Agile Cat — in the cloud

Google は $1 billion 近い金額を、破産申請中の Nortel 特許権に投入する

Posted in .Chronicle, .Selected, Google, Patent by Agile Cat on April 5, 2011

Patent Protection? Google Bids Nearly $1 Billion for Nortel’s Patents
By
Audrey Watters / April 4, 2011 11:16 AM
http://www.readwriteweb.com/archives/patent_protection_google_bids_nearly_1_billion_for.php

_ Read Write

Our current patent system is a mess, many industry observers contend, and the number of patent lawsuits currently underway regarding technology IP borders on the ridiculous. To say that everyone is suing everyone doesn’t feel like much of an exaggeration. Microsoft, Oracle, Apple, RIM, Motorola, Google, and more – all suing or being sued.

多くの業界ウォッチャーが主張するように、現時点における私たちのパテント・システムはひどい状態にある。そして、テクノロジー知財権(IP)におけるバカバカしい境界線に関して、数多くの特許訴訟が進行している。 全員が告訴しあっていると言っても、それが誇張されているとも感じない。 Microsoft、Oracle、Apple、RIM、Motorola、Google などの全てが訴訟し、また、訴訟されている。

For its part, Google has long tried to take the moral higher ground, if you will, criticizing patent trolls (those who buy patents in order to file suits and profit without actually developing the technology themselves). Google has argued that the current patent system stifles innovation. Indeed, the company has found itself on the receiving end of plenty of lawsuits, most notably in recent months, by Oracle, which is accusing Google of infringing on the company’s Java patents in the development of Android.

この領域において、もし、あなたが、パテント・トロール(訴訟を起こすために特許を購入し、自分ではテクノロジーを開発せずに利益を得る)を批判する立場にあるなら、Google は長い時間をかけて、高い位置にモラルを引き上げようとしてきたことになる。 Google の主張は、現在の特許システムはイノベーションを阻害するというものだ。 実際に、Google は、たくさんの訴訟を受け取る側の状況を把握している。最近において、最も顕著なのは、Android の開発において Java 特許を侵害したという、Oracle からの訴訟だろう。

googleThat history makes Google’s announcement today a little surprising, perhaps. Google says it is spending almost a billion dollars in a bid to acquire patent rights from Nortel, which filed for bankruptcy in 2009.

こうした経緯がもたらす、今回の Google の発表には、少々 驚かされたと感じる。2009年に破産申請をした Nortel から、その特許権を獲得する入札において、Google は $1 billion 近い金額を投入するという。

Nortel and Google have entered into a “stalking horse” asset sale agreement that will include all of the former’s remaining patents and patent applications for $900 million. This will involve approximately 6,000 patents, spanning wireless, wireless 4G, data networking, optical, voice, internet, service provider, semiconductors and other patent portfolios. According to a statement from Nortel, this “extensive patent portfolio touches nearly every aspect of telecommunications and additional markets as well, including Internet search and social networking.”

Nortel と Google は、『 隠れみの 』となる資産売却契約に取り組んでおり、そこには Notel における $900 million 相当の特許と出願が、すべて含まれることになる。 内容としては、ワイヤレス、ワイヤレス 4G、データ・ネットワーク、オプティカル、ボイス、インターネット、サービス・プロバイダ、半導体および、その他の特許ポートフォリオなどの、およそ 6,000件のパテントを伴うことになる。Nortel のステートメントによると、「この、広範囲におよぶ特許ポートフォリオは、テレコミュニケーションに関連する、ほとんど全ての局面に広がるだけではなく、インターネット検索とソーシャル・ネットワーキングも含む 」 とされる。

Google has called for reform of the patent process, but in announcing the agreement today, Google seems to recognize that while reform is the long-term solution, that stance will do little good in the short-term. “As things stand today,” writes Kent Walker, Google Senior VP and General Counsel, “one of a company’s best defenses against this kind of litigation is (ironically) to have a formidable patent portfolio, as this helps maintain your freedom to develop new products and services.”

Google が要求し続けているのは、特許プロセスの改革である。しかし、その改革は長期におよぶソリューションであり、今回の合意における Google のスタンスは、短期的なものを目指していると認識できる。「現状では、いずれかの企業における、この種の訴訟に対する最適な防御策企業が、(皮肉なことに)最も手ごわい特許ポートフォリオを持つことになる。そして、それが、新しい製品およびサービスを開発する人々の、自由を確保する上で役に立つ」と、Google の Senior VP and General Counsel である Kent Walker は、文書で表明している。

Describing itself as a “relatively young company” without a sizable patent portfolio, Walker says that Google hopes that the acquisition of Nortel’s patent will “create a disincentive for others to sue Google.” Hopefully, Walker adds that it will help those involved in projects like Android and Chrome to continue to innovate. Of course, that argument runs counter to what Google has long maintained about the patent process. But if you can’t beat ‘em, join ‘em.

Walker は Google 自身を、大規模な特許ポートフォリオを持たない、「比較的若い会社」だと記述している。そして、今回の Nortel 特許の獲得により「他社が Google を告訴する意欲をくじくものを作りたい」と発言している。 願わくば、イノベーションを継続する Android や Chrome などのプロジェクトに、関与している人々の支えになればと、Walker は付け加えている。 もちろん、今回の論点は、Google が長期にわたり、特許プロセスについて保持してきた考え方に反するものとなる。 しかし、あなたが、それと闘うことが出来ないならば、参加するまでのことだ。

ーーーーー

Google が専守防衛のみに、この Nortel の特許を適用するなら、それは素晴らしいことだと思います。 いまは、Google が、それを有することが必要悪なのでしょうが、なんらかの中立な機関により、こうした知的財産が管理されるようになるなら、それが 一番よい方法なのかと思いますね。 ーーー __AC Stamp 2

Microsoft は主張する – Apple と Google はアプリケーション数を誇張していると

Posted in Apple, Google, Microsoft, Mobile by Agile Cat on April 5, 2011

Microsoft Says Apple, Google ‘Inflate’ App Numbers
Software maker says Windows Phone 7 now has more than 11,000 applications and that rivals’ figures are bogus.
By
Paul McDougall InformationWeek
April 1, 2011 03:11 PM
http://www.informationweek.com/news/windows/microsoft_news/showArticle.jhtml?articleID=229400758&cid=RSSfeed_IWK_Authors

_ Information week

Microsoft said it’s making big strides establishing Windows Phone 7 as a viable alternative to Apple’s iPhone and Google Android-powered devices, and accused its rivals of inflating the number of applications available for their platforms by including questionable items in their tallies.

Microsoft の発言によると、 Apple の iPhone と Google Android 対応のデバイスに対する別の選択肢として、Windows Phone 7 を確立するための大きな進歩を遂げているという。そして、さらに、アプリケーションのリスト疑わしいアイテムを含めることで、そのプラットフォーム上で利用できる数を膨らませたと、ライバルたちを非難している。

"What is an app? It’s a question that really begs some scrutinizing," said Brandon Watson, Microsoft’s Windows Phone director, in a blog post Thursday.

「アプリケーションとは何なのか? それは、いくつかの綿密な調査を、具体的なレベルで必要とする質問である」と、Microsoft Windows Phone Director である Brandon Watson が、木曜日にブログをポストしている。

"For us, from the beginning, we have always been focused on quality over quantity. We recognize the importance of getting great apps on our platform and not artificially inflating the number of actual apps available to customers by listing ‘wallpapers’ as a category, or perhaps allowing a competitor’s apps to run on the platform to increase ‘tonnage,’" wrote Watson, a possible reference to the fact that RIM’s PlayBook, set to launch April 19, will run Android apps.

「私たちは、プラットフォーム上に素晴らしいアプリケーションを載せることに重要性を認識している。そして、カテゴリーとして『壁紙』をリストすることで、顧客が利用できる実際のアプリケーション数を膨らませるようなことはしない。さらに言えば、競争相手のアプリケーションを、自分のプラットフォーム上で走らせ、その『目方』を増やすようなこともしない」と、Watson は書いている。そこから参照できるのは、4月19日から提供される RIM の PlayBook が、Android 用のアプリケーションを実行するという事実である。

Watson said there are now 11,500 apps available for Windows Phone 7. The number pales in comparison to the 350,000 apps claimed by Apple, and even Google’s comparatively new Android mobile OS counts about 30,000.

Watson は、Windows Phone 7 用に、11,500 種類のアプリケーションが提供されていると言う。 しかし、その数は、Apple が主張する 350,000種類のアプリケーションとの比較で見劣りがする。 そして Google が新たに提供する Android Mobile OS でさえも、30,000 種類以上のアプリケーションを有している。

But Watson said those numbers are misleading for a number of reasons.

そして Watson は、いくつかの理由により、それらの数字は紛らわしいものになると発言している。

"We also don’t believe in the practice of counting ‘lite’ apps as unique quality content. In reality they only exist because developers can’t have a trial API and must therefore do extra work. Finally, we don’t double and triple count apps which are submitted in multiple languages," said Watson.

「さらに、私たちは Lite なアプリケーションを、ユニークで高品質なコンテントとして勘定に入れる行為を認めていない。 実際のところ、デベロッパーはトライアルの API を持てず、したがって余計な作業をしなければならないため、それらのアプリケーションは、単に存在するだけのものである。 また、多言語で提出されるアプリケーションを、私たちは 2倍や 3倍にカウントしていない」と、Watson は言う。

Watson revealed other numbers that he said show Windows Phone 7’s progress. He said development tools for the platform have been downloaded 1.5 million times, that there are 36,000 registered developers, with 1,200 new developer registrations per week, and that Windows Phone 7 users download, on average, 12 apps per month.

そして Watson は、Windows Phone 7 の進歩をはっきりさせる、別の数字を明らかにした。 このプラットフォームの開発ツールが、150万回ダウンロードされた。36,000人のデベロッパーが、レジストレーションしている。1,200 人の新しいデベロッパーが、週ごとに登録されている。Windows Phone 7 ユーザーは平均して、1ヶ月に12種類のアプリケーションをダウンロードする。

What Watson did not reveal was recent sales number for Windows Phone 7 devices. To date, Microsoft has said only that 2 million Windows Phone 7 units, from manufacturers HTC, Dell, LG, and Samsung, were shipped to retailers as of January. The company has not said how many of those smartphones were actually purchased by consumers.

そして、Watson が明らかにしなかったことは、Windows Phone 7 デバイスに関する最近の販売数がある。 Microsoft は、これまでに 200 万台の Windows Phone 7 ユニットが、製造業者である HTC および、Dell、LG 、Samsung などから 小売業者に向けて、1月の時点で出荷されたとだけ発言している。しかし同社は、実際に消費者が購入した、このスマートフォンの数を明らかにしていない。

Microsoft’s silence when it comes to Windows Phone 7 sales has led some analysts to speculate that the software, launched in November, isn’t generating much revenue for the company.

そして Microsoft は、Windows Phone 7 の販売数の話になると沈黙してしまう。したがって、何人かのアナリストは、この 11月に立ち上がったソフトウェアが、それほど多くの収益を計上していないと推測しているようだ。

InformationWeek has published a comprehensive report on data preserveration and extended storage. Download it now. (Free registration required.)

ーーーーー

この Watson さんの発言を聞くと、アプリケーションはプラットフォームに帰属するものと、考えているように思えてきます。たしかに、アプリケーションは量より質であり、それには賛成なのですが、彼のロジックの中には、クロスプ・ラットフォーム・アプリケーションの居場所すら無いのでしょうかね。 RIM の PlayBook にしたって、その結果をシンプルに評価すれば、ユーザーにとっても、また、デベロッパーにとっても、ウレシイことなのでは? ・・・と思うのですが。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Verizon の市場では HTC が優勢? Thunderbolt vs iPhone 4
タブレットの伸びが、Gartner の予測を押し上げる
やはり、全米 No.1 スマートフォンは Android だった
Android Market と Windows Phone 7 Marketplace が急成長している!
モバイル・トラフィックの爆発は、2015年には 6.3 エクサ・バイトに至る!

%d bloggers like this: