Agile Cat — in the cloud

GIGAOM の分析 – iPad の 7 Inch 版を、ほんとうに Apple は推進しているのか?

Posted in Apple, Mobile by Agile Cat on September 21, 2010

Is Apple Working on a 7-Inch Screen iPad?
By
Om Malik
Sep. 20, 2010, 5:28am
http://gigaom.com/2010/09/20/could-there-be-a-7-inch-ipad/

Gigaom

image

Apple, perhaps worried about competition from the Android camp, may be looking to develop a new version of iPad, this one with a 7-inch screen. It would bring such a device to market some time in 2011, according to a research note put out by Rodman & Renshaw analyst Ashok Kumar this morning. He writes that the second generation iPad will have both front and rear facing cameras to make it easier for video conferencing on the device, especially using Apple’s Facetime.

Apple の心配のタネは、おそらく Android 陣営との競合であり、その対抗策として、7インチ iPad を開発すると思われているかもしれない。 しかし、そのようなデバイスが、2011年に市場にもたらされるという説は、 Rodman & Renshaw のアナリストである Ashok Kumar の、今朝の研究メモにより否定された。 彼のメモによると、iPad の第2世代は Apple の Facetime を用いて、このデバイスによるビデオ会議を実現するために、前面と後面にカメラを持つとされている。

So why a second a generation iPad with different specifications this quickly? I have a theory.

したがって、それほど素早く、第 2世代 iPad の仕様を固められるのかという疑問が残る。私の理論を説明しよう。

image

In the early days of the iPhone, the lack of competition allowed Apple to build up a sizable lead over others. However, the emergence of Android has started to take away some of the growth opportunities from Apple, as it has brought more options for consumers. The competition has come early for the iPad. Samsung recently launched its Galaxy Tablets in partnership with four major U.S. carriers, and this is likely to put pressure on iPad sales.

iPhone の初期において、競合が存在していなかったことで、Apple は他社に対して大きなリードを築くことができた。 しかし、Android の出現が、より以上の選択肢を消費者にもたらすにつれて、Apple から成長の機会を奪い始めることになった。 この種の競合は、iPad に早くも訪れ始めている。 アメリカのメジャー・キャリア 4社とのパートナーシップにより、Samsung は先日に Galaxy Tablets のビジネスを立ち上げ、iPad のセールスにプレッシャをかけることになる。

A typical upgrade from Apple would involve Cupertino retaining the same display size for a few generations, like they did with the iPhone. In this case perhaps, the 7-inch tablet can lower the bill of materials and make it easier to source components like the display. Which in turn allows Apple to stay competitive in the emerging tablet market.

これまでの iPhone にしたように、Apple における典型的なアップグレードは、数世代に渡って同じサイズのディスプレイを、Cupertino が維持することを伴う。 おそらく、このケースにおいては、7インチ Tablet は素材のコストを引き下げ、ディスプレイのようなコンポーネントの購入を容易にする。 言い換えると、それにより Apple は、競合の激しい Tablet マーケットで生き残ることが可能となる。

Perhaps, that is why a new form factor for the second generation iPad makes sense. What do you guys think?

おそらく、それらが、第 2世代 iPad にとって意味のある、基本的な要因であり、冒頭の疑問に対する回答である。 みなさんは、どのように考えますか?

Related GigaOM Pro Content(sub req’d): Report: The Consumer Video Chat Market through 2015

ーーーーー

Android と載せた廉価版の Tablet は、おそらく $200~$300 のマーケットを造り出していくはずです。 そうなると、いかに Apple といえども、コストダウンが要求されてきます。 そのために、多品種に走らずに製品ラインを集約していくのが、これまでの Apple のスタンスという、Om Malik さんの意見です。 さて、Apple は、これまでのスタイルを踏襲するのか、変更していくのか、とても興味深い視点ですね。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
大は小を兼ねる – iPad As Mobile Phone(爆)
GIGAOM: Amazon Kindle が電子ブック戦争の勝者になる理由を説明しよう
AT&T が iPhone 用にデータセンターを増強
App Store を凌駕する、Touch Screen Web サイトの成長
歓迎すべきことに、Apple は制空権を失いつつある
大は小を兼ねる – iPad As Mobile Phone(爆)

Tagged with: , , ,
%d bloggers like this: