Agile Cat — in the cloud

AWS Management Console をビデオでど~ぞ!

Posted in Amazon, Hadoop by Agile Cat on December 23, 2009

AWS Management Console

Amazon

A Web-based Interface to Manage Your Services

この新しい、Webベースの point-and-click UI を使って、成長する Amazon のWebサービス・インフラストラクチャにアクセスし、マネージしてください。AWS Management Console により、クラウド・コンピューティング環境全体における、細部が迅速に提供されるため、運用中のリソースの参照と、それらの管理が容易になります。

http://aws.amazon.com/console/

・・・ とのことです。 そして、EC2 に加えて、な、なんと、Elastic MapReduce と CloudFront まで、この Management Console を介して説明されているではありませんか! まずは、以下の URL をクリックしてみてくださいな --- A.C.

Making AWS Simpler to Access and Use

The AWS Management Console provides a graphical user interface for Amazon EC2, Amazon Elastic MapReduce, and Amazon CloudFront, with additional Amazon infrastructure services scheduled to be added to the console in the coming months.

clip_image001

Amazon EC2 Features

With the AWS Management Console, developers can start and stop EC2 instances, view and perform actions on running instances, and manage Elastic Block Store volumes with simple clicks of a mouse. You can also see what configurations you have set (e.g. security groups, key pairs, and Elastic IPs) and modify them using interactive controls.

clip_image002Watch an Audio/Video Screencast of the Amazon EC2 Console

Amazon Elastic MapReduce Features

With the AWS Management Console, developers can easily launch Elastic MapReduce job flows and monitor their progress. You can create as many job flows as you’d like by filling out a simple wizard. You can monitor job flow status as it progresses through execution stages, and, if required, terminate it with a single mouse click. Using our search interface you can view up to two weeks of job flow history.

clip_image003Watch an Audio/Video Screencast of the Elastic MapReduce Console

Amazon CloudFront Features

Manage Amazon CloudFront through an easy to use interface. The AWS Management Console lets you review all your CloudFront distributions, create new distributions, or edit existing ones. All the features of the CloudFront API are supported: you can enable or disable distributions, configure CNAMEs, enable end-user logging, and more.

clip_image004Watch an Audio/Video Screencast of the Amazon CloudFront Console

Future Roadmap

The following features and new services are scheduled to be added to the AWS Management Console in the near future. To request additional features, please submit requests on our feedback form.

  • Tagging – Label and group Amazon EC2 resources with your own custom metadata to make it easier to identify and manage your instances, volumes, and other EC2 resources.
  • Auto Scaling – Configure auto-scaling rules through a web-based UI.
  • Amazon S3 Support – Create and delete Amazon S3 buckets, upload and download objects through your browser, edit permissions, set log data, and manage URLs.
  • Amazon SimpleDB Support – Construct SimpleDB queries through a point-and-click query expression builder and explore your data through a graphical dataset viewer.
  • Amazon SQS Support – Manage your SQS queues, add and retrieve messages from your queues, test and build your applications with help from the AWS Management Console.

Pasted from <http://aws.amazon.com/console/>

Gartner : Ray Ozzie – Interview_1

Posted in Businesses, Interviews, Microsoft, Network by Agile Cat on December 23, 2009

1.0 Ozzie’s Vision for Cloud-Based Computing
30 October 2009
Neil MacDonald, David Mitchell Smith
http://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/microsoft/172235.html

Gartner RAS Core Research Note G00172235

image

Gartner: If someone were to ask you, "Ray, what’s this cloud computing thing all about," do you have a simple explanation?

Gartner: "Ray、クラウド・コンピューティングって何のことか?" と聞く人がいたら、それは簡単に説明できるものなのですか?

Ray Ozzie: I wish I could be that concise. Internally, we have two viewpoints. As an industry, we really need to figure this thing out. We confuse utility computing in many ways with the cloud. One might ask, "What’s the difference between efficient use of the computing resources versus cloud computing?" In my mind, I separated these two views by saying that we will all be using utility computing — that is, we will provide ways, and other people will provide ways of using virtualization and good management software to run workloads very efficiently on large sets of relatively horizontal machines in relatively homogeneous hardware environments. We’ll all be doing utility computing.

Ray Ozzie: それほどに、簡潔であり得ることを望みます。 その内側に、私たちは 2つの観点を持っています。 ひとつの産業として、それを解明していく必要があります。 私たちは、ユーティリティ・コンピューティングとクラウドを、いろいろな意味で混同します。 「コンピューティング・リソースの有効利用と、クラウド・コンピューティングの相違点は何か?」と、尋ねる人がいるかもしれません。私の考えでは、すべての人々がユーティリティ・コンピューティングを利用することで、この2つの視点を切り離しています。すなわち、相対的に均一化されたハードウェア環境内の、相対的に水平化された大規模なマシン・セット上でワークロードを処理する、仮想化と適切な管理のためのソフトウェアを活用する方式を、私たちは提供するでしょうし、他の企業も提供するでしょう。 私たちはすべて、ユーティリティ・コンピューティングを利用するでしょう。

However, cloud computing is the ability to flow workloads into your own infrastructure, as well as outside sets of infrastructure, for whatever reason you want. Whether it’s for agility, cost or scale, you would use the same programming models and tools that you would for the utility computing on-premises. I know it gets very confusing in terms of private cloud versus public cloud. I would be very open to the industry having that discussion and standardizing the terminology.

しかしながら、クラウド・コンピューティングとは、あなたが望む何らかの理由に関わらず、あなた自身のインフラストラクチャ・セットの内外に、ワークロードを流し込む能力のことです。 その理由が、アジリティ/コスト/スケールのためのものであっても、オンプレミスでのユーティリティ・コンピューティングと同等の、プログラミングに関するモデルとツールを使うでしょう。 そのことが、プライベートとパブリックのクラウドの観点で、きわめて紛らわしくなることは理解しています。 この業界でのオープンなディスカッションを行い、特殊な用語を標準化していくことに対して、オープンに取り組みたいと思います。

Gartner: What you’ve described so far focuses on cloud-based system infrastructure and application platform as a service, as well as the ability to move workloads seamlessly between on-premises and the cloud. However, does your vision also include things like applications, information or processes that might be consumed? Is it a "full IT stack" so to speak?

Gartner: これまでのところで、あなたが説明した範囲では、サービスとしてのクラウド・ベースのシステム・インフラストラクチャと、アプリケーション・プラットフォームだけではなく、オンプレミスとクラウドの間でシームレスに、ワークロードを移動させることに焦点を合わせていますね。そこでお聞きしますが、あなたのビジョンには、消費されるだろうアプリケーション/情報/プロセスなどは含まれますか? それとも、説明されたことが「フルのIT スタック」ですか?

Ozzie: In most conversations, when I’m talking about cloud computing, I’m generally talking about the lower layers. It’s just the nature of the conversations that I’m in. When people are at the higher layers, they’re using other terms, like "software as a service," to talk about the shift that’s happening at those higher layers. We call this "software plus services."

Ozzie: 大半のディスカッションにおいて、私がクラウド・コンピューティングについて話すときには、一般によりも低い階層について話をしています。 それが、私の話の特質です。 より高い階層にいる人々は、そのレイヤーで起きているシフトについて話すために、 "software as a service" のような用語を使います。私たちは、それを "software plus services" と呼びます。

At a macrolevel, the world we’re moving into is basically "three screens and a cloud." It’s a cloud, in terms of where the back end of the computing happens. That could be a private cloud, a public cloud or a partner cloud. That’s the back end of the stuff. And the three screens that I’m talking about are a phone class of screen, a PC class of screen and a TV class of screen. All of them have a browser. The browser is kind of the greatest common factor among all of them. Some people say that the browser is the least common denominator, but I like to pay it more respect as the greatest common factor. In general, the experiences that we consume on these screens, and what we will aspire to do as users, have to do with getting the information we need and connecting with the people we want using the browser. The things that we use a lot will have an experience that’s tuned to that class of device — TV experiences, PC experiences, phone experiences and so on.

マクロなレベルにおいて、私たちが進んでいこうとする世界は、基本的に "three screens and a cloud" です。 そのためのコンピューティングが実行されるのが、バックエンドであるという観点で、クラウドです。 それは、プライベート・クラウドおよび、パブリック・クラウド、そして パートナー・クラウドになり得ます。 そして、物事のバックエンドになります。 そして、私が話したいのは、3つのスクリーン・クラスである、電話/PC/TV のクラスです。 それらすべてがブラウザを持ちます。 それらすべてにおける、最大の共通項がブラウザです。 何人かの人々は、すくなくともブラウザは共通の分母であると言いますが、私としては、偉大な共通項として、もっと敬意を払いたいですね。 一般に、それらのスクリーンで消費されるエクスペリエンスと、ユーザーとしての私たちが望むことは、ラウザを使う人々と接続し、また、私たちが必要とする情報を手に入れることで、実現されなければなりません。 そこで私たちが活用するものは、TV/PC/電話のエクスペリエンスといった、デバイスのクラスに適合するエクスペリエンスになります。

Ultimately, it will be as seamless as clicking on something on the Web and having it deposit and cache that application on the device, or having that data synchronized among the devices or to the cloud and so on. That’s more or less the pattern that we’re optimizing at Microsoft — whether it’s connected to entertainment, productivity or the operating system (OS) itself.

最終的には、Web 上でのクリックにより、デバイスにアプリケーションを蓄えること、あるいは、デバイス間やクラウド間でデータを同期するのと同じぐらいに、シームレスなエクスペリエンスとなるでしょう。それらが、エンターテイメント/ビジネス/オペレーティング・システムの、いずれに接続するとしても、多かれ少なかれ、 Microsoft で最適化しているパターンになります。

Gartner: Has the cloud computing part of what you described been characterized as a return to centralization, with the industry building these massive data centers all over the world?

Gartner: あなたが説明している、クラウド・コンピューティング領域は、世界中に大規模データセンターを建てるという業界の動向にならって、中央集権への帰着と特徴づけられますか?

Ozzie: It sounds like it’s the return of decentralized centralization.

Ozzie: それは、センタライズされない中央集権への帰着という感じのものです。

Gartner: With the emphasis on centralization and all the focus on building massive data centers, are we possibly going too far in that direction? Are we building the analogy to the water-powered mills that will end up being condos someday because things end up being redistributed back out to personal and enterprise-owned data centers?

Gartner: 中央集権化と、大規模データセンターの構築にフォーカスすることを、もしかすると、あまりに強調し過ぎていますか? 言い換えると、昔の水車小屋を集合住宅に建て替えるように、それらの大規模データセンターは、最終的には個人や企業に再配分されますか?

Ozzie: I believe in a hybrid model. I fundamentally, deeply believe in a hybrid model at the experience side and at the back-end side.

Ozzie: 私は、ハイブリッド・モデルを信じています。基本的に、エクスペリエンスとバックエンドの両面において、ハイブリッド・モデルを深く信じています。

At the back-end side, it depends on the size of enterprise and the workload, as well as the segment of the enterprise and whether it is highly regulated or whatever. The decisions regarding what to keep on-premises versus what to distribute into the cloud will vary dramatically. Very small businesses will put almost everything into the cloud. Very large businesses will put all their infrastructural systems, such as mail, phone systems and document management, into the cloud. Enterprise applications that have high integration requirements and a lot of legacy issues will stay on-premises. What happens in the middle is a mix.

バックエンドにおいては、エンタープライズの規模とワークロードに依存するだけではなく、そのセグメントや制約事項などにも依存していきます。オンプレミスに何を留め、クラウドに何を展開するのかという議論は、きわめて多様なものとなるでしょう。小規模のビジネスでは、ほとんどすべてがクラウドに展開されるでしょう。 大規模のビジネスでは、メールや、電話システム、ドキュメント管理といった、基本的なシステムがクラウドに展開されるでしょう。高度なインテグレーション要件と、数多くのレガシーな問題を抱えるエンタープライズ・アプリケーションは、オンプレミスに留まるでしょう。中規模のビジネスでは、それらがミックスされるでしょう。

Gartner: I’m thinking more along the lines of exploiting the local hardware and the ability to use technologies like peer-to-peer networking that will take advantage of the processing power and the storage capacity that people will continue to have in their PCs.

Gartner: 一連のローカル・ハードウェアを活用することや、PC が持ち続ける処理能力と記憶容量のアドバンテージを利用する、P2P ネットワーキングのようなテクノロジーを活用することに、私の考え方は傾倒しています。

Ozzie: The peer-to-peer capability is not yet well used, but it will be for content delivery networks (CDNs) as one more tier in a CDN hierarchy. Now, we have centralized serving of applications and content. There are CDNs like Akamai and some companies like us and Google that invest in our own CDNs. We float some percentage to commercial CDNs and do some ourselves. But then the third tier will be peer to peer, because the communication costs are high, and it’s very efficient to go peer to peer.

Ozzie: 現時点では、P2P の能力は適切に使われていませんが、CDN(content delivery networks)や、CDN の別の階層で利用されるでしょう。 私たちは、アプリケーションとコンテントの提供を、センタライズしたところです。Akamai のような CDN と、私たちや Google のように自身の CDN に投資する企業があります。 私たちは数パーセントを商用 CDN で提供し、その他は自身で利用しています。 しかし、3番目の階層は P2Pでしょう。そこでの 通信コストは一般に高いわけですから、P2P はきわめて効率的です。

Yesterday, all user-generated content was at the edge. The industry digerati paint a picture of all content flowing to the center, but that’s unrealistic. It’s going to be some hybrid of the two. Even at our scale — or a Facebook scale — it’s expensive to put all photographs in the cloud or all videos in the cloud. I’m sure YouTube has this issue. It’s problematic to have all that egress being paid for by one party. In that case, peer to peer makes a huge amount of sense. But again, it’s a hybrid architecture. If you don’t have the center, then you can’t rendezvous. You can’t find each other. You can’t connect in any way, shape or form. However, if you don’t have the edge, then you don’t have the agility. You pay for ingress and egress when you don’t have to.

過日、ユーザーが生成した全てのコンテントが、エッジにありました。 この業界の情報通は、すべてのコンテントをセンターに流し込む絵を描きますが、それは非現実的です。 2 つのものを組み合わせる、ハイブリッドになるべきです。 私たちのスケールにおいても、Facebook のスケールにおいても、すべての写真とビデオを、クラウドに置くことは高価になります。 YouTube にしても、この問題を持っていると確信しています。 すべての出口を、1 つのパーティーがまかなうことは問題です。 このようなケースにおいて、P2P が大きな意味をなします。 しかし、それもハイブリッドのアーキテクチャになります。 そして、センターがなければ、集合することができません。 つまり、お互いを見いだすことができません。 どのような形をとるにしても、連結することができません。 しかし、エッジを持たない場合には、アジリティを持てません。 出入口に対して対価を支払えば、それを持たなくて済みます。

<関連>
Gartner : Ray Ozzie – Interview 0
Gartner : Ray Ozzie – Interview_1
Gartner : Ray Ozzie – Interview_2
Gartner : Ray Ozzie – Interview_3
Gartner : Ray Ozzie – Interview_4
Gartner : Ray Ozzie – Interview_5
Gartner : Ray Ozzie – Interview_6

%d bloggers like this: