Agile Cat — in the cloud

Facebook が実験する BUY ボタン:Amazon や eBay にとって脅威となり得るのか?

Posted in Businesses, Facebook, Social by Agile Cat on August 21, 2014

Facebook may make its ads shoppable: Meet the ‘Buy’ button
http://wp.me/pwo1E-7LY
July 17, 2014 – Kia Kokalitcheva
http://venturebeat.com/2014/07/17/facebook-may-make-its-ads-shoppable-meet-the-buy-button/

_ VB

Facebook is toying with the idea of becoming a meta-marketplace with a new “Buy” button for purchasing real, physical goods without ever leaving the site.

Facebook が漠然と考えているのは、新たに導入する BUY ボタンにより、そのサイトを離れることなく、リアルな商品の購入を実現するという、マーケット・プレイスの変革である。

After experimenting with “Autofill” in the last several months, Facebook is now letting you use those credit cards you keep on file on Facebook to actually purchase stuff without even leaving the site or app, just by clicking a button, according to a TechCrunch report.

Facebook は、この数ヶ月間で Autofill を実験した後に、そのサイト上にファイルとして保存するクレジット・カード情報を用いて、現実の商品を購入するよう促している。ただし、そのアクションは BUY ボタンをクリックするだけで完了し、また、サイトやアプリを離れる必要はないと、TechCrunch がレポートしている

Image Credit
Screen shot

Autofill lets Facebook users keep their credit card info on file in their Facebook profiles, then easily populate checkout fields with one click when shopping from merchants with Autofill integration. The idea is to use your Facebook login as your one-click checkout.

その Autofill 機能により、Facebook ユーザーたちは、自身の Facebook プロファイル内に、クレジットカード情報を保持することができる。 そして、Autofill とインテグレートされたショップから買い物をする際には、BUY ボタンをワン・クリックするだけで、それらの情報がチェック・アウト・フィールドへ取り込まれることになる。基本的なアイデアは、このワン・クリック決済のために、あなた自身の Facebook ログインを使用する点にある。

“The idea is that if we have your card credentials on file, we can prepopulate your info ahead of a purchase,” said Facebook head of retail and e-commerce Nicolas Franchet during a small press roundtable in March.

「 このアイデアは、そのファイルを介して Facebook に、あなたのカード信任が委ねられているなら、対象となる商品の購入に先立ち、一連の情報を自動的に入力できる点にある」と、3月に開催されたプレス向け座談会で、Head of Retail and e-Commerce である Nicolas Franchet が語っていた。

“[Right now] you click on the add, you go to Sephora.com you then have to enter your info – eventually you’d want to not have to do that,” he said.

「 現時点では、Add をクリックして Sephora.com へ移動した上で、一連の情報を入力する必要がある。 つまり、最終的には、このようなプロセスを取らなくても良いようにしたいのだ 」と、彼は発言していた。

Autofill was created to solve that problem and now the new button is taking it one step further, taking even more steps and friction away. Franchet hinted back then that this is where Autofill was headed as removing as much friction as possible, along with great ad targeting, is every advertiser’s dream.

Autofill は、この問題を解決するために開発されたものであり、いまでは、新たな BUY ボタンから利用することで、何段階かのステップと煩雑さを取り除くことになった。Franchet は、こうした背景を述べた後に、Autofill により煩雑さを取り除き、そこに素晴らしいターゲティング広告を組み込むことは、すべての広告主の夢であると示唆している。

On the advertier and merchant side, the new button will likely mean higher conversion rates from their ads on Facebook. The idea of a one-click or equally quick shopping experience is something Twitter and Amazon, for example, have also been working on. The two companies recently teamed up to let Amazon customers shop with a simple tweet, and a “Buy Now” button surfaced on Twitter a couple weeks ago, as well.

広告と販売を展開する側から見ると、この新しいボタンにより、Facebook 上の広告からの、高い収益率が予測されるだろう。ワン・クリックやクイック・ショッピングという発想は、たとえば Twitter と Amazon の提携にも見られるエクスペリエンスである。最近のことだが、Amazon のユーザーが、Twitter 上の簡単なツイートで、買い物を完了できるよう、この両社は協業を開始している。 そして、何週間か前には、Twitter 上に BUY NOW ボダンも登場している。

This could potentially affect ad rates, making them more valuable, although the ability of these special ads converting to sales will also depend on how well targeted they are, something any advertising platform is always working on.

それにより、広告の価値が高まれば、広告料金にも影響が生じるだろう。しかし、広告から販売へとつなげていく能力は、そのターゲティングの出来栄えに依存する。それこそが、あらゆる広告プラットフォームが、常に取り組んでいる課題でもある。

And while Facebook isn’t currently charging the few merchants it’s testing the new button with, it isn’t taking it off the table. Affiliate programs are an old and solid business program, so why wouldn’t Facebook roll that out.

現時点において、Facebook 上には少数のショップがあるが、この新しいボタンがテストされている間は、課金も行われていない。 つまり、ビジネスは、まだ始まっていないのだ。 アフィリエイトのプログラムは、従来からの実績のあるビジネス・プログラムであるが、それを Facebook が展開しない理由も、そこにあるのだろう。

Back in January, Facebook announced that it would be rolling out new advertising options, including a “Shop Now” button, which is likely the first iteration of the new button.

話は1月に戻るが、Facebook は、新しい広告オプションを展開すると発表していた。そこには SHOP NOW というボタンが取り込まれていたが、その最初のイテレーションが、BUY なのだろう。

ーーーーー

これはアリですね。 ユーザーを引きつけておく時間が長いソーシャル・メディアが、新しいコマースの形態を作り出していくというのは、充分にあり得るシナリオだと思います。 その中でも、以下の <関連> にあるように、圧倒的なパワーを持つ Facebook に BUY ボタンが付くなら、買い物における新たなスタイルとなる可能性が高いですね。  どんなものが売れるのかなぁと、ちょっと想像してみましたが、たとえばサプリメントなどの、繰り返して購入する確率の高いものなどが考えられます。 また、ロケーション・ターゲティングを活用することで、宅配ピザなどを効率よく販売することも可能です。 早く、日本でも使えるようになると、面白いですね!

ーーーーー

<関連>

モバイル Facebook が 他のソーシャルを圧倒 : それを示す1枚のチャート
Youtube と Facebook がモバイル・トラフィックの 1/3 を占有している
Google と Facebook で 75% を支配するモバイル広告
Facebook ユーザーの 47% は、このソーシャルから News を得ている
ソーシャルからの参照数は Facebook がブッチギリで、PI と TW が追う
Twitter と Amazon が 提携:シンプルなタグで 買物カートとツイートを直結する!

送電網の UPS として機能する次世代バッテリー・テクノロジー:HVDC との相性も良さそう!

Posted in .Selected, Data Center Trends, Energy, Green IT by Agile Cat on August 21, 2014

A next-gen battery is coming soon to the power grid
http://wp.me/pwo1E-7LS

By Katie Fehrenbacher – Feb 4, 2014
http://gigaom.com/2014/02/04/the-power-grid-is-getting-a-lot-of-new-next-gen-battery-options-this-year/


_ Giga Om

Summary: Flow batteries are funky large batteries that use liquid tanks and pumps. There’s a new one being commercialized by a Silicon Valley startup.

Summary: フロー・バッテリーとは、液体のためのタンクやポンプを用いる、ちょっと型破りな大型のバッテリーのことである。そして、Silicon Valley のスタートアップにより商品化された、新しいプロダクトが登場した。

ーーーーー

2014 seems poised to be the year that next-generation battery technologies become more widely available for the power grid. On Tuesday a five-year-old venture capital-backed startup called Primus Power announced that it’s raised another round of $20 million in funding, which it will use to get its battery technology to its first utility and power customers this year.

2014年は、次世代バッテリー・テクノロジーが、送電網において広範囲に利用されるよう、準備を整える年になりそうだ。この火曜日(2/4)に、Primus Power( 5年間に渡りベンチャー・キャピタルの支援を受けてきた)というスタータップが、別のラウンドで $20 Million を調達したと発表した。そして、年内には、Utility and Power の顧客たちに、そのバッテリー・テクノロジーを提供できるようにするようだ。

Primus Power makes “flow batteries,” which store energy like the batteries in your laptop do, but which have the electrolyte (the substance that acts as the medium for the charging and discharging) separated out of the battery cell in liquid-filled tanks. The systems use a pump to move the liquid electrolyte over the electrode, which in turn stores energy.

Primus Power が作るフロー・バッテリーは、あなたのラップトップ PC に似たようなかたちで蓄電するが、その電解質(充放電のための媒体として作用する物質)は、液体で満たされたタンク内のバッテリー・セルから分離されている。つまり、このシステムはポンプを用いて、電極上に電解液を循環させることで蓄電していく。

The Primus Power shipping container, filled with flow batteries.

The benefit of this design is that flow batteries can be cheaper, can be more easily refillable, and can provide prolonged amounts of energy storage compared to traditional enclosed batteries. Primus Power’s flow batteries are supposed to be able to provide energy storage for over a period of four or five hours, while a lithium ion battery can provide energy storage for about an hour, Primus Power’s CEO Tom Stepien told me in an interview a couple years ago.

このデザインの利点として挙げられるのは、フロー・バッテリーが安価であり、電解液の充当が容易であり、また、従来からの封入型バッテリーと比べて、長時間にわたって電力を供給できる点にある。Primus Power のフロー・バッテリーは、4時間〜5時間にわたって放電できるようになっているが、リチウム・イオン電池の場合は、約1時間の放電が限界であると、Primus Power の CEO である Tom Stepien が、数年前のインタビューで語っていた

Primus Power sells an “EnergyPod,” (see above) which is basically a shipping container that’s filled with around a dozen flow batteries stacked on top of each other. Each EnergyPod has capacity to store 250 kW of energy for a cost of $500 per kWh. For large installations a utility can install multiple shipping containers and manage them with the computing and software that Primus Power also provides.

Primus Power が販売する EnergyPod は、輸送用コンテナをベースにしたものであり、その内部は、積み重ねられた十数基のフロー・バッテリーで満たされている。それぞれの EnergyPod は、250 kW を充電することが可能であり、そのコストは kWh あたり $500 となる。また、電力会社などが大規模な導入を行う際には、複数のコンテナをインストールすることが可能であり、Primus Power が提供するコンピューティングとソフトウェアにより、それらを管理できる。

The electrode sits at the top of the flow battery.

Power companies are looking to add energy storage technologies like batteries and flow batteries to the grid as a way to store energy generated by clean power sources like solar and wind, which only provide energy when the sun shines and wind blows. The idea is that a flow battery could store energy from, say, a wind turbine, when the wind is blowing extra hard, and the battery can release the extra energy over four or five hours as the wind dies down.

電力会社は、太陽光や風力といった、クリーンであっても生成が不安定なエネルギーを蓄積するための方式として、送電網にバッテリーやフロー・バッテリーなどの、エネルギー・ストレージ・テクノロジーを加えたいと考えている。この、フロー・バッテリーのアイデアにより、たとえば風力発電の場合なら、強風により余剰な電力が供給されるときに蓄電して、風が止んだらバッテリーから、4時間〜5時間ほどの放電が可能なるのだ。

While flow batteries have been on the market for awhile, Primus Power’s flow battery is supposed to be more efficient because it uses one tank, one flow loop, one pump, and no separator (many current ones on the market use two tanks and a separator). Primus’ electrode is also made of metal, compared to the felt or plastic electrodes of some competitors (so higher conductivity) and the electrolyte itself — that flows through the system — is zinc-based.

このところ、いくつかのフロー・バッテリーが市場に登場しているが、Primus Power のフロー・バッテリーは、タンク/フローループ/ポンプが1つずつで済み、また、セパレータが不要である(数多くのプロダクトが、市場で提供されているが、そのすべてが 2つのタンクを用い、セパレータを必要とする)。いくつかのコンペティタが、フェルトまたはプラスチック(もしくは、それ以上の導電率を持つ物質)の電極を用いているのとくらべて、Primus は金属製を用いている。また、そのシステムの全体を構成する電解質は、亜鉛ベースの材質となる。

An early version of Primus Power’s electrode.

Other startups that are building the next-generation of low cost batteries for the power grid include Ambri, Eos Energy, Aquion Energy and others. Several of these companies are looking to commercialize their technology this year. And it’s not just batteries that are emerging for energy storage and the power grid — startups like LightSail Energy and SustainX are working on reinventing compressed air energy storage.

その他にも、Ambri/Eos Energy/Aquion Energy などを含むスタートアップたちが、送電網用の低コスト次世代バッテリーを構築している。そして、そのうちの何社かは年内に、そのテクノロジーを商用化しようとしている。 ただし、こうした動きは、バッテリーだけにとどまらない。LightSail Energy や SustainX といったスタートアップは、圧縮空気によるエネルギー蓄積技術を改善することで、電力網のための電力ストレージに取り組んでいる。

Primus Power has raised a total of $35 million from investors including Kleiner Perkins, Chrysalix, DBL Investors and I2BF Global Ventures. The new round was led by South Africa-based resource developer Anglo American Platinum Limited. Primus has also received $20 million worth of grants from U.S. government agencies, like the Department of Energy.

Primus Power は、Kleiner Perkins/Chrysalix/DBL Investors/I2BF Global Ventures といった投資家たちから、合計で $35 Million の資金を調達している。今回のラウンドは、South Africa ベースの資源開発会社である Anglo American Platinum Limited が主催したものである。そして、ここでも Primus は、Department of Energy といったアメリカ政府機関から、$20 Million の助成金を得ている。

Primus Power is looking to use these latest funds to deliver their first EnergyPods to customers. Customers include a utility in Modesto, California, the Bonneville Power Administration in the Pacific Northwest, and a microgrid at the Marine Corps Air Station in Miramar, California. California could be home to many of these new power grid energy storage innovations, following the state’s decision to support a large amount of energy storage projects by 2020 in order to help the state meet its renewable energy mandate.

Primus Power は、それらの資金を用いて、最初の顧客たちに EnergyPods を供給しようとしている。そして、それらの顧客には、California の Modesto や、Pacific Northwest の Bonneville Power Administration といった電力会社や、California の Marine Corps Air Station におけるマイクログリッドなどが含まれる。California は、送電網のための、新たな電力ストレージ・テクノロジーの本拠地になれるかもしれない。それは、2020年までに再生可能エネルギーの活用を促進するという、州政府が決定した大量エネルギー・ストレージ・プロジェクトを、サポートするものでもある。

Related research

The fourth quarter of 2012 in clean tech – January 2013
The next generation of battery technology – October 2012
Cleantech third-quarter 2012 – October 2012

ーーーーー

今年の2月の記事であり、だいぶ時間が経ってしまいましたが、とても興味深い内容なので訳してみました。 日本でも、さくらインターネットなどによる 石狩超電導直流送電プロジェクトや、NTT Data による 高電圧直流給電(HVDC)テクノロジーといった、エネルギーとデータセンターの関係を再構築していこうという取り組みが進んでいます。 そして、この Primus Power の EnergyPods も、大がかりな蓄電は不可能という固定概念を、打ち破ろうとする試みとして捉えることが可能です。 まだまだ、時間はかかるでしょうが、それぞれの領域でテクノロジーが磨かれていくことで、安全でクリーンなエネルギーにより、データセンターが効率よく動き続けるという、新しい時代にたどり着けると信じています。

ーーーーー

<関連>

Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えるべき
Data Centers の調査 : データセンターの効率を多角的に考える
SoftBank と Bloom Energy が提携 : 最新の燃料電池が日本にやってくる!
Google が米東海岸の 6,000 メガワット風力に投資
Google が地熱エネルギーの金脈を掘り当てた!
OCP データセンターと、高温多湿気候との関係について

スマホの価格帯を High/Mid/Low に仕分けすると、Apple の特殊性が見えてくる:それを示す1枚のチャート

Posted in Mobile, Research by Agile Cat on August 20, 2014

CHART OF THE DAY: How Apple’s Smartphone Strategy Is Different Than Everyone Else’s
http://wp.me/pwo1E-7LK

Dave Smith – Aug. 15, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-how-apples-smartphone-strategy-is-different-than-everyone-elses-2014-8

_ Business Insider

Market research firm IDC published some really interesting data on Thursday that breaks down the smartphone market share by price. According to that data, which was charted for us by Statista, more than 80% of Apple’s devices are "high-end," as they cost more than $400. Less than 20% of Apple smartphones are considered "mid-range," and there are currently zero “low-end” iPhones.

この木曜日(8/14)だが、マーケット・リサーチ会社である IDC が、価格帯でスマホ・マーケット・シェアを分析するという、きわめて興味深いデータを発表した。Statista がチャートにした IDC のデータによると、Apple のデバイスの 80% 以上が、$400 を超える価格帯である High End に属している。また、$400〜$200 の Mid Range は 20% であり、$200 を切る Low End は 0% という結果となっている。

_  space

Statista

Android and Windows Phone smartphones, meanwhile, employ a completely different model. The vast majority of those handsets — around 60% — cost less than $200. About 20% of Android and Windows Phones are mid-range devices, while a relatively small percentage of those handsets are considered “high-end,” in the $400-plus range.

その一方で、AndroidとWindows のスマホでは、まったく異なる価格モデルが採用されている。この 2つのプラットフォームでは、$200 を切る Low End が多数派であり、約 60% を占めている。また、どちらも、Mid Range は 約20% となっている。そして、$400 を超える High End は、さらに少ないパーセンテージに留まっている。

So Apple may dominate the high-end smartphone range, but as Business Insider’s Jim Edwards points out, around 85% of all smartphones are Android phones, which means most people prefer smartphones when they cost under $200.

したがって、High End の価格帯は、Apple のデバイスが支配しているとも言えるが、すべてのスマホの 85% が Android で埋め尽くされていると、Business Insider の Jim Edwards は指摘している。 つまり、$200 以下の出費で収まる低価格スマホが、大多数の人々の好みとなっているわけである。

ーーーーー

この、IDC による 2014年 Q2 のスマホ調査は、3つのプラットフォームのスナップショットとして、とても意味のあるものだと思います。 たくさんのメディアが、このデータを元に記事を書いていますが、まずは、最もシンプルな BI を選んでみました。 そして、Android の 85% というシェアですが、Gigaom の記事から実数を拾ってみると、Android が 255.3 million で、iOS が 35.2 million、Windows が 7.4 million となります。 おおよそのところで、36 対 5 対 1 という割合であり、Android の圧倒的な強さが目立ちます。 ちなみに、Agile_Cat の場合は、3万円〜3.5万円くらいに値下がりしてきた Android を、香港の通販サイトから買うというのが、この数年のパターンです。 なぜか、スマホに 4万円というのは納得がいきません。とは言え、スペック的には、いまだと 4 Core + 2G RAM + 16G Storage + LTE(Band 1,3,6,8)は欲しいので、どうしても、そのあたりの価格帯になってしまうのです。 早く、Low End でも、これくらいのスペックが当たり前になって欲しいです :)

ーーーーー

<関連>

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
Android が iOS を、ついに Web トラフィックで逆転:それを示す1枚のチャート
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?

Google: 始まりは 112台 の自作サーバー、そして 5000億円/四半期のデータセンター資産へ

Posted in .Chronicle, .Selected, Data Center Trends, Google by Agile Cat on August 19, 2014

Google: From 112 Servers to a $5B-Plus Quarterly Data Center Bill
http://wp.me/pwo1E-7Lz

Yevgeniy Sverdlik – July 23, 2014
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2014/07/23/from-112-servers-to-5b-spent-on-google-data-centers-per-quarter/

_ DC Knowledge

It was only 15 years ago that Google was running on slightly more than 100 servers, stacked in racks Sergey Brin and Larry Page put together themselves using cheap parts – including insulating corkboard pads – to cut down the cost of their search engine infrastructure.

それは、たった 15年前のことである。Sergey Brin と Larry Page の手により、Google が 100台少々のサーバー上で動き始めたのだ。絶縁体として用いられるコルク・ボードパッドまで含めて、安価なパーツで構成されるサーバーが、ラックの中に積み上げられていった。そうすることで、検索エンジンのインフラ・コストを、彼らは削っていった。

That do-it-yourself ethos has stayed with the company to this day, albeit it is now applied at much bigger scale.

この、日曜大工的な精神は、そのまま同社に生き続けているが、いまでは比べものにならないスケールで適用されている。

Google data centers cost the company more than $5 billion in the second quarter of 2014, according to its most recent quarterly earnings, reported earlier this month. The company spent $2.65 billion on data center construction, real estate purchases and production equipment, and somewhat south of $2.82 billion on running its massive infrastructure.

7月初めに報告された、直近の四半期決算によると、2014年 Q2 における Google データセンターのコストは、$5 billion 以上とされている。 同社は、データセンターの建設および、不動産の取得、設備の購入などに$2.65 billion を投資し、また、大規模なインフラストラクチャを運用するために、$2.82 billion を費やしている。

The $2.82 billion figure is the size of the “other cost of revenue” bucket the company includes its data center operational expenses in. The bucket includes other things, such as hardware inventory costs and amortization of assets Google inherits with acquisitions. The size of this bucket in the second quarter represented 18 percent of the company’s revenue for that quarter. It was 17 percent of revenue in the second quarter of last year.

この $2.82 billion という数字は、データセンターの運用コストを含む、同社における「その他のコスト」を、大まかなところでザックリと示している。この数字には、たとえばハードウェア在庫の金額や、Google の買収先から継承する償却資産といったものが含まれている。今年の Q2 における、この数字の規模は、同じ Q2 の売上高に対する 18% を占めている。そして、昨年の Q2 では、この数字は 17% であった。

Google’s largest server order ever

While the amount of money Google spends on infrastructure is astronomically higher than the amount it spent 15 years ago, the company makes much more money per server today than it did back then.

いまの Google が、インフラに費やすコストは、15年前とくらべて天文学的に膨らんでいる。つまり、当時と比べて、サーバーごとに費やす金額が大きくなっているのだ。

“In retrospect, the design of the [“corkboard”] racks wasn’t optimized for reliability and serviceability, but given that we only had two weeks to design them, and not much money to spend, things worked out fine,” Urs Hölzle, Google’s vice president for technical infrastructure, wrote in a Google Plus post today.

「 いまになって、振り返ってみると、あの “コルク・ボード” ラックのデザインは、信頼性と保守性という意味で最適化されていなかった。しかし、二週間でデザインを完了し、しかも、多額の費用をかけられなかったことを考えると、上手くいったのだろう」と、Google の VP for Technical Infrastructure である Urs Hölzle が、今日の Google+ にポストしている。

One of Google’s early “corkboard” racks is now on display at the National Museum of American History in Washington, D.C.

In the post, Hölzle reminisced about the time Google placed its largest server order ever: 1,680 servers. This was in 1999, when the search engine was running on 112 machines.

そのポストで Hölzle は、当時としては史上最大である、1680 台のサーバーを発注したときの思い出にも触れている。 それは、1999年のことであり、すでに同社の検索エンジンが、112台のマシン上で実行されていたときの話しでもある。

Google agreed to pay about $110,000 for every 80 servers and offered the vendor a $2,000 bonus for each of the 80-node units delivered after the first 10 but before the deadline of August 20th. The order was dated July 23, giving the vendor less than one month to put together 800 computers (with racks and shared cooling and power) to Google’s specs before it could start winning some bonus cash.

Google は、80台のサーバーで構成される1ユニットに対して、$110,000 を支払うことに合意した。 そして、8月20日までに、最初の 80 ノード x 10ユニットを納入することで、ユニットごとに $2000 のボーナスを提供すると、そのベンダーに約束した。 この発注は 7月23日付けであり、そのベンダーは 800台のコンピューターを、1ヶ月足らずで調達しなければならなかった(ラックと共有ファンと電源も含む)。 しかも、ボーナスを手にする前に、Google の要求するスペックに合わせなければならない。

Hölzle included a copy of the order for King Star Computer in Santa Clara, California. The order describes 21 cabinets, each containing 60 fans and two power supplies to power those fans.

Hölzle は、そのブログ・ポストに、Santa Clara, California の King Star Computer 宛に発行した、発注書をコピーしてくれた。それは、21台のユニットを発注するものであり、それぞれに 60台のファンと、そのための 2つの電源が取り込まれるものであった。

There would be four servers per shelf, and those four servers would share:

1つのシャシーに 4台のサーバーが配置され、以下を共有する:

  • 400-watt ball bearing power supply
  • Power supply connector connecting the individual computers to the shared power supply
  • Two mounting brackets
  • One plastic board for hard disks
  • Power cable

Each server would consist of:

個々のサーバーの構成要素:

  • Supermicro motherboard
  • 265 megabytes of memory
  • Intel Pentium II 400 CPU with Intel fan
  • Two IBM Deskstar 22-gigabyte hard disks
  • Intel 10/100 network card
  • Reset switch
  • Hard disk LED
  • Two IDE cables connecting the motherboard to the hard disk
  • 7-foot Cat. 5 Ethernet cable

Google’s founders figured out from the company’s early days that the best way to scale cost-effectively would be to specify a simple server design themselves instead of buying off-the-shelf all-included gear. It designs its hardware on its own to this day. Other Internet giants that operate data centers at Google’s scale have followed suit.

Google の創設メンバーたちは、同社が立ち上がったときから、すべてのギアが取り込まれた既成品サーバーを購入するのではなく、ニーズに適合するシンプルなサーバーを自らデザインすることが、大きなスケールで費用対効果を向上させる方法だと、理解していたことになる。そして、ハードウェアを独自にデザインするという考え方は、今日まで続いている。 さらに言えば、Google スケールでデータセンターを運営する、他のインターネット・ジャイアントたちも、それを追随してきたことになる。

ーーーーー

とても面白い話なので、楽しみながら訳すことができました :) そして、分かったことは、今日に至るまで Google が、既成品としてのサーバーを、まったく購入していないという、徹底したカスタム路線を貫いていることです(多少の例外はあるかも?)。 いつ頃から、台湾の ODM に発注先が切り替わったのか、そのあたりは分かりませんが、データセンターを運用する側が、つまりユーザー側が、サーバーをデザインすべきという発想の原点が、ここにあるのでしょう。 Open Compute Project Japan を、お手伝いしている Agile_Cat としても、このトピックを皆さんと共有できて嬉しいです。 何かの機会があり、Washington, D.C. へ行くことがあるなら、National Museum of American History で初代 Google サーバーを見学したいものですね。

ーーーーー

<関連>

Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート
なぜ、IBM は Power チップをオープン化したのか? Google の戦略は何処にあるのか?
Facebook と Open Compute が、Wedge という名の オープン・スイッチを発表!
Open Compute と Quanta : 台湾の無印サーバーが 米国マーケットを席巻する!
台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!
Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない

Software Licensing の調査: SaaS により、海賊版という問題は根絶できる

Posted in Businesses, Freemium, On Monday by Agile Cat on August 18, 2014

Software Licensing: Is SaaS the Solution to End Software Piracy?
http://wp.me/pwo1E-7Lt

By Dick Weisinger – July 30th, 2014
http://formtek.com/blog/software-licensing-is-saas-the-solution-to-end-software-piracy/

_ formtek

Pirated software is a problem.  But the size of the problem can be a real shocker.  A recent survey by IDC/BSA found that 43 percent of the software installed on PC’s globally isn’t properly licensed.  Nearly three quarters of the software running on PC’s in emerging nations (India, China, Brazil, Mexico, Thailand and Turkey) is unlicensed.  The value of lost revenues from this software amounted to more than $60 billion in 2013.

ソフトウェアの海賊版は、ひとつの問題である。しかし、その規模の大きさを考えると、きわめて深刻な問題であることが分かる。最近に IDC/BSA が調査した結果では、PC にインストールされているソフトウェアをグローバルで捉えてみると、その 43% が適切にライセンスされていないものだと判明している。とりわけ、PC の新興国(India/China/Brazil/Mexico/Thailand/Turkey)では、使用されているソフトウェアの約 3/4 が、ライセンスを取得していないものとなる。そして、それらのソフトウェアから失われた収益は、2013年の時点で $60 billion を超えているのだ。

Vipin Aggarwal, BSA India Committee chair, said that “we have often seen cases where enterprises may not even be aware that they are using unlicensed software. With software licensing becoming increasingly complex, compounded by fast-paced cloud adoption and proliferation of devices through BYOD, organizations require a fresh approach in the way they manage licenses.”

BSA India Committee のチェアである Vipin Aggarwal 、「 私たちが頻繁に目にするのは、エンタープライズであっても、ライセンスの無いソフトウェアを使用していることを、認識していないケースがあることだ。クラウドの採用が急速に高まり、また、BYOD を介したデバイスが増殖している。この 2つの要因が組み合わされることで、ソフトウェアのライセンスは、ますます複雑になってきている。それぞれの組織は、ライセンスを管理する方式において、新たなアプローチを取らざるを得ない」と、述べている

The move by vendors from packaged software to cloud-based SaaS apps though may begin to change this.  With SaaS, software resides on vendor-managed servers and access is restricted to paying customers.  Adobe is one company that is benefiting now from their shift into SaaS-based software.  The newest versions of Adobe’s best-selling products, like Photoshop, Illustrator and InDesign are now only available via a subscription to their cloud service Creative Cloud.  Initially Adobe revenues fell after they announced the shift, but that’s stabilized, and the popularity of the software is leading many analysts to predict strong growth coming.  90 percent of creative professionals use Adobe products.

しかし、従来からのパッケージ化されたソフトウェアから、クラウドベースの SaaS アプリへと、ベンダーたちが移行することで、こうした問題が解決する可能性がある。 SaaS モデルを用いれば、ソフトウェアはベンダーが管理するサーバー上に置かれ、また、そこへのアクセスも対価を支払う顧客に限定される。 SaaS ベースのソフトウェアへと移行し、その恩恵を受けるようになった、ひとつの事例として Adobe が挙げられる。 同社のベストセラーである、Photoshop/Illustrator/InDesign などの最新バージョンは、すでに Creative Cloud と呼ばれるクラウド・サービスへと移行し、また、そこでしか利用できない方式になっている。 Adobe がクラウドへとシフトした当初、その売上は減少したが、いまでは安定している。 そして、それぞれのソフトウェアが人気を博していることで、数多くのアナリストたちも、その成長を予測するようになってきた。 現実として、クリエイティビティを要求されるプロフェッショナルの 90% が、Adobe のプロダクトを使用している。

Andrew Froehlich, President & Lead Network Architect at West Gate Networks, wrote that “SaaS and other cloud models might be the only real way to eradicate piracy for good. If you can control software and keep it protected inside the cloud, users can access it only when it’s been paid for.”

West Gate Networks の President & Lead Network Architect である Andrew Froehlich は、「 現実的なところで、SaaS を含むクラウド·モデルだけが、著作権侵害を根絶する唯一の方式と言えるだろう。ソフトウェアを供給する側が、それらをクラウド内に配置し、また、保護し続けることができるなら、対価を支払うユーザーだけが、それらにアクセスできるという状況が生じる 」と、述べている

ーーーーー

この、長年に渡る、ソフトウェアの海賊版という問題ですが、すでに根絶という方向へ向かって、進み出しているように思えます。 これまでの、オフラインが前提であったソフトウェア・マーケットでは、侵害と規制という行為が、イタチごっこを繰り返すだけでしたが、クラウドの時代になれば、侵害という行為自体が成り立たなくなるわけです。パッケージからサービスへの移行が進めば、Adobe の例を見るまでもなく、供給側のビジネスも安定するでしょうし、そうなればサービスの単価も引き下げられ、また、マーケットが拡大していくという、好循環が生まれてくるでしょう。 そして、フリーミアム・モデルにより、スタートアップにとっての参入障壁も引き下げられ、それを投資家たちが支援していくという、とても大きなエコシステムが動き始めているように感じます。

ーーーーー

<関連>

Cloud の調査: クラウドだからといって、プロジェクトの失敗が減るわけではない
Hybrid の調査: 企業データを分析すると、20-60-20 の 仕分けシナリオが見えてくる
Big Data の調査:Google の DataFlow は、MapReduce の正当な継承者になり得るのか?
Cloud の調査:マイグレーションの期間は終わり、クラウド・ネイティブ・アプリの時代が始まる
SaaS and ECM の調査:クラウドは何も失わず、メリットだけを提供する

Facebook Page for iPhone という、Apple にとって悩ましき存在とは?

Posted in Advertising, Apple, Facebook, Social, Twitter by Agile Cat on August 17, 2014

Here’s The Really Weird Thing About The Facebook Page For Apple’s iPhone
http://wp.me/pwo1E-7Ln
Jim Edwards – Jul. 28, 2014, 8:26 AM
http://www.businessinsider.com/apple-facebook-page-for-iphone-2014-7

_ Business Insider

There is a Facebook page for iPhone, and it has nearly 3.5 million fans. But it’s not run by Apple. It’s a fan page. Apple doesn’t actually have a Facebook page for iPhone.

Facebook page for iPhone というものがあり、そこには 約 3.5 million のファンが集まっている。 しかし、Apple が運営するものではない、単なるファン・ページである。 つまり、Apple は iPhone のための、Facebook Page を持っていないのだ。

In fact, Apple’s presence on Facebook is inconsistent. There is a page for the App Store. And a (barely updated) page for Apple Inc. There is also a page for iTunes. The iTunes page has 32 million likes. But iPhone, the biggest consumer electronics brand in the world, has no official presence in the largest social media venue on the planet.

実際のところ、Apple の Facebook 上でプレゼンスは、一貫性を欠いている。App Store の Page がある。そして、Apple Inc の Page がある(更新は稀)。iTunes の Page もあり、ここには 32 million の Like が付いている。しかし iPhone は、世界で最大のコンシューマ・エレクトロニクス・ブランドにもかかわらず、この地球上で最大のソーシャル・メディアにおいて、オフィシャルには存在していないのだ。

Justin Sullivan
Getty Images

I was talking with a social media marketing executive recently, and he regarded this as madness. Facebook fanbases can become a huge asset to a company. They can be used for customer relations, or to show users how to do new things with existing products.

つい最近に、あるソーシャル・メディア・マーケティングの幹部と話をしたが、Apple のスタンスは狂気の沙汰だと、彼は捉えているようだった。Facebook のファン・ベースは、同社にとって、きわめて重要な資産になり得る。それらは、カスタマー・リレーションのために活用できるし、既存のプロダクトに新たな要素を加えていく方式を、ユーザーたちに示すためにも利用できるのだ。

A Facebook page would be perfect for the iPhone — there are a gazillion functions on iPhone that most consumers don’t even know exist. And yet, Apple lets this vast reservoir go to waste.

Facebook Page は、iPhone にとって、完璧に機能するだろう。 なぜなら、iPhone には無数の機能があり、ほとんどのユーザーが、その存在すら知らないからだ。 なんと言うべきか、この広大な宝庫を、Apple は無駄にしようとしている。

There are two theories about this.

それについては、2つの背景ががある。

The first is that Apple marketing chief Phil Schiller doesn’t "get" social media. When Apple’s marketing division went through a crisis in 2013 — and the company began the process of looking beyond its longtime ad agency, TBWA Media Arts Lab — TBWA suggested that maybe Apple should at least begin monitoring social media, to see how its brand stacked up against rivals like Samsung over time.

まず最初の論点だが、Apple のマーケティング責任者である Phil Schiller は、ソーシャル・メディアを理解していない。 2013年に Apple のマーケティング部門が危機を迎えたときだが、同社は長年の付き合いのある広告代理店 TBWA Media Arts Lab を飛びこし、その先を見据えたプロセスを展開しようとしていた。 おそらく TBWA は、少なくとも Apple にとっては、ソーシャル・メディアをモニタリングする必要があると示唆した。 具体的に言うと、Samsungなどのライバルたちが、時間をかけて積み上げてきた状況を確認すべきだと述べていたわけだ。

Schiller saw no need for it. He told TBWA in an email:

Schiller は、その必要はないとし、TBWA に以下のようにメールで述べた

I think paying money for social media tracking tools is nuts. It is easy to track social media, I do it every day, there are lots of summary feeds, groups, and notification tools built right in to the social networking sites, all free.

私は、ソーシャル・メディアのトラッキング・ツールに、対価を支払うことは馬鹿らしいことだと思う。 実際に、毎日にのように、トラッキングを行なっている。 そして、フォード/グループ/ノーティフィケーションに関するサマリーが、多様なツールから提供されている。 それらは、ソーシャル・ネットワーキング・サイトに組み込まれており、しかも無償で利用できる。

(i think the guys at samsung sat around a coffee table watching Twitter and Facebook feeds and didn’t need to pay for anything in the example below)

( Samsung の人々もコーヒー・テーブルを囲みながら、Twitter や Facebook のフィードを見ていると思うし、そのような行為に対しては、対価を支払う必要はないと、私も思う)

One might also say the idea of Schiller personally tracking Apple’s social media mentions himself is also kinda nuts. That would be a huge undertaking.

Schiller が個人的に、Apple のソーシャル・メディアをトラッキングするというアイデアこそ、馬鹿らしいことだと言えるだろう。それは、もっと大掛かりな仕事になる。

Social media is the most powerful new marketing tool of the current century. It can make or break companies and brands. Samsung launched the Galaxy SIII on Facebook, for instance. Most large companies have social media teams consisting of dozens of people, even when they’re only tracking consumer feedback.

ソーシャル・メディアは、現在における最も強力で新しいマーケティング・ツールである。それは、企業やブランドに対して、成功と失敗をもたらすものでもある。たとえば Samsung は、Facebook 上で Galaxy SIII Page を立ち上げている。ほとんどのエンタープライズは、消費者からのフィードバックを追跡しているだけの場合でも、数十人で構成されるソーシャル・メディア・チームを使っている。

From this perspective, Apple appears to be ignoring one of the best assets it has — its loyal army of fans. (And it’s not clear that Apple’s advertising has emerged from its own crisis, either.)

このような観点から見ると、Apple は保有する最高の資産の1つを、つまり、ロイヤル・アーミーを無視しているように思える。(だからと言って、Apple の広告戦略の中に、なんらかの危機から浮上しているかというと、それは明らかではない)

The second explanation is best summarized in this CNBC story about why Apple doesn’t have a Twitter account either. "Apple has nothing to gain by creating an account," Belus Capital analyst Brian Sozzi told CNBC. "Apple isn’t going to be like Starbucks and run promoted tweets offering dollars off a product for a limited time. Apple is a premium experience all around, you go to Apple, they do not go to you.”

第二の論点は、Apple が Twitter のアカウントを作らない理由という、CNBC のストーリーに要約されている。Belus Capital のアナリストである Brian Sozzi は、「 Apple がアカウントを作成しても、何の不利益も生じない。Apple は Starbucks のように、限られた時間の中でプロダクトをドルと交換する必要はなく、また、ツイートするつもりもない。Apple の周囲には、素晴らしいエクスペリエンスが広がっている。 そして、あなたは、それを知っているが、他の人々に対して、それを伝える場が提供されていない」と、CNBC に述べている。

CNBC pointed out how disinterested Apple is in social media feedback by pointing to this YouTube video for one of its recent ads for iPad, which asks, "We’re humbled and inspired by what people do with iPad. So we set out to capture some of their stories. What will your verse be?"

CNBC は、最近の Apple が iPad のために展開している、この YouTube ビデオを引き合いに出しながら、ソーシャル・メディアでのフィードバックに対して、きわめて無関心であることを指摘している。そして、「 これは、iPad を使用することで、人々は謙虚になり、また、触発されるというメッセージである。 そして、そのストーリーを、人々に追いかけさせようとしている。 あなたの心から湧き出る叙情(Your Verse)とは、いったい何のことなのだろう?」と問いかけている。

Comments are disabled, and the link points to an Apple corporate page — that also does not allow comments.

コメントを書き込むことができないし、そこからリンクされる Apple のページも、また、コメントを受け付けないのだ。

ーーーーー

WWDC の熱狂ぶりなどと比較する、たしかに、ソーシャルにおける Apple は、クールすぎるように思えます。 まぁ、自らの理解の範囲を広げるというのは、とても大変なことですし、上手くいかない場合も多いので、致し方ないところも多々あるのだろうと思います。 とは言え、Apple のマーケティング部門も、幅広い世代で構成されているはずなので、いろいろと議論して欲しいですね。 これだけの情報が、ネット上にあふれる時代になると、マーケットにおける主導権も、メーカーからユーザーへと移行してしまいます。 Apple の若い世代にも、その辺りに敏感な人たちが、たくさん居ると思うのですが。

ーーーーー

<関連>

iPhone の 価格は正しいのだろうか? 途上国で Android に負け続けて良いのだろうか?
iOS は 53% で Android は 166%:アプリ売上の成長率を1枚のチャートで!
一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Apple が iPhone を 死ぬほど大切にする理由: それを示す1枚のチャート
IBM と Apple が協業: iPhone と iPad でエンタープライズにソリューションを!

 

Web 上でフォーカスが変化する写真:それを実現する Lytro フォーマットが GitHub に!

Posted in Entertainment, Weekend by Agile Cat on August 16, 2014

Lytro Debuts New File Format, Partners With 500px
http://wp.me/pwo1E-7Lf

By Karissa Bell – June 12, 2014
http://mashable.com/2014/06/11/lytro-new-file-format-500px/

_ Mashable

Lytro’s cameras first entered the spotlight because they enabled users to change the focus of images after they were already shot.

Lytro のカメラがスポットライトを浴び始めたのは、すでに撮影されたイメージであっても、そのフォーカスをユーザーが変更できるからである。

But one obstacle holding the light-field platform back — other than expensive hardware — is that the greater photography ecosystem isn’t equipped to handle Lytro’s "living pictures," which use a file type not widely supported on the web. But that’s about to change.

しかし、明視野像プラットフォームの展開を妨げるものとして、そのハードウェアが高価なこと以外にも、Living Picture を取り扱うための、大規模なフォト・エコシステムが存在していないことが挙げられていた。つまり、そこで用いられるファイル・タイプは、Web 上で広く普及しているものではないのだ。しかし、それも、変わろうとしている。

Image: Flickr
Max Braun

The company is altering the way it stores images, which will now use a new open-file format that applies the WebGL standard for 3D graphics, according to Recode.

Recode説明によると、そのイメージをストアする方式を、同社は変更しているようだ。 具体的に言うと、3D グラフィックスのための WebGL スタンダードを適用する、新たなオープン・ファイル・フォーマットを使用することになる。

The first third-party platform that will take advantage of Lytro’s new format is online-photography community 500px, whose users will be able to view, edit and share Lytro photos. Lytro’s images will likely start appearing in other places around the web, too, as the company plans to make its new format available on GitHub, so anyone can take advantage of it.

この、Lytro の新しいフォーマットを活用する最初のサードパーティは、500px というオンライン·フォトコミュニティのプラットフォームだ。そのユーザーたちは、Lytro で撮影した写真の、参照/編集/共有を実現していくことになる。そして、Lytro のイメージは、数多くの Web 環境に登場してくるだろう。 つまり、GitHub 上の新しいフォーマットとして提供し、誰もが活用できるようにするという計画を、同社は持っている。

Lytro’s first cameras, which focused on light-field photography, became available in 2012. The company introduced its second-generation camera, the $1,599 Illum, earlier this year.

この、明視野像にフォーカスする、Lytro による最初カメラは、2012年に登場している。 そして同社は、第二世代のカメラである Illum を、$1599 という価格で、今年の初めに投入している。

Lytro has focused on consumer photography up until now. Last year, the company’s secured a $40 million round of funding to apply its technology to new categories.

そして、いま、Lytro がフォーカスしているのは、コンシューマの市場である。 この新しいカテゴリに、同社のテクノロジーを適用するための資金として、昨年のラウンドで $40 million を得ているのだ。

See also: Lytro Unveils Its Second-Generation Camera, the Illum

ーーーーー

カメラのことが、なにも分からない Agile_Cat であり、[light-field を 明視野 ] と、そのまま訳していますが、これで正解なのでしょうか? 変なところがありましたら、ぜひ、ご指摘ください。 それにしても、この Lytro のサンプル・ページは面白いですよ。 写真のフォーカスを後から変えることで、そして、その変化を見せることで、素晴らしい表現力が得られています。 言い換えるなら、印画紙に焼き付けられるところから始まり、Web 上でも固定されていた写真というものが、まさに Living Picture として、新たな生命を授けられたという感じです。 これからの展開が、とても楽しみです!

ーーーーー

<関連>

一眼レフを捨て iPhone に持ち替えた、アート・フォトグラファーの話し
Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた
告白しますが、むかしは、筋金入りの テトリス名人 でした by Woz

Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、中国本土のデータセンターへ

Posted in Apple, Asia, Government, Telecom by Agile Cat on August 15, 2014

Apple moves data storage onto Chinese soil through China Telecom deal
http://wp.me/pwo1E-7La

Friday August 15, 2014 MYT 7:31:00 PM
http://www.thestar.com.my/Tech/Tech-News/2014/08/15/Apple-moves-data-storage-onto-Chinese-soil-through-China-Telecom-deal/

_Star Online

BEIJING: Apple Inc has begun storing personal data for some Chinese users on servers provided by China Telecom, marking the first time that the company has stored user data on mainland Chinese soil.

BEIJING: Apple だが、China Telecom が提供するサーバー上に、中国人ユーザーのパーソナル・データを部分的にストアし始めている。つまり、自社ユーザーのデータを、中国本土のファシリティにストアするという、これまでにはなかった動きを示し始めている。

Apple attributed the move to an effort to improve the speed and reliability of its service. It also represents a departure from the policies of some technology companies, notably Google Inc, which has long refused to build data centres in China due to censorship and privacy concerns.

Apple は、この転換について、同社のサービスにおけるスピードと信頼性を、向上させるための取り組みだとしている。しかし、それは、Google などに代表されるテック・カンパニーが護ってきた、ポリシーからの逸脱を示すものとなる。それらの企業は、北京政府による検閲やプライバシー侵害という懸念から、長年にわたって、中国国内にデータセンターを構築することを拒否してきたのだ。

All data stored with China Telecom, as with all data centre providers worldwide, will be encrypted, Apple said in a statement on Friday.

China Telecom によりストアされる全データは、グローバルに展開されるデータセンター·プロバイダーを利用するときと同様に、(私たちの手で)暗号化されていると、Apple は金曜日(8/15)にステートメントを発している。

"Apple takes user security and privacy very seriously," it said. "We have added China Telecom to our list of data centre providers to increase bandwidth and improve performance for our customers in mainland china. All data stored with our providers is encrypted. China Telecom does not have access to the content.” A spokesman for China Telecom declined to comment.

「 Apple は、きわめて真剣に、ユーザーのセキュリティとプライバシーのことを考えている。 私たちのデータセンター・プロバイダーのリストに China Telecom を加えたのは、中国本土の顧客に対して充分な帯域幅を提供し、そのパフォーマンスを改善するためである。私たちが契約するプロバイダーによりストアされる、すべてのデータは暗号化されている。 つまり、その内容に対して、China Telecom はアクセスできない」と、同社は述べている。その一方で、China Telecom のスポークスマンは、コメントを拒否している。

Technology companies seek to position data centres as close to their customers as possible because smaller physical distances mean faster service speeds. — Reuters

テック・カンパニーたちは、サービス提供における高速化を図るため、可能な限り顧客に近いロケーションにデータセンターを配置し、その伝送距離を縮めようとしている。 — Reuters

ーーーーー

まず、中国市場における Apple の立場ですが、iPhone に関しては China Mobile と契約を結び、中国独自の TD-LTE に対応するカスタム・デバイスを提供しているという状況にあります。 そして、中国の Big-3 キャリアである、China Mobile/China Telecom/China Unicom は、いずれも国有企業であり、いろいろな意味で相互補完している関係にあると言えるでしょう。 Apple は、ユーザーの利便性だけを考えてと発言していますが、そんなに簡単な話ではないはずです。 Google が中国本土から撤退したときに、「Google と 中国政府の予定調和を分析する」という、とても興味深い記事を Wired が書いています。よろしければ、ぜひ、ご覧ください。

ーーーーー

<関連>

Apple と Asia: 中国が日本を抜いて、一番の お得意さまに・・・
中国のインターネット・ユーザー:6.3 億人に到達! Mobile が PC を逆転!
2014年は合わせて5億台:Android One が狙う中国とインドの市場
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する

%d bloggers like this: