Agile Cat — in the cloud

DoCoMo と Nokia が提携:Tokyo 2020 の主役は 5G モバイル通信だ!

Posted in .Chronicle, .Selected, Asia, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on March 6, 2015
Nokia, DoCoMo aim for 5G ahead of Tokyo Olympics
Reuters – Mar 3, 2015
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Nokia-DoCoMo-aim-for-5G-ahead-of-Tokyo-Olympics/articleshow/46438309.cms
 
_ Times of India
 
BARCELONA: Japan’s NTT DoCoMo and Nokia said on Monday they are working together to develop networks running at high frequencies for use in the 5G wireless era — technology expected to be showcased at the 2020 Tokyo Olympics.
 
BARCELONA: この月曜日 (3/2) に、NTT Docomo と Nokia は、5G ワイヤレス時代に用いられる、高周波数で機能するネットワークを構築するために、協調して取り組んでいくと発表した。 つまり、2020 Tokyo Olympics における、テクノロジー・ショーケースになると予測されている。
 
tokyoThe companies said they have achieved super-fast data transmission speeds of higher than 2 gigabits per second in a joint indoor trial using Nokia Networks’ radio technology operating in the 70 gigahertz spectrum band.
 
DoCoMo, Japan’s largest mobile operator, and Nokia, the world’s third biggest telecom equipment maker, said they will be demonstrating their early technical progress on 5G radio equipment at the Mobile World Congress show here this week.
 
今週に開催されている MWC (Mobile World Congress) において、Japan で最大手のモバイル・オペレータである Docomo と、世界で三番手のテレコム機器メーカーである Nokia は、この 5G ワイヤレス設備のテクノロジーの進捗を、きわめて初期の段階から実証していくと述べている。
 
The companies said they have achieved super-fast data transmission speeds of higher than 2 gigabits per second in a joint indoor trial using Nokia Networks’ radio technology operating in the 70 gigahertz spectrum band.
 
両社の説明によると、70 G Hetz スペクトラムで運用される Nokia Networks の無線テクノロジーを、屋内で用いるジョイント・テストにおいて、2G bps 以上という超高速のデータ伝送速度が達成されているとのことだ。
 
By contrast, current 4G network specifications promise download speeds of up to 300 megabits per second. Although practical commercial speeds are typically far lower than that, 4G has fueled strong demand for watching TV and video on phones.
 
その比較対象として、現在の 4G ネットワークの仕様について確認するが、そのダウンロード速度は、わずか 300 M bps に過ぎないのだ。 商用における実用スピードの平均は、それよりも遥かに低いのだが、スマホによるビデオ再生や、TV の視聴といった使い方を、4G が盛り上げているという状況を思い出して欲しい。
 
ーーーーー
Telecomいま、Agile_Cat は、DoCoMo の MVNO SIM で、スマホの LG G2 Mini と、タブレットの Nexus 7 を、とても快適に使っています。  ですから、モバイルにおける普通の用途で、なんのために 5G が必要になるのか、よく分からなかったのですが、ここまで速くなるなら、光ブロード・バンドの置き換えが可能になります。 そして IoT が、この、次世代ワイヤレスを要求するのでしょうね。2014年 2月に、「Sprint と Nokia が、Spark トライアルから絞り出す 2.6 Gbps のコネクションとは?」という抄訳をポストしましたが、それが東京で商用化されるのです。 なにが、どこまで変化するのでしょう。そして、いまは想像の外にある、なにかが生まれてくるはずです。 とてもワクワクする展開ですね。
ーーーーー
<関連>
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
TD-LTE の比率が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へ?

Twitter が Google と Facebook に優っているのは? それを示す1枚のチャート!

Posted in Advertising, Research, Twitter by agilecat.cloud on March 5, 2015
Twitter has one major advantage over Google and Facebook
Dave Smith – Feb. 27, 2015
http://www.businessinsider.com/twitter-revenue-per-advertiser-exceeds-google-facebook-2015-2
 
_ Business Insider
 
As of November, Twitter had just 60,000 advertisers, which is small fries compared to Google (4 million) and Facebook (2 million). But Twitter has one big advantage: It makes much more money per advertiser than either of those giant internet companies.
 
2014年11月の時点で、Twitter の広告主数は 60,000 件たらずであり、Google (4 million) や Facebook (2 million) と比べると、はるかに少ない。 しかし、Twitter にも、優位に立っている点がある。つまり、それらのジャイアント・インターネット企業とくらべて、広告主ごとにの売上で上回っているのだ。
 
bii-sai-cotd-avg-rev-per-user1024
BI Intelligence ( x 1000 )
 
Based on data from Macquarie Securities and company filings charted for us by BI Intelligence, Twitter’s average revenue per advertiser was just shy of $21,000 last year, roughly three times that of Facebook at $7,000 per advertiser, and well ahead of Google’s $16,000 per advertiser. Macquarie believes Twitter is so effective because it focuses on the biggest  brands as opposed to smaller businesses.
 
Macquarie Securities からのデータと情報をベースに、BI Intelligence が作成したチャートを見ていこう。Twitter における広告主たちの平均売上は、昨年の時点で $21,000 弱であるが、Facebook の $7,000 に対して、約3倍というレベルに達している。そして、Google の $16,000 すら上回っているのだ。Twitter のターゲットは中小企業ではなく、大手ブランドであるため、この数値が高いと、Macquarie は捉えている。
 
ーーーーー
twitter-55aいつものように、なにかとタイヘンな Twitter ですが、大手ブランドを相手にした、広告ビジネスが軌道に乗りつつあるのでしょうか? しっかりとした収益モデルが確立されると、そのサービスも拡充されていくはずなので、ここは踏ん張りどころですね。 たくさんの、日本のファンが応援しています。 ガンバレ Twitter! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Twitter と MIT Media Lab の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析
FIFA World Cup の前哨戦:Twitter フォロワー数とスター・プレイヤーたち
Daily Active Uses で 主要ソーシャルを比較:Facebook が図抜けている!
Facebook から Web サイトへの導線:その他を寄せ付けない強さを!
Twitter ロゴの秘密:初代バージョンは タダ同然の $15 で買われてきた
 

Alibaba クラウドが、ついに米国マーケットに進出:AWS とガチンコ勝負か?

Posted in .Chronicle, .Selected, Alibaba, Amazon, Asia by agilecat.cloud on March 4, 2015
Alibaba’s cloud computing service launches in US, wants to rain all over Amazon
Steven Millward – March 4, 2015
https://www.techinasia.com/alibaba-cloud-computing-service-launch-america-challenges-amazon-aws/
 
_ tech in asia
 
Alibaba’s cloud computing service is expanding outside of China for the first time. Alibaba today announced that its Aliyun platform, which started in China in 2009, is now adding a data center filled with servers in Silicon Valley and going after businesses who need cloud horsepower across the US.
 
Alibaba のクラウド・コンピューティング・サービスが、初めて China から外へと飛び出す。 今日 (3/4) Alibaba は、2009年に中国で立ち上げた Aliyun プラットフォームに関して、Silicon Valley のデータセンターにサーバーを詰め込み、アメリカでクラウド・パワーを強化する事業者の後を追いかけるかたちで、そのビジネスを開始すると発表した。
 
Yu Sicheng, vice president of Alibaba’s Aliyun division (“yun” means cloud in Chinese) and head of its international business, says in today’s announcement (on the company’s blog) that US-based servers are just the beginning. By the end of the year, the enterprise cloud service is planning to expand to Southeast Asia and Europe.
 
Alibaba における Aliyun 部門の VP であり( Yun は雲 )、Head of International Business も兼務する Yu Sicheng は、今日のアナウンスメントとして、US ベースのサーバーは始まりに過ぎないと、同社のブログで述べている。そして、今年の終わりまでに、Southeast Asia と Europe にエンタープライズ・クラウド・サービスを拡大する計画だとしている。
 
GoldenGateBridgeAliyun will compete head-on with Amazon Web Services (AWS) to offer enterprises remote computing power (like AWS EC2). At a later date Aliyun will add in web storage as well (to be called OSS), meaning that the Chinese firm will also compete against AWS S3, Microsoft Azure, and Google App Engine.
 
エンタープライスに対してリモートでコンピューティング・パワーを提供するという意味で、Amazon Web Services(AWS EC2 など)と真っ向から競合することになる。これからの Aliyun は、Web ストレージ(OSS と呼ばれる)も追加していくことになる。つまり、この China 企業は、AWS S3 や、Microsoft Azure、そして、Google App Engine とも競合していく。
 
Keeping data away from Chinese authorities
 
To allay fears of China’s government accessing data through Chinese servers, Alibaba says that US companies and startups that use the service will be served only by the Silicon Valley data center.
 
ただし、北京政府が China のサーバーを介して、データにアクセスするのではという、不安を和らげる必要がある。そのために Alibaba は、対象となるサービスは Silicon Valley のデータセンターだけに保存されると、US のエンタープライズやスタートアップたちに宣言している。
 
Alibaba’s cloud platform already competes with the likes of AWS in China. Aliyun’s Chinese data centers are in Beijing, Hangzhou, Qingdao, Hong Kong, and Shenzhen.
 
Alibaba のクラウド・プラットフォームは、China の AWS とも言えるサービスと、すでに競合を開始している。 Aliyun の China データセンターは、北京/杭州/青島/香港/深センに配備されている。
 
“For the time being, we are just testing the water,” Yu said today. That means Aliyun will focus first on Chinese companies doing business in the US. “We know well what Chinese clients need, and now it’s time for us to learn what US clients need,” he added.
 
今日の時点で、「 さしあたって、私たちがチェックしているのは、水道水くらいのものだ 」と、Yu は述べている。つまり、Aliyun が最初に狙っているのは、US 国内でビジネスを展開している、China 企業などである。 そして、彼は、「 私たちは、China のクライアントが必要とするものを知っている。 そして、いまは、US のクライアントが必要とするものを、学習するための期間である」と、付け加えている。
 
To prove that Alibaba’s cloud service can take the strain, the company points to China’s crazy web shopping day on November 11. During the last November 11 shopfest, Aliyun held up Alibaba’s Taobao and Tmall estores under the strain of 80,000 orders per second. Last year’s sales hit a new record as China’s web shoppers spent a total of US$9.3 billion on Alibaba’s two stores in just 24 hours – more than the entire US spends on every single ecommerce store during Cyber Monday.
 
China のクレイジー Web ショッピング・デイである、11月11日のことを Alibaba は指し示し、同社のクラウド・サービスが、ストレスに強いことを証明している。昨年 11月11日にショップが賑わう中、Alibaba と Tmall のオンライン・ショップにおける、毎秒 80,000 件という注文を、Aliyun は支えてきた。この日の 24時間で、Alibaba の 2つの Web ショップは US$9.3 を売上げ、China における記録を塗り替えた。その金額たるや、Cyber Monday における、全 US eコマースの売上よりも大きいのである。
 
Editing by Paul Bischoff; image by Daniel Hoherd
 
ーーーーー
Asia Pacificついに、来るべきものが来ましたね。 水面は穏やかそうにも見えても、激しい水流が渦巻いているアメリカのクラウド市場ですが、そこに真上からドボンと、大きな岩が転げ込んできたような騒ぎになるのでしょうか? 観客席からだと、これほどの見ものはありませんね。 これからの数ヶ月、そして数年の間に、どのような変化が起こるのか、目を皿のようにして、追いかけて行きたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Alibaba と Amazon : 両社をインフォグラフィクスで比較する!
Xiaomi が北京から脱出:海外ユーザーのデータは 海外 DC へ!
中国のモバイル・ユーザー数は 5.57億人で、インターネット人口は 6.49億人!
KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年末には 2.5億人になる?
 
 

Google の考える MVNO は、単なる MVNO では 無い!

Posted in .Selected, Google, Mobile, Telecom by agilecat.cloud on March 4, 2015
Google confirms plans to become a mobile (virtual) network
Paul Sawers – March 2, 2015
http://venturebeat.com/2015/03/02/google-confirms-plans-to-become-a-virtual-mobile-network-in-the-coming-months/
 
_ VB
 
BARCELONA, Spain — Sundar Pichai, senior VP at Google and the man who heads up Android, Chrome, and Google Apps, has confirmed the long-standing rumors that it was planning to enter the mobile virtual network operator (MVNO) space in the U.S.
 
Google の Senior President であり、また、Android/Chrome/Google Apps を率いてきた Sundar Pichai が、US における MVNO (Mobile Virtual Network Operator) に参入するという、長年に渡って囁かれ続けてきたウワサを肯定した。
 
Taking to the stage at Mobile World Congress (MWC) in Barcelona, Pichai discussed many facets of Google and Android, but the one stand-out revelation was that the Internet giant is working with “carrier partners” and plans to announce something later this year.
 
Barcelona で開催されている Mobile World Congress(MWC)で、Pichai が時間を費やして説明したのは、Google 自身のことであり、また、Android のことであった。しかし、このインターネットの巨人は、キャリア・パートナーと協力している最中であり、今年の後半に何かを発表するという、ちょっと驚きのプランを披露した。
 
google-76522_640He didn’t reveal much about its plans to be a MVNO, which is when a company piggybacks off existing carriers to offer its own network service, and Pichai attempted to play things down by admitting it didn’t plan to do anything at scale. In other words, it seems like it plans to launch what will be a pilot project at first and see how things go, and it will likely involve the integration of wireless and cellular services.
 
彼は、そのプランが MVNO であるとは明言していない。それは、既存のキャリアに対して、同社のネットワーク・サービスへのオフ・ロードを提案するものであるが、何らかのスケールを持つプランではないと認めることで、その件を軽く取り扱おうとしていた。言い換えるなら、最初に実施すべきパイロット・プロジェクトのようなプランであり、また、物事が収束していく先を確認するものである。そして、おそらく、ワイヤレスとセルラーのサービスを、統合していくものになる。
 
Google has already been involved in a number of projects involving the “network” side that enables its various technologies and services, including Google Fiber, which is still slowly rolling out in the U.S., as well as Project Loon — its initiative aimed at bringing high-speed Internet access to remote areas of the world via hot air balloons.
 
すでに Google は、そのテクノロジーやサービスを、ネットワーク側で活用していこうという、数多くのプロジェクトに携わっている。 そこには、US で依然としてユックリ展開されている、Google Fiber が含まれる。さらには、熱気球を利用することで、世界の遠隔地に高速インターネット・アクセスを、率先して提供していこうという、Project Loon もある。
 
Amazon too is rumored to be entering the mobile network space, as more services shift to the mobile realm, and it does make sense for the big tech titans of the world to make moves into this sphere. But the intentions aren’t to make money from being a mobile network in the same way as a traditional carrier would; it’s more about improving “uptime” and ensuring users aren’t prevented from doing what they need to do on their phones.
 
そして Amazon も、数多くのサービスがモバイル分野へシフトするにつれて、モバイル・ネットワークの領域に参入するとウワサされている。 こうしたテック・ジャイアントたちが、ネットワーク・ビジネスの階層へと移行していくのは、それなりの意味をもつだろう。しかし、その意図はというと、従来からのキャリアと同じ方法で、モバイル・ネットワークから収益をあげようというものではない。つまり、アップタイムを改善し、ユーザーがスマホで処理することが、円滑に進むようにしたいのだ。
 
Rather than looking to ink a deal with a single carrier, it’s believed that plans are afoot to get multiple networks on board, thus letting Google identify the best network at any given time based on a user’s location and desired service — SMS, voice or data.
 
Google に関しては、単一のキャリアと契約を交わすというのではなく、複数のネットワークを得るためのプランが進行中だと思われる。 つまり、ユーザーのロケーションや、必要とするサービス (SMS/Voice/Data) に基づき、その時点でベストなネットワークを識別するようなものになるだろう。
 
So Google likely isn’t launching an MVNO as we’ve come to understand it, and it may not even be something that you’re able to sign up to as a standalone service. Whatever its plans are, all will be revealed “in the coming months,” according to Pichai. Google I/O at the end of May would be as good a time as any for the big reveal, though that is purely guesswork.
 
したがって Google が、普通の MVNO を立ち上げることはないだろうし、私たちも、それを理解するようになってきた。さらに言えば、何らかのスタンドアロン・サービスとして、ユーザーがサインアップするものでもない。 Pichai の話によると、いずれにせよ、そのプランは、数ヶ月のうちに明らかになるようだ。5月末に開催される Google I/O が、大きな発表に適したタイミングとなるが、それも単なる推量にすぎない。
 
ーーーーー
google-55aそうでなくては! ・・・と思わせてくれる、なかなかステキな発表だったようですね。 垂直方向へとカベをブチ抜いていく、こうした Google の発想は、さまざまな軋轢をもたらすでしょうが、それがなければ世界は変わっていきません。 話はアジアへと飛んでしまいますが、モバイル・ネットワークが進化の途上にある国々で、いま流行っているのは Dual SIM スマホなのです。 そして、ユーザーたちは、たとえば通話とデータにおいて、最も安価なキャリアを選ぶことで、それぞれの通信費を節約しているのです。 Google の考える新たな MVNO (?) が、どのような国でビジネスとして展開されるのか、その辺りは分かりませんが、4つも 5つものキャリアを、Single SIM で使い分けることができるなら、これほどユーザーにとって嬉しいことはありませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? 
Apple Pay が絶好調! 2019年の 店頭モバイル決済は $800 B を超える?
Apple App Store 対 Google Play:タイトル数で G が A を逆転したが・・・
激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷をチャートで!
 
 

KT/China Mobile/NTT Docomo が、5G テクノロジーに関する協定に調印

Posted in .Selected, Asia, Telecom by agilecat.cloud on March 3, 2015
KT, China Mobile, NTT DoCoMo team up for 5G
Posted : 2015-03-02 15:58
Updated : 2015-03-02 22:24
By Kim Yoo-chul, Yoon Sung-won
http://www.koreatimes.co.kr/www/news/tech/2015/03/133_174409.html 
 
_ Korea-Times
 
BARCELONA, Spain ― KT, the nation’s second-largest mobile carrier, said Monday that it has teamed up with China Mobile and NTT DoCoMo to jointly develop the fifth-generation or 5G network technology.
 
BARCELONA, Spain ― Korea で二番手のモバイル・キャリア KT は、5G ネットワーク・テクノロジーを開発するために、China Mobile および  NTT Docomo と提携したことを明らかにした。
 
“KT has agreed with China Mobile and NTT DoCoMo of Japan for co-development of 5G mobile technology. The agreement calls for joint marketing to promote new telecommunications technology,” KT said in a statement on the sidelines of 2015 Mobile World Congress (MWC) exhibition here.
 
「 KT は 5G モバイル・テクノロジーに関して、China Mobile および Japan の NTT Docomo と共同で開発することを合意した。 この協定は、新しいテレコム・テクノロジーを促進するための、共同マーケティングを実現するためのものである」と、2015 Mobile World Congress (MWC) において KT は 声明で述べている。
 
KT_CM_NTTKT’s network division chief Oh Seong-mok, center, poses with China Mobile’s technology division chief Wang Xiaowin, left, and NTT DoCoMo Chief Technology Officer Seizo Onoe after announcing a joint declaration to cooperate for the development of fifth-generation mobile networks during a meeting for the Strategic Cooperation Framework Agreement at the Arts Hotel in Barcelona, Spain, Sunday./ Courtesy of KT
 
The CEOs of the three companies signed the deal. KT was the first to offer a proposal to hold a meeting with the Chinese and Japanese firms ― all are key members of the Strategic Cooperation Framework Agreement (SCFA) which was signed in 2011.
 
三社の CEO たちが、この契約を調印した。この China と Japan の企業と、ミーティングを持とうと呼びかけたのは KT であり、また、この三社は、2011年に調印された Strategic Cooperation Framework Agreement (SCFA) の主要メンバーでもある。
 
The three Asian mobile operators will share key information in technology to develop customized 5G tech specifically for the Asian market.
 
この、アジアでモバイル・ビジネスを展開するオペレーター 三社は、アジア市場向けにカスタマイズされた、5G テクノロジーを開発するための、主要な情報を共有していく。
 
Meanwhile, they will launch a joint verification and trial test for advanced wireless technology with the companies holding talks to establish a standard in 5G and the Internet of Things.
 
その一方で、この三社は、先進的なワイヤレス・テクノロジーのための、共同検証およびトライアル・テストに取り組みながら、5G テクノロジーと IoT (Internet of Things) におけるスタンダードを、確立するための協議を継続していく。
 
KT CEO and Chairman Hwang Chang-gyu proposed his counter-partners at China Mobile and NTT DoCoMo create a task force inside the SCFA, a move aimed at taking a clear lead over their European and American rivals. Hwang’s proposal has been accepted.
 
KT の CEO and Chairman である Hwang Chang-gyu は、China Mobile と NTT Docomo のカウンター・パートナーと、SCFA の活動の中でタスクフォースを立ち上げようと提案してきた。 その目的は、ヨーロッパとアメリカのライバルたちに対して、明確なリードを確立することにある。そして、Hwang の提案が受け入れられることになった。
 
“The 5G technology is the next big wave in the industry that can’t be refused. Closer cooperation with China Mobile and NTT DoCoMo will help us provide more customized services to our valued customers beyond their expectation,” Hwang said in the statement.
 
「 5G テクノロジーは、この業界において、誰も避けることのできない、次世代のビッグ・ウェーブである。 China Mobile および NTT Docomo との緊密な協力関係により、カスタマーたちが期待する以上の、より高度にカスタマイズされたサービスの提供が促進されるだろう」と、Hwang はステートメントで述べている。
 
ーーーーー
Telecomさすがは MWC です。とても興味深い話が飛び出してきます。 しかし、お隣どうしなので、こうした提携は当たり前という見方もあります。 ひとつ気になるのは、China Mobile がガチの TD-LTE 推進者であり、そのテクノロジーが Huawei や ZTE から提供されているはずという点です。 そして、たまたまですが、昨日 (3/2) の DigiTimes に、「China releases FDD-LTE licenses to China Telecom, China Unicom」というニュースがポストされていました。 おそらく、北京政府は TD-LTE と FDD-LTE を、三大テレコムに分担させるという方針なのだろうと想像しています。 さらにですが、昨年末の China Tech News には、「Three Korean Carriers Team With Huawei For 5G Development」というニュースを報じています。 もう1つ加えると、ちょうど1年前の 2014年 2月に、Nokia と Sprint が TD-LTE で 2.6 Gbps という実験を成功させているようです。う〜ん、Docomo は、どうするのでしょうかね? そう考えると、とても面白い展開に思えてきますね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
China Mobile の 4G ユーザーが1億人:今年の末には 2.5億人になる?
Huawei と BT が、アイルランドで 400 Gbps Fiber の実験を成功させた
TD-LTE が 20% を超えた:アジアのモバイル通信は独自路線へと進むのか?
Apple と China Telecom が提携:中国人ユーザーのデータは、本土の DC
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ
China Mobile が、マレーシアの最大手モバイル・キャリアに出資か?

Blockchain の調査: IoT に適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる

Posted in IoT, On Monday by agilecat.cloud on March 2, 2015
Blockchain: Decentralizing Data Authentication
Dick Weisinger – Feb 23, 2015
http://formtek.com/blog/blockchain-decentralizing-data-authentication/
formtek.png
Blockchain is the technology that’s enabled the virtual currency called Bitcoin.  Using blockchain it’s possible to exchange and record digital messages in a way that the integrity of the information can be maintained and unaltered without requiring a trusted centralized third-party, like a bank, to guarantee the authenticity of the information.  All transactions of blockchain are open to the public for verification. Proponents of blockchain have described it as “transfer of trust in a trustless world“.
 
Blockchain は、仮想通貨である Bitcoin を実現するためのテクノロジーだ。この Blockchain を用いることで、デジタル・メッセージの交換と記録が可能になり、情報の信憑性が保証される。なぜなら、たとえば銀行のような、信頼できるサードパーティの集中化を必要とすることなく、トランザクション情報を維持し、また、改変を排除する方式が実現されているからである。Blockchain における全トランザクションは、検証のために公開されている。したがって、Blockchain の支持者たちは、「信頼できない世界で信頼を転送するもの」だと、それについて説明している。
 
Gauguin_8Jeff Garzik, one of the maintainers ob bitcoin, described the blockchain as “register of deeds… I don’t store bitcoins, I store private keys that show I own bitcoins.  I don’t actually send bitcoins, I just change the name on the deed.”
 
Bitcoin を支える一人である Jeff Garzik は、Blockchain について、「 証書の登録のようなものである。したがって、誰も Bitcoin を保存しない。そして、Bitcoin の所有を示す、秘密鍵を保存する。故に、誰も Bitcoin 自体を送信することはなく、証書に記載された名前を変更するだけになる 」と、説明している
 
Charles Moldow, general partner at Foundation Capital, said that ”we think one of the most promising areas in Bitcoin is in the blockchain technology layer.  It’s where the greatest innovation is happening…”
 
Foundation Capital の General Partner である Charles Moldow は、「 Bitcoin が期待させてくれる分野として、Blockchain テクノロジー・レイヤが挙げられる。 最大のイノベーションが生じているのは、まさに、そこなのだ」と述べている
 
Other uses of blockchain technology than for cyber currencies like bitcoin, are ‘smart contracts’ where the blockchain is used as the record of authenticity.  Houman B. Shadab, co-director of New York Law School’s Center for Business and Financial Law, said that “The potential to greatly reduce or even eliminate the need for litigation and courts may be the most attractive feature of smart contracts…  in principle removes the potential for parties to have a dispute.”
 
Bitcoin のような仮想通貨以外の領域で、Blockchain テクノロジーが活用されるなら、本物であることの記録として用いる、Smart Contract が挙げられる。New York Law School’s Center for Business and Financial Law の Co-Director である Houman B. Shadab は、「 訴訟という行為を大幅に低減し、さらには、その必要性を排除するという、大きなポテンシャルがある。裁判所から見ると、Smart Contract は、きわめて魅力的な機能となり得るだろう。原則的に、係争を抱える当事者が、消え去ってしまうからである」と述べている。
 
IBM has created a proof of concept, developed in partnership with Samsung, that uses a blockchain to create a decentralized network of devices.  IBM’s ADEPT paper describes the technology, saying that “applying the blockchain concept to the world of (Internet of Things) offers fascinating possibilities.  Right from the time a product completes final assembly, it can be registered by the manufacturer into a universal blockchain representing its beginning of life. Once sold, a dealer or end customer can register it to a regional blockchain.”
 
IBM は Samsung と提携することで、分散ネットワーク・デバイスを構成するための、Bblockchain の PoC (proof of concept) に取り組んでいる。IBM の ADEPT 論文は、「 IoT の世界に対して、Blockchain のコンセプトを適用することで、とても魅惑的な未来が見えてくる。 なんらかのプロダクトが、最終的にアセンブリされた時点から、それが利用可能になったことを表す Universal Blockchain に、マニュファクチャ−たちが登録を開始するようになる。そして、プロダクトが販売されたら、ディーラーもしくはエンド・ユーザーが、Regional Blockchain に、それを登録することになる」と述べている。
 
ーーーーー
On Monday以前に、「 BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!」という抄訳をポストしましたが、もう少し具体的なレベルで、その意味を知りたいと思っていました。 そして、このコンテントを訳していて、その意味が少し分かったような気になっています。 とにかく、トランザクションが検証のために公開されるという点が、とても印象的です。 もちろん、そこではプライバシーとの分離が必要になるでしょうが、それを犠牲にしまで、人々は訴訟し合いながら、この世界を形成しているという、現実も思い出させてくれます。とは言え、こうした新しいテクノロジーが広まるとき、誰も利権を有することのできない、強固なプラットフォームがあると、物事が一挙に進んでいきます。 これからも、Blockchain に関するトピックを追いかけて行きたいと思います。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査:英政府のレポートが、 第二のディジタル革命 と位置づけている!
SaaS の調査:B2B 形式 から B2C 形式 へと、セールス・モデルが変化している
IoT の調査: ディジタル製造業という革命は成立するのか?
Open Source の調査:商用オープンソースという第3の選択肢が!
Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?

今週のアジア 2/22〜2/28:OnePlus と Xiaomi がインドで輸入差し止め:その背景を探る

Posted in Asia Weekly, Patent by agilecat.cloud on March 1, 2015
Ericsson の矛先は、Apple にまで及ぶのか・・・
 
cna-banner
 
今年に入ってからですが、インドの高裁が OnePlus と Xiaomi に差し止めの命令を出すという、ちょっと異常な事態が発生しています。 ちょうど、Micromax が立ち上がるときであり、国内産業の露骨な保護が始まったのかと思いましたが、この段階では、そこまでの話ではなかったようです。
 
China Indiaまず、OnePlus への差し止めですが、独自の Andriod OS バージョンを開発する CyanogenMod という ROM メーカーが、インド市場での独占権を Micromax に与えたことが背景にあります。 そのため、インド進出に取り組んでいた OnePlus が、出鼻をくじかれるという状況に陥っています。
 
もう一方の Xiaomi ですが、こちらの相手は超大物の Ericsson です。 なにやら、Xiaomi のデバイスをインドで売ると、Ericsson の特許に抵触するとのことで、Xiaomi も高裁の判断に従っているようです。 しかし、並行輸入業者だと思うのですが、そのラインから Xiaomi のデバイスが流れ込んでいるらしく、その業者を Xiaomi が訴えるという事態になっているようです。
 
そうなると、シンガポールやインドネシアはどうなるの? ・・・という疑問が湧いてきますが、アメリカでのビジネスを準備中の Xiaomi が、スマホ自体の販売は先送りする背景には、この Ericsson との特許問題があるのかもしれませんね。そんなことを考えていたら 「Ericsson seeks US iPad, iPhone ban as it sues Apple over patents」というニュースが Gigaom から報じられました。 斜め読みすると、2G および 4G/LTE に関する Ericsson の特許に、iPhone/iPad が抵触することは Apple 自身も認めているのですが、その対価が法外であるため交渉中だと主張しているようです。
 
11/30: Micromax-Cyanogenmod Tie up, Put OnePlus One at Stake in India
12/03: OnePlus One arrives in India, ready to battle Xiaomi and Micromax
12/24: OnePlus-Micromax dispute: HC reserves verdict
12/24: Our operating system is different from that of Micromax: OnePlus
ーーーーー
02/07: Ericsson accuses Xiaomi of violating HC order
02/07: Xiaomi blames rogue reseller for reigniting legal troubles in India
02/22: Xiaomi to take legal action against websites selling its phones illegally
 
ーーーーー
 
以下は Top-10 です・・・
 
① 2/21: Lenovo caught pre-installing adware on laptops
ChinaComputer giant Lenovo has come under fire from users and security pundits after its consumer laptops were found to contain pre-installed adware/malware which could be used to intercept and hijack encrypted Transport Layer Security communications in Microsoft Windows. The ‘Superfish’ adware is a third-party application that was, until last month, installed on all Lenovo consumer laptops.
 
② 1/28: Amazon Japan says ‘cooperating’ with child porn probe
JapanTOKYO: The Japanese arm of Amazon.com said it was “cooperating fully” with a police investigation into the sale of child pornography, after authorities reportedly raided its Tokyo headquarters. The probe — which comes less than a year after Japan made the possession of child porn illegal — reportedly follows the arrest of two men in September for posting illicit photo books featuring children on the Internet retailer’s website.
 
③ 2/21: Re-skilling, not layoffs, will address new challenges: Infosys
IndiaMUMBAI: Even as the furore over layoffs in the IT sector is yet to die down, Infosys has said re-skilling talent is the answer to rapidly changing technologies in the software landscape. “It is not that there are tens and thousands of people (available) with experience in new technologies. The idea is to re-skill people. If technology changes and people don’t have those capabilities, you’ve to re-skill them and re-orient them,” Infosys, Chief Operating Officer, Pravin Rao said on the sidelines of an industry event last week.
 
④ 2/26: iiNet, DBC face three-week wait for piracy ruling
AustraliaiiNet and Dallas Buyers Club face a three-week wait to find out whether the rights holder can obtain the names and residential addresses of almost 5000 people it claims downloaded its movie without paying last year. In the final hearing of a preliminary discovery trial between the rights holder to the Dallas Buyers Club film and the internet service provider, Justice Nye Perram today withheld his judgment for three weeks on whether iiNet should hand over the customer details.
 
⑤ 2/21: India 2015: IT-ITeS industry seeks clarity on Rs 10k-crore
IndiaHYDERABAD: The local IT and ITeS industry has sought more clarity on the Rs 10,000-crore startup initiative announced by the Centre in last Budget. The industry here is also keen on tapping the potential of ‘Make in India’ initiative. “Hyderabad is very well positioned for the ‘Make in India’ initiative as the city has a strong presence in defence and aerospace besides pharma & lifesciences,” said Ramesh Loganathan, Vice President and MD, Progress Software and President of Hyderabad Software Enterprises Association.
 
⑥ 2/25: Airtel, BSNL to sign pan-India roaming pact
IndiaNEW DELHI: Telecom operators Airtel and BSNL are likely to sign a pan-India roaming pact within a month to strengthen their 2G mobile services in areas where either of them is having a weak or negligible presence. “We are soon going to sign a pan-India intra-circle roaming agreement with Airtel with a focus to strengthen coverage in rural areas. Commercials are being worked out. This is most likely to signed within a month,” BSNL Chairman and Managing Director Anupam Shrivastava told PTI.
 
⑦ 2/26: Jakarta to develop mobile app to track bus arrivals
IndonesiaJakarta’s public bus operator TransJakarta will develop a mobile app for people to track the arrival times of buses at bus stops. The app will allow people to track the location of bus drivers and estimate when buses will arrive at the bus stops, said Steve Kosasih, CEO of TransJakarta. The city will work with the makers of a popular delivery tracking app, Go-Jek, and will use the same system for the bus app. Go-Jek allows people to track the location of their deliveries through the GPS on the drivers’ smartphones.
 
⑧ 2/18: Samsung Galaxy S4 gets a big price cut
KoreaNEW DELHI: Samsung’s 2013 flagship smartphone, Galaxy S4, has got another price cut ahead of the expected unveiling of the Galaxy S6 in March. The phone is available online on Amazon.in at Rs 17,999 in both white frost and deep black colour variants. It was previously available at Rs 21,900. Samsung’s official online store is still selling the phone at the old price. It’s worth mentioning that Amazon is also offering a Rs 1,000 gift card with the purchase of the phone.
 
⑨ 2014: Taiwan server ODMs may benefit from Project Scorpio 2.0
TaiwanTaiwan-based server ODMs including Quanta Computer, Wistron and Inventec may obtain orders arising from the beginning of Project Scorpio 2.0, the second version of a project to boost low-cost and highly scalable data center infrastructure jointly by China-based Internet service operators Baidu, Alibaba and Tencent through collaboration with Intel, in September 2014, according to Taiwan-based supply chain makers.
 
⑩ 2/24: NextDC takes customers on ExpressRoute to Microsoft Azure
AustraliaDatacentre-as-a-Service provider, NextDC (ASX:NXT), has inked an agreement with Microsoft for direct connectivity to Azure via ExpressRoute from its Melbourne, Sydney, Brisbane, Canberra and Perth data centres. ExpressRoute will connect NextDC customers directly to Azure through a private, high speed, low latency fibre connection rather than a general internet-based connection.
 
ーーーーー
cna_6冒頭で、インド政府の国内産業保護について触れましたが、この週末に「India Budget 2015: Imported mobile, tablets price may go up, local producers gain」という記事がポストされていました。一言でいって、海外から輸入されるスマホへの関税を引き上げるようですが、MictomaxKarbonn などが育ってきたタイミングで、このような政策を打ち出して、中国からの影響を排除していくのは、当然のことなのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 2/15〜2/21:この1年の ダウンタイムを整理してみた
今週のアジア 2/8〜2/14:Qualcomm 訴訟の 背景を追う
今週のアジア 2/1〜2/7:北京政府 と ソーシャル・メディア の 新しい関係が?
今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する

激変するスマホ市場とプレイヤーたち:2010 〜 2014 の変遷を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Mobile, Research by agilecat.cloud on February 28, 2015
Smartphone Duopoly Pushes Competition to the Fringes
Felix Richter – February 26th, 2015
http://www.statista.com/chart/3268/smartphone-os-market-share/
 
 Statista.png
 
Five years ago, the smartphone market was quite fragmented. BlackBerry was still going strong, Symbian was present on millions of Nokia phones and Samsung was still experimenting with its own operating system, Bada.
 
5年前のスマートフォン市場は、それぞれのプラットフォームにより切り分けられていた。 そのころの Blackberry は強さを維持し、Nokia のデバイスでは大量の Symbian が走り、Samsung は Bada という独自 OS を実験していた。
 
Smartphone_OS 2010-2014This chart breaks down global smartphone shipments by operating system.
 
このチャートは、グローバルにおけるスマホ OS 出荷台数を示している。
 
Nowadays, there are basically just two relevant smartphone platforms left. Devices running Android and iOS accounted for more than 96% of global smartphone shipments in 2014, according to data published by IDC. The only other platform with so much as a hint of relevance left is Windows Phone, although Microsoft surely had other numbers in mind when it debuted Windows Phone 7 in 2010.
 
しかし、いまでは、大まかなところで、2つのスマートフォン・プラットフォームだけが存在感を発揮する状況となっている。IDC が発表したデータによると、2014年のグローバル市場では、出荷されたスマートフォンの 96% 以上が、Android と iOS により占められている。その他のプラットフォームとしては、少ないながらも Windows Phone がシェアを確保しているが、2010年に Windows Phone 7 がデビューしたときの Microsoft は、いま以上の存在感を有していたのだ。
 
ーーーーー
mobile_552010年の 3億台から、2014年の 13億台へと、大きく成長したスマホ・マーケットの状況が、とても把握しやすいかたちでチャート化されていますね。 その内訳の変化も興味深いですが、2014年の iOS が 約2億台ですから、それを 1.5倍しただけで、2010年の全体に達してしまうというのも驚きです。 Agile_Cat の 2010年はというと、Symbian を使っていましたが(いわゆるノキチ)、もう無理だという思いから、試しに Android を触り始めたころだったと記憶しています。 すべてが、あっという間に変わってしまった、という感じです。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
2014 スマホ OS 総決算:Android が 81.5% で、iOS は 14.8% だ!
iPad が創り出したタブレット市場で、Apple のシェアが低下
モバイル・コマースの比率が最高なのは食料品! 米国の調査から近未来が見える
Facebook の 2014年 Q4 決算: $12.47B の年商と、13.9億の MAU を分析
China Mobile の 4G ユーザーが1億人に達した:今年の末には 2.5億人に?
 
%d bloggers like this: