Agile Cat — in the cloud

Google データセンターの世界:とても豪華な写真集

Posted in Data Center Trends, Google by Agile Cat on October 31, 2014

Take A Rare Peek Inside The Massive Data Centers That Power Google
http://wp.me/pwo1E-7Zt
Christian Storm – Oct. 22, 2014
http://www.businessinsider.com/google-data-centers-2014-10

_ Business Insider

Data centers are typically shrouded in secrecy because they are the brains behind tech companies.

データセンターというものは、テック・カンパニーたちの頭脳であるため、秘密に包まれているのが普通である。

But not Google. The search giant has shared with the world photos that lift the veil off its massive and beautiful data centers around the world, in places both domestic, including Iowa, Oregon, Georgia, South Carolina, and Oklahoma, and abroad, in Finland and Belgium.

しかし、Google は違うようだ。 このサーチ・ジャイアントは、世界に点在する美しい大規模データセンターのベールを開き、その写真をシェアしてくれたのだ。アメリカ国内からは Iowa/Oregon/Georgia/South Carolina/Oklahoma が、また、国外からは Finland/Belgium が、この写真集に参加している。

Google says when you’re on its website, you’re accessing one of the most powerful server networks in the known universe. Looking at these images, it’s hard to disagree.

Google が言うには、あなたが同社の Web サイトにいるとき、この世界で最もパワフルなサーバー·ネットワークの何処かにアクセスしていることになる。 これらのイメージを見ると、それを否定するのも難しくなる。

Google has been working on building its data centers for over 12 years. The search giant’s centers are efficient, take advantage of renewable energy, and are as environmentally friendly as possible.

Googleは 12年以上に渡り、自身でデータセンターの構築に取り組んできた。 このサーチ・ジャイアントのデータセンターは、きわめて効率的であり、また、再生可能エネルギーを活用し、可能な限り環境に優しいデザインとなっている。

↓ クリックで Facebook アルバムへ ↓

_  space

The following tour is a glimpse inside a few of Google’s data centers, which it calls the "physical internet."

このツアーでは、一部の Google データセンターの、その内部を垣間見ることができる。 それは、物理層のインターネットと呼ばれるものである。

Kevin Smith wrote an earlier version of this post.

ーーーーー

データセンターの話になると、その規模や、ユニークなデザイン、そして情報の透明性という意味で、この Google と Facebook が抜きん出た存在となります。 そして、写真を用いた紹介となると、Facebook の方が開放的と思っていましたが、今回の写真集でそのイメージも大きく変わりました。 外気導入と自然空冷を用いる Facebook とは異なり、水冷を多用する Google のデータセンターは、その内部に張りめぐらされたパイプが特徴ですが、カラフルなペイントで色分けすることで、とてもポップな雰囲気を生み出していますね

ーーーーー

Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期の DC 資産へ
Google は言う:クラウドの料金も ムーアの法則に従うべきだ!
Google が オランダの海岸線に作る、120MW の Eemshaven DC とは?
Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう

 

Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!

Posted in Education, Google, Post-PC by Agile Cat on October 30, 2014

ABI Research: Chromebook shipments up 67% in the past three months
http://wp.me/pwo1E-7Zj
Kevin C. Tofel – Oct 21, 2014
https://gigaom.com/2014/10/21/abi-research-chromebook-shipments-up-67-in-the-past-three-months/

_ Giga Om

Summary: Google Chromebooks continue to ship in record numbers as they account for a greater percentage of commercial channel sales. ABI suggests 2014 Chromebook shipments will double from last year, making Microsoft’s low-cost Windows strategy very important for the company.

Summary: Google Chromebooks だが、法人販売における売上比率を高めるのと平行して、その出荷数も記録を更新し続けている。ABI は、2014年の Chromebook について、前年比で 2倍の出荷数になるため、Microsoft における廉価版 Windows 戦略が、きわめて重要になると示唆している。

The back to school timeframe was good to Google’s Chrome OS devices. On Tuesday, ABI Research said it estimates that Chromebook shipments rose 67 percent in the third quarter of this year over the prior three months. That should help Chrome OS momentum for the full year as well, with the research firm suggesting a doubling of Chromebook shipments in 2014 as compared to last year.

今年の夏休み明けは、Google Chrome OS デバイスにとって嬉しい季節になったようだ。この火曜日に ABI Researchは、今年の Chromebook の出荷数を、Q2 と Q3 で比較すると、推定値で 67% の増加にいたると述べている。この伸びにより、通年における Chrome OS の勢いも促進されているはずであり、この調査会社の言葉を借りると、2013年と 2014年で倍増するという推測にいたる。

Shipments certainly don’t equal sales, of course. I literally just walked out of a Best Buy — yay Amazon Voyage purchase! — and saw Chromebooks sitting on shelves. So it’s difficult to gauge exactly how many Chromebooks have been sold in the past quarter.

もちろん、出荷数が売上高に等しいというわけではない。ついさっき、私は Best Buy にいて(Amazon Voyage を買ったよ!)、陳列台の Chromebooks を見てきた。そして、この Q3 に販売された、Chromebooks の台数を正確に知ることが難しいと思った。

Get all the news you need about Mobile with the Gigaom newsletter

Still, it’s promising news for Google, which continues to push Chromebooks in both the education and enterprise sectors. In fact, most Chromebook sales are actually through commercial channels and not consumer retail stores. NPD, for example, noted in July that Chromebook sales comprised 35 percent of the entire commercial sales channel.

それでも、教育と企業という2つの領域で、Chromebooks がプッシュされ続けているのは、Google にとって明るいニュースだ。実際のところ、Chromebook における大半の売上は、そのための販売経路を介したものであり、コンシューマのための店舗ではないのだ。NPD が指摘するように、こうした法人販売における 7月の売上の、35% を Chromebook が占めているという事例もある。

Although all signs have pointed to Chromebook sales on the rise for the past few years, Microsoft may be blunting that growth. Of late, the company has aggressively pointed out that much of the simplicity and speed of deployment features offered by Chromebooks are also available with Windows devices. And since eliminating the license fee for Windows 8.1 with Bing, Microsoft’s hardware partners are now starting to debut Windows laptops that are priced equal to or lower than Chromebooks.

この数年におけるすべての兆候は、Chromebook の売上が増加し、Microsoft の成長が鈍化したという、可能性を指摘している。そこから時間が経つにつれて、Chromebooks のデプロイメントにおけるスピーディでシンプルな機能は、Windows でも実現されていると、同社は積極的に主張するようになった。そして、Bing を伴う Windows 8.1 のライセンス料が無償化されたことで、ようやく Microsoft のハードウェア・パートナーたちは、Chromebooks の価格を下回るものもある、廉価版の Windows Note PC を、マーケットに投入できるようになったのだ。

Related research

Containers and clustering technology led third quarter cloud news Oct 2014
Best practices and technologies for cloud API management and governance Sep 2014
5 strategies for greening your data center Aug 2014

ーーーーー

企業向けに、そして、学校向けに、Chromebook が売れ始めたというのは、その価格を考えれば当然のことなのかもしれません。 また、単にデバイスの価格だけではなく、管理者から見て面倒が少ないはずの Chromebook だと、全体的なコストも引き下げられるのでしょう。 もちろん、Windows PC と比べて機能は制約されますが、それがニーズと一致するなら、大幅な効率化が達成されるはずです。

実は、Agile_Cat も HP の Chromebook 11 を試しに買って見ましたが、自分の用途に照らし合わせると、これで充分と思えるところが沢山あります。 いまは月末で忙しいので、ほとんど触る時間がありませんが、月が明けたら、いろいろと触ってみたいと、楽しみにしているところです。 とにかく、3万円台という価格帯には、MBA 11 を買う金額で 3台が調達できてしまうという、お手頃感があります。 その分だけ、トラックパッドなどは安っぽいでのですが、2〜3分も触っていれば、そこへ向けてユーザーの感覚が調整されていきます。

その他で気づいた点は、① Evernote のオフライン・アプリが提供されているが、まだ完成度が低い。いまなら Web の方が使いやすそう。 ② Chrome ブラウザはサクサクしていて快適。 ③ USB および Bluetooth のテザがサポートされないので、スマホの Wi-Fi ルーター化が必要。 ・・・といったところです :) 

ーーーーー

<関連>

教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Acer Chromebook 13 と Nvidia Tegra K1 のデュオが繰り出す、安さ/軽さ/速さ!
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!

モバイル広告をチャートで分析:トラッキング方式/自動入札/ビデオが、広告の在り方を激変させる

Posted in Advertising, Mobile, Research by Agile Cat on October 29, 2014

Mobile, Video, And Real-Time Bidding Are Driving A Boom In Digital Advertising
http://wp.me/pwo1E-7Zb

Mark Hoelzel – Jul. 8, 2014
http://www.businessinsider.com/mobile-video-and-real-time-bidding-are-driving-a-boom-in-digital-advertising-2014-7

_ Business Insider

The digital advertising market is evolving extraordinarily quickly. Traditional online banner ads designed for PCs — and the legacy ad networks that support them — are being displaced by a new generation of formats and technologies. All the significant growth is in these new areas: programmatic (automated ad trading platforms), video, and mobile advertising.

デジタル・アド市場は、きわめて急速に進化している。PC 用にデザインされた従来からのオンライン・バナー広告や、それらをサポートする従来からの広告ネットワークは、新たな世代のフォーマットやテクノロジーに、その座を奪われている。ここで意味を持つのは、Programmatic (Automated Ad Trading Platforms)/Video/Mobile という3つの広告の形態である。

At BI Intelligence, Business Insider’s paid research service, we’ve been tracking the trends that will drive a reallocation of marketing budgets away from traditional media, and into digital. For more in-depth analysis and downloads of our charts and data on the digital media industry, including our annual Future Of Digital deck, subscribe today.

Business Insider の有料リサーチ・サービスである BI Intelligence では、伝統的なメディアからデジタル・メディアへと、マーケティング予算の再配置を推進していく、このトレンドを以前から追跡している。 このデジタル・メディア業界に関する、より詳細な分析については、当社のチャートおよびデータをダウンロードして欲しい。サブスクライブしてもらえれば、年間を通じた Future Of Digital などが入手できる

Consider:

1. Mobile will drive digital growth going forward. Mobile will be largely responsible for pushing digital past TV in terms of its share of U.S. ad spending by 2017.

これからのデジタルの成長を、モバイルが牽引する。 2017年までのアメリカにおける、広告支出のシェアという観点で、モバイルはテレビを過去へと押しやる、大きな原因になる。

_  space

BII

2. Mobile is the fastest-growing ad medium, and will see 43% annual growth between 2013 and 2018. Display ads, search ads, and video ads appearing on mobile screens are grabbing an ever larger share of U.S.-based advertising budgets. In the chart below, mobile includes all ad formats — including video, search, and display — on mobile, as well as SMS ads.

Mobile は最速で成長している広告媒体であり、2013年から2018年にかけて、43% の年間成長率を達成するだろう。モバイル・スクリーン上に表示されるディスプレイ/サーチ/ビデオの各広告は、アメリカ・ベースの広告予算の中で、シェアを拡大していく。以下のチャートにおける Mobile は、ビデオ/ディスプレイ/サーチ/SMS といった、すべての広告フォーマットを取り込んでいる。
_  space

BII

3. Companies that specialize in programmatic ad buying technology are driving impressive growth, and there is some industry consolidation (Example: AOL’s ownership of Ad.com and Adap.tv). Real-time bidding, or auction-style buying of impressions in the milliseconds before pages load, is the dominant form of programmatic.

プログラマティック・アド入札テクノロジーに特化した企業は、めざましい成長を遂げ、業界再編の一翼も担うだろう(例:AOL による Ad.comAdap.tv の所有)。対象となるページがロードされるときに、数ミリ秒の中で実行されるリアル・タイム入札および、オークション・スタイルの広告売買は、プログラムを用いた方式により支配される。

_  space

BII

4. Video advertising is also growing quickly.

ビデオ広告も、きわめて急速に成長していく。

_  space

BII

For full access to our coverage of digital media — including social and video — sign up for a free trial subscription today.

SEE ALSO:  How Facebook’s Acquisition Of LiveRail Fits Into The Video Ad Ecosystem

ーーーーー

言うまでもなく、人々の関心は紙の媒体から離れて、いつでもポケットから取り出せるモバイルに移行しているわけですが、それにつれて広告の在り方も大きく変化していきます。小さな画面に、それぞれのユーザーの関心事に合わせて、高いレートでヒットする広告を、如何にして効率よく配信するのかという大きなテーマへ向けて、すさまじいスピードでシステムが改善されていくのでしょう。 そのための要因であるユーザー・トラッキングも、ブラウザよりアプリが強いモバイルでは、これまでのようにクッキーに依存することができません。 そのため、Facebook も Google も Apple も、それそれの SSO (Single Sign-On) に邁進している状況ですが、13億人ともいう言われる MAU(Monthly Active Users)を有し、閉じた世界で広告を展開する Facebook が、このレースをリードしているようにも思えます。 この記事では、トラッキングについては触れていませんが、それについても追いかけて行きたいと思っています。

ーーーーー

<関連>

モバイル・アドに苦悩する Google と、答えを見つけ出した Facebook
Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさをチャートで
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?
リアルタイム入札が モバイル広告を加速させる:それを示す1枚のチャート

Big Data と エボラ:医師たちは支援を必要としている

Posted in .Chronicle, .Selected, Big Data, Strategy by Agile Cat on October 28, 2014

Ebola And Big Data: A Call For Help
http://wp.me/pwo1E-7YT
The Economist – Oct. 24, 2014
http://www.businessinsider.com/ebola-and-big-data-a-call-for-help-2014-10

_ Business Insider

Mobile-phone records are an invaluable tool to combat Ebola. They should be made available to researchers.

モバイル・フォンの通話記録は、エボラに対抗するための貴重なツールになり得る。 研究者たちが、それらを利用できるようにする必要がある。

ーーーーー

With at least 4,500 people dead, public-health authorities in west Africa and worldwide are struggling to contain Ebola. Borders have been closed, air passengers screened, schools suspended. But a promising tool for epidemiologists lies unused: mobile-phone data.

少なくとも 4500人が命を失い、西アフリカと世界における公衆衛生の権威は、エボラの封じ込めに苦慮している。国境は閉じられ、航空機の乗客は検査を受け、学校も休校している。しかし、疫学者のための有望なツールが、活用されないままになっている。 それは、モバイル・フォンのデータである。

Reuters/Andrea Comas

Juan Manuel Parra, a doctor who treated Spanish nurse Teresa Romero Ramos who contracted Ebola, talks on a mobile phone by the window of the isolation ward

When people make mobile-phone calls, the network generates a call data record (CDR) containing such information as the phone numbers of the caller and receiver, the time of the call and the tower that handled it–which gives a rough indication of the device’s location. This information provides researchers with an insight into mobility patterns. Indeed phone companies use these data to decide where to build base stations and thus improve their networks, and city planners use them to identify places to extend public transport.

人々がモバイル・フォンで電話をかけるとき、対象となるネットワークは、CDR(Call Data Record)を保存している。そして、この記録には、発信者と受信者の電話番号および、通話に費やした時間、それを処理した基地局などの情報が含まれているため、対象デバイスが使用された大まかな位置が分かる。つまり、この情報が研究者に提供されるなら、感染の可能性のある人々の、移動パターンを洞察することが可能になる。実際のところ、テレコムたちは、それらのデータを活用して、基地局の構築や、ネットワークの改善を行い、また、都市計画に携わる人々は、公共交通機関を拡張していく場所を特定している。

But perhaps the most exciting use of CDRs is in the field of epidemiology. Until recently the standard way to model the spread of a disease relied on extrapolating trends from census data and surveys. CDRs, by contrast, are empirical, immediate and updated in real time. You do not have to guess where people will flee to or move.

しかし、CDR の最も際立った用途は、流行疫学の分野にあるだろう。これまでの標準的な手法というと、国勢調査などのデータから推定される傾向に依存し、病気の広がりをモデル化するというものだった。それとは対照的に、CDR は即時的な実証データであり、また、リアルタイムに更新されていく。つまり、避難すべき場所や、移動すべき場所を、推測する必要がなくなる。

Researchers have used them to map malaria outbreaks in Kenya and Namibia and to monitor the public response to government health warnings during Mexico’s swine-flu epidemic in 2009. Models of population movements during a cholera outbreak in Haiti following the earthquake in 2010 used CDRs and provided the best estimates of where aid was most needed.

研究者たちは、Kenya と Namibia における、マラリアの流行範囲をマップするために、それらのデータを使用している。また、2009年の Mexico で、豚インフルエンザが流行したときにも、政府の公衆衛生に関する応答をモニタリングしていた。さらには、2010年の Haiti 地震の後に、コレラが流行した時には、人口移動のモデルを CDR を用いて構築し、最も支援が必要とされる場所について、最善の推測を提供していた。

Reuters/Susan Vera

Unidentified patients talk on the phone as they cover their heads and faces while leaning out of their windowsat an isolation ward on the fifth floor at Madrid’s Carlos III Hospital

Doing the same with Ebola would be hard: in west Africa most people do not own a phone. But CDRs are nevertheless better than simulations based on stale, unreliable statistics. If researchers could track population flows from an area where an outbreak had occurred, they could see where it would be likeliest to break out next–and therefore where they should deploy their limited resources.

エボラに対して、同じことを行うにしても困難が伴うだろう。 なぜなら、西アフリカの大半の人々が、モバイル・フォンを所有していないからだ。しかし、それにもかかわらず、古くさく信頼性の低い統計に基づいたシミュレーションよりも、CDR は優れている。エボラが発生していた地域から、移動していった人々を、研究者たちが追跡できるなら、次に発生しやすい地域を、彼らは見出すだろう。それが実現すれば、限られたリソースを、必要とされる場所へ配備できるはずだ。

Yet despite months of talks, and the efforts of the mobile-phone operators’ trade association and several smaller UN agencies, telecom operators have not let researchers use the data (see "Ebola and big data: Waiting on hold").

数ヶ月におよぶ議論にもかかわらず、また、モバイル通信事業者の業界団体と、国連の出先機関の努力にもかかわらず、テレコム事業者たちは、研究者にデータを使わせていない(参照:"Ebola and big data: Waiting on hold")。

One excuse is privacy, which is certainly a legitimate worry, particularly in countries fresh from civil war, or where tribal tensions exist. But the phone data can be anonymised and aggregated in a way that alleviates these concerns. A bigger problem is institutional inertia. Big data is a new field. The people who grasp the benefits of examining mobile-phone usage tend to be young, and lack the clout to free them for research use.

その根拠として、プライバシーの問題がある。たしかに、内戦が頻発する国や、部族に緊張が生じるか国では、正当な懸念である。しかし、モバイル・データを匿名化することで、こうした懸念を軽減する方法で、データを集めることができる。それよりも大きな問題は、慣性化してしまった制度である。Big Data は、新しい分野だ。しかし、モバイル・データを利用するメリットを理解できる人々は、若い世代に集約される傾向にあり、それらを研究用途のために解放させるだけの、影響力を欠いている。

It’s an old problem

This needs to change. Governments should require mobile operators to give approved researchers access to their CDRs. The data will obviously not by themselves prevent this outbreak from turning into a disaster. That will take an extraordinary combination of new drugs, careful prevention and patient care, among other things. But the health workers dealing with Ebola on the ground need all the help they can get.

まず、変化が必要だ。承認された研究者たちが、CDR にアクセスできるよう、政府はモバイル通信事業者に要求すべきだ。この種のデータが、彼らに対して明らかにされないなら、迫り来る大流行を防げない。様々なことが必要になるが、その中において、新薬の投入と、慎重な予防、患者のケアを、きわめて適切に組み合わせなければならない。現実のフィールドで、エボラに取り組む医療従事者は、彼らが手にすることが可能な、すべての助けを必要としている。

Click here to subscribe to The Economist.

ーーーーー

昨日は、ついに日本でも、エボラの可能性のある人が出てしまいました。 なんでもなければ良いのですが、数多くの人々が国境をまたいで行き交う現代において、こうした疫病が世界中に広まるのは、時間の問題なのかもしれません。 文中にもあるように、命をかけてエボラと戦う医師たちには、ありとあらゆる支援が必要です。 その中でも、Big Data によるトラッキングは、 すべての国々で、早急に検討/準備されるべきことなのだと思えます。

ーーーーー

<関連>

Big data becomes tool in Ebola battle
Rules for returning Ebola health workers need coordination: US official
Two US states to quarantine health workers returning from Ebola zones
Ebola – stop the virus at its source
UK to boost funding for fight against Ebola
Doctor with Ebola in New York hospital after return from Guinea
First Ebola case hits New York: report

px

Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?

Posted in Google, On Monday, Security by Agile Cat on October 27, 2014

Security: Google and Dropbox Announce ‘Simply Secure’ Initiative
http://wp.me/pwo1E-7YG
By Dick Weisinger – Oct 23, 2014
http://formtek.com/blog/security-google-and-dropbox-announce-simply-secure-initiative/

_ formtek

In collaboration with Open Technology, Google and Dropbox have announced an open-source initiative called ‘Simply Secure’.  The goal of the project is to make security technology easier to use and more transparent.

Open Technology との連携において、Google と Dropbox は Simply Secure という名の、オープンソース・イニシアティブを発表した。このプロジェクトの目標は、セキュリティ・テクノロジーの容易な利用と、さらなる透明性の推進にある。

As the first step towards realizing that goal, the group will start with some existing open-source projects like Open Whisper Systems, The Guardian Project, Off-the-Record Messaging and try to repackage them into something that is easier for developers, designer and researchers to be able to use.

それを実現するための第一歩として、このグループは、Open Whisper SystemsThe Guardian ProjectOff-the-Record Messaging といった既存のオープンソース・プロジェクトと共に活動を開始し、また、リサーチャー/デベロッパー/デザイナーたちが容易に利用できるようにするため、それらを再パッケージしていく。

The Simply Secure initiative is designed with four principles in mind:

  1. Privacy and security are at the heart of a future internet that is vibrant
  2. Privacy and security needs to be both trustworthy and intuitive
  3. Technology needs to respect users’ desire for security and privacy
  4. Excellent security needs to become commonplace

この Simply Secure イニシアティブは、以下の 4つの項目を念頭において構成されている:

  1. プライバシーとセキュリティは、輝けるインターネットの将来において、心臓部分に位置する
  2. プライバシーとセキュリティは、信頼性と直感性の双方を必要とする
  3. ユーザーが抱えるプライバシーとセキュリティへの要望を、テクノロジーは尊重すべきである
  4. 素晴らしいセキュリティが、普通のものになっていく必要がある

George Danezis, Reader in Security and Privacy Engineering at the University College London, said that “privacy-technologies have come a long way in the lab, but they need to be made accessible and usable by end-users. Simply Secure will bring together developers, designers and users to ensure simple daily tasks can be made private, without increasing their complexity.”

University College London の Reader in Security and Privacy Engineering である George Danezis は、「プライバシーに関するテクノロジーは、私たちのラボにおいて長い道のりを歩んできたが、エンドユーザーによるアクセスと利用を容易にする必要がある。Simply Secure により、デベロッパー/デザイナー/ユーザー間での協調が生まれ、シンプルな日々のタスクにおけるプライバシーが保証されるが、複雑さを増すことはない」と、述べている。

But, Derek Brink, Vice President and Research Fellow at Aberdeen Group, warned that “I’d use caution against the irrational exuberance that tends to build around these initiatives.  Any material impact will probably be the result of a sustained effort over a long period of time…  But, I’m encouraged when smart people put their time and effort where their ideas are and try to effect a positive change.”

Aberdeen Group の VP and Research Fellow である Derek Brink は、「こうした取り組みの周囲には、常軌を逸した熱狂が渦巻くことを、忠告させてもらえると有り難い。おそらく、長期間にわたって持続される努力の結果が、あらゆるものに大きな影響をもたらすだろう。したがって、聡明な人々の時間と労力が、肯定的な変化を導くアイデアに対して、注ぎ込まれるという試みは奨励したい」と、警告を含めて述べている

ーーーーー

この10月の半ばに、「Dropbox の パスワード 700万件 が流出: いまこそ、二段階認証を考えるべきとき!」という抄訳をポストしましたが、Dropbox 自体のセキュリティには問題が無かったことが分かり、数多くのユーザーが胸をなでおろしたと思います。そして、この騒動で浮き彫りになったのが、アプリ関連系とセキュリティの関係です。 こうなってくると、サービス・プロバイダーだけが頑張っても限界があります。 そして、サービスを利用するユーザー側も、もう一歩踏み込んだところで、セキュリティを考えなければなりません。そういう意味で、この Simply Secure には期待したいですし、他のプロバイダーにも広がれば良いなぁと思っています。

ーーーーー

<関連>

Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく
Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
Technology の調査:IBM による 7 NANO チップとポスト・シリコンへの挑戦

Lollipop さんに負けてしまった、Android L な人たちのオーディション風景

Posted in Google, Mobile, Weekend by Agile Cat on October 25, 2014

Google Just Released A Cute Video Teasing The Name Of Android ‘L’
http://wp.me/pwo1E-7YA
Jillian D’Onfro – Oct. 14, 2014
http://www.businessinsider.com/google-teases-the-name-of-android-l-2014-10

_ Business Insider

Google is expected to release the latest version of its mobile operating system sometime this month, and the company just published a fun video teasing the new name.

今月の どこかのタイミングで、Google の最新モバイル OS がリリースされるだろう。 そして、同社は、まだ決まっていないニックネームに関して、ユーザーを焦らすかのように、こんな楽しいビデオを公開している。

Google traditionally names its products after sweet treats — KitKat, Jelly Bean, Ice Cream Sandwich, Honeycomb, Gingerbread, etc. — and when it referred to the next big update as Android "L" at this year’s I/O conference, people started guessing.

Google は伝統的に、KitKat/Jelly Bean/Ice Cream Sandwich/Honeycomb/Gingerbread と言った風に、スイーツの名前を、このプロダクトにつけてきた。 つまり、今年の I/O Conference で、Android “L” としての大規模なアップデートが言及されたとき、人々の推測が始まったのだ。

Now, Google has added to the hype itself.

そして、いま、Google は自ら、風説を流し始めたのだ。

Youtube ⇒ 

The latest rumor we heard about the name was actually that the L stood for "licorice." IBTimes spotted a Google+ post from Giovanni Calabrese, owner of the sculpting firm that makes the Android-themed lawn states at Google’s headquarters.

私たちの耳に入っている、最も新しいウワサは、Licorice(甘草で味付けしたキャンディ)の L になるというものだ。 それは、IBTimes が気づいた、Giovanni Calabrese という人物の、Google+ へのポストが根拠になっている。彼は、Google 本社で、Android をテーマにした生垣を作っている、造園会社のオーナーなのだ。

The post, since deleted, read "What’s with all the boxes of licorice? #thingstheTSAsays #googlebound #googlelawnsculptures." Interesting…

しかし、"What’s with all the boxes of licorice? #thingstheTSAsays #googlebound #googlelawnsculptures” という、彼の興味深いポストは、すでに削除されている・・・

↓ クリックで Facebook ページヘ ↓

ーーーーー

すでに、Google が発表したように、Android L の L は、Lollipop の L ということになりました。 しかし、このビデオを作成した時点で、まだ、なにも決まっていなかったのかと言うと、ちょっと変なところがあります。 ここに Lollipop さんが居ないということは、とても不自然な流れであり、いわゆるヤラセのオーディションではないかと、Agile_Cat などは疑惑の目を向けてしまうのです。 もし、そうだとしたら、一生懸命に踊っていた Lemon Meringue Pie さんが可愛そうですし、Lemon Drop くんは Google に騙されたという心の傷を負ってしまうでしょう。 さらに言えば、出入りの造園業者の社長に圧力をかけて、Google+ にウソを書かせているわけです。この件、Google に対しては、しっかりとした内部監査を、断固として要求したいと思うのです。 

ーーーーー

<関連>

Android L の L は、Lemon Meringue Pie の LMP の L なのだ!
伝説の Google Free Food:美味しそうな 22品を 写真付きメニューで ど〜ぞ!
スマホ 歩き 専用 レーン って、中国はマヂですか?
192 Cores–K1 を搭載し、4G LTE をサポートする、Nvidia SHIELD タブレットが登場!
IT 億万長者たちの愛車: 価格は Mark Z の $1.3M から Jeff B の $4000 まで

Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく

Posted in Advertising, Facebook, Google by Agile Cat on October 24, 2014

Here Comes Atlas, Facebook’s Plan To Tackle Google With Its Own Ad Network
http://wp.me/pwo1E-7Yu
Dave Smith – Sep. 29, 2014
http://www.businessinsider.com/introducing-atlas-facebooks-plan-to-tackle-google-doubleclick-2014-9?&platform=bi-androidapp

_ Business Insider

Facebook will reportedly roll out Atlas, the ad platform it purchased from Microsoft last year, to help companies and marketers track their ads’ effectiveness around the web, according to Re/code’s Peter Kafka.

Re/code の Peter Kafka によると、Facebook は、昨年に Microsoft から買収した広告プラットフォームである、Atlas を展開していくようだ。 それにより、Web などにおける自社広告の有効性を追跡したいと考える、企業やマーケッターを支援していくことになる。

 apricotmuffins

In Atlas, ads are not bought through Facebook. Advertisers can purchase ad campaigns through Atlas, and they can choose whether or not to include it on Facebook, but "using Atlas is not predicated on having a Facebook campaign," according to a Facebook spokesperson.

Atlas においては、Facebook を介した広告の売買が行われることはない。広告主たちは Atlas からアド・キャンペーンを購入するが、そこに Facebook を含めるかどうかを選択できるようになる。Facebook のスポークスマンは、「 Atlas の利用において、Facebook キャンペーンが前提いなるようなことはないと」と述べている。

Companies can purchase ads on websites and apps outside of Facebook. The company insists the ads won’t be "Facebook ads,” but by using Facebook’s targeting data, they’ll be “more effective than other big ad platforms,” according to the social network.

広告主となる企業は、Facebook の外側にある Web サイトやアプリ上の広告枠を購入できる。このソーシャル・ネットワークによると、Facebook アドを望まない企業もあるだろうが、Facebook のターゲティング・データを活用することで、 「 他の大手アド・プラットフォーム」よりも効果を高められるようだ。

Facebook’s Atlas will reportedly involve several partners, but the social network has only announced two so far: Omnicom, the ad holding giant that already has deals with most of the biggest names on the internet including Google, Twitter, Facebook, and others; and Instagram, the photographic social network purchased by Facebook in early 2012.

伝えられるところによると、いくつかのパートナーが Facebook の Atlas にはいるが、このソーシャル・ネットワークは、これまでに二社を発表しただけである。まずは、アド・ホールディングの巨人である Omnicom だ。 すでに 同社は、Google/Twitter/Facebook などを含む、インターネットの最大手たちと取引をしている。そして、2012年の初めに Facebook が買収した、フォト・ソーシャル・ネットワークの Instagram だ。

As far as privacy’s concerned, Facebook insists its ads will be able to know “some basic facts about you,” but your actual identity will remain totally anonymous to publishers and advertisers.

プライバシーへの懸念について Facebook は、個人に関するるいくつかの基本的な事実を、その広告は知ることになるが、実際のアイデンティティは、パブリッシャーや広告主に対して、完全な匿名性を維持すると主張している。

Atlas will likely serve as a foil to Google’s DoubleClick display ad business, even though search ads still comprise the vast majority of revenue for Google.

Atlas の狙いは、Google の DoubleClick におけるディスプレイ広告を阻む点に集約されるが、Google の収益における大半は、検索広告により構成されている。

The first details about Atlas leaked in August, when The Information described how Facebook was “pouring resources into Atlas in advance of a big new push with the product, expected to coincide with the Advertising Week trade show in late September.”

Atlas に関する詳細は、この 8月に The Information がリークしている。それにより、「9月下旬の Advertising Week トレード・ショーに合わせて、Facebook は Atlas に大量のリソースを注ぎ込んでいる」という状況が説明されている。

SEE ALSO: This Is What Facebook Thinks The Future Of Cookies Look Like

ーーーーー

昨年の 2月の、「Facebook と Atlas 広告サーバー : Microsoft から買収し、Google を追撃!」という抄訳では、「何年間にも渡って、Microsoft により放置されてきた Atlas を、総点検して統合していくには、何ヶ月も要するであろう。 そして、全体的には、もう 1年が必要かもしれない」という推測が紹介されていました。また、この 6月のにポストした、「Instagram が達成した史上最大のマイグレーション:200億枚のイメージを AWS から Facebook Bare-Metal へ!」という抄訳では、「Facebook のインフラストラクチャで運用することで、Instagram はコストの削減を可能にするだけではなく、Facebook の広告/分析ツールも利用できるようになる」という分析が行われていました。ーーー 気の遠くなるような、広大なユーザーベースと巨大なインフラを有する両雄が、ついにファイナル・ラウンドのリングに上がってくるという感じで、ワクワク・ドキドキです!

ーーーーー

<関連>

Facebook + WhatsApp + Instagram のユーザー数は 22億人だ!
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート
今年のオンライン広告予測:MS と Yahoo を追い抜いて、FB が2位に大躍進?
Amazon も広告事業に参入し、Google の後を追うのか?
Facebook 広告が、ソーシャルの壁をのりこえ、外の世界へ溢れでる?

Microsoft と IBM が、きわめて広範囲におよぶ、クラウドの提携を発表!

Posted in .Chronicle, .Selected, Businesses, IBM, Microsoft by Agile Cat on October 23, 2014

Microsoft and IBM partner to bring each other’s enterprise software to their respective cloud platforms
http://wp.me/pwo1E-7Yp
October 22, 2014 – Emil Protalinski
http://venturebeat.com/2014/10/22/microsoft-and-ibm-partner-to-bring-enterprise-software-to-their-respective-cloud-platforms/

_ VB

Microsoft and IBM today announced a partnership that will see the two companies bring their respective enterprise software to Microsoft Azure and IBM Cloud. The duo believe the relationship will help their respective clients, partners, and developers by offering more choice in the cloud.

今日(10/22)の Microsoft と IBM によるアナウンスメントは、それぞれのエンタープライズ・ソフトウェアを、Microsoft Azure と IBM Cloud に展開するためのパートナーシップを発表するものである。 この二社は、クラウドにおける多様な選択肢を提供することで、それぞれのカスタマー/パートナー/デベロッパーを支援していけると確信している。

Image Credit
Shutterstock
Pavelk

The companies will also let customers bring their own software licenses to the Microsoft and IBM clouds, with the goal of helping customers avoid extra costs. In turn, Microsoft and IBM hope to gain new business opportunities, spur innovation, and reduce costs.

そして両社は、すでに顧客が所有するソフトウェア・ライセンスを、Microsoft と IBM のクラウドに展開することを促し、余分なコストの排除を目標にしていく。つまり Microsoft と IBM は、新たなビジネス・チャンスの創出/イノベーションの促進/コストの削減を、合理的な順序で進めたいと考えているのだ。

The two are promising to make key IBM middleware such as WebSphere Liberty, MQ, and DB2 available in the Microsoft Azure Virtual Machines service. IBM will expand support of its software running on Windows Server Hyper-V, and the companies plan to make IBM Pure Application Service available on Azure. Microsoft will offer IBM middleware software licenses to Azure customers with pay-per-use pricing.

さらに両社は、IBM のミドルウェアである WebSphere Liberty/MQ/DB2 などを、Microsoft Azure Virtual Machines サービスに展開することを、重視していくと約束している。つまり IBM は、Windows Server Hyper-V 上で走る、自身のソフトウェア・サポートを拡大していく。 それにより両社は、Azure 上で走る IBM Pure Application Service というプランを、推進していけるようになる。Microsoft は Azure ユーザーに対して、IBM のミドルウェア·ソフトウェアのライセンスを、従量課金の形態で提供しくようになる。

The two will also work together to deliver Microsoft .NET runtimes, along with relevant tooling, for IBM’s Bluemix cloud development platform. At the same time, Windows Server and SQL Server will be offered on IBM Cloud.

なお、この二社は、IBM の Bluemix Cloud 開発プラットフォームに対して、Microsoft .NET ランタイムおよび、それに関連するツールと提供していく。それと同時に、Windows Server および SQL Server も、IBM Cloud 上に提供されるようになる。

The hope is that millions of .NET developers will want to build applications at scale for clients on IBM’s cloud platform. The duo say they will start by offering a limited preview of .NET operating within Bluemix, and then go from there.

つまり、膨大な数の .NET デベロッパーが、IBM のクラウド・プラットフォーム上のクライアントに合わせたスケールで、アプリケーションを構築していくように促していきたいのだ。このデュオは、Bluemix 上で動作する、限定された .NET プレビューを提供した後に、このプランを本格化していく。

We have asked Microsoft and IBM for more information regarding timing and will update this post if we learn more.

私たちは、Microsoft と IBM に対して、タイム・フレームに関する詳細を要求している。 したがって、何らかの情報が提供されるなら、このポストをアップデートしていく。

Update: Microsoft responded with the following details.

アップデート:Microsoft から、以下の情報が提供された。

  • In the coming weeks, Microsoft Open Technologies, a wholly owned subsidiary of Microsoft, will publish license-included virtual machine images with key IBM software pre-installed. Customers can take advantage of these virtual machines to use the included IBM software in a “pay-per-use” fashion.
  • Effective immediately, IBM has updated its policies to allow customers to bring their own license to Microsoft Azure by installing supported IBM software on a virtual machine in Azure.
  • Windows Server and SQL Server are available for use on IBM Cloud effective immediately.
  • For .NET operating within Bluemix, the companies will begin with a limited preview at a future date.
  • これからの数週間のうちに、Microsoft の完全子会社である Microsoft Open Technologies から、ライセンスが発行される。 そこには、IBM の主要ソフトウェアがプリ・インストールされた、仮想マシンのイメージが取り込まれている。顧客にとっては、IBM のソフトウェアを従量課金の形式で使用するために、それらの仮想マシンを利用できるというメリットが生じる。
  • 即効性を考慮して、すでに IBM ユーザーが所有するソフトウェアを、Microsoft Azure 上に展開できるよう、ライセンス・ポリシーが更新されている。したがって、Azure 仮想マシン上に、サポートされている IBM ソフトウェアをインストールすることが可能になっている。
  • 即効性を考慮して、Windows Server および SQL Server は、すでに IBM Cloud 上で利用できるようになっている。
  • Bluemix 内での .NET の運用に関しては、両社が日程を調整した後に、制限されたプレビューの提供を開始する。

IBM has yet to respond but we don’t expect the company will be able to share anything Microsoft hasn’t.

IBM からの反応はないが、Microsoft が言及していない何かが、同社から発表されることはないだろう。

ーーーーー

このポストを訳した限りでは、ユーザーとデベロッパーのことを考え、エコシステムを強化していこうという、両社の目論見がストレートに出ていて、とても良い感じがします。 それにしても、このところの IBM の動きの速さには、眼を見張るばかりです。 IBM が先手をとって動きまわることで、クラウド界の再編が、とても良いテンポで進んでいますね。 Ginni Rometty って、凄いなぁと感心しています。そして、Satya Nadella の柔軟な発想にも拍手です!

ーーーーー

<関連>

SAP 争奪戦:IBM が Amazon に対して、一歩 リードしたようだ
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!
IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処にあるのか?
SoftLayer の Hong Kong DC がオープンした: IBM の $1.2B はアジアへと流れ込む?

%d bloggers like this: