Agile Cat — in the cloud

Legacy Apps の調査: 企業の 25% が、ワークフローとドキュメント管理をリプレースしたがっている

Posted in On Monday, Research by agilecat.cloud on June 29, 2015
Businesses Clean House Replacing Legacy Apps: One-Quarter Want to Replace Workflow and Document Management
Dick Weisinger – June 24th, 2015
http://formtek.com/blog/businesses-clean-house-replacing-legacy-apps-one-quarter-want-to-replace-workflow-and-document-management/
_ formtek
Businesses are itching to modernize their IT and business applications, according to a survey by Hitachi Consulting.  90 percent of businesses say that they have to deal with legacy applications that are holding them back.  More than one third say that nearly every project that comes up has issues related to legacy applications that need to be addressed.
 
Hitachi Consulting の調査によると、自社の IT およびビジネス・アプリケーションの近代化を進めたいと、うずうずしている企業の多いことが分かる。調査の対象となった企業の 90% は、なんらかのレガシー·アプリケーションを取り扱う必要性があり、また、それにより近代化に遅れが生じていると、発言している。さらに言えば、1/3 以上の企業が、大半のプロジェクトでレガシー・アプリケーションに関連する問題を抱えており、それを改善したいとしている。
 
Escher_1Chris Saul, vice president at Hitachi Consulting, said that if you “ask any IT director or CIO they’ll probably tell you that they’re envious of start-ups that have a greenfield to build their IT infrastructure.  Bulldozing isn’t often an option, so IT leaders need to find ways of introducing new applications, services and approaches – and do so quickly, with the ability to scale.”
 
Hitachi Consulting の VP である Chris Saul は、「 IT ディレクターや CIO に尋ねれば、おそらく、彼らは、ゼロ・ベースで IT インフラスを構築できる、スタートアップたちが羨ましいと答えるだろう。ブルドーザーを導入することは、多くのケースにおいて適切な選択肢にならない。したがって、IT リーダーたちにとって、新しいアプリケーション/サービス/アプローチを見つけ出したがっているが、それは迅速に行われる必要があり、しかも スケールする能力を有していなければならない」と述べている
 
The top three applications that businesses are looking to replace are:
 
対象となった企業が、リプレースすべきと考えている Top-3 のアプリは、以下のとおりである:
 
  • Business Intelligence and Analytics (28 percent)
  • Customer Databases (26 percent)
  • Workflow and Document Management (25 percent)
 
Among small and medium-sized companies the desire to replace workflow and document management apps is the greatest.  In that category, 36 percent say that they are ready to start over with something new, compared to only 14 percent of large businesses.  In particular, 36 percent of manufacturers say that they’re looking to replace their workflow and document management systems.
 
対象を中小企業に限定すると、リプレースを望むアプリケーションの1位は、Workflow and Document Management となる。そして、このカテゴリにおいては、36% の中小企業が新しい試みに取り組み始めているが、大企業にの場合は 14% という比率に下がってしまう。また、対象を製造業に絞ってみると、36% の企業が Workflow and Document Management リプレースするための模索していると述べている。
 
ーーーーー
On Mondayなるほどなぁ・・・ という調査結果ですね。 とりわけ、一人一人の機動力が重視される中小企業では、「ワークフローを操作し、ドキュメントを見るたびに、なんで PC が必要なのか?」という声が大きいはずだと思います。 そして、それらの従業員たちは、たとえば Facebook や Evernote などで、デバイス・フリーな環境に慣れ親しんでいるのです。 2010年のことですが、「Facebook のようなエンタープライズ・ソフトウェアを作りたい – Salesforce は語る」という抄訳をポストしています。 ちょっと参照していただければ、この時点から Salesforce が、アプリの在り方について危機感を抱いていたことが分かります。 こんな背景が、同社の素晴らしい成長を支えているのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
 

InfoQ China の仕切りで、中国大手クラウドのコンテナ仕様は共通化さるのか?

Posted in Alibaba, Asia, Container, Huawei, Standard by agilecat.cloud on June 26, 2015
China Cloud Computing: InfoQ China Creates Container Technology Hub
Adrian Darylle Torralba – Jun 24, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/55073/20150624/china-cloud-computing-infoq-creates-container-technology-hub.htm
 
_China Topix
 
InfoQ’s CNUT meeting with technology leaders in China was considered successful after it was attended by big technology companies such as Alibaba, Tencent, Baidu, Huawei, Ctrip, Meituan, JD and other tech companies in the country.
 
InfoQ の CNUT と、China のテクノロジー·リーダーたちとのミーティングは、成功したと捉えられるだろう。 なぜなら、 Alibaba/Tencent/Baidu/Huawei/Ctrip/Meituan/JD といった、同国における大手ハイテク企業が参加したからである。
 
CSCL_GlobeWikipedia
 
According to InfoQ, the use of container technology has risen to a significant number of users, and InfoQ is keeping an eye on several developers such as CoreOS, Docker, Kubernetes and Mesos. Start up container technologies are also rising and making the effort to compete globally.
 
InfoQ によると、コンテナ・テクノロジーを使用するユーザーの数は、かなりのレベルまで増加しているようだ。そして InfoQ は、CoreOS や、Docker、Kubernetes、Mesos といった、いくつかのデベロッパーに注視し続けている。また、コンテナ・テクノロジーのスタートアップも増大し、それぞれが、グローバルでの競合に備えている。
 
The full extent of small enterprises that is using the services of these storages have reportedly brought so much attention to the container technology hub to develop and support more providers of the said service. The CNUT container technology aims to provide services and information about the storage and container technologies to current, start-ups and possible investors in the said technology.
 
伝えられるところによると、ストレージ・サービスを使用している大半の中小企業が、それぞれのプロバイダーに関連する開発とサポートを推進するために、このコンテナ・テクノロジー・ハブに対して、大きな関心を寄せているようだ。そして、CNUT Container Technology は、ストレージおよびコンテナのテクノロジーについて関心を持っている、スタートアップや投資家たちに対して、サービスと情報を提供していく方針である。
 
Huawei’s technical expert  Wang Yang said that they did discuss about the connection between existing container technology and traditional virtual technology. It is said that the latter is more focused and intended for resources’ rational distribution such as improving utilization while the former is more of an application-oriented. He added that infrastructure resources should still adopt traditional virtual technology while container technology should be opt for use in packaging and division.
 
Huawei の技術部門に属する Wang Yang は、現在のコンテナ・テクノロジーと、従来からの仮想化テクノロジーを、適切に接続する方式について、議論してきたと発言している、つまり、仮想化の方は、合理的なリソース・ディストリビューションと、利用効率の向上を意図しているのに対して、コンテナの方はアプリケーション指向の側面を持っているようだ。 彼は言うには、インフラ・リソースに関しては、依然として従来からの仮想化テクノロジーが採用されるはずだが、アプリケーションを集合/分散させるためには、コンテナ・テクノロジーが最適になるようだ。
 
Cui Yubao, chief architect from Mi, however, said that the Chinese’ technological influence to international partners is not enough to create a breakthrough and that it is important to create a structured planning in order to conquer the international market.
 
しかし、Mi の Chief Architect である Cui Yubao は、海外のパートナーへ向けた、China からの技術的な影響力は不十分であると発言している。つまり、突破口が必要であり、また、インターナショナル市場を征服するための、構造化された計画の推進が重要になると述べている。
 
ZDNet, on the other hand, recently featured Docker’s breakthrough on container technology with enterprise data center and cloud virtualization.
 
その一方で、ZDNet は以前に、エンタープライズ・データセンターとクラウドの仮想化において、Docker のコンテナ・テクノロジーが突破口を開くと論じている。
 
ーーーーー
Asia Pacific面白いと思って訳してみましたが、文中で参照されている InfoQ の記事のほうが、はるかに分かりやすかったですつまり、この記事を選んでしまいガッカリしているのですが、少なくとも  Alibaba/Tencent/Baidu/Huawei/Ctrip/Meituan/JD といった大手が揃って、コンテナの運用に関する何らかの取り決めを行おうと、相談し始めたたところまでは分かりました。 また、InfoQ のポストは、「ストレージ云々」に触れていないので、3つ目の段落は意味のないものとして、読み飛ばしたほうが良いと思います。
 
話はハードウェアに飛びますが、中国には Alibaba/Tencent/Baidu などが作り出した、Sporpio というサーバーのデファクト仕様があり、また、それを活用することでデータセンターの運用効率を高めているのです。これも、Open Compute Project の発想に乗ったものなのですが、次第にプレゼンスを発揮し始めています。 それだけ、上記の China Top-3 の規模が巨大であり、また、中国国内で大きな影響力を有しているのでしょう。 そして、最近の Huawei などの海外進出を見ていると、その影響力を上位のソフトウェア層に広げ、また、グローバルに展開し始めているように思えるのです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba クラウドも Equinix に接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?
Huawei と 5G の世界:特許ポートフォリオで優位に立つのか?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
 

NTT Com が 独 e-shelter を 買収:欧州 DC 事業者の No.3 に踊り出る

Posted in .Selected, Asia, Data Center Trends, Telecom by agilecat.cloud on June 24, 2015
NTT Com Scoops Up e-shelter In Euro Data Centre Play
NTT Communications looks to increase data centre presence region, ups data centre flock
Ben Sullivan – June 23, 2015
http://www.techweekeurope.co.uk/cloud/datacenter/ntt-com-e-shelter-data-centre-170921
 
_Tech Week EU
 
Japan’s NTT Communications has sealed the deal on its purchase of European data centre services provider e-shelter, acquiring an 86.7 percent stake in the German company.
 
Japan の NTT Communicationa が、Germany の e-shelter における株式 86.7 % を取得し、EU へのデータセンター・サービス提供を拡大することになる。
 
NTT e-shelter_1The purchase boosts NTT Com’s data centre floor space in Europe to 92,000 square metres across nine cities, up from just shy of 20,000 square metres in four cities.
 
この買収により、EU での NTT Com データセンター床面積は、4都市に展開されている 20,000 平方メートル弱から、9都市の 920,00平方メートルへと、大きく拡大される。
 
Penny Jones, senior analyst at 451 Research, told TechWeekEurope that the acquisition shows demand has been strong in Germany for NTT Com.
 
451 Research の Senior Analyst である Penny Jones は、Germany における NTT Com への需要が強まっているためと、TechWeekEurope に語っている。
 
“Furthermore, e-shelter provides NTT with a ready-made support and sales structure in a German-speaking country,” said Jones.
 
「さらに言うなら、この German-speaking country で、すぐに運用が可能なサポートとセールスの体制を、e-shelter は NTT に提供することになる」と Jones は述べている。
 
Third position
 
According to NTT Com itself, the acquisition puts it into the number three position for data centre space in Europe.
 
NTT Com によると、EU での同社のデータセンター・スペースは、今回の買収により三番手に上昇することになる。
 
“e-shelter is a growing company offering high-quality, highly extensible data centre capabilities,” boasted NTT Com CEO Akira Arima. “We have been impressed by their ability, under the strong leadership of CEO Rupprecht Rittweger, to maintain their position as a leading data center operator not only in Germany, but the competitive EU market as a whole.”
 
NTT Com の CEO である Akira Arima は e-shelter  について、「 データセンターの機能という観点で、品質と拡張性に優れた、成長期にある企業だ。同社の CEO である Rupprecht Rittweger の強力なリーダーシップの下で、素晴らしい能力を発揮している点に、私たちは感銘を受けている。同社は、Germany でのデータセンター事業をリードするだけではなく、EU 市場全体で競争力を高めている」と述べている。
 
e-shelter was founded in 2000, with data centres in Berlin, Frankfurt, Hamburg and Munich, as well as in Vienna, Austria and Zurich, Switzerland.
 
e-shelter は 2000年に設立され、Berlin/Frankfurt/Hamburg/Munich だけではなく、Austria の Vienna および、Switzerland の Zurich でも、データセンター事業を展開している。
 
NTT e-shelter_2The deal, first announced in March, goes through for £539m. e-shelter’s CEO Rupprecht Rittweger said that selling out to NTT Com is the best buy to ensure its future success.
 
この買収劇に関しては、£539m の対価で話が進んでいると、3月の時点でアナウンスされていた。 e-shelter の CEO である Rupprecht Rittweger は、NTT Com との取引について、将来の成功を約束してくれる、最良の展開であると述べている。
 
Rittweger said: “To meet their demands ahead of our competitors, we believe that the best way to ensure e-shelter’s growth and development is in partnership with NTT Com, which has a presence in Asia and is a leading provider of ICT services worldwide. At the same time, we look forward to strengthening NTT Com’s global ICT infrastructure and market share with our strong presence in Europe.”
 
Rittweger は、「 顧客からの需要を満たしながら、競合他社に先行するために、e-shelter は NTT Com と提携関係を構築し、着実に成長していくべきだと確信している。NTT Com は Asia でプレゼンスを有しており、また、世界的な視点においても 代表的な ICT サービス・プロバイダーである。それと同時に、私たちは EU におけるプレゼンスを用いて、NTT Com のインフラとシェアを、グローバル・マーケットで後押ししていきたい」と述べている。
 
ーーーーー
datacenter_555月の末に「Equinix が Telecity を買収:そして ヨーロッパでも、最大の DC 事業者に!」というポストで、ヨーロッパの DCの 事業の M&A について お伝えしました。 それから1ヶ月も経たないうちに、今度は NTT Com が e-shelter を買収という、慌ただしい展開が続いています。 たまたま、こちらも今日の話ですが、フランスの Orange が香港をベースに、APAC にクラウド・ビジネス展開するという、ニュースが流れていました。 アジアからヨーロッパへ、そして、ヨーロッパからアジアへと、なかなか忙しい一日でした。 次は、何処で、何が、起きるのでしょう? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
欧州クラウドのリーダー Interoute が、ついにシンガポールに進出だ!
Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
Cisco が Piston を買収したことで、Nutanix のウワサは立ち消えになったのか?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

中国の X86 サーバー市場がスゴイ! 2015年 Q1 は 前年比で 23% の急成長だ!

Posted in Asia, Data Center Trends, Dell, Research by agilecat.cloud on June 24, 2015
China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
June 2, 2015
http://www.chinatechnews.com/2015/06/02/21730-chinas-x86-server-market-grew-23-in-q1-2015
 
_ China Tech News
 
China’s X86 server market scale reached USD1.6 billion, a year-on-year increase of 23%, according to a report from market research firm Gartner. Inspur, Dell, and Lenovo ranked the top three in this market.
 
市場調査会社である Gartner のレポートによると、China における X86 サーバーの市場規模は USD1.6 billion にいたり、その成長率は前年比で 23% 増とのことだ。そして、このマーケットでは、Inspur/Dell/Lenovo が Top-3 を形成しているという。
 
China Server MarketStatistics from Gartner show that during the first quarter of 2015, the global server market saw obvious growth with shipments of 2.67 million units, representing a year-on-year increase of 13%. This was reportedly the first time for the global server market to reach double-digit growth since the global economic crisis in 2008.
 
Gartner の統計は、2015年 Q1 のグローバル・サーバー市場が、出荷台数ベースで 267万台にいたり、前年比で 13% 増という、めざましい成長を遂げたと示している。伝えられるところによると、グローバル・サーバー市場が二桁成長を達成したのは、2008年の世界的な経済危機以降で初めてのことのようだ。
 
Global server market growth was mainly contributed by America and Asia Pacific. Though the Middle East and Africa gained 21% growth, the net unit increase was not large.
 
グローバル・サーバー市場の成長は、主として America と Asia Pacific のマーケットからもたらされている。Middle East と Africa も 21% の成長率であるが、まだ絶対量が少ない。
 
In the Chinese market, Inspur servers led the marketplace with 21% market share, followed by Dell and Lenovo. The market shares of those top three manufacturers did not have large gaps.
 
China マーケットでは、Inspur のサーバーが 21% のシェアであり、それを Dell と Lenovo が追う展開となっている。ただし、この Top-3 のマーケット・シェアには、大きな開きはない。
 
In addition, Gartner reported that market shares of non-branded server providers further shrank, marking a year-on-year sales decrease of 68%.
 
それに加えて Gartner は、ノン・ブランド・サーバーのプロバイダーのマーケット・シェアが、前年比で 68% 減を示し、大幅に縮小していることをレポートしている。
 
ーーーーー
Asia Pacific昨年から、その存在がちらついていた、中国のサーバー・メーカー Inspur が、ついに Gartner のレポートでデビューしました。 しかも、Dell と Lenovo を抑えて、中国国内のトップを勝ち取るという、鮮烈なデビューです。 先日の、「Gartner の グローバル・サーバー出荷調査:2015年 Q1 は、台数で 13% 増、売上で 18% 増」では、グローバルの状況がレポートされていましたが、そこではノン・ブランド・サーバー(Other)が伸びています。 しかし、中国では、大幅に縮小しているようです。 とても不思議ですが、Alibaba/Tencent/Baidu といった無印サーバーの大口ユーザーたちの調達時期を、たまたま外したというだけなのでしょうか? それとも、この、無印サーバー市場に Inspur が入り込んでいるのでしょうか? その辺りが、次の調査レポートで明らかになると期待したいです。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
Alibaba も Equinix とプライベート接続:香港 DC を介して中国と世界はつながる?
Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
台湾からの情報: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?
Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!
 

ヒマ になると Facebook を見てしまう、私たちの脳内ネットワークを UCLA が分析した!

Posted in .Selected, Facebook, Research, Social, Strategy by agilecat.cloud on June 23, 2015
Why we browse Facebook when we want to take a break
By PTI | 31 May, 2015
http://economictimes.indiatimes.com/tech/internet/why-we-browse-facebook-when-we-want-to-take-a-break/articleshow/47491037.cms 
 
_Economic Times
 
LOS ANGELES: Scientists have found why social networks such as Facebook are such a popular diversion for people who feel like taking a break.
 
LOS ANGELES:科学者たちが、Facebook などのソーシャルネットワークについて、とても興味深い現象を見出した。 それは、休憩を取りたい人々の、気分転換に関する考察でもある。
 
Even when we are resting, our brains are preparing us to be social, according to a new study by psychologists from the University of California, Los Angeles. The study sheds light on why social networks such as Facebook are such a popular diversion for people who feel like taking a break, researchers said.
 
University of California, Los Angeles の心理学者によると、休息をとっている場合であっても、私たちの脳は社会に対する準備を欠かさないようだ。この調査は、Facebook などのソーシャル・ネットワークが、休憩したいと感じる人々にとって、ちょうど良い気分転換になる理由に、スポットライトを当てるものだと、研究者たちは述べている。
 
why-we-browse-facebook-when-we-want-to-take-a-breakScientists have found why social networks such as Facebook are such a popular diversion for people who feel like taking a break.
 
“The brain has a major system that seems predisposed to get us ready to be social in our spare moments,” said Matthew Lieberman, a UCLA professor of psychology and of psychiatry and biobehavioural sciences. The research, published in the Journal of Cognitive Neuroscience, shows that during quiet moments, the brain is preparing to focus on the minds of other people – or to “see the world through a social lens,” said Lieberman.
 
UCLA の Professor of Psychology であり、行動心理学の権威である Matthew Lieberman は、「 脳の主要なシステムとして、暇な時間における社会への準備という機能があるように思える。この、Journal of Cognitive Neuroscience で発表された研究結果によると、働きが静まった瞬間に人間の脳は、他の人々の心理に集中するための、準備に取り掛かるという。 さもなければ、社会のレンズを介して、世界を見ようとする」と述べている。
 
In experiments at UCLA’s Ahmanson-Lovelace Brain Mapping Center, the researchers showed photos with captions to 21 people, and tracked their brain activity using functional magnetic resonance imaging, or fMRI.
 
UCLA の Ahmanson-Lovelace Brain Mapping Center における実験で、研究者たちは 21人 に対して、キャプション付きの写真を見せている。 そして、fMRI (functional Magnetic Resonance Imaging) を用いて、被験者たちの脳の活動をトラッキングした。
 
Most of the photos showed people performing actions in a social setting and expressing a certain emotion. In one set of 40 photographs, images were paired with captions that reflected the person’s mental state.
 
大半の写真は、実社会における人々の行動を写したものであり、それらは、なんらかの感情を示すものであった。 この 40枚の写真のセットにおいて、それぞれの画像は、被写体である人々の精神状態を反映したキャプションと対になっている。
 
The second set of photos had identical images, but with captions that merely described what the person was doing – “He is resting his head” or “She is looking to her side.”
 
2番めの写真のセットは、最初のものと同じ写真を用いているが、それぞれの被写体の状況を示すだけの、キャプションと対になっていた。つまり、「彼は寄りかかって休んでいる」とか、「 彼女は自分の側を見ている」という類のものである。
 
A third set of images depicted a number accompanied by a simple mathematical equation.
 
3番目の写真セットは、シンプルな数式を伴うものである。
 
Participants were asked to judge whether the captions accurately expressed what the images showed.
 
そして、この実験に参加した人々に対して、どのキャプションが、もっとも正確に写真の内容を表現しいるかという、それぞれの判断を促す質問が投げかけられる。
 
The same regions of the brain that were active during the brief times that subjects were not looking at photos were also active when the participants were considering the photos with captions about people’s emotions.
 
対象となるものが見つかるときも見つからないときも、被験者たちの脳の中では、瞬間的に同じ領域が活性化していた。ただし、それは、写真に写った人々の感情について、キャプションが書き加えられたものを選んでいるときであった。
 
But those areas of the brain were not active when the participants were viewing the cards with captions about the person’s physical activity and those with the math equations.
 
そして、被写体の姿を示すキャプションが付いている写真を示しても、被験者たちの脳の中で、前述の領域は活性化しなかった。 それは、数式の写真でも、同じであった。
 
Sometimes, a part of the brain called the dorsomedial prefrontal cortex was more active during the rest period immediately before participants were asked to look at photos.
 
その脳の領域は、前頭葉皮質可視部 (?) と呼ばれることもあり、被験者たちが写真を見始める前の状況において、つまり脳が休息している状況において、最も活性化している部分となる。
 
In those cases, the participants made significantly faster judgments if the next photo they saw presented a statement about the person’s mental state.
 
そのような状況におかれた被験者たちは、写真に写った人々の精神状態について、それぞれのキャプションがメンタルなものを表現するのかどうかを、きわめて高速に判断していった。
 
The findings suggest that the dorsomedial prefrontal cortex might turn on during dreams and rest in order to process our recent social experiences and update our assumptions and understanding of the social world, Lieberman said.
 
この実験の結果は前頭葉皮質可視部 (?) について、その領域が夢うつつの状態で全開となり、現実の社会経験を処理する時には休息し、世の中について仮定/理解するためにアップデートされると示唆している。
 
So although Facebook might not have been designed with the dorsomedial prefrontal cortex in mind, the social network is very much in sync with how our brains are wired, he said.
 
したがって、前頭葉皮質可視部 (?) の働きを分かった上で、Facebook がデザインされているのかどうかは別にして、このソーシャル・ネットワークは、私たちの脳における配線と、きわめて同期していると、彼は言う。
 
“When I want to take a break from work, the brain network that comes on is the same network we use when we’re looking through our Facebook timeline and seeing what our friends are up to,” said Lieberman.
 
「 私が仕事から離れたいとき、つまり休憩を取りたいとき、私の脳内ネットワークが用いる領域は、Facebook タイムラインを見ているときに用いるものと同じになる。そして、いまトモダチが、なにをしているのかを確認するのだ」と、Lieberman は述べている。
 
ーーーーー
facebookそれを Facebook が意識していたかどうか・・・ という指摘が文中に有りますが、おそらく、そんなことは無いのだろうと思います。 Facebook が目指してきたものは、凄まじいスピードでスケールしながらも、積み上げられてきたユーザー・エクスペリエンスの上に、新たな試みを次から次へと実装していける、きわめて柔軟なソフトウェア・インフラなのだと捉えています。そのため、新たに提供されたサービスであっても、不人気なものは撤回されていくわけですが、何億という人々がアクセスし続けるシステムを止めることなく(たまに止まりますが)、それを実践しているところがスゴイと感心してしまうのです。
 
FB 2013-01-15それにしても、訳していて、これほど面白いコンテントは、年に何本も有るわけではありません。 そして、このように、新たな視点を伝えようとする記事を訳し終えて、日本語として読める話に仕上がったときは、普段とは ちょっと違う嬉しさがあります。 拙いながらも、あらん限りの想像力を働かせて、一字一句を訳していくわけですが、その面白さとは裏腹に、訳し切れるのかという不安も常に付きまといます。でも、まぁ、楽観的に行きましょうという雰囲気へ、自分で自分をリードしていけば、なんとかなるものなのです :)
 
話は Facebook に戻りますが、Menlo Park のオフィスにのアチラコチラに、この DONE IS BETTER THAN PERFECT という言葉が書かれています。 そして、それを延々と繰り返していくうちに、人々の脳の動きにフィットしたものが出来上がったというのが、ことの真相なのでしょう。 Agile Cat も、それにあやかって、このブログを楽しみながら続けていきたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の News Feed は、どう 変わったのか? なぜ 変わったのか?
Facebook が提供する、Open Graph のベスト・プラクティスとは?
Facebook の Open Graph とは? その歴史から説明しよう
Facebook Timeline は、データの非正規化という破壊力で誘う
Facebook が Timeline をデザインしていく発想は、何処から湧き上がってくるのか?
Facebook Timeline は、新しいプライバシーを試すのか?
 

Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:その新たな勢力図を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Research, Wearable by agilecat.cloud on June 22, 2015
Here’s what $6 billion Fitbit really needs to worry about
Eugene Kim – Jun. 18, 2015
http://www.businessinsider.com/heres-what-6-billion-fitbit-really-needs-to-worry-about-2015-6
 
_ Business Insider
 
Fitbit finally went public on Thursday, opening up nearly 50% on its first day of trading. It is now worth about $6 billion.
 
先週の木曜 (6/18) に株式を公開した Fitbit だが、その初日の株価は 50% UP で推移していた。 そして、いまでは、$6 billion の資産価値に達しているのだ。
 
With $745.4 million in sales last year, Fitbit is the clear leader in the wearable market. In the first quarter of 2015 alone, it shipped roughly 3.9 million devices, which accounted for an industry-leading 34.2% of the market.
 
昨年に $745.4 million を売り上げた Fitbit は、ウェアラブル市場における明確なリーダーである。そして、2015年 Q1 だけで、約 390 万台のデバイスを出荷し、この業界をリードする 34.2% のシェアを占めている。
 
bii_wearable_device 6_18_15
BI Intelligence
 
But Fitbit needs to be wary of the competition coming from China’s Xiaomi. As seen in the chart below, by BI Intelligence, Fitbit has lost nearly 10 percentage points of the market share in the first quarter of 2015 compared to a year ago. Meanwhile, Xiaomi’s share jumped to 25% of the market in the first three months of this year.
 
しかし Fitbit は、China の Xiaomi との競合を考えなければならない。BI Intelligence によるチャートを見れば、2015年 Q1 における Fitbit が、前年同期と比べて約 10% のシェアを失っている状況が分かる。その一方で、Xiaomi のシェアはというと、今年に入ってからの 最初の3ヶ月間で、25% のシェアを獲得するという、急成長を示している。
 
Although most of Xiaomi’s Mi Band sales are estimated to have come from the Chinese market, Xiaomi has made it clear that it wants to expand globally. Just last month, it launched a new online store that made its wearables available in the US and UK.
 
Xiaomi Mi Band の売上高は、その大半が China 市場にあると推定されているが、グローバル展開を進めることを、同社は明らかにしている。そして、ちょうど1ヶ月前に、ウェアラブル製品を販売するためのオンライン・ストアを、US と UK で新たに立ち上げている。
 
ーーーーー
research_55なんとフレッシュな顔ぶれなのでしょう! 先進国で飽和しながらも、途上国へ浸透していくという、大きな過渡期を迎えているスマホ・ビジネスを横目で見ながら、Fitbit と Xiaomi が、ものすごい勢いで突っ走っています。 Samsung や Apple は、これまでの蓄積を武器にして、どのように巻き返していくのでしょうか? それとも、このマーケットには、新しい秩序が生まれていくのでしょうか? 正直なところ、こんなにおもしろい展開になっているとは、予想もしていませんでした! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう
Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!
100人に聞きました: いくらなら iWatch を買いますか? 結果をチャートで ど〜ぞ!
スマート・ウォッチへの期待: iOS ユーザーが Android ユーザーを、大幅に上回る!
Apple Watch Gold が、$17,000 に値付けされる理由とは?
 

API の調査: このソフトウェア資産の運用術が、ハイテク・ビジネスの命運を分ける!

Posted in API, On Monday, Salesforce by agilecat.cloud on June 22, 2015
APIs: Virtual Assets that are the Key to Driving a High Tech Business
Dick Weisinger – June 15th, 2015
http://formtek.com/blog/apis-virtual-assets-that-are-the-key-to-driving-a-high-tech-business/
 
_ formtek
Companies like Uber, Airbnb, Facebook, Alibaba, and Paypal are examples of businesses that have high valuations but which don’t have any physical assets.  One thing these businesses do have though is software and these businesses are experts in using Application Program Interfaces (APIs) to expose their data and software algorithms to increase their business’ value.
 
Uber/Airbnb/Facebook/Alibaba/Paypal といった企業は、大きな価値を有してはいるが、なんらかの物理的な資産を、自身では所有しない企業の代表格である。それらの企業に共通するのはソフトウェアの存在であり、また、Application Program Interfaces (APIs) 使いとしての有能さである。つまり、自身のデータやソフトウェア・アルゴリズムをエクスポーズすることで、そのビジネスの価値を高めているわけだ。
 
Programmableweb.com estimates that there are over 12,000 different APIs.  Harvard Business Review estimates that Salesforce.com generates half of its revenues from APIs.  Expedia generated 90 percent, and eBay 60 percent.
 
Programmableweb.com は、現時点で 12,000種類以上の API が存在すると推定しているHarvard Business Review は、Salesforce.com における収益の半分が、API から生み出されていると推定している。 その値は、Expedia の場合で 90% となり、eBay は 60% となる。
 
Brian Lillie, CIO of global data center provider Equinix, said that  “CIOs should care a lot about APIs, because they are a way to unlock data and make it available to enterprise applications, customers and partners.  APIs can liberate your data…  Writing reports on these old systems takes a lot of work and a lot of people.  But if you put a handful of APIs in front of that old system of record, you can expose the trapped data to developers who can easily extract it.  APIs eliminate the need to write custom reports in archaic languages, like COBOL.  It’s a powerful way to give self-service to your organization.”
 
グローバルなデータセンター・プロバイダーとして有名な、Equinix の CIO である Brian Lillie は、「CIO たちは、API について、たくさんのことを考えなければならない。つまり、データにかけられたロックを解除し、エンタープライズにおけるアプリケーション/カスタマー/パートナーたちが利用できるようにする必要があるからだ。API により、あなたのデータは解放される。一般的に言って、古いシステムを呼び出すコードを書こうとしても、多くの作業と多くの人々が必要になる。しかし、いまも稼働している古いシステムのフロントに、一握りの API を配置するだけで、一連のデータをエクスポーズすることが可能になり、それを取得した開発者たちは、必要なデータを容易に抽出できるようになる。そして、API を利用することで、たとえば COBOL のような古風な言語の場合のような、カスタムなコードを記述する必要もなくなる。つまり、それぞれの組織におけるセルフ・サービスという、パワフルな方式を API は提供してくれるのだ」と述べている
 
Lillie said that “with the Internet of Things (IoT), we are going to see a tremendous number of devices and consumer products producing and communicating a huge amount of data…  Over time, every one of these devices will have the ability to communicate via an API in an integrated, consolidated and standardized way When APIs meet the Internet of Things, the result is going to be game-changing for most companies.”
 
そして Lillie は、「 私たちは Internet of Things (IoT) に出会ったことで、膨大な数のデバイスやコンシューマ製品が、膨大な量のデータを生み出し、また、送受信していく様を、目の当たりにしようとしている。時間が経つにつれて、それらのデバイスのすべてが、統合化/簡素化/標準化された方式の中で、API を介して通信する能力を持つことになる。結論として、API と IoT が出会うとき、大半の企業に対してゲーム・チェンジを迫る変化が生じるだろう」と発言している。
 
ーーーーー
On MondayAPI がもたらす収益としての、Salesforce と Expedia と eBay での推測値が示されていますが、いまの時代のビジネス・モデルを明らかにする、とても明確な切り口ですね。 そして、この Agile_Cat でも、ずいぶんとお世話になった Programmableweb ですが、そういえば、このところ、見ていなかったなぁ・・・ と反省しているところです。 なんらかのソフトウェア資産を API というかたちで、エクスポーズすることは究極のオープンソースだと、どこかで読んだ記憶があるのですが、まさに、そのとおりだと思います。 そして、API を活用する企業が、大きな収益を上げることも、理にかなっていると思えるのです。 API と IoT が出会うときを想像すると、ワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
HTTP/2 の調査: Web の速度を 10倍〜40倍にアップし、将来の暗号化を視野にいれる!
Container の調査: CoreOS と Google のタッグと、新興の OSv が、Docker に対抗する!
Cloud の調査:コンテナの潜在能力を解放し、無駄なリソース消費を排除すべきだ
Browser の調査: IE を Spartan でリプレイスする、Microsoft の狙いは 何処にあるのか?
Security の調査: ハッカーが物理的に侵入すると、大半の企業は数時間で丸裸にされる?

Asia の調査 6/14〜6/20:この2ヶ月間のクラウド/データセンター情報を追跡!

Posted in Alibaba, Asia Weekly, Data Center Trends by agilecat.cloud on June 21, 2015
わずか2ヶ月で、こんなに変化するアジアのインフラに唖然・・・
 
_ cna-banner
 
ゴールデン・ウィーク明けに、Asia のデータセンター情報をまとめてみましたが、その後も続々と、インフラに関連する興味深いトピックが登場しています。そこで、今週は、5月と6月のクラウド/データセンター/サーバー動向についてトレースしていきたいと思います。その中には、対訳として Agile_Cat に掲載したトピックもありますので、まずは、それらを振り返ってみます。
 
At BeijingFlickr
Shreyans Bhansali
 
Cloud Asia News を立ち上げてから、すでに一年以上が過ぎていますが、中国人アナリストが分析するクラウド動向レポートを、初めて見つけたので訳してみました。 それは、Alibaba の勢いを説明するものであり、すでに同社は、世界の Top-3 を構成すると論じています。「5/19: 中国の主張:Amazon と Microsoft に Alibaba が加わり、クラウドの Top-3 が構成される」 いまでは、一般の中国人と疎遠になってしまった Google が、Alibaba にはじき出されたという感じですね。また、Allibaba は、グローバルでの展開を視野に入れた、Equinix との提携も進めています。「6/5: Alibaba クラウドも Equinix プライベート・リンクに接続:香港 DC を介して中国と世界はつながるのか?
 
ecomm-marketplace-active-buyersそして、どうしても気になるのが、同じコマース・サイトとしての規模の比較ですが、この 4月に Business Insiderが、両サイトにおけるアクティブ・サブスクライバーの数を、このようなチャートを用いて比較しています。その他にも、2014年8月の TechInAsia が「Alibaba と Amazon:両社のスケールとビジネス・モデルを比較する!」というインフォグラフィクスを提供しています。
 
話は、鳴り物入りで始まった VCE の崩壊劇に飛びます。 つまり、VMware/Coiso/EMC 連合軍から Cisco が実質的に離脱したというトピックなのですが、そこに Quanta が一枚噛んでいるという、Taiwan からの興味深い情報です。「5/22: Quanta の VCE サーバーが、VxRack に独占的に搭載される?」こうした、グローバルでの勢力分布図を書き換えるような出来事の影に、ちゃんと台湾の大手が食い込んでいるのが印象的です。 そして Quanta の展開ですが、以下のトピックスを見る限り、より上位のレイヤまでを取り込んだ、ソリューション・ベンダーへの道を歩み始めたように感じますね。
 
5/04: Quanta pushing into private cloud solutions for revenue growth
6/17: Quanta to strengthen software R&D for enterprise server business
 
その他のデータセンター関連情報ですが、以下に示すとおり、Digital Reality の 進出が本格化し、Google が更なる投資を表明するなど、依然として Singapore ラッシュが続いています。しかし、その一方では、Apple が Foxconn と提携して、China 本土にデータセンターを構築すると発表しています。また、Open Data Center Alliance のボードに China Unicom と Infosys が参加するようですが、こうしたアジアの活気を見ると、当然のことなのでしょう。
 
5/25: Digital Realty Opening $150m Singapore Data Center
6/03: Google が、シンガポール 第2DC の計画を発表した
6/14: Apple が Foxconn と提携して、中国本土にデータセンターを構築か?
6/06: ODCA Welcomes Board Members from China Unicom, Infosys and Intel
 
以下は、この2ヶ月における、Asia のクラウド/データセンター/サーバー動向です。
 
5/18: Aliyun making inroads into Middle East, North Africa
5/21: China Unicom sets up cloud-based data centers
5/21: Alibaba to open more data centers in global cloud computing push
5/21: Singapore plans to build green data centre technology hub
5/22: Communications moves data centre offsite in $18m deal
5/23: IBM planning to set up second data centre in India
5/23: HP sells 51% stake in China server unit for $2.3 billion
5/25: Fujitsu Upgrading Australian Data Centers Starting With Perth
5/25: Big data, IoT to boost Taiwan’s information services sector
5/26: Equinix Announces Further Expansion of its Footprint in Hong Kong
5/27: DHS moves into new CDC data centre, from AU
5/29: Foxconn to continue expanding Big Data center in Guizhou
5/29: MacTel to sell Sydney data centre
 
6/2: Server shipments grow 13% in 1Q15, while revenues increase 17.9%
6/2: Unisplendour Acquires 51% Stake In H3C From HP
6/3: China’s X86 Server Market Grew 23% In Q1 2015
6/5: 1-Net connects data centers in Asia, from SG
6/8: Wiwynn Adds Workload-Optimized Cavium ThunderX™-based Platforms
6/8: Aliyun Announces Global Partnership Program to Boost Public Cloud
6/11: NEC launches SDN-compatible switches for large data centers
6/11: Nutanix will go local for APAC, IPO for transparency
6/12: Shenzhen server maker Inspur targets HP’s clients in China
6/12: Fibre network outage affecting parts of Singapore resolved: NetLink
6/14: Chinese telecom firm Huawei supports Ghana’s ICT modernization
6/15: The ISPs take it all: No compensation for Vietnam’s snail-like Internet
6/19: NexGen Networks Works with iAdvantage to Build a Hong Kong Point
 
以下は、今週の Top-10 Posts です・・・
 
ーーーーー
 
① 6/15: Singtel joints Alibaba cloud computing alliance
 
Singapore
Singaporean government-linked corporations are notable for their investments and dealings abroad, as well as their portfolio management methods, which are held up as models for state-owned enterprises.  State-owned Temasek Holdings, for instance is often noted has been the subject of an NUS-CIMA study.  Meanwhile, GIC has been the subject of much research often focused on sovereign wealth funds. Singtel has joined a network of partnerships led by Intel and Alibaba Group, while GIC is sourcing for more investment opportunities in West Bengal. In the energy sector, the Singapore-listed Ezra Group has secured contracts worth $115 million.
 
② 6/15: Australia’s internet hit hard by massive Malaysian route leak
 
AustraliaA misconfiguration at Telekom Malaysia late last week caused large-scale routing issues which cascaded through providers in Oceania and elsewhere in the world, resulting in customers experiencing severe network problems. The issue started at at 6:43pm AEST last Friday when Telekom Malaysia made changes to its routers using the border gateway protocol (BGP), which is used by providers and networks to decide how data traffic flows via prefixes inserted into the internet routing table.
 
③ 6/14: Yahoo mobile developer conference to be held in India
 
IndiaNEW DELHI: Yahoo announced that it will host its mobile developer meet in New Delhi on June 24 and in Bengaluru on June 26.  Jarah Euston, vice president of analytics and marketing at Flurry (owned by Yahoo), said: “India has a vibrant, rapidly growing app developer community. As a mobile-first company, we understand the need for app developers to have a strong mobile analytics and monetization engine.”
 
④ 6/17: Microsoft Azure & Office 365 achieve Level 3 of Singapore’s security standard
 
SingaporeMicrosoft’s Azure platform and Office 365 have achieved, Level 3, of the Multi-Tier Cloud Security (MTCS) Standard for Singapore (SS 584) which has been designed for regulated organizations with specific requirements and more stringent security requirements. Microsoft’s Dynamics CRM Online has also been assessed and certified as complying with Level 2 of MTCS SS, which is designed to address the needs of most organizations running business critical data and systems through a set of more stringent security controls to protect business and personal information in potentially moderate impact information systems using cloud services.
 
⑤ 6/18: TCS and IBM lead race for Volvo’s $500 million IT contract
 
IndiaBENGALURU: Tata Consultancy Services and International Business Machines have emerged as frontrunners in the race to win Swedish truckmaker AB Volvo’s IT outsourcing contract, worth about $500 million, according to people familiar with the matter. As part of the deal, which is expected to stretch over three to five years, Volvo will outsource its IT business unit, they said, adding that HP and Infosys are among the other firms being evaluated. Volvo may give out business worth at least $100 million a year as part of this deal, they said, requesting anonymity.
 
⑥ 6/12: Penang is on its way to becoming the Silicon Valley of the East, and IoT is how
 
MalaysiaIt is almost lunchtime when I step into Suntech Tower, an unspectacular office building which is home to several high-flying Penang startups. As is typical here, the afternoon sun is scorching, so the cold air-conditioning that greets me as I enter is a welcome reprieve. Today, I am here to visit Piktochart, whose infographic design app is arguably one of the Malaysian state’s most accomplished startups to date. It boasts 2.7 million users, of which 300,000 are active monthly.
 
⑦ 5/5: TSMC InFO-WLP technology to generate significant revenues starting 2016
 
TaiwanTaiwan Semiconductor Manufacturing Company’s (TSMC) backend integrated fan-out (InFO) wafer-level packaging (WLP) technology will start contributing significantly to the IC foundry’s revenues in 2016, according to industry sources. TSMC’s in-house developed InFO-WLP technology is expected to attract many orders including orders from Apple in 2016, said the sources. Qualcomm, MediaTek and Huawei are all pinpointed as potential customers of TSMC’s IC backend business.
 
⑧ 6/16: Telin Singapore launches telco hub
 
IndonesiaTelekomunikasi Indonesia International (Telin Singapore) has started construction of a 20,000 square metre, five-storey Data Centre and Telecommunication Hub located at Singapore’s Data Center Park (DCP) in Jurong. This new facility will be the third datacenter owned and managed by Telin Singapore. To be branded as Telin-3, it will address the growing demand for premium datacenter services to support Singapore’s Smart Nation vision. It will also address demand from the region and global markets where Telin Singapore is able to play a pivotal role in providing reliable, secured and seamless regional and global telecommunications connectivity services.
 
⑨ 6/17: China to implement semiconductor investment plans with CNY600B in funding
 
ChinaChina has begun to implement its investment plans aiming to boost development of the local semiconductor industry, and will inject a total of CNY600 billion (US$19.4 billion) into the industry over the next five years, according to industry sources. Almost 70% of the investment fund will be poured into the IC manufacturing and equipment sectors, with a focus on promoting locally produced logic chips, DRAM and NAND flash memory, said the sources. A group of logic chipmakers led by Semiconductor Manufacturing International (SMIC) has benefited from the first phase of investment, the sources observed.
 
⑩ 6/14: NTT Com Named as a Leader in APAC Managed Security Services 2015 byIDC
 
JapanNTT Communications announced today that it has been positioned as a Leader in International Data Corporation’s (IDC) first ever “IDC ITMarketScape: Asia/Pacific Managed Security Services 2015 Vendor Assessment” report. The IDC ITMarketScape represents a vendor assessment including both quantitative and qualitative characteristics that define success in today’s managed security services market. IDC evaluated 16 organizations that offer managed security services (MSS) in Asia/Pacific by conducting in-depth interviews with MSS providers and more than 20 interviews with providers’ customers.
 
ーーーーー
cna_6この Top-10 にも入っていますが、インドネシアにおけるテレコムの動きが活発になってきているようです。 インフラに関しては、つまり、データセンターに関しては、シンガポールのファシリティを利用するケースが多いようです。 このインドネシアも、たいへんな数のモバイル・サブスクライバーを抱えていますので、それに対応すべく、データセンターへの投資が盛んになってきています。_AC Stamp
 
6/07: Telkom builds 3rd data center in Singapore, from Jakarta
6/08: Telin begins construction of data centre, telco hub in Jurong
6/16: Telin Singapore launches telco hub
ーーーーー
<関連>
Asia の調査 6/7〜6/13: Facebook の戦略は、アジアで上手く展開しているのか?
Asia の調査 5/31〜6/6: IoT の動向を調べてみたら、台湾の頑張りがスゴイ!
Asia の調査 5/24〜5/31: 海底ケーブルについて、一年のトピックをまとめてみた
Asia の調査 5/18〜5/23: ミャンマーの勢いがスゴイ!
Asia の調査 5/10〜5/17:インドに流れ込む資本と、中国から溢れ出る資本
 
%d bloggers like this: