Agile Cat — in the cloud

Facebook と Skype のアライアンスが、Google の支配に風穴をあける

Posted in Facebook by Agile Cat on September 30, 2010

Facebook-Skype Alliance Threatens Google Dominance
By Tony Bradley,
PCWorld
September 29, 2010 8:28 AM
http://www.pcworld.com/businesscenter/article/206531/facebookskype_alliance_threatens_google_dominance.html

この数日、Facebook Phone についてポストを続けていましたが、それよりも即効性のある Facebook と Skype のアライアンスが実現しそうです。 以下の PCWorld の記事を読めば一目瞭然ですが、ほとんど死角のない Win-Win 関係が構築されるのは、間違いないというふうに受け取れます。Facebook Skype と、Facebook Phone により、Mark Zuckerberg のチャレンジは、あらたな局面を迎えることになります。 ーーー A.C.

Facebook は、絶対にモバイル・フォンを開発しているはずだ – GIGAOM
Facebook Phone について、知っておくべき全てを GIGAOM が解説 _1
Facebook Phone について、知っておくべき全てを GIGAOM が解説 _2

ーーーーー

image

There are reports that Facebook and Skype will soon join forces–integrating the voice and video chat capabilities of Skype with the Facebook social networking platform. Such an alliance would be a challenge to Google, a value for business users, and would benefit both Facebook and Skype.

Facebook と Skype の提携を報じるレポートによると、Skype の Voice/Video チャット機能が、Facebook のソーシャル・ネットワーク・プラットフォームに統合されることになる。 このアライアンスは、Google に対するチャレンジであり、また、ビジネス・ユーザーにメリットを与え、Facebook と Skype の両社に利益をもたらすものになる。

A post from AllThingsD suggests that when Skype 5.0 launches in the next couple weeks it will be accompanied by an announcement of a partnership and deep integration with Facebook. The alliance would connect Skype’s half a billion members with Facebook’s half a billion members (I am sure there is some significant overlap of the two memberships already) and enable seamless instant messaging, voice, and video chat between the two platforms.

AllThingsD からのポストが示唆するのは、数週間後に Skype 5.0 が提供されるときに、Facebook とのパートナーシップと、綿密なインテグレーションに関する発表が行われる。 このアライアンスにより、Skype の 5億人のメンバーとFacebook の 5億人のメンバーがつながることになり(かなりの重複があると思うが)、2つのプラットフォーム間での、シームレスな IM と Voice/Video チャットが実現される。

clip_image001[4]

The alliance of Facebook and Skype would pose a threat to Google, which recently integrated Google Voice VoIP calling into Gmail. Google has dabbled in, and struggled with, trying to adapt to the rise of social networking with Google Wave, Google Buzz, and the rumored Google Me. Turning the tables, though, a Facebook-Skype alliance could challenge Google as a communications platform and offer businesses an alternative to the array of Google services.

Facebook と Skype のアライアンスは、先日の Google Voice VoIP と Gmail の統合に対する、脅威になるだろう。 Google は、ソーシャル・ネットワークと、 Google Wave/Google Buzz/Google Me を統合しようともがいている。しかし、そのテーブルをひっくり返すような Facebook-Skype アライアンスは、通信プラットフォームとしての Google への挑戦であり、また、一連の Google サービスに対する代替物を提供するだろう。

The primary lures of Google services for small and medium businesses have been ubiquitous availability from the cloud, and cost. When Google rolled out the new Google Voice service, more than a million free calls were placed in the first 24 hours. But, Facebook provides some unique benefits that make it more appealing in many ways as a business platform.

Google サービスの主たるな魅力は、クラウドとコストを拠り所にして、中小の企業のためにユビキタスを実現することにあった。 そして、Google Voice サービスが導入されたときには、初日に 100万以上の無料通話が利用された。しかし、いろいろな意味で、Facebook はビジネス・プラットフォームとしてアピールする、さらにユニークなメリットを提供する。

For one thing, Facebook has surpassed Google as the online destination where users spend the majority of their time online. Those users are co-workers, partners, suppliers, and customers, so it makes sense for businesses to spend time there as well. Facebook is still, first and foremost, a social network, but as it evolves it also makes more and more sense as a business and unified communications platform–providing opportunities for marketing, customer relations and support, and collaboration.

1つには、オンライン・ユーザーが大半の時間を過ごすデスティネーションとして、すでに Facebook が Google を上回っていることが挙げられる。それらのユーザー同士は、同僚/パートナー/サプライヤー/顧客といった関係を持つため、ビジネスとして時間を過ごす意味が生じる。現時点において、Facebook は一義的にソーシャル・ネットワークとして存在するが、ビジネスとしての意味を高め、統合されたコミュいケーション・プラットフォームへと発展するにつれて、マーケティングや、顧客対応、そしてコラボレーションの機会を提供していくだろう。

An alliance between Facebook and Skype would be a win-win for the two companies–enabling each to extend its sphere of influence and occupy a more prominent position for both consumers and businesses. The 10-way video chat capability introduced by Skype is ideally suited for a social network or collaborative environment like Facebook, and teaming up with Facebook would greatly expand Skype’s opportunities to generate revenue from its services.

Facebook と Skype のアライアンスは、両社に Win-Win をもたらすだろう。そして、両社は勢力と市場を拡大し、個人/企業ユーザーに対して、突出したポジションを占めるだろう。 Skype が導入する 10-Way ビデオ・チャット機能はFacebook のようなソーシャル・ネットワークやコラボレーション環境にとって理想的である。そして Facebook との提携により、Skype はサービスの収益を高めるための機会を拡大するだろう。

Of course, the landscape could change significantly if Cisco buys Skype.

もちろん、これにより、Cisco による Skype の買収という話は消える。

ーーーーー

<関連>
Facebook は、絶対にモバイル・フォンを開発しているはずだ – GIGAOM
Facebook Phone について、知っておくべき全てを GIGAOM が解説 _1
Facebook Phone について、知っておくべき全てを GIGAOM が解説 _2

Facebook Phone について、知っておくべき全てを GIGAOM が解説 _2

Posted in Facebook by Agile Cat on September 29, 2010

Facebook Phone: All You Need To Know + New Details _2
By
Om Malik Sep. 23, 2010, 7:10am PDT
http://gigaom.com/2010/09/23/facebook-phone/

Gigaom

image

Gimme Some Specs!

Apart from these new details, what will the new phone look like? On Sunday, Liz articulated some of the features the new phone should have in her piece. I’m extending what she said with additional information that came out in this wordy interview with Facebook CEO Mark Zuckerberg (but to read it yourself you will need a Klingon to human translation system) and details I have picked up from my own sources, here’s how I see the INQ-built Facebook phone experience:

これらの、新しく分かってきた詳細から離れて、この新しい電話は、どのように見えるのだろうか?この新しい電話が持つはずの特徴について、Liz が日曜日に説明している。Facebook の CEO である Mark Zuckerberg との詳細なインタビュー(あなた自身でも読めるが Klingon 翻訳システムが必要)と、私の情報源から得られた情報で、彼女の発言を補足するために、INQ が 構築する Facebook フォンのエクスペリエンスについて、以下に解説する:

  1. The Facebook layer, as Zuckerberg describes, will run on a thin, stripped-down version of Android. Though, if I’m Nokia, I would be making a beeline to Zuckerberg’s office right about now.
  2. What Facebook has to do is not build the OS, but instead build a user experience based on HTML5. WebOS did a good job of building a mobile experience based on web technologies.
  3. A consumer’s Facebook ID becomes more important than the phone number itself. Login with Facebook ID, and your social network auto-magically syncs up with the phone. (Android users have seen their Google phones do this since day one. Stacey finds it annoying.)
  4. Facebook becomes the address book or the contact list for the phone, giving Facebook users an option to call, IM, SMS, or mail their network via the data connection. Since Facebook already has our phone numbers, it can make it easy to call other cell phones or landlines. (Again, not a big deal for Android users who have this feature at their disposal.)
  5. As Clearspring CEO and one of our readers, Hooman Radfar, so aptly said, “Facebook is effectively a set of applications with an underlying common messaging and authentication infrastructure. So, by definition, Facebook also is a set of disparate applications (photos, inbox, chat) that is connected by a social layer.” That is why you will see Facebook apps will be separated into individual apps and subsumed into the phone experience.
  6. For instance, Facebook photos will communicate directly with the camera and become the repository for photos, with almost no difference in the cloud and the local photo storage. Take a picture and save it to Facebook.
  7. As Liz pointed out, Facebook can give phones presence-based intelligence based on location, scheduled events and meetings, and of course, the time of the day. You’ll see some of that in the new phone.
  8. The news feed, too, will become part of the mobile experience. I’d say it would be a more evolved experience compared to Moto BLUR and other such efforts.
  9. Using GPS chips, the phone will give you the ability to locate your friends. It can help get you discount coupons for local eateries and bars for example.  That is why I think Facebook Places is an important initiative for the Palo Alto, Calif.-based company, and why it ended up acquiring the Hot Potato team.

 

  1. Zuckerberg が説明するように、Android を軽量化したバージョン上で、Facebook の薄いレイヤが実行されるだろう。 しかし、私が Nokia の人間であるなら、いまごろは Zuckerberg のオフィスに押しかけているだろう。
  2. Facebook が行うべきことは OS の構築ではないが、その代わりに HTML5 ベースのユーザー・エクスペリエンスを構築するはずだ。 WebOS における Good Job は、Web テクノロジーをベースにしたモバイル・エクスペリエンスの形成であった。
  3. 利用者にとっては、電話番号よりも Facebook ID の方が重要になる。Facebook ID でログインして、ソーシャル・ネットワーク auto-magically でシンクする。 (Android ユーザーは Google フォンにおいて、この機能を見ている。 それに対して、Stacey は煩わしさを指摘している)
  4. Facebook は、その電話のアドレスブックあるいは連絡リストになり、データ接続を介したネットワーク上で Facebook ユーザーに対して、通話/IM/SMS/Mail の機能を提供する。 すでに、Facebook がユーザーの電話番号を持っているため、携帯電話網などのネットワークとの信線は容易である。 (繰り返すが、この機能を自由に使える Android ユーザーには、重要な事柄ではない)
  5. 私たちの読者であり、Clearspring CEO である Hooman Radfar の適切な説明によると、『 Facebook は、基礎をなしている共通のメッセージ交換と、認証インフラストラクチャを効果的に活用するアプリケーション・セットである。 それを定義すると、Facebook にしても、何らかのソーシャル・レイヤ上に乗った、独立したアプリケーション・セット(photo/inbox/chat)となる 』 すなわち、Facebook アプリケーションに注目する理由は、個々のアプリケーションに振り分けられ、また、電話エクスペリエンスに包括されるだろう。
  6. 現実に、Facebook Photo は、カメラやフォト・リポジトリとダイレクトに通信し、クラウドとローカルのフォト・ストレージとの大きな相違点はない。 写真を撮って、Facebook に保存するだけである。
  7. Liz が指摘するように、Facebook は、ロケーション/スケジュールされたイベントやミーティング/時刻や日付などに基づいた、電話をベースにしたインテリジェンスを提供できる。 この新しい電話で、それらを確認できるだろう。
  8. さらに、ニュース・フィードに関しても、モバイル・エクスペリエンスの一部になる。Moto BLUR などの成果と比較して、さらに進化したエクスペリエンスになるだろうと、私は発言してきた。
  9. GPS チップを用いて、たとえば友人たちと位置を共有できるようになるだろう。 たとえば、それにより、地元のレストランやバーのクーポンが、簡単に得られるだろう。それが、Palo Alto, Calif ベースの Facebook Places が、重要なイニシアティブを持つと思う理由であり、最終的に Hot Poteto チームを獲得することになった理由でである。

Now many would be thinking that this phone effort is a reaction to company’s break-up with Apple. Not true. Facebook has been serious about mobile for a long time, and this effort to build a mobile social layer has been in the works for a while.

多く人々が、この電話により、Apple との間に亀裂が走ると思っているだろう。 しかし、それは真実ではない。 これまので長い期間において、Facebook は真剣にモバイルに取り組んできた。 そして、モバイル・ソーシャル・レイヤの構築は、その途上にある。

PS: For more discussion about the future of mobile, you should join me at GigaOM’s third annual Mobilize conference in San Francisco on Sept. 30.

Related content from GigaOM Pro (sub req’d):

ーーーーー

昨夜ですが、Tech Crunch に 中国と韓国の大手 SNS が mixi プラットフォームと規格の共通化で提携を発表 という記事がポストされていました。 まだ、6億人くらいのインターネット潜在ユーザーが残っているという中国と、うまい連携がとれれば Facebook に対抗できるという、そんな思惑があるのでしょう。

片や、Facebook は、昨日・一昨日と ご紹介してきたように、新次元へと挑戦していくようです。 キャリアは線だけ引いてりゃ良い、と言わんばかりの若き天才暴君は、新たな勝利を手にすることができるのでしょうか? いずれにしても、固定電話から携帯電話への移行に続く、二度目の大変革を狙っていることに間違いはないのでしょう。 この Facebook Phone が成功すれば、iPhone も過去の遺物です。 とても興味深い展開です。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Facebook Phone について、知っておくべき全てを GIGAOM が解説 _1
Facebook は、絶対にモバイル・フォンを開発しているはずだ – GIGAOM
Facebook と Skype のアライアンスが、Google の支配に風穴をあける
Facebook は簡単には株式公開しない、、、Zuckerberg の回答
Facebook クレジット・カードが、あなたのフトコロに忍び寄る

2010 年の クラウド企業 大型買収 一覧表

Posted in Businesses, Miscs, Research by Agile Cat on September 29, 2010

 

image

先日に Wikipedia へのリンク集をポストしましたが、自分の仕事で必要になったので、2010年に限定した一覧表をつくりました。 最近の動向が一目で分かりますので、どうぞ ご利用ください。 こうしてみると、各社の思惑や目論見があぶり出されてくるようで、とても興味深いです。

なお、買収額に関しては、記載の有無にバラツキがありますが、この資料に限定してみると、Google/ HP/ IBM/ Oracle あたりが、今年の買物王になるのでしょうかね。それと、2010年に入って、Microsft が一社も買収していないのには、(見落としかもしれませんが)ちょっと驚きました。 Oracle による AMD 買収のウワサも気になりますね。 まだまだ、垂直統合のアラシは続くのでしょう。 ーーー A.C.

ーーーーー

Cisco Systems

 

買収日

社名

概要

買収額

3, 25, 2010
5, 18, 2010
5, 20, 2010
8, 26, 2010
9, 02, 2010

Grid Net
MOTO Development Group
CoreOptics
ExtendMedia
Arch Rock Corporation

Smart Grid
Product design
Digital signal processing
Video
Smart Grid

-
-
-
-
-

EMC Corp.

 

買収日

社名

概要

買収額

6, 04, 2010
6, 06, 2010

Acquire Archer Technologies
Greenplum

announcement
announcement

-
-

 Google 

買収日

社名

概要

買収額

7, 01, 2010
7, 16, 2010
8, 04, 2010
8, 05, 2010
8, 10, 2010
8, 15, 2010
8,
30, 2010
8, 30, 2010
9, 13, 2010

ITA Software
Metaweb
Instantiations
Slide.com
Jambool
Like.com
Angstro
SocialDeck, Inc.
Quiksee

Travel technology
Semantic Search
Java Developer Tools
Social gaming
Social Gold payment
Visual Search Engine
Social networking service
Social gaming
Online video

$700,000,000
-
-
$182,000,000
$70,000,000
$100,000,000
-
-
$10,000,000

Hewlett Packard 

買収日

社名

概要

買収額

4, 12, 2010
6, 24, 2010
7, 01, 2010
9, 02, 2010
9, 13, 2010
9, 22, 2010

3Com
Melodeo
Palm, Inc.
3PAR
ArcSight
Fortify Software

Computer networking
Computer software
Smartphone Manufacturer
Data Storage
Security management
Computer Software

$2,700,000,000
$
30,000,000
$1,200,000,000
$2,350,000,000
$1,500,000,000
-

 IBM 

 

買収日

社名

概要

買収額

1, 20, 2010
2, 03, 2010
2, 16, 2010
5, 03, 2010
5,
24, 2010
6,
15, 2010
7, 01, 2010
7, 29, 2010
8, 10, 2010
8, 13, 2010
9, 15, 2010
9, 20, 2010

NIS Company, LLC
Initiate Systems
I
ntelliden Inc.
Cast Iron Systems
Sterling Commerce

Coremetrics
BigFix, Inc.

Storwize
Datacap
Unica Corporation
OpenPages
Netezza

Public sector
Data integrity software
Network Automation
Cloud Integration
Business integration
Web Analytics Software
Security IT automation
Data Compression
Data capture & CMS
Marketing planning
Risk management
Data warehouse & analytics

-
-
-
-
$1
,400,000,000
-
-
-
-
$
480,000,000
-
$1,700,000,000

 Oracle 

買収日

社名

概要

買収額

1, 04, 2010
1,
27, 2010
2, 10, 2010
2, 10, 2010
4,
16, 2010
5, 20, 2010
5, ??, 2010

Silver Creek
Sun Microsystems
Convergin
AmberPoint
Phase Forward
Secerno
Market2Lead

Product Data Quality
Server, Workstation, Storage
Telecom Service Broker
SOA
L
ife science & Healthcare
D
ata protection
Applications

-
$7,400,000,000
$
85,000,000

$685,000,000
-
-

 Symantec 

買収日

社名

概要

買収額

1, 12, 2010
4, 29, 2010
4, 29, 2010
5, 19, 2010

Gideon Technologies
PGP Corporation

GuardianEdge
VeriSign 

Information security
Data Encryption
Endpoint Data Protection
Authentication Services

-
$300,000,000
$
70,000,000
$1,280,000,000

 Yahoo! 

買収日

社名

概要

買収額

 

3, 17, 2010
5, 25, 2010

citizensports.com
Koprol

Sports Social media
Geosocial network

-
-

ーーーーー

<関連>
クラウド企業の買収リスト
HP が Dell の 3割増をオファー – エスカレートする 3PAR 争奪戦
Dell による 3PAR の買収を分析する
iPhone 4 と iPad で Flash 、、、Mark Hurd 事件など
Intel が McAfee を $7.68 billion で買収! – その理由は?
EMC の Greenplum 買収に関する、今朝の報道
EMC も、ついにクラウドへ本格参入?

Facebook Phone について、知っておくべき全てを GIGAOM が解説 _1

Posted in Facebook by Agile Cat on September 28, 2010

Facebook Phone: All You Need To Know + New Details _1
By
Om Malik Sep. 23, 2010, 7:10am PDT
http://gigaom.com/2010/09/23/facebook-phone/

Facebook Phone に関連する GIGAOM ポストを抄訳していきます。昨日の Facebook は、絶対にモバイル・フォンを開発しているはずだ をお読みではない方は、そちらを先に、どうぞ。 ーーー A.C.

ーーーーー

Gigaom

5ff4efe0-cc42-40d7-ad19-ceba233e901c

Of all the recent technology news, the one that’s held most of my interest is the existence of the Facebook phone. Why? Because I’d been aware of a project to build a phone based on Facebook for quite some time, though I hadn’t been able to confirm it from multiple sources. Well, this morning, news has emerged that the company is building a phone in tandem with INQ Mobile.

最近の、すべてのテクノロジー・ニュースにおいて、私が最も興味を持ったのは、Facebook フォンの存在である。 その理由は、ずいぶんと前から、Facebook をベースにした電話を開発するというプロジェクトを知っていたが、それを複数の情報源から確認できなかったところにある。 それが、今朝になって、同社が INQ Mobile と共同で、電話を開発しているというニュースとなって流れてきた。

81c90046-2364-48f3-bdb5-a2d167f795cb

Today, Bloomberg reports that the Facebook phone is going to be sold in Europe via Carphone Warehouse and other European carriers. It will be made by INQ, which is a relatively new handset maker that got its start making a Skype phone. In the U.S., INQ is said to be working with AT&T, where the phone is going to be sold under Ma Bell’s brand. Reports say the phone will be sold in two models: a touch screen model and a QWERTY model. We reported on INQ building touch-screen phones earlier in the year.

今日の Bloomberg レポートによると、この Facebook 電話は、が Carphone Warehouse などのキャリアを介して、ヨーロッパで販売される。 そして、Skype 電話のタイミングで市場に参入してきた、比較的に新しいハンドセット・メーカーである INQ により製造される。 アメリカにおいては、 INQ と AT&T が協業すると言われていて、この電話は Ma Bell ブランドで提供される。 いくつかのレポートによると、タッチス・クリーンと QWERTY キーボード付きの、2つのモデルが販売されるらしい。 今年のはじめに、私たちは、INQ が作成するタッチ・スクリーン・フォンについてレポートしている。

Now here’s what I know:

  • The AT&T deal has is not yet final.
  • The phones are not going to hit the market as quickly as Bloomberg is suggesting: the first half of 2011. The phones should have been ready by now for testing in order for that to happen, but they aren’t.
  • The phone is going to show up first on Hutchinson’s 3/3G network.
  • INQ/Facebook are likely to bundle Spotify, the red-hot digital music service in their phone, though that service might not be available in the U.S., since Spotify isn’t allowed to sell its services in the states.
  • Spotify is likely to launch in the U.S. in December, which means it could also make an appearance on the Facebook phone on AT&T.
  • Much of the work on the new experience is being done by INQ. (Thank God for that, because I think Facebook is severely challenged from the user experience perspective.)

 

  • AT&A による取り扱いは、まだ最終的なものではない。
  • Bloomberg が示唆する2011年の前半というような時期に、この電話が市場に出ることはない。 現時点において、テストの準備が整ったはずであり、完成品は存在していない。
  • この電話は、最初に Hutchinson の 3/3G ネットワーク上に提供される。
  • INQ/Facebook には Spotify がバンドルされるらしく、熱狂的なディジタル・ミュージック・サービスを提供する。しかし、Spotify のサービスがアメリカで認められていないため、 その提供はヨーロッパだけとなる。
  • Spotify は、アメリカでは 12月にサービスインするらしい。 それも、AT&T の Facebook フォンという形になるらしい。
  • 新しいエクスペリエンスに関する大半の作業は、INQ において実現される。(Facebook はユーザー・エクスペリエンスをコロコロ変えるから、私たちは神に感謝すべきだろう)

d0361ee8-6ef7-4b03-a3e1-253a3e0ec5b3

← INQ CEO Frank Meehan Speaking At Mobilize 2009

Facebook+Spotify=Magic

Just to refresh your memory. INQ built the first Facebook phone and found success by simply integrating the Facebook address book into its device. In September 2009, INQ CEO Frank Meehan told us that his company would be building an Android phone. At that time, Meehan declined to comment on whether he would build a Spotify-focused phone. Since then, for European carriers, the red-hot Spotify has become one of the big revenue generators; consumers eager to get access to the Spotify service on their phone are signing up for carriers’ data plans.

あなたの記憶を、呼び戻して欲しい。 INQ は、最初の Facebook フォンを構築し、また、デバイス内に Facebook アドレスを統合するだけで、成功を見いだした。 2009年9月に、INQ の CEO である Frank Meehan は、Android フォンを創ることになるだろうと言っていた。 その時に Meehan は、Spotify にフォーカスする電話について、コメントを拒否していた。 その時から、この Spotify は大きな注目を集め、ヨーロッパのキャリアにとっての、大収益生成装置の 1つになった。 つまり、その電話上の Spotify サービスへのアクセスを強く望む顧客が、キャリアのデータ・プランを契約している。

Now let’s look at some of the facts: Facebook, Spotify, and INQ Mobile have a single common link: Chinese billionaire Li Ka-Shing who is an investor in all three companies. In addition, he owns Hutchinson, a wireless network operator that has 3G networks (branded 3) in 12 countries. INQ Mobile CEO Frank Meehan sits on the board of Spotify. With Google planning a mobile music offering and Apple already a strong presence in the digital media space, Facebook needs a music partner: Spotify.

そしていま、いくつかの事実を確認していく。 Facebook および、Spotify、INQ Mobile は、中国の億万長者である Li Ka-Shing が、それらの 3社に投資しているという、共有のリンクを持っている。 さらに、12カ国で 3G ネットワークを保持する、無線ネットワーク・オペレーターである Hutchinson を、この中国人は所有している。また、INQ Mobile の CEO である Frank Meehan は、Spotify の役員でもある。すでに Google がモバイル・ミュージックを計画し、Apple がディジタル・メディア・スペースで強みを発揮していることで、Facebook は Spotlfy という音楽でのパートナーを必要としている。

ーーーーー

大元さんのブログに書かれているように、まさに 電話番号とメールアドレスに依存した携帯電話は要らない という時代が来るのでしょう。 Facebook は初心者の Agile_Cat ですが、すでに Twitter の Direct Message は多用しており、メールへの依存度がぐっと減っていることを認識しています。 こんな感じで、電話番号もメールアドレスも、人々の目に触れないところに隠されていくのでしょう。 では、明日の続編にも、ご期待ください。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Facebook Phone について、知っておくべき全てを GIGAOM が解説 _2
Facebook は、絶対にモバイル・フォンを開発しているはずだ – GIGAOM
Facebook と Skype のアライアンスが、Google の支配に風穴をあける
Facebook は簡単には株式公開しない、、、Zuckerberg の回答
Facebook クレジット・カードが、あなたのフトコロに忍び寄る

Facebook は、絶対にモバイル・フォンを開発しているはずだ – GIGAOM

Posted in Facebook by Agile Cat on September 27, 2010

Facebook Should Absolutely Build a Mobile Phone
By
Liz Gannes 
Sep. 19, 2010, 7:20pm PDT
http://gigaom.com/2010/09/19/facebook-should-absolutely-build-a-mobile-phone/

Gigaom

アメリカでは先週末に、Facebook と INQ による新しいモバイル・フォンに関するニュースが流れたようですが、その数日前に GIGAOM に掲載されたポストを抄訳してみました。 一言でいえば、Facebook アドレス・ブックが、そのまま携帯アドレス・ブックになってしまうという、きわめて斬新で合理的なアイデアが実現されるようです。

よくよく考えてみると、ずらりと並んだ数字を用いて、人と人が相互に認識しなければならない仕組みというのも、きわめて時代遅れな感じがしますが、それをソーシャル・ネットワークで整理していきましょうというのが、この Faebook フォンの基本コンセプトです。

この Liz Gannes さんのポストに続いて、9月 23日には 御大 Om Malik さんが、発表後の Facebook フォンを詳細に分析しています。 その抄訳を、Agile_Cat で作成しているところでして、明日・明後日あたりにはポストしたいと思っています。 そちらも、ど~ぞ お楽しみに! ーーー A.C.

ーーーーー

The meme of the weekend was a TechCrunch report that Facebook is working on its own phone. Facebook quickly distributed a detailed denial of any phone-building activity, trying to cut the story at the knees by stating it’s not building a phone, but it is working on adding support for Facebook Connect into mobile operating systems and building a broadly accessible HTML5 version of its site. But the idea clearly has staying power, and why not? It’s a good one. Facebook should start working outside its core competency very soon to do things like make phones.

この週末のトピックは、Facebook が独自の電話を開発しているという、TechCrunch のレポートだった。 Facebook は、そのような電話は開発していないという詳細な説明を急いでリリースし、このストーリーを足元から否定することになった。しかし同社では、モバイル・オペレーティング・システムに Facebook Connect サポートを加え、また、同サイトでの広範囲におよぶ HTML5 アクセスを実現するための、作業が進行しているとも言っている。長期的なスパンを考えれば、それは当然のことであり、支持されることである。 Facebook が行うべきことは、そのコア・コンピテンシーの外側で、この考え方に見合う電話を、早急に開発することである。

clip_image001

Creating a better mobile experience would significantly help Facebook in its competitive fight against Google. Right now, Google might be inept at social, but it’s clearly trying to do better, and it will. Google’s best social assets are the Gmail platform and the rapidly adopted Android mobile OS. A Facebook phone, even one built on Android, would help erase some of the very real advantage Android gives Google through the on-phone address book and the ability to help shape other people’s mobile apps.

いまよりも優れたモバイル・エクスペリエンスの創造は、Google への対抗策として、Facebook を根本から手助けするだろう。 現時点の Google は、ソーシャルに対する適性を欠いているかもしれないが、明らかに改善を図っており、それを成し遂げるだろう。 ソーシャルのための、Google の最大の資産は Gmail プラットフォームと、急速に採用されている Android モバイル OS である。 Facebook フォンが Android 上に構築されるにしても、電話番号が不要なアドレス・ブックと、他社によるモバイル・アプリケーションの形成を促進する能力を介して、Android が Google に与えるいくつかの現実的なアドバンテージを、消し去っていくだろう。

Facebook might be an emerging technology juggernaut, but it’s narrowly focused on building a social networking platform. Meanwhile, Google often releases products that extend its influence in unexpected, non-core and seemingly off-topic ways: Google Maps and Google Earth, Android, Chrome and Chrome OS, regional fiber deployments, even the Lunar X Prize for moon travel. While search advertising is still where Google’s big bucks come from, it’s these other projects that make the company pervasive and keep it innovative. When Google was six years old, as Facebook is now, it launched Gmail. The most experimental and non-core thing Facebook has done recently is to essentially rip off its former employees’ startup Quora with the launch of Facebook Questions.

Facebook については、絶対的なパワーを持った未来技術と例えられるかもしれないが、ソーシャル・ネットワーク・プラットフォームの構築に、その狙いを絞り込んでいる。その一方で Google は、そのコアから離れたところで、また、主題から外れた予想外の方向性で、自身の影響力を拡大するためのプロダクトを頻繁にリリースしている。そこには、Google Map と Google Earth、Android、Chrome と Chrome OS、地域を限定したファイバーの設置、そして月旅行のための Lunar X Prize さえ含まれる。 検索広告が Google の大きな収入源である間に、それらのプロジェクトが同社を拡大し、その革新性を維持していく。 Google は 設立から 6年目にして Gmail を開発したが、Facebook も 6年目に入っている。 最近になって Facebook が実施した、最も実験的でノン・コアなプロジェクトは Facebook Questions であり、元従業員がスタートした Quora と本質的に競合するものである。

That Facebook says it’s not “building” a phone doesn’t mean all that much. The Facebook phone story has a strong déjà vu factor, given that Google recently made its own phone to demonstrate the capabilities of Android. That project, the Nexus One, has already been aborted, with Google saying the example the phone had set has been absorbed by other handset makers. Google, of course, didn’t actually construct its own phone; it partnered with HTC. Similarly, Facebook could easily customize and brand a phone without “building” it. It would, of course, try to improve on some of the pitfalls of the Nexus One, like direct sales, customer service and competing against carrier and handset partners.

Facebook が電話を開発していないと言っているが、すべてを否定しているわけではない。 Google が Android の能力を示すために自身のデバイスを開発したとするなら、Facebook フォンのストーリーは強力なデジャビュとなる。 すでに Nexus One プロジェクトは中止されているが、Google の説明によると、それはサンプルとしてのものであり、他のデバイス・メーカーに吸収されたことになる。もちろん Google は、自身では電話を開発することはなく、それを HTC とのパートナーシップのもとで実施した。 それと同様に、 Facebook も開発することなく、容易にカスタマイズし、ブランディングすることが可能だ。そして、当然のこととして、ダイレクト販売や、顧客サービス、キャリアやハンドセット・パートナーとの競合といった、Nexus One における落とし穴を改善するものになるだろう。

Obviously, the idea of embedding Facebook more deeply into phones makes tons of sense. It’s already happening. I get a thrill every time I get a call on my Droid Incredible from a Facebook friend I’ve never talked on the phone with, and see his or her name and picture pop up on my screen when the call comes in, thanks to Facebook-Android integration. Facebook already has 150 million active mobile users for a range of apps, partnerships and mobile web offerings (and they are twice as active as non-mobile users), but the company’s mobile offerings almost always lag far behind the development of its main website and are long overdue for significant refreshes.

A Facebook-branded phone could have:

Facebook を電話の深部にエンベッドするというアイデアが、大きな意味を持つことは明らかだ。 それは、すでに起きている。一度も電話で話したことのない Facebook フレンドから、Droid Incredible 上にコールがあり、彼らの名前や写真がスクリーン上にポップアップするとき、とてもスリルを感じる。 Facebook – Android インテグレーションに感謝すべきだろう。 すでに Facebook は、さまざまなアプリケーションや、パートナーシップ、そして Web といった領域で、1億5000万人のアクティブ・モバイル・ユーザーを有している(彼らはノン・モバイル・ユーザーと比べて2倍以上アクティブだ)。しかし、そのモバイルに関する開発は、メインである Web サイトから大きく遅れており、また、根本的な改善の計画も大きく遅れている。Facebook ブランド・フォンであれば、以下が可能になる:

  • A dynamically updated, global, mobile address book that has everyone’s number I rightfully have access to, but prioritizes those I actually talk to often. Facebook already has filtering capability like this powering its news feed. The concept of deleting numbers (unless they’re for an ex you really shouldn’t call when drunk) or updating contact info should disappear.

  • A display of whether contacts are available based on information from interpreting their IM status, their location, whether or not they’re on a call, scheduled meetings, and other integrated calendar and real-time factors.

  • Ways for other mobile developers to easily hook into Facebook to make them socially relevant and share activity with Facebook. This could include activity stream information as well as integrated Facebook Credits payments, Facebook Places check-ins and other actionable information. It would also be a great way for Facebook to improve and extend its advertising.

 

  • 私は正当にアクセスできる友人の電話番号を持っているが、その通話の頻度により優先順序が付けられるように、グローバルなモバイル・アドレス・ブックが劇的にアップデートされる。すでにニュース・フィードに適用しているように、Facebook は強力なフィルタリング機能を持っている。電話番号の削除やコンタクト情報のアップデートといった概念が、消え去るはずだ。

  • 相手の IM ステータスや、ロケーション、通話中、スケジュールされた会議、カレンダー、リアルタイム要因などの情報に基づいて、コンタクト・リストを画面に表示する。

  • ソーシャルな関係や、Facebook とのアクティビティ共有を可能にするために、他のモバイル・デベロッパーが Facebook との接続を、容易に実現するための方式を提供する。 そこには、情報をストリームするためのアクティビティを取り込むだけではなく、Facebook Credits 支払いや、Facebook Places チェックイン、他の利用可能な情報がを統合することになる。さらに、Facebook の広告を改善し、拡張するための、素晴らしい手段になるだろう。

That’s just my quick stab at brainstorming features; I’m sure other people could dream up many more imaginative and useful concepts. Maybe the idea of building a social phone is too obvious — indeed, it’s already been done by INQ with much success. Many of these features could be implemented with improved Facebook integration into other people’s mobile operating systems. Facebook should probably think bigger and more radical.

以上が、私の考える Facebook フォンの、簡潔なマトメである。つまり、私よりも想像力の豊かな人々が、さらに有用なコンセプトを思いつくと確信している。ソーシャル・フォンを創り出すという発想は、すでに INQ が大成功を収めている事からして、あまりにも明白すぎるのだろう。最先端の Facebook インテグレーションを用いた多数の機能が、他のモバイル・オペレーティング・システムにも実装されるだろう。 Facebook が持つべきものは、さらに大きな発想であり、また、革新的な考え方である。

For more discussion about the future of mobile, you should check out GigaOM’s third annual Mobilize conference in San Francisco on Sept. 30.

Image by Sean Percival.
Please see the disclosure about Facebook in my bio.
Related content from GigaOM Pro (sub req’d):
Location: The Epicenter of Mobile Innovation

ーーーーー

一定の切り口から見ると、なんというか、Facebook だけが悠々と成層圏に羽ばたき、Twitter と Google が急上昇して、それを追いかけるという構図が浮かんできます。 キャリアの拠り所であるモバイルをも、Facebook はもぎ取っていってしまうのでしょうか?  凄まじい破壊力です。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Facebook Phone について、知っておくべき全てを GIGAOM が解説 _1
Facebook Phone について、知っておくべき全てを GIGAOM が解説 _2
Facebook と Skype のアライアンスが、Google の支配に風穴をあける
—–
Facebook は簡単には株式公開しない、、、Zuckerberg の回答
Facebook のスケール感覚に驚愕!
Facebook 探検隊: どのようなソフトウェアでスケールを達成しているのか
Facebook を 1.8 倍速に、WordPress を 2.7 倍速にする、HipHop とは ?
わずか四半期の間に、サーバー数が倍増した Facebook の事情
Facebook の HDFS クラスターは 21 PB !!!
Facebook クレジット・カードが、あなたのフトコロに忍び寄る

SOHO ワーカー と ONLINE ショッピング が、カーボン排出を増やしているという、ショッキングな調査結果

Posted in Green IT, Research by Agile Cat on September 26, 2010

Working from home and online shopping can increase carbon emissions
published on: 17th September 2010

http://www.ncl.ac.uk/press.office/press.release/item/working-from-home-and-online-shopping-can-increase-carbon-emissions

image

Shopping on the internet or working from home could be increasing carbon emissions rather than helping to reduce them, a new report claims today.

今日(9/17)の新しいレポートによると、インターネット・ショッピングや SOHO には、二酸化炭素排出量を低減するというより、むしろ増大してしまう可能性が生じている。

The research reveals that people who shop online must order more than 25 items otherwise the impact on the environment is likely to be worse than traditional shopping.

この調査によると、オンライン・ショッピングをする人は、25 品目を注文しないと、従来からのショッピングと比較して、環境に悪影響を与えるとされている。

It also highlights that working from home can increase home energy use by as much as 30 per cent, and can lead to people moving further from the workplace, stretching urban sprawl and increasing pollution.

この調査によると、オンライン・ショッピングをする人は、25 品目を注文しないと、従来からのショッピングと比較して、環境に悪影響を与えるとされている。 さらに、SOHO ワーカーは住宅で消費されるエネルギーを 約30% 増大させ、また、人々を職場から遠いところへ移動させることで、都市化される範囲を拡大し、公害を増大させると指摘している。

The Institution of Engineering and Technology (IET) report looks at the ‘rebound’ effects of activities that are commonly thought to be green. Rebound effects are the unintended consequences of policies that are designed to reduce emissions, but on closer analysis can move the emission’s production elsewhere or lessen the positive impact.

この Institution of Engineering and Technology (IET)レポートは、一般的にグリーンだと思われるアクティビティの、『 リバウンド 』効果に注目している。 リバウンド効果とは、二酸化炭素排出を減らすよう意図されるが、より詳細な分析によると、他所での排出を促したり、効果が少なかったりという、基本的なポリシーがもたらす思いがけない結果のことである。

Professor Phil Blythe, Chair of the IET Transport Policy Panel and Professor of Intelligent Transport Systems at Newcastle University, which produced the report, said: “We hear a lot about the environmental benefits achieved as a result of working from home.  However, on closer inspection it does appear that any environmental benefits are marginal.”

このレポートを作成した、 IET Transport Policy Panel の議長で、Newcastle University における Intelligent Transport Systems に所属する Phil Blythe 教授は、『 自宅での作業の結果として、環境のための利点が生じるという意見をよく聞く。  しかし、さらに綿密な調査を行うと、あらゆる環境上の利点が不充分だという結果だもたらされる 』

The report highlights that buying goods online can provide carbon savings, but only if the conditions are right. The study found that environmental savings can be achieved if online shopping replaces 3.5 traditional shopping trips, or if 25 orders are delivered at the same time, or, if the distance travelled to where the purchase is made is more than 50km.

このレポートで際立つのは、オンラインでの商品の購入が二酸化炭素排出を低減するのは、その条件が適切なケースに限定される。 この研究で発見された事実は、オンライン・ショッピングにより、これまでの買物の 3.5 回分が置き換えられるケース、あるいは、25 品目が同時に配達されるケース、そして、買物に行くための距離が 50km 以上のケースで、環境にとって好結果がもたらされるというものである。

Shopping online does not offer net environmental benefits unless these criteria are met. The report also highlights that the top 20 per cent of British households spend almost nine times as much on transport costs (such as air travel) as the bottom 20 per cent.

これらの基準が満たされない場合には、オンライン・ショッピングは環境に良いものにならない。 また、レポートでは、英国における家庭のトップ 20%が、ボトムの 20%と比べて、約 9倍の運送コスト(空輸など)を消費していると強調している。

Professor Phil Blythe says: “Our report highlights two important messages for policy makers. Firstly, climate change is a real threat to our planet, so we must not get overwhelmed by the task and use rebound effects as an excuse not to act. “Secondly, policy makers must do their homework to ensure that rebound effects do not negate the positive benefits of their policy initiatives and simply move carbon emissions from one sector to another.”

Phil Blythe 教授は、『 私たちのレポートでは、ポリシー作成者にとって重要な、2つのメッセージを強調している。 第一に、気候変動は、私たちの惑星にとって真の脅威である。 したがって、そのためのタスクに圧倒されてはならないし、また、行動を起こさない口実としてリバウンド効果を使ってはならない。 第二に、リバウンド効果が政策主導における効果を否定しないことを保証し、また、単なる二酸化炭素排出のタライ回しにならないことを保証するために、ポリシー作成者は山積みになっている作業を片付けなければならない 』

ーーーーー

ちょっと意外な結果であり、典型的な SOHO ワーカーである Agile_Cat としては、とてもショックを受けています。 思い出せば、今年の夏などはクーラーをつけっぱなしで、随分と電気を使ってしまい、反省しているところ多々ありです。 また、Amzon や eBay で、こまごまと買物もしていますし、それも環境に優しくない行為とは、まさに考え込んでしまう結果となります。

電力や流通における環境コストが絡んでくるわけですが、IT の側からも、ネットワークとデータセンターでの環境コストを真剣に考えなければならないと思います。 その意味で、ARM や ATOM を用いたデータセンター設計に注目したいと考えますが、Intel アーキテクチャだけが唯一の選択肢ではないという発想が、有益な競合を生み出してくれるものと期待します。

Agle_Cat としては、まずは自分自身のための整理という意味で、そして、一人でも多くの人達に興味を持って貰いたいという視点で、Smart Grid Japan というニュースのまとめサイトを作っていますので、よろしければ、ぜひ、ご利用ください。

ーーーーー

<関連>
ARM – データセンターから Intel を たたき出せ!
ARM チップで 省電力データセンターを – Smooth-Stone が巨額の資金を調達
Smooth-Stone はホンモノか? – ARM チップで Intel とは別次元のデータセンターを目指す
ーーー
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_1
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_2
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_3
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_4
環境保護団体グリーンピースから、クラウド・コンピューティング業界へ提言 その_5

 

AMD が Oracle の買い物リストにって ホント? – San Jose Mercury の抄訳です

Posted in Miscs, Oracle by Agile Cat on September 25, 2010

Has Larry Ellison put Intel rival AMD on Oracle’s shopping list?
By Frank Michael Russell
frussell@mercurynews.com
Posted
: 09/24/2010 01:15:04 PM PDT
Updated: 09/24/2010 01:26:43 PM PDT
http://www.mercurynews.com/ci_16165267?source=most_viewed&nclick_check=1

すでに、このトピックは 342 本もポストされているようです。 どれを訳せばと考えましたが、お膝元の San Jose Mercury にしてみました。 ・・・と思ったら、Silicon Valley Mercury とも書かれていて、社名が変わっちゃったんでしょうかね?  ーーー A.C.

image

Shares of Advanced Micro Devices and other Silicon Valley chip stocks were sharply higher today.

AMD (Advanced Micro Devices) をはじめ、Silicon Valley のチップ・メーカーの株価が、今日は大幅に値上がりしている。

L_Ellison

Which is odd considering AMD warned yesterday afternoon that "weaker than expected demand, particularly in the consumer notebook market" would bring its sales in the current quarter down 1 to 4 percent from the $1.65 billion in revenue it reported for its most recent quarter.

『 とりわけ、コンシューマ用のネットブック市場の需要が、予想以上に弱い 』ことが、この四半期における $1.65 billion という収益予測を、1% ~ 4% ほど落ち込ませるというレポートについて、昨日の午後に AMD が警告を発しているのも奇妙な展開である。

What’s not so odd: Larry Ellison, the CEO of acquisitive Redwood City tech giant Oracle said yesterday in his keynote at the Oracle OpenWorld conference that his company was looking to buy more tech companies. "You’re going to see us buying chip companies," Ellison said, according to Bloomberg News.

しかし、昨日の Oracle OpenWorld のキーノートで、同社の CEO である  Larry Ellison が、さらにテクノロジー企業の買収を進めると発言したのは、それほど奇妙ではない。 Bloomberg News によると、『 私たちがチップ・メーカーを買うのを見ることになる 』 と、Ellison は発言している。

Oracle, you might recall, moved into the computer hardware business this year with its $7.4 billion acquisition of server maker Sun Microsystems.

今年になって、Oracle がサーバー・メーカーである Sun Microsystems を $7.4 billion で買収し、コンピュータ・ハードウェア・ビジネスに乗り込んできたことを、あなたは思い出すだろう。

Sunnyvale microprocessor maker AMD, in particular, could be on Ellison’s shopping list, according to at least one analyst. "You’ve got to think it’s focused on enterprise hardware, on the server," Gleacher & Co. analyst Doug Freedman told Bloomberg. "AMD jumps off the screen." Freedman also listed Santa Clara graphics-chip maker Nvidia and IBM’s chip business as possible Oracle acquisition targets.

少なくとも、1人のアナリストによると、Sunnyvale のマイクロ・プロセッサ・メーカーである AMD は、Ellison の買物リストの注目株となる。 『 サーバー上のエンタープライズ・ハードウェアにフォーカスしなければならない 』と、Gleacher & Co のアナリストである Doug Freedman は Bloomberg に対して発言している。 『 AMD は、グラフィックスを捨てるかもしれない(ココ、よく解りません。ATI を売るという意味?)』 さらに Freedman は、Santa Clara のグラフィック・チップ・メーカーである Nvidia と、IBM のチップ・ビジネスが、Oracle の買収目標になり得るとリストアップした。

AMD closed at $6.84, up 44 cents, or 6.9 percent. Nvidia finished at $12.26, up 64 cents, or 5.5 percent. Oracle dropped 16 cents, or 0.2 percent, to $26.96.

AMD の終値は $6.84 で 44 cents (6.9%)のアップ。 Nvidia の終値は $12.26 で 64 cents(5.5%)のアップ。 Oracle は 16 cents (0.2%)のダウンで $26.96 という終値だ。

AMD and Nvidia, of course, both compete fiercely with Santa Clara chip behemoth Intel, the maker of microprocessors for Macs and most Windows computers. Intel stock closed at $19.42, up 44 cents, or 2.3 percent.

もちろん、AMD と Nvidia は、Santa Clara のチップの巨人である Inte と、Mac と Windows コンピュータの市場で常に競合している。

In addition to AMD and Nvidia, Silicon Valley chip stocks with gains of 4 percent or more included: Cypress Semiconductor, Integrated Device Technology, Altera, Atheros Communications, Lam Research, Xilinx, Novellus Systems, LSI and NetLogic Microsystems.

また、AMD と Nvidia だけではなく、Silicon Valley のチップ・メーカーで 4% 以上のゲインを得ている企業としては、Cypress Semiconductor/Integrated Device Technology/Altera/Atheros Communications/Lam Research/Xilinx/ Novellus Systems/LSI/NetLogic Microsystems などがある。

ーーーーー

なんというか、最近は Agile_Cat M&A ブログとかに、こちらも名前を変えなきゃおかしいかと、思ってしまう状況で、トホホ ・・・ です。 ーーー A.C.

クラウド企業の買収リスト Google / HP / IBM / Microsoft / Oracle / Symantic / Yahoo など

ーーーーー

<関連>
HP が Dell の 3割増をオファー – エスカレートする 3PAR 争奪戦
Dell による 3PAR の買収を分析する
iPhone 4 と iPad で Flash 、、、Mark Hurd 事件など
Intel が McAfee を $7.68 billion で買収! – その理由は?
EMC の Greenplum 買収に関する、今朝の報道
EMC も、ついにクラウドへ本格参入?

TaTa に続け – インド製の Tablet は $35 だ!

Posted in Apple, Asia, Government, Mobile by Agile Cat on September 25, 2010

India unveils prototype for $35 touch-screen computer
23 July 2010 Last updated at 14:00 GMT
http://www.bbc.co.uk/news/world-south-asia-10740817

つい先日ですが、以下のニュースを読みました。 そして思い出したのが、この BBC News で紹介されている、インドの国策 Tablet です。

電子出版のECメディア・インターナショナル(本社バンガロール)は9月20日、インドで多機能電子ブックリーダー Wink)XTS を1万1,490ルピーで発売し、アマゾンやアップルといった世界的大手と対抗する。PTI 通信が同日付で報じている。
http://news.indochannel.jp/news/nws0002613.html

この価格だと、$250 程度になってしまうので、別のプロジェクトだと思いますが、TaTa を生み出したインドなら出来そうな話なので、ちょっと古いポストではありますが、抄訳を作ってみました。 ーーー A.C.

ーーーーー

image

The Indian government has unveiled the prototype of an iPad-like touch-screen laptop, with a price tag of $35 (£23), which it hopes to roll out next year. Aimed at students, the tablet supports web browsing, video conferencing and word processing, say developers.

インド政府は、来年に $35 (£23) で販売したいという、iPad ライクなタッチ・スクリーン・ラップトップの、プロトタイプについて計画を発表した。 このタブレットは学生たちに対して、Web ブラウジングや、ビデオ会議、ワード・プロセッシングなどをサポートすると、その開発者は発言している。

ーーーーー

Indian Tablet

Human Resource Development Minister Kapil Sibal said a manufacturer was being sought for the gadget, which was developed by India’s top IT colleges. An earlier cheap laptop plan by the same ministry came to nothing. The device unveiled on Thursday has no hard disk, using a memory card instead, like a mobile phone, and can run on solar power, according to reports.

人材育成担当大臣である Kapil Sibal は、インドにおける最高の IT 大学により開発されたガジェットを、ある製造業者が探し求めていたと発言している。 以前には、このような安価なラップトップの計画は、同省にはなかった。 この木曜日(7/22)に初公開されたデバイスは、モバイル・フォンのように、ハードディスクを持たない代わりにメモリ・カードを用いて、ソーラー・パワーで動作すると報告されている。

‘Manufacturer interest’

It would cost a fraction of the price of California-based technology giant Apple’s hugely popular iPad, which retails from $499. Mr Sibal said the Indian tablet, said to run the Linux operating system, was expected to be introduced to higher education institutions next year. The plan was to drop the price eventually to $20 and ultimately to $10, he added.

そのコストは、California テクノロジー・ジャイアントである Apple の、とても人気の高い iPad($499 より)と比較して、きわめて低額なものとなる。 Sibal 氏、このインド製タブレットでは、 Linux オペレーティング・システムが動作し、来年には高等教育分野に導入されるはずだと、発言している。この 計画においては、ゆくゆくは $20 に、そして最終的には $10 へと、その価格を下げていくと、彼は付け加えている。

Unveiling the gadget, the human resource development minister told the Economic Times newspaper it was India’s answer to the “$100 laptops” developed by the Massachusetts Institute of Technology in the US. “The solutions for tomorrow will emerge from India,” Mr Sibal said, reports news agency AFP. Last year, one of the ministry’s officials announced it was about to unveil a $10 laptop, triggering worldwide media interest.

アメリカの MIT (Massachusetts Institute of Technology) で開発された $100 ラップトップへの回答として、このガジェットを発表すると、この人材育成担当相は Economic Times 新聞に語っている。 APF のレポートによると、『 未来へ向けたソリューションは、インドから出現する』と Sibal 氏発言している。昨年のことであるが、同省の当局者が $10 のラップトップについて発言し、世界のメディアに注目されている。

But there was disappointment after the “Sakshat” turned out to be a prototype of a handheld device, with an unspecified price tag, that never materialised. To develop its latest gadget, the ministry said it had turned to the elite Indian Institute of Technology, and the Indian Institute of Science, after a lacklustre response from the private sector.

しかし、その 『 Sakshat 』というハンドヘルド・デバイスのプロトタイプについては、価格が設定されず、また、実現の見通しがないことが分かった時点で、失望だけが残されることになった。 そして、この民間企業から前向きな反応が得られないために、最新ガジェットを開発は Indian Institute of Science と Indian Institute of Science のエリートたちに受け継がれたと、同相は発言している。

Mamta Varma, a ministry spokeswoman, said the device was feasible because of falling hardware costs. Several global manufacturers, including at least one from Taiwan, had expressed interest in making the device, she said, although no deals had been agreed, and she declined to name any of the companies.

同省のスポークスマンである Mamta Varma は、ハードウェア・コストの低減により、このデバイスが実現したと言っている。成約にはいたらず、社名も明かせないが、いくつかのグローバルな製造業者(台湾を含む)が、このデバイスの製造について興味を持っているとも、Mamta は付け加えている。

The project is part of a government initiative which also aims to extend broadband to all of India’s 25,000 colleges and 500 universities. In 2005, the Massachusetts Institute of Technology (MIT) unveiled the prototype of a $100 laptop for children in the developing world, although it ended up costing about double that price. In May, Nicholas Negroponte – of the MIT’s Media Lab – announced plans to develop a basic tablet computer for $99 through his non-profit association, One Laptop per Child.

それは、インドにおける 25,000 の高校と 500の大学の全てに、ブロードバンドをつないでいこうとする、政府主導プロジェクトの一部でもある。 2005年に MIT(Massachusetts Institute of Technology) は発展途上国の子供たちのために、$100 ラップトップのプロトタイプを明らかにしたが、そのコストは最終的に 2倍になってしまった。この 5月に、MIT Media Lab の Nicholas Negroponte は、自身の非営利団体である One Laptop per Child を介して、基本となるタブレット・コンピュータを $99 で開発する計画を発表している。

ーーーーー

よく読んでみると、インドにおけるブロードバンドの推進と、学生たちのコンピュータ・リテラシーの向上をねらった政策の一環であることが分かります。 それをアメリカ主導ではなく、自分たちで切り開いていくという姿勢に拍手です! 良いですよね、こういう話は :) ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
GIGAOM の分析 – iPad の 7 Inch 版を、ほんとうに Apple は推進しているのか?
Samsung Galaxy – Android Tablet 7 の CM (Youtube) に 萌え~~~
歓迎すべきことに、Apple は制空権を失いつつある
Android Tablet のことなら Good E-Reader Blog が イチ押しです!
Apple はクラウド・プロバイダーになりたくないのか?
Jobs の Adobe 批判って、自爆してません?
Android Tablet – 14 機種を リストアップしました

%d bloggers like this: