Agile Cat — in the cloud

New York City の地下鉄では、クラウド API が吊り広告に?

Posted in .Selected, API, DaaP, Weekend by Agile Cat on February 4, 2011

New York City Touts Its API on Subway Advertisements
Adam DuVander, February 3rd, 2011
http://blog.programmableweb.com/2011/02/03/new-york-city-touts-its-api-on-subway-advertisements/

_ ProgrammableWeb

Riders on New York

clip_image001

City subways are subject to all sorts of sights. For several months, that has included prominent advertisements for the MTA API, the developer program of New York City’s transit company. The ad (pictured below) includes the headline, “Our apps are whiz kid certified.”

都会の地下鉄には、あらゆる事象が反映される。 この数カ月、New York City の 地下鉄会社 MTA における、API に関連するデベロッパー・プログラムの広告が掲載されている。 その広告には、『 オレたちのアプリは神業さ 』というヘッドラインが含まれる。

alt

The full advertisement reads:

この広告の全文は、以下の通りである:

Instead of developing transit apps ourselves, we gave our info to the people who do it best. Search the web for “NY transit apps” to see what we mean.

地下鉄アプリを自分たちで書くのではなく、その情報を、適切な人に提供したい。 Web で “NY transit apps” を検索して欲しい。 私たちの考えが、そこに書かれている。

The transit agency hasn’t always been so open, but it made a big turn-around over the last year. In January, 2010, MTA was the largest transit agency without open data. Shortly afterward, MTA released some data and in April it co-hosted an un-conference with Google.

この交通機関が、ここまでオープンになるのは驚きだが、昨年から大きな変化が見え始めた。 2010年 1月には、MTA は Open Data を持たない、最大の大手交通機関であった。 しかし、その後に若干のデータの提供するようになり、4月には Google と共同でアンカンファレンス形式のカンファレンスを開催した。

Photo via New York Observer. Hat tip: David Bressler.

ーーーーー

最近は、映画を見るには PHP を知らねばならず、地下鉄に乗るには API を知らなければならないと、、、 なにやらスゴイ時代になったものです :) ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

@_nat さんから、Twitter でコメントを頂きました ーーーーー
これは、クラウドやモバイルシフトと言うより、Gov.2.0のコンテキストの話だと思います。もっと大きな社会運動です。ぜひ、Government 2.0, Governance 2.0, Government as a Platform など、追いかけて見てください。

ーーーーー

<関連>
2011 年の クラウド API について、5 つのポイントを予想する
2倍に成長した 2010年の クラウド API – トレンドは Social と Mobile
Royal Pingdom が、クラウド API のベータ・テスターを募集!

Tagged with: , ,

Google の発想 – リクエストとレスポンスを Tree で制御する

Posted in Big Data, Google, Network by Agile Cat on February 4, 2011

Google Strategy: Tree Distribution Of Requests And Responses
transparentTUESDAY, FEBRUARY 1, 2011 AT 7:30AM
http://highscalability.com/blog/2011/2/1/google-strategy-tree-distribution-of-requests-and-responses.html

_highscalability

google

If a large number of leaf node machines send requests to a central root node then that root node can become overwhelmed:

大量の Leaf Node Machine から、センタライズされたルート・ノードにリクエストが送られると、そのルート・ノードの性能は著しく低下する:

  • The CPU becomes a bottleneck, for either processing requests or sending replies, because it can’t possibly deal with the flood of requests.
  • The network interface becomes a bottleneck because a wide fan-in causes TCP drops and retransmissions, which causes latency. Then clients start retrying requests which quickly causes a spiral of death in an undisciplined system.

  • 対象となる CPU は、リクエストの処理とレスポンスにおいてボトルネックになる。 その理由は、リクエストの洪水を取り扱えなくなるからだ。

  • 対象となるネットワーク・インターフェイスも、ボトルネックになる。その理由は、大量の論理入力数が TCP の欠落と再送を引き起こし、レイテンシーの原因を作るからだ。 したがって、クライアントからのリクエストが繰り返され、未熟なシステムの場合には、連鎖的なダウンが生じてしまう。

One solution to this problem is a strategy given by Dr. Jeff Dean, Head of Google’s School of Infrastructure Wizardry, in this Stanford video presentation: Tree Distribution of Requests and Responses.

この問題を解決するソリューションが、Google の School of Infrastructure Wizardry のヘッドである、Dr. Jeff Dean から提供されている。 この Stanford のビデオ・プレゼンテーションTree Distribution of Requests and Responses を参照して欲しい。

Instead of having a root node connected to leaves in a flat topology, the idea is to create a tree of nodes. So a root node talks to a number of parent nodes and the parent nodes talk to a number of leaf nodes. Requests are pushed down the tree through the parents and only hit a subset of the leaf nodes.

フラット・トポロジーで、ルート・ノードを Leaf に接続するのではなく、ノードのツリーを構成するという発想である。 したがって、ルート・ノードは多数のペアレント・ノードを会話し、それぞれのペアレント・ノードが、多数のリーフ・ノードを会話するようになる。リクエストは、このツリーを介してペアレントに伝搬され、要請対象となるリーフ・ノードのサブ・セットだけに到達する。

With this solution:

  • Fan-in at each level of the tree is manageable. The CPU cost of processing requests and responses is spread out across all the parents, which reduces the CPU and network bottlenecks.
  • Response filtering and data reduction. Ideally the parent can provide a level of response filtering so the root only sees a subset of the response data. This further reduces the network and CPU needed by the root.
  • Collocation. The parent can be collocated with leaves on one rack, which keeps all that traffic off your datacenter networks. 

  • ツリー内の各レベルにおける論理入力数を管理する. リクエストとレスポンスにおける CPU コストは、すべてのペアレントに分散される。したがって、CPU とネットワークのボトルネックが緩和される。
  • レスポンス・フィルターとデータ量の低減. 理想的には、ペアレントがレスポンス・フィルタのレベルを提供すべきだ。 それにより、ルートは、レスポンス・データのサブ・セットだけを参照できる。 したがって、ルートが必要とする CPU をネットワークを、減らすことが可能となる。

  • 配置の方式.1台のラック上で、ペアレントと複数のリーフを接続できる。それにより、データセンター内のトラフィックを低減できる。

In Google’s search system, for example:

  • Leaves generate their best 10 or 15 responses.
  • Parents return the best 20-30 responses out of the 30 leaves the parent is responsible for.
  • This is a large degree of data reduction compared to the case the root had to process all that data directly.

  • それぞれのリーフは上位10~15件のレスポンスを生成する。
  • それぞれのペアレントは、対応する 30 リーフから得られるレスポンスの内、上位20~30件を返す。
  • 以上により、すべてのデータに対してルートがダイレクトに対応する場合と比較して、データ処理が大幅に効率化される。

ーーーーー

こういうノウハウが、メディアを通じて共有されていくことは、とても重要なのでしょう。 Google や Facebook は、運用における知識を惜しげもなく提供してくれますね。 良いことです! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
もう SLA なんて不要だ – Google が自慢する究極のインフラ
Google Megastore – 1日で 30億 Write/200億 Read のトランザクションを実現
Google Instant では、リアルタイム検索のために MapReduce を排除!
Google にテクノロジー・リーダーの称号を与える 10種類のプロダクト

Verizon に買収されても、Terremark はキャリア・ニュートラルを維持すると言うが

Posted in Data Center Trends, Network, Telecom by Agile Cat on February 4, 2011

Verizon: Terremark Will Remain Carrier-Neutral

January 28th, 2011 : Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2011/01/28/verizon-terremark-will-remain-carrier-neutral/

_ DC Knowledge

Can a telecom carrier own a carrier-neutral Internet exchange point? Many in the data center industry may be skeptical of the idea. But executives at Verizon insist that its $1.4 billion acquisition of Terremark will not mean any changes for Terremark’s carrier-neutral colocation business.

通信事業者は、キャリア・ニュートラルなインターネット・エクスチェンジ・ポイントを所有できるのか? 大半のデータセンター事業者は、こうした発想に対して懐疑的かもしれない。 しかし、Terremark を $1.4 billion で買収すると主張する Verizon の経営陣は、Terremark におけるキャリア・ニュートラルなコロケーション・ビジネスを変えるつもりはないと言う。

Verizon (VZ) said yesterday that it will buy Terremark (TMRK) for $19 a share as a way to accelerate its “everything-as-a-service” cloud computing strategy. The deal is driven by Terremark’s progress in managed services and cloud computing, but Verizon said it also valued the colocation business. That point was emphasized by executives of both companies in a conference call this morning.

昨日(1/27)のことだが、Verizon(VZ)は “everything-as-a-service” クラウド・コンピューティング戦略を加速させるために、Terremark(TMRK)を 1株あたり $19 で買収することになると発言した。 この取引は、Terremark におけるマネージ・サービスとクラウド・コンピューティングが目玉とされるが、Verizon は同様に、コロケーション・ビジネスを高く評価するという。 そのポイントは、今朝に行われた電話会議において、両社の経営陣により強調された。

Terremark an Independent Subsidiary

The NAP of the Americas, the huge Terremark data center in downtown Miami. Verizon says it will buy Terremark (and the NAP) for $1.4 billion. ⇒

“We have very specifically set Terremark up as a wholly-owned subsidiary, and Manny and his team will be independent,” said Lowell McAdam, president and chief operating officer of Verizon. “We’re not going to try to cramp their style at all. There will be no moves to take certain customers out of play.”

『 Terremark は 100% 所有の子会社として定義されるが、Manny のチームの独立性は保たれる。私たちは、彼らのスタイルを拘束しようとは思わない。 特定の顧客を排除することなど、あり得ないだろう』と、Verizon の President and CEO である Lowell McAdam は発言している。

“Our business model is not changing,” said Terremark CEO Manuel Medina. “Our carrier-neutral colocation business will continue as is.”

また、Terremark の CEO である Manuel Medina も、『 私たちのビジネス・モデルは変化せす、キャリア・ニュートラルなコロケーション・ビジネスも、そのまま継続される 』と発言している。

How will this play? The carrier hotel industry was born out of unhappiness with incumbent telcos and challenges in deploying equipment in central offices. After the Telecom Act of 1996 opened the U.S. phone market to competitive carriers, incumbent phone companies were directed to provide their new rivals with access to central offices to house equipment and make connections.

どのような展開になるのだろうか?キャリアの賃貸ビジネスは、そのころの電話会社の状況と、主要なオフィスに設備を配置していくという、不幸なチャレンジから生まれている。 1996年に Telecom Act が開催された後、アメリカの通信マーケットは競合の中に放りこまれた。 つまり、当時の電話会社は、主要なオフィスと設備機器へのアクセスおよび、コネクションの確立を、新しいライバルに提供するように指示されたのだ。

The new carriers were largely unhappy with the arrangement, and soon began leasing space for their equipment in sturdy buildings located next to telco central offices. This strategy provided easy access to telco networks, but with the additional control and space they desired. Carriers and data center providers quickly filled buildings like 60 Hudson Street in New York, One Wilshire in Los Angeles, 350 East Cermak in Chicago and 401 North Broad Street in Philadelphia.

そしてキャリアたちも、この取り決めには不満であり、電話会社の主要オフィスの隣りに位置する頑丈なビルを、自身の設備を配置するためにリースし始めた。 この戦略により、電話会社のネットワークに対する容易なアクセスが提供されたが、さらなる制御と空間が望まれた。たとえば、New York 60 Hudson Street や Los Angeles の One Wilshire、Chicago の 350 East Cermak、そして Philadelphia の 401 North Broad Street といった建物が、キャリアとデータセンター・プロバイダーにより、瞬く間に埋まっていった。

Terremark’s NAP of the Americas in Miami was the first effort to build a major Internet exchange from the ground up, as a dedicated data center building. More than 160 global carriers exchange data at the huge, 750,000 square foot building, which is a key Internet gateway to Latin America.

Miami にある Terremark の NAP of the Americas は、データセンター専用のビルとしてゼロから構築された、最初のインターネット・エクスチェンジである。
750,000平方フィートという広大な建物で、160 社以上のグローバル・キャリアがデータを交換しており、また、Latin America へ向けた主たるインターネット・ゲートウェイとして機能している。

Will those carriers be comfortable with Verizon as their landlord – even if Terremark continues to manage the property? Despite the assurances that Terremark will remain carrier-neutral, securities analysts wondered whether the deal might lead to the loss of revenue from customers who remain unconvinced and depart.

たとえ、資産を運用し続けるのが Terremark だとして、それらのキャリアは、家主としての Verizon と気軽に同居であきるだろうか? キャリア・ニュートラルであることを、Terremark が保証するにもかかわらず、納得しない顧客が去ってしまうことで、その収益に影響がおよぶと、証券アナリストたちは予想している。

“From a carrier-neutral perspective, we don’t think (customer loss) is a big risk,” said Fran Shammo, Verizon’s Chief Financial Officer.

『 キャリア・ニュートラルという視点において、私たちは大きなリスクを冒さない 』と、Verizon の CFO である Fran Shammo は発言している。

What do you think? Will it remain business as usual? Share your thoughts in the comments.

あなたは、どう考えるだろうか? これまでどおりに、ビジネスは継続するのだろうか? コメントで、意見を共有していきたい。

ーーーーー

サービスを提供する企業の垂直統合は、なかなか簡単ではないようですね。 こうした問題が、今後はあちらこちらで見かけられるようになるのでしょうね。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
クラウド企業 大型買収 一覧表 2011年
AT&T が Qualcomm に $1.9 Billion を支払う、超弩級の帯域契約とは?
AT&T が iPhone 用にデータセンターを増強
NTT と KDDI の アジア戦略をアメリカ目線で確認する

%d bloggers like this: