようです。なお、OpenStack と聞いても、よく分からないという方は、以下の関連リンクをご参照ください。 一言でいうと、対抗 Amazon AWS の旗頭である、Rackspace を中心としたクラウド連合のことです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Rackspace は $100M の売上を計上し、クラウドでの基盤を固める!
Rackspace が、NASA クラウドの頭脳ともいえる Anso Labs を買収
Rackspace と Akamai が、CDN サービスで提携
Rackspace は Cloudkick を買収して、AWS に対抗していくのか?

 

Facebook – Oregon データセンターの写真が一挙公開!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on April 8, 2011

Open Compute Project v1.0
By Prineville Data Center · View Photos
http://www.facebook.com/album.php?aid=289087&id=193287527693

facebook_logo

かねてより、Facebook のサーバー運用術がギッシリと詰まった、空前絶後の巨大データセンターとして話題を集めている Oregon の Prineville ですが、その写真が一挙に公開されました。 さすがは Zuck! 太っ腹の大盤振る舞いですので、美味しく頂いちゃいましょう :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

新しいポスト(4/8 19:00)

Facebook – 対訳 – Building Efficient Data Centers with the Open Compute Project

ーーーーー

↓ 以下のイメージをクリックすれば、Facebook の Oregon アルバムにジャンプです ↓

image

ーーーーー

写真だけでは、背景その他モロモロが、何にも分からないじゃぁないか、、、という方は、ぜひ、以下の必読編をご覧ください! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連:必読編>

Facebook の データセンター戦略に関する FAQ _1
Facebook の データセンター戦略に関する FAQ _2
Facebook の データセンター戦略に関する FAQ _3

<関連:お薦め編>

Facebook データセンターにおける冷却の見直しと その効果
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_1
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_2
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_3
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_4
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_5

%d bloggers like this: