Agile Cat — in the cloud

Google Lab. の Image Swirl が カッコイイ!

Posted in Google, Twitter, UX by Agile Cat on November 30, 2009

スワールとは渦のこと?

http://image-swirl.googlelabs.com/html?query=twitter#

これは、Image Swirl で Twitter のハッシュか何かを見ているんでしょうか?

とにかく、カッコイイし、面白いし、まずは見てくださいな --- A.C.

Google Image Swirl_1

Google Image Swirl_2

Tagged with: , , ,

マードックが FTC へ

Posted in Google, Interoperability by Agile Cat on November 30, 2009

FTC’s “Journalism & Internet Age” Workshop To Feature Murdoch & Huffington
http://daggle.com/ftcs-journalism-internet-age-workshop-feature-murdoch-huffington-1495

FTC

ちょうど良いタイミングでワークショップが開かれるのか、はたまた、ここに合わせてマードックが仕掛けたのか、いぞれにしても、面白そうな展開ですね。 --- A.C.

ーーーーー

今年の初めに FTC (Federal Trade Commission) がアナウンスしたのは、12月1日/2日の両日で Washington DC において、“How Will Journalism Survive The Internet Age” というタイトルのワークショップを開催し、インターネットの公正な使用や、アグリゲーションがジャーナリズム与える影響、そして関連した問題を調査するというものだった。 アジェンダが提供されたが、Google の Josh Cohen と Yahoo の Lem Lloyd に加えて、Rupert Murdoch、Arianna Huffington、White House CTO の Aneesh Chopraspeakers といった強力な人選が成されている。 多くのパネル・ディスカッションが行われるだろう。 そして、私は自身は “Emerging Business Models for Journalism” に参加する。

PDF 形式のアジェンダはココだ。また、 PDF が嫌いな人ために、HTML 形式のアジェンダを作成した。 このライブに参加できる人は限られているが、ワークショップの全体が、このホームページで公開されるだろう。 — by Danny Sullivan

追加情報 Tech Crunch より > Thanks to http://twitter.com/bsiyo

「金を払えばBingに有利な提携を結んでGoogleのシェアを奪うことができるかもしれない」という希望をMicrosoftに抱かせるのがマードックの狙いだ。これでマードックは労せずして検索結果に対する影響力を大きく拡大することができる。案の定、Microsoftは検索エンジンのウェブサイト・クロールのための次世代プロトコル、ACAPの開発に資金援助することに合意した。ACAPはNews Corpのようなコンテンツ所有者が何を検索エンジンに提供するか、きめ細かいコントロールができるようにする技術だ。

http://jp.techcrunch.com/archives/20091128rupert-murdoch-google-nsfw/

The agenda:

Tuesday, December 1, 2009

9:00 am – Welcome  – Jon Leibowitz, Chairman of the Federal Trade Commission

9:15 am  – Remarks  – Paul Steiger, Editor-in-Chief, President and CEO, ProPublica & Former Managing Editor, The Wall Street Journal

9:30 am  – Remarks – Rick Edmonds, Media Business Analyst, The Poynter Institute & Co-author, The State of the News Media 2009

9:45 am  – Remarks  – Rupert Murdoch  – Chairman and CEO, News Corp.

10:05 am – Panel – The State of Journalism Today and Tomorrow

  • Mark Contreras, Chairman of the Executive Committee, The Newspaper Association of America & Senior Vice President/Newspapers, E.W. Scripps Co.
  • Martin Kaiser, President, American Society of News Editor & Editor and Senior Vice President Milwaukee Journal Sentinel
  • Jonathan Knee, Director, Media Program, Columbia Business School & Senior Managing Director, Evercore Partners
  • Nina Link, President and CEO & Magazine Publishers of America
  • Bryan Monroe, Visiting Professor, Medill School of Journalism, Northwestern University &  Former Vice President and Editorial Director, Ebony and Jet
  • Robert Picard, Hamrin Professor of Media Economics and Director of the Media Management and Transformation Centre, Jonkoping University, Sweden
  • Tonda Rush, Of Counsel, King & Ballow, On Behalf of National Newspaper Association
  • David Westphal, Executive in Residence, Annenberg School for Communication & Journalism, University of Southern California & Former Washington Editor, McClatchy Newspapers
  • Fred Young, Retired Senior Vice President of News Hearst Television Inc.

11:35 am  – Remarks  – Arianna Huffington, Co-Founder and Editor-in-Chief, The Huffington Post

12:00 pm – 1:30pm  – Lunch Break

1:30 pm  – Presentation  – Leonard Downie, Vice President at Large and Former Executive Editor, The Washington Post

1:45 pm – Presentation – Lem Lloyd, Vice President, Channel Sales, Yahoo!

2:00 pm – Presentation – Josh Cohen, Senior Business Product Manager, Google

2:15 pm – Panel – Emerging Business Models for Journalism

  • Chris Ahearn, President, Reuters Media, Thomson Reuters
  • Mark Bide,  Rightscom Limited, Project Director, Automated Content Access Protocol
  • Steven Brill, Co-Founder,  Journalism Online, LLC
  • Lauren Rich Fine, Research Director, ContentNext Media
  • Jeff Jarvis, Associate Professor, Director of the Interactive Program, City University of New York, Graduate School of Journalism
  • Srinandan Kasi, Vice President and General Counsel, Associated Press
  • Danny Sullivan, Editor-in-Chief, Search Engine Land
  • Robert Thomson, Managing Editor, The Wall Street Journal

3:45 pm  – Presentation – Mike Bloxham, Director of Insight and Research, Center for Media Design, Ball State University

4:00 pm  – Presentation – Susan Athey, Professor of Economics, Harvard University

4:15 pm  – Presentation  – David Evans, Visiting Professor, Faculty of Laws University College London & Vice Chairman of LECG Europe

4:30pm  – Panel – Online Advertising and Consumer Demand Trends

  • Barbara Bacci Mirque, Executive Vice President, Communications and Best Practices, Association of National Advertisers
  • Mike Bloxham, Director of Insight and Research, Center for Media Design, Ball State University
  • Jeff Chester, Executive Director, Center for Digital Democracy
  • Pam Horan, President, Online Publishers Association
  • Joe Laszlo, Director of Research, Interactive Advertising Bureau
  • John Meyer, Director of Digital Media, WTOP and Federal News Radio

Wednesday, December 2, 2009

9:00 am – Welcome  – Jon Leibowitz, Chairman of the Federal Trade Commission

9:15 am – Presentation – James Hamilton, Charles S. Sydnor Professor of Public Policy Professor of Political Science and Economics & Director, DeWitt Wallace Center for Media and Democracy, Sanford School of  Public Policy, Duke University

9:30 am – Presentation – Matthew Gentzkow, Professor of Economics, Neubauer Family Faculty Fellow, Booth School of Business, University of Chicago

9:45 am  – Presentation – Karen Dunlap, President and CEO, The Poynter Institute

10:00 am  – Panel – Public and Foundation-Funded Journalism

  • Joaquin Alvarado, Senior Vice President for Diversity and Innovation, Corporation for Public Broadcasting
  • Tom Leonard, University Librarian and Professor in the Graduate School of Journalism, University of California, Berkeley
  • Charles Lewis,  Executive Editor of the Investigative Reporting Workshop, American University School of Communication
  • Mark MacCarthy, Adjunct Professor, Communication, Culture and Technology Program,  Georgetown University
  • Jon McTaggart,  Senior Vice President and Chief Operating Officer, American Public Media
  • Eric Newton, Vice President, Journalism Program, Knight Foundation
  • Vivian Schiller, President and CEO,  National Public Radio
  • Josh Silver, Executive Director, Free Press

11:45 am – 1:00pm – Lunch Break

1:00 pm – Panel – Reducing the Costs of Journalism

  • Bill Adair, Editor, PolitiFact, Washington Bureau Chief, St. Petersburg Times
  • Bill Allison, Editorial Director, Sunlight Foundation
  • Bill Buzenberg, Executive Director, The Center for Public Integrity
  • Aneesh Chopra, Assistant to the President, Chief Technology Officer and Associate Director for the Office of Science & Technology of the Executive, Office of the President
  • James Hamilton, Charles S. Sydnor Professor of Public Policy; Professor of Political Science and Economics Director, DeWitt Wallace Center for Media and Democracy, Sanford School of Public Policy, Duke University
  • Alisa Miller, President and Chief Executive Officer, Public Radio International
  • Aron Pilhofer, Editor, Interactive News Technologies, The New York Times & Co-Founder, DocumentCloud
  • Eric Umansky, Senior Editor, ProPublica, Co-Founder, DocumentCloud

2:30 pm  – Presentation- Knight Foundation Commission on The Information Needs of Communities in a Democracy

  • Reed Hundt, Senior Advisor, McKinsey & Company, Former Chairman, Federal Communications Commission

2:45 pm  – Panel – Engaging and Informing Consumers in the Internet Age

  • Sandra Ball-Rokeach, Professor and Director of the Communication Technology and Community Program, Annenberg School of Communication & Journalism, University of Southern California
  • James Gaines, Editor-in-Chief, FLYP Media & Former Editor, Time
  • Jon Miller, Chief Digital Officer, News Corp.
  • Debra Osofsky, National Director, News and Broadcast, American Federation of Television and Radio Artists
  • Tom Rosenstiel, Director, Project for Excellence in Journalism, Pew Research Center
  • Jason Seiken, Senior Vice President, PBS Interactive
  • Linda Solomon, Photojournalist, Committee Member, Citizens to Save the Eccentric
  • Kathy Times, President, National Association of Black Journalists

4:00 pm  – Presentation – Lisa George, Assistant Professor of Economics, Hunter College

4:15 pm – Panel – The New News

  • Jim Brady, Allbritton Communications
  • Christopher Callahan,  Dean, Walter Cronkite School of Journalism and Mass Communication,  Arizona State University
  • Elisa Camahort Page, Co-Founder and COO, BlogHer
  • Bill Densmore, Vice President, Director, and Co-Founder, CircLabs Inc.
  • Andrew Jay Schwartzman, President and Chief Executive Officer, Media Access Project
  • John Servais, Founder,  NWCitizen.us

5:30 pm  Concluding Remarks

<関連>
Google の闘い、Amazon の闘い
Googleとルパート・マードックの件については一言も書くまいと私が固く決意している理由…

ヒョエェ~~~ ブルガリア版ですか?

Posted in .Chronicle by Agile Cat on November 29, 2009

たぶん、ブルガリア語なのかと・・・

なんとなくですが、WordPress のダッシュボードを見ていたら、google.bg からのリンクが。 何なんでしょう、コレ? 、、、っていう感じでクリックしたら、ゼンゼン読めない文字の AgileCat が居るじゃぁありませんか。

前回のハングル版のときのように、ビックリしてイスから転げ落ちるようなことはありませんでしたが、なんかエキゾチックな気分に浸ってしまいました。

DB Sharding bg

でも、これって翻訳版なので、英語からブルガリア語に変換すればと思うのですが、ひょっとして、日本語のほうがブルガリア語にしやすいのかなぁ、などと考え込んでしまいます。 この国の言葉も、ウラルアルタイ語族の末裔なんでしょうかね?

それにしても、なんか嬉しい --- A.C.

http://translate.google.bg/translate?hl=bg&sl=auto&tl=bg&u=http://agilecat.wordpress.com/2009/06/28/database-sharding-_1/

<関連>
ひぇ~~~ ハングル版の JClouds が!
本 : 日本語が亡びるとき

Youtube がダントツの動画配信量

Posted in Research by Agile Cat on November 27, 2009

1ヶ月で280億本のビデオが・・・

com score

coDcore による 2009年 10月のビデオ配信量の調査では、Google サイト、つまり Youtube が全体の37%を占めるという結果が出たそうです。

全体で、約 28 billion とのことですので、280億本の動画が見られたことになりますが、その内、Google が105 億本ということになります。 以下、2位に入った Hulu が 8億本で、急成長しているとのことです。

video ranking

なお、ベースとなる数字はコンテント・サーバーのみであり、ストリーミングとダウンロードの合算とのことです。

詳しくは ↓ こちらへ。。。

http://www.comscore.com/Press_Events/Press_Releases/2009/11/Hulu_Delivers_Record_856_Million_U.S._Video_Views

<関連>
2009/9 : 世界中で 270 億時間がインターネットに!

Tagged with: , , , ,

World of Warcraft を支える AT&T のパワー

Posted in Data Center Trends, Network by Agile Cat on November 27, 2009

WoW’s Back End: 10 Data Centers, 75,000 Cores

Data Center Knowledge より
November 25th, 2009 : Rich Miller

http://www.datacenterknowledge.com/archives/2009/11/25/wows-back-end-10-data-centers-75000-cores/

この世界における大規模なオンラインゲームは、膨大なリソースを必要とする。 そして、このニッチな市場の大物は Blizzard であり、World of Warcraft を運営し、Starcraft と Diablo という名の Battle.net ゲーム・サービスを提供している。それらの3つの世界を行き来する、1150万人のユーザーが利用する World of Warcraft (WoW) は、スケールとジオグラフィカル・スコープを必要とする。

wow-logo

Blizard をホストするのは、データ・センターとネットワークの監視/管理を提供する AT&T である。 同社は、9年にわたって Blizzard をサポートしているが、そのインフラストラクチャは明らかにされていなかった。 しかし、Austin で開催された Game Developer’s Conference で、Blizzard の Allen Brack と Frank Pearce が、いくつかの詳細について語った。

•Blizzard Online Network Services は、世界中に点在する 10ヶ所のデータ・センターで運用されている(Washington, California, Texas, Massachusetts, France, Germany, Sweden, South Korea, China, Taiwan)。
•Blizzard は 20,000 system と 1.3 petabyte storage を、このゲームのために使っている。
•WoW のインフラストラクチャは、13,250 blade server / 75,000 CPU core / 112.5 terabyte blade RAM で構成されている。
•Blizzard のネットワークは、68 人のスタッフで運用されている。
•Blizzard のゲーム・インフラストラクチャは、NOC(Network Operations Center)のような Gglobal NOC であり、データ・センター間をまたぐ際の、画像の遅延を追跡して同期させる機能を持つ。

この AT&T Gaming Core Team は、AT&T の IP network を利用するゲームのために 2004年に設立され、Blizzard を 24時間体制でサポートするための エンジニアとホスティング・スペシャリストで構成されている。

なんか、ここでも Japan が抜けていますね。 日本の WoW ユーザーが、暴動を起こさないようにと願います。。。  それはさておき、キャリアのパワーって、スゴイものがありますね。 --- A.C.

ソッコーで Twitter から反応が・・・

WoWをベータの時からやっている自分としてはこういう記事は非常にうれしい。WoWのデータのダウンロードの仕組みは、実はかなり昔からP2P。そしてWoWでは、X-serverな仕組みが導入されている。 あるServerでエントリーしたユーザーが、複数の他Serverのユーザーと、さらに別のServerでプレイするという仕組みが導入されている。この辺は凄い分散管理。全部リアルタイム。http://twitter.com/okachimachiorz さんでした。。。

<関連>
Virtual Goods and the Cost of Infrastructure
Second Life and the Scalability of Online Games
Engineering Everquest
Gamespot
Gamasutra
ComputerWorld

Google の闘い、Amazon の闘い

Posted in Amazon, Google, Out Of Scope by Agile Cat on November 26, 2009

それぞれの相手は、Murdoch と WALMART

Murdoch による Google ブロックは、さらに二紙ほどが WSJ 陣営に加わり、戦線を拡大しているとのこと。 また、そこに Microsoft が同調して、札束攻勢をかけて、Bing で独占提供するとの説も出てきて、いやぁ~ テンヤワンヤですなぁ~~~。

先ほど、Murdoch Google でググってみたら、この件に関するリンクがゴッチャリと出てきました。 Murdoch さんも、ググっているのでしょうが、この結果を見て、何を思うのでしょうかね?

片や、Amazon もクリスマス商戦をひかえて、 WALMART と大激戦とのこと。 アメリカ市場の動向として、リアル・リテールは -1% で、オンライン・リテールは +8% なんだそうです。

image

clip_image001

Newspapers Join Murdoch’s Google Blockade
NewsMax.com – ‎3 hours ago‎
… decline of print advertising have announced they may join Rupert Murdoch’s News Corp in considering blocking Google from displaying their news articles. …
Hold On: Are More Papers Really Joining Murdoch’s Google Block Party? Search Engine Land (blog)
Other Media Companies Look To Join Murdoch’s Google Block mediabistro.com (blog)
Cashmore: Block Google and consumers will lose CNN

NPR
Less than an OS, less than free
ZDNet UK – Simon Bisson, Mary Branscombe – ‎13 hours ago‎
Thanks to Rupert Murdoch, Google has spent most of the time it probably wanted to be talking about Chrome discussing the value of paid content on the Web; …

clip_image002
guardian.co.uk
Murdoch: Google is mortal and together we can kill it
Register – Andrew Orlowski – ‎Nov 17, 2009‎
Although they’d never admit it, Rupert Murdoch and Google have one thing in common: both benefit from their powers being exaggerated to almost mythic …
Rupert Murdoch: Google profits by avoiding news-gathering costs Examiner.com
Michael Wolff and Jeff Jarvis on Murdoch v. Google On Point Radio
TMT SUMMIT:News Corp Working On Plans For Online News Charge Wall Street Journal

Reuters
Denver, Dallas Papers May Join Murdoch’s War on the Internet
BNET – David Weir – ‎3 hours ago‎
… Post and the Dallas Morning News are reportedly considering blocking Google from indexing “some of their stories,” much like Murdoch’s News Corp (NWS). …
AH Belo and medianews to pull content from Google? editorsweblog.org (blog)
Free vs. fettered news: The battle lines form Daily Finance (blog)
Quoted: Walk-in customers? Who needs ‘em? Good Morning Silicon Valley (blog)

Brand Republic
Google boosts power of interactive online ads
V3.co.uk – David Neal – ‎7 hours ago‎
… particularly by Rupert Murdoch who is reportedly considering delisting News Corporation titles from Google’s index and striking an exclusive deal with …

Rupert Murdoch’s Google taunts are a bid to unite publishers – content will be …
ZDNet – Tom Foremski – ‎Nov 16, 2009‎
Why has Rupert Murdoch and others at News Corp. spent so much time criticizing Google when there is a simple solution: post a robot.txt file that tells …
How Murdoch Can Really Hurt Google And Shift The Balance Of Power In Search TechCrunch (blog)
Doing the Math on News Corp.’s Threatened Google Block New York Times
Murdoch’s rants put Cameron on a collision course with Google guardian.co.uk

VentureBeat
clip_image003

BBC News
Should We Listen to Murdoch’s Google Threat?
Atlantic Online – Derek Thompson – ‎Nov 11, 2009‎
So when Murdoch threatened to block Google bots from scanning stories in the Wall Street Journal this week by erecting pay walls around the bulk of his …
Murdoch’s Google Gambit New York Times (blog)
Murdoch: Google? We don’t need no stinkin’ Google Econsultancy (blog)
Rupert Murdoch: Unalloyed, Unbound New York Times

PC Magazine
all 413 news articles »
clip_image004

BBC News
Biz Stone: Murdoch’s Google veto will "fail fast"
PC Pro – ‎Nov 20, 2009‎
Twitter co-founder Biz Stone has claimed Rupert Murdoch’s plans to close off his websites to search engines will "fail fast". Speaking at an event organised …
"Mr Murdoch,Tear Down This Wall" Infers Biz Stone Inventorspot
Biz Stone: Murdoch has no chance without Google IT Chuiko (blog)
Twitter Founder to Murdoch: Blocking Google Will Fail Fast Mashable (blog)

Inquirer
clip_image005

Brafton
Inside the mysteries of Google News
Brafton – ‎Nov 24, 2009‎
… relationship with Google News, which can be a huge traffic driver to websites but has also drawn criticism from such media moguls as Rupert Murdoch, …

——————————————–

Amazon

TWO RETAIL GIANTS なんだそうです。 オーブン・トースターから、ベストセラーの小説やDVDまで、1セント・レンジでの価格競争が、この両社の間で繰り広げられているようです。

どちらも、異業種格闘技ならではの、新鮮さというか、ドキドキ感というか、まぁ、とにかく興味深いですね --- A.C.

 

Tagged with: , , , , ,

Windows Azure – Tools for Eclipse

Posted in Interoperability, Microsoft by Agile Cat on November 25, 2009

こんなサイトを見つけました ・・・

コントリビューターとして、Microsoft からも 3名ほどのエントリーがあります。 PHP への取り組みが、本気であることの表れだと思います。 Azure というか、クラウドというか、これまでのモノサシでは計れないものであり、Microsoft 製品の枠組みを越えた、このようなインターオペラビリティが必要不可欠なんでしょうね。 --- A.C.

Azure Eclipse http://www.windowsazure4e.org/

Windows Azure Environment

<関連>
Eclipse for Windows Azure を MS が大歓迎
Channel 9 でも、Eclipse for Windows Azure を フィーチャー
Eclipse for Windows Azure に関する報道
PHP のクラウド API とオープンソース
MS オープンソース FAQ
MS インターオペラビリティの原則

AppFabric とは?

Posted in Microsoft by Agile Cat on November 25, 2009

Microsoft AppFabric Adds Azure Cloud Plumbing
Posted by Charles Babcock @ 01:47 EST | Nov 20, 2009
http://www.informationweek.com/cloud-computing/article/showArticle.jhtml;jsessionid=RICXCBTS5PXQZQE1GHRSKHWATMY32JVN?articleID=221900247

Windows Azure

AppFabric, now in beta, rolls up a host of foundation technologies which will enable Azure to work with software in the enterprise.

AppFabric はベータの段階にあるが、エンタープライズにおけるソフトウェアと、Azure が協調して動作できるようにする、たくさんの基本テクノロジーを巻き込むものとなる。

AppFabric

Microsoft is seeking to engage enterprise programmers in cloud development by giving them tools that work roughly the same way in the enterprise and in the Microsoft Azure cloud. The upcoming versions of Visual Studio 2010 and .Net 4.0 will provide the first changes to start to implement the dual approach. Behind the tools, an Azure feature, AppFabric, will provide some of the plumbing that will allow the tools to work as expected in the cloud as well as the enterprise.

AppFabric は、 Azure の発表における地味な部分であるが、NASA が火星から送ってくるイメージ・データとはちょっと違う。Microsoft が Azure を介して提供するパブリック・データの例として、不気味で赤味がかった、火星の風景を視るために、出席者は 3Dメガネを与えらたが、 AppFabric は、グラフィックを目指しているわけではない。

AppFabric was an understated part of the Azure announcement, getting barely equal billing with the images from NASA’s public data base of data from Mars. Attendees were given 3D glasses to view the Martian scenes, eerie reddish landscapes showing up in great depth, an example of the public data that Microsoft will make available via Azure. AppFabric was less graphic.

Microsoft は、エンタープライズと Microsoft Azure クラウドで、大まかなところで同じように機能するツールを提供することで、 エンタープライズ・プログラマーをクラウド開発に従事させようと努めている。 Visual Studio 2010 と .Net 4.0 の次のバージョンから、この二重のアプローチを実装が開始されるだろう。それらの ツールの背景には、 Azure の特徴であるAppFabric があり、それらのツールがエンタープライズだけではなく、クラウドにおいても同様に、また期待どおりに機能するための、いくつかの配管を提供するだろう。

But AppFabric will be critical to carrying off the Microsoft strategy of applying Windows development skills to the cloud. Through an assembly of mechanisms, it will function as a cloud application server, or provider of services that allow an application to connect up and scale out, as needed. It became available in beta Tuesday and a generally available version is to be delivered sometime in 2010. If a slowdown in the cloud, AppFabric can supply a caching service to an application in the cloud, allowing it to speed up response times and keep the overall application performing adequately. Alternatively, a service level agreement or other rule-based requirements could be enforced automatically.

しかし、Windows の開発スキルをクラウドに適用しようとする Microsoft にとって、 AppFabric は戦略的に重要なものとなる。いくつかのメカニズムをアセンブルすることで、AppFabric はクラウド・アプリケーション・サーバーとして機能し、また、必要に応じて、アプリケーション接続とスケールアウトを可能にするサービスの、プロバイダとしても機能する。 この火曜日からベータが利用できるようになったが、一般に利用できるバージョンは、2010 年のどこかのタイミングとなる。 クラウドでスローダウンが生じる場合には、AppFabric はクラウド上のアプリケーションにキャッシュ・サービスを提供し、その応答速度を高め、アプリケーション全体の性能を維持するだろう。 その他の適用として、SLA や ルール・ベース要件を、自動的に実施する方式もある。

"From the get go, you want a cloud application to be able to scale up and down, a fabric based underpinning that allows it to organically scale," said Abhay Parasnis, general manager of the Microsoft Application Server Group, in an interview at Professional Developers Conference in Los Angeles.

「クラウド・アプリケーションは最初から、スケールアップとスケールダウンの機能を望まれる。そして、ファブリック・ベースの基盤を拡大することで、有機的なスケールが実現される」 - Abhay Parasnis, general manager of the Microsoft Application Server Group, in an interview at Professional Developers Conference in Los Angeles.。

The rough equivalent to AppFabric in the enterprise environment is the application server, primarily a Java phenomenon as a separate product, which allowed applications to go from serving a handful of users in the enterprise to thousands of simultaneous users on the Web.

エンタープライズ環境における AppFabric は、大まかなところで アプリケーション・サーバーに等しい。それは、Java のような感じのものであり、エンタープライズにおけるひと握りのユーザーから、Web に同時アクセスする無数のユーザーまでを対象とする、アプリケーションの構築を実現する。

Microsoft handled application services by including them in the Windows Server operating system instead of putting them into a separate product, and Parasnis was the supervisor of that application service provisioning.

Microsoft におけるアプリケーションサービスの処理は、Windows Server オペレーティング・システムに取り込むことであり、他のプロダクトに分散させることではない。そして Parasnis は、アプリケーション・サービス・プロビジョニングのスーパー・バイザーだった。

Now his task to apply the lessons learned to the cloud setting, which is a dramatically different environment, he concedes. Nevertheless, it’s a Microsoft goal to allow "all existing investments in tools and technology to apply to the new environment." Microsoft’s shift to the cloud will be much more likely to succeed if it continues to command the loyalties of 7-8 million developers who have carried Windows so far into the enterprise.

現時点の彼のタスクは、これまでに学んだ教訓を、クラウド環境に提供することであり、それは、これまでの環境ときわめて異なるものとなる。 それにもかかわらず、「既存のツールとテクノロジーに対する、すべての投資を新しい環境に適用する」ことが、Microsoft のゴールである。 これまでに、エンタープライズにおいて Windows に取り組んできた、700-800万人にものぼるデベロッパーのロイヤリティを駆使できるなら、 Microsoft のクラウドへの移行は、成功する可能性が高くなる。

In fact the application services in Windows Server will be called Windows Server AppFabric in the future. This version of AppFabric makes use of Microsoft’s ASP.Net ,its modernized offshoot of Active Server Pages that provides interactive elements on a Web page; Windows Communication Foundation which combined a set of protocols that Windows applications used to communicate with each other and the SOAP Web service protocol into one API; and Windows Workflow Foundation, which uses declarative rules to govern workflow processes.

実際のところ、Windows Server のアプリケーション・サービスは、Windows Server AppFabric と呼ばれるようになるだろう。 今回の AppFabric のバージョンは、Microsoft ASP.Net を利用するものであり、Web ページに対話型の要素を提供する Active Server Pages の、近代化された派生物となる。また、Windows アプリケーション間の通信プロトコルと、SOAP Web サービス・プロトコルを、1つの API に取り込んだ Windows Communication Foundation や、
宣言されたルールでワークフロー・プロセスを制御する、Windows Workflow Foundation も取り入れられる。

These three pieces are already widely used by Windows programmers in the enterprise and some of those skills will carry over to the cloud, Parasnis said. 

これらの 3 つのピースは、エンタープライズのWindows プログラマーにより広く使われ、また、それらのスキルがクラウドへと展開されると、Parasnis は発言した。

One of the differences, however, between enterprise and cloud is that in the enterprise, a critical application typically runs on a large server and gets more of the server as it "scales up" to meet the increased demand. In the cloud, there are only commodity servers, and its necessary for the AppFabric to "scale out" to meet demand. Usually, Parasnis said, that means committing additional servers to run additional instances of the application and load balance traffic across them.

しかし、エンタープライズとクラウドには、1つの違いがある。エンタープライズのクリティカル・アプリケーションは、一般的に大規模なサーバーで動作し、また、要求を満たすために「スケールアップ」していく。 クラウドには、普及品サーバーだけがあり、要求を満たす「スケールアウト」において AppFabric が必要となる。通常では、追加されるサーバーが、アプリケーションに追加されるインスタンスを動かし、そこへのアクセスのための、ロードバランス・トラフィックを約束することになる、と Parasnis は言う。

AppFabric for Azure will include access control services, and service bus services, where messages between applications can be delivered over the service bus, getting reformatted enroute if necessary. Both were part of Microsoft’s previous approach to services oriented architecture, called Oslo.

AppFabric for Azure はアクセス・コントロールとサービス・バスを含み、アプリケーション間でのメッセージが、必要に応じて再設定されるルートを得て、サービス・バス上に受け渡される。 サービス指向のアーキテクチャへ向けた、Microsoft における以前からのアプローチでは、どちらも Oslo と呼ばれる。

The next major release of Microsoft’s BizTalk Server will take advantage of Azure AppFabric capabilities, linking composite applications with parts found in the enterprise and in the cloud. BizTalk Server already connects the Windows environment to outside applications, such as SAP’s and Oracle’s. It connect to major database systems. It’s next release will support Windows Workflow Foundation, while tying into Azure AppFabric services, creating possible scenarios where workflow will move from the enterprise into the cloud and back again.

Microsoft BizTalk Server における、次の主要なリリースは、Azure AppFabric の機能を利用するものとなり、エンタープライズとクラウドから呼び出されたアプリケーションを合成する。 すでに BizTalk Server では、SAP や Oracle といった外部のアプリケーションと、Windows 環境を接続している。 つまり、主要なデータベース・システムとの接続が、完備されているわけだ。 そして、次のリリースでは、Windows Workflow Foundation をサポートするだろう。
その一方で、ワークフローがエンタープライズからクラウドへと受け渡され、また、エンタープライズに戻ってくるようなシナリオを作成するために、Azure AppFabric サービスへの取り組みがなされるだろう。

Underneath AppFabric services is something called the Azure fabric controller, not a separate product but part of the infrastructure, providing an ability to execute workflows and instructions across loosely coupled systems in both the enterprise and in the cloud as well.

AppFabric サービスの下には、Azure ファブリック・コントローラーと呼ばれる何物かがある。それは別のプロダクトではなく、このインフラストラクチャの一部である。そして、エンタープライズであっても、クラウドであっても、この緩結合システムをまたいで、ワークフローとインストラクションを実行する能力を提供する。

AppFabric in both its Windows Server and Azure incarnations is an enabler, a provider of services to application business logic that knows what it wants to do but may not know how to connect to the next step in a process, or how to activate an ally in completing the process.

Windows Server と Azure のインストラクションにおいて、AppFabric は利用可能となる。アプリケーション・ビジネス・ロジックのためのサービス・プロバイダは、自身が行うことは知っていても、プロセスの次のステップへの接続方式や、プロセスが完了する際に他を呼び出す方式を知らないだろう。

"This is the next big shift in applications," said Parasnis amidst the hubbub of thousands of Windows developers moving from session to session in the L.A. Convention Center Tuesday. "Instead of being bound to one big server, applications will run on hardware at the scale the developers wants." And that means it will scale-out when the demand is there and scale back as it recedes.

「それは、アプリケーションにおける次の大きな転換である。 1つの大規模サーバーに結びつけるのではなく、デベロッパーが必要とするスケールにおいて、アプリケーションはハードウェア上で実行されるだろう」と、Parasnis は L.A. Convention Center の喧騒の中で発言している。 つまり、要求があればスケールアウトして、無ければスケールバックすることになる。

It’s Microsoft’s view, according to Bob Muglia, president of the Servers and Tools unit, that this elasticity should be available in the enterprise, even though it hasn’t always been in the past and it will work to make that happen. But Microsoft wants to insure that it certainly will be available in the Azure cloud, through AppFabric.

Servers and Tools 部門の代表である Bob Muglia によれば、 こうした柔軟性が過去に無かったものであっても、それをエンタープライズで利用できるようにして、次の何かを引き起こしていくことが、Microsoft の視点となる。 とはいえ Microsoft は、AppFabric を介して確実に、Azure クラウドで柔軟性が得られることを望んでいるだろう。

%d bloggers like this: