Agile Cat — in the cloud

新聞業界(マードック)の欺瞞を暴く – Jeff Jarvis

Posted in Google, Interoperability by Agile Cat on December 2, 2009

Google vs. Murdoch — First, do no harm, government
http://www.buzzmachine.com/2009/12/01/first-do-no-harm-government/

Buzz Machine

先日にもお伝えしたように、FTC (Federal Trade Commission) でのワークショップが開催されたようです。 テーマは、インターネット時代におけるジャーナリズムの「生き残り」とのことですが、Jeff Javis さんに言わせると「再生」だそうです。

この Jeff Javis という人は、11月に行われた Web 2.0 Expo で Tim O’Reilly が引用した、「ベストを尽くせることを成し,それ以外は連携せよ」の Jeff さんです。 そして、すでに郵便割引などで保護されている既存メディアを指して、なにが公正だと、アメリカ政府に怒っているわけです。

こんなこと、既得権を持っている日本の新聞業界も、もちろん報道しないでしょうが、インターネット時代の今であれば、すべてが透けて見えてしまいますね。どこまで、知らんぷりで押し通すのか、見てみたいものです --- A.C.

ーーーーー

December 1st, 2009 Relevant to today’s FTC workshops (read: hearings) on the “survival” (their word… I would have said “rebirth:) of journalism in the internet age, Geoffrey Cowan and David Westphal issue a good set of principles for government involvement (read: meddling or support):

2009年12月1日、インターネット時代におけるジャーナリズムの「生き残り」(私に言わせれば再生)に関連して、FTC ワークショップが行われた。Geoffrey Cowan と David Westphal は、政府からの関与(干渉あるいは支援)に関する原則についてまとめた:

First and foremost, do no harm. A cycle of powerful innovation is under way. To the extent possible, government should avoid retarding the emergence of new models of newsgathering.

まず、何よりも第一に、阻害しないこと。 パワフルなイノベーションのサイクルが進行中である。その可能性を拡大するために、ニュースの収集に関する新しいモデルの出現を、政府が遅らせるようなことがあってはならない。

Second, the government should help promote innovation, as it did when the Department of Defense funded the research that created the Internet or when NASA funded the creation of satellites that made cable television and direct TV possible.

第二に、 Department of Defense がインターネットの調査・研究に資金を提供したときのように、また、NASA がケーブルテレビとダイレクト TV のための衛星開発に資金を供給したときのように、政府はイノベーションの促進を手助けすべきだ。

Third, for commercial media, government-supported mechanisms that are content neutral — such as copyright protections, postal subsidies and taxes — are preferable to those that call upon the government to fund specific news outlets, publications or programs.

第三に、コマーシャル・メディアにとっての政府は、著作権保護/郵便助成金/税金といったコンテント・ニュートラルなメカニズムを支援してきたように、特定の報道機関、出版物、プログラムに対して資金供給を訴える人々のためにも在りたい。

I disagree about their conclusion: that government has always supported media (with postal discounts, legal notices, tax breaks) and that should continue. I disagree on principle and as a practical matter. Postal discounts are in force for many – including junk mailers – and in any case they become less relevant when news isn’t printed. Legal notices, I believe, should go online in standard data forms and feeds, making them more available to more people, giving us a permanent record of them, and – critically – saving taxpayers money. There’s no reason for media to have tax breaks (except, as other industries receive them, for innovation).

この、まとめに対して、私は反対である。つまり、政府は常に、(郵便割引、政府広報、税優遇措置で)メディアをサポートてきており、また、継続していくはずだ。原則として、また、具体的な問題として、同意することは不可能だ。ジャンク・メールにも適用される郵便割引は膨大なものとなるが、ニュースが印刷されていなければ、適切なものとは言えない。政府広報に関しては、より多くの人々に届くようにするために、標準的なデータの形式と送信を用いるオンラインに移行すべきだと信じている。それらを持ち続けることが簡単になり、また、納税者の支出も抑えられる。そして、メディアが税額控除の対象となる理由など、存在しないのである(イノベーションのために、他の産業が対象となる場合は除く)。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: