Agile Cat — in the cloud

Nehalem と仮想化

Posted in Virtualization by Agile Cat on March 31, 2009

仮想化における EPT と VT-d の効果

Best Practices for Paravirtualization Enhancements from Intel Virtualization Technology: EPT and VT-d

Last Modified On
October 2, 2008 10:20 AM PDT

Overview

Paravirtualization は仮想化されたシステムのパフォーマンスを向上させるためのテクニックであり、Virtual Machine Monitor (VMM)がソフトウェアにより動的にエミュレートしなくてはならないハードウェア・リソースの割合を減らすことで、完全な仮想化のシナリオを実現する。これまでのエミュレーションは、バイナリー・トランスレーションを伴っている。そのエミュレーションは、ホスト OS との互換性を得るために、VMM 内のソフトウェア・ベースのプロセスが、ゲスト OS からのハードウェア・コールをトラップしトランスレーションする流れの中で行われていた。 このトランスレーションにおいて必要とされる計算により、本質的な処理オーバーヘッドが生じ、環境全体のパフォーマンスとスケーラビリティが減少していた。

Paravirtualization は、Virtual Machines (VM) と適切なドライバを提供する、VMM 内のソフトウェア・インターフェイス構築することで、また、動的にエミュレートされるハードウェアに代わる要素を構築することで、このバイナリ・トランスレーションへの依存を取り除く。また、一般的な Paravirtualization ではゲスト・オペレーティング・システムの修正が必要とされるが、Xen や VMware などの多様なゲスト OS を、Intel VT により修正を施すことなく実行できるようになる。

EPT Old 09_03_31 

従来からの仮想化テクノロジー

EPT New 09_03_31 

Nehalem で実装される仮想化テクノロジー

Hardware Page Table Virtualization は、メモリの仮想化についてハードウェア・アシストを、VM 間での物理メモリに対するパーティショニングとアロケーションを含めて提供する。 メモリを仮想化するためには、物理メモリ内で実際には連続的に確保されていない、仮想的に連続するアドレス空間を VM が参照しなければならない。そのため、ゲスト OS は、仮想と物理のメモリ・アドレス間のマッピングを、ページ・テーブルにストアする。

物理的なシステム・メモリに対して、ゲスト OS はネイティブのダイレクト・アクセスを持たない。 そのため、同時に多数のVMを受け入れるための、メモリの仮想化における別のレベルが存在してしまい、それを VMM が処理しなければならなくなる。つまり、物理メモリとゲスト OS ページ・テーブル間のマッピングが、VMM の中で行なわれなくてはならない。 メモリを仮想化するための、この付加的なレイヤにおける処理速度を向上させるため、Intel と AMD はハードウェア・アシストついて発表した。 それらのテクノロジーは、Intel では Extended Page Tables(EPT)と呼ばれ、AMD では Nested Page Tables (NPT)と呼ばれるが、概念的なレベルにおいて極めて類似したものとなっている。

Intel Virtualization Technology for Directed I/O (Intel VT-d) は、DMA(direct memory access)の再マッピングと、デバイスが生成する割り込みをサポートすることで、I/O デバイス間の分離を促進する。 この VT-d を利用する VMM は、I/O リソースを特定の VM へ向けて、ダイレクトに割り当てることができる。 したがって、エミュレートされたデバイス・ドライバの提供を VMM に要求することなく、無修正のゲスト OS から、それらのリソースへ向けたダイレクト・アクセスが達成される。 さらに、I/O デバイスを特定の VM に割り当てる場合には、そのデバイスは他の VM からアクセスされなくなり、同様に、他の VM はそのデバイスにアクセスできなくなる。

この割り込みに関する仮想化と DMA 転送により、VM におけるデバイス・コントロールが、他の VM がコントロールするメモリ・スペースへのアクセスから隔離される。 そして VT-d の下では、それぞれの物理メモリ領域と、それぞれの I/O デバイスとのマッピングが、I/O memory management unit(IOMMU)に記録される。 その結果とし、アクセスを要求している I/O デバイスを識別しながら、メモリ・ロケーションに対するアクセスがコントロールされる。

VT-d に関する詳細およびソフトウェアに対するメリットについては、以下のドキュメントを参照して欲しい。

"IntelR Virtualization Technology for Directed I/O (VT-d): Enhancing Intel platforms for efficient virtualization of I/O devices"

Tagged with: , ,

Nehalem の発表

Posted in Virtualization by Agile Cat on March 31, 2009

Intel、Nehalem EP こと Xeon 5500 番台を発表

2 CPUで16コアを実現

米 Inetl は 31日(現地時間)、サーバー/ワークステーション向けクアッドコア CPU「Xeon 5500番台」を発表した。 これまで「Nehalem EP」のコードネームで呼ばれてきたCPU。その名の通り、デスクトップ向けの Core i7と同じ Nehalem アーキテクチャを採用。Hyper-Threading 技術により、1 CPUで8コア相当となり、デュアルプロセッサでは 1システムで 16コアを実現できる。

詳しくは こちら ↓ で ・・・

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0331/intel.htm

製品情報(英文)
http://www.intel.com/products/processor/xeon5000/

ーーーーーーーーー

2009 の Q1 にという、約束どおりに出してきましたね。

Nehalem → Hyper-V2.0 → Azure → Relational SDS ・・・ とつながる話なんでしょう、おそらく。

Tagged with: , , ,

Azure Monitor in CodePlex

Posted in Microsoft by Agile Cat on March 30, 2009

Azure Application Monitor のオープンソース

まだ、Alpha とのことですが、Azure Application Monitor というのが出ていました。PDF のドキュメントも DL できます。

http://azuremonitor.codeplex.com/

AzureMonitor

AzureMonitor Documentation Version 1.0, 03/25/09 (alpha)

Azure Monitor is a library for capturing runtime process information to cloud table storage for a hosted Azure application; and also a desktop application for viewing the captured information in real-time. Two solutions are included in the source code:

AzureMonitor.sln contains just code for the library and monitoring application

Thumbnails.sln contains everything in AzureMonitor.sln plus a copy of the Thumbnails Azure SDK sample that has been instrumented for monitoring.

Tagged with: , ,

Open Cloud の原則?

Posted in Interoperability by Agile Cat on March 30, 2009

Open Cloud Manifesto の 6つの原則

ココ ↓ で公開されています。5ページ目辺りから、この  Principles of an Open Cloud が始まります。

http://www.opencloudmanifesto.org/opencloudmanifesto1.htm

確かに正論なんでしょうが、Amazon、Google、Microsoft、Salesforce がサインしないのも解りますね。 アイマイというより、抽象度が高すぎるという感じで、「そんなレベルの約束はできません」というのが、当然の判断だと思いますがね。。。

ーーー Principles of an Open Cloud ---

Of course, many clouds will continue to be different in a number of important ways, providing unique value for organizations. It is not our intention to define standards for every capability in the cloud and create a single homogeneous cloud environment. Rather, as cloud computing matures, there are several key principles that must be followed to ensure the cloud is open and delivers the choice, flexibility and agility organizations demand:

もちろん、数多くのクラウドが、それぞれにとって重要な方針のもとに異なる形態で存在し続け、利用者としての組織に固有の価値を提供していくだろう。したがって、クラウドにおける全ての能力に対して標準を定義し、単一かつ同質のクラウド環境を作ることを、意図するわけではない。それよりは、クラウド・コンピューティングが成熟するにつれて生じてきた、いくつかのカギとなる原則に注目している。つまり、クラウドがオープンであることを保証し、また、利用者としての組織が要求する、選択肢と、柔軟性、アジリティの供給を保証するために、従うべき以下の原則である:

1. Cloud providers must work together to ensure that the challenges to cloud adoption (security, integration, portability, interoperability, governance/management, metering/monitoring) are addressed through open collaboration and the appropriate use of standards.

クラウド・プロバイダーは、オープンなコラボレーションと標準の適切な利用を介して、クラウドの普及という課題に取り組むことを保証するために、協調して機能しなければならない。

2. Cloud providers must not use their market position to lock customers into their particular platforms and limit their choice of providers.

クラウド・プロバイダーは、特定のプラットフォームに顧客を囲い込むために、また、プロバイダー選択の自由を奪うために、その市場におけるポジションを利用してはならない。

3. Cloud providers must use and adopt existing standards wherever appropriate. The IT industry has invested heavily in existing standards and standards organizations; there is no need to duplicate or reinvent them.

クラウド・プロバイダーは、既存の標準が適切である場合には、それらを必ず採用し、利用しなければならない。 IT 業界は、既存の標準と標準化団体に、膨大な投資を行ってきた。それを繰り返す必要もなければ、新たに考案する必要もない。

4. When new standards (or adjustments to existing standards) are needed, we must be judicious and pragmatic to avoid creating too many standards. We must ensure that standards promote innovation and do not inhibit it.

新しい標準(あるいは既存の標準の修正)が必要とされるときには、賢明かつ実利的に判断し、あまりに多くの標準が作成されることを回避しなければならない。標準が革新を促進することを保証し、また、標準を抑制しないことを保証しなければならない。

5. Any community effort around the open cloud should be driven by customer needs, not merely the technical needs of cloud providers, and should be tested or verified against real customer requirements.

クラウドのオープン化を促進する、あらゆるコミュニティは、クラウド・プロバイダーの技術的なニーズではなく、顧客のニーズにしたがって、運営されるべきである。そして、現実の顧客要件に対するテストや検証を、促進しなければならない。

6. Cloud computing standards organizations, advocacy groups, and communities should work together and stay coordinated, making sure that efforts do not conflict or overlap.

クラウド・コンピューティングにおける、標準化団体および、支援グループ、コミュニティは、対立および重複を回避するために、協調と調和を維持すべきである。

Tagged with:

Open Cloud Manifesto

Posted in Interoperability by Agile Cat on March 30, 2009

Open Cloud Manifesto

・・・というのが、3月30日(月)に発表されるとのこと。。。

Open Cloud Manifesto v1.0.9
http://www.scribd.com/doc/13710927/Open-Cloud-Manifesto-v109

この org が始まるのでしょう:ただいま工事中!
http://www.opencloudmanifesto.org/

いったい、どこが Open なんですか?   ・・・と、Microsoft と Amazon は不参加のもよう。なにやら、IBM が画策中で、Google は行方不明みたいです。

Steve Martin’s Blog
Moving Toward an Open Process on Cloud Computing Interoperability
http://blogs.msdn.com/stevemar/archive/2009/03/26/moving-toward-an-open-process-on-cloud-computing-interoperability.aspx

Microsoft fights the ‘open’ fight amid the clouds
March 26th, 2009
Posted by Mary Jo Foley @ 11:13 am
http://blogs.zdnet.com/microsoft/?p=2375

Amazon not joining the Open Cloud Manifesto, either
March 27th, 2009
Posted by Mary Jo Foley @ 9:01 am
http://blogs.zdnet.com/microsoft/?p=2392

Open Cloud Manifesto Revealed
Posted by John Foley @ 05:27:PM | Mar,27, 2009
http://www.informationweek.com/cloud-computing/blog/archives/2009/03/open_cloud_mani.html?catid=cloud-computing

Das Blonde - Indigo Girl

Friday, March 27, 2009

http://www.dasblonde.net/2009/03/27/WhatIsThisOpenCloudManifestoanyways.aspx

 

Tagged with:

Worldwide Azure User Goup

Posted in Microsoft by Agile Cat on March 29, 2009

Azure User Group が始まりました

Worldwide の SNS で、メンバー数は 700人くらいです。ローカル・グループは 33個ありました。 全米の主要都市や各国から、グループが作られているようです。

Japan グループにも、すでに 9人のメンバーがいます。 環境は英語ですが、Japan グループ内は日本語です。

Azure UG Cat

こちら ↓ で、アカウント作成してから、Japan に入ってくださいね。

http://www.azureusergroup.com/

おたすけ日本語サイトは、こちら ↓ です。

http://azure-ug-japan.spaces.live.com/default.aspx

Tagged with:

Green IT への期待

Posted in Data Center Trends, Green IT by Agile Cat on March 29, 2009

データセンターが直面している大きな問題

2009年1月に行われた AFCOM カンファレンスでの、Server Technology 社 Steve Betts 氏によると、データセンターが直面している大きな問題とは以下のとおりとのことです。

Green IT 09_03_29c

熱量の制御:63%
単位面積当たりの放出熱量:56%
エネルギーの変換効率:39%
可用性:35%
スペースの制約:30%
リアルタイム・モニタリング:29%

この連載は、なかなか面白いですよ。

第1回 巨大データセンターが建設ラッシュ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090127/323576/
第2回 電力不足が"グリーンIT"を牽引
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090127/323577/
第3回 コンテナ型が大規模センターの主役に
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090129/323723/
第4回 迫る電力危機,回避へのシナリオ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090129/323745/
第5回 エネルギー効率を高める6つの方法
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090129/323724/
第6回 データセンターの性能をどう評価するか(前編)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090303/325812/?ST=green_it
第7回 データセンターの性能をどう評価するか(後編)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090305/325982/
第8回 電力のムダはどこから来るのか
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090325/327181/第9回 電源管理は系統立てたアプローチが有効
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090326/327269/

Tagged with: ,

オンプレミスでの Windows Azure

Posted in Private Cloud by Agile Cat on March 26, 2009

オンプレミスでの Windows Azure ホスティングには否定的?

All about Microsoft より

From <http://blogs.zdnet.com/microsoft/>

March 23rd, 2009

Posted by Mary Jo Foley @ 11:53 am

Microsoft は、Azure プラットフォームによるクラウド・コンピューティングをベースにした、オンプレミスの環境をエンタープライズにに提供するのだろうか?直近の答えは、そして、多分 最終的な答えは NO である。

去年の秋にクラウド・プラットフォームを発表してから、Azure によるプライベート/オンプレミスのための道筋を Redmond が提供するのかしないのか、その点について混乱があったように思われる。つまり、Quincy や San Antonio に構築された Microsoft のデータセンターにではなく、顧客のデータセンターに Azure のオペレーティング・システムやサービスを提供するのかという疑問である。

最近になって、Julius Sinkevicius(Director of Product Management for Windows Server)と電子メールをやり取りしてみたが、Azure ベースのプライベート・クラウドのユーザーによる作成は、意図されていないように感じる。また、最近になって Cisco が明らかにした Unified Computing System ブレード・サーバーを購入する顧客には、Windows Server と Hyper-V が提供されることもあり、Microsoft と Cisco の最近の発表についても、Sinkevicius にいくつかの説明を求めてみた。

Sinkevicius との QA を以下に示す。

MJF: Azure のライセンシングについて、Cisco から Microsoft に申し出があったのか? Azure のすべての構成要素を、他社に提供することはあり得るのか?

Sinkevicius: NO。 Microsoft はオンプレミスのディプロイメントについて、Windows Azure を提供していない。 Windows Azure は、Microsoft データセンター上だけで動作する。 エンタープライズ・カスタマーののデータセンターに、きわめてスケーラブルでフレキシブルな OS をディプロイしたいなら、Hyper-V を活用することになる。また、仮想化について無制限の権利を持つ、Windows Server Datacenter Edition ライセンスと、マネージメントのための System Center についても同様である。

MJF: Red Dog (Windows Azure) と Cisco が発表した OS 構成の違いについて、Microsoft はどのように認識しているのか?

Sinkevicius: Windows Azure は、Microsoft のデータセンターに特化された、Microsoft のランタイムである。 Windows Azure は新しいアプリケーションのためにデザインされており、ISV とエンタープライズに対して geo-cost を要求することなく、geo-scale を提供する。Cisco が発表した OS の構成は、オンプレミス・サーバーにディプロイしていく顧客のためのものであり、そこでは Windows Server Datacenter と System Center へのテコ入れが行われるだろう。

オンプレミスでの Azure ホスティングに関する混乱の元は、Azure のために開発されたすべてのアプリケーションは、Windows Server 上も実行できるという説である。しかし、現在のところ、その反対は無理とされている。つまり、既存の Windows サーバー・アプリケーションは、最終的には Azure 上で実行できるようになるだろうという状況にある。 いま現在で、いくつかの事例もあるようだが、相当な厄介さを伴うことになる。Microsoft バスケットにデータを保存することに消極的な企業にとって、Microsoft のクラウド層は「このクラウド・プラットフォームを使って、あなたのデータを、どうぞホスティングしてください」というものではない。その代わりに、「あなたのデータの一部/全部を、このデータセンターから取り出して、あなたの望みどおりの方法で、また、望むタイミングで、オンプレミス環境で利用してください。そして、同様に、それらのデータを戻してください」と言っているような感じがする。

Microsoft による、データのポータビリティに関する約束は、ナーバスなエンタープライズ・ユーザーに対して、Microsoft Azure プラットフォーム提供するのに、充分な説得力を持っているのだろうか?

Tagged with:
%d bloggers like this: