Agile Cat — in the cloud

Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!

Posted in .Selected, Energy, Google, Green IT by Agile Cat on October 7, 2010

Google Strikes Geothermal Gold in West Virginia
By
Jeff St. John
Oct. 5, 2010, 4:27pm PDT
http://gigaom.com/cleantech/google-strikes-geothermal-gold-in-west-virginia/

Gigaom

Has Google struck geothermal gold in West Virginia? A new report shows that heat underground the state could provide 18,890 megawatts of power using today’s geothermal technology — more than the state’s entire power generation capacity of 16,350 megawatts, most of which comes from coal. Google, which has been investing in next-generation clean power technologies, funded the research.

Google は West Virginia で、地熱の金脈を金を突きとめたのか? 新しいレポートによると、今日の地熱テクノロジーを用いることで、West Virginia 州の地下に埋もれる熱量から、18,890 メガワットの電力を提供できる。それは、その大半を石炭に依存する、同州の消費電力である 16,350 メガワットを上回る。 次世代のクリーン・パワー・力テクノロジーに投資してきた Googleが、この研究にも資金を供給する。

Google struck geothermal

The study from Southern Methodist University used data from thousands of oil, gas and water wells to update the sparse geothermal maps that previously existed for West Virginia. The new information has bumped up the state’s previous geothermal resource estimates by 75 percent, researchers say, making it potentially the largest single site for geothermal power east of the Mississippi. Researchers intend to present the results at the 2010 Geothermal Resources Council annual meeting in Sacramento, Calif. later this month.

Southern Methodist University の研究では、石油/ガス/水に関する無数の抜き井戸からのデータを用いて、以前から存在している West Virginia 地熱分布マップを更新している。 この新しい情報によると、これまでに見積もられていた地熱資源が 75% 増になる。その潜在能力は、Mississippi 川の東に存在する地熱エネルギーとして最大級になると、ある研究者は発言している。 今月の後半に Sacramento, Calif で開催される 2010 Geothermal Resources Council(地熱資源評議会)において、この研究成果が複数の研究者により発表される予定だという。

Google hasn’t made clear just what it intends to do with this newfound geothermal resource. But Google’s philanthropic arm, Google.org, has invested more than $45 million in clean energy technologies, including advanced wind, solar thermal and enhanced geothermal systems. It’s working on several geothermal research projects with the Department of Energy (see here and here for examples), as well as a partnership with General Electric to research technology to capture energy from hot underground rock, as compared to today’s geothermal plants which rely on existing underground hot water reservoirs.

Google は、この新たに発見された地熱資源に基づいた、今後の方針については明らかにしていない。 ただし、Google の慈善事業部門である Google.org は、先進的な発電システムである、風力/太陽光/地熱などを含むクリーン・エネルギー・テクノロジーに対して $45 million 以上を投資してきた。そして、いくつかの地熱研究プロジェクトへの取り組みが、Department of Energy(例1例2)とだけではなく、 General Electric とのパートナーシップにより推進されている。そこでは、地下に埋められた熱湯貯水槽に依存するという、今日の地熱プラントに対して、地下の熱岩盤から地熱を取得するテクノロジーが研究されている。

This “hot rock” technology could vastly expand the scope of geothermal power in the U.S. and around the world. Google.org has invested in AltaRock, a startup developing the technology though a flagship project in Northern California, but that project had to be suspended earlier this year after drilling gear snagged on underground rock formations.

この熱岩盤テクノロジーにより、アメリカ合衆国および全世界における、地熱エネルギー利用ののスコープを拡大することが可能だ。 Google.org は、Northern California でのフラッグシップ・プロジェクトにおいて、 AltaRock というベンチャー企業に投資した。 しかし、今年のはじめに、地中の岩盤上でドリルが破損した後に、そのプロジェクトを中断する必要性が生じた

Geothermal, unlike other renewable energy resources, can be easily used for 24/7 baseload power — that is, it doesn’t sag and surge with the sun and the wind, which is a problem with solar panels and wind turbines. Geothermal projects are on the rise, although venture capital and private equity investors haven’t yet shown much interest in the capital-intensive sector. Companies tackling geothermal power range from the startup Vancouver-based Magma Energy, which went public last year, to geothermal giants like Ormat Technologies.

その他の再生エネルギー資源と異なり、地熱の場合は24時間操業が容易であり、また、供給される電力のベースとして活用できる。つまり、ソーラー・パネルとウィンド・タービンにおける、太陽光や風力の変動というディメリットを排除できる。いくつかの地熱プロジェクトが浮上してきているが、ベンチャー・キャピタルや未公開株投資家たちは、この資本集約的な分野に対して、強い興味を示していない。この、地熱エネルギーに取り組んでいる企業は、去年に上場した Vancouver ベースの Magma Energy から、Ormat Technologies のような地熱エネルギーの大手にまでいたる。

Google also has an internal solar technology project, as well as an energy-trading subsidiary, Google Energy, which bought 114 MW of wind energy via a wind farm in Iowa owned by NextEra Energy Resources. Google is likely shopping for more clean power to provide its data centers’ vast energy needs and help it with its pledge to go carbon-neutral — could geothermal help with that?

Google は、社内利用のソーラー・テクノロジー・プロジェクトを進めるだけではなく、Google Energy という電力販売の子会社を有しており、NextEra Energy Resources が所有する Iowa のファームを介して、114 メガ・ワットの風力エネルギーを購入している。Google は、膨大なエネルギーを必要とするデータセンターのための、よりクリーンな電力を購入し、カーボン・ニュートラル(CO2 を増やさない)へ向かうという誓約により、こうした動向を支援している。 それを、地熱が後押しするのだろうか?

For more research on Google’s energy initiatives check out GigaOM Pro (subscription required):

ーーーーー

なんか、すごい話ですね。 この地熱プラントが実現すると、計算上では West Virginia 州に他の発電所は要らなくなるわけです。 そして、すでに GE と提携していることにも驚きました。 創業から わずか 13年の企業に、国家の基幹である電力事業に関与させる、アメリカという国のダイナミズムを見せつけられますね。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Google は電力事業にも参入するのか?
Intel が、スマート・グリッド系ベンチャー企業に投資を開始
Cisco による Arch Rock の買収 – 狙いはスマート・メーターの標準化と IPv6 の推進か?
どのようにして、Google Energy は Green Data Center を目指すのか?
グリーンピースに反応する Google と Microsoft

Facebook の データセンター戦略に関する FAQ _3

Posted in Data Center Trends, Facebook, Open Compute by Agile Cat on October 7, 2010

The Facebook Data Center FAQ_3
September 27th, 2010 : Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/the-facebook-data-center-faq-page-3/

Facebook データセンター戦略に関する、Data Center Knowledge 抄訳レポートの最終回です。 このレポートでは、従来からのデータセンターにおける無駄についての説明と、それを構築する際の環境や環境に関する論点も提供されています。 訳していて、とても勉強になりました。 なお、FAQ_1 および FAQ_2 を読まれていない方は、以下の URL で、そちらを先にご覧ください。 ーーー A/C.

FAQ_1 :http://wp.me/pwo1E-1OC
FAQ_2 :http://wp.me/pwo1E-1PQ

ーーーーー 

image

How Energy Efficient Are Facebook’s Data Centers?

Facebook says the Prineville data center will be designed to a Gold-level standard under the LEED (Leadership in Energy and Environmental Design) program, a voluntary rating system for energy efficient buildings overseen by the US Green Building Council. The Prineville facility is expected to have a Power Usage Effectiveness (PUE) rating of 1.15. The PUE metric (PDF) compares a facility’s total power usage to the amount of power used by the IT equipment, revealing how much is lost in distribution and conversion. An average PUE of 2.0 indicates that the IT equipment uses about 50 percent of the power to the building.

Facebook の発言によると、Prineville のデータセンターは、LEED (Leadership in Energy and Environmental Design) プログラムの、 Gold-level standard を達成するようにデザインされる。この自発的な評価システムは、効率のよい建造物を実現するために、 US Green Building Council により監督される。 この Prineville ファシリティは、 Power Usage Effectiveness (PUE) 1.15 を達成すると期待されている。この PUE 基準とは、分電と変電で失われる電力を明らかにすることで、 IT 設備が消費する電力と、全体的な設備が消費する電力を比較するものである。 たとえは、PUE が 2.0 であれば、ビルディング全体が消費する電力の 50% を、IT 設備が使用していることになる。

clip_image001

The cool climate in Prineville will allow Facebook to operate without chillers, which are used to refrigerate water for data center cooling systems, but require a large amount of electricity to operate. With the growing focus on power costs, many data centers are designing chiller-less data centers that use cool fresh air instead of air conditoning. On hot days, the Prineville data center will use evaporative cooling instead of a chiller system.

Prineville の冷気により、Facebook は空調に依存しないデータセンターを実現するだろう。そして、データセンターを冷やすために冷却水が用いられるが、そこでの消費電力は少ない。エネルギー効率への注目度を引き上げることで、従来からの空調設備の換わりに、新鮮で冷たい外気を用いる、数多くのデータセンターがデザインされている。 Prineville データセンターにおいて、暑い日があれば、冷房装置に変えて、蒸発冷却装置が用いられるだろう。

“This process is highly energy efficient and minimizes water consumption by using outside air,” said Heiliger. Water conservation is also a growing focus for major data center projects, which in some cases can create capacity challenges for local water utilities.

『そのプロセスで、外気を活用することで水の消費を最小にして、エネルギー効率を大きく高める』と、Heiliger は発言している。水に関する管理も、対規模データセンター・プロジェクトには欠かせない視点であり、いくつかのケースでは、地域の公共施設における容量の課題が生じている。

A key function of data centers is providing an uninterruptible power supply (UPS) to continuously provide power to servers. This is another area where Facebook is gaining energy savings. The Prineville data center will use a new,patent-pending UPS system that reduces electricity usage by as much as 12 percent. The new design foregoes traditional uninterruptible power supply (UPS) and power distribution units (PDUs) and adds a 12 volt battery to each server power supply.

データセンターにおける主な特徴としては、サーバーに対して電力供給を絶やさないための、UPS(uninterruptible power supply)がある。 この領域で、Facebook は別の省エネを達成する。 この Prineville データセンターで、消費電力を約 12% のレベルまで引き下げる、特許申請中の新しい UPS システムが用いられる。この新しいデザインにより、従来からの UPS( uninterruptible power supply)と PDU(power distribution units )は使用されなくなり、また、それぞれのサーバーの電源に 12 V のバッテリーが加えられる

The use of custom servers with on-board bateries was pioneered by Google, which last year revealed a custom server that integrates a 12 volt battery, which the company cited this design as a key factor in the exceptional energy efficiency data for its data centers. 

オンボードにバッテリーを配置したカスタム・サーバーを、最初に使い始めたのは Google であり、12 V のバッテリーが統合されたカスタム・サーバーが昨年に公表されている。それにより、卓越したエネルギー効率が得られると、同社のデータセンターを説明する際の、データとして引用している。

Here’s how this approach saves power: Most data centers use AC power distribution in which a UPS system stands between the utility power grid and the data center equipment. If utility power is lost, the UPS system can tap a large bank of batteries (or in some cases, a flywheel) for “ride-through” power until the generator can be started. This approach requires that AC power from the grid be converted into DC power to charge the batteries, and then converted back to AC for the equipment. Each of those conversions includes a power loss, reducing the amount of electricity that reaches the servers.

ここに、サーバーの消費電力を低減するための方式がある。つまり、大半のデータセンターで用いられる UPSシステムは、データセンター設備と送電網を結ぶ、AC 配電網に置かれる。そして、送電網からの電力が遮断された場合の、発電機が始動するまでの “ride-through” 電力のために、その UPS システムが大容量バッテリー(flywheel のケースもある)の使用を指示する。 このアプローチでは、送電網から供給される AC 電源を、バッテリーに充電するために DC に変換し、さらに、使用時には AC に戻すことになる。 それらの、すべての変換において電力にロスが生じ、サーバーまで到達すべき電力が減ってしまうことになる。

Finally, the Facebook Prineville facility will also re-use excess heat expelled by servers, which will help heat office space in the building, a strategy also being implemented by Telehouse and IBM.

最終的に、Facebook Prineville では、サーバーが発生する熱を、オフィスの暖房などに再利用することになるが、この方式は、TelehouseIBM でも運用されている。

How Does Facebook Choose the Sites for Its Data Centers?

Data center site selection is a complex process. A typical site search must consider the availability and cost of power, the cost and availability of land, fiber connectivity to the site, vulnerability to natural disasters, the capacity of local water and sewage systems, the local business environment, incentives from state and local governments, and many other variables.  Connectivity between data centers is also a consideration. Facebook has created two data center clusters on each coast, one in Silicon Valley and another in nothern Virginia. When the company decided to build its own data center, it conducted an in-depth site search in several Western states. 

データセンターの建設場所を選ぶ際には、複雑なプロセスが伴なう。一般的な場所の選定においては、電力の安定供給とコストおよび、地代と地質、ファイバー接続の品質、自然災害への脆弱性、水の供給と下水処理施設、ローカルなビジネス環境、地域行政からの後押し、などの要因を検討しなければならない。さらに、データセンター間の接続性も考慮する必要がある。 Facebook は、東西の海岸に 2つのデータセンター・クラスタを作っているが、一方は Virginia 北部であり、もう一方は Silicon Valley である。同社が新しいデータセンターを建設すると決めたとき、いくつかの西海岸の候補地について、詳細な調査が行われた。

“After a rigorous review process of sites across the West Coast, Facebook concluded that Prineville offered the best package of resources – including a suitable climate for environmental cooling, renewable power resources, available land, talented regional workforce and supportive business environment,” said Tom Furlong, Director of Site Operations for Facebook.

『 West Coast の至るところで、候補地に関するレビューを行った後に、Prineville が最もバランスの良いリソースを提供すると、Facebook は結論を下した。つまり、設備を冷却するための気候と、更新可能な電力、利用可能な敷地、地域の優秀な人材、そして当地のビジネス環境などである 』と、Facebook の Director of Site Operations である Tom Furlong は発言している。

Why is Greenpeace Criticizing Facebook?

clip_image002

Facebook’s new Oregon data center, which has been designed to be highly energy-efficient, is located in a town where the local utility that uses coal to generate the majority of its power. This fact was soon highlighted by environmental blogs and even a Facebook group.

Facebook の新しい Oregon データセンターは、きわめてエネルギー効率の良いデザインを施されているが、その地域に供給される電力の大半は、石炭を主として用いる電力会社からのものとなる。この事実は、このデータセンターに関する情報を追いかけるように、環境に関するブログや、Facebook 内のグループにより指摘されている。

In mid-February the environmental group Greenpeace International called on Facebook to rethink plans for its Oregon data center and find a way to run the facility entirely on renewable energy.

2月中旬には、環境保護団体である Greenpeace International が、Facebook は Oregon データセンターの計画を再考し、その設備を再生可能エネルギーを用いて運用するように求めた。

“Given the massive amounts of electricity that even energy-efficient data centers consume to run computers, backup power units, and power related cooling equipment, the last thing we need to be doing is building them in places where they are increasing demand for dirty coal-fired power,” Greenpeace said in a statment, which was published on its web site. “Facebook and the cloud should be run on clean renewable energy … Facebook could and should be championing clean energy solutions, and not relying on the dirty fuel sources of the past to power their new data center.”

『きわめてエネルギー効率の良いデータセンターであっても、稼働するコンピュータや、バックアップ電源ユニット、電力を用いる冷房装置に、大容量の電力を消費することになる。そして、石炭を燃料とした環境に悪影響をおよぼすデータセンターを、彼らが構築していることを、最後に指摘しなければならない』と、Greenpeace は自身の Web サイトに声明文を掲載している。 『 Facebook とクラウドは、クリーンで再生可能なエネルギーで可能すべきである。 そして、Facebook は、クリーン・エナジー・ソリューションを擁護できるし、そうするべきだ。彼らの新しいデータセンターは、これまでのソリューションであった石化ソースに依存してはならない』

Facebook, which has touted the energy efficiency of the Prineville facility, has responded at length to the issue, both on Data Center Knowledge and directly to Greenpeace.

Facebook は、Prineville ファシリティのエネルギー効率を前面に押し出しており、それらの問題に関しても詳細に説明し、Data Center Knowledge と Greenpeace に反応している。

“It’s true that the local utility for the region we chose, Pacific Power, has an energy mix that is weighted slightly more toward coal than the national average (58% vs. about 50%),” Facebook’s Barry Schnitt said. “However, the efficiency we are able to achieve because of the climate of the region minimizes our overall carbon footprint. Said differently, if we located the data center most other places, we would need mechanical chillers, use more energy, and be responsible for an overall larger environmental impact—even if that location was fueled by more renewable energy.”

『私たちが選択した地域の電力会社が、Pacific Power であることは事実だ。 そして、石炭への依存率が、全国平均(58% 対 50%)よりも、少々高いことも認める 』 と、Facebook のBarry Schnitt は発言している。 『ただし、このようなエネルギー効率に到達できるのも、Oregon の気候が二酸化炭素排出を、最小限に抑えてくれるからだ。もし、私たちが別の地域にデータセンターを配置するなら、機械式の冷却装置が必要となり、より多くの電力が必要になるだろう。たとえ、その地域が大量の再生可能エネルギーを供給するとしても、環境全体を考えれば、いま以上の責任を生じることになる』

The Greenpeace critiques have continued, growing sharper and targeting Facebook CEO Mark Zuckerberg with a letter and video. Here’s Data Center Knowledge’s full coverage of the story:

Greenpeace の批判は先鋭化してきており、Facebook CEO の Mark Zuckerberg に狙いを定めて、手紙とビデオで攻勢し続けている。 以下に、Data Center Knowledge がカバーしてきた、この件に関するフル・リストがある:

Is Facebook Secretive About its Data Centers?

clip_image003

Lots of companies simply DO NOT talk about their data centers, or even acknowledge their existence. But that’s starting to change, as some companies are pursuing a more open approach and a deeper level of engagement with the communities where these facilities are located. Facebook has been in the forefront of this movement with its project in Prinveille. 

多くの企業が、そのデータセンタについて話をしないため、その存在すら認識できない。とは言え、いくつかの企業では、それらの施設が置かれる地域のコミュニティと、より深いレベルの交渉を、よりオープンなアプローチでと模索する兆しが見え始めている。 Facebook は、Prinveille のプロジェクトにおいて、こうしたムーブメントの最前線に立っている。

Facebook held a groundbreaking announcement with local officials, and has used the Prineville Data Center Facebook page to engage with the community, sharing a detailed list of nearly 60 contractors working on the project, along with regular updates on the ways the company is contributing to the community. An example: Facebook and its construction contractors, DPR/Fortis, are sponsors of the Crook County Fair and local Picnic in the Park events in Prineville. 

Facebook は、自治体と共にアナウンスメントを行い、また、コミュニティとの関係を維持するために  Prineville Data Center Facebook を提供している。 そして、プロジェクトに取り組んでいる 60 の建設業者と詳細なリストを共有し、同社がコミュニティに寄付する方式で、コンテンツをアップデートしている。 たとえば、Facebook と建設業者である DPR / Fortis は、 Crook County Fair や、Prineville Park におけるローカル・ピクニックなどをスポンサードしている。

Technical Presentations:

For those interested in more detailed information, here are links to PDFs and videos of presentations about Facebook’s Infrastructure and operations from members of the Facebook Engineering team.

<終>

ーーーーー

UPS ひとつを取ってみても、そのデザインの手法に応じて、大幅な省電力が可能なのだと解ります。 また、外気を効果的に利用した自然空冷方式により、これまでの冷却装置が不要となり、大幅な省電力が可能になることも解ります。 しかし、それだけではなく、環境や地域に対する配慮が、とても重要になってくることに、IT に携わる人々が意識を持って取り組まなければなりません。 Greenpeace とのやり取りが、少々不安だったのですが、Facebook らしいやり方で、誰もがハッピーになるように進めて欲しいと思います。 よろしければ、以下の関連リンクも、ぜひ、ご参照ください。ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Facebook の データセンター戦略に関する FAQ _1
Facebook の データセンター戦略に関する FAQ _2
Facebook の データセンター戦略に関する FAQ _3

ーーーー
Facebook と Greenpeace : Oregon のデータセンターをめぐって対峙
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_1
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_2
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_3
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_4
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_5

%d bloggers like this: