Agile Cat — in the cloud

Android フォークの CyanogenMod に Microsoft が出資? Google との新たな戦いが始まる?

Posted in .Chronicle, Asia, Google, Microsoft, Mobile, Weekend by agilecat.cloud on February 1, 2015
Microsoft Investing In Cyanogen To Take The Fight To Google
http://wp.me/pwo1E-8g9
David Curry – Jan 30, 2015
http://www.chinatopix.com/articles/34941/20150130/microsoft-investing-cyanogenmod-take-fight-google.htm
 
_China Topix
 
Microsoft will reportedly becoming a minority investor in CyanogenMod, as the ROM provider looks to compete with Google.
 
Microsoft だが、伝えられるところによると、ROM プロバイダとして Google と競合していくと見られる CyanogenMod に対して、小口ながらも出資するようだ。
 
Microsoft wants to take another chunk out of Google by investing in ROM maker Cyanogen that’s developing its own version of the Andriod OS called CyanogenMod.
 
独自の Andriod OS バージョンを開発する、この CyanogenMod という ROM メーカーに投資することで、Microsoft は Google から、なんらかのご馳走を奪い取りたいと考えている。
 
CyanogenModCyanogen provides its ROM to suppliers like OnePlus and Micromax in 2014. Its CEO claims he wants to remove Android from Google by replacing the Google Play store with its own marketplace.
 
2014年の Cyanogen は、OnePlus や Micromax といったサプライヤーに、自身の ROM を提供している。
 
そして、同社の CEO は、独自のマーケット・プレイスにより、Google Play Store を置き換えることで、Google から Android を引き離したいと主張している。
 
To do this, Cyanogen needs developer support and enough love of the ROM, but even then it’s a risk to avoid Google Play that currently sells 1.3 million apps for an underwhelming alternative that may never reach full capacity.
 
それを実現するためには、Cyanogen の ROM に対する、デベロッパーからのサポートと、十分な LOVE が必要だ。 ただし、それにしても、現時点で 130万タイトルのアプリを販売している Google Play が、依然として未成熟な代替マーケット・プレイスを、色あせたものにしてしまうリスクが残る。
 
Microsoft will become a small investor in the latest funding round, valuing Cyanogen in the “high hundreds of millions” market.
 
そして、小口ながらも Microsoft が、直近の資金調達ラウンドで出資者になるなら、その広大なマーケットにおいて、Cyanogen に価値を与えるだろう。
 
Microsoft’s investment is also a bit weird considering the company has moved away from Android under CEO Satya Nadella. It also potentially pressures Microsoft’s patent relations with Google.
 
ただし、Microsoft が CEO である Satya Nadella の下で、Android から距離を置いていることを考えると、この出資は少し奇妙である。 さらに言えば、Microsoft と Google の間には、特許に関する潜在的な圧力が存在する。
 
Cyanogen does have 50 million users running its ROM, or five percent of Android to put it into perspective. It’s not clear how many of those 50 million are running the latest version, and who might be willing to leave Google Play for CyanogenMod.
 
Cyanogen の ROM には、5000万人のユーザーがいる。 それは、Android 全体の 5% に相当する規模である。そして、その 5000万人のうち、最新のバージョンが使用されている比率が分からない。 また、Google Play から CyanogenMod に、誰が移行するのかも分からない。
 
The move would make CyanogenMod similar to Amazon’s Fire OS by using the backbone of Android without the Google services. While this did work on the Kindle Fire, the Fire Phone was an absolute disaster due to the lack of apps and the high price point.
 
この一連の動きにより CyanogenMod は、Google サービスには依存せずに、Android バックボーンだけを利用する、Amazon Fire OS と似たものになるのだろう。 ただし、その考え方は Kindle Fire では功を奏したが、Fire Phone ではアプリの不足と高価なデバイスという意味で、ひどい目にあっている点を指摘しておく。
 
Fans have also criticized Cyanogen for moving away from Google and trying to promote themselves as a direct competitor. The exclusivity deal with Micromax also hurt Cyanogen’s reputation in India, after Cyanogen failed to tell OnePlus about the deal.
 
さらに言えば、Cyanogen ファンたちは、Google のライバルとなり、自身のマーケット・プレイスで対抗していく姿勢を批判している。 また、India においては、Micromax と独占契約を結んだことを、OnePlus に適切に伝えなかったことで、評判を傷つけている。
 
Microsoft hasn’t commented on the investment.
 
Microsoft は、この出資について、なにもコメントしていない。
 
ーーーーー
weekendCyanogenMod (Wiki) の名前を目にするようになったのは、最後の方に書かれている、India での Micromax と OnePlus の係争が起こった、昨年の 12月辺りからです。 そして、その後に、Micromax の戦略製品である Yureka が、CyanogenMod を搭載してデビューしたのです。 当初、Micromax が訴えたのは Xiaomi だったと記憶していますが、そちらは MIUI なので、おそらくセーフなのでしょう。 それにしても、CyanogenMod との距離を詰めていくなら、Microsoft は冴えていますね。 Windows Phone が、このまま鳴かず飛ばずなら、CyanogenMod ベースの Windows Phone を仕立てあげ、Android デベロッパー・エコシステムを、そのままイタダキという、戦略すら取れるのです。なんか、ワクワクしてくる展開ですね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
2014年の Android と iOS:出荷数と売上額を1枚のチャートで!
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?
2014 Agile Cat:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ

今週のアジア 1/25〜1/31:Air China は Facebook の お得意さま?

Posted in Asia Weekly by agilecat.cloud on January 31, 2015
Digital Malaysia の一環として、電子図書館がオープン ・・・
http://wp.me/pwo1E-8fQ 
 
cna-banner
 
Malaysia の Perlis 州に、政府のディジタル経済新興政策の一環として、電子図書館が開設されたとのことです。場所としては、Thailand との国境に近くで、Langkawi 島の対岸という感じです。この電子図書館により、人々はタブレットを用いて、English/Bahasa Melayu/Chinese の各言語による 4300 種類の電子書籍を利用できるとされています。 それだけではなく、電子マガジンや電子新聞も用意され、また、Kizs Zone も作られるようです。
 
National-Library-Kuala-Lumpurあの、Digital India に対抗するかのように、Digital Malaysia という ITC を活用した経済政策が推進されているようです。 Cloud News Asia では、The Star Online  と The Malay Mail Online とうメディアをよく参照しますが、両サイトともクラウド関連のコンテントを拡充しているという感じで、なかなかホットです。
 
そして、今週の Top-Posts ですが、中国関連のコンテントが上位を独占しています。① は、Facebook が Air China (中国国際航空)を表彰したという話です。 周知のとおり、中国国内では Facebook へのアクセスが禁止されていますが、この Air China は Facebook を、マーケティングに上手く活用しているようであり、それが受賞の理由とされています。 もちろん、Facebook 広告を購入したマーケティングのはずですので、このソーシャル・メディアとしては、お得意様への感謝をこめて、、、ということなのでしょう。 ② は、Davos での Jack Ma のインタビューです。 CBS の企画とのことですが、世界をリードするトップ経営者として大活躍ですね!
 
③ は、アメリカ政府が India のスマートシティ計画に乗ったという話です。 昨年の秋に Modi 首相が訪米した際に、Obama 大統領と調整してきた結果が公表されたという感じです。詳しくは、「インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!」を参照してください。 ④ は、Tencent が中国国内のスタートアップに出資した、という話です。 この Tencent グループは WeChat で有名ですが、それ以外にも、かなりの広がりと規模を有していて、その傘下に多様な企業を抱えています。 いずれ、詳しく調べたいと思っています。 ⑤ は、ちょっと気になるトピックですが、中国政府が検閲を強化するために、VPN を停止させているようです。
 
① 1/26: Air China Gets Facebook Award Despite Site Ban
Image.gifFacebook awarded Air China for its strategic use of the social networking site, despite it being blocked in mainland China. The state-owned carrier had been aggressively using Facebook as a tool for marketing. It uses the networking site to link its booking engine, promote giveaways, and even to share recipes. Facebook praised the airline for its innovative use of the social media platform, amid China’s ban on the site since 2009.
 
② 1/25: 15 of the best quotes from Jack Ma’s interview at Davos
Image.gifAlibaba founder and chairman Jack Ma returned to Davos today for the first time in years for a chat. Interviewed by CBS’s Charlie Rose, Ma – chatty and eminently quotable as ever – talked about his early days as an entrepreneur, the origins of Alibaba, and some more contemporary issues as well. Here are 15 of his best quotes:
 
③ 1/28: US joins Indian smart cities race, signs three deals
IndiaThe United States has joined the race to help India build 100 smart cities, signing memorandums of understanding with three Indian states to assist with new projects. The deals were signed this week as part of President Obama’s visit to India. The states of Andhra Pradesh, Uttar Pradesh and Rajasthan signed the deal with the U.S. Trade and Development Agency on 25 January to develop Vishakhapatnam, Allahabad and Ajmer.
 
④ 1/28: Food delivery startup Ele.me gobbles up $350M from Tencent
Image.gifThe funding round was confirmed today to be worth US$350 million, with the investment contributed by CITIC, Tencent, JD, Dianping, and Sequoia China. Tencent binds a lot of this together as it owns a 15 percent stake in JD and a 20 percent stake in the Yelp-like Dianping. This move could result in Ele.me’s food ordering service being integrated into Dianping and/or Tencent’s WeChat messaging app. The headline has been amended with the new information. The original article from January 13 is unchanged below.)
 
⑤ 1/25: China cracks down on VPN
Image.gifBEIJING — China is blocking VPN services that let users get around online censorship of popular websites such as Google and Facebook amid a wider crackdown on online information, according to technology specialists.  The virtual private network provider Golden Frog wrote on its blog that the controls had hit a wide range of VPN services. The popular provider Astrill informed its users this week that its VPN protocols for Apple mobile devices to access services such as Gmail had been blocked.
ーーーーー
cna_6まさに、China オンパレードという週でしたが、インターネットを活用して海外でのビジネス展開を狙う企業と、検閲を強化していく北京政府との間で、グレート・ファイアウォールの位置づけは変化していくのでしょうか? 以前に、「Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!」という抄訳をポストしましたが、それによると国内の検閲を維持する代わりに、中国企業の海外進出も後押する、、、という方針のように思えてきます。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
今週のアジア 1/17〜1/24:Quanta と Wiwynn は 中国市場を静観する
今週のアジア 1/11〜1/17:中国 と ビデオ と Microsoft
今週のアジア 1/4〜1/10: またも、ベトナムの海底ケーブルが切れた!
今週のアジア 12/28〜1/3:TSMC の半導体量産技術

Facebook のユーザー数は 14億人:世界の 70億人の、5人に1人が使っている!

Posted in Asia, Facebook, Research, Social by agilecat.cloud on January 30, 2015
One in five people now on Facebook: 1.39b monthly users
http://wp.me/pwo1E-8fH
Published: January 29, 2015
http://www.themalaymailonline.com/tech-gadgets/article/one-in-five-people-now-on-facebook-1.39b-monthly-users 
Malay mail online 
LOS ANGELES, Jan 29 — Facebook, as well as announcing rising profits in its latest earnings call, revealed that it’s still attracting new users and that membership has jumped another 13 per cent year on year to a remarkable 1.39 billion monthly users.
 
Facebook の収支報告だが、その増益に加えて、新規ユーザー数の伸びについても明らかにしている。その MAU(Monthly Active Users)は 13.9億人に届き、前年比で 13% の成長を達成している。
 
According to the calculations of the United Nations and the United States Census Bureau, there are seven billion people on the planet. That means that 20 per cent of the people on Earth are active Facebook users.
 
United Nations および United States Census Bureau の計算によると、この地球上には 70億の人々が生活している。つまり、それらの人々の 20% が、Facebook の MAU であることを意味している。
 
FacebookHalf of the world’s population has Internet access and almost half of that number also have a Facebook page.
 
However, not everyone in the world has Internet access. The most recent data puts the number of people around the globe with a web connection at just over three billion, meaning that in reality, if a person has web access, there’s also a 50/50 chance that they also have a Facebook page.
 
しかし、この世界では、誰もがインターネットにアクセスできるわけではない。最新のデータによると、世界の人々の中で Web にアクセスできるのは、実際のところ 30億人に過ぎないという。したがって、Web を使用する人々が、自身の Facebook ページを持っている可能性は、50% に近いと推測できる。
 
But as well as highlighting that the social network is almost as popular as the Internet itself, Facebook’s latest figures also offer insight into how consumer behaviour is changing thanks to the continued proliferation of mobile devices.
 
この数字を見れば、このソーシャル・ネットワークが、インターネット自身と同じくらいの、人気を博していることが強調される。 ただし、Facebook の収支内容からは、モバイル・デバイスが継続的に増殖しているという、消費者行動の変化についても、興味深い洞察が提供される。
 
Of its 1.39 billion active monthly users, 1.19 billion are accessing the network via an app. And when it comes to active daily users, 745 million of the 890 million total are daily mobile users.
 
その、13.9 億人という MAU だが、その中の 11.9 億人が、アプリを介してネットワークにアクセスしている。 そして、DAU(Daily Active Uses)になると、8.9 億人中の 7.45 億人が、モバイル・ユーザーとなるのだ。
 
As for consumers who have rejected the desktop altogether, Facebook says that it has 526 million active monthly users who are mobile only — i.e., they never log in via the desktop — and that this figure has jumped from 456 million in the previous quarter.
 
デスクトップ環境を完全に手放してしまったユーザーは、つまりモバイルのみの MAU は、5.26 億人に至ると Facebook は述べている。 つまり、デスクトップを介してログインしなくなった MAU は、2014年 Q3 の 4.56 億人から、大きくジャンプアップしていることになる。
 
In fact, over the past 15 months (five business quarters) Facebook has seen the number of mobile-only users jump by roughly 50 million each quarter. Back in the fourth quarter of 2013, only 296 million users were mobile only. — AFP-Relaxnews
 
実際のところ、これまでの 15ヶ月(5つの四半期)において、Facebook のモバイル・オンリー・ユーザーは、それぞれの四半期ごとに 5000 万人ずつ増えてきている。つまり、2013年 Q4 の時点では、モバイル・オンリー・ユーザーの数は、わずか 2.96 億人に過ぎなかったのだ。 – AFP-Relaxnews
 
ーーーーー
facebookこの Facebook に限らず、それぞれの IT 大手から、2014年 Q4 の収支レポートが提供されています。 Apple は増収増益の記録を塗り替え、Google や Facebook は順調に成長という感じのようです。 ほんとうは、もう少し詳しく説明している記事を訳したかったのですが、いつもヒマヒマな Agile Cat も、さすがに月末は忙しく、ネコの手も借りたいという状況なのです。 そのため、この MAU の推移だけを説明するポストを選んでしまいましたが、また来週にでも、チャート入りの収支レポートなどをポストしたいと思っています。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook から Web サイトへの導線:その他のソーシャルを寄せ付けない強さ!
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
2014 Agile Cat:大人になった Facebook の マトメ
 

インドの Smart City 開発に アメリカも参戦: Obama 大統領が署名した!

Posted in .Chronicle, Asia, Government, IoT by agilecat.cloud on January 29, 2015
US joins Indian smart cities race, signs three deals
Immediately overtakes Singapore, New South Wales.
http://wp.me/pwo1E-8fv
By Joshua Chambers – Jan 26, 2015

http://www.futuregov.asia/articles/6083-us-joins-indian-smart-cities-race-signs-three-deals

_ Future Govt

The United States has joined the race to help India build 100 smart cities, signing memorandums of understanding with three Indian states to assist with new projects.
 
アメリカも、インドの100都市におけるスマートシティ構築というレースに参加する。 そして、この新しいプロジェクトを促進するために、インドの 3つの州との覚書にサインした。
 
The deals were signed this week as part of President Obama’s visit to India. The states of Andhra Pradesh, Uttar Pradesh and Rajasthan signed the deal with the U.S. Trade and Development Agency on 25 January to develop Vishakhapatnam, Allahabad and Ajmer.
 
具体的に言うと、今週に Obama 大統領がインドを訪問した際に、この試みに関する署名が交わされている。 それは 1月25日に、Andhra PradeshUttar PradeshRajasthan 州と、U.S. Trade and Development Agency が合意したものであり、VishakhapatnamAllahabadAjmer といった都市を開発していくことになる。
 
obama-modiAn initial commitment to develop a partnership was agreed in September last year during Prime Minister Modi’s state visit to the US, and this week’s partnership represents the culmination of negotiations.
 
このパートナーシップを促進する最初の取り組みは、昨年の 9月に Modi 首相が訪米した際の合意であり、その後の話し合いの結果として、今週のパートナーシップ発表につながっている。
 
Other countries are also vying to work closely with India on its smart cities projects. Singapore recently signed a deal to build one smart city, and has been lobbying for over a decade to assist Tamil Nadu but has been unsuccessful so far.
 
インドにおけるスマートシティ·プロジェクトに関しては、その他の国々も競合に参加している。最近、シンガポールも、1つのスマートシティ構築に関する契約を締結し、さらには Tamil Nadu 州の支援に関して 10年越しのロビー活動を展開しているが、これまでのところ、成功しているとは言えないようだ。
 
Meanwhile, Australia’s New South Wales announced plans this year to start pursuing deals for companies from its own region.
 
その一方で、Australia の New South Wales も、地元の企業による支援を促進していくという、新たな計画について発表している。
ーーーーー
Asia Pacificなにやら、インドのスマート・シティ開発が、すでにデッドヒート状態になっているようです。 モバイル・キャリアの誘致で大成功を収めたインド政府が、さらなる経済支援を得ようと動き、アメリカ/シンガポール/オーストラリアの各政府が、将来のビジネス展開を前提に、対応しているという図式のようです。 たくさんの地名が並んでいますが、まったくイメージが湧かないので、日本語訳の方には Wiki のリンクを貼っておきました。 州名に関しては日本語がありましたが、都市名に関しては英語のみでした。 今日は朝から、インドの地理の お勉強でした :) _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Cloud News Asia – Smart City
世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情を比較する!
Facebook Lite がデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Xiaomi が北京から脱出:インターナショナル・ユーザーのデータは 海外 DC へ!
2014 Agile Cat:とっても元気な アジア の マトメ

世界を二分する巨大マーケット:中国とインドのモバイル事情をチャートで比較する!

Posted in Asia, Mobile, Research by agilecat.cloud on January 28, 2015
10 charts explain the difference between China and India’s smartphone owners
http://wp.me/pwo1E-8fi
Paul Bischoff – Dec 16, 2014

https://www.techinasia.com/10-charts-explain-difference-china-indias-smartphone-owners/
_ tech in asia
China and India are two of the most lucrative markets in the world for smartphone makers. But even though both are developing countries, there’s no one-size-fits-all strategy to tackle them both.
 
China と India は、スマートフォン・メーカーから見ると、世界で最高の収益をあげられる二大マーケットとなる。しかし、この2つの途上国だが、どちにらにも効果のある万能の戦略があるかとなると、そのようなものは見当たらない。
 
India_China_LocatorChina’s massive, well-established mobile mobile market is nearing saturation, while India is just getting started.
 
China は大規模であり、上手く機能しているモバイル・マーケットを持つが、それは飽和点に近づいている。 その一方で、India のマーケットは立ち上がったばかりである。
 
A recent survey by Germany-headquartered B2X Care Solutions shows these contrasts. It was conducted among smartphone and tablet owners in five major economies: the US, Germany, Brazil, China, and India.
 
Germany に HQ を持つ、B2X Care Solutions による最近の調査結果が、この二国の違いを明確に示している。その調査とは、US/Germany/Brazil/China/India という5つの主要国で、スマホおよびタブレットの所有者に対して実施されたものである。
 
↓ クリックで Facebook ページヘ  ↓
India CH否Charts
 
We pulled out 10 slides (with their permission) that best exemplify how different the markets are in China and India. B2X surveyed over 500 respondents from each country.
 
私たちは同社の許可を得て、China と India のマーケットが大きく異なることを例証する、10枚のスライドをピックアップした。なお、B2X の調査は、それぞれの国の、500人の回答者に対して実施されている。
ーーーーー
Asia PacificIT の在り方に最大の影響を与えていく、この二国のマーケットを比較するデータが、これからも大量に出てくると思います。 そして、この B2X Care Solutions のレポートが、そんな流れに先鞭をつけるのかもしれません。 Facebook ページの方では、たとえば以下のように、個々のチャートに対しする説明文を訳していますので、お暇な時にでも、ぜひ、ご覧ください。 _AC Stamp

  • 01: 中国はインドと比べて、ビジネス・ユースの比率がきわめて高い。
  • 02: インドの方が、スーパーマーケットでスマホが購入される比率が高い。
  • 03: インド人は、最新のモデルや機能を求めるが、中国人は、こだわらない
ーーーーー
<関連>
Facebook Lite:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Xiaomi の 2014年:6000 万台を売って、前年比で三倍に成長!
Huawei の年商が US$46B に成長:すでに Google に迫る勢いだ!
インド Micromax の 最新 Android スマホは、このスペックで $140 なのだ!
 
 

Facebook Lite というモバイル・アプリがデビュー:取り組むべきは途上国マーケットの 2G 環境だ!

Posted in .Chronicle, Asia, Facebook, Mobile by agilecat.cloud on January 27, 2015
Facebook Has A New App For Emerging Markets Called ‘Facebook Lite’
http://wp.me/pwo1E-8f4
Steven Tweedie – Jan. 26, 2015
http://www.businessinsider.com/facebook-lite-aimed-at-low-end-android-users-in-emerging-markets-2015-1
 
_ Business Insider
 
Facebook has launched a new simplified version of its mobile app called Facebook Lite, and it’s targeted toward Android users in developing countries.
 
Facebook だが、途上国の Android ユーザーを対象とした Facebook Lite という、簡易版モバイル・アプリを発表した。
 
Designed for older and low-end models of Android phones, Facebook Lite maintains the core functionality of Facebook while only taking up 252 KB of space. The app is also designed to run on the slower 2G internet connections, which will help people in developing countries with aging internet infrastructures still connect to Facebook.
 
古くて性能の低い Android フォン用にデザインされた Facebook Lite は、必要とされるメモリ空間を 252KB だけに抑えながらも、Facebook における主要な機能に対応している。 さらに、このアプリは、旧来のインターネット・インフラである ”2G” を介して Facebook に接続せざるを得ない、発展途上国の人々をサポートするためにデザインされている。
 
facebook lite
Google Play
 
To minimize the digital footprint required for the app, Facebook has included its messaging service inside Facebook Lite, a feature that exists only as the standalone Messenger app for US smartphone users. Facebook has also allowed push notifications and camera integration, two features that will help the pared-down app feel more like the full experience.
 
このアプリが要求するメモリ空間を最小限に抑えるために、Facebook Lite はメッセージング·サービスを内部に取り込んでいる。 この機能は、西欧向けバージョンでは、独立したものとなっているが、その点が Lite では大きく異る。 また、Facebook は、このアプリのプッシュ・ノーティフィケーションとカメラの統合を実現することで、フル機能バージョンとの使用感の違いを、最小限に押しとどめている。
 
Facebook Lite is a smart move to make Facebook’s services easily accessible in developing markets like Africa and Southeast Asia, which have increasingly using Facebook.
 
Facebook Lite は、Africa や Southeast Asia などの途上国マーケットで、Facebook サービスに対するアクセスを容易にするという、なかなか優れた戦略である。したがって、Facebook の利用を促進するものになるだろう。
 
Facebook Lite is currently a limited rollout: It’s only available in Nepal, Nigeria, Bangladesh, South Africa, Sudan, Sri Lanka, Vietnam and Zimbabwe. The app’s already seen decent adoption numbers with over 10,000 downloads and an average 4.6 rating on Google Play, according to TechCrunch.
 
Facebook Lite は、現時点おいて、限られた国々でのみ提供されている。 具体的には、Nepal/Nigeria/Bangladesh/South Africa/Sudan/Sri Lanka/Vietnam/Zimbabwe であり、TechCrunch によると、すでに 1万人以上が Google Play からダウンロードし、その評価も 4.6 という平均値を得ているという。
 
If you’re in one of the countries where Facebook Lite is live, you can download it right here.
ーーーーー
facebookこのところ、Facebook における途上国マーケットへの取り組みを追いかけてきましたが、この Facebook Lite が、とりあえずの結論ということなのでしょうね。 もちろん、ビジネスの一環として構築されるアプリであり、ボランティアとか言うものでは有りませんが、物事を中期的・長期的に捉えて、それを実践していく姿勢に拍手を送りたいと思います。 それと、提供国のリストにインドがいませんが、Facebook Lite が不要なほど、インフラの整備が進んできているのでしょうか? デバイスに関しても、Micromax が素晴らしいプロダクトを提供し始めていますので、その他の途上国とは、ちょっと事情が異なるのかもしれませんね。 _AC Stamp
ーーーーー
<関連>
Facebook と Mark の途上国戦略:Coca-Cola スタイルの長期スパンで考えていく
Facebook エンジニア と Android ローエンド:積極的に使ってアジアを知る!
Facebook アプリ:Push + Delta + Thrift で モバイル帯域を 40% も削減!
Facebook が語るモバイル・チューニングの極意:これで途上国のインターネットも OK!
iOS から Android へ : Facebook は優先順位を切り替えるのか?

Cloud の調査: 2015年には OpenStack-as-a-Service が実現されるのか?

Posted in On Monday, OpenStack, Research by agilecat.cloud on January 26, 2015
OpenStack-as-a-Service: OpenStack to Gain Ground in 2015
http://wp.me/pwo1E-8eO 
By Dick Weisinger – Jan 20, 2015
http://formtek.com/blog/openstack-saas-openstack-to-gain-ground-in-2015/
formtek.png
OpenStack is hot; and interest in containers is emerging [for company IT priorities in 2015],” says Dirk-Peter van Leeuwen, Red hat senior vice president.
 
OpenStack はホットであり、また、[ 2015年の企業 IT の優先順位 ] として、コンテナへの関心が浮上している」と、Red Hat の Senior VP である Dirk-Peter van Leeuwen は述べている
 
OpenStack is an open-source Apache-licensed cloud computing software platform.  It is typically used as the basis of an infrastructure as a service (IaaS) solution. Businesses often choose OpenStack as the foundation software when building private and hybrid clouds.  OpenStack competes against other products that include CloudStack and OpenNebula.
 
OpenStack は、Apache オープンソース・ライセンスの、クラウド・コンピューティング·ソフトウェア·プラットフォームであり、IaaS ソリューションなどの典型的なインフラとして使用されている。そして、大半のユーザー企業が、プライベート/ハイブリッド・クラウドを構築する際に、その基盤ソフトウェアとして OpenStack を選択している。 なお、OpenStackは、CloudStack や OpenNebula などと競合関係にある。
 
 
Sisley_17
Red Hat recently surveyed their existing customers about  their IT plans going into 2015 and found that many customers are already using OpenStack and also plan to invest more in OpenStack during 2015.  The top benefits that those businesses say that they achieve with OpenStack include:
 
最近のことだが、Red Hat は、既存の顧客における 2015年の IT 計画について調査した。 そして、すでに多くの顧客が OpenStack を使用し、2015年には OpenStack に対して、これまで以上の投資を計画しているという状況を把握している。それらの企業が、OpenStack で達成している主なアドバンテージは以下のとおりである。
 
  • Greater Automation (18 percent)
  • Improved agility to meet customer and business demand (17 percent)
  • Lower costs (15 percent)
 
  • 自動化に関連する、適切な運用形態(18%)
  • 顧客/企業の要求に合致する、アジリティの改善(17%)
  • 抑制されたコスト(15%)
 
Udy Gold, Sr. Director of Infrastructure at PubMatic, said that “enterprises that outgrow their initial use of public clouds are looking for a cloud platform to manage their in-house infrastructure.”
 
PubMatic の Senior Director of Infrastructure である Udy Gold は、「パブリック・クラウドにおける、初期的な運用形態からの脱却を図るエンタープライズは、社内のインフラストラクチャを管理するためのクラウド・プラットフォームを探している」と述べている。
 
But one of the challenges of new technologies like OpenStack is complexity.  While many businesses are interested in setting up private or hybrid cloud infrastructure, they don’t have the skills or resources to first build out cloud infrastructure and then also continue to maintain it. For those organizations, a number of fast-track solutions are now becoming available that can help get them up and running with an OpenStack cloud infrastructure much more quickly.
 
しかし、課題として取り組まざるを得ない、たとえば OpenStack のような新しいテクノロジーは複雑である。 プライベート/ハイブリッド・クラウドのインフラストラクチャを、数多くの企業がセットアップしたいと思っていても、それらのクラウド・インフラを構築するためのスキルやリソースは無く、さらに言えば、それを継続して運用していくノウハウも無い。 ただし、そのような組織にとって、これまで以上に迅速に、OpenStack のクラウド·インフラを設定/運用するための、インスタントなソリューションが利用できるようになってきた。
 
The company Blue Box, for example, provides a ‘cloud-as-a-service‘ offering built with OpenStack that uses RackSpace hardware.  Unlike public cloud services like Amazon Web Service or Microsoft Azure where you rent IT infrastructure as needed from a pool of shared hardware, with Blue Box each customer uses dedicated infrastructure.  The infrastructure is managed, updated and maintained off premises by Blue Box.
 
たとえば、Blue Box という企業がが提供するのは、RackSpace のハードウェアを用いて OpenStack を構築していく、cloud-as-a-service という形態のものである。それは、共有ハードウェアのプールから、必要に応じて IT インフラスをレンタルする、Amazon Web Services や Microsoft Azure といったパブリック・クラウド・サービスとは異なり、それぞれの顧客のための専用インフラスを、Blue Box が提供するというものである。 そして、このインフラは、オフ・プレミスにおいて、Blue Box により管理/更新/維持されていく。
 
Another example is Platform9. Today they announced the availability of their Platform9 Managed OpenStack solution. Platform9 uses OpenStack to create a private cloud using the servers that a business already owns.  Sirish Raghuram, Co-founder and CEO of Platform9, said that Platform9 reduces ”the complexity barrier to private clouds… Its SaaS simplicity, production readiness, and seamless integration with existing environments enable every organization to manage their in-house infrastructure with greater agility and efficiency.”
 
もう1つの事例としては、Platform9 が挙げられるだろう。今日 (1/20) のことだが、同社は Platform9 Maneged OpenStack ソリューションを発表している。 Platform9 は OpenStack を用いて、すでに企業が所有しているサーバーを活用しながらプライベート・クラウドを構築していく。Platform9 の Co-Founder and CEO である Sirish Raghuram は、Platform9 により軽減されるのは、「プライベート・クラウドへ移行する際の複雑さという障壁である。。。それは、SaaS のシンプルさと、ただちに運用に入れるスピードを提供するものである。そして、さらに、既存の環境とのシームレスな統合を実現し、すべての組織における社内インフラを、素晴らしいアジリティで効率を高めながら管理していく」と述べている。
ーーーーー
On MondayOpenStack-as-a-Service というのは、なんかイイ感じの響きがしますね。 そもそもですが、Linux という偉大な成功体験があって、それをクラウドでも再現できないかというところから、OpenStack は始まっているはずです。 そして、この OSS プロジェクトを民主的に運営していくために、たいへんな手間と労力と時間をかけてきたはずです。 そのため、商用のクラウドであれば真っ直ぐに飛んでいけるポジションへも、紆余曲折しながら大回りして辿り着くわけです。 でも、その結果として、使う側が主体となり、すべてを決めていけるクラウドへと OpenStack は育ってきています。何が言いたいのかというと、いろいろな ◯◯◯-as-a-Service がありますが、ここに固有名詞を入れる権利は、OpenStack だけに許されるという話なのです。だからと言って、商用クラウドを否定するなんて話ではなく、適材適所のマルチ・クラウドの時代が始まるという話でもあるのです。 でも、そうなると、たいへんになるのが運用です。 そして、Blue Box も Platform9 も、運用を分かっているから成立するビジネスなのでしょう。まだ、詳しくは調べていませんが、おそらく Managed Solution Provider としてのノウハウを昇華させたサービスを、どちらも展開しようとしているはずです。 そして、この Weisinger さんのポストは、まずはオンプレミスをプライベート・クラウドへという範囲で語っていますが、その先に続くのはハイブリッドへの道です。 昨年末は、日本MSP協会も立ち上がりましたし、2015年は彼らがモテ期に突入する年になるのかもしれませんね。_AC Stamp
ーーーーー
<関連>
IoT の調査: これからの数年のうちに顕在化する、10 の現象を予測する SaaS の調査:データ喪失における5つの事由と、それぞれの比率 Cloud の調査:2015年は REST/Docker/Hybrid の活躍が予測される Cloud の調査:クラウドへの投資額は、2018年までに オンプレミスを追い越す! Cloud の調査:DCトラフィックは、2018年の時点で 8.6 ZB に至る ー Cisco

Chromebook が売れている:アメリカの教育市場でトップに立ったようだ!

Posted in .Chronicle, Apple, Education, Google, Post-PC, Weekend by agilecat.cloud on January 25, 2015
Schools Now Buying More Chromebooks Than iPads
http://wp.me/pwo1E-8eu
Angela Moscaritolo – December 3, 2014
http://www.pcmag.com/article2/0,2817,2473059,00.asp
PC Mag
Historically, Microsoft and Apple have dominated the education market. But Redmond and Cupertino might want to keep their eyes on Google.
 
歴史的にみて、アメリカにおける教育市場は、Microsoft と Apple により支配されてきた。しかし、Redmond と Cupertino は、Google から目を離せなくなる可能性があるのだ。
 
Google’s Chromebooks have officially unseated iPads as the most popular new devices shipping to schools in the U.S., according to the Financial Times, which cited figures from IDC. In the third quarter of 2014, Google shipped 715,500 of its Web-based laptops into U.S. schools, compared to 702,000 iPads.
 
IDC からの数字を引用した Financial Times によると、アメリカの学校教育現場で最も人気のあるデバイスの、オフィシャルな新規出荷台数として、Google の Chromebook が iPad を追い落としている。2014年 Q3 において、iPad の 702,000台に対して、Google の Webベースのラップトップは 715,500台の出荷台数を数えている。
 
HP Chromebook 11There’s a new tech ruler of schoolrooms across the U.S.
 
Part of the reason for their popularity is price. With prices starting as low as $199 a pop, brand-new Chromebooks are much more affordable than, say, a 2013 iPad Air, which starts at $379 after educational discounts.
 
Chromebook が人気を博す理由は、その価格にもある。新品の Chromebook が、てとも手頃な $199 という価格から始まるのに対して、2013 iPad Air は、学校用のディスカウントを適用しても $379 からとなっている。
 
The IDC data aligns with stats released today from Futuresource Consulting, which found that Chromebooks are now the best-selling device in U.S. K-12 education for the second quarter in a row. Shipments of Chromebook PCs reached more than 1 million units in the third quarter of the year, accounting for more than 35 percent of all personal computing devices, Futuresource said.
 
この IDC のデータは、今日の Futuresource Consulting からの統計データと一致する。それは、2014年 Q2 における U.S. K-12 Education でも、Chromebook の販売量がトップに立っていたというものである。2014年 Q3 における Chromebook PC の出荷台数は、1 million を上回っており、すべてのパーソナル・コンピューティング・デバイスの 35% 以上を占めていると、Futuresource は語っている。
 
“Chromebooks continue to outpace the sales of competing platforms such as Apple’s iPad and other notebooks within the U.S. market, with more than two million shipped between January and September 2014,” Futuresource said.
 
「 アメリカ市場では、その後も引き続いて Chromebook が、Apple の iPad などの競合するプラットフォームや、その他のノートブックなどを上回っている。2014年の 1月〜9月の期間において、その出荷数は 2 million を超えている」と、Futuresource は語っている。
 
Still, Apple is still No. 1 in terms of market share in U.S. K-12 education thanks to the MacBook and iPad. Chromebook providers Dell and Acer are No. 2 and 3, respectively.
 
ただし、この U.S. K-12 Education におけるマーケット・シェアでは、MacBook と iPad を有する Apple が、依然として1位を維持している。 そして、Chromebook のプロバイダーである、Dell と Acer が2位と3位を分けあっているという状況である。
 
In October, IDC said that “shipments of entry systems, including Chromebooks, continued to inject an important source of volume and sustained improved consumer demand in certain markets over recent quarters.”
 
10月のことだが、IDC は「Chromebook を含むエントリー・システムは、PC の出荷量に対して大きな数字を注ぎ込み、直近の四半期においても、特定の市場で消費者の需要を支え続けている」と、述べている
 
July data from NPD, meanwhile, found that U.S. commercial channel sales – which include businesses, schools, governments, and other organizations – of Chromebooks were up 250 percent over the last year for the first five months of 2014, and made up 35 percent of all channel notebook sales between January and May.
 
その一方で、NPD による 7月のデータは、企業/教育/行政などの組織を含む、アメリカのコマーシャル・チャネルでの販売に注目している。そこでも Chromebook は、2014年 1月〜5月の前年比で 250% 増を達成し、また、その期間における全チャンネルでのノートブック販売量の 35% を占めているという。
 
Google has also gained traction thanks to its Apps for Education Suite, which is free for schools and lets teachers create and collect assignments online — without wasting paper. Microsoft offers similar functionality with Office 365, but schools have to pay for it.
 
また、Google は、Apps for Education Suite からも推進力を得ている。それは、教育現場に無料で提供され、教師による課題の作成と、生徒からの結果の回収を、紙を無駄にすることなくオンラインで実現している。Microsoft も Office365 で、同様の機能を提供しているが、学校と言えども対価の支払が必要になる。
 
Meanwhile, Apple has also had some issues in the education market. A $1.3 billion effort to provide an iPad to every student and teacher in Los Angeles, for instance, has been hugely problematic since its rollout last year. The FBI is now investigating the LA school district’s deal with Apple, and this week seized 20 boxes of documents related to the initiative, according to the Los Angeles Times. A federal grand jury subpoena asked for documents relating to the bidding process and the winning bidders.
 
そして、Apple はというと、教育マーケットで、いくつかの問題を抱えている。たとえば、すべての Los Angeles の教師と生徒に、$1.3 billion の対価で iPad を提供しようとする試みが、昨年から大きな問題となっている。いまは FBI が腰を上げ、Apple と LA 学区が交わした契約を調査している状況にある。 今週の Los Angeles Times によると、この企画に関連するドキュメントを、ダンボール箱で 20個ほど押収したらしい。つまり、連邦大陪審の召喚状が、入札プロセスと落札者に関連するドキュメントを求めたことになる。
 
The project quickly fell apart last year after close ties between former superintendent John Deasy, subcontractor Pearson, and Apple executives were discovered. The initiative also suffered early technical setbacks after students figured out how to bypass the built-in security and hacked the tablets to access Twitter and other unauthorized websites and apps.
 
このプロジェクトには、かつて教区の管理者であった John Deasy と、下請業者 の Pearson、そして Apple の幹部たちが、密接に関与したと思われるが、すぐに崩壊したようだ。 また、それ以前に、このイニシアチブは、Twitter などの Web サイトや、その他のアプリなどにアクセスするために、iPad をハックしてビルトインのセキュリティを回避する方式を、学生たちが見つけ出した時から、テクニカルな面で混乱していた。
 
For more, check out PCMag’s roundup of The Best Chromebooks.
ーーーーー
ChromebookweekendChromebook が本格的に売れ出してきたようですね。 文中にもあるように、教育現場では低価格であることが重要になるため、Chromebook の強さも納得なのですが、アメリカの全ノートブックの 35% を占めているというデータには驚きです。 それだけ、学校以外にでも売れているということなのでしょう。 Agile Cat も昨年の秋に、HP の Chromebook 11 を eBay で購入してみましたが、パッケージは写真のとおりで、鯵の干物かなんかが入っていそうなハコという感じです。 でも、3万円ですから仕方ないですよね :)  とは言え、ちゃんと動きますし、出先で時間が空いてしまったときなど、ちょっとした作業なら、スマホからの Wi-Fi テザでつないで、これで済ませてしまいます。 実は、同じころにスマホも買い替えたのですが、Experia Z3 用に考えていた 6万円の予算を、LG G2 Mini と HP Charomebook に振り分けたという次第です。 良い時代になったというか、大変な時代になったというか、、、とにかく、自分の価値観が大きく変わったように思えます。
ーーーーー
<関連>
米教育関係者:Chromebook のおかげで、すべての生徒にコンピューティングが行き渡った
Chromebook の販売数が急上昇:Q2 と Q3 を比較すると 67% も伸びているらしい!
最新の Evernote for Android が、最高にイケている! Chromebook まで、一気通貫だそうな!
HP の Chromebook は、Bay Trail と Nvidia K1 の二本立てになるのか?
Florida のヘルスケア企業の事例:従業員たちが Chromebooks を好んで使う理由は?
2014 Agile Cat:iOS/Android/iPad/Chromebook の マトメ
 
 
%d bloggers like this: