Agile Cat — in the cloud

Gartner : Ray Ozzie – Interview_6

Posted in Interviews, Microsoft by Agile Cat on December 11, 2009

6.0 Thoughts on Following Bill Gates
30 October 2009
Neil MacDonald, David Mitchell Smith
http://www.gartner.com/technology/media-products/reprints/microsoft/172235.html

image

Gartner: It’s been several years now that you have been taking on the role of chief software architect and somehow filling the shoes of the founder of the company, Bill Gates. How is this evolving for you?

Gartner: チーフ・ソフトウェア・アーキテクトの役割を担って何年かがたちましたが、創設者である Bill Gates の抜けた状況を、埋めることができましたか? あなたにとって、どのような進展がありましたか?

Ozzie: The reason I’m pausing is … Craig [Mundie] and I aren’t able to fill Bill’s shoes. Bill will be present forever, even though he’s not present. If we had approached it like "we’re filling the founder’s shoes," then we would have failed — absolutely and miserably — because we are not Bill. The transition of doing the things that we do is going well. There are challenges, and there are things that have worked out way better than I ever could have imagined. It varies person by person by person.

Ozzie: ちょっと待ってください ・・・  Craig[Mundie]と私には、Bill の替りは務まりません。 Bill は居つづけるのです、たとえ、そこに居なくても。 もし、” 創設者の穴を埋める ” というようなアプローチをしていたなら、絶対に、惨めな失敗を味わっったでしょう。なぜなら、私たちは Bill ではないからです。私たちが行うべき移行は、上手くいっています。 チャレンジがあります。 そして、これまでにイメージしてきた以上に、ずっと上手くいっていることがあります。それにより、人は変わっていきます。

You’ve heard the axiom, "leadership takes followership." For those who want to embrace things moving forward, things have gone amazingly well. Some people were in fear of what would happen and in fear that there would be paralysis, and that didn’t happen. Everyone kind of realized that we are moving on, and it’s a new thing. My engagement style is far different from Bill’s. For a number of groups, that has worked out really well. With others, there are challenges. Some people have a different style or a different view of how they want to take it.

" Leadership は Followership を必要とする" という、原理のことです。 前へ進むものを受け入れたいと思う人にとって、物事は驚異的に上手くいきました。 何人かは、これから起こることを恐れました。 そして、無能になるのではないかと恐れましたが、そのようなことは起きませんでした。 誰もが体現していると思えるのは、留まることなく、新しいものを受け入れていることです。 私が取り組むときのスタイルは、Bill のやり方とは大きく異なります。 グループの在り方については、ほんとうに上手くいきました。 他の人たちと一緒に、取り組むべきチャレンジがあります。それを達成するために、 何人かは異なるスタイルと、異なる視点を持ちます。

There’s some empirical evidence, though, when you go back to that memo I wrote back in 2005. In those days, I had conversations with Bill and he’d say, "Well that’s pretty dramatic or radical in terms of what you are trying to accomplish. It’s the right thing to do and if you do it, that will be great." And I said, "How?" And he’d say, "I don’t know. It starts with a memo, and I don’t know what happens after that." I didn’t have a path to figure out how it was going to pan out. When I look back and I read the memo, so many of the things that I had written have come to pass, not because I drove them to make it happen, but because the organization made it happen. It may have happened a little differently here or there, but it happened. So, I’m very pleased about that.

いくつかの、経験上の証がありますが、私が 2005年に返事を書いた、そのメモについて話しましょう。ある日、私は Bill と会話をしていました。 そして彼は、” そう。 あなたが達成しようとしていることは、とてもドラマチックでラディカルです。 それは正しく、また、行うべきことです。 それを、あなたが行うなら、素晴らしいことになるでしょう ” と言ったのです。 そして私は、” どのように進めたら良いでしょう?” と聞きました。 彼は、こう答えました。 ” 私は知りません。 それは、何らかのメモから始まります。 そして 私は、それの後に起こることについて知り得ません ”  どのようにしたら成功するのか、その答えを得るための道筋を、私は持っていませんでした。 その後に、私が書いたメモを読むと、そこに記した多くのことが起こっていました。 そして、それらは、私が引き起こしたことではなく、組織が引き起こしたことだったのです。 それらの事象は、私の書いたことと多少は違っていたかもしれませんが、たしかに、それらは起こったのです。 したがって、そのことについて、私はとても満足しています。

ーーー 終わり ーーー

このインタビューを読んでみて、Bill Gates というカリスマに依存し、IT 業界の覇者として振舞ってきた Microsoft という組織を、いわゆる普通の企業へとソフト・ランディングさせるのが、Ray Ozzie の仕事なのだと思えてきました。 そこには、Microsoft が、Microsoft として存在し、存続していくための、すべての要素が含まれているのだと、そして、Ray Ozzie という人は、誰も経験したことのない領域で、知と理を武器にして闘っているのだと思えてきました。 ーーーA.C.

<関連>
Gartner : Ray Ozzie – Interview 0
Gartner : Ray Ozzie – Interview_1
Gartner : Ray Ozzie – Interview_2
Gartner : Ray Ozzie – Interview_3
Gartner : Ray Ozzie – Interview_4
Gartner : Ray Ozzie – Interview_5
Gartner : Ray Ozzie – Interview_6

2 Responses

Subscribe to comments with RSS.

  1. [...] the original post: Gartner : Ray Ozzie – Interview_6 « Agile Cat — Azure & Hadoop … By admin | category: しま, しまる | tags: しま | めでたい ニャ~~~ « [...]

  2. [...] here: Gartner : Ray Ozzie – Interview_6 « Agile Cat — Azure & Hadoop … By admin | category: さん, さんにんしょう | tags: bun, さん | Boy's [...]


Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: