Agile Cat — in the cloud

DigitalOcean+CoreOS+Docker:このフレッシュ・トリオが 大変革を引き起こす!

Posted in .Chronicle, .Selected, Digital Ocean by Agile Cat on November 22, 2014

Hot cloud DigitalOcean throws its support behind the Docker-friendly CoreOS operating system
http://wp.me/pwo1E-82z
September 5, 2014 – Jordan Novet
http://venturebeat.com/2014/09/05/hot-cloud-digitalocean-throws-its-support-behind-the-docker-friendly-coreos-operating-system/

_ VB

Cloud providers — those companies that store remote data — are coming around to welcome a new kind of operating system, one that updates itself not unlike Google Chrome browser. CoreOS, the fledgling startup behind this operating system, today announced that the OS can now be set up with a mouse click on the fast-growing DigitalOcean cloud.

クラウド·プロバイダーとは、顧客のデータをリモートにストアする企業であるが、そんな彼らが、Google Chrome ブラウザとは異なる方式で自身をアップデートする、ある種の新しいオペレーティング・システムを歓迎し始めている。それが CoreOS であるが、このオペレーティング・システムを支えるホットなスタートアップの発表によると、急成長している DigitalOcean クラウド上でも、マウス・クリックだけで設定が完了するようになったようだ。

Image Credit
DigitalOcean

The development points to the increasing acceptance of containers that wrap up application code and can be moved from one server environment to another with no tinkering. The startup Docker released its container technology under an open-source license last year and has accelerated the adoption of containers as an alternative to virtualization software for running multiple applications on each physical server.

それらを用いた開発のポイントは、アプリケーション·コードをラップするコンテナを受け入れ易くするところにあり、また、作成されたコンテナが、なんの苦労も必要とせずに、複数のサーバー環境間を渡り歩けるようにするところにある。そして、もう1つのスタートアップである Docker は、このコンテナ・テクノロジーを昨年に、オープンソース・ライセンスの下でリリースしており、仮想化ソフトウェア代替手段としてコンテナの採用を加速している。 つまり、それにより、各種の物理サーバー上で実行が可能な、大量のアプリケーションを生み出しているのである。

CoreOS builds on top of Docker, by enabling developers to shoot their applications inside Docker containers across scores of physical servers. Google and Rackspace have partnered with CoreOS to make it possible to easily set up the Linux-based operating system on their respective cloud infrastructures. It’s also possible to boot CoreOS on the market-leading public cloud, Amazon Web Services. And with smaller but trendy DigitalOcean hopping aboard, CoreOS could become more common for applications born in the cloud.

Docker 上に構築される CoreOS は、物理サーバー間の線引を超えていく Docker コンテナの内側に、自身のアプリケーションを詰め込みたい、デベロッパーたちの思いを実現していく。すでに GoogleRackspace は、CoreOS に関する提携をスタートしており、それぞれのクラウド・インフラ上で、この Linux ベース OS の設定を容易にするために取り組んでいる。さらに言えば、このマーケットをリードする、パブリック・クラウドである Amazon Web Services 上でも CoreOS を起動できる。そして今回、規模は小さくても、ホットでトレンディな DigitalOcean が乗ってきたことで、クラウド・ネイティブなアプリケーションにとって、CoreOS が共通項となる可能性が生じてきた。

Now CoreOS faces the grand challenge of convincing companies to run its operating system in their on-premises data centers and become a standard like Red Hat.

CoreOS にとって、現時点における大きなチャレンジとは、使い慣れた OS をオンプレミスのデータセンターで運用しているエンタープライズたちを説得し、Red Hat のようなスタンダードとして、自らのポジションを位置づけていくことである。

The recent funding round should help in that affair, along with CoreOS’ acquisition of Quay for storing private Docker files. Stay tuned to see what happens next on “The CoreOS Revolution.”

最近のファンド・ラウンドにおける資金調達は、プライベートに Docker ファイルをストアする Quay を、CoreOS が買収するという戦略を推進するはずだ。“The CoreOS Revolution” は、次に何を引き起こすのだろうか? 引き続き、注目していきたい。

ーーーーー

DigitalOcean と、Core OS と、Docker という組み合わせですが、ほんの数年前には、どれとして、この世に存在していなかったという、超フレッシュなトリオということになります。世の中の常として、大規模なプロダクトやサービスは、基本は変えずに周囲を補強することで進化していきます。 しかし、それらとて、テクノロジーの海に浮かぶ小舟であり、新たな大波に乗って登場してくるスタートアップたちに、時として本質論で厳しく攻め立てられていきます。 なんというか、大きな潮流の変化を感じるトピックですね。

ーーーーー

<関連>

DigitalOcean:AWS を上回るペースでサーバーを増し、ビヨンセ様の夢もかなえる!
DigitalOcean が シンガポールに上陸する! それを 支えるのは Equinix だ!
Digital Ocean が IPv6 の完全サポートを発表
CoreOS:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する
Docker によるアプリのパッケージ化は、すでに大きな実績を残し始めている!

Intelsat と SpeedCast が連携して、グローバル接続をカバーする通信衛星とは

Posted in Network, Satellite by Agile Cat on November 21, 2014

Intelsat and SpeedCast join forces to provide enhanced global connectivity
http://wp.me/pwo1E-82l
News | by CIOL Bureau
http://www.ciol.com/ciol/news/216145/intelsat-speedcast-koin-forces-provide-enhanced-global-connectivity

LUXEMBOURG & HONG KONG: Intelsat S.A., the world’s leading provider of satellite services, announced today that it has established a strategic agreement to provide access to its global C- and Ku-band broadband mobility network to SpeedCast, the leading global satellite communications and maritime service provider.

LUXEMBOURG & HONG KONG: 衛星サービスにおける世界的なリーディング・プロバイダーである Intelsat S.A.は、やはり、衛星通信と海事サービス・プロバイダーの分野で世界をリードする SpeedCast と、C-band および Ku-band におけるモバイル・ブロードバンド・ネットワークへのアクセスを提供するために、戦略的パートナーシップを確立したと発表している。

Under the multi-year agreement, Intelsat will provide SpeedCast access to Intelsat’s global C-band and Ku-band satellite capacity as well as to its terrestrially managed network, IntelsatOne?. The agreement will also provide SpeedCast access to Intelsat’s global broadband mobility network, which is comprised of 13 customized Ku-band mobility beams on ten satellites spread around the geostationary belt. SpeedCast will leverage Intelsat’s satellites and terrestrial network to deliver enhanced broadband and mobility solutions to the Maritime, Oil & Gas and Enterprise markets with expanded coverage and greater flexibility.

この複数年におよぶ契約に基づき、Intelsat は SpeedCast に対して、同社のグローバル C-band/Ku-band 衛星キャパシティに対するアクセスだけではなく、地上との間のマネージド・ネットワーク(IntelsatOne?)も提供する。また、この契約により、SpeedCast は Intelsat のグローバル・ブロードバンド・モバイル・ネットワークへのアクセスも取得する。それにより、静止軌道上に展開される 10基の衛星が提供する、カスタマイズされた 13種類の Ku-band モバイビリティ・ビームを利用できるようになる。つまり、SpeedCast は Intelsat の衛星と、帯域とモビリティを強化した地上間ネットワーク・ソリューションを活用することで、広範囲のカバーと高度な柔軟性を、海運/石油/ガスといったエンタープライズ市場に提供することになる。

"This new strategic arrangement between SpeedCast and Intelsat is another exciting step in the transformation of SpeedCast into a major global player in the satellite communications markets, on land and at sea" said Pierre-Jean Beylier, CEO, SpeedCast.

SpeedCast の CEO である Pierre-Jean Beylier は、「 SpeedCast と Intelsat が新たに締結した、この戦略的パートナシップにより、次のエキサイティングなステップが生じる。つまり、陸上と海上をカバーする衛星通信マーケットにおける、主要グローバル・プレーヤーに SpeedCast が仲間入りすることになる」と、述べている。

"Intelsat’s global C-and Ku-band network will further enhance our ability to deliver reliable, cost-effective and fast connectivity to our customers." "Broadband mobility represents one of the fastest growing markets for satellite services," stated Stephen Spengler, president and chief commercial officer, Intelsat.

「 Intelsat のグローバル C-band/Ku-band ネットワークは、高信頼性/低コスト/迅速な接続性を顧客て提供するという意味で、当社の能力を強化するものとなる。ブロードバンド・モバイビリティは、衛星サービスというフィールドにおいて、最も急成長しているマーケットでもある 」と、同社の President and Chief Commercial Officer である Stephen Spengler は述べている。

"The new and enhanced agreement with SpeedCast provides both companies with a strong platform to further expand our ability to serve customers. Our partnership with SpeedCast will further strengthen our collective ability to deliver the reliable and efficient broadband and mobile connectivity that today’s global businesses demand and need."

そして、「 新たに締結される SpeedCast との広範囲におよぶ契約により、私たちの顧客サービス能力を拡大する、強固なプラットフォームを両社は手にすることになる。SpeedCast とのパートナーシップは、今日のグローバル企業が求める、信頼性と効率を備えるブロードバンド/モバイル接続を提供することで、私たちの協業を強化していく」と続けている。

ーーーーー

先日に「Google と Virgin が思い描く宇宙開発の夢とは? その宇宙船を Youtube で!」という抄訳をポストしましたが、その直後に痛ましい事故が起こってしました。 犠牲となったパイロットのことを考えると、意気消沈の Agile_Cat ですが、ブライソン卿は開発を継続するとのことなので、頑張ってほしいと願っています。 どう考えても、宇宙とインターネットは切っても切れない関係だと思いますし、やがては宇宙空間にデータセンターが構築される日が来るとも信じています。 そんなことから、このサイトでも、継続して宇宙は追いかけて行きたいと思っています。 今回は、衛星の老舗である Intelsat の話です。

ーーーーー

<関連>

インターネットの世界を、海底ケーブル・マップから眺めてみる
Google が成層圏に浮かべるワイヤレス基地局 : 気球とソーラーの全容が明らかに!
Google の飛行船団が、途上国の空からワイヤレスを降らす?
Google のインフラ投資額 : これまでに $21B をデータセンターに!
空芯型ファイバーにより、光速の 99、7% に到達するテクノロジーとは?
Alcatel-Lucent の海底ケーブルが、31Tbps の記録を達成!
400 Gbps の転送速度を可能にする、ノイズ・キャンセリング・ビームの理論とは?

iOS と Android:これまでの出荷台数の推移を、1枚のチャートで!

Posted in Apple, Google, Mobile, Research by Agile Cat on November 20, 2014

Google’s Massive Android Platform Is Driving Billions Of Dollars In E-Commerce, Apps, And Advertising
http://wp.me/pwo1E-82g
Marcelo Ballve – Nov. 12, 2014
http://www.businessinsider.com/android-e-commerce-and-market-numbers-2014-11

_ Business Insider

Android is underappreciated as a commercial platform — as a revenue driver for the e-commerce, advertising, and software industries.

Android は、コマース/広告/ソフトウェアといった業界を加速させているが、商用のプラットフォームという観点では過小評価されている。

_  space

BI Intelligence

Android is much bigger than iOS.

実際のところ、Android の規模は、iOS よりも遥かに大きい。

Consider:

  • Android is crushing it as a driver of ad revenue. In this year’s second quarter, Android’s share of mobile ad traffic passed the share controlled by Apple’s iPhone and iPad devices. Android at 39% still lags iOS in ad revenue share, but it is gaining share twice as fast.
  • Android is exploding as an e-commerce driver. Android’s share of mobile commerce orders is up 26% year-over-year. Android devices now account for just over one-fifth of all mobile e-commerce orders in the US.
  • It’s also the fastest-growing major app ecosystem. Global revenue on Google Play more than doubled year-over-year in the first quarter of 2014. That’s faster growth than iOS, according to App Annie. Some analysts believe Google Play will overtake the Apple App Store in revenue within five years.
  • Android を広告収益という視点で見ると、依然として垢抜けない状況にある。今年の Q2 には、モバイル広告トラフィックにおける Android のシェアが、Apple の iPhone/iPad がリードしていたシェアを逆転した。しかし Android の広告収入は 39% というシェアであり、iOS に遅れているが、その二倍近いスピードでシェアを増やしている。
  • Android はインターネット・コマースを爆発的に加速させると期待されている。モバイル・コマースにおける Android のシェアは、前年比で 26% の増加を示している。 しかし、現時点のアメリカにおけるモバイル電子コマースにおいて、Android デバイスのシェアは僅か 1/5 を占めるに過ぎない。
  • Android は、大規模アプリ・エコシステムにおいて、最高のスピードで成長している。2014年 Q1 のグローバルにおける Google Play は、前年比で二倍の成長を達成している。App Annie によると、その成長のスピードは iOS を上回っているとのことだ。一部のアナリストは、Google Play は 5年以内に、収益面で Apple の App Store を追い越すと確信している。

In a new BI Intelligence report, we show how Android has translated its massive audience — an estimated 1.2 billion active users globally by the end of this year — into a solid platform for mobile-based businesses.

新しい BI Intelligence レポートでは、どのようにして Android における膨大なオーディエンスが(この年末までに、グローバルにおいて 1.2 billion に至るとされる MAUが)、モバイル・ベースのビジネスのための強固なプラットフォームに変換されるのかを解説している。

Access The Full Report And Data By Signing Up For A Trial Today >>

ーーーーー

この(累計)チャートを見る限りでは、Android のアクティベーション数は 16億に届きそうなのに、マトメの部分では、今年の末で MAU は 12億と記述されています。つまり、古くなって使われていない Android デバイスが、すでに 4億台ほどあるということなのでしょう。 大ざっぱなところで、活きているデバイスは、出荷台数の 3/4 程度ということになりますが、これを iOS の 8億台(?)にも当てはめてみると、約 6億台の MAU になると推測できます。いずれにしろ、現時点では、飽和してしまった先進国ではなく、広大な伸びしろを残している途上国にフォーカスするという、Android の戦略が功を奏しているように思えます。昨日ですが、Samsung が 30% の価格引き下げを行うと発表(?)したようです。 また、インドでは、ASUS Zenfone 5 が、Budget Smart Phone Of The Year を受賞しました。富める国の人々も、貧しい国の人々も、同じサービスを利用し、同じ情報にアクセスできるところに、モバイル革命の意味があるのだろうと、最近は思うようになってきました。

ーーーーー

<関連>

2019年の インターネット・ユーザー数は 64億人に! Ericsson の予測
Facebook が キャリアの協会に参加 : 狙いは Internet.org だ!
インターネット か ワクチン か? Bill Gates が Facebook の Internet.org を批判
Mark Zuckerberg と Internet.org : コネクティビティが社会経済をバランスさせる
Facebook とモバイルの巨人たちが、Internet.org を立ち上げた!

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/10月

Posted in Research, Stat Counter by Agile Cat on November 19, 2014

Stat Counter で見た、2014年 10月までのデータです ・・・ 
http://wp.me/pwo1E-829
http://gs.statcounter.com/

Agile_Cat_Loupe

2014年の 9月に続いて、Stat Counter のトラフィック分析結果をクリッピングしました。先月と同じく、プラットフォームごとの分析は止めにして、モバイルも、タブレットも、そして Mac も Windows も、すべてが混在の分析です。 具体的には、1:Browser/2:Browser Version/3:Operating System/4:Search Engine/5:Search Site/6:Social Media/7: Platform の順となります。

ーーーーー

今月は、インドネシアのインターネット・トラフィックについて調べてみました。まず、インドネシアの状況ですが、2013年8月 BizCinpass の「巨大市場・インドネシアの現在とITの課題を知ろう」という記事によると・・・

中国、インド、米国に次いで、世界第4位となる、およそ2億4,230万人の人口を誇るインドネシア。大半がマレー系の民族で27種族に大別され、人口の87%がイスラム教信者であり、世界最大のイスラム教人口を有する国である。天然資源に恵まれ、原油、天然ガスを始め、スズ、ニッケルなどの鉱物資源や石炭、パームオイルも豊富であり、各国からプラントでの進出企業も多い。首都ジャカルタは、人口1,020万人と推計される、経済の本拠地。日本企業もジャカルタ近郊に、製造業を中心に約1,300社進出している。この背景には、ジャカルタの経済状況の良さが挙げられる。JETRO(日本貿易振興機構)によると、インドネシアの実質GDP成長率は2012年IMF予測で6.3%、ひとりあたりのGDP額は3,509USDと上昇を続けている。

・・・ という状況のようです。 そして、固定電話加入者は 3700万人(16%)で、BB 契約者は 190万人(0.8%)とのことですが、それが携帯加入者数となると、総人口の 92%に達する 2億2000万人という、モバイル大国であることが見えてきます。だだし、その大半は、いわゆるヒューチャー・フォンであり、これからスマホが普及していく段階にあったのだと推測しています。

そして 2014年10月の、インドネシアにおける OS ごとのトラフィック占有率となると、このチャートが示すように、約1年の間に Android が 10% ほど伸びています。その他のアジアの途上国と同様に、Xiaomi などの中国勢の進出が顕著であり、そろそろ Windows 7 を捉えようという凄まじい勢いです。 2億人を超える人々が生み出す内需の力は強く、また、年齢の分布も若年層に厚いという、理想的なかたちのようですから、これからのアジアの経済を牽引していく国に成長するはずです。__AC Stamp 2

ーーーーー
___space

Stat Counter

1

Browser 日本

Browser 世界

2

Browser Version 日本

Browser Version 世界

3

Operating System 日本

Operating System 世界

4

Search Engine 日本

Search Engine 世界

5

Search Host 日本

Search Host 世界

6

Social Media 日本

Social Media 世界

7

Platform 日本

Platform 世界

___space
ーーーーー

 そして、日本と世界のトラフィック比較ですが、iPhone が大きくシェアを伸ばしている日本と、普段の月と同様に、Android が着実にシェアを伸ばしている世界という、この両者間の対比が鮮やかです。日本ほどではなくても、おそらく北米でも、iPhone がシェアを伸ばしていると推測されますが、それを誤差として呑み込んでしまうアジア市場の規模に驚かされます。 今年の12月末には、Android の MAU が 11億を超えるという予測もあるようです。 そのうちの半分が、今年の新規ユーザーだとすると、1000万台/週というペースで、新しい Android デバイスがアクティベーションされているという計算になります。なんというか、只々 驚くばかりです。  __AC Stamp 2

ーーーーー

<関連>

日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/9月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/8月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/7月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/6月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/5月
日本と世界のインターネット・トラフィック – 2014年/4月

 

Facebook の Graph API がアップデートされ、AD API も強化されたようだ!

Posted in Advertising, API, Facebook, Open Graph by Agile Cat on November 18, 2014

Facebook Releases Updated Graph API
http://wp.me/pwo1E-825
David Cohen – October 30, 2014
http://allfacebook.com/graph-api-2-2_b135773

_ All Facebook

Facebook announced the release of version 2.2 of its Graph API and updated software-development kits for iOS and Android to support the updated application-programming interface, also revealing that its ads API now supports versioning.

Facebook が、Graph APIVer 2.2 のリリースについて発表した。そして、最新の API をサポートするために、iOSAndroidi の SDK をアップデートし、さらには、バージョニングをサポートすることになる、Ads API についても明らかにした。

Software engineer Mahesh Sharma wrote in a post on the Facebook developer blog that applications created starting Thursday may only call version 2.2 of the Graph API or greater, adding that version 2.1 will be depreciated Oct. 30, 2016.

ソフトウェア・エンジニアである Mahesh Sharma は、この木曜日(10/30)以降に作成されるアプリのみが、Graph API の Ver 2.2 を利用できるようになり、また、2016年10月30日には、これまでの Ver 2.1 は価値を失うと、Facebook Developer Blog で述べている

Facebook had announced at its F8 global developer conference in San Francisco April 30 that version 1.0 will be depreciated April 30, 2015.

なお、今年の 4月30日に San Francisco で開催された、F8 Global Developer Conference で Facebook は、 2015年4月30日に Ver 1.0 が終了することも発表している。

Sharma offered some highlights of new features of version 2.2, saying that the full list of additions, changes and depreciations can be found in the change logs for the Graph API and the iOS and Android SDKs, as well as the upgrade guide:

Sharma は、Ver 2.2 の新機能から、いくつかのハイライトを提供している。具体的には、Graph API および iOSAndroid SDK のために、追加/変更/廃棄のフル・リストが、更新ログ内で参照できるようになり、また、Upgrade Guide も提供されると言及している:

  • アプリ群からプログラムを介して、ページ・ポスト上のコメントを表示/非表示に設定できる。
  • ユーザー・オブジェクト上に新たに提供される token_for_business フィールドにより、1つの企業が所有するマルチ・アプリ間をまたいで利用するユーザーを、容易に特定できるようになる。
  • そのために特化された subscribed apps edge を経由して、ページ・サブスクリプションをリアル・タイムで更新するための、新たな管理手法を提供する。
  • ページ・ノードおよび settings edge を介した API により、より詳細なページ属性の編集が実現される。

Sharma wrote on the addition of support for versioning to the ads API:

Sharma は、Ads API のバージョニング・サポートについて、以下の項目を追記している:

We recently announced new access levels for the ads API. In addition, from v2.2 onward, the ads API now supports versioning.

先日、私たちは、Ads API に関する、新しいアクセス・レベルについて発表した。 また、V2.2 以降より、Ads API はバージョニングをサポートするようになる。

For developers using the ads API, versioning means increased control over how you opt into new ads API features. Rather than changing a migration setting in your app dashboard, you can now control the behavior by specifying the version number in your client codebase.

Ads API を使用するデベロッパーがバージョニング機能を利用すると、新しい Ads API 機能にオプトインする際の、コントロールの幅が広がるようになる。それぞれのアプリのダッシュボードで、マイグレーション設定を変更するのではなく、クライアント・コード・ベースのバージョン番号を指定することで、その動きをコントロールできるようになる。

Our advertising products continue to evolve at a fast pace. To ensure that developers take advantage of this progress, the ads API will follow a 90-day breaking-change policy. To make this behavior clear, ads API methods will be removed from a version 90 days after the next version is released.

私たちのアド・プロダクトは、きわめて速いペースで進化し続けている。そのアドバンテージを、デベロッパーに対して保証するために、Ads API は 90日間のブレーキング・チェンジ・ポリシーに従う。具体的に言うと、Ads API における各メソッドは、次のバージョンがリリースされた90日後に削除されることになる。

As v2.2 is the first release for the ads API, ads API methods will be removed from v1.0, v2.0 and v2.1 in 90 days’ time. Developers using the Ads API should update their apps to call v2.2 before Jan. 28, 2015. After that date, all calls to ads API methods that do not specify v2.2 (including calls that do not specify any version) will result in an error.

v2.2 の Ads API が最初にリリースされた時から、90日が経過した時点で、古い広告 API メソッド群は、V1.0/V2.0/V2.1 から削除されることになる。Ads API を使用しているデベロッパーは、2015年1月28日以前に、自身のアプリから V2.2 を呼び出すよう、変更する必要がある。その日以降、V2.2 で指定されていない、すべての Ads API メソッド群への呼び出しは(バージョンを指定しない呼び出しも同様)、エラーを返すことになる。

For full details on the changes to the Ads API in v2.2, see the ads API blog and the dedicated ads API change log and upgrade guide.

Ads API V2.2 での変更に関する詳細は、ads API blog で参照できる。 また、専用の ads API change log および upgrade guide も参照して欲しい。

Finally, Sharma reminded developers of policy changes tied to the release of version 2.1 of the Graph API, which take effect at the end of their 90-day depreciation period, Nov. 5:

最後に、Sharma はでデベロッパーに対して、Graph API Ver 2.1 のリリースに関連する、ポリシーの変更について再確認している。それは、Facebook が規定した 90日後となる、11月5日に廃棄されることになる:

The recommendation bar plugin is deprecated and will stop appearing on your pages after Nov. 5. Please remove the <fb:recommendations-bar/> XFBML tag from your pages at the earliest opportunity.

Recommendation Bar プラグインが廃止されるため、11月5日以降は、ページ上での表示が行われなくなる。できるだけ早い時期に、ページの <fb:recommendations-bar/> XFBML タグを削除して欲しい。

You must not incentivize people to use social plugins or to like a page. This includes offering rewards, or gating apps or app content based on whether or not a person has liked a page. From Nov. 5, the liked field within the page property of the signed_request object will return true for all apps created before Aug. 7, 2014, when those apps are rendered inside a page tab.

ソーシャル・プラグインおよびページへの LIKE を用いて、人々にインセンティブを提供してはならない。つまり、人々がページに LIKE を付けていてもいなくても、賞金/アプリ/コンテンツなどを含む、一切の利益供与は禁止される。 11月5日以降、signed_request オブジェクトのページ・プロパティ内の LIKE フィールドは、2014年8月7日以前に作成されたアプリに関して、それらがページ・タブの内側にレンダリングされるときに、True を返すようになる。

The insights edge will be removed from the application object in v1.0 and v2.0. You should update your apps to call /v2.1/{app_id}/app_insights or /v2.2/{app_id}/app_insights to take advantage of the new app insights API.

V1.0/V2.0 の Application オブジェクトから、insights edge は削除されることになる。 新しい App Insight API のアドバンテージを得るためには、以下を呼び出すよう、あなたのアプリをアップデートする必要がある。

/v2.1/{app_id}/app_insights or /v2.2/{app_id}/app_insights

Developers: What are your initial thoughts?

デベロッパーたちへ:あなたの第一印象は どうだろう?

Related Stories

ーーーーー

今年の 2月に、「Facebook が Open Graph の デベロッパー・コレクションを停止した:とても残念!」という抄訳をポストしましたが、Graph API 自体は残っていたのでしょうね。 いずれにしろ、Facebook が Graph という考え方を捨てることはないはずであり、デベロッパーに開放する API を、新たに整理し直しているように思えます。 いずれにしろ Graph API は面白そうですし、Facebook のアーキテクチャとストラテジーを理解する重要な切り口になるはずなので、とてもワクワクしています。 そして、Open Graph というカテゴリを、残しておいて良かったと思っています :)

ーーーーー

<関連>

Facebook の News Feed は、どう 変わったのか? なぜ 変わったのか?
Facebook が提供する、Open Graph のベスト・プラクティスとは?
Facebook の超高速ストレージ : TAO の詳細を説明しよう
Facebook が発表した TAO : これで MySQL と Memcached を接続する
Facebook は Open Graph へと ユーザーを誘う

CoreOS の調査:足し算から引き算へと、Linux ディストリビューションを再編する

Posted in Linux, On Monday, Red Hat by Agile Cat on November 17, 2014

CoreOS: Linux Vendors in the Crosshairs of Disruption
http://wp.me/pwo1E-81Z
By Dick Weisinger – November 11, 2014
http://formtek.com/blog/coreos-linux-vendors-in-the-crosshairs-of-disruption/

_ formtek

Linux distribution vendors like Red Hat, Canonical, and Suse are under threat of disruption from a repackaged and streamlined minimalist product from CoreOS.

Red Hat および、Canonical、SuSE といった Linux ディストリビューション・ベンダーたちは、CoreOS が合理化と最小化を念頭に再考した、新たなプロダクトの脅威にさらされ、混乱に陥っている。

Cloud providers are intrigued with the technology, and CoreOS is now offered on AWS, Google Compute Engine, Rackspace, OpenStack and VMware.

クラウド·プロバイダーたちは CoreOS のテクノロジーに興味を覚え、いまでは AWS および、Google Compute EngineRackspaceOpenStackVMware が提供するという状況にある。

Traditional Linux distributions have become increasingly bloated as vendors have added ever more features.  Matt Assay in an Infoworld article quotes a Linux industry observer as saying that ”CoreOS is the first cloud-native OS to emerge. It is lightweight, disposable, and tries to embed devops practices in its architecture. RHEL has always been about adding value by adding more. CoreOS creates value by giving you less.”

従来からの Linux ディストリビューションは、そのベンダーたちが機能を追加し続けるにつれて、肥大化の一途を辿っている。Infoworld の記事において Matt Assay は、Linux 業界オブザーバーの発言をを引用し、「CoreOS は、初めてのクラウド・ネイティブ OS として登場している。それは、軽量で使い捨てであり、クラウド・アーキテクチャにおける DevOps プラクティスと強く結びついている。RHEL は、常に機能を追加することで、その価値を高めるという方式を取ってきた。 しかし、CoreOS は機能を削ることで、価値を生み出している」と述べている

CoreOS is designed to be cluster ready and easily maintainable.  The ideas behind the CoreOS Linux distribution, which is a fork of Google’s Chrome OS, include:

CoreOS は、クラスタに対応し、その維持が容易になるよう、デザインされている。その背景となるのは、Google Chrome OS からフォークした、CoreOS Linux ディストリビューションであり、以下のように要約できる:

  • Minimalist, consuming less than 40 percent RAM than the average Linux distribution
  • Quick updates to new versions, rather than package by package updates
  • Docker Containers used by most applications
  • Designed for clustering
  • 一般的な Linux ディストリビューションとの比較で、40% 以下の RAM 消費という、最小化のデザイン
  • パッケージのアップデートよりも高速な、新バージョンへのアップデート
  • 数多くのアプリケーションが使用する、Docker Containers に対応
  • クラスタリングに対応したデザイン

The easy upgradability is one of the shining features of CoreOS.  Patches and upgrades to OSes can be disruptive and difficult.  Recent OS vulnerabilities like Shellshock and Xen hypervisor were particularly difficult to guard against because they struck at components of the OS.  CoreOS’s design allows the OS to be non-disruptively patched, minimizing headaches related to installing patches.

容易なアップグレードは、CoreOS の輝ける特徴の1つである。時として、OS へのパッチとアップグレードは破壊的なものとなり、また、困難を伴う場合がある。ShellshockXen hypervisor といった、最近の OS に見られる脆弱性は、とりわけ OS コンポーネントの保護が困難なことに起因している。CoreOS のデザインであれば、パッチによる混乱を排除した OS が実現され、パッチのインストールに関連する問題を最小限に抑えられる。

A year ago, Lew Moorman, former Rackspace president, predicted that CoreOS “is the way a lot of modern applications are going to get built — though it’s very early days.  This is not super-mainstream today… but having a lightweight system like this where you can easily manage a huge number of machines will be very, very valuable.”

Rackspace の President を務めていた Lew Moorman は、「CoreOS は、現代的なアプリケーションを、大量に構築する方法を提供するだろうが、いまは、きわめて初期の段階にある。つまり、いまは主流というわけではないが、大量のマシンを容易に管理できる、この種のライトウェイト・システムは、とても大きな価値を持つものとなるだろう」と、1年ほど前に CoreOS の将来を予測していた

参照: InfoQ:CoreOSの最初の安定版がリリース

参照: deeet:CoreOSに入門した

ーーーーー

話は Open Compute Project に飛びますが、2013年1月の Summit のキーワドは、サーバーやラックの構成要素をゼロから再編していく、Disaggregation という概念に集約されていました。 つまり、これからの時代に必要なハードウェアとは、いったい何なのかという観点で、従来からの常識に因われることなく、再考していこうという取り組みです。 その背景には、クラウドの Before/After で激変してしまったデータセンターのデザインという視点があります。 そして、新しくデザインされるデータセンターに大量導入されるラックやサーバーを、再定義する必要性が生じたのですが、それは、Linux ディストリビューションについても言えることなのですね。 この両者の間に、とても似かよった流れを感じます。

ーーーーー

<関連>

Social の調査:Twitter と MIT の コラボ が、膨大なソーシャル・ストリームを分析していく
Data Center の調査:大変革を促す4つの要因とは? – Gartner
Security の調査: Google と Dropbox が発表した Simply Secure イニシアティブとは?
Gartner の調査:これからの5年間で、私たちの働き方を変える 10のテクノロジーとは?
IoT の調査:BitCoin のテクノロジーを、IoT のアーキテクチャーに応用できるはずだ!

Facebook がビッグ・ウェーブに乗った:すでに収益の 66% をモバイルから稼いでいる!

Posted in Advertising, Facebook, Mobile by Agile Cat on November 15, 2014

CHART OF THE DAY: All Of Facebook’s Revenue Growth Is Coming From Mobile Ads
http://wp.me/pwo1E-81x
Dave Smith – Oct. 28, 2014
http://www.businessinsider.com/chart-of-the-day-facebook-growth-comes-from-mobile-ads-2014-10

_ Business Insider

Facebook reported earnings for its fiscal third quarter of 2014 on Tuesday. Revenue and earnings per share were slightly above Wall Street’s expectations — it reported $3.2 billion in total revenue and $2.96 billion in ad revenue, a 64% increase from the year-ago quarter — but other metrics like monthly active users fell right in line.

Facebook は、この火曜日(10/28)に、2014年 Q3 の業績をレポートした。 収益および EPS は、わずかに Wall Street の予想を上回ったが($3.2 billion の収益/$2.96 billion の広告収入/64% の前年比成長)、MAU などの指標は期待値を下回ってしまった。

_  space

Business Insider Intelligence

Based on company data charted for us by BI Intelligence, most of Facebook’s revenue growth is coming from mobile advertising and payments. Non-mobile revenue and revenue from payments and fees like in-app purchases through Facebook continue to remain consistent, but mobile revenue has exploded since 2012, as it now makes up roughly 66% of Facebook’s total revenue.

しかし、BI Intelligence がチャート化してくれた同社のデータを見ると、Facebook における成長の大半が、モバイルに関連する広告と支払いから生じていることが分かる。モバイルを除いたところで(PC など)、その広告収益と、アプリ販売などは、一定のレベルを保っているが、2012年に立ち上がったモバイル・ビジネスが、爆発的な成長を遂げていのだ。 そして、いまでは Facebook の収益全体の、66% を占めるに至っている。

SEE ALSO: CHART OF THE DAY: Twitter Is Having A Hard Time Attracting New Users»

ーーーーー

昨日にポストした、Android の MAU が 11.5 億に近づいている のチャートと、なんとなくイメージが重なりますね。 どちらもグローバルのデータであり、飽和しつつある欧米のマーケットから、果敢に飛び出していった結果なのです。 それにしても、約 2年の間に、その収益構造を大きく転換してしまった、Facebook のスピードは圧巻です。この決算の詳細に関しては、Facebook の 2014 Q3 決算を分析する を参照してください。

ーーーーー

<関連>

モバイル・アドの急成長:2018年には全米デジタル広告の 50% を超えるだろう!
モバイル広告:トラッキング/自動入札/ビデオが、広告の在り方を激変させる
Facebook アドが 外の世界へ: Atlas が Google に 本気で挑んでいく
Google の収益構造を分析してみた:その気になるポイントとは?
Facebook 脅威の Q2 決算:3000 億円の売上げと 48% の粗利率 !

%d bloggers like this: