Agile Cat — in the cloud

VMware は知っている – クラウドでは仮想化が不要になることを

Posted in Bare-Metal, PaaS, VMware by Agile Cat on July 22, 2010

VMware Knows the Cloud Doesn’t Need Server Virtualization
By Simeon Simeonov Jul. 17, 2010, 5:00pm PDT
http://gigaom.com/2010/07/17/vmware-knows-the-cloud-doesn’t-need-server-virtualization/

Gigaom

Server virtualization created cloud computing. Without the ability to run multiple logical server instances on a single physical server, the cloud computing economics we know today wouldn’t be possible. Most assume that server virtualization as we know it today is a fundamental enabler of the cloud, but it is only a crutch we need until cloud-based application platforms mature to the point where applications are built and deployed without any reference to current notions of servers and operating systems.

サーバーの仮想化が、クラウド・コンピューティングを作り出した。 多数の論理サーバー・インスタンスを、物理的に一台のサーバー上で実行する能力を持つことなく、現時点で私たちが認識するクラウド・コンピューティングの経済学は成り立たなかっただろう。こうした認識に基づき、大半の人々はサーバーの仮想化について、クラウドの基本を構成するものだと思い込んでいる。しかし、それは、クラウドベースのアプリケーション・プラットフォームが成熟するまで、私たちが必要とする松葉杖に過ぎない。つまり、サーバーとオペレーティング・システムで当たり前となっている、現時点の概念を参照することなく、アプリケーションの構築と展開が可能になれば、不要になっていく。

Maritz

At that point, the value of server virtualization will go down substantially. This fact is not lost on virtualization leader VMware, whose CEO Paul Maritz, less than two years after joining, has positioned the company to cannibalize its own server virtualization business with a move toward platform-as-a-service computing.

その時点で、サーバーの仮想化に与えられた価値は、大幅に減退することになる。 この事実は、Paul Maritz が CEO として参加して、まだ 2年も経っていない、仮想化のリーダーである VMware にも当てはまることだ。そして、Maritz の役割は、PaaS コンピューティングへと向かう力により、同社のサーバー仮想化ビジネスを飲み込んでいくことにある。

At Structure 2010, Maritz said that “clouds at the infrastructure layer are the new hardware.” The unit of cloud scaling today is the virtual server. When you go to Amazon’s EC2 you buy capacity by the virtual server instance hour. This will change in the next phase of the evolution of cloud computing. We are already starting to see the early signs of this transformation with Google App Engine, which has automatic scaling built in, and Heroku with its notion of dynos and workers as the units of scalability.

Structure 2010 で Maritz は、「インフラストラクチャ・レイヤにおけるクラウドとは、新しいハードウェアのことだ」と発言している。 クラウドをスケールするための、今日の単位は仮想サーバーである。Amazon EC2 に行けば、仮想サーバー・インスタンスのキャパシティを、時間単位で購入することになる。 それが、クラウド・コンピューティングが進化していく、次のフェーズでは変化することになる。すでに、その兆しは見え始めている。Google App Engine は、自動的なスケーリングをビルトインする方向へと、転換を図っている。また Heroku は、スケーラビリティのユニットとして、dynosworkers を用いている。

Developers working on top of Google App Engine and Heroku never have to think about servers, virtual or physical. In a few years, clouds at the application platform layer will be the new hardware. At that time, traditional operating systems and server virtual machines will become much less important to the cloud.

Google App Engine と Heroku を利用するデベロッパーはサーバーについて、それが仮想なのか物理なのかと考える必要がない。 数年のうちに、アプリケーション・プラットフォーム。レイヤにおけるクラウドは、新しいハードウェアになるだろう。その時点において、従来からのオペレーティング・システムと仮想サーバー・マシンは、クラウドにおける重要なもの、ではなくなるだろう。

First and foremost, server virtualization generates overhead. VMware performance tests suggest that the overhead is in the 8 to 12 percent range. However, when several virtual machines run on the same server and start competing for hardware and network resources, the overhead is substantially higher. This is waste. It’s expensive. It’s bad for the environment.

まず、何よりも先に、サーバーの仮想化はオーバーヘッドを生じる。 VMware のパフォーマンス・テストでは、このオーバーヘッドが 8% ~ 12% になると示唆されている。 しかし、いくつかの仮想マシンが同一のサーバー上で実行され、かつ、ハードウェアとネットワークのリソースの取り合いが始まるとき、このオーバーヘッドはきわめて大きなものとなる。 それこそ無駄で、もったいない。それに、環境にも良くない。

Some would argue that this is a necessary, small overhead that provides security and enables great efficiencies in the data center. That’s true in the sense that without virtualization there is no easy way to take many enterprise applications architected in the 80s and 90s, bolted onto a Windows or Linux operating system and relying on resources such as files and sockets, and make them securely run on one physical server. The argument fails, however, when applied to most modern applications, which rely on network-accessible resources such as databases and Web services as opposed to local resources such as files and processes.

それについて何人かの人々は、セキュリティを供給し、また、データセンターの効率を大幅に高めるために必要な、小さなオーバーヘッドだと論ずるだろう。それは、真実である。80 ~ 90 年代に設計された数多くのエンタープライズ・アプリケーションにとって、仮想化に頼ることなく容易な方式を得ることができないという意味で。それらのアプリケーションは、Windows や Linux といったオペレーティング・システムに拘束され、さらには、ファイルやソケットといったリソースに依存し、一台の物理サーバー上で安全に動作するものなのだ。 しかし、こうした論理を、最新のアプリケーションに適用すると破綻してしまう。それらは、ファイルやプロセスのようなローカル・リソースではなく、データベースや Web サービスのような、ネットワーク・アクセスが可能なリソースに依存しているのだ。

Aiding this trend, startups are building custom application virtualization layers that free applications from servers, obviating the need for virtualizing Windows or full-featured Linux OSes. At Structure, Tom Mornini, CTO of Engine Yard, and I spent a fascinating part of an hour with pen and paper drawing diagrams of what the new software stack looks like. Although Engine Yard’s scaling model is still focused on servers, this is an indication of their enterprise go-to-market strategy. Enterprises are still much more comfortable thinking and buying in terms of servers.

このトレンドをさらに推し進めることで、フル機能の Windows や Linux を仮想化する必要性を取り除き、また、サーバーからアプリケーションを解放する、カスタムなアプリケーション仮想化レイヤを構築している、スタートアップ企業がある。 Structure 2010 で、Engine Yard の CTO である Tom Mornini と私は、新しいソフトウェア・スタックのようなものを、ペンとノートを使って落書きしながら、とても魅力的な 1時間を過ごした。 Engine Yard のスケーリング・モデルは、依然としてサーバーにフォーカスしているが、同社のエンタープライズ go-to-market 戦略を示唆している。 そして、エンタープライズは、サーバーという発想と購入の観点において、ずっと快適になる。

Right now, many PaaS companies deploy on virtualized servers because they are small startups that don’t own their own hardware. In the very near future, when a large cloud provider such as Amazon offers a PaaS, that provider will have the option to deploy at least a meaningful portion of the PaaS workloads of their customers against machines running a lean, stripped OS and/or a tiny hypervisor providing the barest minimum isolation from the hardware and no server virtualization layer the way the term is understood today. Multi-tenancy isolation will be achieved at the platform-as-a-service layer, not at the virtual machine layer.

そして、まさに今、数多くの PaaS 企業が仮想化されたサーバー上に展開している理由は、彼らが小さなスタートアップ企業であり、自身のハードウェアを所有していない点にある。また、きわめて近い将来において、Amazon のような大規模なクラウド・プロバイダーが PaaS を提供するとき、そのようなプロバイダーは少なくとも、顧客の PaaS ワークロードの意味のある部分を、ディプロイしていくという選択肢を持つだろう。つまり、ハードウェアからの最小の隔離を提供するだけの、貧弱でむき出しの OS を実行するマシンや、小さなハイパーバイザーとは正反対の方向であり、また、この用語が今の時点で意味する、サーバーの仮想レイヤーとは異なるものとなる。 そして、マルチ・テナントの隔離は、仮想マシンのレイヤーではなく、PaaS のレイヤーで達成されるだろう。

The biggest hindrance to deploying these types of PaaS offerings on public clouds is trust — something Werner Vogels, CTO of Amazon, emphasized in a conversation. Right now AWS trusts the server virtualization tier to provide security and isolation. Technically, this is not harder to do at the PaaS layer. In fact, it is easier — you just have to remove or trap dangerous APIs — but I expect it will still take at least a year or two before the volume of PaaS usage makes it worthwhile for large public cloud providers to go through the effort of eliminating server virtualization overhead.

パブリック・クラウドにおいて、この種の PaaS をディプロイする際の最大の障害は、TRUST 的な何かだと、Amazon の CTO である Werner Vogels が会話の中で強調している。 まさに現時点において、AWS が信頼しているのは、セキュリティと隔離を提供する、サーバーの仮想ティアである。 ただし、テクニカルな視点において、それと同じことを PaaS レイヤで実現することが、困難だというわけではない。 実際に、いまよりは容易である。つまり、危険な API を削除するか、捕捉する必要があるだけだ。 しかし、大規模パブリック・クラウド・プロバイダーが、PaaS の使用量に対して価値を見出し、さらには、サーバーの仮想化オーバーヘッドを取り除こうとする、努力の期間を経過するまで、少なくとも 1 ~ 2 年が必要だと、私は予測する。

Enterprise private clouds will need server virtualization for a while, but I expect that market to peak in three years and then begin a steady decline brought about by the commoditization of basic server virtualization we are already seeing and the shift of new development to PaaS. The same will happen with traditional server operating systems. It’s not a question of if, but when.

エンタープライズ・プライベート・クラウドは、しばらくの期間において、サーバーの仮想化を必要とするだろう。しかし、そのマーケットは 3年でピークに達すると、私は予測する。 続いて、すでに私たちが確認してきた、ベーシックなサーバーにおける仮想化の値崩れが始まり、また、PaaS へと向けた新しい開発も始まる。それと同じことが、これまでのサーバー・オペレーティング・システムでも起きるだろう。そこに疑問の余地はなく、残される問は時期だけとなる。

A year after Maritz took over the reins, VMware bought SpringSource, which offered an application framework, server and management tools with a significant following in the Java developer community. Partnerships with Google around App Engine and Salesforce.com around VMforce quickly followed — putting VMware in the Java PaaS game. VMware has seen the future clearly and is preparing to move up the stack to PaaS offerings.

Maritz 体制が始まった 1年後に、VMware は SpringSource を買収している。 同社は、 Java デベロッパー・コミュニティを深くフォローすることで、アプリケーション・フレームワークおよび、サーバー、マネージメント・ツールを提供してきた 。App Engine に関する Google とのパートナーシップおよび、VMforce に関連する Salesforce.com とのパートナーシップが素早くフォローされ、Java PaaS ゲームにおける VMware のポジションを確立した。 VMware はクリアーに未来を見つめ、PaaS が提供するスタックを、上位の階層へと動かす準備をしている。

This was spelled out in May by VMware CTO Steve Herrod: “We are committed to making Spring the best language for cloud applications, even if that cloud is not based on VMware vSphere.” Recently, GigaOM reported that VMware may be talking to Engine Yard, the Ruby on Rails PaaS provider. Whether a deal happens or not, I’m impressed by VMware’s bold approach under Maritz.

「たとえ、そのクラウドが VMware vSphere に基づいていないとしても、Spring をクラウド・アプリケーションのベスト言語にしていくことを約束する」と、VMware の CTO である Steve Herrod は、この 5月に明言している。 最近の GigaOM では、Ruby on Rails PaaS のプロバイダーである Engine Yard に対して、VMware が話を持ちかけているかもしれないと、レポートしている。 この交渉の成否にかかわらず、Maritz の下で大胆に進められる、VMware のアプローチに感銘を受ける。

Soon we will be able to throw away the server virtualization crutch and, like in that memorable moment from Forrest Gump, we will be able to run leaner and more scalable applications in the cloud on next-generation platforms-as-a-service. For the time being, my call to action is for application developers to stop writing code that directly touches any hardware or operating system objects and try the current generation of platforms-as-a-service.

まもなく、私たちは、Forrest Gump の忘れ難いシーンのように、サーバーの仮想化という松葉杖を棄てられるだろう。 そして、さらに引き締まりスケーラブルになったアプリケーションを、次世代 PaaS 上のクラウドで実行できるだろう。 今のところ、私がアプリケーション開発者に呼びかけていることは、ハードウェアやオペレーティング・システム・オブジェクトに、ダイレクトに触れるコードを書くのを止めて、現在の PaaS にトライすることである。

Simeon Simeonov is founder and CEO of FastIgnite, an executive-in-residence at General Catalyst Partners and co-founder of Better Advertising and Thing Labs. He tweets as @simeons.

ーーーーー

どこまでが、Matitz 自身の言葉なのか、その辺りが見えませんが、彼がしゃべらなければ、この記事は無いはずですよね。 いやぁ~~~ そうなんですかぁ、、、と驚くばかりの展開の連続で、最後まで読み切ってしまいましたよ。

正直な話、クラウドになれば、どんな OS が走っていても良くて、その意味で VMware は追いかけていなかったのですが、先日の EMC による  Greenplum の買収以降、その動向が気になっていたのは確かでした。

しかし、この記事を読んでみると、このグループの一連の動きは、テクノロジーとマーケットを的確に評価し、用意周到に次の一手を打ってきている感じがして、その静かな迫力にゾクゾクっときまてしまいます。 Agile_Cat 的には、昨年の Hadoop World NYC 以来の衝撃でした。 ーーー A.C.

ーーーーー

<関連>
VMware は、クラウド・アーキテクチャを根本から変革する – VMworld で Maritz が語る
クラウドの主戦場はPaaSに(ITPro)
【速報】EMC も、ついにクラウドへ本格参入?
EMC の Greenplum 買収に関する、今朝の報道
イベンチュアル・コンシステンシーはお好き?
プライベート・クラウドに未来はない
Apache ZooKeeper による分散並列キューの構築
Google 的 クラウド連携の ABC ?

%d bloggers like this: