Agile Cat — in the cloud

Microsoft と Toyota は、自動車用のクラウド・プラットフォームを Windows Azure で構築する

Posted in Green IT, Microsoft by Agile Cat on April 7, 2011

Microsoft and Toyota Use Cloud to Connect Cars, Homes and Users
By
Ryan Kim Apr. 6, 2011, 2:55pm PT
http://gigaom.com/2011/04/06/microsoft-and-toyota-use-cloud-to-connect-cars-homes-and-users/

_ Gigaom

Microsoft and Toyota are jointly investing $12 million in a bid to build a cloud-based platform that will connect cars, homes and electrical smart grids. The joint venture, announced today, will be run out of Toyota Media Services and will leverage Microsoft’s Windows Azure cloud computing service, creating a platform for mobility apps that can encompass communication, GPS, power management and safety.

Microsoft と Toyota は、自動車/住宅/スマート・グリッドを接続するクラウドベース・プラットフォームを構築するために、共同で $12 million を投資することになった。 今日(4/6)に発表された、このジョイント・ベンチャーは Toyota Media Services と Microsoft の Windows Azure クラウド・コンピューティング・サービスを活用することで、コミュニケーション/GPS/パワー・マネージメント、そして安全をカバーする、モバイル・アプリケーションのためのプラットフォームを作成する。

Image(8)

The companies see the partnership as a way to build next-generation telematics systems that can touch a wide array of end points and allow users to almost carry on conversations with their cars, their homes and the smart grid. It goes beyond current telematics efforts like the Microsoft-developed Sync and Toyota’s Entune, which are more in-car solutions.

この両社は、広範囲におよぶエンド・ポイントに接続される、次世代のテレマティックス・システムを構築するためのパートナーシップを見据えており、また、自動車/住宅/スマート・グリッドとユーザーを結びつけようとしている。そして、Microsoft が開発した Sync や Toyota の Entune といった、現時点におけるテレマティックスの領域を超えた、自動車内でのソリューションを目指している。

“This is about a platform for applications that can be delivered from the cloud; it might be delivered to the in-car GPS system or through the phone with the car as an end point. But it’s a cloud platform,” said Microsoft CEO Steve Ballmer.

それは、クラウドから配信される、アプリケーションのためのプラットフォームである。 つまり、エンドポイントとしての自動車に対して、車載の GPS システムや電話を介して、サービスを提供するものとなる。 しまし、それはクラウド・プラットフォームであると、 Microsoft の CEO である Steve Ballmer は発言している。

When fully realized, the platform could enable a range of use cases. Car owners could start their vehicles and air conditioning systems remotely through a smartphone and could also turn on their home heating system from their car using the same platform. The system could also help cars talk to smart grids to understand the best time to charge when network demand is low. The service could also help vehicles operate more efficiently, saving energy.

それが完成するとき、このプラットフォームにより、対象となるユースケースが実現される。 自動車のオーナーは、スマートフォンを介してリモートで、エンジンをかけてエアコンを始動できる。また、同じプラットフォームを介して、車の中から住宅の暖房システムをオンにできる。 このシステムは、電力需要が低いタイミングを理解するために、自動車とスマート・グリッド間での対話も実現することになる。 つまり、このサービスによりエネルギーを節約し、自動車を効率よく管理すことも可能になる。

Akio Toyoda, president of Toyota Media Services said the venture fits into Toyota’s larger goal of creating vehicles that provide greater utility, efficiency and delight for users. The platform will appear first on electric and hybrid cars next year in the U.S. and Japan and will take four years to reach maturity. Ultimately, the service could touch other non-electric cars.

Toyota Media Services の社長である Akio Toyoda は、電力事業に効率をもたらし、ユーザーを満足させる自動車を作りだすという、Toyota の大きな目標に、この新しいベンチャーを適合させると発言している。 このプラットフォームは、アメリカと日本で来年い販売される EV/ハイブリッド・カーとして登場し、また、4年をかけて成熟していくことになる。 最終的には、EV 以外の自動車に対しても、同じサービスを提供できる。

While Toyota said it will consider similar partnerships with other companies, the deal is a good one for Microsoft. It highlights another major company building off the Windows Azure platform and gives it momentum in taking a similar approach to other car manufacturers. It will also be another way for Microsoft to push apps like Hohm, an energy management application that could be repurposed for vehicles. Toyoda said the car-maker chose Microsoft not only because of its more than 10-year relationship with the software giant but because Windows Azure allows Toyota to quickly ramp up services in the 170 countries where it operates.

Toyota は、他社との類似のパートナーシップも考慮すると発言しているが、今回の提携は Microsoft にとって重要なものとなる。 つまり、Windows Azure プラットフォームと大企業との関係を強調することで、他の自動車メーカーへの類似のアプローチを促進するものとなる。 さらに、Microsoft にとっては、自動車のためのエネルギー管理アプリケーションである、Hohm などのアプリケーションを再プッシュするための道も開ける。 Toyoda は、Microsoft を選んだ理由として、両社間の 10年以上の関係だけではなく、Toyota がビジネスを展開する 170ヶ国で、Windows Azure を迅速に展開できる点をあげている。

It’ll be interesting to see if other car companies turn to Microsoft to build similar systems. Even if they don’t, Toyoda said the expectation from consumers is that telematics system will be able talk to each other regardless of their underpinnings.

他の自動車会社が、類似のシステムを構築するため Microsoft を選ぶのかどうか、その点が興味深い。 たとえ、そうならないにしても、 そのテレマティックス・システムが、他のシステムと会話できることが、ユーザーからの期待になると、Toyota は発言している。

To learn more about connected cars come to our Green:Net event on April 21 in San Francisco.

Related content from GigaOM Pro (subscription req’d):

ーーーーー

これまでの両者間におけるパートナーシップが、順調に進化していると思って良さそうな内容です。 スマート・グリッドという視点においては、両社とも自動車と住宅という、消費者に近い側からのアプローチを考えていることが明白です。 そして、いずれは、公共事業側からアプローチしてくる Google と出会うことになるのでしょうが、 そのときには反目しあうのではなく、協調という道を選んで欲しいと思います。 それを、誰もが願っているはずです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
Google は電力事業にも参入するのか?

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: