Agile Cat — in the cloud

Microsoft コンテナ DC 第4世代 ITPAC を Silverlight で!

Posted in Data Center Trends, UX by Agile Cat on March 31, 2010

Microsoft’s Data Center ITPAC
March 22, 2010 / Views: 8,076 / Time: 3:07
http://www.microsoft.com/showcase/en/us/details/84f44749-1343-4467-8012-9c70ef77981c

たまたま、何かの拍子にたどりついたコンテントですが、これは ITPAC の考え方と構造などが一目でわかるスグレモノということで、ご紹介します。

IT-PACK-1

それと、こういうのを見てしまうと、Silverlight ってイイなぁと、思わずうなってしまいます。とにかく カッコイイです! 以下の写真をクリックして画像を拡大できますが、それよりも、上記の URL からナマの Silverlight を、ぜひ フル画面で ど~ぞ。 刻一刻と変化する外気温などをメーターで表示しながら、ITPAC 内の空気の流れを見事に表現しています。

This video shares Microsoft’s data center evolution (previously called the “Generation 4 vision”). Our move is towards the pre-manufacturing every part of the data center: the IT, mechanical and electrical components as part of Pre-Assembled Components that we call an “ITPAC.” By eliminating over-provisioning and maximizing productivity on an ongoing basis these data centers can be flexible and environmentally sustainable to meet customer and business demands.

IT-PACK-2

ところで、第4世代といわれても、ちょっと解りにくいですが、Ray Ozzie が Gartner のインタビューでくわしく説明していますので、そのパートをご紹介します。まず、「データセンターの進化という観点で、データセンター・レベルの先進的なテクノロジーの進化を、人々が本当の意味で理解するとは思いません」 と断りを入れた上で、以下のように話しています。TechDays で配布された冊子と同じものですが、まだという方にはお薦めですので、ぜひ ご覧ください。

< Ray Ozzie の Gartner インタビューより >

第 1世代のデータセンターでは、ネジ回しを取り出して、CD からブートしたでしょう。マシンをラックにインストールして、 OS を規定して、ネットワークを構成するなどしたでしょう。 私が 4年前に Microsoft に入社した時、それが実情であり、大半の場所でも同様だったと思います。 それは、ハードウェアのレベルに留まり、ソフトウェアのレベルに触れることはありませんでした。

第 2世代のデータセンターでは、ラック・レベルのディプロイメントと呼ばれるものです。100 台くらいまでのマシンと、いくつかのラックが購入されたことでしょう。 サードパーティーが前もって作成した製品を、購入したはずです。 そして、一度にデータセンターに持ち込んで、コンフィグレーションしたでしょう。 それは、自身で構築したものでもなく、また、組み立てたものでもありませんでした。

第 3世代は、現時点でディプロイされているものであり、コンテナ・レベルのモジュール性に至るものです。簡単な建物を作り、その中にコンテナを配置します。 第 1/第 2/第 3世代のデータセンターで要求されたのは、必要とされる不動産と電力における許容力を、決定することでした。 そして、停電に備えて、外部に巨大な発電機を用意します。 すべてのラックを搬入する先として、巨大な建物を作り、そこがいっぱいになるまで満たしていきます。 しかし、そのためには少しの時間が必要です。 そのため、空の建物と巨大な発電機を設定した後で、その空間を埋めていくことになります。 第 3世代のデータセンターは建物を持ちますが、現時点では 2000 台ほどのコンピュータを取り込み、壁のように配置されたラックは存在しません。

そして、私たちが現時点で試みているのが第 4世代であり、1~2年の間に、そのレベルに移行すると言えるようになるでしょう。そこには、必要とされるにマシンと、補助電源、冷却装置がモジュールとして取り込まれます。 この世代は、コンピュータの作成レベルからの、すべてのサプライチェーンを含み、数週間の準備期間で最適化できるようにトライしています。

ーーーーー

それと、クラウド時代のユーザー・エクスペリエンスを紹介するカテゴリとして、「 UX 」 を作りました。 まだ ポストは少ないですが、これからプッシュしていきたいと思っています。 なにか、お薦めの情報がありましたら、教えてくださ~い! ーーー A.C.
http://agilecat.wordpress.com/category/ux/

Tagged with: , , ,

2 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. [...] 先日、マイクロソフトのクラウドサービス・Azureのセミナーに参加したところ、最新の「第4世代コンテナ型データセンター」をトラック付きでプレゼントされました。 [...]

    • Agile Cat said, on May 30, 2010 at 3:15 am

      メッセージを有難うございます。 私も、そのコンテナ・トレーラーを飾っています。
      タイヤをキレイに丸めるのが難しかったです ^^);
      Facebook ではお世話になっていますが、こちらも よろしく お願いしま~~~す!
      A.C.


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: