Agile Cat — in the cloud

ペンタゴンのプライベート・クラウド

Posted in Private Cloud by Agile Cat on April 27, 2009
 

Department Of Defense Pursues Private Cloud

Information Week より
Posted by J. Nicholas Hoover @ 04:40 EDT | Apr 23, 2009

From <http://www.informationweek.com/cloud-computing/article/showArticle.jhtml;jsessionid=QCZSJKBNDDKZGQSNDLRSKH0CJUNN2JVN?articleID=217100173>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

な~るほど、それが プライベート・クラウド ですか、、、 という感じの記事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この政府機関(Department Of Defense)は、軍関係のデベロッパーがお役所仕事に依存することなく、ソフトウェアのテストとディプロイメントを自らの手で容易に実現する、開発とツールのためのプロジェクトを開始した。

2009年の 4月下旬に Defense Information Systems Agency は、クラウド・コンピューティング環境のように振舞う、独自のデータセンター構築へ向けて一歩前進した。

同機関は、新しいコンピューティング・パワーをプロビジョニングする際に、これまの制約であった官僚主義を排除し、最終的には軍関係のデベロッパーがソフトウェアのテストとディプロイを自ら行うための、開発とテストのためのツールについて発表した。

「インターネット上には信じられないほどの拡張された機能があるが、セキュリティと安定性の要件のために、我々は使うことができない。しかし。Amazon と Google が示している可能性を、あるがままに受け取りたい。そして[Department of Defense ]テクノロジーの素早い革新を実現するために、我々の資産を次のレベルに移行させたい」と、Forge.mil プロジェクトのディレクターである Rob Vietmeyer はインタビューで答えた。

Department of Defense における重要な IT 機関としての DISA は、最終的には軍事のためのプライベート・クラウドになっていく Rapid Access Computing Environment(RACE)を構築するために、1年以上の時間を費やしてきた。あらゆる種類の実運用ソフトウェアをホストするために、軍において RACE が使われるだろう。しかし、DISA が DoD において、その有用性を高めるため採用したい方式のひとつは、Forge.mil から提供される、SoftwareForge と呼ばれるソフトウェア開発のためのコラボレーション・ツールとリポジトリを介してとなる。

現時点では達成されていないが、Forge.mil は最終的に Forge.mil サイトから、さらには Eclipse のように開発環境からさえ、RACE 上の新しいソフトウェアとサービスの、自身による迅速なテストとディプロイメントを実現するだろう。 それを可能にするための、ひとつの支援テクノロジーになると思われるのが、CollabNet から提供され、Lab Management と呼ばれる、アプリケーション・ライフサイクル管理ソフトウェアの最新バージョンである。

Forge.mil は、オープンソース・ソフトウェア・リポジトリとして人気を集めている、SourceForge から刺激を受けている。 そのゴールは、ソフトウェアとサービスの、開発、テスト、実装、ディプロイメントを、DoD が容易かつ迅速に進めることである。 今週から運用を開始した SoftwareForge は、機密とは切り離された領域において、CollabNet から提供されるコラボレーション開発ツールに基づき開発を促進する。それは、ソフトウェア・リポジトリとコラボレーションのためのサイトであり、バージョン・コントロールや、問題追跡、Wiki、ディスカッション・フォーラム、ドキュメント・リポジトリなどを取り込んでいる。

SoftwareForge は、オープンソースあるいは「DoD コミュニティ・ソース」を必要とし、ロケーションにかかわらず軍の出先を横断するかたちで、コラボレーションとコードの再利用を奨励するための、モジュール式のソフトウェア開発を促進するだろう。したがって、それらの開発テクニックと分散インフラストラクチャを組み合わせることにより、きわめて容易なソフトウェアの分散開発を実現できる。

このサイトは、登録された1,300人の DoD デベロッパーに素早く採用され、3ヶ月のベータ・テスト期間において 60種類の開発項目に取り組んでいる。そこには、無人探索機のための、システム・ユーティリティーや埋め込みシステムなどが含まれる。 次には、ProjectForge と呼ばれる、機密性の高い専用のコードに対応するものが控えている。そして、自動化とリポジトリを介した、TestForge と CertificationForge と呼ばれる領域があり、Forge.mil 上で開発されたソフトウェアのテストと証明により、DoD 仕様が求めるレベルに一致させていく。

このテスト環境が仕上がった後に、DISA はエージェンシーおよびベンダーと進めている、パートナーシップを推進していく。そして、実運用ソフトウェアのための、完全にセルフ・サービス化されたディプロイメント環境へと、2010年の夏までに進みたいと望んでいる。 さらに Forge.mil は、Air Force、Navy、Army と進めているプライベート・クラウドに、新しい展開を見いだすかもしれない。

RACE は、Amazon 方式のソフトウェア開発とディプロイメントは採用しないだろう。 すでに、RightNow の CRM ソフトウェアのインスタンスが稼動しているが、仮想デスクトップを提供していく可能性に、DISA は注目している。
RACE のプログラム・ディレクターである Harry Sienkiewicz は、ひとつの手段として DISA が存在するように、彼のチームを DoD におけるホスティング会社やサービス・プロバイダのようなものと見なしている。 「我々は Rackspace や 1&1 に、とても似た機能を持っている。そして、ユーザーが必要とする方式で、いつでも、どこでも、彼らの環境を供給していく。我々は舞台裏にいて、ISP やホスターのような存在でありたいと思う」とインタビューに答えている。

すでに RACE は、承認済みの Windows Server と Red Hat Enterprise Linux application を、Exchange Server や Apache Web Server のように、セルフ・サービスで供給することを許可している。 いま直ぐに、アプリケーションがオンラインされることは無いだろうが、Common Access Card(軍の身元確認と認証形式)を持ち、政府発行のクレジットカードを持っているなら、コンピューティング・リソースを購入し、オンラインで決済できる。 「このタイプの環境と、サーバーと、セキュリティと言うだけで、このポータルに入ることができる」とSienkiewicz は言う。 しかし、RACE のレンタル・スペースに対する支払い方式は、Amazon Web Services ほどきめ細かくない。そして、このプライベート・クラウドはマルチ・テナント化されていないが、さらにテクノロジーが改善されるなら、その方向へ向けて DISA が動く可能性もある。 RACE デベロッパーは、トラフィックと、ストレージと、CPU の利用に対して別々に支払う代わりに、1GBメモリと 50 GB ストレージを取り込んだ仮想マシンに対して、500ドルを月ごとに支払う。 それに加えて、イメージごとのストレージが、5月~6月までに利用可能になるだろう。そして DISA は、オンラインで Amazon などが行っているように、さらにコストを考慮した方式に注目している。

直ちにプロビジョニングすることは、不可能である。いくつかのケースにおいて、RACE は 24時間以内で、コンピューティング・リソースの供給を実現している。しかし、まったく新規のソフトウェアの場合には、一般的なリクエストに対して 14日~30日を要する。 結局のところ、システムが自動的にアプリケーションを証明するようになるにつれて、そのタイムラグは大幅に短縮された。 「認証と承認は、テントを立てるための、最も長いポールのようなものである」と Sienkiewicz は言う。

正にいま、 DISA は「安全性と適合性を備えたシステム・イメージ」をユーザーに提供し、パッチ・リポジトリへのアクセスを彼らに与えているが、それと同時に、ユーザー自身がセキュリティを管理するように要求している。DISA における構築の、次のフェーズの一部として、一連の標準プラクティスに対してセキュリティを立証し、普及率についてテストをするための、何らかのサービスを提供されるだろう。 そのためのシステムは、安定性のために構築される。つまり、RACE のデータセンター環境は、ブレードとラックのレベルにおいて、バックアップ、多重冷却、セキュリティ設備、マルチ・ネットワーク・パス、マルチ・ロードバランスDMZ、多重電源などを取り込むことになる。

RACE は、数多くのベンダーからの支援により成り立っている。そして、その中でも Hewlett-Packard (ProLiant ブレード、HP Service Manager、HP Operations Orchestration)と VMware が主力となっている。 そのほかにも、IBM、Sun、Moab(リソース・ワークフローとスケジューリング)、Vion (ストレージ・サービス)などが含まれる。 とりわけ、Sienkiewicz は VMware のアイデアが V-Cloud イニシアティブの一部として、提起されることに興味を持っているが、DISA が V-Cloud の顧客になることについては、何も発言できないとしている。
DISA のプログラムは、クラウド・コンピューティングのリーダーたちの興味を引き付けた。 VMware CEO である Paul Maritz は、今月の始めに DISA のオフィスで、RACE について発言した。そして、Amazon CTO である Werner Vogels と、 Salesforce.com CEO の Marc Benioff は、今週に開催された DISA のパートナー・カンファレンスでキーノートを担当した。

From <http://www.informationweek.com/cloud-computing/article/showArticle.jhtml;jsessionid=QCZSJKBNDDKZGQSNDLRSKH0CJUNN2JVN?articleID=217100173>

EC2-IBM の価格が発表に

Posted in Amazon by Agile Cat on April 24, 2009

Amazon EC2 上での IBM サービスの価格

いま飛び込んできたメールです。Amazon EC2 上で IBM サービスを利用する際の価格が発表になったようです。

Amazon

Dear Amazon Web Services Customer,

Amazon EC2 running IBM now offers Amazon EC2 instances combined with popular IBM applications that you can pay for by the hour with no need for licenses or long term upfront commitments. You can now flexibly scale your IBM applications up and down and only pay for what you use. If you already have an existing IBM license, you may also have the ability to run that license in Amazon EC2 as well; you simply pay our normal Amazon EC2 hourly prices for On-Demand or Reserved Instances.

The hourly prices for Amazon EC2 running IBM are as follows:

・ Amazon EC2 running IBM DB2 Express – starting at $0.38/hour
・ Amazon EC2 running IBM DB2 Workgroup – starting at $1.31/hour
・ Amazon EC2 running IBM Informix Dynamic Server Express – starting at $0.38/hour
・ Amazon EC2 running IBM Informix Dynamic Server Workgroup – starting at $1.31/hour
・ Amazon EC2 running IBM WebSphere sMash – starting at $0.50/hour
・ Amazon EC2 running IBM Lotus Web Content Management – starting at $2.48/hour
・ Amazon EC2 running IBM WebSphere Portal Server and IBM Lotus Web Content Management Server – starting at $6.39/hour

Amazon EC2 running IBM requires no commitments or long-term contracts, and allows you to get up and running quickly with IBM’s proven technologies, paying only for the hours you use. To get started, you can find Amazon EC2 running IBM AMIs in the AWS Management Console or ElasticFox by searching for them with the keyword “ec2-paid-ibm-amis”.

For more details on pricing or using Amazon EC2 with IBM-based technologies please go to http://aws.amazon.com/ibm.

Sincerely,

The Amazon Web Services Team

Tagged with: ,

Azure in facebook

Posted in Miscs by Agile Cat on April 24, 2009

facebook に Microsoft Azure Services Platform が!

これは、Azure User Group の人たちが作ったみたいですね。

FaceBook

Agile-Cat もアカウントをとってみましたが、けっこう内容の濃いブログかあったり、全米 Azure Meeting ツアー(?) をやっているオジサンがいたり、層の厚さを感じてしまいます。

うれしい ニャ~~~

Posted in .Chronicle by Agile Cat on April 22, 2009

AC 10000

PaaS と IaaS じゃぁ足りません!

Posted in David Chappell by Agile Cat on April 22, 2009

Categorizing Cloud Platforms: Beyond IaaS and PaaS ?
David Chappell’s Blog より
# Tuesday, April 21, 2009
From <http://www.davidchappell.com/blog/2009/04/categorizing-cloud-platforms-beyond.html>

David 09_03_16

 

PaaS や IaaS だけでは足りないでしょ うと、Chappell さんがクラウド・プラットフォームのカテゴリについて、あらためて分類してくれました。 それによると、以下の5つのカテゴリになるようです。このポストの一番最後では、Amazon と Azure における対応も表で提供しています。

① オンプレミスのアプリケーションを、何にも変更せずにクラウドで実行する

② 適度にスケーラブルな Web アプリケーションを作成する

③ きわめてハイ・スケーラブルな Web アプリケーションを作成する

④ パラレル処理アプリケーションを作成する

⑤ バック・グラウンド・プロセスを用いて、ハイ・スケーラブルな Web アプリケーションを作成する

Chappell Platform_A

Chappell Platform_B

なんというか、Chappell さんのドキュメントに MapReduce などと書かれてしまうと、Azure 上で Hadoop がサポートされる日も近いのか? ・・・などと期待してしまいますよね。 それにしても、Powerset は、どこに隠れているのでしょう?

① オンプレミスのアプリケーションを、何にも変更せずにクランドで実行する ↓:

Chappell Platform_1

② 適度にスケーラブルな Web アプリケーションを作成する ↓: ここが、新しい Relational SDS の領域です。

Chappell Platform_2

③ きわめてハイ・スケーラブルな Web アプリケーションを作成する ↓: 典型的なサービスの例は、Facebook とのこと。

Chappell Platform_3

④ パラレル処理アプリケーションを作成する ↓: 典型的なサービスの例は、MapReduce とのこと。

Chappell Platform_4

⑤ バック・グラウンド・プロセスを用いて、ハイ・スケーラブルな Web アプリケーションを作成する ↓: 典型的なサービスの例は、Youtube とのこと。

Chappell Platform_5

そして、Amazon Web Services が、これらの 5つのプラットフォームに、どのように対応しているかというと。。。そう言えば、Amazon は MapReduce サポートを表明しましたね。

Chappell Platform_x1

さらに、Azure CTP の場合はというと。。。 4番目のパラレルのところに、どうしても目がいってしまいますが、Worker role となっていますね。ここに、Hadoop ベースのテクノロジーが入ってくるのか、こないのか?

Chappell Platform_x2

原本には、Google や Salesforce のケースなどもありますので、以下で ど~ぞ!

From <http://www.davidchappell.com/blog/2009/04/categorizing-cloud-platforms-beyond.html>

Nicholas Carr が McKinsey をメッタ斬り

Posted in Businesses, Nicholas Carr by Agile Cat on April 20, 2009

The big company and the cloud
Nicholas Carr の ROUGH TYPE より
April 15, 2009

http://www.roughtype.com/archives/2009/04/the_big_company.php

コンサルティング会社である McKinsey & Company の分析は、今日の ForbesNew York Times でもカバーされていた。そのリリースに、何らかの落ち度があるにしても、クラウド・コンピューティングの誇張された報道に一石を投じるものである。 McKinsey は「クラウドが非常に高い費用効果」を中小企業にもたらすとを認めているが、大企業については異なる論点を提供している。 大企業の場合は、もし自前のデータセンターを閉じて、クラウド上のユーティリティー・コンピューティングで全てのアプリケーションを実行するなら、いま以上の費用を使うことになると言う。匿名の顧客への見積もりによると、Amazon の EC2 クラウド・システムを用いる際の、1ヵ月ごとの CPU 使用料が 366ドルであるのに対して、インハウスの費用は 150ドルであり、クラウドは 2 倍以上のコスト増になるとしている:

Nicholas Carr 09_04_21a

もちろん McKinsey は、大規模で複雑な IT をインハウスで運用する企業を、元気付けようとしている。 コンサルティング会社はこの何年かにわたり、コーポレート IT における膨大な複雑さと支出から、つまり、システム統合や、IT ビジネス提携、データセンターの最適化といったメニューから、たくさんのご馳走を得てきた。そして指摘すべきは、 McKinsey が提供する数字が、少し歪んでいると思われる点である。つまり、クラウドへ移行することで軽減される経費などが、いくぶん控え目に述べられている。 匿名顧客の例を、再び参照してみよう。たとえば、インハウスのデータセンターをクラウド・サービスに置き換えることで、たった 10~15 % の IT人件費しか軽減されないと McKinsey は示唆している:

Nicholas Carr 09_04_21b

これらの数値の、さらなる分析を、私は楽しみにしている。とくに、McKinsey による比較について、Amazon にヒアリングしたいと思っている。

それにもかかわらず McKinsey 分析は、グリッド上のユーティリティー・コンピューティングの開発に、どれくらいの時期に移行できるかという点を強調する意味で貴重である。そして、大企業が近いうちにデータセンターを閉じると期待しても、仕方ないことも解らせてくれる。今日の動向について大企業が何を考えているのか、そして、適切な提案を行うアナリストがいるのかどうか、その辺りについて、私はまったく分からない。ただし、外部のクラウドでレンタルされるスペースを用いて、エンタープライズ・コンピューティング運用を大幅に置き換えるという、McKinsey が分析するシナリオは、いかにもマヌケである。 現時点において、クラウドが大企業に提供するリアルな機会とは、コンピューティングの完全な置き換えではなく、インハウス運用に対する補足物や補完物として考えるべきものである。クラウド・モデルが提供するものは、付加的なコンピューティングやストレージへのアクセスである。つまり、新しい装置に対する投資や、大量の従業員の採用を必要とせずに、変動する需要への対応や、短期的なデータ運用のための方法を実現するわけだ。さらにクラウドは、パワフルな SaaS アプリケーションにアクセスするための方式を提供し、大幅なコスト削減を可能にする。そこでは、インハウス・アプリケーションをインストールする際に必要な、設備や労働力でだけではなく、ライセンスと維持費が削減される。(この点を、McKinsey の分析は無視している)

クラウド・プロバイダーたちが価格を引き下げ、サービスを改善しながら、そのスケールを拡大し、経験を蓄積するにつれて、従来からの公共システムのように、クラウド・コンピューティングは魅力的なものになっていく。年が過ぎいくにつれて、実用的なシステムを拡大する経済のアドバンテージが、企業における別の現実を作り出す。 しかし、そのプロセスは時間を必要とする。大企業が数年の間に、データセンターをクローズすると予測することに、何の意味もないだろう。 さらに言えば、最終的なクラウドは、従来からの古いコンピューティング・モデルとは異なり、もっと面白いものになるだろう。

UPDATE: Here is the full McKinsey report.

サーバー・アプリケーションの仮想化へ向かう Microsoft

Posted in Virtualization by Agile Cat on April 18, 2009

Microsoft moves ahead with plan for app virtualization for servers

All about Microsoft より
April 14th, 2009
Posted by Mary Jo Foley @ 7:11 am
From <
http://blogs.zdnet.com/microsoft/>

Microsoft の経営陣は何年もにわたって、アプリケーション仮想化のコンセプトについて語ってきた。そして、これまでの発言にしたがって、ロードマップを展開するための準備が整ったようだ。

Codename Windows” ブログで探し出した最近のジョブ・ポストによれば、Microsoft の App-V チームは、サーバー上での実行に最適化された、アプリケーション仮想化プロダクトに取り組んでいる。その内容は:

Microsoft Application Virtualization(App-V)チームは、革命的なアプリケーション仮想化テクノロジーをもたらす、新しい v1 プロダクトにより、新しいマーケットであるデータセンターに参入する。 Server Application Virtualization は、あらゆるアプリケーションを xcopy 対応アプリケーションとして効果的に再パッケージし、きわめてシンプルで信頼性の高いディプロイメントを実現するだろう。

そのポストについて、Microsoft に尋ねた。そして、これまでにサーバーのための、アプリケーション仮想化のコンセプトについて発言がなかったことを確認した。つまり、予測できる将来において、製品発表はないはずであった。

(あらゆる Microsoft ウォッチャーは、「予測できる将来」というキーワードに秘められた皮肉を知っている。 それ単に、新しいプロダクトを提供する準備が、できていないことを意味する。しかし、何かが進んでいることを否定するものではない)

私の質問に対して、あまり助けにならない 2つのヒントが提供された。 Group Product Manager である Patrick O’Rourke の発言は、以下のとおりである:

サーバー・アプリケーションの仮想化は、Microsoft の顧客が興味を示すエリアである。 主要なメリットのひとつは、サーバー OS イメージの縮小である。 サーバー・アプリケーションのインスタンスごとにイメージを持つのではなく、使用している個々の OS 用に、ひとつの重要なイメージだけを持つことになるだろう。 その OS にパッチを当てる必要性が生じても、すべてのイメージではなく、ひとつのイメージだけを対象にできる。

さらに Microsoft は、この記事のために「Microsoft to bring Application Virtualization on servers」 というひとつの視点を提供した。2008年 1月に戻るが、そのブログ・ポストから、、、

Microsoft が Application Virtualization for Windows Server をリリースしても、Hyper-V の戦略を打ち消すものではない。つまり、OS 配信のためのハードウェア仮想化と、サービス配信のためのアプリケーション仮想化を、暗黙のうちに示唆している。

App-V (Microsoft Desktop Optimization Pack の一部)は、2006年前半の Softricity 買収時に取得した、 SoftGrid テクノロジーをベースにしている。 App-V は、アプリケーションをローカル・マシン上にインストールすることなく実行する。 つまり、それぞれのデスクトップに触れることなく、アプリケーションを多数のユーザーにプッシュすることで、Office や カスタム LOB アプリケーションのシングル・イメージを利用するための、企業を対象としたプロダクトである。

同じようなコンセプトを、サーバーに適用することに、あなたは興味を持つだろうか? すなわち、仮想化のプロダクトやサービスを用いて、IT 担当者がサーバー・アプリケーションを、シングル・イメージから多数のマシンにディプロイすることを。。。

Tagged with: ,

Azure での Java サポートは、どうなっている?

Posted in Interoperability, Microsoft by Agile Cat on April 17, 2009

What is Microsoft doing to add Java support to Azure?
All about Microsoft より
April 13th, 2009
Posted by Mary Jo Foley @ 1:57 pm

From <http://blogs.zdnet.com/microsoft/>

Google App Engine クラウド・プラットフォームに取り組むデベロッパーに、Java の開発環境が提供されるという。この Google の発表に対する、Microsoft の反応に興味があった。しかし、その答えは結局のところ、同じことの繰り返しだった。

Google は Java をサポートするという計画の発表から、実際に約束を果たすまでに 1年を要した。 しかし Microsoft は、現時点において Java for Cloud を提供していないし、出荷に関する約束もしていない。 (Amazon の EC2 クラウド・インフラストラクチャにおいても、Java でアプリケーションをホスティングする開発者に対して、新しいツールが提供されている)

2008年10月に Azure クラウド・プラットフォームを始動したときから、Microsoft が言い続けてきている最終的なプランとは、各種言語による Azure の記述を、デベロッパーに対して提供することである。 たとえば、FastCGI のサポートに関するコミットメントなどを介して、その点が繰り返して強調されている。

しかし、今のところ、Java ベースのクラウド・サービスと、Azure サービスの相互運用という範囲において、Microsoft は Azure 上の Java をサポートしているだけである。 同社のスポークスマンは、以下のように述べている:

「Azure Services Platform はオープンであり、スタンダード・ベースであり、インターオペラブルである。他のプラットフォームやサービスとの相互運用のために、 Azure サービスは REST や SOAP といった Web スタンダードを使用している。 Java で記述されたアプリケーションとサービスは、クラウド・コンピューティングのための、このうようなオープンでスタンダードなアプローチをベースにして、Azure サービスとの相互作用を実現する。現時点において、Windows Azure の FastCGI 機能は、そのコンピューティング・インフラストラクチャ上での、PHP やサードパーティプログラミング言語の利用を実現している。 Windows Azure のビジョンは、Java も含めて、 Windows 上で実行される、すべての言葉をサポートすることである」

MIX 09 において、Java Software Development Kit (SDK)に関するプランが注目されたが、そこで説明されたものは Microsoft と Schakra による共同開発であった。 Microsoft が提供するのは資金および、アーキテクチャとテクニカルのガイダンス、そしてプロジェクト調整である。つまり、開発とEnd-to- End のテストは、Schakra が行うことになる。

4月10日に、Java SDK for .Net Services は Milestone 2 に到達したが、この新しいテスト・ビルドは、March 2009 .Net Services Community Technology Preview (CTP) テスト・ビルドとの互換性を維持している。JDotNetServices.com サイトによれば、このプロジェクトにおける Summer 2009 Community Technology Preview for the Java SDK が、次に仕上がってくる。 この SDK テスト・ビルドは、BSD ライセンスの下で利用でき、SourceForge サイトからダウンロードできる。

Java インターオペラビリティに関する、Microsoft の約束は、これで充分なのだろうか? そして、Microsoft Azure クラウドでダイレクトにホストされた Java で、アプリケーションを記述する Azure アーリー・アダプターは出てくるのだろうか?

Tagged with: , , , ,
%d bloggers like this: