Agile Cat — in the cloud

Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

Posted in .Selected, Apple, Mobile, Post-PC, Research by agilecat.cloud on February 10, 2016
Apple can’t keep relying on the iPhone forever — it needs a new hit
Matt Rosoff – Jan. 26, 2016
http://www.businessinsider.com/apple-needs-a-hit-2016-1
 
_ Business Insider
 
When will Apple release a new product that makes people excited?
 
Apple が、次の新製品をリリースするとき、人々は熱狂するだろうか?
 
Apple Store NYOn Tuesday’s earnings call, Apple CEO Tim Cook spent an unusual amount of time blaming macroeconomic conditions for the company’s middling performance.
 
火曜日の収支報告において、Apple CEO の Tim Cook は、同社に平凡なパーフォーマンスをもたらしたマクロ経済を非難するために、異常とも思える時間を費やした。
 
He blamed economic downturns in important geographic areas:
 
彼は、重要とされる地域における、経済の減速に対して不満を述べている:
 
Major markets including Brazil, Russia, Japan, Canada, Southeast Asia, Australia, Turkey, and the Eurozone have been impacted by slowing economic growth, falling commodity prices, and weakening prices.
 
Brazil/Russia/Japan/Canada/Southeast Asia/Australia/Turkey/Eurozone などを含む主要マーケットが、経済の減速/物価の下落/株価の低落などの影響を受けている。
 
He blamed weakening currencies in a lot of countries, which make Apple products more expensive there:
 
彼は、Apple 製品をさらに高額にしてしまう、それらの国々の通貨の弱さも批判している:
 
Since the end of fiscal 2014, for instance, the Euro and British Pound are down double-digits, and major currencies such as the Canadian Dollar, Australian Dollar, Mexican Peso, and Turkish Lira have declined 20 percent or more. The Brazilian Real is down more than 40 percent, and the Russian Ruble has declined more than 50 percent. Two-thirds of Apple’s revenue is now generated outside the United States, so foreign currency fluctuations have a very meaningful impact on our results.
 
2014年の会計年度の終わり以来、たとえば Euro と British Pound は、二桁も下落している。そして、Canadian Dollar/Australian Dollar/Mexican Peso/Turkish Lira といった主要通貨は、20% 以上も下落している。さらに言うなら、Brazilian Real は 40% 以上の、Russian Ruble は 50% 以上も下げている。Apple の売上における 2/3 は、United States 国外から生じるため、こうした為替の変動が、業績に非常に大きな影響をおよぼしている。
 
He even alluded to falling oil prices in the answer to a question about whether Apple would keep investing in China and other markets at the same pace:
 
さらに彼は、これまでと同じペースで、China などのマーケットへ投資を継続していくのかという質問に対して、原油価格の下落に言及することで回答としている。
 
And finally, even in the markets where today, grantedly, it looks fairly bleak — from Russia and Brazil and some of the other economies that are very much tied to oil based economies — we do believe that this too shall pass, and that these countries will be great places, and we want to serve customers in there.
 
結論として、今日におけるそれらのマーケットが、不調であることに疑いの余地はない。Russia と Brazil や、いくつかの国々の経済は、きわめて原油価格と連動しているのだ。言うまでもなく、私たちの決算は合格点をクリアしている。そして、それらの国々は、素晴らしいマーケットであり、そこのユーザーたちにサービスを提供したいと考えている。
 
(Read the full transcript here.)
 
But there’s a more obvious problem, too: Apple hasn’t had a new hit product since the iPad in 2010.
 
しかし、マクロ経済よりも、大きな問題があるのも明らかだ。つまり、Apple は、2010年の iPad 以来、ヒット商品を出していないのだ。
 
iPad Chart
BI Intelligence
 
And that product, which was supposed to be the third leg of the stool for Apple’s long-term growth — alongside the Mac and the iPhone — has been shrinking like crazy. Unit sales have dropped every single quarter for the last two years. Apple released the iPad Pro in November, but it didn’t stop the slide at all.
 
しかも、Apple の長期的な成長を達成するために、Mac と iPhone と並んで三本柱の一角を構成するはずだった iPad は、その規模を急激に縮小している。その販売台数は、これまでの 2年間において、すべての四半期決算でマイナス成長を記している。そこで Apple は、2015年11月に iPad Pro リリースしたが、この地滑り的な凋落を、まったく止めることができていない
 
The decline of the iPad could’ve been overlooked as long as the iPhone juggernaut kept churning. But Apple may finally be topping out there, too:
 
この iPad の低落だが、iPhone の絶対的なパワーが続いている間は、無視しても良かったのかもしれない。しかし、ついに Apple は、それが許されない状況に追い込まれたのだろう。
 
iPhone Chart
BI Intelligence
 
On the call, Cook acknowledged what many analysts had already predicted — that iPhone sales “will decline” in the March quarter.
 
この収支報告会において Cook は、2015年3月期の iPhone がマイナス成長になるという、数多くのアナリストたちが示した予測を認めている。
 
Maybe the iPhone 7 will be a monster hit and rescue Apple again, like the iPhone 6 did the last time Apple was in this kind of doldrums.
 
iPhone 7 がモンスター・ヒットとなり、再び Apple を救うのかもしれない。つまり、iPhone 6 の再来となるわけだ。
 
But I’m skeptical. The iPhone 6 met pent-up customer demand for a phone with a larger screen. Apple looked at Samsung’s success selling phones with larger screens, wisely cast aside Steve Jobs’ former ruling that the iPhone’s 4-inch screen was perfect, and boom — sales took off.
 
しかし、私は懐疑的である。iPhone 6 は、大型スクリーンのスマフォを求めるユーザーたちの、鬱積した不満を解消するものだったのだ。つまり、Steve Jobs が言っていた 4-inch iPhone 最強説から離れ、Samsung の大型スクリーン戦略を賢明にも追いかけることで、Apple の売上は急上昇したのだ。
 
Where’s the unmet demand this time? What are people buying from competitors that Apple doesn’t offer?
 
需要を満たすプロダクトがなければ、いったいどうなるのか? Apple が提供しない何かを、競合する他社から購入するのは、どのような人なのか?
 
This is the maturity of the smartphone market. When everybody who can afford a smartphone has one, nobody — not even Apple — will be able to speed up the natural replacement cycle of every two or three years.
 
その答えは、スマフォ・マーケットの成熟度と密接に関連する。つまり、スマフォ・ユーザーたちは、必ず買い替えの時期を迎えるのだが、その 2年〜3年という自然なサイクルを速める人は皆無なのである。そして、常に Apple が選ばれるとは限らないのだ。
 
By the way, Mac sales also went negative for the first time since mid-2013:
 
ところで、Mac の売上も、2013年から好調とは言えない状況が続いている:
 
Mac Chart
BI Intelligence
 
So what’s next?
 
The Apple Watch is not the hit Apple needed. Apple didn’t release sales figures for it, except to say that December was its best quarter ever, but the anecdotal evidence is pretty overwhelming. I live and work in the geekiest, most gadget-obsessed city in the US, but I never see anybody wearing an Apple Watch.
 
Apple Watch は、同社が必要とするヒット作になっていない。過去最高だった、2015年 Q4 を除いて、その売上に関する数字は公開されていないが、いくつかの逸話が不調を伝えている。私は、ギークたちに囲まれる人生をおくっているが、US のガジェット好きな街々で、誰かが Apple Watch を身に着けているという姿を見たことがないのだ。
 
It may take off eventually as a link between a bunch of connected devices — the iPod was a slow-grower at first, too — but it’s going to take awhile. Until Apple releases sales figures, we won’t know.
 
このプロダクトだが、接続された各種デバイス間のリンクとして、いずれは離陸していくのだろう。ただし、iPod の出だしが低調だったのと同様に、しばらくは時間がかかるだろう。いずれにせよ、Apple が売上について情報を提供するまで、その実態については、誰も知ることはできないのだ。
 
Same thing with Apple TV: nice product, slowly growing sales every quarter, but not particularly material to earnings. It’s lumped with the Watch and Beats headphones in the “Other” category, which delivered $4.3 billion in revenue out of Apple’s $75.9 billion in total.
 
Apple TV も、似たような状況にある。 このプロダクトもニッチなものであり、ゆっくりと四半期セールスを成長させているが、収益の構成要素として、とりわけ重要なものとも思えない。Apple は Watch だけではなく、Beats ヘッドフォンにも注力している。このプロダクトは、収支上では “Other” に分離されるものであり、Apple の総売上である $75.9 billion とは別に、$4.3 billion を計上している。
 
So what’s the next big thing? Cook hinted that cloud services might be the area of investment for Apple:
 
そうなると、次の大型クロダクトは、何になるのか? Apple にとって、投資のエリアはクラウド・サービスになるだろうと、Cook は示唆している。
 
In terms of our future plans, I wouldn’t want to comment about any particular thing, but obviously with breaking this out, we wouldn’t be breaking it out if it wasn’t an area that was very important to us in the future.
 
私たちの将来計画という観点で、特定のことについて、コメントしたいとは思わないが、何かが必ず立ち上がる。それが、私たちの将来にとって、それほど重要ではないエリアだとするなら、それに取り組むこともないだろう。
 
He could be alluding to Apple’s long-rumored streaming TV service, which could offer smaller bundles of TV channels that people really want for a cheaper price than cable TV. But Apple needs to finish signing the necessary content deals, or maybe buy a big media company like Time Warner. The future of TV may be coming, and Apple may deliver it, but it’s not here yet.
 
彼は、以前からウワサになっている、Apple TV ストリーミング・サービスを示唆したいのかもしれない。それは、ケーブル TV よりも細かく分類されたチャネルを、より安価で提供するものとされている。しかし、コンテント提供のための契約を進めるのか、Time Warner のような大手メディアを買収するのかという、大きな仕事が Apple に要求される。未来の TV は登場するだろうし、それを Apple も提供するだろうが、いまの段階で具体化している話ではない。
 
Plus, Apple’s record with services is bad. Apple Maps still isn’t as good as Google Maps. Siri works right about half the time. Also, iCloud is confoundingly frustrating — I just had a problem updating my iPhone software because my iCloud storage was full to capacity and they wanted me to buy more. I wasn’t even aware I’d turned it on. And Apple Music is a buggy mess.
 
それに加えて、Apple のサービスに、優れたものが存在しないという問題がある。依然として Apple Maps は、Google Maps ほどの使い勝手に達していない。Siri が正しく動くのは、ほぼ二回に一回という具合だ。また、iCloud の混乱には、イライラさせられる。私のケースだと、iCloud ストレージの容量が一杯で、iPhone のソフトウェア更新に問題を抱えているが、もっと容量を購入しろと言われている。さらに言うなら、交信を始めるまで、私は容量不足に気づいていなかった。 また、Apple Music は、バグの固まりである。
 
So I’m not convinced that Apple has the chops to deliver a world-changing online service — it never has. Great hardware, occasionally brilliant software, an unparalleled retail experience. But online services? Not so much.
 
したがって、世界を変えるオンライン・サービスを提供するだけの才覚が、Apple にあると思えないのだ。 率直に言うと、持っていないのだ。 素晴らしいハードウェアと、いつも輝いているソフトウェア、そして、比類のないリテール・エクスペリエンスはあるのだが、オンライン・サービスはというと、それほどのものでもない。
 
Tim Cook and Steve JobsFlickr
thetaxhaven
 
Apple CEO Tim Cook with executive Eddy Cue, who oversees software and services like Apple Music, Apple Pay, iCloud, Apple Maps, and Siri.
 
Apple では、CEO である Tim Cook と、Executive である Eddy Cue が、Apple Music/Apple Pay/iCloud/Apple Maps/Siri といった、ソフトウェア&サービスを監督している。
 
Don’t get me wrong: Apple is not in trouble. It just posted the biggest quarterly profit of any company in history. It has more than $200 billion in cash and investments sitting on its balance sheet. More than 1 billion Apple devices are being actively used right now, and Apple can theoretically sell services and downloads to all of them. It will continue to iterate on its existing hit products, particularly the iPhone, to keep people upgrading every two or three releases.
 
誤解しないで欲しいが、Apple がトラブルに陥っているという話ではない。同社は、四半期ごとの利益として、その歴史におけるベストを叩きだしたところである。そして、バランス・シートには、$200 billion 以上のキャッシュと、各種の投資が記載されている。また、10億台以上の Apple デバイスが、現時点で実際に使用されており、論理的に考えるなら、それらすべてのデバイスへ向けて、Apple はサービスを販売し、また、ダウンロードさせることが可能なのだ。さらに言うなら、これまでのヒット商品を、とりわけ iPhone を、2年〜3年のサイクルで繰り返して販売し、ユーザーのアップグレードに対応していくことも可能なのだ。
 
But for a company to keep growing at the rate Apple grew during the last decade, it can’t just keep reworking the same old classics. It has to deliver new hits, too.
 
しかし、これまでの 10年間と同じスピードで、Apple が成長し続けていくためには、昔からのクラシックなプロダクツを、作り直すだけでは足らない。つまり、新たなヒット作を、提供する必要があるのだ。
 
SEE ALSO: Apple CEO Tim Cook: It’s time to invest ‘confidently’
 
ーーーーー
appleこの記事を訳しながら、「Apple が Twitter を買収すべき 唯一の論点とは?」という、2012年11月のポストを思い出していました。この記事は、ソーシャルとしての Twitter というより、Web テクノロジー企業としての Twitter を、買収すべきだと主張するものであり、とても論理的なソリューションを示しているのです。いまの Twitter は、株価がボロボロですから、もう一度、考えても良いのではと、思ってしまいます。 話は飛びますが、先週にポストした「Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!」という抄訳は、Apple Insider に掲載された記事を訳したものなのです。Apple シンパのメディアも、訴えたい何かを持っていることの、現れだと思えてきます。Satya Nadella のような、若くて有能なトップが、Apple にも登場すると良いですね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけだ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
4-inch iPhone の名前は 5se らしい! 小さいけど、中身は 6s クラスだという ウワサ が!
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
 

Comments Off on Mac と iPad と iPhone に成長は望めないのか? Apple が輝き続けるには、クラウドでの成功が不可欠なのか?

Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 世界の国数が 196カ国という現実との対比を、1枚のチャートで!

Posted in .Selected, Netflix, Research by agilecat.cloud on February 9, 2016
This map shows why Wall Street is so excited about Netflix’s expansion
Eugene Kim – Jan. 7, 2016
http://www.businessinsider.com/netflix-is-literally-everywhere-except-china-2016-1
 
_ Business Insider
Netflix announced on Wednesday that it would be expanding to 130 new countries, making it available in a total of 190 countries worldwide.
 
Netflix のサービス提供国に、新たに 130カ国が加わり、トータルで 190カ国に達すると、同社は  水曜日 (1/6) に公表した。
 
Netflix is literally everywhere
Statista
 
The news pushed Netflix stock up more than 6% immediately following the announcement, and analysts from Bank of America, MKM, and UBS have all published bullish notes on Thursday morning.
 
このニュースの直後から、Netflix の株価は 6% 以上も跳ね上がり、また、Bank of America/MKM/UBS などのアナリストたちは、翌朝に強気のコメントを発信している。
 
To give an idea of how broad Netflix’s reach really is, Statisa put together this map illustration for us. It shows Netflix covers pretty much the entire world, except for China, with yesterday’s announcement.
 
この Netflix の拡大が、何を示すかを明らかにするために、Statisa は Business Insider に対して、上記のイラスト・マップを作成してくれた。つまり、その昨日のアナウンスメントは、China を例外として、Netflix は世界の大半をカバーしていることを指し示しているのだ。
 
Netflix CEO Reed Hastings added on Wednesday that the online video streaming service will eventually get into the Chinese market, by as soon as later this year. UBS wrote in a note that China would add another 176 million households to its addressable market, which is well ahead of its expectations.
 
そして、Netflix の CEO である Reed Hastings は、このオンライン・ビデオ・ストリーミング・サービスが、今年の後半の早い時期に China 市場に参入するだろうと、そのアナウンスメントに付け加えている。さらに言うなら、China には 1.76億世帯という潜在顧客がおり、Netflix は大きな成果を上げるだろうと、USB は述べているのだ。
 
ーーーーー
research_55あっという間の出来事ですね! このチャートは、アジアの大半とアフリカのすべてが、2016年1月にサービス・インすることを記しています。 Google も Facebook も、途上国マーケットに素早く進出していますが、Netflix のスピードは、それ以上だったようです。これが、クラウド+モバイル+ OTT の威力なのでしょう。 つまり、いかなる権力も手出しできない、IP (Internet Protocol) の頭上(Over The Top)で、クラウドとモバイルが直結すると、こんなことが起こり得るのです。 とはいえ、それは簡単なことではなく、見事なまでにクラウドを活用し、また、あらゆる既得権益者たちを相手に矢面に立って戦い続けてきた、Netflix の短期間に凝縮された歴史があってのことなのです。 昨日は、クラウドの勝利宣言というタイトルを用いましたが、今日は OTT の勝利宣言ともいえるポストができて、とても嬉しいです。 Netflix に拍手です! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
アメリカでは、Netflix が 4K ビデオ・ストリーミングに突入する
AMS-IX NY の最初の入居者は Netflix : さらに勢いづく Open IX
ストリーミングとクラウドを使いこなす Netflix とは?
Netflix の API は、200 億リクエスト/月 を処理する
Real World NoSQL シリーズ – Netflix における Amazon SimpleDB
 

Comments Off on Netflix のサービスが 190カ国に広がった: 世界の国数が 196カ国という現実との対比を、1枚のチャートで!

Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する

Posted in .Selected, Enterprise Social, On Monday, Research, Strategy by agilecat.cloud on February 8, 2016
Cloud Computing: Trends and Predictions for 2016
Dick Weisinger – February 4th, 2016
http://formtek.com/blog/cloud-computing-trends-and-predictions-for-2016/
_ formtek
A recent study from Soliant Consulting reported some interesting milestones for cloud computing in 2015:
 
Soliant Consulting の最新レポートには、クラウド・コンピューティングが 2015年に達成した、いくつかの重要なマイルストーンが記されている。
 
  • Sisley_1663 percent of businesses have a private cloud.  82 percent of businesses use a hybrid cloud, and 88 percent of businesses are using the public cloud.
  • 64 percent of businesses say that in 2015 cloud computing helped them to reduce waste and energy consumption.
  • The federal government estimates that it’s saved $5.5 billion because of its move to the cloud
  • Amazon’s share of the cloud market is 30 percent compared to Microsoft Azure’s 10 percent share.
  • Small businesses spent $15.5 billion on cloud services in 2015.  Total cloud revenues reached $64 billion.
 
  • 63% の企業が、プライベート・クラウドを使っている。そして、82% の企業がハイブリッド・クラウドを利用し、また、88% の企業がパブリック・クラウドを活用している。
  • 64% の企業が述べているのは、2015年におけるクラウド・コンピューティングが、無駄を排除し、また、消費電力を削減したという点である。
  • 米連邦政府は、クラウドへの移行により、$5.5 billion の経費削減が達成されたと推測している。
  • クラウド市場における Amazon のシェアは 30% に達し、Microsoft Azure は 10% となっている。
  • 2015年の中小企業は、クラウド・サービスに対して $15.5 billion を支出している。 そして、クラウド全体の規模は、$64 billion に至っている
 
Where’s the cloud computing market going?  Here’s some predictions for what we might expect in 2016:
 
このクラウド・マーケットは、いったい、何処へ向かっていくのだろうか? 2016年に起こると予測される、いくつかの事象を、以下に列挙する:
 
  • Expect the migration to SaaS applications to grow only stronger.  SaaS generally comes with cost savings and simplicity.  It also helps businesses improve their overall agility.
  • Data is moving to the cloud.  By the end of the year Soliant Consulting estimates that 36 percent of all data will have migrated to the cloud.
  • Containers will increasingly be used to build cloud-based distributed applications.  Container technology like Docker and CoreOS should grow significantly this year.
  • Data storage costs will continue to plummet.  Data storage is being used as a loss leader by cloud vendors to get data into the cloud.
  • vendors hope to see revenues from things like security management, analytics and applications.
  • Security concerns won’t go away this year.  Expect there to be continued attacks on the cloud in 2016.  Customers will continue to demand tougher cloud controls and security.
  • A renaissance for IT groups could happen this year.  While the cloud is impacting the size and scope of many IT groups, businesses also recognize that shadow IT needs to be reigned in.  Centralized handling of cloud operations will save money and ensure more secure solutions.  Expect IT to be more involved in cloud purchases and with vetting of cloud applications and infrastructure.
  • Big enterprise software companies like Oracle, SAP, Hewlett Packard, and IBM will struggle.  Changing their business models from on-premise software to cloud-based applications will be challenging.

 

  • SaaS への移行のみが、大きな成長を達成すると予測される。一般的に言って、SaaS はコストを削減し、運用を単純化する。そして、それぞれのユーザー企業のビジネスに、敏捷性をもたらすことになる。
  • データの保存先が、クラウドへとシフトしていく。Soliant Consulting によると、2016年の末までに、すべてのデータの 36% が、クラウドへ移行するとされる。
  • クラウド・ベースのアプリケーションの配布において、コンテナの利用率が継続して上昇していくだろう。Docker や CoreOS といったコンテナ・テクノロジーが、今年は急成長すると予測される。
  • データ・ストレージのコストは、急降下し続けるだろう。大量のデータがクラウド・ストレージへと移行することで、データ・ストレージは凋落のシンボルとなる。
  • ベンダーたちは、セキュリティ管理/分析アプリケーションなどから、収益をあげようと試みるだろう。
  • セキュリティに関する懸念は、今年も消え去らないだろう。 そして、2016年も、クラウドへの攻撃は止まらない。顧客たちは、クラウドによる強固なコントロールとセキュリティを要求し続けることになる。
  • 今年は、情シスにもルネサンスが起こる可能性がある。数多くの 情シスが、あらゆる規模と範囲において、クラウドの影響を受けている。 その一方で、数多くの企業は、シャドウ IT の制御が必要だと認識している。中央集権的にクラウドを運用することで、経費が削減され、よりセキュアなソリューションをもたらされる。 情シスに期待されるのは、クラウドの購入に対して積極的に関与し、また、クラウドのアプリとインフラを審査していく姿勢である。
  • Oracle/SAP/HP/IBM といった、エンタープライズ・ソフトウェア企業は苦戦を強いられるだろう。それぞれのビジネス・モデルを、オンプレミスのソフトウェアから、クラウドベースのアプリケーションへと変更することは、困難を伴うものになる。
 
ーーーーー
On Monday2015年を総括すると、クラウドの勝利宣言の年だったように思えてきます。タイトルに ー in the cloud ー を掲げている Agile Cat にとって、これほど嬉しいことはありません。このような展開になると確信したのは、2012年だったと記憶していますが、そう思わせてくれたのが、「クラウドの成長により、すべてのベンダーは崩壊し、また、再生していく」という、ReadWriteWeb の素晴らしいコンテントでした。その頃のポストで、もう一つの印象に残っているものとして、「クラウドの管理を技術者まかせにしてはいけない:それは 経営者の務めである」という、GigaOm の抄訳も紹介しておきたいです。ここで言う経営者のイメージに当てはまるのが(Google と Facebook は別格)、Agile Cat 的には Netflix の Reed Hastings なのですが、その理由については、「Amazon AWS の障害を総括すると、クラウドの勝利が見えてくる_2」の最後の方を読んでもらえれば分かると思います。その意味では、Uber の Travis Kalanick も、Airbnb の 三人も、そのような才覚の持ち主なのでしょう。 コンシューマだけではなく、エンタープライズにおいても、クラウドが大爆発する 2016年になりそうですね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Container の調査: エンタープライズ DevOps のためにも、コンテナが不可欠だ!
Business Disruption の調査: すべての企業を破壊していく5つの圧力とは?
Enterprise の調査: クラウド効果により、エンタープライズ・アプリが中小企業に舞い降りてきた
AI の調査: Facebook の 人工知能 について、Mark Zuckerberg は 何を考える?
IoT の調査: この時代に生まれたなら、マック・バーガーの累計表示も頓挫しなかったはずだ!
 

Comments Off on Cloud の調査:勝利宣言の 2015年を振り返り、大進撃の 2016年を予測する

GoPro が失速している:その状況を1枚のチャートで!

Posted in .Chronicle, Asia, Research, Wearable by agilecat.cloud on February 7, 2016
GoPro Has Trouble Sustaining Its Growth
Felix Richter – Jan 14, 2016
http://www.statista.com/chart/4234/gopro-s-revenue-growth/
 
_ Statista
 
On Wednesday evening, GoPro, the maker of portable action cameras that went public in 2014, released a statement saying it was cutting about 7 percent of its workforce. While officially labeled as a reallocation of resources, it’s hard not to read something into it, when the company announces its first-ever quarterly sales decline at the same time.
 
水曜日 (1/13) の夜に、GoPro (2014年に株式公開したポータブル・アクション・カメラ・メーカー) は、同社の従業員を 7% ほど削減すると発表した。オフィシャルには資源の再配分と名付けているが、同社としては初めてとなる四半期売上高の減少を、同じタイミングで発表しているため、それ以外の何かを読み取ることは難しいだろう。
 
gopro_s_revenue_growthThis chart shows GoPro’s revenue growth since 2010.
 
Looking at GoPro’s revenue growth since 2010, it appears as if the company is having trouble sustaining its growth. While it’s normal for growth rates to come down after a period of massive growth, the drop off in GoPro’s rate of revenue growth is rather steep. The company’s stock has been under pressure since autumn, when the company had (twice) slashed the price of the ultra-compact HERO4 Session camera just months after its July launch.
 
GoPro における 2010年からの収益成長率を見ると、同社が成長を持続することが、難しいのかと思う状況が示されている。大きく成長した後に、成長率は下がるのは正常なことであるが、GoPro における収益の下降線は、かなり急峻なものとなる。2015年7月に発売した超小型カメラである HERO4 Session の、価格が引き下げられた (二度目) 昨年の秋以降に、同社の株価にプレッシャーがのしかかっている。
 
ーーーーー
research_55このチャートを見て、すぐに思い浮かべたのが、他のメーカーとの競合の状況です。 2015年3月にポストした、「Xiaomi の キラー WebCam は、GoPro Hero の半額で販売される!」という抄訳では、両社の製品に関するコスパが比較されていますので、よろしければ、ご参照ください。 また、「Xiaomi が アメリカでのビジネスを開始: ただし、本命のスマホは、まだ先のよう」という抄訳は、Xiaomi の戦略が、グローバル化していることを示しています。今年は、中国製のデバイスが、世界で大暴れする年になるのかもしれません。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Fitbit が突っ走り、Xiaomi が猛追する、ウェアラブル市場:新たな勢力図をチャートで!
最前線 $100 スマフォ: Xiaomi Redmi 3 は、1.7GHz 8-Core チップを載せて $107 だ!
Xiaomi が ARM ライセンスを取得:社運をかけたカスタム・チップで勝負だ!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけ!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
 

Comments Off on GoPro が失速している:その状況を1枚のチャートで!

Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?

Posted in .Selected, Alibaba, Amazon, Asia, Baidu by agilecat.cloud on February 5, 2016
Baidu builds empire with music, Amazon deals
AFP | Dec 5, 2015, 01.40 PM IST
http://timesofindia.indiatimes.com/tech/tech-news/Baidu-builds-empire-with-music-Amazon-deals/articleshow/50053568.cms
 
_ Times of India
 
SHANGHAI: Chinese internet giant has announced two deals linked to the entertainment industry, including a tie up with online retailer Amazon to provide it with search services.
 
SHANGHAI: China のインターネット・ジャイアントである Baidu が、エンターテインメント産業に関連する、2つの耳寄りな情報を発表した。そして、そこには、オンライン・リテーラーである Amazon に、検索サービスを提供するための提携も含まれているのだ。
 
Baidu, often described as the Chinese equivalent of Google, has been seeking to leverage its online dominance in a country where most of the US search giant’s websites are banned.
 
いつも Chinese Google と評される Baidu であるが、US 企業が提供する大半の Web サイト検索が禁止されている China で、オンラインを独占している優位性を、さらに活用しようとしてる。
 
Amazon BaiduBaidu has agreed with Amazon China to become the default search engine in the country for its e-book readers and also cooperate in app distribution and video content, according to a Baidu statement.
 
Baidu のステートメントによると、同社は Amazon China と合意し、China 国内における eブック・リーダー/アプリ配信/ビデオ・コンテンツなどで用いられる、デフォルトの検索エンジンを提供することになる。
 
Amazon will “integrate” with Baidu’s app store and online video platform iQIYI, it said, which is a rival of an Internet television company newly acquired by e-commerce behemoth Alibaba.
 
言い換えるなら、Baidu のアップ・ストアおよび、オンライン・ビデオ・プラットフォームである iQIYI と、Amazon は統合されることになる。そして、この iQIYI であるが、eコマース・ジャイアントである Alibaba が買収した、インターネット TV である YouKu の、ライバルになると伝えられている。
 
On the same day, Baidu said it would merge its music business with one of China’s biggest music rights holders, Taihe Entertainment Group, which covers mainland China, Taiwan, Hong Kong, Macau and Singapore. Taihe holds original rights to over 10,000 compositions and 700,000 recordings, the statement showed.
 
上記のアナウンスメントと日を合わせて Baidu は、China 最大の音楽著作権ホルダーである Taihe Entertainment Group と、自社の音楽ビジネスをマージし、China/Taiwan/Hong Kong/Macau/Singapore をカバーすることになったと発表している。この Taihe は、1万人以上の作家を組織化し、また、700,000件以上の録音データを有すると、Baidu のステートメントには示されている。
 
The deal marked the latest in a string of mergers and acquisitions by China’s top three Internet firms.
 
今回の取引により、China Top-3 インターネット企業による合併/買収のシナリオが、新たに記されることになった。
 
At the end of October, Baidu took the lead in the online travel sector after two of China’s largest online travel firms — Baidu-controlled Qunar and Ctrip — agreed a share swap and partnership deal to create the country’s biggest Internet travel service.
 
2015年10月の終わりに Baidu は、China オンライン・トラベル業界において、Qunar と Ctrip を買収することで、リードを奪っている。具体的に言うと、China で最大のインターネット・トラベル・サービスを構築するために、株式の交換とパートナーシップが締結されたのだ。
 
Two weeks prior to the deal, China’s e-commerce giant Alibaba announced plans to buy outstanding shares of Youku Tudou, the Asian country’s equivalent of YouTube, in a deal estimated to be worth $4.8 billion.
 
その二週間前のことであるが、China のコマース・ジャイアントである Alibaba が、Youku Tudou の発行済株式を購入すると発表している。同社は、Asia の YouTube と評されるベンダーであり、その対価は $4.8 billion に至ると推定されている。
 
RELATED
ーーーーー
Baidu先日にポストした、「Oracle と Tencent の 米中クラウド提携:それは エンタープライズ と コンシューマの融合でもあるのだ!」という抄訳は、Oracle と Tencent の狙いを浮き彫りにする、とても興味深い洞察を提供していましたが、その Oracle と同じようなタイミングで、今度は Amazin の中国進出が明らかにされました。 パートナーは Baidu であり、このタッグにより Alibaba に対抗していくことになるのでしょう。そして、Microsoft と 21Vianet/Oracle と Tencent/Amazon と Baidu というチームが構成され、それぞれの中国展開が活性化することにもなります。 こうして、クラウドは分化の時代に、突入していくのでしょうか? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
 

Comments Off on Amazon と Baidu が提携:中国のコマース戦線に 波乱は生じるのか?

2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Posted in .Selected, Advertising, Amazon, Businesses, Enterprise Social, Facebook, Google, Microsoft, Research, Salesforce by agilecat.cloud on February 4, 2016
Public cloud services mart on pace to $204b
Enterprise Innovation editors -2016-01-28
http://www.enterpriseinnovation.net/article/public-cloud-services-mart-pace-204b-259502496
 
_Enterprise Innovation
 
The worldwide public cloud services market is projected to grow 16.5% in 2016 to total $204 billion, up from $175 billion in 2015, according to Gartner. The highest growth will come from cloud system infrastructure services (infrastructure as a service or IaaS), which is projected to grow 38.4% in 2016.
 
グローバルにおけるパブリック・クラウド・サービス市場だが、Gertner の 2016年売上予測によると、2015年の $175 billion から 16.5% の成長を達成し、トータルで $204 billion に至るようだ。最も成長率が高いのは IaaS であり、2016年は前年比で、38.4% の伸びを示すとしている。
 
Cloud ComputingFlickr
Atos
 
Cloud advertising, the largest segment of the global cloud services market, is expected to grow 13.6% in 2016 to reach $90.3 billion.
 
その一方で、グローバルにおけるクラウド・サービス市場で、最大のセグメントとなるのはクラウド・アドであり、2016年は 13.6% の成長を達成し、$90.3 billion に至るという。
 
“The market for public cloud services is continuing to demonstrate high rates of growth across all markets and Gartner expects this to continue through 2017,” said Sid Nag, research director at Gartner. “This strong growth continues reflect a shift away from legacy IT services to cloud-based services, due to increased trend of organizations pursuing a digital business strategy.”
 
Gartner の Research Director である Sid Nag は、「パブリック・クラウド・サービスの市場は、すべてのマーケットにおいて、大幅な成長を示し続ける。そして、この傾向は 2017年も継続すると、Gartner は予測している。つまり、デジタル・ビジネス戦略を推進する組織が増加するという、いまのトレンドが要因となり、レガシー IT サービスからクラウド・ベースのサービスへのシフトが進み、この力強い成長が達成されていく」と述べている。
 
The IaaS segment will remain the fastest-growing segment in 2016, forecast to reach 22.4 billion.
 
IaaS のセグメントは、これからも最速で成長していくセグメントであり、2016年は 22.4 billion に至ると予測される。
 
“IaaS continues to be the strongest-growing segment as enterprises move away from data center build-outs and move their infrastructure needs to the public cloud,” said Nag. “Certain market leaders have built a significant lead in this segment, so providers should focus on creating differentiation for success.”
 
Nag は、「 成長率という観点で、IaaS セグメントがリードし続けるのは、データセンターの構築からパブリック・クラウド利用へと、企業のニーズが移行するからである。そして、マーケットにおける限られたリーダーたちが、このセグメントで大幅なリードを築いていくため、その他のプロバイダーたちは、成功のための差別化にフォーカスしていくべきだ」と述べている。
 
Cloud application services (SaaS) is forecast to grow 20.3% in 2016, to $37.7 billion. As software vendors shift their business models from on-premises licensed software to public cloud-based offerings, this trend will continue.
 
2016年の SaaS は 20.3% の成長率を達成し、その売上は $37.7 billion に至るとされる。ソフトウェア・ベンダーのビジネス・モデルが、オンプレミス・ライセンスの販売から、パブリック・クラウドでのサブスクライブへと移行していくため、この傾向が続いていくだろう。
 
In addition, the entry of some major software vendors into the public cloud last year will fuel growth of the SaaS market moving forward.
 
そして、昨年あたりから、主要なソフトウェア・ベンダーたちが、パブリック・クラウドへと参入し始めたことで、SaaS マーケットの成長が促進されている。
 
ーーーーー
google-ad-revenueresearch_55クラウドの定義というと、言うまでもなく IaaS/PaaS/SaaS となるのですが、このレポートでは Cloud Advertising を特別枠として取り扱っているようです。そして、いまの Google や Facebook の勢いを見ていると、そういう分類のほうが実態に即していると思えてきます。このチャートは、2015年1月にポストした、「Google はメディアの新王者なのか? 新聞/TV が束になっても敵わない?」という抄訳からのものですが、2016年の $90.3 billion という売上予測と、整合性がとれていますよね。さらに言うなら、昨日にポストした「Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!」とも、つじつまが合っているように思います。2015年が、クラウドの勝利宣言の年だとすると、2016年は、どんな年になるのでしょう?  ワクワクしてきますね! _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Microsoft は着実に クラウド収益を伸ばしている:Oracle/IBM/SAP は それを追うべきだ!
AWS IoT プラットフォームを、開発者の目線でレビューしてみた!
Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
Google Cloud CDN というサービスが始まる: Google は Akamai とも競合していくのか?
Facebook at Work が、10万人規模の 英銀行に導入される! 他にも 300社が テスト中だ!
 

Comments Off on 2016年の パブリック・クラウド市場:16.5% の成長を達成し、$204 billion の売上に至る ー Gartner 予測

Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!

Posted in .Chronicle, Apple, Google, Research by agilecat.cloud on February 3, 2016
Alphabet passes Apple as most valuable firm after hours
Ari Levy – Feb 1, 2016
http://www.cnbc.com/2016/02/01/google-passes-apple-as-most-valuable-company.htms
 
_CNBC
 
Google parent Alphabet was set to pass Apple as the most valuable company in the world on Tuesday. At Monday’s after-hours levels (which technically reflect an indication, but not the real-world value), Alphabet’s market cap would roughly be $570 billion, eclipsing Apple’s current market cap of about $535 billion.
 
この火曜日 (2/2) のことだが、Google の親会社である Alphabet が、世界で最も価値のある企業の座を、Apple から奪い取ることになった。 月曜日の時間外取引において(あるシステム内の指標であり、現実の価値を反映したものでない)、Alphabet の時価総額が約 $570 billion に至り、Apple の $535 billion を覆い隠したのだ。
 
Google CampusWikipedia
 
The last time Google was more valuable than Apple was in February 2010, when both companies were worth less than $200 billion. At the time, Apple had yet to release its first iPad, the newest iPhone on the market was the 3GS, and the Mac was the company’s biggest product line, accounting for one-third of revenue. Steve Jobs was still at the helm.
 
この資産価値の比較で、前回に Google が Apple を上回ったのは、2010年2月 のことであり、両社の評価額は $200 billion に至っていなかった。その当時の Apple は、iPad のデビューに邁進しており、マーケットに提供されている iPhone は 3GS という状況だった。 そして、稼ぎ頭である Mac が、収益の 1/3 を占め、Steve Jobs が実権を握っているという時代であった。
 
Google was being guided by Eric Schmidt, who would hand control back to co-founder Larry Page the following year. The company was a little more than half its current size.
 
Google の方はというと、Eric Schmidt が率いている状況であり(その後に、Co-Founder である Larry Page に、トップの座が戻されることになった)、その規模も現在の半分ほどのものであった。
 
Aple vs Google .JPGClick to Large >>>
Apple vs. Alphabet
Chart source: FactSet
 
Apple and Google actually flip-flopped multiple times between 2008 and early 2010, before Apple went on a historic tear, jumping from $180 billion in value to over $650 billion in September 2012. At that point, the two companies were separated by over $400 billion. In 2011, Apple passed Exxon to become the world’s most valuable company.
 
2008年 から 2010年の初頭にかけて、Apple と Google のポジションは、何度も入れ替わってきた。 しかし、当時で $180 billion と評価されていた Apple は、iPhone が歴史的な成長を達成したことで、2012年9月に $650 billion に至り、両社の差は $400 billion 以上に開くことになった。 なお、2011年に Apple は Exxon を追い抜き、最も価値のある企業の座を手に入れている。
 
It’s hard to believe that Google was the more valuable company from the time of its IPO in 2004 until April 2008. Then iPhone madness began.
 
2004年に IPO に至った Google が、2008年4月の時点で Apple を上回っていたというのは、いまとなってみれば信じがたいことである。 そして、その後に、iPhone の怒涛の快進撃が始まったのだ。
 
Google’s latest rise versus Apple began in July. From that point through the end of 2015, its shares soared 44 percent, while Apple’s sank 16 percent.
 
そして、昨年の 7月ころから、Google が Apple を猛追し始めた。その時点から、2015年の終わりまでの間で、Google の株価は 44% も上昇したが、Apple は 16% を失っている。
 
Apple’s main problem is its reliance on the iPhone, which now accounts for two-thirds of revenue. It’s a massive business, but sales in the fiscal first quarter increased only 1 percent from a year earlier, while iPad and Mac revenue dropped. Investors are concerned that unless Apple changes course and decides to compete with lower cost Android manufacturers on price, the iPhone’s best days are in the past.
 
いまの Apple にとっては、収益の 2/3 以上を iPhone だけに依存していることが、大きな問題となっている。もちろん、それはビッグ・ビジネスであるが、2015年 Q4 の売上はというと、前年比で 1% の成長に留まり、また、iPad と Mac の収益は低下しているのだ。そして、Apple が方針を変更し、低コスト Android のメーカーたちと、価格面で競争しないかぎり、iPhone の栄光が過去のものになると、投資家たちは懸念しているだ。
 
Meanwhile, Google is convincing investors that in the transition from Web to mobile it will maintain its dominance. According to eMarketer, Google is poised to capture 32 percent of the mobile ad market this year and next, staying well ahead of Facebook, which is around 20 percent. The company generates so much profit from its digital ad business that it can invest in all sorts of potential growth areas, namely autonomous driving and extending life.
 
その一方で Google は、Web から Mobile へと、その優位性を移行させるという点で、投資家たちの理解を得ている。eMarketer によると、今年から来年にかけて Google は、モバイル・アド市場で 32% のシェアを獲得するための、態勢を整えているようだ。 つまり、20% 前後といわれる Facebook に対して、かなり先行していることになる。周知のとおり、Google はデジタル・アド事業から、膨大な利益を生み出している。そして、それにより、自律走行車やヘルスケアといった、あらゆる成長分野への投資を可能にしているのだ。
 
ーーーーー
research_55これには、驚きましたね! Apple の調子が良くないことは、各種のメディアから報道されていましたが、こんなに Alphabet/Google が伸びているとは、まったく気づきませんでした。 昨年に、「Google と 中国 と Alphabet:これからの 戦略を Sergey Brin が語った」と、「Google Play を中国マーケットで展開したいが、それは 自分の役割ではない ー Larry Page」という抄訳を続けてポストしましたが、ビジネスの多角化と、Sundar Pichai への権限譲渡などが、安定した成長を達成する要素として評価されているのでしょう。_AC Stamp
ーーーーー
iPhone が伸び悩んでいる? 2016年の出荷台数はマイナス成長という予測が!
iPhone のシェアが、すべての主要国で低下している! 例外は中国だけという状況チャートで!
Apple と Alibaba が連携し、中国版 Apple Maps をビッグ・データでドライブする!
Microsoft Office 365 対 Google Apps for Work: 大手企業におけるシェアの差に唖然!
iPhone から Android への乗り換えツールを、Apple が提供するというウワサ が!
 

Comments Off on Apple の時価総額が2位に転落:そして Alphabet/Google がトップに!

Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!

Posted in .Selected, Microsoft, Open Graph, Strategy by agilecat.cloud on February 2, 2016
Microsoft Graph promises open developer access to Office 365 data
Mikey Campbell – November 18, 2015
http://appleinsider.com/articles/15/11/18/microsoft-graph-promises-open-developer-access-to-office-365-data
 
Apple Insider
 
Microsoft at its Connect (); conference on Wednesday flipped the switch on Microsoft Graph, née Office 365 Unified API, a set of APIs that let developers integrate, manage and tap into vast expanses of data stored in the Office 365 cloud.
 
Microsoft は 11月18日に開催された Connect () カンファレンスにおいて、これまで Office 365 Unified API と読んでいたものを、Microsoft Graph と改名した。この API セットは、Office 365 クラウドにストアされたデータに関する、デベロッパーによる統合/管理/関連付けを、促進するものである。
 
Network TheoryClick to Youtube >>>
 
For Microsoft it’s all about unification. In the hands of developers, the graph’s unified API promises not just an endpoint for building in Office 365 and other software integrations, but a starting point for new intelligent interactions.
 
それは、Microsoft にとって、すべての統合を司るものとなる。つまり、この Graph の Unified API は、デベロッパーの手による、Office 365 を含むソフトウェア統合の構築を、推進するためのエンド・ポイントを約束するだけではなく、最新の知的インタラクションのためのスタート・ポイントにもなっていく。
 
According to Microsoft GM of Office Extensibility Rob Lefferts, the graph represents a gateway to intelligence and insight capable of harnessing user data to solve everyday problems. From common queries like “what files do I need for this meeting,” to more complex requests dealing with user trends and customized insights, developers can tailor their app or service as they see fit without jumping through hoops.
 
Microsoft の GM of Office Extensibility である Rob Lefferts によると、この Graph が表現するゲートウェイは、ユーザー・データを活用することで日常の問題を解決するための、知能と洞察という側面を提供するものとなる。たとえば、「このミーティングで必要なファイルは?」といった一般的なクエリーから、「ユーザーの動向」や「カスタムな洞察」を取り扱うような複雑なクエリーにいたるまで、デベロッパーたちのアプリやサービスは対応が可能になるが、そのための、難しい処理を要求されることはない。
 
“It would be our reimagining of what it means to be productive in a modern world,” Lefferts says, referring to solutions mobile, cross-platform and cloud-integrated solutions. “The way that people work has changed, it’s much more connected, people are more collaborative.”
 
Lefferts は、「最先端の世界で生産的であることは、何を意味するのかという、私たちの観点を再構成するものになるだろう」と発言している。つまり、モバイル/クロス・プラットフォーム/クラウド・インテグレーションといった、ソリューションを視野に入れたものになるのだろう。そして、彼は、「人々が働くときの、発想が変化している。 具体的に言うと、これまで以上に結びつきが重視され、より協調的になってきている」と続けている。
 
Graph-l
 
Microsoft’s data pool is deep. Lefferts says some 500 petabytes of information already live in Microsoft’s cloud, with Office 365 users generating 4 trillion emails and creating 850 million meetings every month. The number of data points is bound to increase once currently siloed Office 365 information is offloaded to the graph. The company is even looking into Skype integration.
 
Microsoft のデータ・プールは、かなりの深層にまで展開されている。Lefferts が言うには、500 Peta Byte 程度の情報が、すでに Microsoft クラウドに蓄積されているが、Office365 ユーザーが生成する4兆の電子メールと、8.5億のミーティング・スケジュールが、毎月のように、そこに追加されていくようだ。それらのデータ・ポイントの数は、サイロ化される Office 365 関連情報に応じて、一時的に増大していくが、その後に Graph へとオフロードされる。
 
Access to rich data is the bedrock of intelligent analytics, where another prong of Microsoft Graph comes in. The Redmond software giant uses advanced machine learning algorithms fed by data and user behavior to dish out query responses in a format familiar to developers. Secure access to client activities — documents, contacts, meetings, etc. — is authorized through a single token, meaning apps don’t have to fetch multiple authorizations for different services.
 
リッチ・データへのアクセスは、インテリジェントな分析の基盤であり、そこに Microsoft Graph が絡んでくる。この、Redmond のソフトウェア・ジャイアントは、デベロッパーたちが慣れ親しんでいる形式でクエリー・レスポンスを配信するために、データとユーザーの動きを機械学習する、高度なアルゴリズムを用いている。ドキュメント/コンタクト/ミーティングといった、クライアントのアクティビティに対して安全にアクセスするために、シングル・トークンを介した許可が用いられる。つまり、それぞれのアプリが複数の認証を取得し、個々のサービスに接続するという必要性がなくなるのだ。
Graph-2-l
 
Lefferts stressed the idea of an open graph, something easily accessible by coders of any ilk. To that end, Microsoft built out client libraries and SDKs for iOS, Android and .Net for the graph’s launch, with work on other platforms like Node.js, Python, Java, Ruby currently underway.
 
Lefferts は、イーブンな関係にあるプログラマー同士が、相互にアクセス可能な、Open Graph という発想を強調している。そのために Microsoft は、この Graph の立ちあげに際して、クライアント・ライブラリを構築し、また、iOS/Android/.NET のための SDK を構築する。そして、さらに、Node.js/Python/Java/Ruby といったプラットフォームに関しても、すでに作業に取り掛かっている。
 
“We’ll handle the authentication, we’ll handle the common queries, we know how to interpret the responses,” he says. “The real pitch there is all about making sure that developers can start coding in five minutes.”
 
Lefferts は、「認証の処理方式と、コモン・クエリーに取り組んでいく。 私たちは、それらのレスポンスを、どのように解釈すべきかを知っている。ほんとうの意味での競争は、すべてのデベロッパーが、5分以内でコーディングに取り掛かれる状況を、約束できるか否かにかかっている」と述べている。
 
Prior to the graph’s public release, Microsoft collaborated with select service partners like SkyHigh Networks, Uber, Smartsheet and Zendesk to refine its backend implementation, an exercise that resulted in interesting integrations.
 
Microsoft は、この Graph のパブリック・リリースに先立ち、SkyHigh Networks/Uber/Smartsheet/Zendesk といった選ばれたパートナーとのコラボレーションを推進し、洗練されたインテグレーションを実現するために、そのバックエンドの実装を進化させてきた。
 
For example, in a quest to make meetings more productive, Do.com pulled data from Outlook and Exchange, documents in OneDrive and other assets directly from the graph to provide deep insights into meeting planning, agenda strategy, post-meeting follow-ups and more. Everything was integrated into Outlook, ensuring users had a seamless data-driven experience.
 
Do.com のケースで言うと、より生産的なミーティングを実現するために、Outlook と Exchange からのデータ、および、OneDrive 内のドキュメント、Graph などからの情報を引き出し、ミーティングの計画/アジェンダの戦略/ミーティング後のフォローアップなどに、より深い洞察を提供するようになった。そして、ユーザーは、すべてが Outlook に統合された、シームレスなデータ駆動型のエクスペリエンスを得るようになった。
 
The main thrust, Lefferts says, is to get data out of silos and into the hands of developers, who can “offer more in terms of being seamless, being smart and being effective.”
 
Lefferts が言うには、主な推進力は、データをサイロから取り出し、デベロッパーに手渡すことに集約される。 そうすれば、彼らは、「よりシームレスで、よりスマートで、より効果的な観点で、その先の処理を考えてくれる」と述べている。
 
Data privacy is a hot-button topic and Microsoft is making security a high priority with the graph. The system is designed not only to protect raw data from prying eyes, but also any insights Microsoft Graph’s intelligence engine gleans from that data.
 
データに関するプライバシーは、最もホットなトピックであり、この Graph におけるセキュリティは、Microsoftにとって優先度の事項となっている。このシステムは、詮索好きな目から、生データを保護するようにデザインされているが、それらのデータから Microsoft Graph が拾い集める、あらゆる洞察についても、同様の保護機能が提供されている。
 
“It’s built into the business model,” Lefferts says about privacy. “There are parts of Microsoft that are driven by advertising, but Office 365 is very much organization-facing. […] And that means that we have to make sure we’re not misusing the information for anything inappropriate, we’re not sharing information with people who shouldn’t see it, whether that’s outside the organization or other people inside the organization.”
 
Lefferts はプライバシーについて、「それはビジネス・モデルに組み込まれるものだ。Microsoft のビジネスには、広告という側面もあるが、Office 365 が向き合うのは多様な組織である。そして、私たちは、それらの情報を、不適切なかたちで悪用していないことを、あらためて確認する必要がある。その対象が、組織内の人物であっても、組織外の人物であっても、情報を参照してはならない人と、共有することはない」と述べている。
 
Developers interested in taking Microsoft Graph for a test spin can visit graph.microsoft.com for more information.
 
Microsoft Graph を試したいと思うデベロッパーは、graph.microsoft.com を訪れて、詳細な情報を取得して欲しい。
 
ーーーーー
Open Graph言うまでもなく、いまのコンピュータのアーキテクチャは、ファイルとツリーという概念に、大きく依存しています。OS を構成するモジュールも、ミュージック・プレイヤーで楽しむ MP3 も、すべてファイルであり、それらがツリー上の所定の場所に置かれていることで、コンピュータは動くわけです。しかし、このファイルとツリーは、コンピュータにとって便利なものであっても、人間の曖昧な記憶との相性は最悪であり、「アレはどこだ?」とか「コレが見つからない!」とかいう、人類に共通するフラストレーションを、世界中で生み出しているのです。そんなことから、Agile Cat は「ファイルを作らない」をモットーにしていますが、その現実はというと、大量のファイルを生み出してしまう毎日なのです。
 
そこで Microsoft Graph なのですが、文中のチャートが示すように、人間から見て都合の良い場所に、Office 365 のファイルを配置してくれるという、とても優しいテクノロジーだと評価したいです。Microsoft Graph の概要というドキュメントを眺めてみると、自分というノードと他者というノードを、各種の関係というエッジで結びつけるための、Graph API を用いたクエリが示されています。 なんか Facebook に似ている、、、という思う方も多いかと思いますが、あのソーシャルでは、一人一人のユーザーがノードとしてハンドリングされ、「トモダチ」や「イイネ」といったアクションは、そのすべてがエッジとして機能しているはずです。それが、Social Graph から Open Graph へと発展した、Facebook のコア・アーキテクチャなのです。Google も、Knowledge Graph を活用しているはずであり、たとえば検索クエリの意味を判別/読解して、もっとも適切と思われる答えを導き出すというのも、その一例だと思われます。その点では、Google Now も同じなのでしょう。
 
Facebook や Google だけではなく、Microsoft もグラフに取り組んでくれるというのは、とても嬉しいことです。前述の、Microsoft Graph の概要には、「自分の周囲を流れているファイルの取得」というクエリがあるのですが、なんか、イイ感じですよね! 2011年8月にポストした、「クラウドへ行ったら、もう ファイルなんか触らないぞ!」という抄訳は、Agile Cat にとって忘れられないコンテントなのですが、そんな世界が実現しそうでワクワクしています :) それにしても、この記事、なんで Apple Insider なのでしょうかね? _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!
Facebook が Open Graph の デベロッパー・コレクションを停止した:とても残念!
Google の 音楽ナレッジ・グラフが、YouTube や Google Now と連動し始めた!
Google の検索アルゴリズムが大幅に変更 : そして、誰も気づかなかった
Facebook の Open Graph とは? その歴史から説明しよう
 

Comments Off on Microsoft Graph とは、人間に寄り添ってくれる、とても優しいテクノロジーのことなのだ!

%d bloggers like this: