Agile Cat — in the cloud

台湾の Wistron と Inventec が、ついに ARM サーバーの生産に着手する!

Posted in Asia, Data Center Trends, Open Compute by Agile Cat on April 24, 2014

Wistron, Inventec to start ODM production of ARM-architecture servers for HP in 2H14
http://wp.me/pwo1E-7r7
Aaron Lee, Taipei; Joseph Tsai, DIGITIMES – 23 April, 2014
http://www.digitimes.com/news/a20140423PD205.html

_ DiGiTimes

Wistron and Inventec will begin ODM production of ARM-architecture servers for Hewlett-Packard (HP) in the second half of 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.

Taiwan ベースのサプライチェーン・メーカーたちによると、Hewlett-Packard (HP) からの発注に対して、Wistron と Inventec は、ARM アーキテクチャ・サーバの ODM 生産に、2014年後半から着手することになる。

Some component makers will start shipping products for HP’s ARM-based servers in May.

また、いくつかのコンポーネント・メーカーたちは、HP の ARM ベース・サーバーに関連する製品を、この 5月から出荷するとしている。

Although ARM solutions are unlikely to become an immediate threat to Intel, the sources believe the extra option should provide clients more leverage to bargain for better prices and more resources from Intel.

ARM expects its platform to account for 5-10% of the global server market prior to 2016 and will reach 10-15% by 2017.

この ARM ソリューションが、Intel に対する差し迫った脅威になる可能性は低いと、この情報筋は説明している。 ただし、Intel も資金を投入し、それらのクライアントに対して、価格を引き下げたプロダクトが提供されるとしている。また、このプラットフォームに関する ARM の期待値は、2016年までにグローバル・サーバー市場の 5〜10% に、そして2017年まで 10〜15% に達するというものである。

In addition to AMD, Calxeda and Marvell, Samsung Electronics has also reportedly started developing ARM-based processors for servers.

伝えられるところによると、AMD/Calxeda/Marvell に加えて Samsung Electronics も、サーバー用の ARM ベース・プロセッサの開発に着手しているようだ。

Related stories

ーーーーー

TAG indexCalxeda が残念なことになってしまいましたが、つい先日の eWeek に「AMD to Launch ARM-Based Opteron Server Chip in Late 2014」という記事がポストされていたので、おそらく、それを受けたかたちで Wistron/Inventec が動き出すのでしょう。ARM サーバーに関する情報を調べてみたら、Agile_Cat では 2011年に 「ARM – データセンターから Intel を たたき出せ!」というタイトルでポストしたのが最初のものでした。そこから、そろそろ 4年が経とうとしていますが、ようやく本格化しそうです。 また、Linaro のような組織が頑張ることで、ARM サーバーのためのエコシステムも充実しているようです。これからが、楽しみですね!image

ーーーーー

<関連>

Google や Facebook は、サーバー用の カスタム CPU に取り組むだろう
SeaMicro を買収した AMD は、ARM ライセンスの取得へと向かうのか?
ARM チップは 5-watt の電力でサーバーを動かす
ARM vs. Intel : 主戦場は スマホ・サイズの サーバー?
ARM の 16 コアは、モバイル基地局へも攻め入る

Equinix が新たに展開する Performance Hubs とは?

Posted in .Selected, Data Center Trends, Equinix, Network by Agile Cat on April 23, 2014

Equinix Launches Performance Hubs
http://wp.me/pwo1E-7r2
Light Reading – 3/5/2014
http://www.lightreading.com/equinix-launches-performance-hubs/d/d-id/708078

_ Light Readingspacer

REDWOOD CITY, Calif. — Equinix, Inc., the global interconnection and data center company, today announced the Equinix Performance Hub, a new solution that uniquely combines elements of data centers, networking infrastructure and connectivity, and cloud computing access to improve application performance and deliver a globally consistent quality of experience to end users.

相互接続サービスとデータセンターを、グローバル・マーケットで展開する Equinix Inc. だが、3月5日に Equinix Performance Hub という新しいソリューションを発表した。それは、データセンター/ネットワーク・インフラ/コネクティビティにおける要素を、一意に取りまとめるものであり、また、アプリケーション性能を向上させるクラウド・コンピューティング・アクセスを実現し、グローバルにおける均一な品質とエクスペリエンスをエンドユーザーに提供するものとなる。

The Performance Hub serves as an extension of the private enterprise network into an Equinix International Business Exchange (IBX) data center, enabling enterprises to securely and reliably connect to network and cloud service providers using their own infrastructure or off-the-shelf equipment supplied as part of a bundled offer. Global enterprises such as Chevron, eBay, and Nvidia have already elected to deploy Performance Hub architectures in Equinix data centers around the world.

この Performance Hub は、プライベート・エンタープライズ・ネットワークを、Equinix International Business Exchange (IBX) へと向けて拡張させるものとして機能する。それにより、それぞれのエンタープライズは、安全かつ確実にネットワークに接続することが可能となり、その一方で、独自のインフラや既成品としての機材を使用するクラウド・プロバイダーは、そのサービスをバンドルして提供できるようになる。Chevron/eBay/NVIDIA といったグローバル・エンタープライズは、世界に展開する Equinix のデータセンターに、この Performance Hub アーキテクチャをディプロイするという方針でいる。

Global cloud traffic is forecast to grow 4.5 times between now and 2017, to 7.7 zettabytes a year, according to Cisco Systems. The combined forces of globalization and the reliance on collaborative, business-critical applications are causing significant demand on enterprise networks and IT architectures. As a result, these businesses need a robust, secure and distributed network to meet the performance needs of a dispersed user base.

Cisco Systems によると、グローバルにおけるクラウド・トラフィックは、2017年までの間に 4.5倍に成長し、7.7 Zetta Byte にいたると予測される。そして、グローバリゼーションへ向けた推進力と、コラボレーションにおける相互依存を組み合わせた、クリティカルなビジネス・アプリケーションが、エンタープライズ・ネットワークと IT アーキテクチャに大きな需要をもたらしている。 結論を述べるなら、それらのエンタープライズは、世界に点在するユーザー・ベースに応じて、パフォーマンスに関するニーズを満たすために、堅牢/安全/分散を保証するネットワークを必要としている。

Equinix developed the Performance Hub to address the needs of enterprises struggling to maintain the highest level of network performance and quality of service for global users. Performance Hub deployments include:

Equinix が開発した Performance Hub は、グローバル・ユーザーが要求するネットワーク性能とサービス品質を、最高レベルに維持するという困難なニーズに取り組む、エンタープライズのためのものである。Performance Hub のデプロイメントには、以下の項目が含まれる:

  • Equinix IBX data center hosting ̶ Cabinets, power, and cross connects
  • Network connectivity ̶ Metro-Ethernet, long-haul (MPLS-VPN), ISP
  • Network equipment ̶ Routing, switching, firewalls, SSL-VPN, load-balancers, WAN-acceleration
  • Cloud connectivity ̶ Private, high-bandwidth connectivity to leading public clouds such as Amazon Web Services (AWS), Microsoft Windows Azure and many others.

ーーーーー

TAG indexクラウドの定義って何なのだろうと考えると、ワークロードに応じた適切なリソースの設定が、つまり Elastic Computing が真っ先に頭に浮かんできますが、もう 1つのモノサシとして Networked Computing も重要だと思うのです。 このポストの最後に記されている、[ Cloud connectivity ] のところに AWS と Azure が並んでいますが、それらを Public というより、Elastic の代表格として捉えることも可能です。 そして、そこに Networked の代表格である Equinix が加わることで、エンタープライズのための Hybrid が完成するというシナリオを、同社はプッシュしていくのでしょう。 その一方では、DigitalOcean のような新興勢力も台頭してきているわけで、クラウドの世界は、なかなか勢力図か固まらないという、とても面白い状況にあるようです。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Amazon AWS が Equinix に、ハイブリッド用のダイレクト接続を提供
AT&T と Equinix:エンタープライズ向けのクラウド・アライアンスを締結
Equinix の Cross-Connects が、110,000 接続に達したらしい
シンガポール は データセンター 天国 : Equinix は語る

これが ウワサの DigitalOcean だ! AWS を上回るペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!

Posted in .Selected, Strategy, Web Scale by Agile Cat on April 22, 2014

These Guys Met On Craigslist And 2 Years Later Their Startup Raised $37 Million And Is Threatening Amazon
http://wp.me/pwo1E-7qV
Julie Bort – Apr. 18, 2014
http://www.businessinsider.com/startup-from-craigslist-to-amazon-killer-2014-4

_ Business Insider

Remember last December, when Beyoncé caused a music industry firestorm by releasing her new album via her website and iTunes a full week before retailers like Amazon and Target could sell it?

Beyonce が音楽業界に嵐を巻き起こした、昨年の 12月のことを覚えているだろうか? つまり、Amazon や Target といったリテーラーを一週間も待たせながら、自分の Web サイトと iTunes で、新しいアルバムをリリースしてしまった、あの騒動のことだ。

DigitalOcean co-founders Ben Uretsky, Moisey Uretsky, Mitch Wainer

LinkedIn/DigitalOcean

Well, unbeknownst to them, these three guys were part of the controversy. Their company, DigitalOcean, runs the cloud service that hosts Beyoncé’s website. But they didn’t know about her album plans until they saw the traffic go crazy on their cloud that day.

そして、この騒ぎには、3人の男が関与しているのだが、そんなことは誰も知らない。彼らの会社は DigitalOcean であり、Beyonce の Web サイトをホストする、クラウド・サービスを運営しているのだ。ただし、その日、DigitalOcean のトラフィックが狂ったように上昇するまで、彼らは Beyounce のニュー・アルバムのことを、まったく知らなかったようだ。

"We had no idea," co-founder and CEO Ben Uretsky told Business Insider. "Her development team chose DigitalOcean because of our fast cloud servers.” That Beyoncé’s web developers had full confidence that this startup could safely handle the load when millions of people all jumped on the website the second the album launched says a lot about the startup.

「 それについて、特別なことは何もない。 DigitalOcean のクラウド・サーバーが速いということで、彼女の開発チームが選んだのだろう」と、CEO の Ben Uretsky は Business Insider に語っている。 Beyonce の Web デベロッパーは、このアルバムが発売された瞬間に、何百万人もの人々が Web サイトに殺到しても、このスタートアップが安全にワークロードを処理できるという、完全な自信を持っていたと語っている。

But it was just another milestone in a whirlwind that began two years ago, when brothers Ben and Moisey Uretsky met Mitch Wainer through Craigslist. "We met on Craigslist, but it wasn’t the personals," laughs co-founder and CMO Wainer. "Ben and Moisey put out a job listing and I answered it.”

しかし、わずか 2年前にスタートしたという観点では、彼らは別のマイルストーンも達成している。 Ben と Moisey の Uretsky 兄弟が、Craigslist を介して Mitch Wainer と出会ったのが、そのときなのだ。「 私たちは、Craigslist で出会ったのだが、それはパーソナルなものではなかった。 Ben と Moisey がジョブ・リストを出し、それに私が答えたのさ」と、Co-Founder and CMO であるWainer は笑いながら言っていた。

Wainer was bored with a dead-end job at a startup where he had no equity, and was surfing for new options. He had gotten an offer from another hot New York startup, ZocDoc, but made a "big bet" to go become a founder instead.

そのときの Wainer は、自分では投資していない、すでに行き詰まっているスタートアップに退屈していたので、この、新しいオプションに乗ったという。彼は、New York のホット・スタートアップである ZocDoc からもオファーを受けていたが、自分が創業者になるという"大きな賭け”に出たのだ。

The bet paid off. DigitalOcean landed a spot in the TechStars 2012 class in Boulder, Colo., and the team built a cloud service that quickly became astoundingly popular. In less than two years, mostly through word-of-mouth, DigitalOcean has become the ninth largest cloud infrastructure company in the world, according to a site that tracks such stats, Netcraft.

その賭けは報われた。 DigitalOcean は Boulder, Colo における TechStars 2012 クラスで、キャッシュを手に入れた。 そして、このチームはクラウド・サービスを構築し、それを、驚くほど急速に普及させたのだ。 2年前までは、絵に描いたモチに過ぎなかった DigitalOcean だが、統計トラッキング・サイトである Netcraft によると、いまや世界で 9番手のクラウド·インフラ企業へと成長している。

IT professionals love it for something called "droplets," which is what the company calls its cloud computers. Droplets can be set up in 55 seconds, they use superfast solid-state disk (SSD) flash storage (that’s what Beyoncé’s team liked) and cost as little as $5/month.

IT のプロフェッショナルたちは、DigitalOcean が droplet と呼ぶものを好んでいる。この droplet の設定は 55秒で完了し、( Beyonce チームもお気に入りの)超高速の SSDも提供されるが、そのコストというと、わずか $5/month なのだ。

Today the company hosts about 1.5 million "droplets" and was adding more servers per month than Amazon’s cloud, Netcraft says. It has 150,000 customers and recently opened a new Amsterdam data center, too.

現時点で、同社がホストする droplet は 1.5 Million を数え、Netcraft によると、Amazon を凌駕するペースで、毎月のようにサーバー数を増やしているという。また、顧客数としては 15万アカウントを有し、先日には Amsterdam データセンターもオープンしている。

In March, DigitalOcean nabbed a big $35 million Series A at a $153 million valuation led by Andreessen Horowitz (it has raised $37.2 million total). And, unlike many Silicon Valley cloud startups, DigitalOcean didn’t need the money. It’s already profitable, Wainer says. They don’t plan to use the investment to operate at a loss.

そして 3月の DigitalOcean は、Andreessen Horowitz が率いるラウンドで $153 Million の評価を得て、$35 Million の Series A という(全体では $37.2 Million)、膨大なキャッシュをかっさらって行った。 ただし、数多くの Silicon Valley クラウド・スタートアップとは異なり、DigitalOcean はキャッシュを必要としていない。 なぜなら、DigitalOcean は、すでに黒字を出しているからだと、Wainer は述べている。 彼らは、損失を補填するというレベルで、投資家たちからの支援を必要としているわけではないのだ。

"We’ll grow as fast as possible as long as we’re at break even," Wainer says. "The moment we start to go into the red, we would take a step back. We just love running profitable companies. That’s a contrast with New York. We’re real. We’re down to earth. We don’t run a fantasy revenue model.”

「 私たちは、赤字にならない範囲で、可能な限り迅速に成長していくつもりだ。もし、赤字に突入しそうなら、後戻りする。私たちは、収益性の高い企業を目指している。つまり、New York の企業とは、対照的なのかもしれない。地に足をつけて、現実を眺めながら進んでいく。 ファンタジーのような収益モデルを、推進することはあり得ない」と、Wainer は述べている。

ーーーーー

これまでにも、この DigitalOcean の名前は何度か聞いたことがあります。しかし、ここまで凄まじい勢いで伸びているクラウドだとは、ちょっと想像外でした。 なんというか、怪物と呼ばれる存在へと、このまま成長していく可能性を感じます。ちなみに、Wikipedia によると ーーー そして12月13日、突如 5th アルバム BEYONCÉ を、全世界の iTunes Store 限定でリリース。事前の宣伝は全くなく、先行シングルもないという異例の状態でのサプライズ・リリースとなった。ビジュアル・アルバムと銘打たれたこの作品は、14曲の新曲と、17編のビデオ映像で構成されている。BEYONCÉ は、発売から3日間で61万7千ダウンロードを売り上げ、2nd アルバム B’Day の54万1千枚を、デジタルセールスのみで上回った形となった。また、全世界での売り上げは3日間で82万8千ダウンロードに達した。これは、iTunes Storeにおける史上最速セールスとなり、6日後には100万ダウンロードとなった。 ーーー とのことです。この、一連の数字が iTunes だけのものなのか、Beyonce Web でのダウンロードも含むのか、そのあたりが不明ですが、楽曲だけではなく動画も含んでいるところに、スケールとしての凄まじさを感じます。これまでの事例ですと、たとえば Zynga などは、新作のローンチに AWS を使い、ピークが収まったころに Zcloud に移行するという安全策をとっていたようですが、Beyonce の Web チームには、DigitalOcean を選ぶ理由があったのでしょう。とても面白い話ですね! __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Web サイト Top-1000000 の、43% が米国にホストされている
Google Load Balancing のベンチマーク : 100万リクエスト/秒を達成!
Snapchat の CTO が、Google Cloud Platform Live に登壇するということは?
OpenStack はスケールできるのか? IBM と Mirantis は YES と答える
アジアの MOBILE トラフィック比率が、この 2年間で 3倍に増大した!
インターネット人口が 5年で 2倍になったという事実から、あれこれ推測してみる

Apple が アメリカ市場で Android のシェアを削っている:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Mobile, Research by Agile Cat on April 22, 2014

Apple’s Impressive Market Share Gains In The U.S.
http://wp.me/pwo1E-7qO

Jay Yarow – Apr. 4, 2014
http://www.businessinsider.com/apples-impressive-market-share-gains-in-the-us-2014-4

_ Business Insider

If there’s one negative thing you’ve heard about the iPhone in past few years, it’s that it’s getting walloped in market share battle with Android.

これまでの数年間で、iPhone についてネガティブなことを聞いたことがあるなら、それは、Android とのシェア争いで、手痛い目にあっているという話だろう。

Around the world, that’s certainly true, but in the U.S., the iPhone is doing pretty well. As you can see in this chart from Statista based on data from comScore, Android is actually falling while the iPhone continues to take share.

それは、世界中のいたるところで実際に起こっているのだが、こと、アメリカでは、iPhone が大健闘しているのだ。 comScore のデータをベースに、Statista が作成したチャートから読み取れるように、iPhone のシェアが伸び続けている一方で、Android が低下している。

_  space

Business Insider/ComScore/Statista

The reason the iPhone can win in the U.S. is that thanks to carrier subsidies an iPhone costs just as much as an Android phone. Elsewhere in the world, an Android phone costs a fraction of what an iPhone costs.

このアメリカ市場で iPhone が勝てる理由は、キャリアが補助金を出してくれるおかげで、iPhone と Android Phone のコストが、ほぼ同じになるためである。その他の国々では、Android Phone のほうが iPhone よりも、少しだけ安くなるのだ。

But, even here in the U.S., all is not well for Apple. On its last earnings call, CEO Tim Cook said iPhone sales dropped in North America thanks to changes to U.S. carrier policies which limited iPhone upgrades.

しかし、このアメリカでも、すべてにおいて Apple が好調というわけではない。直近の収支報告会で、CEO である Tim Cook は、iPhone の販売が北米で鈍化していると発言した。つまり、アメリカのキャリアが方針を変更したことで、iPhone のアップグレードに制約が生じているのだ。

ーーーーー

TAG indexこれは、日本でも言えることなのですが、アメリカの市場で iPhone が頑張っています。 先日も、インドでは $50 スマホの時代という記事をポストしましたが、いまや iPhone と Android Phone の価格差は圧倒的なものになっています。 ところが、アメリカのマーケットでは、その価格差をキャリアが吸収しているので、こうした展開になっているというのが、Jay Yarow さんの分析なのでしょうね。 はたして、キャリアが方針を変更しても、iPhone は勝ち続けられるのか? とても興味深い話ですね。 ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Apple と iPhone の問題:富裕層マーケットの飽和と成長の鈍化
iPhone 6 を予測する、美しいデザイン・コンセプト写真を ど~ぞ!
いまの iPhone を、1991年に戻って製造すると 3.5 億円になる! その内訳は?
新しい 4.7 インチの iPhone が、どれほどデカくなるのか、2つのイメージで示してあげよう!
iPhone 6 の写真がリークされた:しかも、Foxconn からのダイレクト版らしい!

IoT の調査:その急成長が、データセンターとサプライチェーンに大きな影響をもたらす

Posted in IoT, On Monday by Agile Cat on April 21, 2014

Internet of Things: Data Centers and Supply Chain to see Impact of Rapid Growth
http://wp.me/pwo1E-7qH
By Dick Weisinger – April 15, 2014
http://formtek.com/blog/internet-of-things-data-centers-and-supply-chain-to-see-impact-of-rapid-growth/

_ formtek

In 2009 Gartner estimates that roughly .9 billion devices were connected to the Internet — the Internet of Things.  By 2020, they estimate that the number of devices will increase to 26 billion.  By 2020, IoT product and service providers will be generating incremental revenues of more than $300 billion from the technology.

Gartner の推測によると、2009年の時点で、およそ 0.9 Billion のデバイスが、インターネットに接続されていた。 つまり、IoT である。そして 2020年までに、こうしたデバイスの数が、26 Billion にまで増大すると、同社は予測している。さらに、IoT に関連するプロダクトおよびサービスのプロバイダーたちは、2020年には $300 Billion に達する売上を、このテクノロジーから段階的に得ていくとしている。

Two areas to be particularly affected by this rapid 30-fold growth in connected devices are data centers and supply chain management.

デバイスへの接続において、30倍もの急成長が達成されるのだが、そこから最大の影響を受ける 2つの領域は、データセンターとサプライチェーンの管理である。

Michael Burkett, Gartner managing vice president, said that ”supply chain leaders must design their processes to operate in this digital business world.  This includes fulfilling the new expectations of customers and the volatile demands that digital marketing will create.  A future supply chain will meet those expectations by converging people, business and things in a digital value network, and incorporating fast-emerging capabilities such as IoT and smart machines into this design strategy.”

Gartner の Managing VP である Michael Burkett は、「 サプライチェーンのリーダーたちは、このデジタル・ビジネスの世界における、運用のプロセスをデザインする必要がある。そのためには、顧客の新たな期待に対応し、デジタル・マーケティングが生み出す、揮発性の需要も満たさなければならない。これからのサプライチェーンは、デジタル値を活用するネットワークの中に、人々/商売/物事を集約するという、期待に応えるものとなる。そして、急速に立ち上がってくる、IoT や スマート・マシンといった機能を、そのデザイン上の戦略に組み込むべきである」と、述べている

Fabrizio Biscotti, research director at Gartner, said that ”IoT deployments will generate large quantities of data that need to be processed and analyzed in real time.  Processing large quantities of IoT data in real time will increase as a proportion of workloads of data centers, leaving providers facing new security, capacity and analytics challenges.”

Gartner の Research Director である Fabrizio Biscotti は、「 IoT のデプロイメントにおいては、リアルタイム処理/分析を必要とする、大量のデータが生成される。こうした、大量の IoT データをリアルタイムで処理することで、データセンターにおけるワークロードの比率が増大していく。つまり、サービス・プロバイダーとは離れたところで、セキュリティ/キャパシティ/アナライズに関する、新たな課題に直面することになる」と述べている

ーーーーー

たしかに、大きな変化が、この 2つのフィールドには生じそうですね。 もちろん、それ以外にも、センサーの業界なども大きく変化しますが、ここで Dick Weisinger さんが言いたいのは、仕組みの変革と量産の体制の違いなのでしょう。 IoT が生み出すべき、サプライチェーンの膨大なデータのフローをデザインし、そのフローを止めることなくデータセンターで処理/分析し、再びサプライチェーンに返していく必要があると、言いたいのだと思います。 そう言われてみると、とてつもない変化が訪れるという話も、とても納得しやすくなりますね。 なお、原文の .9B を 0.9B と読んでいますが、Gartner の方に「 30-fold increase in Internet-connected physical devices by 2020 」と記載されているので、それで間違いないはずです。

ーーーーー

<関連>

Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない
Storage の調査: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?
Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由
IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!

PC が 売れなくて、Intel まいってる:それを示す1枚のチャート

Posted in Microsoft, Post-PC, Research by Agile Cat on April 20, 2014

The Death Of The PC Market Is A Huge Problem For Intel
http://wp.me/pwo1E-7qD
Jay Yarow – Apr. 16, 2014
http://www.businessinsider.com/intel-pc-market-chart-2014-4

_ Business Insider

This chart from Statista shows how Intel’s business is tied to the PC industry. This shows Intel’s revenue growth versus PC shipment growth, as measured by Gartner. This chart isn’t too shocking, but it does a good job of illustrating the problem Intel has to solve as the world moves to tablets and smartphones.

この、Statista によるチャートが示すのは、Intel のビジネスと PC の業界の間に、きわめて密接な関係があるという点である。そして、Gartner の推測に沿ったかたちで、PC 出荷台数の伸びと、Intel の収益を対比するものとなっている。いまとなっては、それほど驚くべきものでもないが、この世界がタブレットとスマホに移行するにつれて、Intel が解決すべき問題を、このチャートは、きわめて明確に示している。 GOOD JOB!

_  space

Business Insider/Statista

ーーーーー

TAG index2011年を見ると、そこまでは引きずられていないという感じですが、明らかに PC の旗色が悪くなってきた 2012年から、さらにガクンと落ちていますね。 この2本の線のギャップが、サーバー市場における成長率なのでしょうが、いまや 10億ユニットを、1年で販売してしまうスマホ/タブレット勢が、Intel の手元からスルリと抜け出してしまった空白を埋めるには、まったく足りないのですね。 これまでに蓄積してきた、膨大なテクノロジーを活かして、また、強さを取して欲しいですね。 OCP にコントリビュートしてくれた、Silicon Photonics みたいな、素晴しいものがあるのですから!ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

PC の落ち込みが、ようやく下げ止まった? それを示す1枚のチャート – Gartner
新たなインターネット・アクセスを生み出すのは Post-PC だけ? それを示す1枚のチャート
Mobile の調査: 2014年の中小企業は、PC を捨て始めるかもしれない
PC から Tablet へ向けた急激なシフト : それを示す1枚のチャート
2013 – Q2 の PC 出荷量は、前年比で 15.4% も落ち込んでいる

新しい 4.7 インチの iPhone が、どれほどデカくなるのか、2つのイメージで示してあげよう!

Posted in Apple, Mobile, Weekend by Agile Cat on April 20, 2014

Check Out How Much Bigger A 4.7-Inch iPhone Looks Than The Current iPhone
http://wp.me/pwo1E-7q3
Jay Yarow – Apr. 17, 2014
http://www.businessinsider.com/what-a-big-iphone-looks-like-2014-4

_ Business Insider

Apple is reportedly going to release a 4.7-inch iPhone this fall.

伝えられるところによると、この秋に Apple は、4.7-inch iPhone をリリースするようだ。

The current iPhone is 4-inches. You may be thinking to yourself, is 0.7-inches really that big of a difference? The answer is, yes!

いまの iPhone  は、4-inch である。 そして、おそらく、自分で使うときに、この 0.7-inch の差が、どれだけの違いになるのかと、誰もが考えているはずだ。

MacRumors is running through how the iPhone’s resolution would change with a new screen. As part of that it included the following graphic to illustrate how much bigger the big iPhone will look than the current iPhone:

MacRumors が作成したのは、新しいスクリーンに合わせて、iPhone の解像度を変化させたときのイメージである。その中に含まれている一枚が、以下のものであるが、新しい iPhone が、いまの iPhone と比べて、どれほど大きく感じられるのかを示している:

_  space

MacRumors

ーーーーー

weekendデッカイですねぇ〜〜〜  お手元のデバイスで、このスクリーン・イメージが、どのような大きさで見えるのかは別にして、2つを比較すれば一目瞭然ですね。 なんというか、こんなにデカくなるとポケットに入らないと、困惑している男性ユーザーの姿が目に浮かんできます。 その点、スーパー・ウェポンである、ハンドバッグを使いこなす女性ユーザーは、大歓迎なのでしょうかね? でも、「重くしたら承知しないわよ!」という、お達しテレパシーが、あちらこちらから Apple へ向けて、ガンガン飛んでいるようにも思えます :) Apple さんも、心して作らなければなりませんね。 ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

iPhone 6 の写真がリークされた:しかも、Foxconn からのダイレクト版らしい!
iPhone 6 を予測する、美しいデザイン・コンセプト写真を ど~ぞ!
iPhone 5S の 三色と、5C 五色の 人気順位は? それを示す1枚のチャート
Apple は 初代 iPhone の開発に、150 億円 を投じていた! NYTimes
いまの iPhone を、1991年に戻って製造すると 3.5 億円になる! その内訳は?

インドでは、今年、$50 のスマホが2億台ほど販売される:インフォグラフィクス

Posted in .Selected, Asia, Mobile, Research by Agile Cat on April 19, 2014

Get ready for India’s smartphone explosion (INFOGRAPHIC)
http://wp.me/pwo1E-7pS
April 18, 2014 – by
Josh Horwitz
http://www.techinasia.com/india-smartphone-explosion-infographic/

_ tech in asia

Jana, the Boston-based marketing and market intelligence firm, released an infographic yesterday on India’s smartphone market. It’s relatively simple as far as these types of reports go, but we like it because it underscores a few quick and dirty points.

昨日のことだが、Boston ベースの、マーケティング/マーケット調査会社である Jana が、India のスマホ市場に関するインフォグラフィクスをリリースした。 この種のレポートが、分析できる範囲に限りがある。 そして Jana も、相対的にシンプルなものを提供しており、論点を明確に絞り込んでいる点を評価したい。

  • Indian smartphones are dirt cheap.
  • Tons of Indian smartphone buyers (92 percent) will be buying a device for the first time this year.
  • India, like many other developing economies, is Android country.
  • India のスマホは、どうしようもなく安い。
  • India の膨大なスマホ・ユーザーたちが(92%)、デバイスを買い始めるのが、今年である。
  • India は、その他の開発途上国と同様に、Android の国になる。

 

↓ クリックで、フル・インフォグラフィクスへ ↓

 

Thumbnail image via Flickr user vigrigas

ーーーーー

TAG indexこのところ、インドの動きが、とても気になっている Agile_Cat です。 そして、トラフィック・ベースで、Android が Windows 7 を凌駕している国は、おそらくインドだけという認識はありますので、ここで、とんでもない事が起こると感じてはいました。 しかし、$100 スマホではなく、すでに $50 スマホの世界に突入しているとは、思ってもいませんでした。なんというか、凄まじいパワーです。image

ーーーーー

<関連>

インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる?
インドのブロードバンドは、3G Connection により急成長する
WhatsApp の インド市場 : あっという間に 3000万ユーザーに拡大!
インド市場におけるモバイル・シェア : ここでも Samsung が強い!
Gartner が インドの Tata Communications を高く評価:決め手は途上国のサポート

%d bloggers like this: