Agile Cat — in the cloud

Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは?

Posted in Advertising, Google, Research by Agile Cat on October 21, 2014

GOOGLE PREVIEW: Here’s What Everyone Wants To See In Today’s Earnings
http://wp.me/pwo1E-7XV
Jillian D’Onfro – Oct. 16, 2014
http://www.businessinsider.com/google-q3-earnings-preview-2014-10

_ Business Insider

Google reports earnings after the market closes at 4 pm, east coast time. We’ll be covering it live, so tune in!

Google は、東海岸時間の 16日の午後 4時に、マーケットが閉まった後に収益をレポートする。私たちは、ライブでもカバーするので、そちらも ど〜ぞ

Jacob Silberberg
REUTERS
Google founders Larry Page and Sergey Brin

It’s been a busy quarter for Google. It announced that it’s working on drones, investing in an Amazon competitor, Google Express, and it just released a new smartphone, TV gadget, and tablet. It has also continued to face regulatory heat in Europe.

この四半期は、Google にとって忙しい日々の連続であった。同社は、ドローンへの取り組みや、Amazon のライバルに対する投資、Google Express などについてアナウンスした。また、新しいスマートフォンや、TV ガジェット、タブレットなどをリリースしている。その一方で、欧州の規制当局とも対峙し続けている。

In its last earnings, Google announced the departure of its long-time sales boss Nikesh Arora. Early employee Omid Kordestani stepped into the role temporarily, but maybe we’ll hear about a more permanent candidate tomorrow.

前回の収益報告では、長年にわたり Sales Boss を務めてきた、Nikesh Arora の退任を、Google はアナウンスしていた。 古くからの社員である Omid Kordestani が、一時的な代役を務めているが、おそらく明日の説明会で、より長期的な人事が発表されるだろう。

In terms of numbers, here’s what analysts are expecting:

数字という観点では、アナリストたちが、以下のように推測している:

  • Revenue: $13.22 billion
  • EPS: $6.33

Here’s the other stuff everyone will be looking at…

以下に、誰もが知りたいと思っている項目をまとめてみた・・・

CPC and Paid Click Growth

Cost per click refers to what advertisers pay for each click on a search ad and growth in paid clicks measures how many users clicked on ads to generate revenue. Last quarter, paid clicks increased about 25% year-over-year while CPC was down 6% year-over-year. That was a modest increase of the first quarter of the year, when CPC was down 9% year-over-year.

CPC(Cost per Click)は、検索広告がクリックされるごとに、広告主が支払う対価のことである。また、Paid Click は、収益を生み出す広告を、どれだけの人々がクリックしたのかという指標である。そして、以下のチャートでは、双方の値を前年比で示している。前期(会計年度の 2014 Q3)では、Paind Click は 25% の情報を見せているが、CPCP は 6% 減となっている。なお、CPC に関しては、2014 Q1 に、前年比で 9% ダウンとなったところから、徐々に持ち直している。

Analysts want to see the CPC decline stabilize. If CPC keeps declining, paid click growth would have to be more dramatic to make up for it, and analysts fear that there could be limits to the speed of its growth. Although Google has said that it eventually expects mobile ads to be more lucrative than desktop ads, they’re not there yet.

アナリストたちは、CPC が上昇しないことを前提にしている。そして、CPC が下がり続けるなら、それを補うために、Paid Click が劇的に上昇しなければならない。ただし、その成長の速さには、限界があるかもしれないと、アナリストたちは恐れている。Google は、最終的にはモバイル広告が、デスクトップ広告よりも、大きな利益をもたらすだろうと言い続けているが、まだ、その段階には至っていない。

Analysts also expect to hear about the strength of Google’s product listing ads — PLAs — which are visual ads that give quick product information.

さらにアナリストたちは、Google の PLA(Product Listing Ads)が、強さを発揮していることを期待している。 それは、製品に関する情報を素早く提供する、ビジュアル広告のことである。

Jefferies

Analysts at Jefferies want to see a 5% decline in CPC year-over-year and a 22% increase in paid clicks year-over-year to maintain Google’s healthy ad business. Here’s a look at the change in Google’s CPC and paid click growth over the last few years, from Jefferies:

Jefferies のアナリストたちは、Google の広告ビジネスが良好であるためには、前年比で CPC が 5%減になるなら、Paid Click が 22% 増になる必要があると見ている。この Jefferies から提供されたチャートは、Google の CPC と Paid Click に関する、この数年間の前年比を示すものである。

YouTube

Google doesn’t break out specific ad revenues for YouTube, but analysts expect to hear about strong growth on the call. This year, Google started a new, premium sales initiative called "Google Preferred," which pairs advertisers with top YouTube content. Google announced that Preferred sold out this week.

Google は、YouTube における具体的な広告収入を公表していないが、今回の説明会では、力強い成長について話が聞けるはずだと、アナリストたちは期待している。今年は、Google Preferred というプレミアム・セールスがスタートしている。 それは、YouTube のトップ・コンテントと広告主を結びつけるものであり、すでに完売したと、今週に発表されている。

Google Play

Analysts also want to see growth driven by the Google Play store. Google also doesn’t break out specific Google Play revenue, but it falls in the "other revenues" category. An analyst at BGC Partners says that the "other revenue" category should be above 10% of the total (last quarter it was exactly 10%). He was also look for core growth ("sites revenue") to maintain 20% growth year-over-year.

アナリストたちは、Google Play Store の成長力にも注目している。Google Play に関しても、具体的な収益は公表されず、雑収入のカテゴリーに入れられている。BGC Partners のアナリストは、雑収入のカテゴリーが 10% 以上の上昇を見せるはずだと述べている(前期は 10% 増)。 彼は、コアとなる成長(Site Revenue)にも注目しており、前年比で 20% の成長が見込まれるとしている。

And that’s about it… As we said, we’ll be all over it, so tune in!

SEE ALSO:

How Google Is Going To Hurt Amazon During The Busiest Shopping Season Of The Year

Google’s First 21 Employees: Where Are They Now?

ーーーーー

10月16日に行われた、Google の 2014年 Q3 の収支報告では、以下のような内容が発表されています。EPS と売上において、予想をやや下回る結果となり、株価も若干ですが下がったとのことです。原因は、広告収益という切り口での、モバイルへの移行が遅れているからという見方が、全体的な評価となっています。

Non-GAAP earnings per share: Expected to be $6.53, was in fact $6.35
Revenue: Expected to be $16.6 billion, was in fact $16.52 billion

また、Youtube の売り上げについては、以下のレポートが見つかりました。

Google’s YouTube Ad Revenues May Hit $5.6 Billion In 2013

いろいろなところに収益への道があるように見えますし、その全てを使っていようにも思えます。 一言でいって、とても強い Google という感じがします。

ーーーーー

<関連>

Google の 2014 Q2 収支報告:モバイル・ベースの薄利多売に投資家たちは OK サイン!
Google と Facebook が支配する モバイル広告の世界:それを示す1枚のチャート
一番の お客様は Amazon 様です: Google AdWards の凄まじさを示す1枚のチャート
だから検索はやめられない:Google/Yandex/Baidu の収益性を1枚のチャートで確認する
Google のインフラ投資は ケタ外れ:それを示す1枚のチャート

Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?

Posted in IoT, On Monday, Research by Agile Cat on October 20, 2014

Gartner 2015 Crystal Ball: Top 10 Technology Predictions for the next Five Years
http://wp.me/pwo1E-7XN
Dick Weisinger – October 13th, 2014
http://formtek.com/blog/gartner-2015-crystal-ball-top-10-technology-predictions-for-the-next-five-years/

_ formtek

Gartner recently made ten predictions on how technology will influence businesses over the next five years.  The predictions are grouped into three categories:

先日に Gartner が提供した 10項目の予測は、これからの 5年間において、どのようなかたちのテクノロジーが、企業の在り方に影響を与えるのかというものである。それらの予測は、以下の 3つのカテゴリーに分類される

Smart machines

  • By 2017, a new computer algorithm will enable at least one significant new digital business to be launched
  • By 2018, compared to traditional business models, digital businesses will have halve the number of business process workers and use five times the number of key digital business jobs.
  • By 2018, the introduction of smart machines and industrialized services will reduce the total cost of business operations by 30 percent
  • By 2020, wireless health monitoring technology will add an extra six months to everyone’s life expectancy
  • 2017年まで:未知のコンピュータ・アルゴリズムが考案され、少なくとも1つの重要なデジタル・ビジネスが、新たに具体化されていく。
  • 2018年まで:これまでのビジネス・モデルとは異なり、デジタル・ビジネスにおいては、その作業のプロセスに従事する労働者の数が半数になってしまう。 そして、デジタル・ビジネスにおける主要な作業は、5倍まで膨れ上がる。
  • 2018年まで: スマート・マシンと産業化されたサービスの導入により、企業における全体的な運用コストは 30% ほど削減される。
  • 2020年まで:ワイヤレスのヘルス・モニタリング技術により、平均寿命が半年ほど伸びることになる。

Influence of data on economic decisions

  • By 2016, mobile digital assistants will account for more than $2 billion business in online shopping
  • By 2017, mobile commerce will exceed half of the US digital commerce revenue
  • 2016年まで:モバイル·デジタル·アシスタントにより、オンライン・ショッピングにおける $2 billion 以上の売上が処理されるようになる。
  • 2017年まで:モバイル·コマースの占有率は、米国においては全デジタル・コマースの 50% を超える。

Improving customer experience with data

  • By 2017, 70 percent of digital business models will deliberately factor in unstable rapidly shifting customer needs
  • By 2017, 50 percent of consumer product investments will target innovations in customer experience
  • By 2017, 20 percent of durable goods e-tailers will offer personalized products created by 3D printers
  • By 2020, retailers that message their in-store customers based on the customer location in the store will increase sales by five percent
  • 2017年まで:デジタル・ビジネス・モデルの 70%は、顧客ニーズの不安定かつ急速なシフトに、慎重に対応していくことなる。
  • 2017年まで:コンシューマ・プロダクトに対する投資の 50%が、顧客エクスペリエンスにおけるイノベーションを目指すものとなる。
  • 2017年まで:オンライン・リテールにおける耐久消費財の 20% は、3D プリンタから生成される、パーソナライズ・プロダクトへと変化する。
  • 2020年まで:リアルな店舗内における、ロケーション・ベースのメッセージ・サービスにより、小売業者たちの売上は 5% の上昇を達成する。

ーーーーー

大きな変化と言えなくもないですが、外さない範囲で手堅くまとめた予想という感じもしますね。 TechCrunch の「スマートマシン: 知能と学習能力を持った第二次OAの波が大量の専門職を不要にする」というポストによると、昨年も Gartner は、同じような予測を行っていたことが分かります。個人的には、パーソナル・アシスタントとスマートマシンに興味がありますが、先日にポストした「Siri と Cortana と Google Now の学力テスト: その結果を1枚のチャートで!」を読むと、この2つのテクノロジーを組み合わせたものが Google Now なんだろうと思えてきます。 そして、このようなテクノロジーが台頭する中で、私たちは新たな共存の形態を、どのように見つけ出していくのでしょうか? いずれにしても、いつも未来には、期待と不安が混在するのですね。

ーーーーー

<関連>

IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!
SDN の調査: このマーケットは、年率 90% で成長していく
Open Source の調査: OSS の人気 Top-5 は? OSS が選ばれる理由は?
Technology の調査:IBM による 7 NANO チップとポスト・シリコンへの挑戦
Cloud Storage の調査:ストレージ・コストは、無償化へ向けて下がり続けるだろう

iOS 8 のインストール率が 50% に届いていない:iOS 7 との比較を1枚のチャートで!

Posted in Apple, Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on October 19, 2014

iOS 8 Still Powers Less Than 50% of iDevices
http://wp.me/pwo1E-7XI
Felix Richter, October 15th, 2014
http://www.statista.com/chart/2752/ios-8-adoption/

_ Statista

According to data from Mixpanel, iOS 8 is spreading slowly, particularly when compared with its predecessors. While iOS7 powered nearly 60 percent of iPhones, iPads and iPods a mere seven days on from its release, Apple’s latest operating system is installed on less than 50 percent of devices 28 days on from its release.

Mixpanel からのデータによると、iOS 8 のインストール率は依然として低く、前任者である iOS 7 との比較において、その傾向が顕著である。iOS 7 のときは、そのリリースから 7日たらずで、iPhone/iPad/iPod の 60% ほどにパワーを供給していたが、この Apple の、最新 OS は、リリースから 28日以上が経過しても、依然としてインストール率が 50% 以下に留まっている。

_  space

_  space

This chart compares the adoption rates of iOS 7 and iOS 8 in the first four weeks after their respective releases.

このチャートは、iOS 7 と iOS 8 のインストール率を、それぞれのリリース日から、7日ごとで比較したものである。

ーーーーー

一番の原因は、リリース時に未対応のアプリが多かったことだと思います。 ただ、Windows や Mac OX といった PC 用 OS 同様に、iOS も Android も完成度が高まり、新しいバージョンだからといって、それに飛びつくユーザーが減っているのも確かだと思います。 さらに言えば、デバイスよりもアプリが重要と言えるまで、この一年で各種のサービスが充実してきたことも挙げられるでしょう。Agile_Cat も iPad を iOS 8 に変えましたが、それを楽しむ時間があるなら、各種アカウントの二段階認証を進めるよう、時間を割り振っているところです。

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 と Apple : 今年もリリース時の記録は更新したけど、違和感を伴うデビューだった
iPhone 6/A8 Processor/Apple Pay/Apple Watch 速報
iPhone 6 狂騒曲:こんなビジネスは、誰のためにもならない
iPhone 6 の説明が 8分で終わりって記録ですよね? 歴代のモデルとチャートで比べてみる
iOS 8 が実現するアプリ連携は、まるでマジックのようだ : Tester は語る

モバイル・アプリの 75% がユーザー・データを要求する現状:それを示す1枚のチャート

Posted in Mobile, Privacy, Research by Agile Cat on October 18, 2014

75% Of Mobile Apps Want Access To User Data
http://wp.me/pwo1E-7Xy
Felix Richter, September 12th, 2014
http://www.statista.com/chart/2710/app-privacy/

_ Statista

According to an extensive study commissioned by the Global Privacy Enforcement Network the privacy practices of app publishers often leave something to be desired. Not only did 75% of the 1,211 sampled apps seek permission to access smartphone functions / user data (see chart for details), but many of them failed to communicate their privacy policy in a transparent and easily understandable way.

Global Privacy Enforcement Network が委託した広範囲におよぶ調査によると、個々のアプリ・パブリッシャーのプライバシーに対する考え方にしたがい、何が望まれたのかという痕跡が、多くのケースにおいて残されているという。 サンプリングされた 1121種類のアプリの 75% が、対象となるスマホの機能およびユーザーに関するデータ(詳細は表を参照)に、アクセスしようと試みていた。それだけではなく、それらの多くが自身のプライバシー・ポリシーを用いて、透過性のある分かりやすい方法でアクセスを行い、また、コミュニケーションに失敗している。

This chart shows what types of user data smartphone apps typically request access to.

このチャートは、どのような種類がユーザー・データに対して、アクセスが求められたのかを示している。

In 59% of the cases the respective app publisher failed to inform the user about the app’s data collection pre-installation, and nearly one third of the sampled apps sought permission to access information that the researchers felt was irrelevant to the apps’ functionality. In the end, no more than a sobering 15% of the examined apps were found to be sufficiently transparent about what information they would gather and how it would be used.

それらのアプリ・パブリッシャーは、59% のケースにおいて、自身のアプリがデータ収集のための機能をプリ・インストールすることを、ユーザーに知らせることができなかった。また、サンプリングされたアプリの 約1/3 が、自身のアプリの機能と無関係だと思われる情報に、アクセスするための許可を求めていた。結論として、どのような情報を収集し、どのように使用するのかという観点で、充分な透明性を提示したものは、調査の対象となったアプリの、15% にも満たなかった。

ーーーーー

ユーザー・データを使いたいという理由も分かるので、それは、それで構わないのですが、もう少し礼儀正しくやって欲しいというのが、ユーザーからの要望なのだと思います。だからと言って、あまりにも細かく聞かれるのも面倒なのですが、もう少し、ユーザーとサービスの関係が成熟すれば、なんらかの定型フォームが出来上がるのではないかと期待しています。その意味で、このチャートは分かりやすいですし、こんな形のノーティフィケーションが普及すると良いなぁと思ってしまいます。

ーーーーー

<関連>

iCloud ハッカーたちが悪用した、シンプルな 4-Steps 侵入プロセスとは?
メール・エクスチェンジの約 50% が、依然として暗号化されていない
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性
Google への 忘れてほしいリクエスト:初日だけで 12000 件が集まる – from EU
Twitter は、DM の暗号化を諦めてしまったのか?

SAP 争奪戦:IBM が Amazon に対して、一歩 リードしたようだ

Posted in Amazon, Bare-Metal, IBM by Agile Cat on October 17, 2014

IBM Scores Another Win Over Amazon’s Cloud Thanks To SAP
http://wp.me/pwo1E-7Xq
Julie Bort – Oct. 14, 2014
http://www.businessinsider.com/ibm-and-sap-score-win-over-amazon-2014-10

_ Business Insider

On Tuesday, longtime partners IBM and SAP announced another new bond: SAP will use IBM’s cloud for its pride-and-joy database HANA.

この火曜日に、長年にわたる IBM と SAP のパートナーシップが、さらに関係を深めるという発表があった。 つまり、SAP は、その懐刀である、データベース HANA のために、IBM のクラウドを活用することになる。

IBM and SAP have long ago realized that the "enemy of my enemy is my friend." SAP developed its database HANA to stick it to its arch rival Oracle. HANA is known as an "in-memory" database, able to crunch through huge amounts of data really quickly.

ずっと以前から IBM と SAP は、「敵の敵は友」であることを認識している。SAP は、最大のライバルである Oracle に追い付くために、データベース HANA を開発した。HANA は、きわめて大量のデータを瞬時に処理する、In-Memory データベースとして認識されている。

 Flickr/IBM
IBM CEO
Ginni Rometty

Oracle has its own in-memory database, and it is selling it on its own hardware. In the process, Oracle execs have thoroughly trash-talked both SAP and IBM.

また、Oracle は、独自の In-Memory データベースを有し、それを独自のハードウェアに実装して販売している。 そして、これまでの経緯において、Oracle の首脳陣は IBMSAP  などは話にならないと述べている。

Meanwhile, IBM has banked its future on cloud computing, and it wants enterprise users to see it as the King of the Cloud, not Amazon.

その一方で、IBM はクラウド·コンピューティングに未来を賭け、エンタープライズ·ユーザーが Amazon に代えて、King of Cloud と認識してくれる状況を望んでいる。

IBM isn’t alone. All the big enterprise IT vendors are shooting to best Amazon’s cloud including Oracle, HP, and Microsoft. And there are new players wanting to grab some cloud-computing game like Google and hot startups like Digital Ocean.

しかし、そう考えるのは IBM だけではない。Oracle/HP/Microsoft などを含む、すべての大手エンタープライズ IT ベンダーが、Amazon が支配するクラウド・マーケットを狙っている。 さらに言えば、Google だけではなく、Digital Ocean のようなホット・スタートアップも、クラウド・コンピューティングでの戦いに参加しようとしている。

SAP has been offering its Oracle-killer database, HANA, as a cloud service for a while because SAP wants to be known as cloud royalty, too. Early on it signed on a cloud partner to sell a limited, cloud version of HANA. That partner was Amazon.

SAP は、Oracle キラー・データベースである HANA を、まずはクラウド・サービスとして提供する。なぜなら、SAP も、クラウドに対するロイヤリティを持っていると思われたいからである。今回のクラウド·パートナー契約では、HANA クラウド·バージョンに限定した販売から始まるが、そのパートナーは Amazon だったのである

But IBM has one-upped Amazon because IBM will be selling the full version of SAP’s database in the cloud, known as SAP HANA Enterprise. This is a critical difference for enterprises. While enterprises might test HANA using Amazon’s cloud, they couldn’t really use HANA for big apps. And the point of HANA is to use it for big apps.

そして、次のステップで IBM が販売することになるのは、SAP HANA Enterprise という、クラウドにおける SAP データベースのフル・バージョンである。 つまり、IBM は Amazon の先を行くことになる。それは、エンタープライズにとって、大きな差別化となるだろう。 つまり、Amazon クラウドを使用して、それらのエンタープライズは HANA をテストできるが、本当に大規模なアプリケーションのために、HANA を使用することができなかった。HANA の利点は、大規模アプリケーションのために活用できるところにある。

IBM has been selling SAP apps for enterprise customers for decades. So it makes sense that SAP would turn to IBM to help it host its cloud.

これまでの数十年にわたって、BM は SAP のアプリケーションを販売してきた。したがって、そのクラウドをホストする先を、IBM に切り替えるということは、SAP にとって理にかなっている。

There’s another benefit to the agreement. The NSA spying scandal has made European companies (particularly in SAP’s home country of Germany) suspicious of using cloud services hosted in the United States, such as Amazon’s. IBM has over a dozen data centers in Europe and is in the middle of building 15 more outside the US, too.

この契約は、別のメリットも含んでいる。NSA のスパイ行為というスキャンダルにより、クラウド・サービスを利用する欧州の企業が(特に SAP の母国であるドイツで)、米国でホスティングされる Amazon などに、懐疑の目を向けているのだ。その点において IBM は、欧州に 10ヶ所以上のデータセンターを有し、また、15ヶ所以上を米国外に構築中である。

With this agreement, SAP pushes its database out on a cloud around the world. And IBM gets some bragging rights over Amazon.

この契約により、SAP は世界中のクラウド上で、そのデータベースをプッシュできるようになる。そして IBM は Amazon に対して、何らかの自慢話をできる権利を手にする。

ーーーーーー

この記事は、あくまでもビジネス上の整合性や、データセンターのロケーションから、IBM が優位に立ったと述べていますが、ひょっとすると SoftLayer のベア・メタル対応も、1つの要因になっているのかもしれません。  以前に、「SAP と HANA が、Open Compute に恋する理由」という抄訳をポストしましたが、この記事では HANA とベアメタルの相性について説明するものとなっています。 よろしければ、ご参照ください。

ーーーーーー

<関連>

IBM のクラウド戦略:SoftLayer London データセンターが立ち上がる
Internap の ベアメタル OpenStack クラウドが、Hong Kong DC にも展開される!
Instagram の史上最大のマイグレ:200億枚のイメージを AWS から FB Bare-Metal へ!
Cloud の調査: Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!
Rackspace の OnMetal サービスが、Post-VM 時代のクラウドを提起する

Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!

Posted in Google, Network, Satellite by Agile Cat on October 16, 2014

Google and Virgin Galactic Negotiate Stake in Satellite Technology
http://wp.me/pwo1E-7Xi
By Sean MartinJune 12, 2014 14:41 BST
http://www.ibtimes.co.uk/google-virgin-galactic-negotiate-stake-satellite-technology-1452418

_ IBT

Technology giant Google is in talks with Sir Richard Branson’s Virgin Galactic to strike a deal that will give the search engine access to the former’s satellite-launch technology, as well as handing over an equity stake in its space travel endeavour, according to Sky News.

テクノロジー・ジャイアントの Google だが、Richard Branson 卿の Virgin Galactic と交渉し、その検索エンジンと衛星打ち上げテクノロジーを結びつけようとしている。 それだけではなく、未来の宇宙旅行に関する取り組みについても、資本参加する可能性があると、Sky News が伝えている。

Google is in talks with Virgin Galactic to buy a stake in the business Reuters

The talks with Branson’s £1.2bn (€1.5bn, $2bn) company are part of Google’s strategy to put hundreds of satellites into orbit as it hopes to make the internet more accessible across the globe.

この、Branson の £1.2bn (€1.5bn, $2bn) の会社との交渉は、インターネットへのアクセスを世界中から容易に行えるようにするために、数百の衛星を軌道上に浮かべたいとする、Google におけるストラテジーの一部である。

Negotiations are at an advanced stage as the two firms have been discussing the venture for several months, according to Sky.

この冒険について、両社が数ヶ月もかけて交渉するつれて、議論の内容も前進していると、Sky News は述べている。

There are apparently two parts to any potential deal. The first would see Google pump millions of pounds into a joint project which will see Virgin Galactic fold its technology that it has in the pipeline.

この契約には、二通りの可能性があることが、明らかになっている。1つ目は、ジョイント・プロジェクトを立ち上げ、そこへ向けて Google が数百万ポンドのキャッシュを注ぎ込む方式だが、準備しているテクノロジーを、Virgin Galactic が止めてしまう可能性もある。

The second part will see Google spend roughly £17.8m for a stake in Virgin Galactic’s holding company, which would equate to roughly 1.5% of the business.

2つ目は、Virgin Galactic の持株会社に対して、その事業の約 1.5%に相当する £17.8m を、Google が注ぎ込むことで株式を取得するという方式である。

Youtube ⇒

Sky goes on to say that no deal is yet set in stone and that the terms and conditions could change before any deal is announced.

Sky は、この契約については、まだ何も決定されていなく、その内容が発表される前に、条項や条件が変更されるだろうとしている。

Although Virgin has been adamant that the service will begin this year, some quarters have suggested that problems with its development will dampen its practicality.

このサービスについて Virgin は、年内に開始すると強く主張しているが、いくつかの情報筋が、開発に伴う問題により、その実用性が減退していると示唆している。

However, a deal with one of the technology sectors’ leading pioneers, as well as one of the most commercially viable companies in the world, could prove to be the confidence booster that Virgin Galactic may need.

しかし、このテクノロジー分野をリードする先駆者として、さらに言えば、商用的な実現性に世界で最も近づいている企業として、Virgin Galactic が必要とする具現化を、この契約は促進するだろう。

Google is currently embroiled in a race against its internet rivals to be the first one to offer worldwide internet access.

その一方で、いまの Google は、グローバルなインターネット·アクセスを最初に提供するという、インターネットの世界におけるライバルたちとのレースに巻き込まれている。

Related

ーーーーー

それにしても、凄まじく、また、カッコの良い映像ですね。 なんというか、スペースシャトルのコンセプトを、つまり着陸が可能で、使い回しできる宇宙船を、もっと小型にして、経済性を高めたという感じですね。 おそらく、成層圏までは行かない低軌道に衛星を浮かべるための、有人作業船なのでしょう。 これ以外にも、Google はいくつかの宇宙開発に取り組み始めているようです。 それらも、順を追って紹介していきたいと思います。

ーーーーー

<関連>

インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす?
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
400 Gbps の転送速度を可能にする、ノイズ・キャンセリング・ビームの理論とは?

Dropbox の パスワード 700万件 が流出: いまこそ、二段階認証を考えるべきとき!

Posted in .Selected, Security, Storage by Agile Cat on October 15, 2014

You Should Change Your Dropbox Password Right Now — Here’s How To Do It
http://wp.me/pwo1E-7X9
Lisa Eadicicco – Oct. 14, 2014, 11:15 AM
http://www.businessinsider.com/change-dropbox-password-set-up-two-factor-authentication-2014-10

_ Business Insider

On Monday night, news broke that hackers had reportedly obtained nearly 7 million Dropbox usernames and passwords. Dropbox says its service wasn’t hacked, but that the usernames and passwords had been stolen from various third-party services.

月曜日(10/13)の夜に、Dropbox における約 700万の User/Password のセットを、ハッカーたちが取得したというニュースが流れた。Dropbox は、サービス自体はハッキングされていなかったと述べているが、それらの User/Password のセットは、各種のサードパーティ・サービスから、すでに盗み出されているようだ。

Kevin Smith
Business Insider

There are a ton of apps and services that integrate with Dropbox, making it nearly impossible to track down which ones have been compromised.

Dropbox には、膨大な量のアプリとサービスが統合されているため、どこに脆弱性が潜んでいるのかを特定することは、ほとんど不可能な状態である。

To play it safe, you should probably change your Dropbox password and enable two-step authentication if you haven’t already done so. The process takes less than five minutes, and is well worth it.

あなたの安全を確保するために、Dropbox のパスワードを変更することを強く推奨する。 そして、まだ 二段階認証を用いていないなら、それも同時に行うべきだろう。 そのプロセスは、わずか 5分で完了し、とても意味のある結果をもたらす。

Two-step authentication is a method in which an app or service requests a separate means of authentication besides your password to log into your account. In most cases, this includes sending a text message with a code to your smartphone.

二段階認証とは、あなたの Dropbox アカウントに、アプリやサービスを介してログインする際に、別の認証手段を要求するという方式のことである。ほとんどの場合、あなたのスマホ(あなたの携帯番号)に、認証コードを含んだテキスト・メッセージが送信されることで、認証プロセスが完了する。

Learn how to change your Dropbox password and enable two-step verification

ーーーーー

追記:2014年10月15日 5:30PM
TechCrunch から 「Dropbox、われわれはハックされていない。漏洩パスワードは他サービスからの使い回しと発表」という記事がポストされました。「DropboxのAPIを利用しているサービスから漏洩したわけではなく」とのことですが、そう言い切れる理由を、もう少し明確に説明してほしいですね。 いずれにしても、何はともあれです :)

ーーーーー

この記事を読む限り、ハッカーたちは Dropbox 本体ではなく、そこに接続されているアプリ/サービスに侵入することで、Dropbox にログインする際の User/Password のセットを盗みだした、ということなのでしょう。 ストレージやスケジュールのような、すでにユーザー・データをストアしているサービスに、サードパーティのアプリ/サービスからアクセスする場合、大元のサービス(ここでは Dropbox)の User/Password を設定する必要が生じます。 そして、それらの User/Password は、サードパーティにストアされるわけですが、今回の場合は、いくつかのサードパーティがハックされてしまった、、、ということのようです。

こうした、サービス間の連携が可能だからこそ、クラウドは便利なのですが、たとえば Dropbox の User/Password を預けているサードパーティのセキュリティが、強固なのか脆弱なのかを見分けることは、ほとんど不可能という状況です。 したがって、ユーザーとして取るべき対策は、サードパーティ・サービスをむやみに増やさず(必要なものだけに絞り込む)、Dropbox のようなサービスには二段階認証を用いる、ということなのでしょう。二段階認証さえ行なっておけば、こうした騒ぎが起こる度に、パスワードを書き換えるという面倒もなくなるはずです。

Agile_Cat の場合は、Google の二段階認証を使っています。 そして、それを、Gmail だけではなく、WordPress や Evernote などに用いています。 設定の方式は、Ajaxtower のガイドが親切なので、お勧めです。 また、Dropbox での二段階認証については、ここに日本語ガイドがあります。この二段階認証を設定すると、右のイメージ(クリックで拡大)のように、それぞれのアカウントが要求する、30秒間のみ有効な 6桁のワンタイム・パスワードが、携帯番号に対して発行されます(アカウント名は伏せています)。いつものように、User/Password を入力した後に、スマホに送られてくるワンタイム・パスワードを見ながら、その度に入力することになるので、現時点では最も強固なロックがかけられるはずです。

なお、Dropbox のページでは、この Google Authenticator (Android / iPhone / BlackBerry)のほかにも、Duo Mobile(Android / iPhone)や、Amazon AWS MFA (Android)や、Authenticator (Windows Phone 7)などが推奨されています。

ーーーーー

<関連>

iCloud ハッカーたちが悪用した、シンプルな 4-Steps 侵入プロセスとは?
より優れたメールの暗号化を、大手プロバイダーが提供し始めているが・・・
Google 調査: メール・エクスチェンジの約 50% が、依然として暗号化されていない
IoT の調査: 依然として見えてこない、セキュリティとプライバシーの方向性

2015年の デバイス市場:中国の $1.8B に対して、インドは $4.8B の成長だ!

Posted in Asia, Google, Mobile, Research by Agile Cat on October 14, 2014

Emerging Markets to Lead Tech Sector Growth in 2015
http://wp.me/pwo1E-7X0
from Felix Richter, October 7th, 2014
http://www.statista.com/chart/2799/emerging-markets-to-lead-tech-sector-growth-in-2015/

_ Statista

The global consumer electronics market has been stagnant at around $1 trillion for the past three years. However, while mature markets are in a slump, there are other countries that continue to see considerable growth. According to a recent GfK report, the Top 10 growth markets in 2015 will all be emerging economies.

グローバルにおける家電マーケットだが、約 $1 trillion の売上で 3年ほど停滞している。その要因は、すでに成熟してしまったマーケットの低迷にあるが、かなりの成長を遂げている国々もある。最近の GfK レポートによると、2015年における成長市場の Top-10 は、すべてが途上国により占められることになる。

Contrary to the common assumption that China is the largest growth market for the tech industry, GfK predicts that India’s market for tech devices will see the biggest growth in 2015. GfK expects total sales of tech devices in India to reach $34.8 billion in 2015, up $4.8 billion from this year’s expected total. Smartphones are the main growth driver in India, as handset prices have come down to a price that is affordable to many Indians.

ハイテク業界における最大の成長市場は、China であるという大方の予測に反して、2015年に最大の成長を遂げるのは、India の市場だと GfK は見ている。GfK は、2015年の India におけるハイテク・デバイスの売上について、$34.8 billion に達すると予想している。 それは、2014年の予測値に対して、$4.8 billion の伸びしろが加えられることを意味する。そして、India マーケットを成長させる最大の推進力は、スマートフォンである。 なぜなら、このデバイスの価格が低下し、数多くの国民が手の届くプロダクトに変化してきたからである。

China’s tech market, while much bigger in size than India’s, is predicted to grow by $1.8 billion in 2015, which would be a meager 1% increase over the estimated 2014 total but still enough to make China the second largest growth market in dollar terms.

China のハイテク市場は、India よりも遥かに大きな規模を持つが、2015年における伸びしろは $1.8 billion 程度だと予測される。その値は、2014年における推定額に対して、わずか 1% の増加となる。とは言え、ドル換算で比較してみると、China は 2番目の成長を誇るマーケットとなる。

This chart shows which markets for technology devices and consumer electronics are expected to see the biggest growth in 2015.

このチャートは、2015年におけるハイテク・デバイスおよび家電のマーケットが、大きく伸びると予測される国々を列挙するものである。

ーーーーー

インドの成長力には、アゼン・ボーゼンですね。 この4月に、「インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される」という抄訳をポストしましたが、そこで紹介されている $50 前後の廉価版スマホに加えて、Android One を搭載する $100 スマホも、続々と市場に投入されるようです。先日、Agile_Cat も新しいスマホに切り替えたのですが、その LG G2 mini というデバイスのスペックは、Quad-Core で 1G Ram + 8G Flash というものです。つまり、Android One で規定されているハードウェア・スペックと、ほぼ同じレベルなのですが、それが $100 で提供されるというマーケットに、強さを感じてしまいます。2014年も中国とインドの市場を合わせると、約 5億台のスマホが販売されるようです。これからの IT におけるマジョリティが何処にあるのか、だんだんとハッキリしてきましたね。

ーーーーー

<関連>

Apple と Samsung のシェアを削り取る、中国とインドの新スマホ勢力
スマホの価格帯を High/Mid/Low に仕分けすると、Apple の特殊性が見えてくる
スマホ 下克上 _1 : 中国では Xiaomi が Samsung を追い抜く
スマホ 下克上 _2 : インドでは Micromax が Samsung を追い抜く
これからの5年で、アジアがモバイル市場を完全支配する

%d bloggers like this: