Agile Cat — in the cloud

【 保存版 Pingdom 調査 】インターネットは、この 10年間で、どれだけ成長したのか?

Posted in .Chronicle, Asia, Research, Web Scale by Agile Cat on October 27, 2010

The incredible growth of the Internet since 2000
Posted in Main on October 22nd, 2010
by Pingdom
http://royal.pingdom.com/2010/10/22/incredible-growth-of-the-internet-since-2000/

image

09101bed-2c47-4ff1-8a1d-18d7acc9a229

It doesn’t feel like 2000 was all that long ago, does it? But on the Internet, a decade is a long time. Ten years ago we were in the era of the dot-com boom (and bust), the Web was strictly 1.0, and Google was just a baby.

西暦 2000年は、遠い過去なのか? それとも、違うのか? しかし、インターネットの世界では、それは遥か彼方である。 10年前の私たちは、ドットコム・ブームの時代(そして不景気)にあり、Web は 1.0 であり、Google は生まれたばかりであった。

Since then people have welled onto the Internet. You don’t actually realize how many more people are on the Internet now until you start comparing numbers. This article is an in-depth study of how the number of Internet users has grown in the past decade.

それからというもの、人々はインターネットに殺到した。 この 10年間におけるインターネット人口増加を把握するためには、いくつかの数字を比較しなければならない。 この記事では、インターネット・ユーザー数の、この 10年間における増大について、綿密に調査した結果を紹介する。

We’ll start with the whole world, then world regions, then break it down even further into countries. As you’ll see, a lot has happened.

まず、世界全体のデータから確認し、続いて地域と国別に見ていこう。 あなたが知っているように、そこには数多くの事象がある。

Worldwide Internet users, 2000 and 2010

First off, the one thing you probably wanted to know right away. Here is how much the Internet has grown since the year 2000.

最初は、誰もが知りたい情報から始める。 以下のグラフは、西暦 2000年と 2010年の、インターネット人口の比較である。

cdf7f6be-607d-43e5-880f-3ac715b9a636

There were only 361 million Internet users in 2000, in the entire world. For perspective, that’s barely two-thirds of the size of Facebook today.

全世界における 2000年のインターネット人口は、わずか 3億 6100万人に過ぎない。 この人数は、現時点の Facebook ユーザー数の 2/3 に該当する程度である。

The chart really says it all. There are more than five times as many Internet users now as there were in 2000. And as has been noted elsewhere, the number of Internet users in the world is now close to passing two billion and may do so before the end of this year.

その全てを、上記のグラフが言い表している。 2000年と比較して、その 5倍以上のインターネット・ユーザーが、いまでは存在する。 その他の特筆すべき点として、このインターネット人口は 20億人に近づきつつあり、そのラインを今年の終わりまでに突破するだろう。

The Internet hasn’t just become larger, it’s also become more spread out, more global.

インターネットは成長を続け、よりグローバルなものに成りつつある。

  • In 2000, the top 10 countries accounted for 73% of all Internet users.
  • In 2010, that number has decreased to 60%.
  • 2000 年には、TOP の 10 ヶ国が、インタネーット人口全体の 73% を占めていた。
  • 2010年には、その比率が 60% に低下している。

This becomes evident when viewing the distribution of Internet users for the top 50 countries in 2000 and in 2010. Note how much “thicker” the tail of the 2010 graph is.

その傾向は、2000年と 2010年のトップ 50カ国における、インターネット人口の分布を見れば明らかである。 2010年のグラフにおいて、右へと伸びる領域が、分厚くなっている点に注意して欲しい。

b4f9c74b-9506-4e72-9174-2cd7b31c96aa

Thanks to this growth, there are now many more countries with a significant presence on the Internet. Here’s another way to see how much things have changed:

この成長のおかげで、今日のインターネットには、これまで以上にプレゼンスを発揮する国々が存在している。 こうした変化を見るために、別の切り口を以下の紹介する:

image

Internet users by world region, 2000 and 2010

Now that we’ve established that the number of Internet users is more than five times as large as it was in 2000, how has that growth been distributed through the different regions of the world?

インターネット人口が 2000年との比較において、5倍以上に増大していることが把握できたが、それぞれの地域における成長率はどうなっているのだろう?

46c909b0-7226-444f-8bb7-b04948ded91e

Back in 2000, Asia, North America and Europe were almost on an even footing in terms of Internet users. Now in 2010, the picture is a very different one. Asia has pulled away as the single largest region, followed by Europe, then by North America, and a significant distance exists between the three.

2000年の時点では、Asia/North America/Europe におけるそれぞれのインターネット人口が、ほぼ同数であった。 しかし、2010年になると、まったく別の様相を示している。 Asia が最大の領域へと成長し、その後に Europe と North America が続くが、それぞれの間隔は大きなものとなってきている。

It’s also highly notable how the number of Internet users in Africa has increased. In 2000, the entire continent of Africa had just 4.5 million Internet users. In 2010 that has grown to more than 100 million.

また、Africa におけるインターネット人口の増加も顕著である。 2000年の段階では、Africa 全体のインターネット人口は、わずか 450万人に過ぎなかった。 しかし、2010年には、1億人以上になっている。

image

Top countries, 2000 and 2010

Let’s start with what the situation looked like ten years ago. Note how the United States had more than twice as many Internet users as any other country.

まず、10年前の状況から確認していこう。 その国々と比較して、United States が 2倍のインターネット人口を有していた点に注意して欲しい。

image

Now compare it with the situation today (we included the position in 2000 within parenthesis):

以下は、現時点における比較である(カッコ内は10年前の順位)

image

Comparing the top 10 in 2010 with that of 2000, the countries have been shuffled around quite a lot, with China now firmly at the top.

2010年と 2000年でのトップ 10 の比較において、その順位には大きな変動があり、いまでは China がトップになっている。

New arrivals in the top 10 are India, Brazil, Russia and Nigeria. This of course means that some other countries have dropped out. South Korea is now at number 11, Italy at number 15, Canada at number 20, and Australia at number 27.

そして、トップ 10 の圏内に、India/Brazil/Russia が登場している。 したがって、いくつかの国々が脱落している。 South Korea は 11位であり、Italy は 15位、Canada 20位、Australia 27位という順序になっている。

And look closely at the numbers for Nigeria. In 2000, the country had 200,000 Internet users. Contrast that with today’s 44 million. That’s quite a boost.

そして、Nigeria の値い注目して欲しい。 2000年には 20万人であったが、 現在では 4千4百万という、 急激な増加をみせている。

Although the United States has lost its position as the largest country on the Internet to China, it’s still one of the “big two.”

China が最大のインターネット大国となり、そのポジションを United States が失っているが、依然として、この二国が 『トップ 2』 を形成している。

  • The United States and China are currently the only two countries with more than 100 million Internet users.
  • China has more Internet users in 2010 than the entire Internet did in 2000. The country has actually grown with more Internet users than the entire Internet had in 2000.
  • United States and China だけが、現時点において 1億人以上のインターネット人口を抱えている。
  • China における現時点のインターネット人口は、2000年における全世界のインターネット人口よりも多い。 また、前述の世界人口よりも多くのインターネット人口を、その増加分として加えている。
Top gainers (countries)

Since we’re looking at how things have changed between 2000 and 2010, we thought we’d include a section here showing which countries have grown the most on the Internet.

インターネット大国として、United States は China の後塵を拝配しているが、依然としてトップ 2 を保っている。

image

There’s another interesting segment, countries that have managed to grow their numbers with tens of thousands of percent. These are countries that had a very weak Internet presence ten years ago, but have now managed to gain much wider access to the Internet. One of these countries, Nigeria, has even grown to the extent that it’s now the 10th largest country on the Internet.

別の興味深いセグメントとして、インターネット人口が数万倍に成長している国々の存在が挙げられる。 それらの国々は、10年前にきわめて弱いインターネット・プレゼンスしか持ち得なかったが、いまでは多くのインターネット・アクセスを実現している。 その 1つが Nigeria であり、いまでは 10番目のインターネット大国へと成長している。

image

Although most of these countries are still relatively small on the Internet, you have to remember that some of them either don’t have huge populations, or are in less-than-ideal situations in terms of for example infrastructure. But there’s no doubt that developing countries are starting to catch up.

相対的に見て、それらの国々は、インターネット上で小さなプレゼンスしか持ち得ないが、それほど多くの人口を有することもなく、また、インフラストラクチャなどがインターネットの理想とはほど遠い状態にあることを、覚えておかなければならない。 しかし、こうした発展途上国が追いつき始めていることに疑いはない。

Conclusion

If anyone ever thought the Internet was something of a fad, those mouths have been permanently silenced during the past decade, and these numbers show why.

たとえ、インターネットが一過性のものだと発言する人がいたとしても、この 10年の間に、その口は塞がれた。 そして、何故かという問に対する答えが、ここで示した数字にある。

We also like how the Internet is becoming more widely distributed across the world. It’s no longer a club dominated by a few top countries.

そして、インターネットが世界中に分散されていることも、多くの人々に支持される理由である。 つまり、少数の先進の国により支配されるクラブではないのである。

And you have to admit that it’s interesting looking back and realizing how relatively small the Internet was back in 2000. The 361 million Internet users from back then seem a tiny amount compared to today’s (almost) 2 billion.

そして、2000年を振り返って、如何にインターネットが小さな存在であったのかと、人々は認めなければならない。 当時の、3億6100万人のインターネット人口は、今日における 20億人の一部に過ぎない。

Data source:
Internet World Stats.

ーーーーー

いやぁ~~~ 良い調査レポートですね。 Agile_Cat の場合ですが、目からウロコのところが、たくさん有りました。 今後の 10年で、どのように変化するのでしょうかね?  誰か、予測してくれないかなぁ ~~~ A.C.

ーーーーーー

<関連>
NTT と KDDI の アジア戦略をアメリカ目線で確認する
なぜ、Google はアジアの海底ケーブルに投資する?

 

Microsoft が OpenStack に参加する背景を GIGAOM が解説

Posted in Microsoft, OpenStack by Agile Cat on October 27, 2010

Microsoft Joins OpenStack to Add Hyper-V Support
By Derrick Harris
Oct. 22, 2010, 10:14am PDT
http://gigaom.com/cloud/microsoft-joins-openstack-to-add-hyper-v-support/

_ Gigaom

Yesterday, OpenStack became wholly available; today — in what could be considered a very big deal — Microsoft has joined the effort. Well, indirectly, at least.

昨日(1/21)、 OpenStack のフル・バージョンが利用できるようになった。 そして、今日(10/22)、とても大きな出来事があった。 つまり、この活動に、Microsoft が参加したのだ。少なくとも、間接的には、そう見える。。。

According to the official announcement, Microsoft will provide technical guidance and assistance to startup Cloud.com to add Hyper-V support to its CloudStack offering. Once completed, Cloud.com will “develop the code to support OpenStack on Windows Server 2008 R2 Hyper-V” and add it to the OpenStack code repository.

今回のオフィシャルな発表によると、Cloud.com が CloudStack で Hyper-V をサポートするための、テクニカルなガイダンスとアシストを Microsoft が提供する。 それが完了すると、 Cloud.com は、『 Windows Server 2008  R2 Hyper-V 上で OpenStack をサポートするためのコードを開発 』し、それを OpenStack コード・リポジトリに加えることになる。

59c30934-b9bd-4e33-80d0-f3fdb119c99b

Microsoft Hyper-V support is huge for both Cloud.com and OpenStack because Hyper-V adoption is rising fast. In the fourth quarter of 2009, for example, IDC estimated that Hyper-V licenses rose by 215 percent, compared with 19 percent for VMware ESX. Increasingly, it appears that cloud-computing software providers wanting to lure customers will need to support Hyper-V. Cloud.com is riding a momentum wave after its big private-cloud installation at Korean telco KT, and Hyper-V support will only help.

Hyper-V の利用が急速に増大しているため、Microsoft Hyper-V のサポートは、Cloud.com と OpenStack にとって重要な要件である。 例として、2009年の第4四半期に IDC が行った調査によると、VMware ESX の 19% と比較して、Hyper-V のライセンスは 215% という成長率を得ている。 したがって、顧客を取り込みたいと考えるクラウド・コンピューティングのソフトウェア・プロバイダは、Hyper-V サポートへの必要性を高めている。そして、Korean telco KT の大規模プライベート・クラウドを実装した後に、勢いに乗る Cloud.com にとって、Hyper-V のサポートが必須になっている。

For OpenStack, Hyper-V support could make an even bigger impact. Web hosts and MSPs have been driving spending on cloud software as they seek to upgrade their offerings, and they’re starting to realize that their VMware-only hypervisor offerings won’t cut it for much longer. A free, open-source, MSP-proven platform that supports Hyper-V, as well as XenServer and KVM, should be appealing.

OpenStack にとっては、Hyper-V のサポートが、さらに大きな影響を与えることになる。 Web ホスターや MSP は、提供するサービスをアップグレードするにつれて、クラウド・ソフトウェアに対する支出を増やしていた。そして、VMware のハイパーバイザーだけを提供することが、それらの支出をカットしないだろうと自覚し始めた。 XenServer や KVM と同様に、Hyper-V をサポートする、フリーなオープンソースで、MSP により証明されたプラットフォームが、興味を引くべきである。

On a personal note, I wrote in July (subscription required) that OpenStack will face an uphill battle to gain real traction, and I stand by that proposition. If anything, the competition has gotten stronger since then, especially with the introductions of VMware vCloud Datacenter and vCenter Director. However, OpenStack has been evolving furiously, and it looks stronger with each iteration.

個人的な記録となるが、OpenStack が本質的な牽引力を得るために、困難な戦いに直面する。 また、そのような視点で私は捉えると、7月のポストに書いた。 どちらかと言うと、とりわけ VMware の vCloud Datacenter と vCenter Director が紹介された後に、このような葛藤が強くなったと思う。 しかし、 OpenStack は猛然と突き進み、また、個々のイテレーションにおいて強化されてきたように思える。

Related content from GigaOM Pro (sub req’d):

ーーーーー

このポストを読むと、Openstack 側の事情と、Microsoft 側の思惑が一致している様子が分かりますね。 もともと、OpenStack の理念は素晴らしいので、そこにMicrosoft が加わることで、サービス化の波がさらに加速されていくと思います。 Live Space の終息と、Ray Ozzie の退任、そして Hyper-V のOSS コミュニティへの提供と、2ヶ月前には誰もが想像すらし得なかったことが、Microsoft の内側から沸き起こっているようにも見えます。ーーー A.C.

ーーーーーー

<関連>
OpenStack が前途多難な理由を説明しよう
Rackspace の(増収・増益)クラウド経済学
ISP とクラウド経済
全米 No.2 である Rackspace の Cloud Partner とは?
Rackspace は iPad と Nimsoft で ・・・

 

%d bloggers like this: