Agile Cat — in the cloud

Microsoft は IT-PAC で コンテナ・データセンターのコストを半減!

Posted in Data Center Trends, Green IT by Agile Cat on April 26, 2010

Microsoft To Cut Data Center Costs in Half
March 11th, 2010 : Rich Miller
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2010/03/11/microsoft-to-cut-data-center-costs-in-half/

以前に、「Microsoft コンテナ DC 第4世代 ITPAC を Silverlight で!」 というタイトルでご紹介しましたが、IT-PAC のコスト感覚は、一言でいって スゴイに尽きます。 おそらく、これからのコンテナ・データセンター・アーキテクチャにおける、メインストリームになるのではないかと思えます。 ーーー A.C.

ーーーーー

DC KnowledgeMicrosoft’s data center containers are packed with thousands of servers. But perhaps the most important thing they are containing is cost. After years of investing up to $500 million in each data center project, Microsoft plans to spend about $250 million or less on each data center going forward.

Microsoft データセンターのコンテナには、何千というサーバーがパックされている。しかし、そこに取り込まれる最大の要素は、コストである。 Microsoft は個々のデータセンター・プロジェクトに、この数年の間に $500 を投資してきた後に、これからのデータセンターへの投資は、$250 以下に抑えることを計画している。

microsoft-chicago-containers

“I have a goal for the team to reduce costs by 50 percent or more in the next-generation builds,” said Kevin Timmons, who heads Microsoft’s data center operations team. “We’re on track to meet that goal. I can’t be any happier about that.”

「私たちのチームには、次世代のビルドでコストを 50% 以下に下げるというゴールを持っています。 そして、そのゴールを達成する軌道に乗っています。 しかし、楽観的にはなれません」と、Microsoft データセンター・オペレーション・チームのヘッドである Kevin Timmons は語る。

After a period of industry growth in which greater scale usually was accompanied by a higher price tag, Timmons said his goal is for Microsoft’s data center network to be “incredibly scalable at awesome cost effectiveness.”

通常より高い価格を持つ大規模スケールが、業界が成長する期間で用いられた後に、Microsoft のデータセンター・ネットワークにおけるゴールは「驚嘆に値する費用効果で信じられないほどにスケーラブル」であるべきだと、Timmons は発言している。

Containers Enable Design Innovation

The cost containment effort at Microsoft is driven by the company’s container-based data center design. Many data center professionals have debated the operational economics of data center containers in recent years. At Microsoft, the container – known as an IT-PAC, short for “pre-assembled compnent” – serves as the foundation of a broader shift to a modular, component-based design that offers cost-cutting opportunities at almost every facet of the project.

Microsoft におけるコストの抑制は、コンテナ・ベースのデータセンター・デザインにより促進される。近年において、数多くのデータセンター専門家が、データセンターのコンテナ運用における、経済的な側面ついて議論している。 Microsoft には、“pre-assembled compnent” を略した IT-PAC というコンテナが存在する。 そして、プロジェクトにおける大半の局面で、コスト・カットをもたらすモジュール形式/コンポーネントベースのデザインへと、大幅なシフトを実現するための基板として利用されている。

That starts with the building itself. Microsoft’s IT PACs are designed to operate in all environments, and employ a free cooling approach in which fresh air is drawn into the enclosure through louvers in the side of the container – which effectively functions as a huge air handler with racks of servers inside.

こうしたコスト・カットは、コンテナを構築することで始まっている。 Microsoft の IT PAC は、すべての環境で運用が可能であり、また、コンテナ側面に開けられたルーバーを介して、エンクロージャー内に新鮮な空気を取り込むという、コストレスの冷却アプローチを用いるようにデザインされている。 それはにより、サーバーのラック内で、膨大な空気の流れの制御を、効果的に行うことが可能となる。

This next-generation design allows Microsoft to forego the concrete bunker exterior seen in many data centers in favor of a steel and aluminum structure built around a central power spine. The data centers will likely have no side walls, although they will have roofs, which is a revision from earlier design concepts. Microsoft’s decision to leave the facility open to the air was guided by a research project in which the company housed servers in a tent for eight months.

この次世代のデザインにより Microsoft は、電源などが集中する位置に、スチールやアルミニウムを用いた構造体を好んで用いる、これまでにおける大半のデータセンターに見られる、コンクリートの要塞のような外観に先行することができる。このデータセンタは、側壁は持たないが屋根はあるという、早期のデザイン・コンセプトを修正したものとなる。 この、Microsoft の判断は、設備を外気に晒すというものであり、また、8カ月に渡りテント内にサーバーを収容するという、研究プロジェクトにより方向づけられた。

Less Capital-Intensive Construction

After the data center framework is completed, groups of data center containers can be added in phases as Microsoft needs to bring new capacity online to support its growing cloud computing operation. Timmons says this approach is less capital-intensive for Microsoft, allowing the company to start with a smaller up-front investment in construction, and spread expansion costs using a just-in-time model. This approach is enabled by the containers, which can be assembled and shipped quickly, arriving on-site pre-populated with servers.

このデータセンター・フレームワークが完成した後、 成長するクラウド・コンピューティング・オペレーションをサポートするために、Microsoft の新しいオンライン・キャパシティが必要になるにつれて、局面に応じたデータセンター・コンテナ・グループの追加が可能となる。 Timmons の発言によると、このアプローチは Microsoft にとってそれほど資本を必要とするなものではなく、構築に際して少額の投資から開始し、状況に応じたモデルを用いることで、コストを拡散することが可能なるとされる。 このアプローチは、アセンブリングと出荷が迅速な、コンテナを用いることで実現され、事前に準備されたサーバーを、短時間で現場に移送できる。

Timmons says this approach makes it “orders of magnitude cheaper to get up and into the game.” He is also emphasizing the ability to use the supply chain to gain cost efficiencies in Microsoft’s next-generation data centers. The use of modular systems and repeatable designs  can drive the cost and delays out of data center construction, while leveraging the power of bulk purchasing.

「ビジネスを組み立て、そこへ入り込むための、一桁安上がりなアプローチ」 だと、Timmons は発言している。 さらに、Microsoft における次世代のデータセンターで、サプライチェーンのコスト効率を高められると、その能力について強調している。 モジュール式システムの活用と、何度でも再現が可能なデザインが、データセンター構築からコストと遅れを取り除く一方で、大量の購買によるメリットを高めるていく。

Server-filled containers are just the beginning of Microsoft’s PAC strategy, according to Microsoft’s Daniel Costello, who discussed the company’s focus on the supply chain last September when Microsoft opened its Chicago data center, the first facility built around containers.

Microsoft の Daniel Costello よると、サーバーを満載したコンテナは、Microsoft の PAC 戦略の始まりに過ぎないとされる。 Microsoft が 最初のコンテナ設備として、Chicago のデータセンターを 2009年 9月にオープンしたとき、彼は同社のサプライチェーンに対する考え方を説明している。

Costello said the company is issuing requests for proposals (RFPs) to vendors for containerized electrical and mechanical equipment. “For us, it’s about pre-manufactured modularization,” said Costello.

さらに、コンテナに詰め込まれる電源や機械を供給するベンダーに対して、RFP(requests for proposals)を発行しているとのことだ。 「私たちにとって、それは前もって生産されたモジュールだ」と、Costello は発言している。

ーーーーー

<関連>
コンテナ・データセンターの イ・ロ・ハ by James Hamilton
世界の 10大 データセンターは ドコ?
Microsoft コンテナ DC 第4世代 ITPAC を Silverlight で!
Microsoft Online Data Center と、カバーされる国々
Azure Container DC – PDC 2009 – on Youtube
Microsoft Chicago 特集

Tagged with: , , , ,
%d bloggers like this: