Agile Cat — in the cloud

Asia の調査 4/12〜4/18:インドで起こったネット・ニュートラリティの問題

Posted in Asia Weekly, Net Neutrality by agilecat.cloud on April 18, 2015
ユニバーサル・コネクティビティとネット・ニュートラリティは共存できるのか ・・・
 
_ cna-banner
アメリカのネット・ニュートラリティ問題が、歯切れの悪い FCC の説明にもかかわらず、ほぼ収束という状況になりましたが、今度はインドで大きな出来事がありました。 インドの大手モバイル・キャリアである Airtel が、同社と契約を交わしたアプリに関して、その通信量を無償にする Airtel Zero というプランを発表し、喧々諤々の議論になってしまったのです。 いまは、この Airtel Zero プランの取り下げが推測されていますが、いったい、なにが起こったのでしょうか?
 
Airtel事の始まりは、3/10 の 「Free internet: Airtel’s Mittal takes on Facebook CEO」 に書かれているように、MWC で Bharti Airtel のトップである Sunil Mittal が、Facebook の Mark Zuckerberg に噛み付いたところにあるようです。 つまり、Internet.org の発想は、モバイル・キャリアにとって困った存在であると、攻め立てたようです。
 
Mittal, who met Facebook founder and CEO Mark Zuckerberg here at the Mobile World Congress, said that the social networking major is right in its thinking that such a would expand the market, but telecom operators also need to get their revenues and charge for the services.
 
“I told him (Zuckerberg) that you are right that this (internet.org) expands the market. At the end, you must understand that we (telecom operators) need to charge you for something. SMSes have gone more or less, voice is going down and they (Facebook) recognize that,” Mittal said in a media interaction here.
 
また、Vodafone の Global CEO である Vittorio Colao も、「Internet.org は、Zuckerberg による社会貢献のようなものだが、そのコストを負担するのは我々だと同調した」と伝えられています。
 
そして、Airtel の Zero プランですが、インドのメディアに叩かれ、NewYork Times などにも叩かれ、頓挫しそうな状況へと追い込まれているようです。 さらに、今日になって、この議論に Mark Zuckerberg も参加してきたと、The Times of India が報道しています。
 
In a Facebook post Zuckerberg said: “But net neutrality is not in conflict with working to get more people connected. These two principles — universal connectivity and net neutrality — can and must coexist.”
 
Internet.org とネット・ニュートラリティの整合性を取ることは、とても難しいことであり、だからこそ、Facebook は慎重に事を進めているはずなのです。 つまり、この Airtel の短絡的なプランと、一緒にされるのは御免だという話なのでしょう。
 
4/7: Airtel Zero: Another blow to net neutrality
4/9: App developers, tech startups slam Airtel Zero
4/10: Net neutrality: Airtel Zero is threat to Digital India plan
4/14: International media supports India’s fight for net neutrality
4/15: Flipkart pulls out of Airtel’s net neutrality violating Airtel Zero
4/16: Neutral net must for India to produce next Google
4/17: Airtel may withdraw Zero plan: Analysts
 
この件は、Cloud News Asia の Net Neutrality カテゴリで、継続して追いかけていくつもりです。
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters. The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
② 4/14: Dallas Buyers Club pirates could be told to ‘name a price’
AustraliaWhile much attention has been focused on how much the owners of Dallas Buyers Club might demand Australian pirates pay for sharing their film online, a new option has emerged: ‘name your price’. According to Channel News Asia, the first batch of demand letters sent by Dallas Buyers Club to 77 of 500 alleged pirates in Singapore did not demand a particular sum.
 
③ 4/5: Microsoft promises $16M in cloud services for 100 Chinese startups
ChinaOn Wednesday, Microsoft China announced that 100 Chinese tech startups are about to get lucky. The company is promising RMB 100 million (US$16 million) in cloud services and support to 100 Chinese startups. Reportedly, Microsoft is also partnering with Northern Light Venture Capital, DCM, and Gobi Partners to offer financial investments in addition to the cloud services and support. The first batch of 100 startups will be hand-picked by Microsoft and its VC partners.
 
④ 4/15: NSW govt embraces PayPal, Apple Pay, from AU
AustraliaNSW residents should be able to pay for a licence renewal or parking fine with PayPal, Apple Pay from their smartphone, or streamlined credit card payment processes like Visa Checkout within 12 months. NSW Minister for Finance and Services Dominic Perrottet today announced the state government would integrate the modern payment capabilities into Service NSW’s new whole-of-government payments platform.
 
⑤ 4/6: In vending machines, NTT introduces a practical one for SIM cards
JapanUnless this is your first day on the internet, you’re probably aware that Japan is home to some of the most bizarre vending machines on the planet. Canned bread, “used” panties, and pretty much anything in between are just a few coins away. While there’s no lack of WTF in the world of Japanese vending machines, some of the quirky stuff is far from practical.
 
⑥ 4/15: China DC server standard project 3.0 to announce at year-end 2015
ChinaThe third version of China’s data center server technology standard project led by China-based Baidu, Alibaba and Tencent are set to be announced at the end of 2015 and the project will cover more standards and adopt a modularized design to help reduce China data centers’ server purchasing costs, according to sources from the upstream supply chain. China launched the first version of the project in 2012 and the second in 2014 and the project is rather similar to the Open Compute Project (OCP) that Facebook has been aggressively promoting.
 
⑦ 1/23: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑧ 4/13: AT&T eyes Vietnam market
VietnamSandy Verma, Senior Director in charge of Internet of Things Solutions of AT&T Asia Pacific said, according to PricewaterhouseCoopers, up to 86% of CIOs worldwide said that technology was changing their business practice. Data analysis and Internet of Things – IoT – are emerging as the most significant technologies. With IoT, mobile phones are not just used for making calls or sending text messages but can open doors, turn on smart devices in homes, and connect devices in workshops and medical devices monitoring human health.
 
⑨ 1/11: NHN Entertainment looks to offer game cloud platform service
KoreaNHN Entertainment has launched a business-to-business (B2B) game cloud platform service to make up for its weakening profits in its top income source ― gambling games. Releasing the cloud service named “TOAST Cloud,” the company said it will diversify its business portfolio to game cloud platforms from existing online and mobile games, and e-commerce to survive as a general IT company.
 
⑩ 4/15: TSMC aiming to start production of 10-nm chips by 2016: CEO
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing (TSMC), the world’s largest semiconductor contract manufacturer, has set a goal of beginning mass production of chips on the 10-nanometer technology by the end of 2016, Mark Liu, its president and chief executive officer, said Wednesday in California. TSMC last year won huge orders for Apple’s next-generation mobile device processors, which had previously been awarded to Samsung of South Korea.
 
ーーーーー
cna_6今週の Top-10 ですが、Amazon Japan の幼児ポルノ事件がトップに来ています。 3ヶ月ほど前の事件なのですが、忘れてはいけない出来事なのだと、海外の人々から釘を刺されているように感じてしまいます。 その他では、Scorpio 3.0 に関する記事が興味深いです。 OCP との時間差を考えると、この 3.0 には Widget のようなスイッチが入ってくると推測できますし、それを Huawei などが担いだら、どのような展開になるのでしょうか? アメリカと中国を秤にかける、ヨーロッパの市場が注目されます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
 

Facebook 艦隊のユーザー数が、全体で 30億人を超えた:それを示す1枚のチャート

Posted in Facebook, Line, Post-PC, Research, SnapChat, Social, Twitter, WhatsApp by agilecat.cloud on April 15, 2015
This one chart shows how Facebook dominates online communication
Eugene Kim – Apr. 13, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-dominates-online-communication-2015-4
 
_ Business Insider
 
Soon, Facebook could be the dominant force in how we communicate online. According to data compiled by BI Intelligence, Facebook is not only the biggest social network, but also owns the second-largest social network and the two largest messaging apps.
 
私たちがオンラインで通信するための手段を、Facebook が支配する日が近いのかもしれない。BI Intelligence が整理したデータによると、Facebook は最大のソーシャル・ネットワークというだけではなく、第2位のソーシャル・ネットワークを所有し、最大級のメッセージング・アプリを 2つも所有している。
social-media-maus
BI Intelligence
 
Facebook’s monthly active user base is expected to surpass 1.43 billion in the first quarter of 2015. That’s nearly twice the size of Facebook-owned WhatsApp, the largest messaging app with 725 million MAUs. Facebook Messenger trails closely with 600 million MAUs.
 
Facebook の MAU (Monthly Active User) は、2015年 Q1 の時点で、14.3億人を上回ると予想されている。それは、Facebook が所有する WhatsApp の、約 2倍の規模である。 そして、WhatsApp は最大のメッセージング・アプリであり、7.25億人という MAU を有している。さらに言えば、Facebook Messenger の MAU も、6億人という規模まで迫ってきている。
 
Instagram, the photo sharing app Facebook bought for $1 billion in 2012, had the fifth largest user base with 300 million MAUs. That means Facebook owns four of the five largest brands in social media and messaging.
 
Facebook が 2012年に、$1 billion で買収した Instagram は、3億人の MAU を持つ写真共有アプリであり、グローバルで 5番目の規模を誇っている。つまり、Facebook は、ソーシャル・メディアとメッセージングという分野において、世界の 5大ブランドのうち、4つを所有していることになる。
 
ーーーーー
facebookFacebook 本体が着実に伸びているのに加えて、WhatsApp が凄いペースと思ったら、それを上回る勢いで Facebook Messsenger が急成長しているようです。この 2つのメッセージング・アプリを合わせると、それだけで 13.25億です。ちょうど、昨年の今ごろに、「Gmail for Android のダウンロード数が、ついに 10億に達した!」という抄訳をポストしましたが、メッセージングとメールの対比が興味深いです。 人々が交換する情報の性質が刻々と変化し続け、それに合わせるかたちで、さまざまなサービスが選択されているのでしょう。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Messenger がオープンになる! サードパーティにアプリを作って欲しい!
アジアの Facebook MAU は 4.5億人:儲からないけど、どうするの?
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:やはり Facebook が図抜けている!
WhatsApp と サッカー狂たち:その面白い関係を1枚のチャートで!
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析する
Facebook と Open Source:大活躍した 2014年の成果をリストアップ!
 

APAC の IoT は、2020年までに US$583B に至り、中国の影響力が強まる

Posted in .Selected, Asia, IoT, Research by agilecat.cloud on April 15, 2015
Asia Pacific becomes frontline for IoT with US$583 billion market opportunity by 2020, says IDC
Alex Wolfgram – April 13, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150413PR200.html
 
_ Digi Times
 
The Asia Pacific Internet of Things (IoT) industry will continue its strong growth, with the number of units, or “things,” connected to increase from 3.1 billion to 8.6 billion by 2020. Over this same period, the total Asia Pacific excluding Japan (APeJ) market size will increase from US$250 billion to US$583 billion, according to IDC.
 
Asia Pacific の Internet of Things (IoT) は、その力強い成長を継続し、インターネットの接続される Units もしくは Things の数は、2020年までに 31億個〜86億個へと増大していくだろう。それと同じ期間において、Asia Pacific excluding Japan (APeJ) の IoT マーケットは、US$250 billion〜US$583 billion へと成長すると、IDC は推測している。
 
Internet_of_ThingsWikipedia
 
“The Internet of Things industry has matured considerably over the past year, with a number of large government initiatives across APeJ, and China in particular, driving demand,” said Charles Reed Anderson, VP at IDC Asia Pacific. “This increase in market demand has led to an increased focus on IoT from leading ICT vendors, as well as start-ups – with each keen to grab their share of the growing IoT market.”
 
「 この 一年間の IoT は、APeJ 全体において、とりわけ China において、需要を促進していく各政府のイニシアチブにより、かなり成熟したと推測できる。 こうした、マーケットにおける需要の高まりが、大手 ICT ベンダーに加えてスタートアップの注目を集めている。つまり、誰もが、成長していく IoT マーケットで、シェアを掴もうとしているのだ」と、IDC Asia Pacific の VP である Charles Reed Anderson は述べている。
 
“While high level IoT market forecast information by region or country can be useful to certain audiences, it adds little value to those functional areas with more specific requirements,” said Anderson. “Sales and marketing, for instance, require IoT forecasts aligned to industry verticals so they can effectively set targets and tailor their go-to-market messaging; while product management requires IoT forecasts aligned to use cases (e.g. digital signage) so they can understand the addressable market for their solution portfolio across multiple industries.”
 
さらに Anderson は、「地域や国といった、大きな括りによる IoT 市場予測の情報は、特定の人々にとって有益だろうが、それぞれの機能分野と、それに伴う具体的な要件に対して、価値を与えるものにはならない。たとえば、セールスとマーケティングの観点からすると、業界を垂直に整理していく IoT 予測が必要となる。 そのため、そのような目的を持つ人々は、効果的に目標と対応を定めた、go-to-market  メッセージを設定できる。しかし、製品管理に携わる人々が必要とするのは、ユースケースを整理するための IoT 予測である(たとえばデジタル・サイネージ)。したがって、それらの人々が理解していくのは、複数の業界にまたがるソリューション・ポートフォリオのための、細分化された情報となる」と述べている。
 
China not only will continue to dominate the Asia Pacific region, accounting for 59% of the APeJ market opportunity by 2020, but also be one of the leading markets globally with nearly one out of every five units connected by 2020 to be in China. However, market size is not the same as market maturity, said IDC.
 
2020年までに APeJ 市場における 59% のビジネス・チャンスを占めるとされる China は、Asia Pacific 地域を支配し続けるだけではなく、グローバルをリードするマーケットの一角を占める。つまり、China は 2020年までに、インターネット接続された全デバイスの、5つに 1つを占めることになるのだ。しかし、マーケットの規模と、その成熟度が一致するわけではないと、IDC は述べている。
 
ーーーーー
IoTIoT という言葉で一括りにしても、セールスとマーケティングの観点からの予測と、ユースケースという観点からの予測には、大きな違いがありそうですね。 そして、APAC (APeJ?) の IoT マーケットで、中国が存在感を増してくるという予測には、なるほどと頷いてしまいます。 スマホの世界を例にすると、Xiaomi のサプライチェーンが突出した存在として浮上してきますが、彼らが IoT を手にしたら、どのようなことが起こるのでしょうか? そして、中国国内で IoT を構成していくためのバックボーンは、おそらく Huawei や ZTE に委ねられるはずです。いろいろな意味で、とても気になるアジアの IoT ですね。_AC Stamp
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
ーーーーー
<関連>
IoT と Intel:台湾のモノ作り業界から、ウワサが大量に流れている
インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!
Intel の IoT OSS フレームワークに、Linux Foundation が 全面支援!
 

Transcend の SSD 出荷数が、前年比で倍増しているらしい:台湾からのレポート

Posted in Asia, Data Center Trends, Storage by agilecat.cloud on April 14, 2015
Transcend 1Q15 SSD sales approach total for 1H14
Josephine Lien, Jessie Shen – April 13, 2015
http://www.digitimes.com/news/a20150413PD202.html
 
_ Digi Times
 
Transcend Information saw its cumulative 2015 shipments of SSD (solid state drive) products through March reach nearly the total shipped in the first half of 2014, according to the Taiwan-based company.
 
Taiwan に本社を置く Transcend だが、2015年 1月〜3月期における SSD プロダクツの出荷数が、2014年 1月〜6月期に相当するという情報を提供している。
 
Transcend SSDTranscend specializes in the manufacture of memory modules, but has in recent years put increased focus on SSDs and other industrial and strategic products. The company noted that March sales of its industrial and strategic products totaled NT$1.16 billion (US$37.1 million) accounting for 51.4% of its total revenues for the month.
 
Transcend は、メモリ・モジュールの製造に特化した企業であるが、この数年は、SSD に注力しており、また、戦略的な産業用プロダクツにフォーカスしている。同社が言うには、この 3月における産業用および戦略的なプロダクツの販売は、合計で NT$1.16 billion (US$37.1 million)  に至ると指摘している。それは、同月の総売上高に対して、51.4% を占める数字となる。
 
Meanwhile, Transcend’s NAND flash devices and DRAM modules generated revenues of NT$789 million and NT$310 million, respectively, in March 2015.
 
その一方で、2015年3月 の Transcend は、NAND フラッシュ・デバイスで NT$789 million を、DRAM モジュールで NT$310 million を稼ぎだしている。
 
Transcend reported consolidated revenues of NT$2.26 billion for March 2015, up 28.5% on month but down 2.4% on year. Revenues totaled NT$6.13 billion for the first three months of 2015.
 
Transcend のレポートによると、2015年3月の総売上は NT$2.26 billion であり、前月比で 28.5% の UP であり、前年比では 2.4% の DOWN となる。そして、2015年 Q1 の総売上は NT$6.13 billion であるという。
 
For 2014, Transcend reported net profits of NT43.74 billion, or NT$8.67 a share, on consolidated revenues of NT$27.22 billion.
 
また、2014年を通年で見ると、同社の粗利は NT43.74 million であり、株価はNT$8.67、総売上は NT$27.22 billion に至っている。
 
ーーーーー
datacenter_55Transcend の全体を見ると、昨年に対して大きく成長しているというわけでは無さそうです。 ただし、冒頭に記されているように、SSD の出荷数は倍増しているのであれば、その利益構造も大きく変化しているはずです。 どうせなら、SSD だけの数字を抜き出した、売上表のほうが見たかったですね。 この Transcend ですが、Agile_Cat は気に入っており、いまの Mac mini のメモリや、各種モバイル・デバイスの MicroSD などで、同社の製品を使っています。(本文の最後の段落ですが、原文の NT43.74 billion は、NT43.74 million の間違えだと思います) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Dragonstone : これは memcached の SSD 実装なのだ!
DynamoDB および、ホット SSD + コールド S3 というパターン
SSD のビジネスは、2014年に 60% も拡大する : 台湾からのレポート
HGST の予測:今年の DC 市場では、ヘリウム充填型の HDD が大きく伸びる
 

IoT の調査:Verizon レポート:すでに 10億個以上の、B2B IoT デバイスが機能している

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on April 13, 2015
Internet Of Things (IoT): Businesses That Ignore It Risk Falling Behind
By Dick Weisinger – April 2, 2015
http://formtek.com/blog/internet-of-things-iot-businesses-that-ignore-it-risk-falling-behind/
_ formtek
Businesses that are ignoring investment in Internet of Thing (IoT) technology risk losing out in terms of future productivity, according to a new report on the Internet of Things (IoT) by Verizon.  The report estimates that adopters will be able to be 10 percent more profitable if they use IoT than if they ignore it because of gains in efficiency, quality and customer satisfaction.
 
Verizon の Internet of Things (IoT) 最新レポートによると、IoT テクノロジーへの投資を無視している企業は、将来における生産性という観点で、敗者になっていくリスクを抱えるという。IoT を採用する企業は、それを無視する企業と比較して、10% 以上の生産性を積み上げると推定されている。なぜなら、効率/品質/顧客満足度が、その分だけ向上するからである。
 
Sisley_5The report finds that “IoT isn’t just for multinational companies investing tens of millions of dollars.  A few dozen sensors and simple automated alerts can cut costs, create new revenue opportunities, and transform customer service.”
 
このレポートは、「数千万ドルの投資が可能な、多国籍企業のためだけに、IoT が存在するのではない。中小の企業においても、数十個のセンサーと、自動化された簡潔なアラートがコストを削減し、新たな収益のチャンスを生み出し、顧客サービスを改善していく」と指摘している。
 
Business sectors that are expected to see the most growth include
 
IoT により最大の成長が期待される業種は、以下などにより構成される:
 
  • Manufacturing (204 percent)
  • Finance and Insurance (128 percent)
  • Media and Entertainment (120 percent)
  • Healthcare and Pharmaceutical (40 percent)
  • 製造業(204%)
  • 金融・保険(128%)
  • メディア・エンタテーメント(120%)
  • ヘルスケア・製薬(40%)
 
Additional benefits from using Internet of Things technology include:
 
また、IoT を採用することで、以下のようなメリットも生じてくる:
 
  • Improved customer experience.  Businesses will be able to speed logistics and delivery of products.  They’ll also be able to better understand and respond to the needs of their customers.
  • Increased productivity.  Businesses that use Internet of Things will be able to improve their efficiency and productivity.
  • Reduced risk.  Businesses will be able to better address regulatory requirements, monitor equipment and improve employee safety
  • 顧客満足度の向上:IoT を導入する企業は、製品に関連する物流および供給の高速化を実現する。そして、さらに、顧客ニーズを適切を理解し、対応していけるようになる。
  • 生産性の向上:IoT を導入する企業は、その効率と生産性の向上を実現する。
  • リスクの削減:IoT を導入する企業は、法的規制への取り組みや、設備を監視、従業員の安全性などについて、より有利な観点で臨めるようになる。
 
Verizon found that there are already more than a billion devices today connected and running business-to-business IoT operations, and by 2020, they expect the number of connected devices to grow to 5.4 billion.
 
Verizon の調査によると、現時点において、すでに 10億を超えるデバイスが接続され、B2B IoT で運用されているという。そして、2020年までに、それらの接続されたデバイス数は、54億個に成長すると予測している。
 
Mark Bartolomeo, vice president IoT Connected Solutions at Verizon, said that “within the past year, amid an improving economy, we’ve seen a number of new entrants starting to use IoT as a roadmap to improve their customers’ experiences, accelerate growth and create new business models that are driving societal innovation.”
 
Verizon の VP IoT Connected Solutions である Mark Bartolomeo は、「この一年の間に、つまり、景気が回復してきた中で、ロードマップとして IoT を採用する、新たな勢力の増大を確認している。それらの企業は、顧客エクスペリエンスを向上させ、自身の成長を加速させ、社会のイノベーションを推進するための、新たなビジネス・モデルを生み出している」と述べている
 
ーーーーー
On Monday訳してみて、へぇ〜 と思ったのは、Verizon に VP IoT Connected Solutions というタイトルの重役がいることです。 そして、すでに 10億個の B2B IoT デバイスが機能している(Runnning)というのが、かなり新鮮な情報でした。 なぜ Verizon が、分かるのでしょうかね? このポストの冒頭にあるリンクから、20ページ以上もある、立派なサポートが PDFで でダウンロード出来ましたので、これから眺めてみたいと思います。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: セキュリティとスケールのために、新たな IDoT を考えるべきと Gartner が発言
Cloud の調査: プライベート・クラウドの大半は、なぜ 失敗するのだろうか?
Mobile Technology の調査: 世界経済を急成長させている、凄まじい実態が見えてきた!
新世代 JavaScript の調査:静的言語に関する議論と、テック・ジャイアントたちの綱引き
Cloud の調査:経営者たちが考える、クラウドの3つの長所と、検討すべき3つの基準
 

Asia の調査 4/5〜4/11:Open Gov や E-Gov のトピック数をチャートで!

Posted in Asia Weekly, Government by agilecat.cloud on April 12, 2015
アジアへの露出を、Gov/Open Gov/Smart City というキーワードで・・・
 
_ cna-banner
 
Cloud News Asia には Government というカテゴリがあり、Telecom および Mobile とトピック数を競っているわけですが、その内訳というと、Censorship/Court/Defence/E-Gov/NSA/Open Gov/Patent/Regulation/Smart City/Surveillance という具合に、いろいろなものが、ごった煮になっています。 そして、NSA や Patent が、ここにあるのも不自然に思えるのですが、その辺りは、言語の課題として、整理していきたいと思っています。
 
CNA Gov Topicsそして、今週ですが、これらの中から、比較的ポジティブと思える 3つのカテゴリを選んで、その合計をチャートにしてみました。具体的に言うと、これまでの約一年の間の、E-Gov/Open Gov/Smart City に関連するトピックを、各国ごとに合計したものなのですが、その大半が Open Gov に関連していました。 それと比べると、E-Gov および Smart City は少数です。 また、China 5 という数字ですが、Huawei などが Smart City のソリューションを輸出する、といった感じのトピックが大半でした。 そして、日本の 4本は、以下のとおりでした。
 
2014/9/3: How CRM Transformed The Performance Of A Japanese Hospital
2014/9/20: Why The Japanese Gov Is Buying Satellite Images To Track Farmland
2014/11/30: Panasonic opens smart town targeting zero-emission houses
2015/2/15: Malaysian urban authority joins with Toyama to reduce carbon emissions
 
以下は、今週の Top-10 です・・・
 
ーーーーー
 
① 2/18: iiNet attacks software used in Dallas Buyers Club piracy hunt
AustraliaiiNet lawyers today sought to discredit the method by which Dallas Buyers Club LLC collected internet protocol (IP) addresses of those it claimed had downloaded and shared versions of its film of the same name. The internet service provider (ISP) is one of a handful resisting rights holder attempts to obtain customer details attached to IP addresses Dallas Buyers Club claimed were involved in copyright infringement.
 
② 4/4: TCS, Accenture, Oracle in fray to acquire 90% stake in Elitecore
IndiaMUMBAI: Tata Consultancy Services, Accenture and Oracle are in race to acquire around 90% stake in IT services provider Elitecore Technologies from global private equity fund Carlyle. The fund that invested Rs 50 crore in the company eight years ago is expected to make more than nine time returns with the company now being valued at Rs 500 crore, three people with knowledge of the deal said.
 
③ 4/6: WeChat tests out banner ads and promoted app installs in article view
ChinaWeChat, China’s most popular chat app, announced today it has begun testing out banner ads and promoted app installs on its “article view” pages. WeChat tends to attract the foreign tech industry’s attention for its growing number of services, like taxi booking and mobile payments. But it’s also a popular destination for news reading. Publishers will often push out content daily through their official accounts, using WeChat’s own publishing platform or a third-party one.
 
④ 4/6: Japan’s NTT introduces a practical one for SIM cards
JapanUnless this is your first day on the internet, you’re probably aware that Japan is home to some of the most bizarre vending machines on the planet. Canned bread, “used” panties, and pretty much anything in between are just a few coins away. While there’s no lack of WTF in the world of Japanese vending machines, some of the quirky stuff is far from practical. NTT Communications, a division of Japanese telecommunications conglomerate NTT, may have introduced one of the most practical vending machines since the original cold drink dispenser: one that spits out prepaid SIM cards.
 
⑤ 4/7: Southeast Asia to See Spending of USD19 B for Semiconductor Equipment
MalaysiaPenang, Malaysia, Apr 6, 2015 – (ACN Newswire) – Programme information is now available on the inaugural SEMICON Southeast Asia, which will run from 22-24 April at SPICE in Penang. The event, organised by SEMI, a global industry association, features an expanded programme and larger audience base focusing on Southeast Asia communities in the semiconductor and microelectronics sector. SEMI estimates spending of US$19 on semiconductor equipment and materials in the Southeast Asia region for 2015 and 2016.
 
⑥ 4/5: Singapore Cyber Security Agency goes live
SingaporeSingapore’s Cyber Security Agency (CSA) has this week started work, after being announced late last year by the Prime Minister. PM Lee Hsien Loong said on November 24 that “we already have cyber security duties residing in Ministry of Home Affairs and the Infocomm Development Authority. But I do not think that they are as strong as we would like them to be. We need to reorganise them, to strengthen our system and our institutions.”
 
⑦ 4/8: Singtel to buy Trustwave for $1 billion
SingaporeSoutheast Asia’s largest telecommunications operator Singapore Telecommunications will acquire US-based cybersecurity firm Trustwave for US$810 million (A$1 billion) in an effort to expand itscloud-based services. Trustwave will continue to operate as a stand-alone business unit, Singtel said. Its headquarters will remain in Chicago. “It will leverage Singtel Group Enterprise’s assets and market presence to broaden its overall security portfolio and address the fast growing emerging security market opportunity in the Asia Pacific region,” Singtel said in a statement.
 
⑧ 4/8: Bitcoin in China still chugging along, a year after clampdown
ChinaA year after China began tightening regulations around Bitcoin, the virtual currency is still thriving in the country, albeit on the fringes, according to its largest exchange. Bitcoin prices may have declined, but Chinese buyers are still trading the currency in high volumes with the help of BTC China, an exchange that witnessed the boom days back in 2013, only to see the bust following the Chinese government’s announcement, in December of that year, that banks would be banned from trading in bitcoin.
 
⑨ 4/2: Google Freezes Chinese Websites And Certificate Authority
ChinaThousands of Chinese websites will soon be marked unsafe by Google’s Chrome browser. Adam Langley, a Google security engineer, says, “On Friday, March 20th, we became aware of unauthorized digital certificates for several Google domains. The certificates were issued by an intermediate certificate authority apparently held by a company called MCS Holdings. This intermediate certificate was issued by CNNIC.”
 
⑩ 4/10: China’s Alibaba Sued For Patent Infringement In U.S.
ChinaExpress Mobile, an information technology company in the U.S., has sued China’s Alibaba for patent infringement. According to Express Mobile, the company filed the patent infringement lawsuit against the Alibaba Group in the United States District Court for the Eastern District of Texas, Marshall Division. In the statement, Express Mobile accused Alibaba for infringing its patent related to the development of platform independent websites. The involved patent record number is 6,546,397.
 
ーーーーー
cna_6他の国々と比べて、日本が少ないなぁと思いますし、もっとアピールできるものが有るはずなのにと感じます。 もちろん、こうしたデータの取り方に、正当性を主張するものではありませんし、それぞれの国々の実態と乖離しているところが多々あると推測しています。 ただ、ひとつだけ言えるのは、どれだけアジアのメディアに、英語でアピールできているのかという切り口が、ここには有るという点です。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 3/29〜4/4:インドのモバイル動向:激安スマホと帯域オークション
今週のアジア 3/22〜3/28:日本MSP協会 の オペレーション・カンファレンス
今週のアジア 3/15〜3/21:新たな クラウド と データセンターで 湧きかえる!
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
今週のアジア 3/1〜3/7:MWC 2015 と アジアのテレコムの動き

YouTube 対 Facebook 対 Vine:どのような属性のユーザーが、ビデオをアップしているのだろう?

Posted in Facebook, Google, Research, Social, Twitter by agilecat.cloud on April 10, 2015
Here’s the one big advantage YouTube has over Facebook’s new video platform
Dave Smith − Mar. 27, 2015
http://www.businessinsider.com/why-youtube-isnt-as-vulnerable-as-it-seems-2015-3
 
_ Business Insider
 
Google should worry a little more about Facebook, especially now since the company introduced its own media player that can be shared and embedded on different websites, just like YouTube. But, YouTube has one key advantage over Facebook and other user-generated video sites like Vine: A healthy balance of creators.
 
Facebook が新しいメディア・プレーヤーを提供し、そこにアップロードされたビデオが、他の Web サイトにエンベッドできるようになった。 つまり、YouTube と同じような、ビデオの共有がサポートされたわけであり、Google も気にかけているはずだ。しかし、YouTube は、Facebook や Vine などに対して、大きなアドバンテージを有している。 つまり、ビデオの共有サイトとして、それらを作成するクリエーターのバランスが良いのだ。
 
video-creators
BI Intelligence
 
Based on recent data from Tubular charted for us by BI Intelligence, Facebook in January had a greater percentage of popular user-generated videos compared to YouTube, but YouTube has a pretty even distribution between amateurs, influencers, brands and media companies, so the company isn’t too reliant on any one particular group of uploaders. Compare that to Twitter’s Vine platform for 6-second videos, where the most influential users are in near-complete control of the platform’s popularity.
 
Tubular Labs のデータをベースにした BI Intelligence によると、この1月にユーザーが作成したビデオの本数に関しては、Facebook が YouTube を上回っている。しかし、YouTube は、Amateurs/Influencers/Brands/Media Companies で構成されるクリエーターのバランスが、きれいに分散している。つまり YouTube は、アップロードされるビデオに関して、特定のグループに依存していないことになる。たとえば、Twitter Vine 6秒ビデオに関しては、このプラットフォームの大半が、Influencers に支配されているという状況が見えてくる。
 
ーーーーー
research_55ビデオ・サイトの分析にも、いろいろな切り口があるようですね。先週に、「ビデオ・サイトの戦い:Facebook が YouTube を 圧倒するデータ」という抄訳をポストしましたが、そこでは旗色のよくなかった YouTube が、このチャートでは、素晴らしいバランスを見せています。 YoutTube がビデオをコアにしたサービスを提供する一方で、Facebook や Vine はソーシャルの中での、ビデオの取り扱いにフォーカスしているはずです。 このような違いが出る背景として、それが有ると思います。 これから先のビデオ・ストリーミングには、いま以上の期待が寄せられていくはずです。 そう考えると、とても興味深いデータですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と ビデオ広告:YouTube を追い越した実績と、4つの秘密とは?
Youtube が CBS に迫る:アメリカ広告産業の大転換を1枚のチャートで!
Facebook と Youtube が モバイル・トラフィックの 40% を占める 米国
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!

2014年 EC サイト・ランキング:顧客数では Alibaba が Amazon を凌駕する

Posted in Alibaba, Amazon, Asia, Research by agilecat.cloud on April 9, 2015
These are the most popular marketplaces to buy stuff online
Dave Smith – Apr. 2, 2015
http://www.businessinsider.com/the-most-popular-marketplaces-to-buy-stuff-online-2015-4
 
_ Business Insider
 
Based on the latest data from company filings charted for us by BI Intelligence, China’s Alibaba was the most popular online marketplace in 2014, with more than 330 million customers purchasing a product on either the company’s Tmall or Taobao marketplaces (Tmall is an invite-only marketplace for brands, while Taobao is a consumer-to-consumer marketplace).
 
BI Intelligence からの最新データをチャートをみると、China の Alibaba が、2014年に最も人気を博したオンライン・マーケットであることが分かる。同社の傘下である Tmall および Taobao のマーケットプレイスで、3.3 億人以上の人々が買物をしているのだ (Tmall はブランドのための登録制マーケットであり、Taobao は C2C マーケットである)。
 
ecomm-marketplace-active-buyers
BI Intelligence
 
After Alibaba, Amazon had the next largest e-commerce marketplace last year — and the largest in the US — with more than 270 million customers. Meanwhile, don’t look now, but BI Intelligence believes Groupon is an “appealing operator” that could re-emerge as a major player in e-commerce. The daily deals site had nearly 44 million customers buying a product or service last year, and it just launched a third-party marketplace this week.
 
Alibaba に続いて、昨年の EC マーケットプレイスでは、Amazon が二番手となった。 同社は、US では最大の規模を誇り、全体で 2.7 億人の顧客を有している。その一方で、Groupon が EC の主要プレーヤーとして再浮上し、魅力的なオペレータとなる可能性がある。 いまは、そのように見えないが、BI Intelligence は Groupon を、そう評価している。この、クーポン・サービス系の情報サイトは、プロダクトやサービスの販売において、昨年は 4400万人ほどの顧客を獲得している。 そして、今週(4/2の週)のことだが、サードパーティのためのマーケットプレイスも立ち上げている
 
ーーーーー
Asia Pacificそれにしても、この Alibaba の伸びはスゴイですね。 インターネット・インフラだ整えば、素早く立ち上がるコマース・サイトという定説が有りますが、アメリカでは Amazon が、中国では Alibaba が、それを証明しているように思えます。 そして、まだ、ここには出てきていませんが、インドの Flipkart Snapdeal が、どのような成長を見せるのかと思うと、とてもワクワクしてきます。 なお、Groupon を説明する Daily Deals Site の意味は、クーポン・サービス・サイトと訳すようです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
今週のアジア 3/8〜3/14:Alibaba の拡大指向が顕著になってきた
Alibaba と Amazon : 両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!
AWS の 2015 売上は $6.6 billion にいたるが、赤字になると、Citi が推定!
2014年の クラウドは $16 B の 規模:AWS が 支配する市場を チャートで!
 
 
%d bloggers like this: