Agile Cat — in the cloud

Microsoft における eGov 2.0 への取り組み

Posted in Government, Microsoft by Agile Cat on March 17, 2010

Cloud Interoperability Will Connect Agencies, Constituents

By Barbara DePompa

http://gcn.com/Microsites/2010-Open-Government-Guide/Cloud-Interoperability.aspx?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

GCN

As public sector organizations evaluate cloud services as a way to consolidate IT infrastructures, scale systems and enable innovative Open Government services, technology vendors are working to resolve interoperability challenges.

IT インフラストラクチャを統合し、システムのスケール調整し、また、革新的なOpen Government サービスを実現する方法として、公共的な組織がクラウド・サービスを評価するにつれて、テクノロジー・ベンダーはインターオペラビリティの課題を克服していきます。

Cloud interoperability is specifically about one cloud solution, such as Windows Azure, being able to work with other platforms and other applications, not just other clouds. Federal agencies and departments want flexibility to run applications locally or in a cloud, or in some combination of the two. Microsoft is working to ensure the promise of cloud interoperability becomes a reality. Microsoft officials firmly believe welcoming competition and choice will create more opportunities for public sector customers, partners and developers.

クラウド・インターオペラビリティとは、他のプラットホームやアプリケーションと協調できる Windows Azure のようなクラウド・ソリューションのことであり、単に他のクラウドと協調するだけのものではありません。 連邦政府における機関と組織は、ローカルとクラウドで、あるいは双方を組み合わせた状況で、アプリケーションを実行する柔軟性を必要とします。 Microsoft が実現していくことは、クラウド・インターオペラビリティの保証です。 Microsoft がオフィシャルに歓迎し、また信じていることは、競合と選択が、公共部門のカスタマー/パートナー/デベロッパーのため機会を広げていくことです。

MS eGov 2.0

An example is the Eye on Earth project. Working with the European Environment Agency, Microsoft is helping the agency simplify the collection and processing of environmental information for use by government officials and the general public. Using a combination of Windows Azure, Microsoft SQL Azure and pre-existing Linux technologies, Eye on Earth pulls data from 22,000 water monitoring points and 1,000 stations that monitor air quality. It helps synthesize this information and makes it available for people to access in real time in 24 languages.

http://www.microsoft.com/industry/government/guides/gov20.aspx?WT.mc_id=gov20_pub

ひとつの例は、Eye on Earth プロジェクトです。 そこでは、European Environment Agency と協調することで、政府機関と民間が使用する、環境に関する情報の収集と処理を効率化しています。 Eye on Earth は Windows Azure と Microsoft SQL Azure、そして既存の Linux テクノロジーを組み合わせることで、水質に関する 22,000 の測定ポイントから、また、大気汚染をモニターする 1,000 の施設からデータを取り出します。さらに、それらの情報を合成することで、24ヶ国語でのリアルタイム・アクセスを実現しています。

Microsoft’s Windows Azure platform supports a variety of standards and protocols. Developers can write applications to Windows Azure using PHP, Java, Ruby or the Microsoft .NET Framework. In fact, many product developments are the result of diverse feedback channels Microsoft has developed with partners, customers and other vendors. In 2006, Microsoft created the Interoperability Executive Customer (IEC) Council, a group of 35 CTOs and CIOs from around the world. They meet twice a year in Redmond, WA to discuss interoperability issues. Meanwhile, Microsoft also recently published a progress report that shared operational details and results achieved by the council across six work streams, or priority areas. And the council recently commissioned the creation of a seventh work stream for cloud interoperability, aimed at developing standards related to the cloud, working through operational priorities such as data portability, and establishing privacy, security and service policies in cloud computing environments.

Microsoft の Windows Azure プラットホームは、多様なスタンダードとプロトコルをサポートします。 デベロッパーは PHP/Java/Ruby/Microsoft .NET Framework を用いて、Windows Azure のためのアプリケーションを記述できます。実際に、Microsoft が培ってきたパートナー/カスタマー/ベンダーとの多様なフィードバック・チャネルの結果として、たくさんのプロダクトが存在します。また、2006年には、世界中から集まった 35人の CTO と CIO で構成されるグループと共に、Interoperability Executive Customer (IEC) Council を作りました。彼らは年に2回、レッドモンドに集まってインターオペラビリティの課題について話しあいます。その一方で Microsoft は、6つの作業項目と優先領域を横断して、このカウンシルが達成した最新のレポートを発行しました。さらに、このカウンシルでは、7番目の作業項目として、クラウド・インターオペラビリティに取り組み始めました。そこでは、クラウドに関連するスタンダードの作成や、データ・ポータビリティといった運用上の優先項目、そしてクラウド・コンピューティングにおけるプライバシー/セキュリティ/サービス・ポリシーの確立などが目標となります。

Microsoft also participates in the Open Cloud Standards Incubator, a working group formed by the Distributed Management Task Force (DMTF), a consortium through which more than 200 tech industry suppliers and customers develop standards for systems management. AMD, Cisco, Hewlett-Packard, IBM, Microsoft, Red Hat and VMware are among suppliers that lead the Open Cloud Standards Incubator, creating technical specifications and conducting research to expedite adoption of new cloud interoperability standards.

また、Microsoft は、 Open Cloud Standards Incubator にも参加しています。それは、Distributed Management Task Force (DMTF) および、システム・マネージメントのスタンダードを作成する 200 以上の業界コンソーシアムにより構成されています。この Open Cloud Standards Incubator をリードするサプライヤーには、AMD/Cisco/Hewlett-Packard/IBM/Microsoft/Red Hat/VMware などが含まれ、新しいクラウド・インターオペラビリティ標準における、技術仕様の作成と研究調査の促進に取り組んでいます。

Microsoft is also part of Simple Cloud, an effort it co-founded with Zend Technologies, IBM and Rackspace designed to help developers write basic cloud applications that work on all of the major cloud platforms.

さらに Microsoft は、Zend Technologies/IBM/Rackspace ともに Simple Cloud を構成しており、主要なクラウド・プラットホーム上で稼働する、基本的なクラウド・アプリケーションの記述を支援しています。

Microsoft is also helping to build technical ‘bridges’ between Microsoft and non-Microsoft technologies, such as the recently released Windows Azure Software Development Kits (SDKs) for PHP and Java and tools for Eclipse version 1.0, the new Windows Azure platform AppFabric SDKs for Java, PHP and Ruby, the SQL CRUD Application Wizard for PHP, and the Bing 404 Web Page Error Toolkit for PHP.

こうした背景に基づき、たとえば PHP/Java/Eclipse などのための Windows Azure Software Development Kits (SDKs) を提供し、Microsoft と non-Microsoft とのテクニカル・ブリッジの開発を支援しています。 さらに、新規の Windows Azure platform AppFabric SDK では、PHP/Ruby/SQL CRUD Application Wizard for PHP/Bing 404 Web Page Error Toolkit for PHP. などにも対応しています。

Microsoft officials said the company “will continue to support an open dialogue among the different stakeholders to define cloud principles and incorporate all points of view to ensure that in this time of change, there is a world of choice.” 


そして、Microsoft はオフィシャルに、 「クラウドの原則を定義するために各種のステークホヅダーとの対話をサポートし、時代の変化に応じて全ての視点を取り込んでいく。それが、世界の選択である」 と発言しています。

—–

Barbara DePompa is a freelance writer for 1105 Government Information Group’s Custom Media unit. This Snapshot report was commissioned by the Custom Media Group, an independent editorial arm of 1105 Government Information Group. Specific topics are chosen in response to interest from the vendor community; however, sponsors are not guaranteed content contribution or review of content before publication. For more information about 1105 Government Information Group Custom Media, please email us at GIGCustomMedia@1105govinfo.com

—–

アメリカの IT 業界が総力戦で取り組んでいるという感じですね。 置いていかれるという危機感がヒシヒシと ーーー A.C.

<関連>
Tech-Days 2010 での Ray Ozzie からのメッセージ
TechDays のキーノートは、ここに注目!
Google Lab Public Data Explorer で世界の動きを見る
総務省 自治体 クラウド ポータル サイトって、これで良いの? [ #scloud #openmeti ]
台湾政府のしたたかなクラウド戦略
総務省と経済産業省は共振している: @ytaniwaki 氏のまとめ
経産省の Twitter に掲載された、とても真摯なメッセージ [ #openmeti #scloud ]
総務省 スマート・クラウドに対するパブコメと議論 on Twitter (まとめ) [ #scloud ]

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: