Agile Cat — in the cloud

アメリカでは、高度3000フィート なう ・・・ の世界が

Posted in Miscs by Agile Cat on August 27, 2010

Gogo Inflight Internet is available on flights traveling over the continental United States

http://www.gogoinflight.com/gogo/splash.do

前回の出張では、めぐり合わせが悪かったのか、、、6 回も国内線に乗ったのに試用することのできなかった GOGO in Flight(Beta)という機内 WiFi サービスですが、その後、無事にサービスインしたようで、この 8月の終りになってサマー・キャンペーン(?)らしき案内が届きました。

image

航空会社に関しては、American、Delta、UNITED などを含む 9社で共有されるサービスのようで、これなら使い勝手も良さそうに思えます。 それもこれも、この gogoinflight.com に、各社がサービスをアウトソースしているから成り立つのでしょう。 最初から、スケールメリットを出していこうという戦略が、ごく普通に展開されています。

ディスカウント合戦でフラフラの JAL や ANA にも、こんなふうなサービスの提供で、多少は稼いで欲しいと思いますが、日本で始まる場合には、各航空会社が自前で構築しそうな感じがしますね。

話は GOGO Flight に戻りますが、以下の価格表を見ると、どうやらフライト単位の課金がベースになるようで、そこに各種のサブスクリプションが加わり、たくさんのオプションが並ぶ結果となっています。お国柄も日本とは違いますし、どれくらいの頻度で飛行機に乗るのかといえば、それぞれの事情もあるので一概に言えませんが、1 回のフライトで $10 以下にに収まるなら、それほど高いという感じはしませんね。

 

GOGO UNLIMITED

Monthly unlimited Internet on all Gogo equipped flights using any Wi-Fi enabled device. Starts immediately, renews automatically, cancel anytime.  $34.95 / $19.95

Start your subscription today for just $19.95 ($34.95 for all subsequent months).

GOGO 6 PACK

Buy a bundle of 6 Gogo Flight Passes and save up to 35% over purchasing 6 individual Gogo Flight Passes inflight. You will receive 6 promotional codes, redeemable on any inflight pass of $12.95 or less. Each code is valid on all Gogo equipped flights on all airlines. This is a limited time offer. $49.95

Buy today and save up to 35% off the inflight price of 6 Flight Passes.

GOGO 24 HOUR PASS

Connect to the Internet all day long on Gogo equipped flights from a single airline where available.  $12.95 / $11.00

Save up to 15% off the inflight purchase price of
a Gogo 24 Hour Pass.

GOGO FLIGHT PASS

Get Internet on a Gogo equipped flight using any Wi-Fi enabled device. Available inflight only. $4.95

Single flight up to 1.5 hours. $9.95

Single flight between 1.5 hours and 3 hours. $12.95

Single flight over 3 hours.

GOGO MOBILE PASS

Connect to the Internet with a mobile device on a single Gogo equipped flight. Available inflight only.  $4.95

Single flight up to 1.5 hours.  $7.95

Single flight between 1.5 hours and 3 hours.

GOGO 30 DAY PASS

Connect to the Internet for 30 days of Internet on all Gogo equipped flights using any Wi-Fi enabled device. Can be purchased inflight only where available.  $39.95

30 days of access on any Gogo equipped airline.

GOGO MOBILE 30 DAY PASS

Get 30 days of Internet on Gogo equipped flights using any Wi-Fi enabled mobile device. Can be purchased inflight only where available.  $19.95

30 days of access with a mobile device on a single airline.

30 DAY PASS

Connect to the Internet for 30 days on Gogo equipped flights from a single airline. Can be purchased inflight only where available.  $29.95

30 days of access on a single airline.

ーーーーー

それにしても、こんなサービスが許されるアメリカの状況と、すべての通信機器の電源を切れという日本の状況って、いったい何が違うのかと、とても不思議に思えてきますよね。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
Boingo で Wifi は OK、そして Twitter の位置補足が・・・(US 出張編_1)
スマートグリッドを Hadoop で (US 出張編_2)
スマートグリッドを Hadoop と OpenPDC で(US出張編_3)
Data Center Knowledge について ご意見を・・・(US出張編_4)
Boingo 接続の勝敗表など(US出張編_5)
Microsoft IT PAC:初の導入は、第二期 Quincy になるのか? (US 出張編_6)
GO GO FLIGHT で空から Twitter (US 出張編_7)
アメリカの IT 風景:スナップ 8点

Tagged with: , , ,

OpenStack が前途多難な理由を説明しよう

Posted in OpenStack by Agile Cat on August 27, 2010

Why OpenStack Has its Work Cut Out
By
Derrick Harris
Jul. 25, 2010, 9:00am PDT
http://gigaom.com/2010/07/25/why-openstack-has-its-work-cut-out/

Gigaom

This week, a relatively large group of technology companies, along with NASA, launched OpenStack, an open source project designed to give businesses and service providers a top-to-bottom, and already proven, cloud computing platform. I’m all for openness, but as I discuss in my weekly column at GigaOM Pro, it’s do not too difficult to play devil’s advocate and make the case that OpenStack won’t create true rivals for leading cloud providers or cloud software vendors.

今週(2010年7月下旬)のことだが、NASA 取り巻くいくつかのテクノロジー企業によるグループが、OpenStack への取り組みを開始した。 それは、大小の企業とサービス・プロバイダーのためのデザインされたオープンソース・プロジェクトであり、すでに証明されたクラウド・コンピューティング・プラットフォームのことでもある。 私自身としてはオープンな事象には大賛成であるが、GigaOM Pro の Weekly コラムの論評としては、天邪鬼な支持者と仲良くするのは困難であり、クラウドにおける主要なプロバイダーやソフトウェアベンダーににとって、OpenStack が本当のライバルになることはないと、指摘せざるを得ない。

Assuming the provisioning engine comes to fruition, OpenStack will undoubtedly see adoption from service providers wanting to offer cloud computing, enterprises wanting to build their own internal clouds, and IT vendors looking to beef up their cloud software offerings. If all comes together as planned, it should be a very nice solution. Just like everywhere else in life, competition in the cloud is a great thing.

そのためのプロビジョニング・エンジンが結実すると想定して、 OpenStack の取るべき行動は間違いなく、クラウド・コンピューティングを提供したいサービス・プロバイダーおよび、インターナル・クラウドを構築したいエンタープライズ、そしてクラウド・ソフトウェアを増強したいIT ベンダーに基づいた適用の確認となる。 もし、すべてが計画どおりに集まるなら、とても素敵なソリューションになるはずだ。 なぜなら、それ以外のあらゆる領域で、クラウドの競合が始まるという、素晴らしい展開になるからだ。

openstack-logo

However, competition for dollars and developers is plentiful, including large cloud providers, software vendors and even other open source options. The idea of a network of interoperable OpenStack-based public and internal clouds is appealing, but it would require stealing business and developers from a wide variety of other proven, innovative and commercially supported offerings.

しかし、経済と開発における競合は熾烈であり、そこには、大手のクラウド・プロバイダーやソフトウェアベンダー、さらにはオープンソースも含めた、豊富な選択肢が存在する。 インターオペラビリティを前提とした、OpenStack ベースのパブリック/インターナルのクラウドで構成される、ネットワークという考え方は魅力的である。しかし、そのためには、すでに証明済みであり、革新的であり、商業面でサポートされている多種多様な提供物から、ビジネスとデベロッパーを盗み出すことになってしまう。

Even within the OpenStack membership, conflicts of interest exist. How supportive can Rackspace really be of other service providers without cannibalizing its own cloud revenue? Plus, it’s also considering offering Windows Azure as a service. Dell already sells Joyent’s cloud software, and it’s also an early Windows Azure Appliance partner. If Dell does offer OpenStack as an open source alternative, it will be just that — an alternative. Other partners will support the OpenStack platform, but that’s on top of existing support for AWS, VMware and other industry-leading offerings. Supporting OpenStack is one thing, but pushing it to the exclusion of other options is something else.

利害の衝突は、OpenStack メンバーシップの中にさえ存在する。 Rackspace は、自身のクラウド収益を犠牲にすることなく、ほんとうに他のサービス・プロバイダをサポートできるのだろうか? そして、同社では、Windows Azure をサービスとして提出するプランが検討されている。 Dell は Joyent のクラウド・ソフトウェアを販売しており、さらには、Windows Azure Appliance のアーリー・パートナーでもある。 もし、Dell が OpenStack を、オープンソースの選択肢として提供するなら、それは単なる選択肢だろう。 他のパートナーは、OpenStack プラットフォームをサポートするだろうが、それらは、AWS や VMware、そして先駆者たちが提供するプラットフォーム上に存在している。OpenStack のサポートは 1つの事象であるが、他のオプションを排除するには、別の何かが必要になる。

Is OpenStack important? Yes. 
Will OpenStack attract a broad community of users? Yes. 
Will OpenStack-based offerings and deployments gather enough market share to make current leaders lose sleep? That’s not such an obvious answer.

OpenStack は重要だろうか? YES。
OpenStack は広範囲におよぶユーザー・コミュニティにとって魅力的だろうか? YES。
OpenStack が市場を占有し、他の選択肢は衰退するだろうか? それについては、YES とは答えられない。

ーーーーー

OpenStack について、GOGAOM はかなり辛めの論評ですね。 その一方で、Information Week の論客である Charles Babcock さんは、Amazon Web Services EC2 をターゲットにした戦略だと発言しています。 いろいろな見方があると思いますが、今後の動向に注目したいですね。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
OpenStack が Microsoft から、Hyper-V サポートを獲得 – 20010/10/23
Rackspace の(増収・増益)クラウド経済学
ISP とクラウド経済
全米 No.2 である Rackspace の Cloud Partner とは?
Rackspace は iPad と Nimsoft で ・・・

%d bloggers like this: