Agile Cat — in the cloud

EMC は新規のアプライアンスを武器に、Teradata と勝負、Oracle と勝負!

Posted in Data Warehousing, VMware by Agile Cat on October 14, 2010

With New Appliance, EMC Takes on Teradata, Oracle
By Om Malik
Oct. 13, 2010, 6:00am

_ Gigaom

In spring 2010, Hopkinton, Mass.-based EMC Corp. started talking to data warehousing software company Greenplum about a potential partnership. The idea was pretty simple: Develop a new appliance that would be powered by general-purpose Intel processors and marry storage, compute and massively scalable database and analytics and sell it as a more affordable competitor to Oracle’s Exadata and Teradata’s warehousing products.

2010年の春に、Hopkinton, Mass をベースとするEMC Corp. は、データ・ウエアハウジング・ソフトウェアである Greenplum との、パートナーシップの可能性について話し始めた。 その考えは、かなり単純であった。 つまり、汎用的な Intel プロセッサのパワーおよび、ストレージ、コンピューティング、大規模でスケーラブルなデータベース、分析機能が供給される、新しいアプライアンスを開発する。 そして、Oracle Exadata および Teradata と競合する、より低価格な製品やサービスを提供するコンペティタに販売するのである。

← クリックで拡大

The casual alliance led to eventual acquisition of Greenplum for a rumored $400 million and 75 days later,EMC is introducing the first of these data warehousing appliances that start at a million dollars and can cost much more, depending on the size and scale of the device. “We are going to go head-to-head with Oracle’s Exadata and Teradata,” said Scott Yara, formerly of Greenplum, who now heads up Data Computing Products Division, a business group set up to target the big money opportunities being offered by the big data revolution.

この何気ないな提携は、最終的に 75日後に、ウワサされていた  $400 millionで Greenplum の買収へと導かれた。EMC は最初に、それらのデータ・ウエアハウジング・アプライアンスを $1 million で導入したが、デバイスのサイズとスケールに応じて、よりコストのかかるものであった。 『 私たちは、Oracle Exadata および Teradata と、真っ向から対決するつもりだ 』と、以前は Greenplum に所属していた Scott Yara は発言している。彼はいま、Big Data 革命によりもたらされる、大きな商機に狙いを定めたビジネス・グループである、Data Computing Products Division を率いている。

The new EMC Greenplum Data Computing Appliance is built using Greenplum Database 4.0 and runs on a system that is build with 16 Intel processors. “Its innovative parallel-everything architecture delivers data loading performance of 10 terabytes (TB) an hour, twice as fast as Oracle Exadata systems and five times as fast as systems from Netezza and Teradata,” EMC claims in a press release. The company is targeting financial exchanges, large telecom operators and big retailers with this new appliance, Yara said.

クリックで拡大 →

この、新規の EMC Greenplum Data Computing Appliance は、Greenplum Database 4.0 を用いて構築され、また、16 個の Intel プロセッサを有するシステム上で稼働する。 『 この、すべてを並列化する革新的なアーキテクチャにより、10 TB/h のローディング性能が引き出される。 それは、Oracle Exadata システムと比較して 2倍の速さを有し、Netezza および Teradata との比較では 5倍になると、EMC はプレス・リリースで主張している。 同社は、この新しいアプライアンスにより、金融取引および、大規模な通信事業と小売業に狙いを定めていると、Yara は発言している。

Yara points out that these devices are part of EMC’s big plan for tapping the big data market. The company currently has about 160 people working in that division. The plan is to grow it to 600 employees by end of 2011.

Yara の指摘によると、これらのデバイスは EMC の大規模計画の一部であり、Big Data マーケットを切り開くものとなる。 そのための部門には、現在、約 160名の人々が従事している。 その計画によると、2011 年の終わりまでに、600人の従業員を抱えるまでに成長するとされる。

ーーーーー

そういえば、Hadoop World からの Twitter にも、Greenplum の名前がたくさん含まれていました。 たしか、Cloudera は Teradata および Nettza とパートナーシップを組んでいるので、EMC と対向することになるのでしょうか? それとも、Greenplum に Hadoop を押し込めるのでしょうか? また、Karmasphere の存在も、忘れてはなりません。 このあたり、HW ダダ漏れ Twitter と組み合わせて考えると、とても面白いことが見つかりそうですね。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
EMC も、ついにクラウドへ本格参入?
EMC の Greenplum 買収に関する、今朝の報道
Hadoop ベンダーたちは、データに苦しむ銀行から利益を得られるのか?
Teradata と Cloudera が Hadoop で提携!
Cloudera と Netezza による、Hadoop の商用アプライアンスとは?
IBM が Netezza を $1.7 billion で買収と発表

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: