Agile Cat — in the cloud

Angry Birds がタダで欲しければ、Amazon Appstore for Android へ急げ!

Posted in Amazon, Entertainment, Google, Mobile by Agile Cat on March 24, 2011

ついにオープンです ・・・
http://www.amazon.com/s/ref=nb_sb_noss?url=search-alias%3Dmobile-apps&field-keywords=&x=11&y=20

昨日の明け方だったと思いますが、ドハデな Angry Birds を目一杯フューチャーしたメールが、Amazon.com から届きました。 そして、そこには、Launching the Amazon Appstore for Android の文字が ・・・

ーーーーー

Dear Amazon.com Customer,

Customers who recently shopped for or browsed via their Android devices might be interested in knowing that the Amazon Appstore for Android is now open. To celebrate, we’re offering the 99-cent version of Angry Birds Rio free for a limited time. We’ll have a regularly paid app available for free every day.

親愛なる、Amazon.com のお客さまへ

すでに Android デバイスをご購入され、あちらこちら物色されているお客さまのために、ちまたで評判になっております、あの Amazon Appstore for Android を、ここにオープンいたします。つきましては、開店祝いとして、あの Angry Birds Rio を、通常は 99-cent のところ、空前絶後の期間限定特別大出血サービスとして、無償にてご提供させていただきます。 今後も、ときたま、このような大サービスを行っていく所存にございます。 ジャパネット たかた にも負けません!

ーーーーー

まぁ、とにかく、Angry Birds が欲しい人は、ご来店くださいませぇ~~~ __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Android – キャリアの App Store がもたらすのは混乱か? それとも利便性か?
Android Market と Windows Phone 7 Marketplace が急成長している!
モバイル・トラフィックの爆発は、2015年には 6.3 エクサ・バイトに至る!
AT&T と T-Mobile の統合 – その背後に潜むイノベーションへの抵抗とは?
Bing は Angry Birds とタッグを組んで覇権を狙うのか

日本の大震災により、スマートグリッドの議論を深める米国

Posted in .Save Japan, .Selected, Energy, Green IT by Agile Cat on March 24, 2011

Smart grid more attractive, post-Japan?
Political stalemates on new generation favor efficiency
Phil Carson | Mar 15, 2011
http://www.intelligentutility.com/article/11/03/smart-grid-more-attractive-post-japan

image

<関連> スマートグリッド を考えよう – 電力グリッドにおける多様性とセキュリティ

The simplest possible observation at this stage on the Japanese nuclear crisis is that it complicates the argument for major investment in new nuclear power in the United States and, probably to some degree, favors all other generation sources.

日本の核危機について、いまの状況を可能なかぎりシンプルに観察すると、アメリカにおける新規の原子力へ向けられる、主たる投資の議論は複雑なものとなり、また、ある程度までは、他の発電方式に対して、有利にはたらくことになる。

But the situation also may boost the argument for electric grid efficiencies at the transmission and distribution level, including efficiencies and curtailment at the end-user level.

しかし、この状況は、送配電レベルにおける電力グリッドの議論も促進し、エンドユーザー・レベルにおける効率化と節電をも巻き込むかもしれない。

Of course, pronouncements over events still unfolding are always precarious and my first statement may well be proven wrong. But some facts in the Japanese situation actually do underscore the value of grid efficiencies down to the end-user, regardless of the power source.

もちろん、さまざまな事象が続く中での表明は、常に推定的なものであり、また、私の最初の発言は、間違っていると証明されるだろう。しかし、いまの日本の状況から得られる、いくつかの事実は、電力ソースとは関係のないところで、エンドユーザーにしわ寄せをもたらす、送電グリッドの安直さを際立たせる。

Consider these facts, courtesy of World Nuclear News:

World Nuclear News から提供された、以下の事実について考えて欲しい:

  • Japan derives about 30 percent of its electricity from 54 nuclear reactors
  • 7 of those 54 reactors were down for routine maintenance when the earthquake and tsunami struck on March 11
  • 4 more reactors were disabled  during the disaster and remain unstable
  • More than one-third of Japan’s nuclear-generated power is now unavailable
  • 日本は、総電力量の 30% を、54基の原子力炉から引き出している。
  • 3月 11日に地震と津波が発生したき、54基の原子炉のうち、7基がルーチン・メンテンナンスのために停止していた。
  • この災害の間、4基以上の原子炉が使用不能であり、不安定な状態にある。
  • 日本の原子炉が発電する電力容量のうち、1/3 以上が供給不能となっている。

As for the 70 percent of Japan’s power generated from fossil fuels, including coal, oil and liquefied natural gas, as well as hydroelectric facilities, the Tokyo Electric Power Company (Tepco), the country’s largest utility, reported yesterday that 12 thermal power units and 22 hydroelectric units had been knocked out by the earthquake last Friday.

残りの 70% について言うと、石炭/石油/液化天然ガスを含めた化石燃料だけではなく、水力発電のファシリティから生成される。 この国における最大の電力会社である TEPCO(Tokyo Electric Power Company)のレポート(3/14)によると、先週の金曜日の地震により、12ヶ所の火力ユニットと、22ヶ所の水力発電のユニットが使用不能になっているという。

imageAll this meant that only 33 gigawatts of capacity were available to meet 37 gigawatts of demand on the day of the earthquake, resulting in power outages to 2.4 million households. Two days later, that number was down to 260,000 households. On Sunday, however, Japanese authorities asked industrial electricity users to temporarily reduce demand and Tepco said it had applied three-hour rolling blackouts to successive portions of its service territory to balance the system.

結果として、地震が発生した日の電力需要である、3700万キロワットに対して、供給されたのは 3300万キロワットに過ぎず、240万戸の家庭に停電をもたらすことになった。 そして、2日後には、停電戸数は 260,000の まで低下した。 しかし、日曜日には、日本政府から産業ユーザーに対して、一時的に消費を減らして欲しいとの要求があり、また、Tepco からはシステムを維持するための、3時間の計画停電を、隣接するサービス区域に対して、順番に適用していくとの表明があった。

(上記の 33 gigawatts および 37 gigawatts は、3.3 GW と 3.7 GW の間違い )

In fact, Junichi Abe, senior writer for the nation’s largest newspaper (Yomiuri Shimbun), wrote in the Daily Yomiuri Online yesterday that Tepco and the Japanese government were at fault for the “man-made disaster” of rolling blackouts. Despite the natural causes that led to power shortages, this writer said, Tepco and the government should have consulted large industrial power users “on their energy saving plans and determined power demand based on this, before making plans for the outages,” which included shutting down Tokyo’s rail service.

現実に、日本の最大手新聞(Yomiuri Shimbun)の Junichi Abe(senior writer)は、昨日(3/14)の Daily Yomiuri Online に、Tepco と日本政府は、計画停電という「人災」に責任を持つべきと書いている。 電力不足に導いたのは自然であるが、この著者が発言しているのは、Tepco と政府は計画停電のプランを作る前に、大口の産業ユーザーと節電計画について相談し、そこから得られる差分に基づき、電力需要を決めるべきだったという内容である。しかし、そこには、Tokyo の鉄道サービスを停止するという項目も含まれてしまうのだ。

In other words, if demand response plans were in place, the utility could have avoided cutting power to Tokyo’s rail service, which apparently compounded the national sense of confusion and resulting economic fallout.

言い換えると、需要への対応の計画が実施されていたなら、その電力会社(TEPCO)は、Tokyo の鉄道サービスへの電力供給を止めずに済んだとはずだ。それを回避できなかったことで、国家としての混乱と、経済への打撃が、さらに悪化しているように思える。

Coincidentally, I spoke recently with Mark Martinez, manager of business planning and strategy at Southern California Edison, on the subject of demand response and it became clear that his utility’s demand response portfolio has many options. Some may be applied to day-ahead spikes in wholesale prices, while other options may be used to respond to events such as transmission line failures—i.e., the sort of sudden, unplanned emergencies for which Japan is becoming the unwitting poster child.

いくつかのオプションは、全体的な電力価格の Day-shead ピークに適用されるかもしれない。 その一方で、他のオプションは、送電網の障害といった出来事に用いられるかもしれない。 つまり、日本における今の状況が、無意識うちに認識される、典型的なモデルとなるのだ。

So, while politicians and pundits in the U.S. may debate the impact that Japan’s crisis will have on our domestic nuclear industry, one lesson appears to be clear: energy efficiency and demand response plans aren’t all about air-conditioning loads on hot summer afternoons. These approaches can pay dividends under catastrophic emergency situations.

したがって、アメリカの政治家と専門家は、日本における危機が、国内の原子力産業に与える影響について討論するだけではなく、学習の対象となる、1つの事象を明らかにすべきである。つまり、エネルギーにおける効率と需給のプランは、真夏の暑い午後のクーラーのためだけに在るのではない。 こうしたアプローチは、大災害かた生じる緊急事態の下で、大きなメリットをもたらすことになる。

Coupled with grid modernization—the intelligence and technologies that make electrical grids more efficient, reliable and visible down to the end-user—an approach whose costs are also hotly debated, this toolkit of options would better prepare our grids for the next emergency. After all, California does sit on the leading edge of a continental plate.

グリッドの近代化(インテリジェンスとテクノロジーが、送電グリッドの効率と信頼性を高め、エンドユーザーに安心を与える)と結びつけるアプローチは、コストの高騰という議論を伴うが、このオプション・ツールキットは、次にやってくるかもしれない緊急時のための、より良い送電網を準備するだろう。 結局のところ、 California は、大陸プレートのエッジの上に乗っているのだ。

Phil Carson
Editor-in-chief
Intelligent Utility Daily
pcarson@energycentral.com
303-228-4757

ーーーーー

なるほど、電力供給のポートフォリオですか! つまり、日頃の電力消費のパターンが解析され、災害時のための様々なシナリオが用意されれば、状況に応じたベスト・エフォートを実施できるのですね。 もちろん、送電網の多重化などのインプリが必要になるでしょうが、そのアーキテクチャとデザインはクラウドなのです。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

いまこそ スマートグリッド を考えよう – 電力グリッドにおける多様性とセキュリティ
アメリカの原子炉において、その平均寿命は 30年となっている
GE が擁護する、福島型 原子炉 の 安全性とは ?
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
NASA から生まれ、Google や eBay が利用する、燃料電池 Bloom Box とは?
イギリス政府の歳出削減と、自然エネルギーに対する資本投下

 

%d bloggers like this: