Agile Cat — in the cloud

Google Cloud Platform のアジア展開が、ついに本格化してきた! from 台北

Posted in .Selected, Asia, Google, Strategy by Agile Cat on April 16, 2014

Cloud platform for Taiwanese enterprises rolled out by Google
http://wp.me/pwo1E-7pr
The China Post – April 16, 2014
http://www.chinapost.com.tw/business/company-focus/2014/04/16/405461/Cloud-platform.htm

TAIPEI — Google Inc. rolled out its cloud computing-based platform for enterprises in Taiwan yesterday on its first stop of an Asian tour to promote its cloud business services.

TAIPEI — クラウド・ビジネス・サービスを促進するために、アジア・ツアーを展開している Google だが、その最初の訪問国である Taiwan で、クラウド・コンピューティングをベースにした、ローカル企業のためのプラットフォームを披露した。

The Web search giant said the Google Cloud Platform will enable developers to build, test and deploy applications on Google’s infrastructure, including computing, storage and application services designed for Web-based, mobile and backend solutions.

この Web サーチの巨人が言うには、Google Cloud Platform によりデベロッパーたちは、アプリケーションの構築/テスト/ディプロイを、Google インフラ上で実現することになる。そして、このインフラには、Web/Mobile/Backend ソリューションのためにデザインされた、コンピューティング/ストレージ/アプリケーションのサービスなどが含まれる。

Google said it has added new language support for traditional Chinese and Japanese versions of the cloud platform’s website, and will later introduce the platform to more Asian markets, including Japan, South Korea and Hong Kong.

さらに Google は、このクラウド・プラットフォームの Web サイトで、新たな言語として Traditional Chinese と Japanese をサポートし、また、Japan/South Korea/Hong Kong などを含むアジア市場へ向けて、このプラットフォームを紹介していくことになる。

Daniel Powers, director of global sales for the Google Cloud Platform, told a press conference in Taipei that Google has spent 15 years building its cloud computing infrastructure.

Google Cloud Platform の Director of Global Sales である Daniel Powers は、Taipei で開催されたプレス・カンファレンスにおいて、同社が 15年を費やしてきた、そのプラウド・プラットフォーム・インフラについて説明した。

The company is glad to make that infrastructure available for developers and businesses around the world to help them build applications and scale up their businesses, he said.

そして、Daniel Powers は、世界中のデベロッパーやエンタープライスによる、アプリケーション構築とビジネス展開を支援するために、このインフラストラクチャを利用してもらえることを、嬉しく思うと述べている。

Google charges a basic fee for the business services based on the number of e-mail accounts opened. It said that businesses using the services can save money compared to the amount it would cost them to set up the same infrastructure on their own.

Google が言うには、それらのエンタープライスがすでに開設している、電子メールのアカウント数をベースにして、このビジネス·サービスをディスカウントしていくようだ。つまり、このサービスを利用するエンタープライズは、同一のインフラを活用するため、全体的な費用を低減できることになる。

Paid services on the platform, such as the Cloud Storage online storage solution and the Google BigQuery analytics tool for multi-terabyte datasets, are also now priced 30 to 85 percent lower than their previous versions, Google said.

このプラットフォーム上の有償サービスである、オンライン・ストレージ·ソリューションの Cloud Storage や、テラバイト・データセットのための分析ツールである Google BigQuery なども、以前のバージョンと比べて 30%〜85% ほど値下げされていると、Google は述べている。

The Google Cloud Platform currently supports more than 4.75 million applications, and the platform’s App Engine handles 28 billion online requests for computing per day, according to Google.

Google によると、現時点における Google Cloud Platform は 4.75 Million 以上のアプリケーションをサポートし、また、このプラットフォーム上の App Engine は 28 Billion/Day のオンライン・リクエストを処理しているようだ。

Research firm IDC has forecast that the cloud computing industry will grow to US$107 billion by 2017, more than double from an estimated US$47.4 billion in 2013.

調査会社である IDC が予測するには、クラウド・コンピューティング業界の売上は、2017年には $107 Billion に至るようだ。それは、2013年の $47.4 Billion と比較して、二倍以上の成長となる。

ーーーーー

imageいまは、16日の 5AM ですが、この China Post の他にも、以下のニュース・サイトが Google のアジア展開を報じています。また、 Google の日本語サイトも見てみましたが、上記の「ディスカウント」に関する記載は見つかりませんでした。どのような料金体系にしてくるのか、とても気になりますね。ac-stamp-232

Google Cloud expands footprint into Asia Pacific zones ZDNet 
Google steps up competition with Amazon, expands Cloud Platform to Asia InfoWorld 
Google Cloud Platform Expands To Asia Pacific With 2 New Compute Engine TechCrunch
Google fires up Asia Pacific region Cloud Platform ZDNet
Google bolsters global cloud presence with Asian data centers SiliconANGLE

ーーーーー

<関連>

Google Compute Engine が正式にリリースされた : どのようにして、AWS と戦っていくのか?
Google Compute Engine 対 Amazon EC2 : 性能をチャートで比較する
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _1
Google Compute Engine の立ち位置を、RightScale が分析する _2
Google Compute Engine は、どこで Amazon AWS を上回るのか?
Google Compute Engine の登場で、どのような影響が IssS 業界に?

PC の落ち込みが、ようやく下げ止まった? それを示す1枚のチャート – Gartner

Posted in Post-PC, Research by Agile Cat on April 15, 2014

Has the PC Industry Bottomed Out?
http://wp.me/pwo1E-7pj

from Felix Richter , April 11th, 2014
http://www.statista.com/chart/2135/pc-shipments-growth/

_ Statista

According to data released by Gartner this week, global PC shipments declined by 1.7% in the first quarter of 2014. While a few years ago, this number would have been considered catastropic, now it’s actually good news. As a matter of fact, it’s the smallest decline the PC industry has suffered since early 2012.

Gartner が、今週(4月1週)に発表したデータによると、ワールドワイドにおける 2014年 Q1 の PC 出荷台数は 1.7% 減となっている。数年前なら、このような数字は悲惨で破壊的と捉えられていたが、今では、まさに GOOD NEWS である。2012年の初頭から、出荷台数の下落に苦しんできた PC 業界が、現実に最小の下げ幅を記録したのだ。

_  space

_  space

According to Gartner, the end of Windows XP support in early April has boosted replacement buys and could continue to do so in the current quarter. While it’s unlikely that PC sales will suddenly start growing again, the trend of the past few quarters suggests that the industry may finally have bottomed out and sales might stabilize around the current level.

Gartner によると、4月の初めに Windows XP のサポートが終了したことで、この Q2(4月〜6月)を通じて、リプレイスのための購入が生じることになる。それにより、PC の売上が再び急成長するとは考えにくいが、この四半期ごとの出荷数トレンドを見ると、ようやく PC 産業の下落が底を打ち、いまのレベルで安定したビジネスが展開されるという示唆がある。

ーーーーー

TAG index思い起こせば、昨年 Q1 の PC 出荷数は、たいへんな落ち込みを記録していました。 Agile_Cat でも、「 PC の販売が 14% 減 – 2013年 Q1 : それを示す1枚のチャート 」という抄訳をポストしましたが、世界のトップ・メーカーたちが、Lenovo を除いて総崩れという有り様でした。 そこから、徐々に下げ幅を減らして、その 2013年 Q1 のレベルで留まったというのが、この Gartner の「 Worldwide PC Shipments in the First Quarter of 2014 Declined 1.7 Percent 」に示されているわけです。 この、表をクリックして拡大すれば分かりますが、−2% の下落というのは、2013年 Q1  との比較です。 したがって、2011年以前と比べると惨憺たる状況なのですが、これが、再定義された PC マーケットのパワーということなのでしょう。image

ーーーーー

<関連>

Top-5 を合わせても、Mac 単体に負けている:PC マニュファクチャの営業利益
PC は終わったと、、、言えないけど、言っている、Gartner のレポート
IDC が PC 出荷予測を、大幅に下方修正
iPad の成長と PC の衰退は、連動しているのか?
Apple は HP を追い抜き、すでに最大の PC ベンダーになっているのか?

Green DC の調査:ビジネスでの優位性に加えて、環境への影響も考えなければならない

Posted in Data Center Trends, Energy, Green IT, Research by Agile Cat on April 14, 2014

Green Data Centers: As Data Centers Multiple so do Attempts to Make the Operations Green
http://wp.me/pwo1E-7p9
By Dick Weisinger – April 3, 2014
http://formtek.com/blog/green-data-centers-as-data-centers-multiple-so-do-attempts-to-make-the-operations-green/

_ formtek

Data centers are changing.  Increased popularity of cloud computing and increased data volumes have led to the expansion of existing data centers and the building of new ones.  A report by UBT Tech and InformationWeek found that 60 percent of IT decision makers worry that the capacity of their data centers are close to be overwhelmed and rate the state of their facilities as being ”fair, serious or urgent.”

データセンターが変化している。クラウド・コンピューティングの人気と、増大するデータ量が、これまでのデータセンターに拡大を要求し、また、新たなデータセンター構築を生み出している。UBT Tech and InformationWeek からのレポートによると、IT 意思決定者の 60% が、自身のデータセンター・キャパシティについて心配し、そのファシリティが「きわめて深刻かつ切迫」している状況にあると見ているようだ。

Data Centers rank as one of the largest consumers of energy.  An NSA data center located in Bluffdale Utah, for example, consumes 65 megawatts of energy monthly at a cost of $1 million per month, which is enough to power 65,000 homes with electricity.  Increasingly there has been a focus on how to make data centers more energy efficient, to make them more ‘green’.

データセンターは、大量の電力を消費する事業者として、あまり嬉しくないランキングに入っている。たとえば、Utah の Bluffdale にある NSA のデータセンターは、毎月 65 mW の電力を消費し、$1 Million を支払っているが、それは 65,000戸の住宅分に相当する。したがって、データセンターにおけるエネルギー効率を改善し、より GREEN にしていこうという力が働いているのだ。

Eric Woods, research director at Navigant Research, said that ”there is not a single technology or design model that makes a data center green.  In fact, the green data center is connected to the broader transformation that data centers are undergoing — a transformation that encompasses technical innovation, operational improvements, new design principles, changes to the relationship between IT and business, and changes in the data center supply chain.”

Navigant Research の Research Director である Eric Woods は、「 データセンターを GREEN にするための、単一のテクノロジーやデザイン・モデルというものは存在しない。実際のところ、GREEN データセンターは、それを支える幅広い形質転換と連動している。具体的には、テクノロジーにおける革新や、オペレーションの改善、新たなデザインの原理、IT とビジネスの接点、そして、データセンター・サプライチェーンにおける変化などが、そこには含まれる」と、述べている

The green data center market is growing quickly.  In 2014, the size of the Green Data Center market will be $22.76 billion, but this is expected to increase 27 percent annually through 2019 when the market size will reach $75.89 billion, according to a report by MarketsandMarkets.  The APAC region is expected to see the highest pace of growth, but North America will continue to hold the largest market share.

GREEN データセンターのマーケットは、急速に成長している。 Marketsand Markets のレポートによると、2014年の GREEN センター市場の規模は $22.76 Billion にまで拡大するが、その後も 27% の成長率を維持し、2019年には $75.89 Billion にいたると予想される。とりわけ、APAC 地域の成長が著しいとされるが、North America が最大のマーケット・シェアを保持するだろう。

ーーーーー

TAG index4月3日の TechCrunch が、「グリーンピース、Amazonを叩き、Apple、Google、Facebookを賞賛」というタイトルで、Greenpeace のレポートを紹介していましたが、環境負荷という問題もデータセンターにはのしかかっているようです。 Agile_Cat でも、Greenpeace の初回のレポートの対訳をポストしていますが、Facebook の Oregon データセンター・プロジェクトが進んでいる頃のものだったと記憶しています。 そのときの Greenpeace の言い分は、石炭燃料を主体とする電力会社から、電気を買うなというものですが、そう言われても無理があるというのが、当時の Facebook の回答でした。 しかし、それがキッカケとなり、Facebook はデータセンターの情報を開示するようになりました。そして、Lulea では 100% 水力発電のデータセンターを実現するなど、グリーン化に取り組んだことで、このような評価を受けたのだと思います。 また、Google は、大西洋岸の風力発電や、Virginia での地熱発電を推進するなど、再生エネルギーへの取り組みが評価されたのだと思います。このポストの文中にもあるように、なかなか難しい問題があるようですが、徐々にでも、グリーン化が進むと良いですね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

Storage の調査: Long-Term Low-Cost のコールド・ストレージは 5 PB へと向かうのか?
Cloud の調査:エンタープライズがクラウドを導入する5つの大きな理由
IoT の調査:テック・ベンダーたちは、一般顧客へのアプローチを模索する
Hybrid File の調査:エンタープライズに必須なのは、パブリックとオンプレミスのブレンドだ!
Web Programming の調査:Google の Dart は Javascript をリプレースできるのか?

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/3月

Posted in Mobile, Post-PC, Research by Agile Cat on April 13, 2014

Stat Counter で見た、2014年 3月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-7p3
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Mobile3_thumb_thumb_thumb_[1]

2014年2月に引き続き、世界を二分する iOS と Android のトラフィックを、1:Africa/2:Asia/3:Europe/4:North America/5:South America の各大陸および、6:Brazil/7:Russia/8:India/9: China の BRIC 諸国を項目として、チャートで抜き出してみました。

世界中、どこを見ても Android が伸びていますが、iOS が堅調な地域として、North America と China が挙げられます。特に、China が興味深いのですが、この1年の間に 10% ほど iOS のシェアが上がっています。2月にポストした、「中国の 4G ユーザーは、今年中に 5000万人に届くのだろうか?」という抄訳では、昨年12月の半ばに、China Mobile が 4G にシフトしたと記されています。さらに言えば、現時点で入手可能な 4G デバイスというと、iPhone に限られるようであり、その点が iOS の伸びにつながっているのかとも思えます。

また、先日には「中国のモバイル人口が 12億人を超えたらしい:エイプリル・フールではありません!」という抄訳もポストしていますが、そこには、ーーー この 2月において、China のモバイル・ユーザーたちは、530億のテキスト・メッセージを発信している。この数字を日割りで換算すると、1ユーザーあたりの発信数は 1.53 回となる。 また、トータルにおけるモバイル・トラフィックは、128,252Tb に達している。 ーーー と記されています。WeCHat の存在が、China 全体のモバイル・トラフックを押し上げているのかもしれませんね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

___space

Browser

OS

1

Africa:Browser

Africa:OS

2

Asia:Browser

Asia:OS

3

Europe:Browser

Europe:OS

4

North America:Browser

North America:OS

5

South America:Browser

South America:OS

6

Brazil:Browser

Brazil:OS

7

Russia:Browser

Russia:OS

8

India:Browser

India:OS

9

China:Browser

China:OS

___space
ーーーーー

TAG index

相変わらず、Mobile Chrome の伸びが凄いです。やはり、データ圧縮による高速化とトラフィック抑制が、多くのユーザーにとって魅力的なのでしょうかね? そして、この傾向は、iOS が強い North America にも言えることなのです。ただ、Chrome が増えてはいても、iPhone Browser の勢いは変わりません。落ち込んできているのは、Safari と Android となっていますが、実際はどうなのかと思って、タブレット OS の北米編というチャートを抜き出してみましたが、これを見る限り iPad の勢いに衰えは見えません。 ということは、Chrome が iPad ユーザーの間で支持されるようになってきたと見るべきなのでしょうか? いずれにしろ、とても気になる変化ですね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/2月
iOS と Android による 世界大戦 – 2014年/1月

iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/12月

iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/11月
iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/10月
iOS と Android による 世界大戦 – 2013年/9月 

 

Google Street View が アンコールワットに入った:Youtube で ど~ぞ!

Posted in Google, Weekend by Agile Cat on April 13, 2014

Visit Cambodia’s Angkor Wat on Google Street View
http://wp.me/pwo1E-7oZ

By Stan Schroeder – April 3, 2014
http://mashable.com/2014/04/03/angkor-wat-street-view/

_ Mashable

Google has added panoramic imagery of Cambodia’s famous Angkor Wat temples to its Google Street View service.

Google Street View のサービスに、あのカンボジアのアンコールワットが、パノラマ画像として追加された。

Angkor Wat, literally meaning "Temple City" in Khmer, is a network of more than 100 temples spanning across an area of 400 square kilometers. It is considered to be the largest temple complex in the world.

アンコールワットの意味は、クメール語で「寺院の都市」であり、400平方キロメートルの地域にまたがる、100ヵ所以上の寺院で構成されるネットワークのことである。そして、寺院の複合体として、世界で最大級のものであると考えられている。

↓ クリックで Youtube へ ↓

_  space

You can start your exploring here; highlights include the Bayon Temple and Ramayana’s Battle of Lanka bas relief carvings.

ココから、アンコールワットの探索を開始できる。そして、ハイライトとして、Bayon Temple や Ramayana’s Battle of Lanka などの彫刻も含まれている。

All in all, 90,000 new panoramic images of Angkor Wat were taken. To capture the imagery, Google used Street View cars, Trekkers and tripods, says Group Product Manager at Google Maps Manik Gupta.

今回の撮影では、アンコールワットに関する、約 90,000 枚のパノラマ画像を撮影されている。 それらの画像をキャプチャするために Google は、Street View 車両および、トレッカー、三脚を用いたと、Google の Product Manager at Google Maps である Manik Gupta は述べている。

More information about Angkor, including images, renderings and videos, can be found through the Google Cultural Institute.

アンコールワットに関する、詳細なイメージおよび、レンダリング、ビデオに関しては、Google Cultural Institute で探すことが可能だ。

Have something to add to this story? Share it in the comments.

See also: The 34 Most Beautiful Google Street View Sightings

ーーーーー

weekend行きたいと思っても、アンコールワットは、なかかな行けるものでは有りません。そして、極論すれば、どんなに金持ちで、時間を自由に使えるにしても、短い人生の中で行けるところは限られてしまいます。 その点、Google Street View はイイですね。 Agile_Cat のようなビンボー・ネコであっても、クリックひとつで、世界中のあらゆる場所へ飛んで行けるのですから。ac-stamp-232

ーーーーー

<関連>

Google Street View が、アマゾン流域に展開されるらしい!
Google Street View でグランド・キャニオン探検に出かけよう!
Baidu が展開する 中国版 Google Street View : 日本からもアクセス可能
2013年 : 日曜版 の マトメ

iPhone と Android Phone の平均価格が2倍以上に開いた:それを示す1枚のチャート

Posted in Apple, Google, Mobile, Research, Samsung by Agile Cat on April 12, 2014

The Growing Gap In Price Between iPhones And Android Phones
http://wp.me/pwo1E-7oz

Jay Yarow – Feb. 14, 2014
http://www.businessinsider.com/the-growing-gap-in-price-between-iphones-and-android-phones-2014-2

_ Business Insider

Apple’s iOS, and Google’s Android powered ~94% of all smartphones shipped last year, according to IDC. Of that, Android powered phones were 79% of smart phones shipped which is impressive.

IDC によると、昨年出荷されたスマホのうち、Apple の iOS と Google の Android が、全体の 94% 以上を占めているという。 その中でも、Android を搭載したスマホは、全出荷量の 79% という凄まじいシェアを得ている。

But, arguably even more impressive, analyst Tavis McCourt estimates that Apple took 87% of all smartphone profits. Samsung took 32.2% of the industry’s profits. Yes, that’s more than 100% because everyone else is losing money.

しかし、それよりも興味深いのは、スマートフォン市場の全利益のうち、Apple が 87% 以上を得ているという、アナリスト Tavis McCourt の推測である。 そして、この業界から、Samsung は 32.2% の利益を得ている。 この二社を合わせると、見ての通り 100% を超えてしまう。 そう! つまり、赤字を垂れ流している、誰かがいるのだ。

_  space

Business Insider

So how is this happening? How is Apple collecting all of the money? This chart from our partners at Statista should explain it. The price gap between an iPhone and an Android phone has grown through the years. Today, the average selling price for an Android is just $276. An iPhone goes for $650.

いったい、なにが、どうすれば、そうなるのだ? どのようにして Apple は、すべてのキャッシュをかき集めているのだ? 私たちのパートナーである Statista によるチャートが、それを説明しているはずだ。iPhone と Android Phone の価格差は、この数年を通じて拡大している。現時点において、Android Phone の平均価格は $276 に過ぎない。 しかし、iPhone はというと、$650 以上になるのだ。

In the long run, we’re not sure how Apple maintains its premium pricing if it wants to get iPhone sales cranking again. It has largely sold out its high end market. From now own, it will rely on churning its user base and picking up new customers here and there.

Apple が iPhone の販売量を、再び活性化させたいのかどうかはさておき、長い目で見て、そのプレミアムな価格設定を維持していく方式が見えてこない。つまり、主要なハイエンド市場では、売り尽くしてしまっているのだ。これからは、そのユーザーをベースにした乗り換えと、点在する新規のユーザーに、依存することになる。

ーーーーー

TAG index昨年に iPhone 5C  が発表されたとき、ついに Apple も、いわゆる廉価版マーケットに出て行くのだろうと、信じて疑わない人々が数多くいました。 実は、Agile_Cat も その一人でして、途上国マーケットで Android と、華々しく戦う 5C の姿を想像していました。しかし、Apple には、5C を積極的に売っていく気がなかったようで、その価格設定も 5S と較べて安価とはいえないものでした。その一方で、Android 勢は、着実に価格を引き下げ、途上国マーケットでは $100 スマホを実現しようという勢いでいます。もちろん、Android 勢の中にも、Samsung の Galaxy のようなハイエンド狙いの製品もありますが、Nexus 5 などを見ていると、Google 自身が低価格化を目指しているようです。この、Apple と Google のスタンスの違いが、とても興味深いですね。 __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

売れない iPhone 5C と、思惑どおりの Apple とは?
Apple の 廉価版 iPhone 5C だが、中国では $735 になるという!
iPhone 3G ~ iPhone 5S/5C の推移は どうなっている? それを示す1枚のチャート
Nexus 5 の発売日は 11月1日で、値段は $349 からというリーク情報が!
Android が元気だ : Nexus 5 は $349 なのか? Dell のタブレットは $149だ!
Google Nexus 10 は、$400 で 2560 x 1600

Facebook が Open Graph の デベロッパー・コレクションを停止した:とても残念!

Posted in Facebook, Open Graph by Agile Cat on April 11, 2014

A Quick Death: Facebook Kills Off New Open Graph Collections For Developers
http://wp.me/pwo1E-7os

Feb 4, 2014 – Greg Finn
http://marketingland.com/quick-death-facebook-kills-open-graph-collections-developers-72973

_Marketing Land

Last March, Facebook announced that they’d be making apps a “bigger part of Timeline” and that developers could create custom collections to help users express themselves. This past Friday, however, they did a 180 and pulled the ability for users to submit new collections; but, existing collections will still function.

昨年 3月のことだが、Facebook は各種のアプリを Timeline の重要なパートにすることで、ユーザーによる表現をサポートするカスタム・コレクションを、デベロッパーたちが作成できるようにしたと発表した。しかし、この金曜日(1/31)に彼らは、その方向性を反転させ、ユーザーが新しいコレクションをサブミットする機能を取り下げてしまった( ただし、既存のコレクションは、いまのところ機能している)。

Collections allowed Facebook users to show custom flair or actions such as the following example from the Green Bay Packers.

このコレクションにより、Facebook ユーザーたちは、この Green Bay Packers の事例のように、カスタムで洗練されたアクションを参照することができていた。

When a user participated, they would then display their collection next to the standard Open Graph elements on their Timeline:

そこに参加するなら、ユーザーたちは自身の Timeline 上で、スタンダードな Open Graph 要素に続いて、自身のコレクションを表示できていた:

Alan McConnell, Engineering Manager at Facebook, made the following comment on Open Graph collections in a bug chain on the Facebook Developers site:

Facebook の Engineering Manager である Alan McConnell は、Facebook Developers サイトの Buf Chain で、Open Graph コレクションについて、以下のようにコメントしている

“We designed collections to help people express what’s important to them on Timeline. However, after testing with users, we’ve found that few wanted to add custom app collections to their Timeline. Similarly, the traffic to apps who have incorporated custom collections has been limited. As a result, we are no longer accepting new collection submissions, although existing custom collections will continue to function.”

私たちが、このコレクションをデザインしたのは、人々が Timeline 上で、自分にとって重要なものを表示できるようにするためだった。しかし、テストを行った後に、少数のユーザーだけが、Timeline にカスタム・アプリのコレクションを追加したがっていることが分かった。同様に、カスタム・コレクションが組み込まれているアプリへの、トラフィックは制限されている。その結果、既存のカスタム・コレクションは機能し続けるが、新しいコレクションのサブミットは受け付けないようになった。

So far in 2014, we’ve seen the disappearance of Sponsored Stories and now the non-paid user activity through Open Graph apps appears to be on the way out. This is a rather surprising change as Open Graph stories for apps have only been available for 10 months. Developers that we’ve spoke to were surprised about the change as they’d seen the inverse of what Facebook had claimed and that collections actually drove a large portion of overall app impressions.

2014年に入ってからというもの、私たちは Sponsored Stories の消失を見てきたし、いまは、Open Graph を介した無償のユーザー·アクティビティが消えようとしている。アプリのための Open Graph ストリーは、わずか 10ヶ月間だけの利用で終了していまうので、大いに驚くべき変化となる。 私たちは、何人かのデベロッパーと話をしたが、彼らは Facebook の主張の逆を見せつける、この変更に対して驚いていた。実際のところ、このコレクションが、全体的なアプリ・インプレッションにおける大部分をもたらしていたのだ。

Hat/tip to Booshaka for notifying us of this change. For more see the official notification on the Developer Bugs thread.

この変更を、私たちに教えてくれた、 Booshaka に敬意を表したい。詳細については、 Developer Bugs スレッドで、オフィシャル情報を参照して欲しい。

ーーーーー

TAG indexとても残念なことです。 このポスト自体は、2ヶ月ほど前のものであり、その後は RSS で Open Graph を追いかけても、何も引っかからなくなってしまいました。 Agile_Cat としても、専用のカテゴリまで作って、今後の展開を期待していただけに、とても残念な思いでいます。 ただ、Open Graph が無くなってしまったということではなく、Facebook を支える基本テクノロジーとして、いまも利用されていると推測します。あくまでも、サードパーティが利用できなくなったということですので、どこかのタイミングで、デベロッパー・コレクションが復活する可能性も残されています。 そして、そんな日が、早くやってくることを期待します。image97

ーーーーー

<関連>

Facebook の News Feed は、どう 変わったのか? なぜ 変わったのか?
Facebook が提供する、Open Graph のベスト・プラクティスとは?
Facebook は Open Graph へと ユーザーを誘う
Facebook の Open Graph を用いる、素敵な 5つのモバイル・アプリとは?
Facebook の Open Graph とは? その歴史から説明しよう

Gartner が インドの Tata Communications を高く評価:決め手は途上国のサポート

Posted in Asia, Research, Telecom by Agile Cat on April 10, 2014

Tata Communications positioned as leader in Gartner Magic Quadrant
http://wp.me/pwo1E-7om

April 1, 2014 – CIOL Bureau
http://www.ciol.com/ciol/news/212097/tata-communications-positioned-leader-gartner-magic-quadrant

MUMBAI, INDIA: Tata Communications, a leading provider of A New World of Communications, has been positioned in the ‘Leaders’ quadrant of the Gartner Magic Quadrant for Global Network Service providers for the first time.

MUMBAI, INDIA: A New World of Communications のリーディング・プロバイダーである Tata Communications が、Gartner Magic Quadrant for Global Network Service Providers で、初の Leaders の座を勝ち取った。

The Magic Quadrant evaluates companies based on ‘completeness of vision’ and ‘ability to execute’.

この、Magic Quadrant では、「 Completeness of Vision 」と「 Ability to Execute 」に基づいて、それぞれの企業が評価される。

Tata Communications’ strategy is based on its strong network presence in the emerging and developed markets

According to Gartner, "The number of organisations requiring global networking services continues to grow, due to globalisation and the growing adoption of cloud services, which are often hosted in different markets from the point of consumption. Organisations’ appetite for more bandwidth shows no signs of diminishing, with video machine-to-machine communications and big data, coupled with IT centralisation, as the primary drivers. Reliability and performance control are growing in importance as business processes become ever more IT-dependent; in addition, IT architectures (such as thin-client computing) place ever greater reliance on the network."

Gartner によると、「 グローバルなネットワーク・サービスを必要とする組織の数は、消費が生じる多様なマーケットでホストされ、また、グローバル化していくクラウド・サービスの採用に応じて、成長し続けている。より多くの帯域幅を望む、それらの組織における渇望は、集中化された IT に結合される Video/M2M/Big Data などにより、一向に衰えを見せる気配がない。また、ビジネス・プロセスの重要性の中で増大し続ける、信頼性と性能への要求は、これまで以上に IT 依存を強めている。さらに付け加えるなら、IT のアーキテクチャ自身が(例:Thin Client)、ネットワークへの信頼性の上に構築されている」という状況にある。

Sumeet Walia, Head of Global Enterprise Business, Tata Communications, says: "Through the years, we’ve made several investments in our network infrastructure and services; I believe this leaders’ position is a substantial achievement which truly represents how far we have come. I also believe this report shows our strategic roadmap in terms of network and managed service capabilities; our strength in both, developed and emerging markets such as Africa, the Middle East and Asia/Pacific; and our focus on customer experience.”

Tata Communications の Head of Global Enterprise Business である Sumeet Walia は、「 私たちは、何年にもわたって、ネットワークのインフラおよびサービスに、それなりの投資を行ってきた。そして、このリーダーのポジションという素晴しい成果は、私たちが進んできた長い道のりを端的に示している。このレポートが示している、戦略的なロードマップは、ネットワークとマネージド・サービスの面で評価されていると信じている。私たちの強みは、Africa/Middle East/Asia-Pacific といった、急激に成長している開発途上国にある。そして、もちろん、私たちは、顧客のエクスペリエンスに注力している」と、述べている。

Tata Communications’ strategy is based on its strong network presence in the emerging and developed markets, its portfolio of IP and cloud services, strategic partnerships and its transformation to a managed services business model. Tata Communications has demonstrated strength in providing catalyst services such as MPLS and Ethernet solutions and Content Delivery Network services which have been extensively field-tested and successfully implemented through various partnerships. Tata Communications will also see the roll-out of new cloud enablement offerings, including cloud-based WAN optimisation services thereby enhancing its cloud portfolio.

Tata Communications の戦略は、急激に成長している開発途上国のマーケットで、強固なネットワークをプレゼンスとして示すところに基づいている。それに加えて、IP とクラウドのサービスや、戦略的なパートナーシップ、マネージド・サービスへの移行で構成される、ビジネス・モデルのポートフォリオも重視されている。また、Tata Communications は、触媒となるサービスを提供することが、つまり、様々なパートナーシップを介して、MPLS と Ethernet のソリューションや、CDN(Content Delivery Network)サービスなどを実装し、広範囲におよびフィールド·テストをパスすることが、その強さを証明するとしている。さらに Tata Communications は、自身のクラウド・ポートフォリオを強化する、クラウドベースの WAN 最適化サービスなどを取り込むことで、新しいクラウドの定義を展開しようとしている。

Genius Wong, senior vice president, Global Network Services, Tata Communications, adds, "Our network strength is our key differentiator and we’re very pleased with Gartner’s evaluation and the leaders’ position. Going forward, we will continue to leverage our global network, vertical intelligence and leadership in developed and emerging markets to deliver value-driven, global managed solutions which will ultimately give our customers the speed to lead!”

Tata Communications の VP Global Network Services である Genius Wong は、「 私たちのネットワークの強さは、差別化のための重要な要因であり、また、Gartner の評価とリーダーのポジションには、とても感謝している。さらに前進することで、これからも私たちは、急激に成長する途上国において、グローバル・ネットワークと、垂直マーケットへの理解、そしてリーダーシップを強化していく。それが、顧客のビジネスに、究極の先進性とスピードを与えることになる!」と、付け加えている。

ーーーーー

TAG indexインドにおけるキャリアの話となると、昨年の 6月にポストした「 インド政府の決断 : 100% 外資のモバイル・キャリアを受け入れる? 」という抄訳を思い出します。これは、モバイル・キャリアとナショナル・セキュリティを切り離すという、とてもドラスティックな政策なのですが、その一方では、Tata によるグローバル展開を、インド政府は支援しているのだろうとも思えます。ちゃんと調べたわけではありませんが、Tata は海底ケーブルの保有率におて、かなり上位にランクされていると聞いたことがあります。また、インド国内のトラフィック分布も、モバイルが他を圧倒するという、世界に類を見ない発展の仕方を示しています。 このチャートは(クリックで拡大)、PC からスマホにいたる、すべての OS を比較したものですが、すでに Android が Windows 7 を追い抜いています。 おそらく、この特筆すべきインドのモデルを、アフリカ諸国は追いかけていくでしょう。 Gartner が Tata を高く評価する背景には、こんなことも有るのかもしれませんね。__AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

NEC と Alcatel が 海底ケーブルを受注:SEA-ME-WE 5 がシンガポールとフランスを接続する!
中国のモバイル人口が 12億人を超えたらしい:エイプリル・フールではありません!
Cisco レポート 2014年版:モバイル・トラフィックの世界 No.1 は、日本の 1.87GB/月だ!
中国の 4G ユーザーは、今年中に 5000万人に届くのだろうか?
海外 Internet Speed テスト − 2014年版

%d bloggers like this: