Agile Cat — in the cloud

Amazon は Beanstalk で、Microsoft と Salesforce に対抗していく!

Posted in Amazon by Agile Cat on January 20, 2011

Amazon plants Microsoft and Salesforce blocking Beanstalk
Java today, Ruby tomorrow?
By
Gavin Clarke in San Francisco
Posted in Developer, 19th January 2011 20:31 GMT
http://www.theregister.co.uk/2011/01/19/amazon_beanstalk/

image

Amazon is hiding the complexity of deploying web applications to its vast cloud – a complexity that’s letting rivals catch up.

Amazon は、その巨大なクラウド空間に Web アプリケーションをディプロイする際に生じる、複雑さを隠し込むことでライバルたちに追いつこうとしている。

The book-seller-turned-service-provider has introduced a service called Elastic Beanstalk that it has promised will have your web app up and running within "minutes".

この書店から生まれたサービス・プロバイダーは、Web アプリケーションのアップと実行を数分で可能にする、Elastic Beanstalk と呼ばれるサービスを導入した。

Beanstalk handles provisioning and deployment, and automatically monitors the application and the performance of the specific EC2 instance that your application is running on.

Beanstalk はプロビジョニングとディプロイメントに対応し、また、アプリケーションを実行している EC2 インスタンスの、アプリケーション自身とパフォーマンスを自動的にモニターする。

You upload your application to Elastic Beanstalk through the AWS Management Console, the AWS Toolkit for Eclipse, or the Elastic Beanstalk command-line tools or API.

AWS Management Console あるいは、AWS Toolkit for Eclipse、そして、Elastic Beanstalk コマンド・ライン・ツールあるいは API を介して、対象となるアプリケーションを Elastic Beanstalk へアップロードできる。

The service straddles Amazon EC2, Amazon S3, Amazon Simple Notification Service, Elastic Load Balancing, and Auto-Scaling services.

このサービスは、Amazon EC2 および、Amazon S3、Amazon Simple Notification Service、Elastic Load Balancing、Auto-Scaling などのサービスにまたがるものとなる。

Amazon

One of the outstanding criticisms of the Amazon EC2 cloud is the sheer range of raw application configuration and deployment options on offer to devs. It spans different instances, load balancing, location, data-transfer rates, and block-storage infrastructure and pricing options.

これまでの Amazon EC2 クラウドに対する顕著な批判として、手を加えられないアプリケーション・コンフィグレーションの領域と、開発者に提供されないディプロイメント・オプションがあった。 それは、それぞれのインスタンスや、ロード・バランシング、ロケーション、データ転送レート、ブロック・ストレージ・インフラストラクチャ、そして価格設定のオプションに関係してくる。

Amazon said that Beanstalk means "developers don’t need familiarity with AWS services to begin running their applications on the AWS technology infrastructure platform."

Amazon は Beanstalk につて、『 デベロッパーは AWS サービスに精通することなく、自身のアプリケーションを AWS テクノロジー・インフラストラクチャ・プラットフォーム上で実行できる 』と発言している。

Amazon’s complexity has created opportunity for others in a field Amazon has pioneered. Some are service providers riding on top of Amazon, using the giant’s infrastructure but providing a simple to use and understand interface – providers such as Heroku, which hosts applications built using Ruby on Rails.

Amazon の持つ複雑さは、この領域のパイオニアたちにビジネス機会を作ってきた。この 巨大な Amazon の上で、そのインターフェイスを使いこなすサービス・プロバイダーがいる。 しかし、Heroku のような、Ruby on Rails で構築したアプリケーションをホストする、シンプルに利用でき、理解も容易なインターフェイスを提供するものもいる。

Heroku was bought by Salesforce.com late last year to increase its footprint as a cloud host among Ruby developers and to complement its existing attempt to provide a cloud for Java apps through VMforce.

Ruby デベロッパーの間で、クラウド・ホストの実績を積み上げてきた Heroku は、昨年の末に Salesforce.com に買収された。そして、 Java アプリケーションを、VMforce を介してクラウドに提供することで、その戦略を補完しようとしている。

The first release of Elastic Beanstalk targets Java developers familiar with the Apache Software Foundation’s Tomcat, but Amazon said Beanstalk can be extended to support multiple development stacks and programming languages.

Elastic Beanstalk の最初のリリースは、Apache Software Foundation の TonmCat に精通した、Java デベロッパーをターゲットにしている。 しかし、多様な開発スタックとプログラム言語をサポートするために、Beanstalk は拡張されていくだろうとAmazon は語っている。

Amazon didn’t say what’s next, but it is "working actively" with solution providers on the APIs and the capabilities to expand Beanstalk. Ruby promises to be one of the first additions, as Amazon is working with Engine Yard to build an Elastic Beanstalk Ruby-on-Rails container.

次に来るものについて、Amazon は発言していないが、API を活用するソリューション・プロバイダーへの対応と、Beanstalk を拡張する機能が、作業のアクティビティとなる。 Elastic Beanstalk Ruby-on-Rails コンテナの開発のために、Amazon と Engine Yard は共同で作業している。 つまり、Ruby は、最初に追加されるプラットフォームとして約束されている。

Microsoft, with its fledgling Azure, is offering simplified deployment options for .NET developers building apps for the cloud. It’s turning Azure into just another deployment option for Visual Studio along with the client and server, while also offering storage concepts already familiar to devs through SQL Azure – a relational storage system.

Microsoft は、生まれて間もない Azure により、クラウド・アプリケーションを構築する .NET デベロッパーに対して、単純化されたディプロイメント・オプションを提供している。 それにより、Azure へのデプロイメントはクライアント/サーバーと同じかたちに、Visual Studio のディプロイメント・オプションを介して置き換えられている。それと並行して、 リレーショナル・ストレージ・システムである SQL Azure により、開発者に対してストレージの概念も提供されている。

Amazon isn’t lacking in applications running on EC2. Cloudkick, bought by Rackspace in December, is reported to have calculated that Amazon is running 90,000 "virtual computers" a day. The number’s based on the number of virtual machines on Amazon’s cloud.

Amazon は、EC2 上で実行されるアプリケーションを欠いているわけではない。12月に Rackspace に買収された Cloudkick によると、Amazon は 1日あたり、90,000 の 『仮想コンピュータ』を実行している計算になる。 もちろん、この数は、Amazon クラウド上の、仮想マシンの数に基づいたものとなる。

It’s not-so-hidden complexity, though, could help blunt Amazon’s advance in the cloud and let others like Microsoft and start-ups like Heroku close the gap among devs. ®

それは、複雑さを隠すというより、クラウドにおけるAmazon の先進性を促進するものであり、Microsoft や Heroku のようなスタートアップとの、開発におけるギャップを縮めるものになる。®

ーーーーー

なんというか、この領域は、AWS、Azure、Salesforce  の三つ巴という感じなのでしょうかね。 さらに、OpenStack も加わってくるはずなので、なかなかの賑わいとなりそうです。詳細に関しては、以下の関連リンクから ど~ぞ! ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
【AWS発表】 AWS Elastic Beanstalkの発表
AWS 用のモバイル・アプリを作るなら、Amazon Appstore へ登録を!
Android と iOS のデベロッパーへ、Amazon AWS からのラブコール
Amazon S3 – 5 TB のシングル・オブジェクトは お好き?
GPGPU を用いたソートについて考える – James Hamilton
スループット指向のアーキテクチャ- Amazon EC2 で GPU を正しく使うために
Amazon DC が やって来た – アイルランドでのシェアを調査

クリーン・エネルギーへの投資が、全世界で $243B (20兆円) に達した

Posted in Government, Green IT, PaaS by Agile Cat on January 20, 2011

Global Clean Energy Investment Hits $243B
By Katie Fehrenbacher
Jan. 11, 2011, 3:00pm PDT
http://gigaom.com/cleantech/global-clean-energy-investment-hits-243b/

_ Gigaom

We can thank China, offshore wind and European solar rooftops for a record $243 billion of global investment into clean power — including funding mechanisms like the public markets, private investment, government funding, asset financing and corporate spending — according to new figures out from Bloomberg New Energy Finance. That is a whole lot of money, and a good reason for greentech companies and entrepreneurs to remain optimistic despite a potential back off from greentech VCs in Silicon Valley.

クリーンな電力へのグローバルな投資が、$243 billion を記録したことに関して、私たちは、中国と、沖合からの風と、ヨーロッパの住宅に取り付けられたソーラ・パネルに感謝すべきだろう。 そして、それらの資金には、パブリックな市場、個人投資家、政府系の資金、資産担保金融、そして企業により投資などが含まれる。こうした新しい構図は、Bloomberg の New Energy Finance を読めば理解できる。 それは、きわめて多額の資金であり、Green Tech 企業にとって朗報であり、また、Silicon Valley で VC たちが Green Tech から手を引く可能性にもかかわらず、それらの起業家を楽観的にさせる。

money2-e1294782475598

In fact, that $243 billion total is over 30 times what greentech VCs spent in 2010 by themselves, and according to the Cleantech Group venture capitalists invested about $7.8 billion into 715 deals over the same time period. Which begs the question, does green technology really need the VC community’s investment all that much?

実際に、この $243 billion という総額は、2010年に Green Tech VC たちが投資した金額の 30倍に相当する。 そして、Cleantech Group VC グループによると、それと同じ期間に、$7.8 billion の資金が 715 の案件に対して、投資されたという。このことは、すべての Green Tech 企業が、本当に VC コミュニティからの投資を必要とするかという、今後の疑問に回答している。

Well, a big chunk of the Bloomberg New Energy Finance total is from asset financing, which provides money for building out mostly utility-scale clean power infrastructure. VCs don’t have those type of funds, nor the desire to do that type of investing. Likewise government funding, and corporations, are also providing a sizable amount of money right now for basic greentech R&D, and VCs mostly don’t want to be in that game either.

Bloomberg の New Energy Finance  において、大口の投資は、資産を担保とする金融筋からのものである。そして、公共事業スケールのクリーン電力インフラストラクチャの構築に対して、資金を提供するのが一般的である。 そのようなタイプの資金を VC は持ち得ず、また、そのような投資も望まない。さらに、政府系の資金や企業からの投資も、基本的な Green Tech  R&D に向けた大口の資金となり、そこも、VC たちが参入したがらない領域である。

But where VCs do excel historically (though current greentech investing hasn’t proven this out yet) is by finding disruptive startups that can be game changers — ie. the long sought-after Google of greentech. Until there’s a good greentech distruptor candidate to point to, that type of investing is hard to quantify.

しかし、歴史的に見て、VC が卓越しているところは、ゲーム・チェンジャーになり得る破壊的な新会社を、つまり、長らく望まれている、Green Tech における Google のような企業を見つけ出すことだ。 Green Tech を変化させる候補者を見つけ出すまで、この種の投資が差し控えられることは無いだろう。

In the meantime, here’s a break down of the different types of clean power funding in Bloomberg New Energy Finance’s global figures for 2010:

その間に、2010年における Bloomberg New Energy Finance が指し示す、それぞれのクリーン・パワーを取り込んだ、全体的な構図を分類しておこう:

  • Global distributed clean power, which is largely rooftop solar, generated $59.6 billion in investment.
  • Clean power investment in China jumped to $51.1 billion.
  • Global government R&D spending hit $21 billion.
  • Corporate clean energy R&D spending reached $14.4 billion.
  • Public market investments for clean power generated $17.4 billion, which was below the 2007 public market figure of $24.6 billion.
  • Asset financing, which is mostly for utility‐scale wind, solar and biofuel projects, generated $127.8 billion.

  • ソーラ・パネルが大半を占める分散クリーン・パワーは、$59.6 billion の投資を集めた。
  • 中国におけるクリーン・パワーへの投資が、$51.1 billion に跳ね上がった。
  • 政府系の R&D 投資が、$21 billion に達した。
  • 企業によるクリーン・エネルギー R&D 投資が、$14.4 billion に達した。

  • パブリック市場からのクリーン・エネルギー R&D 投資は、$17.4 billion に達した。それは、2007年の $24.6 billion を下回る。

  • 公共企業スケールにおける、風力、太陽光、バイオ燃料のプロジェクトに、その大半がつぎ込まれる資産担保型の資金が、$127.8 billion に達した。

Related Content From GigaOM Pro (subscription required):

Image courtesy of yomanimus.

ーーーーー

気の遠くなるような金額ですが、当分の間は、この領域を中心にして、世界経済が回転していくような気がします。 一過性のものではなく、継続的なかたちで進んで欲しいですね。ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
NASA から生まれ、Google や eBay が利用する、燃料電池 Bloom Box とは?
イギリス政府の歳出削減と、自然エネルギーに対する資本投下
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
SOHO と ONLINE が、カーボン排出を増やしているという、ショッキングな調査結果
Intel が、スマート・グリッド系ベンチャー企業に投資を開始
Cisco による Arch Rock の買収 – 狙いはスマート・メーターの標準化と IPv6 の推進か?
どのようにして、Google Energy は Green Data Center を目指すのか?
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言

iPhone 用の OneNote について Microsoft が語る

Posted in Apple, Microsoft, SOHO with Cloud by Agile Cat on January 20, 2011

Microsoft Releases OneNote, Its First Office App for iPhone
By
Audrey Watters
January 18, 2011 11:15 AM
http://www.readwriteweb.com/archives/microsoft_releases_onenote_its_first_office_app_fo.php

image

No, it’s not Microsoft Word or Excel, but with the release of OneNote Mobile for iPhone today, Microsoft has made the first move towards putting its Office suite on the iPhone.

Microsoft Word でもなく、Excel でもないが、OneNote Mobile for iPhone が今日になってリリースされたことで、iPhone 上に Office Suite を展開していくという、Microsoft の第一歩が示された。

clip_image001

It’s a note-taking app, and the mobile version lets you easily jot down notes, record audio, and scan documents. The app will sync information with your OneNote notebooks via Windows Live SkyDrive, and you’ll be able to access your notes online via Office Web Apps. "While the OneNote Mobile app naturally doesn’t have all of the functionality of the full OneNote 2010 desktop application for your computer," says Microsoft, "it’s optimized for your iPhone’s display and lets you handle the basics with ease." OneNote is also Windows only; there’s no native Mac version.

OneNote はノートをとるためのアプリケーションであり、今回のモバイル・バージョンにより、ノートへの容易なメモの書き込みや、音声の録音、ドキュメントのスキャンなどが、iPhone でも実現される。 このアプリケーションでは、Windows Live SkyDrive を介したノートブックの同期が可能であり、また、Office Web Apps によるオンライン・アクセスも実現される。『 OneNote  Mobile では、当然のこととして、PC で使用する OneNote 2010 のフル機能を実装しているわけではない。 しかし、iPhone での表示に最適化され、その基本的な機能を容易に利用できる 』 と、Microsoft は発言している。一言を加えておくと、OneNote は Windows のみに対応しており、ネイティブの Mac バージョンが提供されていない。

OneNote may be one of the lesser known products of the Office suite, although according to Microsoft, it is installed on 78 million PCs in the U.S. But the move to release this piece of the office suite is interesting nonetheless, particularly now that Microsoft has its own mobile phone, the Windows Phone 7. Device doesn’t matter, says Microsoft, but Office apparently still does. According to Microsoft Office unit Vice President Takeshi Numoto, "Whether it’s on a PC or Mac, a mobile phone or online through the Web Apps on multiple browsers, we continue to bring Office to the devices, platforms, and operating systems our customers are using.

OneNote は、Office Suite の中ではマイナーな存在として認識されているかもしれないが、アメリカ市場では 78 million の PC にインストールされている。 そして、いまでは Microsoft が自身のモバイル・フォン  Windows Phone 7 を有しているだけに、この Office Suite の一部をリリースするという動きは興味深い。 デバイスが重要なのではなく、Office が重要なのだと、Microsoft を言う。 Microsoft Office 部門の Vice President である Takeshi Numoto は、『 PC や Mac に関係なく、さらには、モバイル・フォンの種類や、マルチ・ブラウザ上の Web Apps の種類にも関係なく、顧客が使用しているデバイス/プラットフォーム/オペレーティング・システム上に、私たちは Office を提供し続けていく』と、発言している。

The app is free, but only for a limited time.

このアプリケーションは無償で提供されるが、試用期間が定められている。

ーーーーー

誰もが待ち望んでいた展開ですね。 クロス・プラットフォームという、Microsoft としては取り扱いの難しい命題ですが、上手く処理して欲しいですね。 Tekeshi Numoto さんの発言にある、顧客セントリックな展開を期待します。 ーーー __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>
OneNote 2010 が Evernote に負けているのは ココだ!
Evernote が 400 万ユーザーに達した! – その理由は?
クロス・プラットフォームへの賛同票を、あっという間に 500万人から集めた Evernote !

%d bloggers like this: